人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

いつもお世話になります。

素朴な疑問ですみませんが、

「~する」というのを丁寧にいうとき、わたしは「~していらっしゃる」と言うのですが、たまに「~してみえる」と言われる方がおられますよね。
なんとなく東海地方の方に多いように思ったりするのですが。。。。(わたしの誤解だったらすみません)

「来る」と言うときに「いらっしゃる」とともに「みえる」も使うこともあるので、理屈としてはわかるような気がするのですが、わたし的になーんとなく違和感があるのです。

たとえば「お困りになってみえるようなので」という言い方をしても、敬語として一般的におかしく聞こえたりしませんか?

もちろん、わたしの無知からくるものならば、認識をあらためていこうと思っています。

すごくつまらない質問で申し訳ありませんが、
みなさまのご意見伺いたく、よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

もう結論は出てるようですが東海方言です。

ただ2,3補足を。
私は三重県に21年、大阪府に22年住んでいたのですが、まず「~してみえる」は関西の「~してはる」に比べて、はるかに尊敬度が高いです。「はる」は「猫のお母さんが子猫にお乳飲ませてはるわ」といった使い方さえある程、軽い尊敬、もっといえば美化語に近いものですが、東海の「てみえる」は、共通語の「ていらっしゃる」に匹敵する(それよりはやや尊敬度が低いか?)というのが私の語感です。
それから、4番の方がご指摘の「来る」の尊敬語としての「みえる」は(広辞苑にも載っている)共通語ですね。質問者の方も、これは違和感を感じておられないようですし。
東海地方に限って尊敬語として使うのは、「動詞+て」の形に「みえる」が付いたもので、この場合の「みえる」は補助動詞的に使われていて「視覚に入る」という意味がないのは勿論、「来る」という意味もありません。
お尋ねの「お困りになってみえるようなので」は、東海地方ではどんな目上にでも使える丁寧な表現ですし、「困ってみえるようなので」と、1段落とした表現でも尊敬の意図は表わせます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たいへんアカデミックなご回答、ありがとうございます。これで明白にわかりました。

たしかに語感として、「~してはる」はいちおう尊敬語として使ってますが、軽い感じは否めませんね。最上級の尊敬にはやはり「いらっしゃる」を使います。
対して「~してみえる」は耳ざわり的にはすごく丁寧な感じがします。

こんなひとことにも、お国柄みたいなものが出るものですね~。あらためて東海地方の方々の謙虚なお人柄を垣間見た気がします。

すごく勉強になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/07/10 02:04

tindallinさん、こんにちは。



>「~する」というのを丁寧にいうとき、わたしは「~していらっしゃる」と言うのですが、たまに「~してみえる」と言われる方がおられますよね。
なんとなく東海地方の方に多いように思ったりするのですが。。。。

これ、ビンゴです!!
実は、うちのだんなは、東海地方出身です。
法事で実家に帰ったときなんかに、おばさんなどが
「だれだれさんが、○○してみえるね~」
なんて言い方していました。

うちのだんなに、今、確認してみました。
すると「尊敬語じゃないの」ということでした。
「こちでは「~してはる」とか言うやん。あれと一緒」
とのことです。

そういえば、関西では、~していらしゃる、ということを
~してはる、と言います。
「お坊さんがお経読んではるわ~」
(お坊さんがお経を読んでいらっしゃるわ)
これを、東海地方では
「お坊さんがお経読んでみえるね」
みたいに言ってたと思います。

>たとえば「お困りになってみえるようなので」という言い方をしても、敬語として一般的におかしく聞こえたりしませんか?

