『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

JRAレース結果ページの用語を教えてください。
ざっと見ただけですが次の用語がありました。
合ってるか間違ってるか教えてください。
???の部分は答えを教えてください。

サラ系3歳:3歳馬限定
サラ系4歳以上:古馬限定
サラ系以外もあるのでしょうか???

混合:性別制限なし
牝:牝馬限定
牡・牝:牡馬と牝馬だけ
国際:外国馬OK(上の3つは日本馬のみ?)

指定:???
特指:???
未勝利:1着がない馬限定
3歳500万円以下:獲得賞金の合計が500万以下?(それじゃ未勝利といっしょでは??)
オープン:???

定量:負担重量がみんないっしょ
馬齢:馬齢に応じて負担重量がちがう
ハンデ:勝利数に応じて負担重量がちがう

本賞金:1~5着の賞金
付加賞金:???

他にもあれば教えてください(ここに挙げたのはちょっと見ただけなので・・・)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

JRAはビギナーのための競馬用語解説やルールのページを用意していますので、


わからないことがあれば、まずこちらをごらんになることをおすすめします。
http://jra.jp/kouza/motto/
http://jra.jp/kouza/yougo/

それをふまえて答えられる範囲でお答えしますと、

1つめ
競走馬にはサラブレッド以外にアラブという種類が存在します。
サラ系というのは、アラブ種の血量が25%未満の競走馬のことです。
アラブ種の血量が25%以上の競走馬はアラ系と呼ばれています。
日本ではかつて中央競馬にもアラ系の馬が存在していましたが、
現在は一部の地方競馬で存在するのみとなっています。

2つめ
「混合」というのは、性別制限がないレースのことではなく、
内国産馬、外国産馬ともに出走できるレースのことです。
外国産馬はこの混合戦にしか出走が出来ないんです。
性別制限のないレースは特に明記されていません。
以下の部分は説明されている通りです。

3つ目
指定には(指定)(○の中に「指定」の文字が書かれているものも同じ)と
[指定](□の中に「指定」の文字が書かれているものも同じ)があり、
前者は、地方競馬所属の馬及び地方競馬所属の騎手が出走できるレースで、
後者は地方競馬所属の騎手が出走できるレースです。
特指とは、地方競馬所属の馬が、地方競馬場において開催される
特定のレースに勝利している場合にのみ出走権が与えられるレースのことで、
条件に当てはまらない地方馬は出走することができません。
また、[指定]レースに地方騎手が騎乗するためには、
特指・(指定)レースに地元馬で遠征していなければいけません。
500万下などの表記に関してですが、
中央競馬は獲得賞金の合計ではなく、
収得賞金と呼ばれる値の合計によって、
未勝利、500万、1000万、1600万、オープンの5クラスにクラス分けされています。
収得賞金の詳しい算出方法は
http://jra.jp/kouza/motto/
の「01 レースのクラス分け」の項をご参考ください。
基本的にレースには、該当する条件に所属する馬かその下位条件に所属する馬
(500万下戦なら500万及び未勝利クラスの馬)の出走が可能ですが、
下位条件に所属する馬は、上位条件に所属する馬よりも、
レース出走の優先順位は必ず下になり、
1600万下の全て、一部の2歳、3歳限定レースを除くオープンレースに関しては、
未勝利クラスの馬の出走が不可能になっています。

4つめ
定量戦は、その名の通り定められた斤量で行われるレースですが、
馬齢、性別によってその斤量が異なるため、
負担斤量がみな一緒というわけではありません。
馬齢戦はその通りです。
ハンデ戦はただ勝利数に応じて斤量が決められるのではなく、
JRAのハンデキャッパーが、出走馬の成績を考慮して、
全ての馬が同時にゴールできるように想定して負担重量を決めるレースです。
もちろん、全馬横一線なんてことはまずありえませんが、
それに近い接戦になることはよくあります。

5つ目
本賞金の説明はその通りで、
付加賞金とは、登録・出走する馬に特別登録料が発生するレース
(重賞や○○特別、○○ステークスといったレースです)において、
徴収する特別料の合計額を、勝馬から3着の馬に対して7:2:1で
配分することで発生する賞金のことをさします。

