人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

高校の「表現研究」という授業の中で、
「作品論」を書いてこいという課題が出されました。
10分程度の短い映画について書くものです。
量は作文用紙2枚程度とあんまり多くはないのですが、
そもそも作品論というものがどのようなものかわかりません。
先生の説明を聞いてもさっぱりなんです・・・。
作品論=作品分析
みたいなことしか教えてもらえず、
課題が進みません。
「作品論」ってどのようなものなのか、教えてください。
お願いします><

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

「表現研究」という授業の中で短い映画を観て、その作品について分析し、小論文を書きなさいという課題が出されたのですね。



感想文と論文の違いについてはほかの方々が詳しく説明しているので、もう理解できたと思います。
ある事物について理論的な筋道を立てて説かれた文章が論文です。
この「ある事物」というのがあなたが観た映画です。

あなたが観た映画がどんなものだったかわからないので、詳しい説明が出来ないのですが、映画を観たのではなく、本を読んだとします。
ある一冊の本について、感想文ではなく作品論を書きなさい、と言われたと考えるとわかりやすいかもしれません。

ところで、映画は映像表現とも言い換えることが出来ますね。
作者は何か表現したいものがあるから、その作品を作ったのです。
それは何か、ということが一番の論点になると思います。

映画を見たときに、あなたは何かを感じたはずです。
それはあなたが映画を見て、作者のメッセージを受け取ったからです。
あなたが感じたこと、思ったことをそのまま書いたのでは、感想文になってしまいます。
なぜそう感じたか、の根拠を客観的に筋道立てて書けばいいのです。

ただあなたが作者のメッセージを誤って捉えていたのでは、論文は間違ったものになってしまいます。
もう一度、観た映画を思い出してみましょう。
そこに流れていた映像、音楽、せりふ、ストリーなどを思い出し、作者は何を表現したかったのかよく考えてみましょう。

この「よく考える」という行為が「作品分析」ということにつながります。
    • good
    • 4

原稿用紙2枚ですから、普通の読書感想文でかまわないと思います。



「表現研究」という仰々しいテーマの授業をしなければならなくて、多分、その先生もどう指導したらいいかわからず、格好をつけただけでしょう。

もし作品論が何かを知りたければ、実物を読むのが一番です。ピンからキリまでありますが、図書館の文学評論のコーナーで江藤淳か丸谷才一の本を借りてみるといいでしょう。
    • good
    • 4

作品論、というのは、作品に対する論文です。


どういうのが論文でないかというと
・自分の考えの主張がないもの…ただの感想文
・考えの主張があっても、その根拠がないもの…ただの思いつき
・根拠を裏付ける研究がないもの…同上
・内容の要約をしただけのもの
・ほかの評論の丸写し、もしくはそれをまとめただけのもの
・引用を集めただけのもの

こういうのではないもの、しかも、定型を持ったものを論文、と呼びます。
たとえそれが500字であっても、20000字であっても、基本的には同じことです。

◆定型

1.問題提起…ここで自分が設定した問題を明らかにします。
2.仮説…まず、いったんそれに対して、自分なりの仮説を立ててみます。
3.論証…論文のメインです。自分の仮説を証明していきます。裏付けとなる資料も引用します。
4.結論…自分が立てた問題の答えを出します。
5.注・参考文献…自分の結論の正しさを保証するものです(ただし原稿用紙二枚程度のものならば必要ないでしょう)

◆手順

1.映画を観る。
漫然と見るのではなく、問題点を作るために見ます。作品を見ただけで、意見や疑問点が出てくることは、逆立ちしながら見たって、ありえません。

では、具体的にどうするのか。
作品のなかの空白を見つけるのです。
虫眼鏡片手に、犯行現場を探索するシャーロック・ホームズになった気分で、見ていってください。かならず、空白の部分を見つけることができます。

どういうのが空白か。
A.携帯の着信音が鳴ったので、太郎は手を伸ばした。
B.携帯の着信音が鳴ったが、太郎は手を伸ばそうとしなかった。

どちらが空白を持った映像であるかわかりますか?
Bですね。「着信音が鳴った」→「手を伸ばさなかった」
ここの間に、空白があります。これは、作者が仕掛けているのです。
そういう点をメモ書きしておきます。