やっぱり方言ですよね。
関西弁では「お困りにはってはるようやから」ですかね。
他の地方の方からすれば、違和感あるでしょうね~。

日本語って、難しいですね!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
わざわざ旦那様にまで確認とっていただいて、感激でございます(笑)。

わたくし関西人なのですが、
「困ってはるみたいやわ~」っていうのはやはり他の地方では違和感ありますかね。。。。そういえばわたしもぜんぜん気にしてませんでした。
関西弁はもう第2標準語だからわかってもらえるやろ~って思っているのはやはり関西人のおごりでしょうね。f(^ ^;)

う~む、勉強になります。とともに、すこし自分の言葉づかいも自己反省してみたいと思います(笑)

ありがとうございました。

お礼日時:2003/07/10 01:46

私の職場には全国から人が集まっていますが、「~してみえる」という使い方は


名古屋地方から来た人(数人)だけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

よかった。やはりわたしの認識はまちがってなかったのですね。f(^ ^;)

「名古屋地方」。。。
ひょっとして名古屋もしくは愛知県限定の表現なのでしょうか(笑)

お礼日時:2003/07/10 01:32

愛知県三河地方の人間です。



あれっ、42歳の今まで間違って使っとったのかん?
そんな馬鹿な!そんなことないらあ。(二文とも方言です)
思わず自分を疑っちゃいました。

さて、わが地方では、「~してみえる」を始終使っていると言ってもいいでしょう。
「○○さんは、日曜日にどのようなことをしてみえますか?」
「◎◎さんは、今△△の方で働いてみえますが・・・。」
などなど

ただ、「お困りになってみえるようなので」とは普通言いません。→「お困りのようなので」と言います。

方言なのかどうか・・・
わたしも、全国津々浦々の方からお声を聞きたいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

わたしは前述したように関西人なのですが、
われわれはたぶん「わしは関西弁でしゃべっとんねん!」的意識100%で会話してると思うんです(笑)

でも、いままで知り合った東海地方の人の中では「じぶんベタベタ名古屋弁やなあ!」っていう方に出会ったことがないので(笑)、てっきり「名古屋弁」(三河弁?)なるものは、現在では清水義範氏の小説の中でしか存在しないものだと思ってました(笑)

でもみなさんのご意見拝するに、これが方言だったんですね。なんて控えめで上品な方言なのでしょ~。関西弁にくらべて(笑)

勉強になります。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/07/10 01:25

こんにちは、生まれも育ちも名古屋のmeinanです。


年配の方の中には「~してみえる」を名古屋弁だと言う方もみえます。あ・・・。このように、普通に使いますよ。多分こっちの方の言葉遣いなんでしょうね。
あと、「来る」の尊敬語として「みえる」を使います。「先生がこちらに来られるそうだ」を「先生がこちらにみえるそうだ」ってね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

後者の「先生がみえる」的使い方はなんとなくわかります。でも口から発する時につい感覚的に「先生がみえられる」と出てしまって、
これでは敬語が2つかぶってないか?!「先生がみえる」で十分敬語になっているのかな?!でもなんとなくぶっきらぼうな気もするし。。。
と、迷ってしまっていました。f(^ ^;)

ご回答から察するに、きっと「みえる」で十分に敬語の役割をはたしているのでしょうね。

ひとつカシコくなりました(笑)
ありがとうございました。

お礼日時:2003/07/10 01:11

全くの余談ですけど、関西地方で「~してはる」とか


そうゆう感じなのかなぁと思います。

「○○さんが~しはった」というのは
責任転嫁というか、敬語というかそういう感じのニュアンスです。

これも一般的に見たら違和感あるんだろうなぁと感じました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

わたしは関西人ですので、「~してはる」はよく言いますf(^ ^;)。
でもさいきん芸能人でも関西弁まるだしでしゃべるヒト多いじゃないですか~。だからなんとなく全国的に認識されてるかな、って思ってました。
これも勝手な思い込みなのかな?(笑)

「~してみえる」に違和感を感じるのは情報媒体でそうゆう表現があまりみあたらないからなのですかね~。

参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/07/10 00:57

東海で生まれ育った者です。



「~してみえる」をごく普通に使ってました。
小学校の担任に、目上の人にはそう言うように教えられた記憶が…。
もしかして、方言だったのですか?
びっくりしています。