参考URL:http://jra.jp/kouza/motto/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

myu_from40さん、ご回答ありがとうございます。
1つめの質問が何が気になったかというと、
サラ系3歳、サラ系4歳以上などの記載は、単に3歳、4歳以上と記載するのと何が違うのかということです。
ご回答から察するに、JRAの競走馬は全部サラ系のため、単に3歳、4歳以上と記載するのと違いはなく、昔の名残からサラ系3歳のような記載になっているだけでしょう。

2つめの回答を頂いたことで、今度は混合と国際の違いが分からなくなりました。

3つめ
指定、特指について、よく分かりました。
クラス分けについてもよく分かりました。
例えば、
3歳500万円以下は3歳で収得賞金が500万円以下の馬が出走可能(未勝利戦で勝ったばかりの馬は収得賞金400万なので出走可能!)。
4歳以上500万円以下は4歳以上で収得賞金が500万円以下の馬が出走可能。
4歳以上1000万円以下は4歳以上で収得賞金が1000万円以下の馬が出走可能(未勝利と500万円以下を勝った馬は収得賞金900万なのでこのレースへ出走する)。
オープンは1回でも勝てば出走可能(新馬戦に勝って、いきなり重賞デビューも可能???)。
4歳以上1600万円以下は4歳以上で収得賞金が1600万以下かつ1勝以上の馬。
面白いですね。

4つめ
定量戦も馬齢によって斤量が異なるのですか???
となると定量戦と馬齢戦の違いが分からなくなりました。
ハンデ戦に関しては、ある規則によって機械的に斤量が決まるのではなく、1頭1頭に対して人間の考慮が加味された斤量になるのですね。
ハンデ戦は、しんがり人気の馬を買い続ければプラス収支になる可能性が高いですね!!

5つめ
付加賞金について、よく分かりました。
重賞競走では、出走するのにお金がかかり、そしてそのお金は、勝った馬に取られてしまうということで、馬主サイドにとってもハイリスクハイリターンなレースなのですね。

お礼日時:2010/05/15 07:54

やはり、きちんと調べられる方がいいですよ。



とは言え、このサイトの主旨からすれば、
回答をつけるべきだったのでしょうね。

お詫びに、いくつか回答させていただきます。

>混合と国際の違い
混合は、馬の生産地による区分です。
国内ではなく、海外で生産された馬が、外国産馬で、
外国産馬は、混合レースにしか出走できないということです。

国際は、外国の調教師が管理する馬(外国馬)も出走できる
レースということです。(外国産馬も出走できます。)

>クラス分け
ルール上は、「以下」「オープン」とありますから、
下級条件の馬が、
格上挑戦(例えば、500万条件の馬が、
1,000万条件に出走する。)は、
可能ですが、

現実には、登録頭数が出走可能頭数を超えた際に、
最初に除外の対象になりますから、
古馬の条件戦では、あまり見られません。

ただ、2歳戦や、3歳戦では、1勝馬が、
(GIレースを除いて)オープンレースに出走することは、
普通にあることです。
(まだ、2勝馬・3勝馬が少ないためです。)


>馬齢戦と定量戦
馬齢戦は、2歳限定・3歳限定の同一年齢のレースの場合で、
定量戦は、3歳以上や4歳以上のレースの場合です。

この辺りは、JRAの紹介したページをご覧になると一目瞭然なのですが...

>馬主サイドにとってもハイリスクハイリターンなレース

実際には、JRAの馬主は、よほどのことがない限り、
損をしない賞金体系になっています。
賞金以外にも、様々な手当ても支給されますし、
何よりも、ステークス(登録料)が、賞金額に比して、
極めて、安いのです。

例えば、ダービーなどのクラシックレースの登録料が
40万円のようですから。
JRAの馬主にとっては、どうってことない金額です。
(高額所得者でなければ、馬主にはなれませんので。)

したがって、レースに出走させることに、リスクはほとんど
ないと言えます。

もちろん、馬を購入する際に、1億円以上の馬などであれば、
ハイリスク・ハイリターンになるでしょうが、
それは数少ない例です。

以上、一部、回答させていただきました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おはようございます。
今日はブエナちゃんが出ますね!
でも彼女は人気過ぎるので別のこで狙おうか!?

