初めての店舗開業を成功させよう>>

TCHAR文字列内の検索について
質問があります。

#include <tchar.h>

TCHAR tex1[8];
TCHAR tex2[8];
TCHAR tex3[8];

TCHAR buf[128] = TEXT("abc,def,ghi");

TCHAR型で宣言された変数bufには、「abc,def,ghi」が格納されているとして、
結果的に
tex1 → "abc"
tex2 → "def"
tex3 → "ghi"
となるようなプログラムを作ろうと考えています。(buf内をコンマで区切って3つの変数に代入)

まずコンマの位置が何文字目にあるか確認するために
TCHAR ret[128];
TCHAR search[128] = TEXT(",");

ret = _tcschr( buf, search);

としてみましたが、やはりうまくいかずにエラーが出ます。
上記の目的を達成するにはどのようなプログラムを作ればよいのでしょうか?

環境はVisual C++ 2008 Expressで、C言語を使ってプログラミングしています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

_tcschrが返すのは、見つかった文字の位置へのポインタであって、実体ではありません。


次のようにすると良いでしょう。



TCHAR buf[128] = TEXT("abc,def,ghi");

TCHAR text1[8] ;
TCHAR text2[8] ;
TCHAR text3[8] ;

const TCHAR *p1, *p2 ;
int i ;
for (p1 = buf, i = 1 ; i <= 3 ; i++)
{
  // カンマ検索(あれば、見つかった位置へのポインタ(実体ではない!)を返す)
  p2 = _tcschr(p1, _T(',')) ;

  // コピーすべき文字数
  int len ;
  {
    // 見つかった(p1からp2の直前まで)
    if (p2 != NULL)
    {
      len = (int)(p2 - p1) ;
    }
    // 見つからない(残りの文字列全体をコピー)
    else
    {
      len = (int)_tcslen(p1) ;
    }
  }

  // 文字列コピー
  switch (i)
  {
  case 1 :
    ::_tcsncpy_s(text1, _countof(text1), p1, len) ;
    text1[len] = NULL ;
    break ;
  case 2 :
    ::_tcsncpy_s(text2, _countof(text2), p1, len) ;
    text2[len] = NULL ;
    break ;
  case 3 :
    ::_tcsncpy_s(text3, _countof(text3), p1, len) ;
    text3[len] = NULL ;
    break ;
  default :
    break ;
  } ;

  // 次のループの準備
  if (p2 != NULL)
    p1 = p2 + 1 ;  // カンマの次の文字を指す
  else
    break ;
}

_tprintf(_T("%s\n"), text1) ;
_tprintf(_T("%s\n"), text2) ;
_tprintf(_T("%s\n"), text3) ;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まさにやりたかったのはこれです。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2010/06/28 09:14

_tcschr()は「文字列中の、指定された文字を示すポインタ(無ければNULL)」を返却するので戻り値を受け取る側はポインタでなければダメです。

    • good
    • 0

確かにretのところもおかしいですね。


TCHAR *ret;
にしてみれば?
    • good
    • 0

そこを修正したいのであれば、



TCHAR search = TEXT(',');

ret = _tcschr(buf, search);

この回答への補足

回答ありがとうございます。

修正しましたがエラーの内容は変わっていないようです。
retあたりがエラーを起こしているようにも見えます。

補足日時:2010/06/27 08:27
    • good
    • 0

_tcschrの2番目の引数は、"文字列"ではなく"文字"を指定します



ret = _tcschr(buf, TEXT(','));

この回答への補足

回答ありがとうございます。
確かに一文字なのでシングルでくくらないといけないですね。

修正はしましたがエラーは依然として出るようです。
error C2440: '=' : 'wchar_t *' から 'TCHAR [128]' に変換できません。

補足日時:2010/06/27 00:50
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QTCHAR文字列?の特定部分の数字文字をint型の数値に変える方法

TCHAR文字列?の特定部分の数字文字をint型の数値に変える方法ですが
どうすればよいでしょうか?


int test(LPCTSTR s)
{
int a, b, c, d;

/*
TCHAR?型文字列を数値のintに変える方法???
 a = 12の前2桁
b = 34の2桁
c = 5の最後の1桁
*/

d = a + b - c;
return d;