(回答になってなくてごめんなさい。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

そ、そうなんですね~。。。

名古屋に友達が住んでいるのですが、話していてもあまり訛りとか感じないのです。時代劇ならいざしらず、現在では東海地方は標準語圏なのだと思ってましたf(^ ^;)。

みなさまのご意見を拝するに、方言までいかなくても、その地方独特の言い回しってあるものなのですね~~~。。。。

お礼日時:2003/07/10 00:51

誤解ではありません。

他の地方で使うかどうかは知りませんが、ご推察の通り、東海地方では、ごく一般的です。

他の地方の方がこの言葉を聞くと違和感があるのは、当然のことだと思いますよ。

なので、
>「お困りになってみえるようなので」
一般的=全国的と考えると、やはりおかしいかも。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

やはり東海地方独特の言い回しだったのですね!
東海地方ってあまり「方言」のイメージがなかったので、ひょっとしてわたしが知らないだけで、全国的にそうゆう言い方してるのかなあ。。。とちょっと不安だったのです。

勉強になりました!
ありがとうございました。

お礼日時:2003/07/09 16:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「~してみえる方」という言い方

「~してみえる方」という言い方を時々目にします。
たとえば「一人暮らししてみえる方、いらっしゃいますか?」とか。

「みえる」を「いる」の尊敬語「いらっしゃる」や「おられる」の同義語として使っているような印象を持ちます。
私にはどうも違和感があるのですが使い方としては間違ってはいないのでしょうか?

辞書を見ると”「見える」は「来る」の尊敬語”としか出ていないのですが、どうなんでしょうか?

Aベストアンサー

愛知県在住です。
「~してみえる」は、「~していらっしゃる」と同義語としてこの地域では使われていますね。尊敬語として使っています。

私は、転勤族なのでこれが方言とわかっていましたが、友人の中には、標準語だと思い込んでいて、手紙などの文章にまで「~してみえる」を堂々と使う人もいました。

これは蛇足なのですが、もっとひどい方言になると、「~してみえる」が「~しとらっせる」へと変化してきます。意味としては、同じく「~していらっしゃる」となります。
私の夫が「~しとらっせる」を使うので(愛知出身ではないのに…)「やめて~~」と言ってます。(だって、若者は、こんな言い方しないですものねー)

Q「みえる」は方言?

以前愛知県の方とネットで知り合い、メールのやり取りをしていたのですが、「~してみえる」という表現をよく使われるんです。
最初は意味がわからなかったのですが、どうやら敬語の「~される」にあたるような気がするんです。
話される→話してみえる
立たれる→立ってみえる
のように。。

この方だけ独特なのかなあと思っていたら、やはり別の方からのメールにも同じ表現が使われていたことがあります。(出身地不明)
普通に書き言葉でも、使う表現でしょうか?
それとも中部地方独特の表現(方言)なのですか?

Aベストアンサー

京都弁の「~してはる」のニュアンスだと思いますが、東海地方の人は「みえる」が方言だと知らないで使っている人が多いです。
「~な人、みえますか?」
とか言われると、
「いいえ、私にはあなたが見えません」
とツッコミを入れたくなります。
ネットで「みえますか」と書いている人を見ると名古屋圏の人だとすぐわかります。

名古屋圏以外の「みえますか」と使われ方が違うので名古屋文化圏の人と接したことがない人にはまったく聞き覚えが無い表現です。

東海地方の方へ(余計なお世話ですが)アドバイスさせていただくと、
書き言葉で使うと、本当に勘違いされますよ。
全国では
「いらっしゃる」がそうであるように「来る」の尊敬語として使われることはあるので、
(例:「さきほどおみえになりました」)
「みえますか?」と聞かれると「いいえ、横浜から名古屋まではちょっと遠くて行けません」なんて返事が返ってくる可能性もあります。

Q時々見かける「~てみえる」って。。。

書き込みを見ていて、時々謎のことば「~てみえる」というのを見かけます。
なぞって言うのは、使い方がヘンなんです。
例えば、
 「質問者様が困ってみえるのが文面から分かります」
 「ドアのそばでおばあちゃんがしゃがんでみえて」
など。
 前後の文脈から、どう考えても「~のように見える」ではないし、「来る(例・今朝お家の方が窓口に見えて)」でもないし、「まるで見ているようにわかる」でも合わないし、、、
 この「~てみえる」って、どういう意味なんでしょう? 国語辞典には載ってないので、方言なのでしょうか? それとも何かふざけた表現(ギャグとかからかいの言葉)とか、「ありえなーい」「ちげーよ」「~なんじゃね?」みたいな若者言葉由来の流行表現なんでしょうか?