けれども、多くの場合、作者はみずからその答えを明らかにしています。
Bのあとには、こうした説明の描写が続くことが多いのです。
「その電話が花子からのものであることは、太郎にはよくわかっていたからである」
こうして太郎がなぜ、花子からの電話に出たくないかの理由が説明されます。
これはモハヤ空白ではありません。
こうした空白ではないものに×をつけます。

ただし、念入りに見たはずなのに、どうしても埋まらない空白の箇所、作者が理由を説明してくれない「?」が残るはずです。残らない? もう一回見てください。犯行現場にすべての鍵はあるのですから。
そうして、その「?」があなたの問題点になります。
くれぐれも、内容だけでなく、カメラワークやクローズアップに十分気を配ってください。できるだけ網の目を細かくして、いろんなものを掬い取ってください。

2.資料を集める。
作品に関する資料、撮り手に関する資料、映像論、映画論、できるだけさまざまなものに目を通します。
なんにせよ、この作業は一番大変でもあり、同時にあなたの努力の成果をアピールできる点でもあります。ここがキモ、とガンバッテください。

ほ~、納得、よくわかったぁ。おっしゃる通りでございます。一冊の本で全部納得したとする。
そんな問題点には、ふたたび×をつけてください。もういちど、1.に戻って、問題点を探し直してください。
そうではなくて、この本にはこういうふうに説明してあるけれど、どうも自分には納得がいかない、空白は完全に埋まらない。
おー、いいですねー。こういうのが「使える」問題点です。

3.論文のアウトラインを作る。
いわば、本の目次を作る、と考えてください。
たとえば、実はいまさっきわたしはちょうど「レポートの書き方」というマニュアルを書いていたんですが(笑)それにはこんなふうに書きました。
-----(例)-------
自分で考えたタイトル:『城之崎にて』でたくさんの生き物が死ぬ理由(中心的なテーマをひとことでズバッと)

要旨:志賀直哉は死ぬことを克明に描写することで、逆に「生」を浮かび上がらせた。

引用:「この作品のように、人生というものを死ぬことと生きることの差のところから考えることは、人生の深さを海にたとえれば、主人公が、かりに、その「死」という海の底まで下りていって、その底から、生きている現実の世の中、すなわち水中の魚や海草や水面の日の輝きなどをのぞいて見るような感じを、われわれに与える」p.196 伊藤整『改訂 文学入門』(講談社文芸文庫 2004年12月)

メモ:わたしたちはふだん、「生」をどういうふうにとらえているか。
-------------

4.下書き
このアウトラインをもとに、下書きしていきます。書いているうちに論点が次第にずれてくることはよくあるので、そのたびに目次に戻って「自分が何を書くか」を一貫させます。
文体は「である」を使う。

5.結論を述べる。
感想文ではないので「わたしは~と思った」は、封印してください。自分の提起した問題に対して、自分が調べた結果として、導き出された自分の考えを述べてあれば、それでよいのです。