}

ret = test(_T("12345"));
の場合、retに41が返ってきてほしい。

Aベストアンサー

数字に変換するための文字列を格納できるバッファを準備して
そこに元文字列の指定位置から切り出して数値に変換します

今回の場合なら 受け取る文字列のバッファは2文字とC/C++の文字列の終端をあらわすNULL文字との3文字分が最低でも入ります

int test( LPCTSTR s )
{
  TCHAR buf[3];
  TCHAR *p = s;
  int a,b,c,d;
  // 受け取り側を初期化
  buf[0] = buf[1] = buf[2] = _T('\0');
  // 12 をコピー
  _tcsncpy( buf, p, 2 );
  a = atoi( buf );

  // 受け取り側を初期化
  buf[0] = buf[1] = buf[2] = _T('\0');
  // 34 をコピー
  p += 2;
  _tcsncpy( buf, p, 2 );
  b = atoi( buf );

  // 受け取り側を初期化
  buf[0] = buf[1] = buf[2] = _T('\0');
  // 5 をコピー
  p += 2;
  _tcsncpy( buf, p, 1 );
  c = atoi( buf );

  d = a + b - c;

  return d;
}
といった具合です

または sscanfを使ってもいいのであれば

int test(LPCTSTR s )
{
  int a, b, c, d;
  // 文字列が不正だった場合の特殊な値
  d = -9999;
  if ( 3 == _stscanf( s, _T("%2d%2d%d"), &a, &b, &c ) ) {
    d = a + b - c;
  }
  return d;
}
といった具合です

数字に変換するための文字列を格納できるバッファを準備して
そこに元文字列の指定位置から切り出して数値に変換します

今回の場合なら 受け取る文字列のバッファは2文字とC/C++の文字列の終端をあらわすNULL文字との3文字分が最低でも入ります

int test( LPCTSTR s )
{
  TCHAR buf[3];
  TCHAR *p = s;
  int a,b,c,d;
  // 受け取り側を初期化
  buf[0] = buf[1] = buf[2] = _T('\0');
  // 12 をコピー
  _tcsncpy( buf, p, 2 );
  a = atoi( buf );

  // 受け取り側を...続きを読む

Qファイルやディレクトリの存在確認を行う方法

ファイルをオープンするのはfopenでOKですが、ファイルやディレクトリの存在確認を行う方法が知りたいです。

何か組み合わせて作るものなのでしょうか?
perlとか便利な演算子があるのですが、C/C++って器用ではないですね。
これは処理系?依存の内容ですか?

私の環境は VC6, VC2005 Windows2000です。

Aベストアンサー

int access(const char* path, int mode);
int stat(const char* path, struct stat* sb);

かな?
MSDN を引くと _access_s() を使えとか書いてあるけど。

Q_tcscpy_s(wcscpy_s)の第二引数って

http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/td1esda9%28VS.80%29.aspx

を見て、たとえば以下のような関数を書いたとします。

TCHAR* fn;

void OMG(LPCTSTR c){

int bytes( ( _tcslen(c) + 1 )*sizeof(TCHAR) );
if ( fn = (TCHAR*)malloc( bytes ) ) _tcscpy_s( fn, bytes, c ); //実行しないでください
else return;

/* fnを使用 */

free(fn); fn=0;

}


これ、マルチバイトだと正常に出来るのですが
なぜかUnicodeだと落ちてしまいました。

第2引数の説明は

コピー先の文字列バッファのサイズ。

<英語版でも>
Size of the destination string buffer.


となっていますが、その上に

numberOfElements

って書いてあるのでまさかと思い
サイズではなく文字数に変えたら、どうも正常に動作するようになったようです。

とくに_sがつく関数は文字数だったりバッファサイズだったりまちまちな感がもともとあるのに、しかも
こういうところでこういうことがあると厳しいものがあるのですが
これは本当に誤植なのでしょうか?

また、かなり稀なケースであり本当に誤植だとしたら、MSDNの他の文字列操作関数には記述の誤りがあるものはありますか?

http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/td1esda9%28VS.80%29.aspx

を見て、たとえば以下のような関数を書いたとします。

TCHAR* fn;

void OMG(LPCTSTR c){

int bytes( ( _tcslen(c) + 1 )*sizeof(TCHAR) );
if ( fn = (TCHAR*)malloc( bytes ) ) _tcscpy_s( fn, bytes, c ); //実行しないでください
else return;

/* fnを使用 */

free(fn); fn=0;

}


これ、マルチバイトだと正常に出来るのですが
なぜかUnicodeだと落ちてしまいました。

第2引数の説明は

コピー先の文字...続きを読む

Aベストアンサー

C++のtemplateを使ったstrcpy_s,wcscpy_sは

template <size_t size>
errno_t strcpy_s(
  char (&strDestination)[size],
  const char *strSource
); // C++ only

template <size_t size>
errno_t wcscpy_s(
  wchar_t (&strDestination)[size],
  const wchar_t *strSource
); // C++ only

となっています。
これをみると、sizeは「配列数」ということになります。

ですので、「numberOfElements」のさす意味そのもので「要素の数」(≠文字数)という解釈になります。


ちなみに、Unicodeでも1文字2バイトとは限りませんので
一概に文字数ともいえません。
(サロゲート で検索してみてください。)


>TCHAR c[100];
>
>if ( fn = (TCHAR*)malloc( sizeof c ) ) _tcscpy_s( fn, >sizeof(c)/sizeof(TCHAR), c );
>
>とか
>_tcscpy_s( fn, 100, c );
まぁ、結果的にあっていますが、fnに格納するときにバッファが足りているかをみるのをcを使うのはよろしくないかなと。

>int len( _tcslen(c) + 1 );
>if ( fn = (TCHAR*)malloc( len*sizeof(TCHAR) ) ) _tcscpy_s( fn, len, c );
のほうがよいですね。
まぁ、cに格納されている文字列を新しい領域をmallocしてコピーするのであれば、_tcsdupで

TCHAR* fn = _tcsdup(c);

と記述できます。
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/y471khhc%28VS.80%29.aspx

C++のtemplateを使ったstrcpy_s,wcscpy_sは

template <size_t size>
errno_t strcpy_s(
  char (&strDestination)[size],
  const char *strSource
); // C++ only

template <size_t size>
errno_t wcscpy_s(
  wchar_t (&strDestination)[size],
  const wchar_t *strSource
); // C++ only

となっています。
これをみると、sizeは「配列数」ということになります。

ですので、「numberOfElements」のさす意味そのもので「要素の数」(≠文字数)という解釈になります。


ちな...続きを読む

QCString から LPCTSTRの型に変換

visual studio 2013 VC++を使用していますが、WINDOWSの関数に渡すためにCString からLPCTSTRに変換する必要があります。実際にどのようにするのかわかりません。
例えば、以下のサンプルは他の質問コーナーの回答をアレンジしたものです

CString str = _T("ABC");
int siz = str.GetLength()+1;
LPCTSTR pszFName = new TCHAR[siz];
_tcscpy_s( pszFName, siz, str );

で変換するのですが
LPCTSTRからwchar_t*へ変換できませんとエラーがでます
_tcscpy_s()は使用できないのでしょうか

Aベストアンサー

>APIはCStdioFile の Open()でファイル名を与えるところ

APIではないようですが……。

http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ee247566.aspx
ならば、そのままCStringの変数渡せば、よろしく処理してくれると思いますけど。

QGetPrivateProfileStringでiniファイル読込む処理を詳しく知りたいのですが・・・

お世話になっています。

iniファイルを読込み、各変数に代入するC言語のDLLを作成したいのです。
このサイトの投稿や、MSDNなどにも載っていたのですが、
少し理解に苦しみます。

現在まで、理解した点がwindows.hのインクルードを
記述するところ辺りです。
iniファイルは下記のようなレイアウトです。

---<mst.ini>----------------------------
[user]
name=username
ID=userid
[pc]
pcname=FMV
----------------------------------------

#include<windows.h>は記述することまでは
分かりましたが、以下から進みません。。。

GetPrivateProfileString("")

初心者で申し訳ありませんが、お助け願います。

Aベストアンサー

こんにちは。itohhといいます。

サンプルを載せておきます。

mst.iniファイル内の[user]セクションのnameキーの値を取得する。
DWORD dwLen=0;
char strBuf[100];
dwLen = GetPrivateProfileString("user",       // セクション名
                "name",       // キー名
                "soushi_ni",     // デフォルト値
                strBuf,       // 読み込んだ値を格納するエリア
                sizeof(strBuf),   // 上記のエリアのサイズ
                "mst.ini" );     // iniファイル名

解説:
iniファイル名をフルパスで指定しないとWindowsのディレクトリにあるものと判断されます。
Win9xなら「c:\windows」、WinNT系なら「c:\WinNT」。

[user]セクションのnameキーがないときは、デフォルト値で指定した値が設定させます。

復帰値「dwLen」は実際に設定した値(文字列)の長さが返されます。

こんにちは。itohhといいます。

サンプルを載せておきます。

mst.iniファイル内の[user]セクションのnameキーの値を取得する。
DWORD dwLen=0;
char strBuf[100];
dwLen = GetPrivateProfileString("user",       // セクション名
                "name",       // キー名
                "soushi_ni",     // デフォルト値
                strBuf,       // 読み込んだ値を格納するエリア
             ...続きを読む

QcharからLPTSTRへの変換方法

リストコントロールにchar型の変数の値を数値として表示させたいのですが、charからLPTSTRへの洗練された変換方法がよくわからないです。

char tempChar;
CString tempString;
tempString.Format("%s", tempChar);
LPTSTR lpsz = new TCHAR[tempString.GetLength()+1];
_tcscpy(lpsz, tempString);

こんなプログラムを考えてみたのですが、汚いような気がします。もっと簡単で洗練された変換方法はないのでしょうか?

Aベストアンサー

wsprintfを使ってはどうでしょうか?

char tmpChar = 100;//表示する数値
TCHAR buf[5];
wsprintf(buf, "%d", tempChar);

QDWORDの実際の型は何でしょうか

VC++.NETの環境です。
DOWRD dw1 = 1;
int i = 2; と定義し
ここで
if ( i > dw1 ){
何かの処理;
}
とコーディングすると
warning C4018: '>' : signed と unsigned の数値を比較しようとしました。
のワーニングがでます。
これは、DWORDがint型でなくunsigned int型のようにも見えます。
ある本によれば(VC++.V.NET逆引き大全500の極意)
DWORD はint型であると記述されています。
もし、int型ならこのワーニングはでないはずなのですが、
なぜでるのでしょうか。又、DWORDの実際の型は何なのでしょうか。ご存じのかたおりましたら、教えていただけませんでしょうか。

Aベストアンサー

型定義が知りたいのならば、宣言ファイルを見れば疑問を挟む余地もありません。
DWORD型はwindef.hで
"typedef unsigned long DWORD;"
と宣言されています。

Visual Studioを使っているのならば、知りたい型の上にマウスポインタを置いて右クリック、ポップアップメニューの「定義へ移動」または「宣言へ移動」で簡単に知ることが出来ます。

QCStringからchar*への型変換について教えてください。

以前の質問に

int型 → CString型/char型

がありましたが、

CString型をchar*型に変換する方法を
教えていただければありがたいです。

MSDNで「LPCTSTRキャスト」が説明されていましたが、
例が載ってないのでよくわかりませんでした。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

目的にもよりますが一時的にchar配列として使いたいならCString::GetBuffer()が利用できます。
char配列としての利用が終わったらCString::ReleaseBuffer()する必要がありますが。

直接CString内の文字列を扱う必要があるならCString::operator LPCTSTRで文字列ポインタが得られます。
ただし、CStringオブジェクトをいじると無効ポインタなる可能性があるので気をつけてください。

MSDNのMicrosoft Foundation Classリファレンス→CString→クラスメンバで確認してください。

QLNK2019: 未解決の外部シンボルのエラーが出る

Microsoft Visual Studio 2008
Version 9.0.21022.8 RTM
Microsoft .NET Framework
Version 3.5 SP1
----------------------------------------------------------------
新しいプリジェクト→Win32 コンソール アプリケーション(ソリューションのディレクトリを作成 チェック外す)→Windows アプリケーション(空のプロジェクト チェック外す)
----------------------------------------------------------------
 プログラム

 mymain.cpp
#include "myhelper.h"
#include "mymain.h"

//自キャラのデータ
Point2D g_jikipos = {40, 400};//自キャラの座標

//画像ハンドル
int g_jikiimage[11];

//色々なファイルの読み込み
int LoadFiles(){
//画像ファイル読み込み
if(LoadDivGraph("media\\player01.bmp",
11,11,1,64,64,g_jikiimage) == -1) return -1;

return 1;
}


 mymain.h
//他から呼び出させるMyMainの関数
void MyMain();
int LoadFiles();


 myhelper.h(サンプルなので打ちミスはない)
#include "DxLib.h"
#include <limits.h>
#include <math.h>

//構造体宣言
//座標またはベクトルを記録する構造体
struct Vector{
float x,y;
};
typedef Vector Point2D;
//線を記録する構造体
struct Line2D{
Point2D startpos, endpos;
float katamuki;//傾きをラジアン値で記録
Vector speed;//移動している場合は速度をセット
};
//球体を記録する構造体
struct Ball2D{
Point2D position;
float hankei;//半径
};
//四角形を記録する構造体
struct Rect2D{
Point2D lefttop;
Point2D rightbottom;
float width;
float height;
};