 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「おみえになりました」=「いらっしゃいました」と同じ用法の、敬語表現です。ただ、他の方が答えてみえるように(←こんな使い方)、東海地方独特の敬語表現としてよく耳にします。

東海地方では尊敬表現に「なんでも“みえる”をつける」と思われるのは、共通語で使う敬語の範囲を超えて使用されるからです。

共通語では上に書いたように、「いらっしゃいました」「おいでになりました」は、ただ「おみえになりました」なのですが、名古屋近辺では「おいでになってみえました」のように重複していたりして、とても汎用的に使われることがあるからです。最初に耳にしたときは、あ、この人の敬語おかしいっ、と思いました。でもみなさんそうおっしゃってみえるのです……(^^;

補助動詞として“~してみえる”を使うことは、他の地方では少ない(少なくなってしまった?)ため、ご質問の例文の書き込みは、十中八九、東海地方の方のものです。

Q~のように見える 謙譲語

~のように見える
の謙譲語を教えてくださいm(_ _)m

Aベストアンサー

~のように拝見致します
~のようにお見受け致します

謙譲語は自分がへりくだることで相手が上になる敬語です。
(尊敬語は相手を自分より上へ持ち上げる敬語です)

Q「来る」の尊敬語としての「見える」について

 日本語を勉強中の中国人です。「来る」の尊敬語としての「見える」は現代でよく使いますか。もし使うなら、常用例文を教えていただけないでしょうか。ちなみに、「見える」だけ使うパタンが多いでしょうか。それとも「お見えです」などのように組み合わせのほうが比較的に多いのでしょうか。

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>「来る」の尊敬語としての「見える」は現代でよく使いますか
よく使います。
ただし、居酒屋チエーン店やコンビニのように若い店員が多い店舗では、使わないというか使えない店員が多くなり、年寄りを嘆かせています。
一定レベル以上の店舗であれば喧しく教育します。客は常に上位者として扱えという教育の一環です。

>常用例文を教えていただけないでしょうか。
社会的に上位の者に対して下位の者が上位者の行動を表現する際に使います。
ただし、親族間(祖父母、親子、兄弟、従妹)では使いません。
お嫁入りした直後に義母、義父の行動を説明する際に嫁入りした女性が使わないとしつけが悪いと言われます。
年月がたってお互いに慣れれば使わなくなります。
サラリーマンが下手に使うとゴマスリ野郎と言われます。

>見えるだけ使うパタンが多いでしょうか
ありません。
単独では「見ることができる」と誤解されてしまいます。

>それとも「お見えです」などのように組み合わせのほうが比較的に多いのでしょうか。
多いのではなく、組み合わせて使うのが通常の使い方です。
「お見えです」は完了したことを表します。既に来ていることを表します。
先生がお見えです:第三者に対して、先生(教師、医師、代議士)が今まさに現れたこと、あるいは既に来ている状態を表現します。
先生当人がその場居るば場合には「お見えになられました」あるいは「お見えになられておられます」とさらに丁寧にいいます。

お見えになられます。:今まさに来るところですという状態を表します。
○○さんはお見えになりますか:○○さんは来ますか。
客に対して面と向かって使う場合には「何時お見えになりますか}という使い方をします。
○○さんはお見えですか:○○さんは来ていますか。

最近は若者が「先生が見えました」という言い方をしますが、年寄りには稚拙でぞんざいな言い方だと受け取られます。

手紙文などの場合には「お見え」単独で使うケースもあります。
「こちらにお見えの際には・・・」:こちらに来た時には・・・

>「来る」の尊敬語としての「見える」は現代でよく使いますか
よく使います。
ただし、居酒屋チエーン店やコンビニのように若い店員が多い店舗では、使わないというか使えない店員が多くなり、年寄りを嘆かせています。
一定レベル以上の店舗であれば喧しく教育します。客は常に上位者として扱えという教育の一環です。