6.必要であれば参考資料の一覧を書きます。直接に引用していなくても、読んだものはあげておきましょう(笑)。

7.清書
誤字脱字、主語のねじれ、パソコンを使ったなら誤変換がないか。

どうですか? 書けそうな気がしてきました?
    • good
    • 14

 まず<作品論>は<感想文>とは違います。

『と思う。』で終わるのが<感想文>です。論である以上は多少自信が無くとも、文末は『である。』『だ。』で終えるようにします。気になる部分でも明確な答えが出ていない場合は割愛します。教師は貴方に斬新な答えを求めてはいないので難しく考える必要はありません。
 原稿用紙2枚で作品論を書くことはなかなか難しいので、ポイントを絞る事が肝要です。文学表現であれば映画を文体に変換して、構造を分析し、論を書き始めますが、ここでは映画の表現方法だけに絞って宜しいと思います。 方法としては、貴方がまず最初に映画を見た時に感じた事を箇条書きにします。感銘を受けた部分や疑問に思った事も、同じ作品を何度も見返す事によって感覚が鈍磨されて行き、単純な事を見落としてしまいがちになるので、記述しておく事は必須です。作品論完成後に、記述しておいた読後感を読み返してみると、自分の読みの甘かった事に愕然とすることが多々あります。ここは文学のテリトリーですので、文学に寄って一言言わせて頂きますと、一度通読しただけで作品の良し悪しの判断を下す方が大変多すぎる。もちろん本を読む事は本来強制されるものではなく、一種の娯楽であると私は思いますので、その様な方々の読み方を揶揄するつもりは毛頭ありませんが、純文学を時代遅れの陳腐なものとして安易に切り捨てる方の多さには、いささか閉口します。例えるなら、絵画における抽象画を、子供の落書きにしか見る事の出来ない感覚の乏しさと申しましょうか。料理に置き換えますと、薄味の、材料そのものの発する香りを嗅ぎ分けられないでいる自称グルメの愚かさと申しましょうか。学ぶ事をせず、自らの主観のみに頼り、間違った説も平然と公言してしまう人の感性を疑わざる得ません。貴方の教師は、<作品論>を書かせる事によって、貴方の将来の教養が豊かにならん事を欲しています。作品を噛み締める事によって得られるものの素晴らしさに気付かせたいのだと思います。・・・閑話休題。
 私ならばここでは映像表現と限ってしまいます。私は映像に関して殊に疎く単語表現に不適切な部分も見受けられると思いますが、それはお許し下さい。まずは何度も映像を見続けます。ジレンマを感じる事はあると思いますが、あらゆる観点から見続けます。『知恵』を着ける為には必要な時間なので、あせる必要はありません。早足で得られるものは、通り一遍の『知識』だけです。知識だけを詰め込んで、それを使いこなす知恵を持たせない学校教育の、なんと愚かしい事か・・・。場所、小物、大道具、出演者の表情やしぐさ、場面の明るさや全体の色、ズームアップ、ズームアウトの方法及びタイミング等、見るべき部分は沢山ありますし何度も鑑賞を重ねてくると自然と見えてくるものがあります。そうなれば<作品論>は半ば完成したと同然で、その見えたものを題材にします。どうしても文学でしか説明できそうも無いので、文学に逃げ込みます。陳腐ではありますが分かりやすくするために即席小説を作成します。例えば作品全体に流れるものを『風』だったと仮定しましょう。
 『女は、まだ人もまばらな休日午前、表参道沿いにあるアニュベルセルにて、コーヒーの香りと、煙草の煙と、長い髪をなるがままに棚引かせていた。男の乗るバイクはアメリカ製の2気筒エンジン。存在感は唯一無二だが、走る、というよりは周辺の車の流れに漂わされる、と表現する方が適切なほどの駄馬である。
 この日二人は、離婚式を挙げる為にここ表参道で待ち合わせているが、ここは二人が挙式をした記念の場所でも、ある。
 神宮前交差点から重々しく空気を切り裂きながら、男と相棒の駄馬はやって来て頂上の手前で停まった。女はビル風に押されるように乗り込む。・・・中略
 二人の目的地である山上の駐車場からは、眼下に雲が流れているのが見える。男が二言三言話したようだが女はすぐに、最後の手紙を渡した。が、その時不意に風が巻き起こり、最後の手紙は雲に奪われた。男は手紙を追う事も無く、ゆっくりと今来た峠道を、エンジンを始動せずに降りていった。女は、夕日を見つめ、ただ、髪をなびかせていた。』
 この場合、最初に『風』が基調になる事を予告していたので、描写のほとんどに空気の流れのあることが理解出来ますが、果たして一切の予備知識が与えられない場合、一読しただけで私の意図した事がわかるでしょうか。離婚式という聞きなれない造語に目を奪われてしまうと思います。根底には、男女関係の脆さを『風』という掴み所のない物に変換して作っています。この作品論を書くならば、最初に第一印象を記述しておく事は勿論、作者である私の半生を調べます。趣味嗜好なども調査するともっと鑑賞は深いものになります。次に、出来れば舞台となる場所の現地調査をします。表参道交差点付近の事情が分かる方でしたら、コーヒーを飲む場所でなぜ髪が棚引くのか、都会なのに頂上の手前でバイクを停めるという表現はなにか、が一目瞭然で理解できます。これらの事が作品分析になります。その上で良い加減な作品論を展開させて頂きますと
 『この作品はatamaguruguruが平成17年に書いた唯一つの短編小説である。単調な恋愛小説であると見受けられるが、作品の基調には『風』がある。(自信がなくても言い切る)
 そんなものは読めば分かるが動きのある場面のほとんどに空気の流れる描写を見て取れる。(数箇所原文から引用して証明する)
 であるからして風を恋も同じような物であると作者は語っているのである。(フィニッシュは確実に決める)』
となります。起承転結が基本ですが、400字前後の場合は首胴尾で構成するのが宜しいと思います。
 くたびれてきましたのでこの辺りでやめたいと思いますが、この説明で分かりますでしょうか。文学にも小説技法というものがあって、その技法を論ずる作品論も存在します。映像の達人にも意見を乞うてみてはいかがでしょうか?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q作家論について