//ライブラリ関数
Point2D PosInView(Point2D in);
int XInView(float inx);
int YInView(float iny);
void ScrollToLeft(float jikiposx);
void ScrollToRight(float jikiposx);
void ScrollToUp(float jikiposy);
void ScrollToDown(float jikiposy);
void DrawLineInView(float x1, float y1, float x2, float y2, int Color, int Thickness);
void DrawCircleInView(float x, float y, float r, int Color, int FillFlag);
void DrawAnimation(float x, float y, double ExtRate, double Angle,int TurnFlag,
int *imgarray, int allframe, float fps);
//ベクトル関数
Vector CreateVector(Vector in, float veclen);
Vector AddVector(Vector v1, Vector v2);
Vector SubVector(Vector v1, Vector v2);
Vector AddVectorInFrameTime(Vector pos, Vector speed);
Vector AddVectorInFrameTime2(Vector pos, Vector speed, Vector accel);
Vector Normalize(Vector in);
Vector RotateVector(Vector in, float radian);
float VectorLengthSquare(Vector in);
float DotProduct(Vector v1, Vector v2);
float CrossProduct(Vector v1, Vector v2);
void SetLine2DKatamuki(Line2D *in);
void DrawLine2D(Line2D in, int Color, int Thickness);
void DrawBall2D(Ball2D in, int Color, int Fill);
//当たり判定関数
bool HitTestLineAndBall(Line2D linein, Ball2D ballin);
bool IsPointAtLineFace(Line2D linein, Point2D ptin);
bool HitTestLineAndLine(Line2D line1, Line2D line2);
bool HitTestBallAndBall(Ball2D a, Ball2D b);
bool HitTestPointAndBox(Rect2D rect, Point2D pt);
//タイマー関数
void SetSimpleTimer(int idx, int time);
int GetPassedTime(int idx);


//グローバル変数
extern float g_frametime;
extern Rect2D g_framerect;//画面領域(当たり判定)
extern Point2D g_current_field_pos;//現在の左上座標
extern Rect2D g_stagesize;//ステージサイズ

//定数宣言
const float ZEROVALUE = 1e-10f;
const float PIE = 3.1415926f;
const int SCROLL_LIMIT = 200;
----------------------------------------------------------------
 エラー内容
1>myhelper.obj : error LNK2019: 未解決の外部シンボル "void __cdecl MyMain(void)" (?MyMain@@YAXXZ) が関数 _WinMain@16 で参照されました
1>C:\Documents and Settings\Owner\My Documents\Visual Studio 2008\Projects\my\Debug\my.exe : fatal error LNK1120: 外部参照 1 が未解決です
1>my - エラー 2、警告 0
ビルド: 0 正常終了、1 失敗、0 更新不要、0 スキップ
----------------------------------------------------------------
画像を貼り付けときます
(見えにくい場合→http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org154142.jpg.html)
初心者なのでわかりやすくお願いします

Microsoft Visual Studio 2008
Version 9.0.21022.8 RTM
Microsoft .NET Framework
Version 3.5 SP1
----------------------------------------------------------------
新しいプリジェクト→Win32 コンソール アプリケーション(ソリューションのディレクトリを作成 チェック外す)→Windows アプリケーション(空のプロジェクト チェック外す)
----------------------------------------------------------------
 プログラム

 mymain.cpp
#include "myhelper.h"
#include "mymain.h"

//自...続きを読む

Aベストアンサー

ファイル構成から推測するに
mymain.cpp というファイルに
void MyMain(void) {
// ここに処理を書く
}
という関数が必要なようです。

QLPCWSTRとchar

質問なのです・・・

現在、私は[Visual Stdio.Net 2005]を使って、C++のプログラミングをしようと思いまして、今日参考書を見てやってみたのですが、

charの配列を使って、文字列を格納しそれを使おうとしたら、LPCWSTRのキャストが必要というエラーがでました。
参考書だと普通に通るらしいのですが・・・Visual Stdio.Net 2003と2005の違いなのでしょか?わかる方教えていただけませんでしょうか??

Aベストアンサー

補足です。
2005デフォルトのUNICODEを変更する方法は
プロジェクト->プロパティ->構成プロパティ->全般 の中にある
文字セットを[Unicode 文字セットを使用する]から[マルチバイト文字セットを使用する]
に変更することで可能です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報