>常用例文を教えていただけないでしょうか。
社会的に上位の者に対して下位の者が上位者の行動を表現する際に使います。
ただし、親族間(祖父母、親子、兄弟、従妹)では使いません。
お嫁入...続きを読む

Q敬語「見える」か「見えられる」か

敬語です。
社長が見えた。
社長が見えられた。
ぼくは「見えた」が正しいと思うのですが、
テレビでも「社長が見えられた」と言っているので両方ともいいのかなと思ったりします。敬語に詳しい方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「見えた」派です。
例えば「○○株式会社御中 ××様」と言う表記のように間違って覚えている人が多いと、
正しく「○○株式会社 ××様」と書いた場合に失礼だと思われてしまうケースがあります。
誤解されるのもばかばかしいので、最近口をつく前に気がついた場合は
「いらっしゃった」に置き換えるようにはしています。
さすがに「見えられた」には抵抗があって言えません。

Q「いらっしゃいますか?」と「おられますか?」正しいのは?

 私は社会人歴7年、ひととおりのビジネスマナーはまあまあ覚えていたつもりなのですが、実は未だにちょっと分からないことがあります。

 例えば、仕事上で相手の会社に電話をかける際、はじめに目的の人物以外が電話に対応する場合のはよくあることですね。そしてその時、自分が用事のある人物に電話を取り次いでもらいたい場合、「○○さんはいらっしゃいますか?」と「○○さんはおられますか?」ではどちらが本当は正しいのでしょうか? それとも地域によってちがうのでしょうか?

 私は北東北在住です。振り返って思い出してみると地元の人たちで「おられますか?」を使うのを殆ど聞いたことが無い気がします。どちらかと言えば、他県、それも関西方面の人たちが「おられますか?」をよく使っていたような…。私は新社会人当時、関西の言葉を話す社員が多い会社にいたので、「おられますか?」は耳に馴染んでいて、今でもその時々によって「いらっしゃいますか?」と合わせて半々に使います。

Aベストアンサー

学校文法的に言えば、

敬語には尊敬語、謙譲語、丁寧語の三種類があります。
「おる」は謙譲語です。
したがって、これに尊敬語の助動詞「られる」をつけるのは間違いです。

ということになります。
私もそのように教えられた覚えがあります。

しかし、「おる(をる)」は元々謙譲語というより丁寧語であって、これに「られる」という助動詞をつけて尊敬の意味を表わすことは、何ら間違いではないと言う説もあります。
このことについて、説得力のある説明をしているサイトを見たことがあります。(↓)
これを読んでから、私も「おられる」は間違いではなく、学校文法が間違っているのだと思うようになりました。
文部省や国語審議会の言うことなど、学問的にさほど権威があるとも思えません。ただ、学校の試験などでどう答えるか、ということが問題ならば、彼らのいうことが金科玉条ですが。。。

参考URL:http://www.alc.co.jp/jpn/cls/ndm/gnsodan03.html

Q「ご紹介いただく」は二重敬語でしょうか?

「ご紹介いただく」は二重敬語でしょうか?

「ご」は「紹介」に対しての、
「いただく」は動作に対しての敬語のように思うのですが、
おかしいと指摘されました。

敬語やマナーに詳しい方、どうかご教授ください。

Aベストアンサー

「ご~いただく」で、謙譲語の一般形です。「~」には動詞連用形、あるいは動作性の名詞(サ変動詞の語幹)が入ります。
「ご紹介いただく」を常体で言えば「紹介してもらう」です。変ですか? 変ではないですよね。これは二重敬語ではありません。もちろん間違いではなく、正しい言い方です。
「ご紹介していただく」という言い方は誤用です。その理由を下記URLよりコピーしておきます。