ある画家の作家論を書かなくてはならないのですが,作家論とはいったい何なのでしょうか?客観的な捉え方でその作家を論じたらよいのか,あるいは主観的な捉え方でよいのか,まったく検討がつかず困っています。もともとの意味を教えて下さい。

Aベストアンサー

画家にはピンからキリまでいますが、作家論が書けるほどの画家はそんなにはいません。名をなした画家で一般的には画集が発行されているとか、評論が新聞社や美術専門書に載っている作家などを対象にした画家の集約論と考えてよいと思います。評論家や新聞記者がまとめている論評を出来る限りたくさん拾い集め、また、作家自身が言っている言葉も出来る限り拾い集めそれを体系的にまとめ上げ、その傾向をさぐっていけばきっとよい作家論ができるものと思います。最後に自分なりの感想や意見を入れることも必要です。作家論は美術批評や美学研究の一分野と考えてよいと思います。作者の生い立ちから徹底的にさぐっていけばきっと誰もが気づかなかった何かを見つけることができるかも知れません。他の人が切り込まなかった視点を見つけることが、よい作家論を書く秘訣かと思います。頑張って下さい。

Q映画の評論レポート

大学の授業で映画を鑑賞し、その映画の批評をレポートにまとめろという宿題が出されました。映画の内容はわかったのですが、今まで批評など書いたことがないので書き方が全く分かりません。感想文になってはいけないのですよね?
困っているので批評の文の書き方を教えてください。

Aベストアンサー

高校の授業や入試で小論文を書いたことがあるかと思いますが、
それと同じように書けば良いのです。

批評を書く際の基本は
・起承転結をはっきりさせる。
・主観的にならず、客観的に文章を書く。
です。

>感想文になってはいけないのですよね?
当然です。「面白かった」ではいけません。

一度、論文の書き方について解説した本を読んでください。
新書でたくさん出ています。

QWord 文字を打つと直後の文字が消えていく

いつもお世話になっています。
Word2000を使っているものです。
ある文書を修正しているのですが,文章中に字を打ち込むと後ろの字が消えてしまいます。
分かりにくいですが,
「これを修正します。」
という文章の「これを」と「修正します。」の間に「これから」という単語を入れたときに,その場所にカーソルを合わせて「これから」と打つと,
「これをこれからす。」
となってしまいます。
他の文書では平気です。
何か解決する方法があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

入力モードが「挿入」(普通の入力)から、「上書き」になってしまっているのだと思われます。
キーボードに[Insert]というキーがあると思いますので、1度押してみてください。

Q大学における文学研究

わたしは文学研究などしたことがなく,文学作品を読んでもただ面白かった,つまらなかったぐらいの個人的な読み方で終わります。
大学生だったときも文学研究の授業は取りませんでした。
その一方で,文学作品(特に現代)を研究対象として何らかの分析を行う場合(例えば大学での授業などで)があるかと思いますが,
その際,なんらかの理論的枠組み(ニュークリ以降様々な理論←聞きかじりですのでどのようなものか分かりませんが)を前提にして行われているのでしょうか?