外国馬と外国産馬は別の用語なのですね
外国馬が出走可能なのは国際だけで、
外国産馬が出走可能なのは混合と国際だけということですね。

馬齢戦については馬齢に応じて負担重量がちがうレースと思っていたのですが、
同一年齢ということは、みんな同じ重量で戦うのですね。
このへんはご紹介いただいたページを見れば一目瞭然とのことですので、
端から読んでみます(そのうち・・・)

ハイリスクハイリターンとは大げさでしたね。
あの時は、付加賞金について理解できたことを証明するために、何かうまい文句を書きたかっただけで、
それほどハイリスクでないことは、うすうす感づいていましたが、そう書いてしまいました。

お礼日時:2010/05/16 04:47

JRAのサイト内の「ビギナーズクラブ」に、かなり詳細に説明がされています。


そちらをご覧になられた上で、わからない点をご質問される方がよろしいのではないかと思いますが。

その中でも、「競馬用語辞典」で検索されれば、ほとんどのことは判明すると思います。

参考URL:http://jra.jp/beginner/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは。
自分で調べるのと質問するのと、どちらが手っ取り早いか予想して、
よし質問しよう!となったわけです。

ひとまず今回の質問はNo.2 myu_from40さんの回答でほとんど解決しましたので、
ご紹介いただいたサイトは次の機会にってことで^^;

お礼日時:2010/05/15 06:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q競馬のハンデレースって何?

競馬にて、ハンデレースがあると思うのですが、
ハンデレースと書いてなくても、騎手によって体重が違うので、
結局背負う体重が違うのではないかと思うのですが、
それはハンデレースとはいわないのですか???

たとえば、明日の7Rでは、

「サラ系4歳以上 4歳以上500万円以下 (混合)[指定] 定量」

とありながらも、騎手は、

牡4/鹿
56.0kg
三浦 皇成

牡5/鹿
57.0kg
江田 照男

で、体重が統一されているわけではないですよね?

ハンデ戦と普通のレースの違いを教えてください。

Aベストアンサー

この場合のハンデ、というのは、負担重量のことですね。
競馬の負担重量は、「定量」「別定」「ハンデ」という3種類があります。

定量というのは、馬の年齢、性別によって機械的に背負う重量が決まるレースのことです。
例えば、4歳の牡馬であれば、どの馬でも同じ重量。牝馬であれば……というような形で決まります。

別定というのは、その通り、各レースごとに重量の測定方法が決まっているレースです。
これは、いくつかパターンがあるのですが、G1レースを勝っていると+2キロ、G2を勝っていると+1キロのような、過去の勝ったレースの格によるものと、収得賞金が1000万円増える毎に+1キロ、のような形の賞金額によって決まる、というようなパターンに分かれます。

で、この「定量」「別定」戦というのは、予め、どのくらいの斤量を背負うのかわかる、という特徴があります。
「定量」であれば、年齢、性別で決まっているので明らかですし、「別定」にしても、上のような形で機械的に決まるので最初から「このレースに出すと57キロ」「こっちだと58キロ」みたいなものはわかります。

一方、「ハンデ戦」というのは、出走馬が全て互角になるよう、ハンデキャッパーという係の人が斤量を調整するレースです。
例えば、G1レースを何勝もしているようなAという馬が出走するとします。
もし、他のメンバーが、やはりG1勝ち馬とかが多いなら、それなりに拮抗したメンバーなので、ハンデも他の馬と比べて突出して重くなることはないでしょう。
一方、他のメンバーがG1はおろか、重賞すら勝っていないような馬しかいないと、そのAという馬は圧倒的に強いと考えられます。そうすると、Aは他の馬と比べ、重い重量を背負うことになります。
そういう風にして、互角になるようにしているわけです。ですから、他の馬との関係になるため、どのくらいの斤量になるのかわからない、ということが言えます。


ちなみに、負担重量というのは、騎手の体重、鞍の重さ込み、です。
例えば、56キロの負担重量の場合、
騎手の体重が50キロなら、騎手は鞍と重しを6キロつけてレースに挑みます。
騎手の体重が49キロなら、騎手は鞍と重しが7キロになるようにします。

馬としては、負担重量が増えると大変です。
でも、騎手にとっては、負担重量が少ない方が減量などが大変となります。
負担重量が49キロとかだと、体重と鞍を併せて49キロにしないといけないわけですから。

この場合のハンデ、というのは、負担重量のことですね。
競馬の負担重量は、「定量」「別定」「ハンデ」という3種類があります。

定量というのは、馬の年齢、性別によって機械的に背負う重量が決まるレースのことです。
例えば、4歳の牡馬であれば、どの馬でも同じ重量。牝馬であれば……というような形で決まります。

別定というのは、その通り、各レースごとに重量の測定方法が決まっているレースです。
これは、いくつかパターンがあるのですが、G1レースを勝っていると+2キロ、G2を勝っていると+1キ...続きを読む

Q競馬のボックスって?

先日初めて競馬を見に行ったら馬券で「ボックス」っていう買い方がありましたが、意味が判らないので買えませんでした。どんな馬を当てるのでしょうか?詳しい方教えて下さい。 また、馬連や枠連に対してどのようなメリット、デメリットがあるのですか?

Aベストアンサー

馬連で説明します。
買いたい馬が3,4,8,9番だとします。
でどれも甲乙つけがたいの全ての組み合わせを買いたい。
そんなとき「ボックス」の登場です。
3,4,8,9の4つをマークするだけで
3-4,3-8,3-9,4-8,4-9,8-9
と計6通り一気に買えます。
メリットはマークする手間が省けること。
デメリットは金額が均一でしか買えないこと。
あと頭数が増えると点数も増えるので(5頭ボックスだと10点)窓口で
あわてないようあらかじめ購入金額を確かめた方がいいでしょう。
ちなみに今週はじまる3連複、連単でもボックスはあります。

Q複勝の配当の決まり方

競馬を始めたばかりなのですが、複勝について教えて下さい。

複勝のオッズは「1.2~1.9」のような範囲で表示されていますよね。これって着順でオッズが変わる事を意味しているのでしょうか?この場合だと、1着・2着・3着で配当がどのくらい違うのでしょうか?ご存知の方、教えて下さい。

Aベストアンサー

複勝払戻金は、複勝対象の馬(3着までに入った馬)の組み合わせによって払戻金が変わります。なぜそうなるかといえば、払戻金の計算式がそうなっているからです。(計算式は、JRAのホームページにあります)

具体例を最近のレース(スプリンターズ・ステークス)で見てみます。

◎まず、実際の払戻金ですが以下の通りでした。

アイルラヴァゲイン(3着、複勝 5番人気)  300円
サンアディユ(2着、複勝 1番人気)      170円
アストンマーチャン(1着、複勝 3番人気)  230円


もし、レースの結果(着順)が異なっていたら、複勝の払戻しがどうなっていたかを計算してみました。

●例 1 複勝対象の馬が、以下の 3頭だったら

サンアディユ(複勝 1番人気)         180円
アストンマーチャン(複勝 3番人気)      240円
タマモホットプレイ(複勝16番人気)     2,790円

●例 2 複勝対象の馬が、以下の 3頭だったら

アストンマーチャン(複勝 3番人気)      280円
タマモホットプレイ(複勝16番人気)     3,430円
エムオーウイナー(複勝15番人気)      1,670円

●例 3 複勝対象の馬が、以下の 3頭だったら

サンアディユ(複勝 1番人気)         160円
アストンマーチャン(複勝 3番人気)      210円
スズカフェニックス(複勝 2番人気)      190円


締切直前のアストンマーチャンの複勝オッズは、 2.1 ~ 2.8 となっていたはずです。(例3のときが、2.1倍。例2のときが、2.8倍)
 

複勝払戻金は、複勝対象の馬(3着までに入った馬)の組み合わせによって払戻金が変わります。なぜそうなるかといえば、払戻金の計算式がそうなっているからです。(計算式は、JRAのホームページにあります)

具体例を最近のレース(スプリンターズ・ステークス)で見てみます。

◎まず、実際の払戻金ですが以下の通りでした。

アイルラヴァゲイン(3着、複勝 5番人気)  300円
サンアディユ(2着、複勝 1番人気)      170円
アストンマーチャン(1着、複勝 3番人気)  230円


もし、...続きを読む

Q枠順が確定するのは、開催日の何日前?

開催は、だいたい毎週土日だと思うのですが、
出走馬と、枠順が確定するのは、開催日の何日前ですか?

開催日が土曜日の分の枠順の確定曜日と、
開催日が日曜日の分の枠順の確定曜日は、
やっぱり1日ズレてる(土曜開催の方が1日早い?)んですか?

Aベストアンサー

枠順が確定する日時は概ね次のようになっているはずです。

G1のうち、フェブラリーS、高松宮記念、NHKマイルカップ、安田記念、スプリンターズS、秋華賞、エリザベス女王杯、マイルチャンピオンシップ、朝日杯フューチュリティ、阪神ジュベナイルフィリーズの10レース →金曜9時

その他のG1 →木曜日14時

日曜日の重賞 →金曜日10時

その他の競走 →レース前々日の10時

ただ、日曜重賞は、1月から3月の間は前日発売がないので、その間は前日(つまり土曜日10時)に発表になると思います。

Qボックス、フォーメーションの意味が分かりません

IPATで競馬始めました。
天皇賞買ってみようと思っています。
ボックス、とか フォーメーションの意味がよく分かりません。
競馬用語辞典?と言うようなサイトにも載っていないのですが‥

Aベストアンサー

具体的な例を挙げたほうが分かりやすいかもしれません。例えば先週の菊花賞の3連単で例えましょう。結果は1着ディープインパクト2着アドマイヤジャパン3着ローゼンクロイツ4着シックスセンス5着フサイチアウステルでした。この5頭をレース前に予想した場合、3連単ボックスで買うと全部で60通りになります。5頭の内3頭が1~3着に入ればいいのですから安心して見ていられますが買い目が増えるのが難点です。そこでもう少し予想の幅を狭めて目数を減らす買い方がフォーメーションです。菊花賞の場合、ディープインパクトは1着以外ありえないと予想できればフォーメーションの1着の予想馬にディープインパクトのみに印を付ければいいのです。2着・3着は展開によって微妙だなと思えば2着の予想馬にも3着の予想馬にも、アドマイヤジャパン以下残りの4頭をチェックすればいいのです。そうすれば買い目は全部で12通り。ボックスで買うより48点も少なくなります。当然リスク(外れる可能性)も高くなりますが、菊花賞のように1着に予想した馬がかなりの確立で勝てると踏んだときはフォーメーション買いがお勧めです。私も展開次第で着順が変わりそうな混戦の時はボックス買い、1着馬が信頼置ける時はフォーメーションで買っています。今週の天皇賞は頭数も多いので高配当が望めそうです。フォーメーションで目数を絞って少ない投資でハイリターンをめざしてみてはいかがでしょうか?がんばってください。

具体的な例を挙げたほうが分かりやすいかもしれません。例えば先週の菊花賞の3連単で例えましょう。結果は1着ディープインパクト2着アドマイヤジャパン3着ローゼンクロイツ4着シックスセンス5着フサイチアウステルでした。この5頭をレース前に予想した場合、3連単ボックスで買うと全部で60通りになります。5頭の内3頭が1~3着に入ればいいのですから安心して見ていられますが買い目が増えるのが難点です。そこでもう少し予想の幅を狭めて目数を減らす買い方がフォーメーションです。菊花賞の場合、...続きを読む

Q競馬における連対率と複勝率

 最近、競馬を見るようになったんですが、連対率と複勝率ってナンですか?
 ちょろっと調べた結果
 連対率=2位まで 
 複勝率=3位まで
 に入った確率だと思うんですが合ってますか?

Aベストアンサー

ほぼ、それで正解です。

連対というのは、2着までに入ることを指します。
連、つまり、馬番連勝、枠番連勝の馬券に絡む率、ということです。

複勝率は、複勝馬券に絡む率を言います。
基本的には3着以内、ですが、競馬の場合、出走馬が8頭以下のときは、2着以内、ということになります。

Q手前を変えるって?

よく直線を向くときに手前を変えるって言うじゃないですか、それって何ですか?
それと、その時の変えさせる方法ってあるんですかね?

Aベストアンサー

●手前を変えるとは
馬の駆歩は、半身に構えた肢勢で、左肢に比べ右肢が前に出た肢勢と、その逆の肢勢があります。前者を「右手前」の駆歩、後者を「左手前」の駆歩と呼んでいます。
右手前の襲歩では、次のようにして1完歩が完成です。
1.左前肢 
2.右前肢を上げこれを前方に送る。
3.右前肢を地面に着け、左後肢で地面を蹴る。
4.前方に伸ばした前肢を軸にして、体を支えながら前方へ送る。
5.四本の肢を宙に浮かし、後肢を前に運んで着地の態勢を整える。
6.左後肢を地面に着け、体を前へ送りながら、右後肢を地面に着ける。
馬は元々左利きで左手前の駆歩が得意だそうです。しかし、左前肢だけで走る癖をつけると、そっちにばかり負担がかかり、故障も起こり易いし、疲れて伸びがなくなります。適当に手前を変えることの出来る馬は、ラストで二の脚を繰り出します。テイエムオペラオーなどは、最後の直線で手前を変えるのがうまいそうです。また、コーナーを回るには、右回りなら右手前、左回りなら左手前で走らないと無理があるので、必ず調教されるもののようです。

●手前を変える方法
例は乗馬の場合で、右手前から左手前に変える方法ですが。
適切なタイミングで、扶助を与える、という方法になるるかと思います。
どういうことかというと、手前を変える最初の段階では馬は重心を僅かに右から左に移すそうです。なのでタイミングを見て、騎乗者が右足で馬を押して扶助してあげる方法がとられると思われます。
なお、手綱は左の手綱を十分譲って、右手綱を控えながら、押し手で馬の肩をちょっと押してあげるようです。

500kgの重さのものが、時速60kmの速さで前進しながら微妙に重心を移すわけですから、ちょっとしたズレから大きな故障が発生しやすくなるのではないでしょうか。サイレンススズカも、勝負どころで手前を変える時に故障が発生したものと思われます。

参考URL:http://dion.keibado.ne.jp/keibabook/000612/esc.html

●手前を変えるとは
馬の駆歩は、半身に構えた肢勢で、左肢に比べ右肢が前に出た肢勢と、その逆の肢勢があります。前者を「右手前」の駆歩、後者を「左手前」の駆歩と呼んでいます。
右手前の襲歩では、次のようにして1完歩が完成です。
1.左前肢 
2.右前肢を上げこれを前方に送る。
3.右前肢を地面に着け、左後肢で地面を蹴る。
4.前方に伸ばした前肢を軸にして、体を支えながら前方へ送る。
5.四本の肢を宙に浮かし、後肢を前に運んで着地の態勢を整える。
6.左後肢を地面に着け、体を前へ...続きを読む

Q競馬の秒差って、何馬身差になるのでしょうか?

競馬新聞等で、1位の馬との秒差が表示されていますが、これを、何馬身差という表現にするとしたら、コンマ何秒が一馬身になるのでしょうか?皆さんの物差しのような物教えて頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

一般的には、
『0.2秒=1馬身』と言われています。
    

Q競馬用語で「掛かる」って?

競馬でよく、「敗因は道中掛かって~」とか聞くのですが、「掛かる」って何ですか?お教えくださいお願いします。

Aベストアンサー

手綱を引いて抑えていても馬が勝手に前前に行ってしまう事。
つまり、馬の前へ行く気を騎手が思うように押さえ切れない状態。
この状態になると最後に馬がバテテしまい追い込みがきかないことが多い。
掛かり気味、引っ掛かると等とも言います。

Q馬券のながしとは・・・

競馬初心者です。
色々な種類の馬券があることをつい最近知りました。
そこで質問なんですけど、馬券にでてくる「ながし」とはなんですか?

Aベストアンサー

こんにちは!

早速ですが、ながしとは軸となる馬を決めて、その馬と絡めて他の馬との組み合わせを買うことを言います。
例)馬連の場合 1-2.1-3.1-4
  (1番を軸にして買う)

今では3連複、3連単等もあるので、1頭軸流し・2頭軸流しとかもあります。
例)1頭軸の場合 1-2-3.1-4-5.1-6-8
  (1番の馬を軸にして買う)
  2頭軸の場合 1-2-3.1-2-4.1-2-5
  (1番と2番を軸にして買う)

ちなみに、1頭を軸にして他の馬全部との組み合わせを買うことを、総流しと言います。