>>・御案内してくださる・御案内していただく
(例えば「先生は私を御案内してくださった。」「私は先生に御案内していただいた。」は,「先生が私を
案内する」ことを謙譲語I「御案内する」で述べているため,「私」を立てることになる点が不適切
であり,結果として「御案内してくださる」あるいは「御案内していただく」全体も不適切である。
「して」を削除して「御案内くださる」「御案内いただく」とすれば,「お(ご)……くださる」「お(ご)
……いただく」という適切な敬語のパターンを満たすため[本節の1の(1)(1),及び2の(1)(1)
を参照(24ページ及び26ページ)。],適切な敬語となる。「……ください」の場合についても同様
である。)
(注) ただし,この場合についても,例えば,次のような限られた場合には,問題のない使い方となる。
事情は,先の「伺ってくださる・伺っていただく」の場合と同様である。
(1)「田中さんが先生を御案内してくださいました。」,「田中さんに先生を御案内していただきました。」
(2)「鈴木さん,すみませんが,先生を御案内してくださいませんか。」<<

二重敬語というのは「いらっしゃられる」のように、一語に二つの敬語を使うことをいいます。この場合は「行く」に、「いらっしゃる」という敬語動詞と「れる」という尊敬の助動詞を使っていますね。

先日(本年二月二日)、文化審議会から答申された「敬語の指針」(全文は下記URLをご参照ください。)から、ご質問に該当する部分をコピーしておきます。参考になさってください。

>>2 謙譲語I
(1)動詞の謙譲語I
(1) 動詞の謙譲語Iの形
「訪ねる→伺う」のように特定の語形(特定形)による場合と,「お(ご)……す
る」(例:届ける→お届けする,案内する→御案内する)のように広くいろいろな
語に適用できる一般的な語形(一般形)を使う場合とがある。
【特定形の主な例】
・伺う(←訪ねる・尋ねる・聞く)
・申し上げる(←言う)
・存じ上げる(←知る)
(注) 「存じ上げる」は,「存じ上げている(います,おります)」の形で,「知っている」の謙譲語I
として使う。ただし,否定の場合は,「存じ上げていない(いません,おりません)」とともに,
「存じ上げない」「存じ上げません」も使われる。
・差し上げる(←上げる)
・頂く(←もらう)
・お目に掛かる(←会う)
・お目に掛ける,御覧に入れる(←見せる)
・拝見する(←見る)
・拝借する(←借りる)

【一般形の主な例】
・お(ご)……する(後掲【補足イ】参照。)
・お(ご)……申し上げる(後掲【補足イ】参照。)
・……ていただく(例:読む→読んでいただく,指導する→指導していただく)
・お(ご)……いただく(例:読む→お読みいただく,指導する→御指導いただく)
(注) 「お(ご)……いただく」を作る上では,前掲「1(1)(1)」の【補足ア:「お(ご)……になる」
を作る上での留意点】(25ページ)に準じる留意が必要である。<<

参考URL:http://www.bunka.go.jp/1kokugo/pdf/keigo_tousin.pdf

「ご~いただく」で、謙譲語の一般形です。「~」には動詞連用形、あるいは動作性の名詞(サ変動詞の語幹)が入ります。
「ご紹介いただく」を常体で言えば「紹介してもらう」です。変ですか? 変ではないですよね。これは二重敬語ではありません。もちろん間違いではなく、正しい言い方です。
「ご紹介していただく」という言い方は誤用です。その理由を下記URLよりコピーしておきます。

>>・御案内してくださる・御案内していただく
(例えば「先生は私を御案内してくださった。」「私は先生に御案...続きを読む

Q「~してはる」は敬語?それとも京都弁?

以前、友達と話をしていて少しバトルになった話です。
大阪ッ子の主張は(私もですが)「~してはる」は敬語なので
例えば、「先生が作りはってん。」みたいに話してます。
けど、京都ッ子は「お父さんが作らはってん。」と言うんです。
私からすると身内に尊敬語をつかってるようで、
すごい違和感を感じるんですが、
私だけではなく大阪の友達は敬語だと言う人は多いです。実際どうなんですか?
私のなかで「~はる」をつけるときはかなり尊敬語なんですが・・・
他にも「髪の毛が伸びはんねん。」と言う人もいました。おかしくないですか?
これが京都弁なんでしょうか?