つまり,(わたしのような)単なる感想・印象的な語り方と,研究論文とを分かつ境界線は,
単に実証的あるいは論理的な語り方の違い,あるいは新しい解釈にあるのか,
それとも理論的枠組みが前提となったうえでの語り方の違いにあるのか。
そのあたりのことをご教示くださる方,
またはこんな本を読んでごらんなどのアドバイスでもいいのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

NO.3です。
もしや、dddluidddさんの質問の意味が、「文学作品の良し悪しを決める物差しがあるのではないのか?」という意味もあるのではないか、というふうに思ったので、再度、書きます。
私も、大学に入るまでは、「私が、この小説をいいと思ったら、他の誰がなんと言おうと、この小説はいいんだ」というふうに、思っていますた。
文学とは、情緒でいいんだと。

「文学史」というものがあります。
文学史の本は、どこの書店でも売っています。
どれも、似たようなものです。
たとえば、白水社は、イギリス文学史や、フランス文学史、ドイツ文学史、といった本を出しています。(たぶん、日本文学史もあります)。
文学史を勉強すればわかることは、文学には流れがあり(歴史と不可分です)、ときどき、画期的な作家や、画期的な作品が現れるということです。(これが、有名作家であり、有名作品です)
これは、個人が、その作家や作品が、好きとか嫌いとかとは、関係ありません。
また、いい作品、たいして良くない作品、というのもあります。
より古い作品、より新しい作品というのもあります。
これも、個人の好き嫌いとは関係ありません。

誰が、それを決めるのかと言えば、読めばわかることです。
まともに文学を勉強している人の間で、作家や作品の良し悪しが、問題になることはありません。

もし、文学を勉強してみたいと、お思いになったのなら、どこかの大学の聴講生になるとか、放送大学で勉強するとか、自分で本を読んでもいいと思います。
簡単なのは、白水社の文庫本で、まず、歴史を通読してから、文学史を読み、文学史の中にでてくる作品を読んでいくことです。
たくさん読まなければ、相関関係がわかりません。
ひとつの作品は、必ず、前の時代の作品の影響を受けています。

文学の切り口は、いろいろあり、論文にも、良し悪しがあります。
知りたければ、どこかの大学の文学研究の雑誌を借りて読むことです。
テーマも、大きなものから、小さなものまで、いろいろあります。

NO.3です。
もしや、dddluidddさんの質問の意味が、「文学作品の良し悪しを決める物差しがあるのではないのか?」という意味もあるのではないか、というふうに思ったので、再度、書きます。
私も、大学に入るまでは、「私が、この小説をいいと思ったら、他の誰がなんと言おうと、この小説はいいんだ」というふうに、思っていますた。
文学とは、情緒でいいんだと。

「文学史」というものがあります。
文学史の本は、どこの書店でも売っています。
どれも、似たようなものです。
たとえば、白水社は、イギ...続きを読む

Q文学レポートの書き方を教えてください。

現在、レポート真っ最中です。

文学でレポートを提出するよう指示されました。
その内容が

・作品の中で最も興味を抱いた登場人物を選び、その人物に作品を分析
・あらすじでも感想文でもない
・何故、取り上げるのか
・その人物は作品の中でどのような位置づけになっているか
・他の人物との関わり

などを具体例と共に書き込む

とのことなのですが、
感想文とどう違うのでしょうか。

上記のように具体例をあげてくださったものの、作品分析とは一体なんなのか。
最終的に何を書いていいか全くわかりません。

また、文中もどのように書き、展開していけばよいのかさっぱりわからないのです。

私は昔から文系は苦手でレポートに戸惑っています。
皆さん忙しいかと思いますが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。レポート大変そうです。私も大卒なのでレポートの大変さはよく判ります。私が過去書いた書き方でよければお教えします。参考になれば幸いです。

まずレポートは自分が考えて答えにいたったその”答え”から書き始めるのが普通ではないでしょうか。そのあとからその答えに至った経緯を説明していきます。
中身ですが、質問にもある通りその5点を頭に入れて書いていけばいいと思います。こだわる必要はありません。多分、あくまで”例”としてあげてくれていると思います。
例えばですが、小説を挙げてみましょう。主人公では面白くありませんので脇役とします。
その脇役からみた”主人公”ですとか時代背景、いろいろ書けると思います。要はその登場人物になったつもりで作品を説明していけばいいかと。

レポートですから
1)
2)
3)・・・なんて感じでまず見出し、で、それについての説明で私は書いていました。私の場合、経済だったので細かくはアレンジした方がいいかと思います。具体例を見出しにしてはどうでしょうか?それについて自分の考察を下に書いていくわけです。

いきなりは難しいと思いますので、自分の言いたいことをまずメモ書きでいろいろ書き出してみてください。それに順番をつけていくのもいいと思います。

こんなところでどうでしょうか。同じレポートをやっている友人に展開を聞くのもいいでしょう。私のやり方を書いてみましたが、個人によってそれこそその個人分のやり方があると思いますので他の方の意見もあるといいですね。
長くなりましたが、がんばって完成させてください。

こんばんは。レポート大変そうです。私も大卒なのでレポートの大変さはよく判ります。私が過去書いた書き方でよければお教えします。参考になれば幸いです。

まずレポートは自分が考えて答えにいたったその”答え”から書き始めるのが普通ではないでしょうか。そのあとからその答えに至った経緯を説明していきます。
中身ですが、質問にもある通りその5点を頭に入れて書いていけばいいと思います。こだわる必要はありません。多分、あくまで”例”としてあげてくれていると思います。
例えばですが、小説を挙げ...続きを読む

Q縦書きのレポートの表紙はどんなふうに書けば良い?

縦書きのレポートの表紙はどんなふうに書けば良い?

初めて縦書きのレポートを作成するのですが、拍子をどういうレイアウトにすれば良いか分かりません。

タイトルは真ん中に大きく書くとして、日付、学籍番号、授業名など、その他のこまごまとした項目はどこに書けば良いのでしょうか?(先生からの指定はありません)

回答を宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

いちばんいいのは,担当教員に尋ねることです。以下は何ら保証のない「無難なところ」であり,頭を傾けて縦書きのつもりで読んでください。

二○一○年度 ○○学 課題レポート

「あなたがつけた題名」

(字下げ)   二○一○年七月二三日提出
(字下げ)   あなたの学籍番号  あなたの氏名

Q論述式の回答の書き方のご指南ください

もうそろそろ、定期試験の時期なのですが、
大学の試験ってけっこう論述問題が多いことに驚きました。高校のころは、まったくと言っていいほど論述問題がなかったので、どうやったらいいのか、ホトホト困ってます。
いろいろ検索サイトでHITさせたり、ここでも過去の質問を見たりして参考にしています。

そこで、今一度、皆様の論述式の回答の書き方を教えてほしいのです。どうかご指南よろしくお願いします。

Aベストアンサー

当方、大学生です。
書きやすく、いい評価になるのは、
1.一番最初に結論を書く。
2.それについて理由や説明を挙げる。述べる個数も宣言する。
3.最後に結論をもう一度書いて締める。

例えば、「キリスト教における愛について書け(テキト-な課題です。汗)」だとしたら、

「キリスト教における愛とは○○だと言える。
 それについて、3つの観点から述べる。
 まず第一に、~~。第二に、~~。最後に~~。
 以上の事由から、キリスト教における愛は○○だと言える」

…というかんじです。この形式で書ければ、まず悪い評価は取らないでしょう(形式の点では)。

できたら、授業中に先生がおっしゃったこと(本にはない具体例とか)や、参考図書から得た知識を交えたりすると、「ちゃんと授業聞いてますよ、ちゃんと本読んで勉強してますよ」とアピールできて、なおよしです☆

がんばっていきましょう(^^)

Qレポート用紙で名前を書く位置は?

初めてレポート用紙を使うのですが、タイトルは規定のタイトル枠内に書くとして、名前や学籍番号はどこに書くのが普通なのでしょうか。タイトルを書き終わった後、本文欄に名前を書いてから本文を書き始めるのか、タイトル上部の空白部(用紙右上など)に書くのか分からず困っています。
基本中の基本を知らなくてお恥ずかしいのですが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

学校や科目によって教官方のお考えや方針があるので一概には言えませんが、
基本的に『表紙』を1枚作ったほうがいいと思います。
私が提出する際は以下のようにします。

|-----------------------------------|
|                           |
|                           |
|                    |
|                    |
|     レポートの題名        |
|                    |
|                    |
|                    |
|                    |
|                    |
|                    |
|                    |
|                    |
|                    |
|       学籍番号:123456     |
|       氏 名 :山田 太郎   |
|                    |
|                    |
|    提出期限:平成17年8月11日(木) |
|     提出日:平成17年8月11日(木) |
|                    |
|                    |
|-----------------------------------|