Aベストアンサー

 「~はる」という表現方法は大阪、京都でともに敬意を表す尊敬表現として使われているようです。ただ、両者の間には使用法における若干のニュアンスの違いのようなものがあるようです。
 大阪では「~はる」は基本的に尊敬表現であり、相手への敬意を示す最も一般的な言い方です。
 一方、京都でも「~はる」は基本的に尊敬表現ではありますが、その使われ方が大阪に比べるとやや複雑なようです。京都で最も敬意の程度が高いとされている表現方法は、現実に日常生活の中で使うか使わないかは別としても、「おいでやす」、「おくれやす」などに見られる「お~やす」で、これは純粋に相手への敬意を表した尊敬表現です。「~はる」は「お~やす」に比べると敬意度が低く、また、京都では自分の側、つまり自分の身内に対して「~はる」を付ける言い方も存在し、この場合はその身内に対して敬意を表していると言うよりも、話し手が聞き手に対して自分とその身内との親密さ、親近感を伝えている表現という方が適切なようです。ただ、話している本人としてはあまりそういったことを意識せずに使っている場合が多いようです。また、tawdaさんがおっしゃっているように第3者に関することを話し手が聞き手に意見を求めているような場合に使われる「~はる」は、やや皮肉混じりの意味合いで使われることが多いようです。また、人間以外の物や動物などに使われることもあり、その場合も話し手が聞き手に対してその物への愛着を示したり、あるいは意見を求める、その物への注意を促す時などに使われるようです。
 このことは恐らく大阪と京都が歩んできたそれぞれの歴史や文化の成立過程の差で現れてきた違いだろうと思います。大阪と京都のことばに共通していることは、相手に対する「気配り」の表現方法が豊富であり、全体的にYES、NOをはっきりさせるような言い方を好まず、曖昧にぼかしたり、単刀直入に表現することを避けたりして、相手を傷つけないでおこうとする柔らかさがあります。その一方、ことばの中に多くの意味が含まれていて、後でゆっくりじんわりとこたえてくるというところがあります。肝心なところをぼかしながらも、実は事の本質をついているのです。大阪のことばは歴史的、文化的に商人気質の色が強い庶民的な言葉なので、相手に細かく対応して、相手の機嫌を損ねないように微妙に使い分けをしながらも、相手に対して分かりやすいことばが好まれてきたために、「~はる」の使い方もほぼ尊敬表現の一本で通されているものと思われます。一方、京都では一口に京都のことばと言っても、もともと御所ことばと町方ことばの差別化があり、また町方ことばも室町商家のことば、西陣の職人ことば、祇園花街のことばなどの複雑な区別があったため、「~はる」の使い方も大阪に比べるとより複雑な人間関係の中で多様性を持つに至ったと思われます。

 「~はる」という表現方法は大阪、京都でともに敬意を表す尊敬表現として使われているようです。ただ、両者の間には使用法における若干のニュアンスの違いのようなものがあるようです。
 大阪では「~はる」は基本的に尊敬表現であり、相手への敬意を示す最も一般的な言い方です。
 一方、京都でも「~はる」は基本的に尊敬表現ではありますが、その使われ方が大阪に比べるとやや複雑なようです。京都で最も敬意の程度が高いとされている表現方法は、現実に日常生活の中で使うか使わないかは別としても、「...続きを読む

Qうろ覚え?うる覚え?どちらでしょうか!?

私はずっと「うろ覚え」と使っていたのですが

最近ネット上で「うる覚え」という表現を見かけるようになり
どちらが正しいのかわからなくなってきましたぁ~!

どちらが正しいのでしょうか?

※ちなみにCD-ROMの辞典で調べると「うる」は出てこなかったんです・・・。

Aベストアンサー

うろ覚えが正解です。

過去にもありましたね、この質問。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=167373


人気Q&Aランキング