あくまでも例ですので、ご自分で適当に構成してください。
指示が無かったのなら厳しい決まりはないと思いますので、そんなに気を使う必要は無いと思いますよ。
心配なら提出する際に確認して、ダメなら表紙だけ書き直せばいいですし…
がんばってください!!
ついでなので、レポートを書く際に気をつけることなどを書いたページがあったのでお教えします。参考までに。。。
http://www.h7.dion.ne.jp/~okachan/page010.html
ちょっと下にスクロールすると『レポートについて』というのがあります。
では

参考URL:http://www.h7.dion.ne.jp/~okachan/page010.html

学校や科目によって教官方のお考えや方針があるので一概には言えませんが、
基本的に『表紙』を1枚作ったほうがいいと思います。
私が提出する際は以下のようにします。

|-----------------------------------|
|                           |
|                           |
|                    |
|                    |
|     レポートの題名        |
|      ...続きを読む

Q鑑賞・批評文の書き方

大学の授業で鑑賞・批評文のレポートが出されました。書いたことが無いので全く分かりません。どういうふうに構成していったらいいでしょうか?

Aベストアンサー

一般的な要素としては

・背景情報(鑑賞対象に関する基礎知識)
・作品記述(鑑賞対象の紹介)
・評価

といった感じになるでしょう。
仮にモーツァルトのレクイエムであれば、
・背景
 モーツァルトはこういう人生を送った人で、
 その作品にはこれこれの特徴がある。
 この作品は彼の最後の作品で、~年に作曲された。
・作品記述
 この曲は~個のパートに分かれており、
 それぞれ…と呼ばれている。
 その各々にはこれこれの特徴がある。
・評価
 この曲のこういう部分はこれこれの理由で
 こういう印象を与え、人を感動させずにはおかない。
 また、こういう要素をこのように配置した
 その巧みさは素晴らしい、などなど。

要するに、鑑賞と言っても、調べごとがとても多いのです。
主観を書く部分はそれほど多くありませんが、
そこではそう感じる根拠をいちいち明示するとわかりやすくなります。

学生レベルだと当然皆若いので、豊富な人生経験に裏打ちされた
深い洞察なんて先生も期待していません。
むしろ若さゆえのユニークな発想なんかは、
かなり無茶でもおもしろがってもらえます。
最低限、形式だけ整えておけば間違いはないでしょう。

一般的な要素としては

・背景情報(鑑賞対象に関する基礎知識)
・作品記述(鑑賞対象の紹介)
・評価

といった感じになるでしょう。
仮にモーツァルトのレクイエムであれば、
・背景
 モーツァルトはこういう人生を送った人で、
 その作品にはこれこれの特徴がある。
 この作品は彼の最後の作品で、~年に作曲された。
・作品記述
 この曲は~個のパートに分かれており、
 それぞれ…と呼ばれている。
 その各々にはこれこれの特徴がある。
・評価
 この曲のこういう部分はこれこれの理...続きを読む

QTOEFL ITPのスコアについて教えてください。

こんにちは。
大学でTOEFLのテストを受けました。
結果は443?点でした。
ですがこのスコアはどの程度のものなのでしょうか?
というのも、こんな成績で恥ずかしながら運良く入試がよく解けて大学の特待生として入学したので、傑出していなければ落とされてしまうのではと不安でたまりません。
偏差値60前後の大学なのですが、その新入生としてはやはり悪い数字でしょうか?
実際に、500点が留学の基準と言われていますよね?
それには少なくても満たないし…。
入試が終わってから一ヶ月サボったつけが回ってきたと後悔しています。
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ITPの場合は、満点が677点。でCBTやibtとの換算表においては、PBTとまったく同じ点数となります。
http://www.ncc-g.com/page33.html
443点ということは、cbtで127、ibt43と同じということですが、ibt43が高校卒業と同じぐらいのレベルですから、大学1年生としては妥当なスコアだと思います。これから努力すればスコアは上げられますよ。
http://eq-g.com/article/exam/exam-hikaku/


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング