里崎智也さんからビデオメッセージがもらえる

赤外線盗撮について。
最近、海辺や暗闇での赤外線を使っての盗撮が増えてますが、
赤外線盗撮って、赤外線LEDをつけて盗撮してるんですよね?
昼間ならカメラから赤外線LEDが光ってることでバレると思うんですけど、
気づかないよう細工でもしてあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

赤外線による盗撮は二つの要素で考える必要がありますし


また赤外線が何か?教科書をよく読むべきです。

赤外線はまぁ、普通に言うと肉眼で見えません。
ですから赤外線をどれだけまき散らしていても見えない。

もちろん、限度を超えれば、それは赤外線暖房器具と同じ
熱いからわかります。
ただ、そこまで大出力では無くても撮影は可能なのです。

こういった赤外線の様子は、TVなどの赤外線リモコンを
デジカメなどで写してみるとよくわかります。
リモコン不良時の確認方法として一部で有名ですが
リモコンの赤外線は、肉眼では見えず、デジカメでは写ります。


まぁ、これが闇夜の赤外線撮影の仕組みです。
ですから、夜間撮影のために赤外線LEDを備えたカメラも普通に売られています。

まぁ、携帯やデジカメで、そういうのを発見できたりします。
実際に使う人は、同じテクノロジーによって
自らの隠形も台無しになるわけで、半可通の悪用は、ただただ滑稽です。



話は変わりますが、赤外線フィルターと呼ばれるものは
花粉フィルターなどとは逆で、赤外線だけを通過させるフィルターです。

肉眼では真っ暗なガラス板に見えます。
まぁ普通の市販品は可視光もある程度通すから真っ黒じゃありませんが…
(なにしろ本当に真っ黒だと、撮影が困難な場合がある)

で、これは写真業界では、1980年代あたりまではポピュラーだったと思います。
一般的にはモノクロフィルムで、桜や晴天の空などを
象徴的なコントラストで撮影するためのフィルターでした。
あるいはもやのかかった遠景を、透過性の高い赤外線によって
より鮮明に写すためのフィルターでした。

当時は、赤外線が強くなる春先、桜の季節に
季節ものとして赤外線用フィルムが販売されたりしたものです。

現在では、モノクロ撮影がほとんど行なわれませんから
需要自体がほとんど無いはずなんですが…
赤外線は透過性の高い光なのですね (^_^;

そのため、薄手の衣類を透過し
その下の肌が、いくらか鮮明に写ったりします。

海辺でというのは、そこいら中にいる水着の人なら
赤外線での透過撮影が行いやすいという事情からです。

ただ、そういうことしている人がいたら
普通気づくと思うんだけど、気づかない人は気づかないんだろうね。

私自身は、自分が気づく人だから
気づかないのが普通とは思えない。
だから、そういう撮影は怖くてできないや。

#君子危うきに近寄らず
#おかげさまで前科なしで立ち回って参りました \^o^/
    • good
    • 4

晴天下であれば、太陽光自体に赤外光が含まれているため、赤外線LEDは必要ありま


せんし、太陽光の明るさに負けて意味をなしません。
また赤外線LEDは赤外光ですから目に見えません。実際は多少肉眼で赤く光っている
のはわかりますが、可視光域では光はかなり弱く、LEDの近くでないと見えません。

ビデオカメラやスチルカメラに使われているイメージセンサは、元々赤外域の感度
が高いものが多く、ほとんどの製品は可視光域への影響がないよう、イメージセン
サの手前に赤外線カットフィルタを付けています。
以前、赤外線盗撮で話題になった、ソニーのナイトショット付のビデオカメラ
は、その特性を生かして、わざと赤外光を撮影できるようにしたものです。
赤外線カットフィルタが入っていても、多少の赤外光は感知できます。
例えば、リモコンの赤外線出力をデジカメを通して見てみると、赤く光るのが見え
ます。

中には、わざわざカメラに入っている赤外線カットフィルタを外した改造をする方
もいます。(それが天体観測などの学術用途か、盗撮目的かはさておき)

本題に戻ると、赤外線撮影は、外から見る分にはわかりません。
もっとも、海水浴場などでずーっとカメラで撮っている人がいたら怪しいと思った
ほうがいいです。
    • good
    • 7

晴天下であれば、太陽光自体に赤外光が含まれているため、赤外線LEDは必要ありませんし、太陽光の明るさに負けて意味をなしません。


また赤外線LEDは赤外光ですから目に見えません。実際は多少肉眼で赤く光っているのはわかりますが、可視光域では光はかなり弱く、LEDの近くでないと見えません。

ビデオカメラやスチルカメラに使われているイメージセンサは、元々赤外域の感度が高いものが多く、ほとんどの製品は可視光域への影響がないよう、イメージセンサの手前に赤外線カットフィルタを付けています。
以前、赤外線盗撮で話題になった、ソニーのナイトショット付のビデオカメラは、その特性を生かして、わざと赤外光を撮影できるようにしたものです。
赤外線カットフィルタが入っていても、多少の赤外光は感知できます。
例えば、リモコンの赤外線出力をデジカメを通して見てみると、赤く光るのが見えます。

中には、わざわざカメラに入っている赤外線カットフィルタを外した改造をする方もいます。(それが天体観測などの学術用途か、盗撮目的かはさておき)

本題に戻ると、赤外線撮影は、外から見る分にはわかりません。
もっとも、海水浴場などでずーっとカメラで撮っている人がいたら怪しいと思ったほうがいいです。
    • good
    • 0

一部のデジカメでは、CCDの出力信号をいじることで赤外線撮影が可能になるため、外見上は全くノーマルと変わらない、という赤外線カメラ化改造をすることが出来ますけど・・・。

    • good
    • 6

>昼間ならカメラから赤外線LEDが光ってることでバレると思うんですけど


赤外線LEDの光は見えません。(可視光外なので)

また、現在のような日差しの強い昼間であれば赤外線LEDもいりません。

できる防御策としては、あやしいフィルタをつけて人物を撮影している人を発見するくらいかも。
    • good
    • 0

ハズレ。

赤外線LEDは関係なし。
赤外線フィルターを使っています。
    • good
    • 4

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q赤外線で透視ができる!?

某雑誌をたまたまみつけたのですが、デジカメに赤外線関連のフィルターを取り付けるとものが透けてみえる、なんて書いてありました。果たしてそんなことができるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
 某雑誌と言われるといくつか想像もできますが、理論的な答えから申し上げれば、他の方の答えと同様、全く期待できないと考えて良いでしょう。

普通のビデオカメラも赤外線は写ります。試しに赤外線のテレビのリモコンを普通のビデオカメラに向けてボタンを押すと、光っているのが写り、結構驚きます。しかし、これは、人間の目に見えない赤外線が写っているというだけで、波長は可視光に近く、透過性も大して変わりません。
その点、赤外線フィルムのほうがよほど透過性が高い光を撮影でき、その道の雑誌に多少の投稿もありましたが、これまたヘアの部分が暗く見える程度でたいしたものではありません。

 実は、某所でさらに本格的な赤外線カメラのデモを見たことがあります。ごていねいにも、レンズが黒い水着の美女の写真に向けられており、カメラを覗くと、白黒ながら、フルヌードに見えるという趣向で、極めてびっくり。しかし、残念ながら、民間で手に入る代物ではなく、また、開発者によると、これだけの性能でも実際の女性の水着が透けて見えるわけではないとのこと。
これは、写真上の水着が、あえて赤外線だけを通しやすい黒い均一なポリエチレンシートを水着型に切って張ったもので、実際の水着も合成繊維なら赤外線を透過しやすいものの、よほど薄いものでも繊維を織って作ってあるために光が乱反射してしまうとのこと。いわば、光を通す透明な氷も、かき氷にすると白く見通せなくなるのと同じらしいです。(ためしてみたのかな?)

 ま、ご愛敬でしょうが、だまされてちゃちな赤外線カメラを高値で買わされないようにご参考まで。
お役に立てば幸いです。

こんにちは。
 某雑誌と言われるといくつか想像もできますが、理論的な答えから申し上げれば、他の方の答えと同様、全く期待できないと考えて良いでしょう。

普通のビデオカメラも赤外線は写ります。試しに赤外線のテレビのリモコンを普通のビデオカメラに向けてボタンを押すと、光っているのが写り、結構驚きます。しかし、これは、人間の目に見えない赤外線が写っているというだけで、波長は可視光に近く、透過性も大して変わりません。
その点、赤外線フィルムのほうがよほど透過性が高い光を撮影でき...続きを読む

Q赤外線フィルターで夜間撮影について

動物の観察を夜間に行いたいのですが、森や林の中は暗くて見えません。
目に見える光を発するライトとかはあまり使いたくないです。

そこで、赤外線フィルタをデジカメにつけて赤外線ライトを片手に撮影したいのですが、写りますか?

それと、100円ショップなどで売っている安い双眼鏡に赤外線フィルターを貼り付けて、赤外線ライトで照らしたら照らされたものは見えますか?(暗いところで)

Aベストアンサー

>デジカメなどの赤外線フィルタがついているカメラとは相性が悪いということですか??

相性よりも光量の問題ですね、#2さんのリンクにあるように動く被写体は撮れないということです(撮れますが ブレて何が写っているか判らない)

秋月のキットそのままなら5m程度の照射距離で、直視用の光源となりますので、写真撮影では光量不足となります。このキットなら10台(560灯同時点灯)すれば、動く物でも止まって撮る事ができます。

定常光の照明器具では光量が得られませんので、一般的に赤外線ストロボと呼ばれる物を使います、といっても赤外線だけが放射されるストロボは割り高で光量も少ないですから一般的なストロボに赤外線だけを透過するフィルターを装着した物がほとんどですが、これを用います。

全暗黒で(完全に真っ暗な状態で)完全な赤外線ストロボや赤外線LEDを用いるのであれば、レンズの前に赤外線フィルターは不要です。

星明かりや月明かり、汎用の赤外線ストロボや赤外線LEDで可視光線が漏れ出る場合は赤外線よりも光量が大きいので、それで感光してしまい赤外線での撮影は何も写らなくなります。

>デジカメなどの赤外線フィルタがついているカメラとは相性が悪いということですか??

相性よりも光量の問題ですね、#2さんのリンクにあるように動く被写体は撮れないということです(撮れますが ブレて何が写っているか判らない)

秋月のキットそのままなら5m程度の照射距離で、直視用の光源となりますので、写真撮影では光量不足となります。このキットなら10台(560灯同時点灯)すれば、動く物でも止まって撮る事ができます。

定常光の照明器具では光量が得られませんので、一般的に赤外線ストロ...続きを読む

Q家の中が覗かれている?

壁が透けて見えるカメラがあるのでしょうか?
たとえば、赤外線、サーモグラフィーなどで?
私自身信じられないのですが、裏の家の人たちが、私が家の中でいろいろなことをしている様子を見て、あれこれ言っている声が、毎日朝から晩まで聞こえるのです。
その家に面したうちの窓は、すべてカーテンを閉めているのにです。
ただ物音を聞いているだけでなくて、「今何してるぞ」と、見ていないと言えないことを言っているのです。
私の被害妄想などではなく。
もう半年以上続いています。その人たちは手元にカメラか望遠鏡のような道具を持っているらしく、親子で「見せて」などと、何かを手渡していると思える声も聞こえます。
さらにその親子は、私が家に居る間は常に、私の家に近い庭の隅の物置に隠れています。あるいは、私の家に一番近い窓のカーテンに隠れています。その人たちの声が聞こえるので、いるなと分かるのです。
どういう手を使っているのか分からず、そのために防御法が分かりません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

同じ状況の方を数百件調査してまいりましたが、まず貴方がするべきことは、デジタルボイスレコーダーでの録音です。
これに録音できるか出来ないかで対処が変わります。

この声が聞こえてくるタイプの場合、その90%以上が統合失調症による物です。
こういってしまえば回答するほうとしては簡単なのですが、本人にとっては「実際に起こっている事実」なのですから、そんな事では納得できない事も十分に承知しております。

まず、録音の重要性について御説明します。
人は物事を認識する際に五感での情報が全てなのです。つまり自分の五感で感じた事が一番信用出来る訳です。
当然声がはっきり聞こえれば、その人にとってその声は実在するのですが、その声が全体認識として存在するかどうかは別なのです。
先に書きました統合失調症の症状は幻聴・幻覚・体感幻覚と、その五感に異状が出るのです。
その中でも一番多い症状が「幻聴」でその声は、自分の行動をアナウンスしてきたり、自分の考えていることを指摘してきたり、数人の人が自分の噂話を話していたり様々な形で聞こえてきます。
具体的には、テレビを見ていると、「今テレビ見てる」とか就寝するために電気を消せば「もうすぐ寝るぞ」などと聞こえてきます。
命令口調の声の場合もあります。
有名なのは羽田の墜落事故の「片桐機長」などは「逆噴射しろ」との声に従ってしまった例もあります。
しかし聞こえている人には、実際の声か幻聴かは区別が付きません。
その声の存在を明確にする為には録音しかありません。

その声が録音出来ればその声が存在する訳で、その声の音源を捜したり、物理的な究明をしていけば原因を探す事は簡単です。
録音できない場合は、その声自体が無くあなたの内部的音声、つまり「幻聴」と言うことになるのです。
問題は、この病気の場合の一番悪性な症状が「病感が無い」つまり、自分を病気と認識する事が出来ず、原因を他人に求めると言う点です。
つまり、その人にとって「犯人がいなければならない」と言うことが一番の問題点なのです。
結局どうしても「犯人がいなくてはならない」と言う考えから離れられない人は「PW研究所」と同様な行動に走り、その状態から抜け出る事が出来なくなります。
これも少し考えれば当然です、つまり実体の無い物からの声が聞こえてきて、それに対処しようとしても、元々実体が無いのですから、何をやっても効果はありません。
すると「相手は高度な技術を使って」と言う発想になり、どんどん相手の虚像が大きくなっていきます。

貴方の場合、まだ半年と言うことなので、まだ短いのですが、私の顧客の中には10年、20年この問題で悩んでいる人も数十人いますし、平均しても2~3年そう言った状態が続いています。
また、そう言った人たちに自分が病気である事を認識させて、病院に連れて行くまでに2~6ヶ月かかりますから、こう言った掲示板での回答で納得できる物でもありません。
一つ救いがあるのはまだ半年と言う事で、初期であると言う点です。

>赤外線、サーモグラフィーなどで
等のハイテク機器の回答などでも「実際に見たり使用したことの無い人」の意見を聞いても無駄ですよ。
なぜなら、壁越しに見られる物などは販売されていないからで、市場に無いものの意見を聞いても、それは想像や空想の世界でしかありません。
理論も同じです、理論的可能と実行可能は別物ですからね。

そこで、貴方の取るべき対処法は下記の順番で行なうことをオススメします。
まず、発見業者に依頼すると同時に、録音を開始する。
これは、問題解決の消去法の第一段階で、電波の有無と音の有無の確認

電波の存在が確認されれば機器の撤去、音の存在が確認されれば音の原因の究明及び防衛

どちらも確認されなければ、保健所の精神衛生かに相談か、精神科での検査
これが問題ですよね、しかし偏見は避けてくださいね。この病気は簡単に説明すると「胃酸過多」の脳内版みたいなもので、それの治療を行なうのが精神科なのですからね。
心療内科では正確な結果が得られない場合が多いです。

こう言った状態の方に多く見られることが、こう言った相談掲示板やHPなどで非常によく調べられる事が多いのですが、そう言った事は、なるべく避けた方が良いということです。
止まり荒唐無稽な理論や、いい加減な回答によりこう言った状態の人の症状を非常に悪化させる事が多くあると言うこと、実際に現在治療中の顧客でも、こう言った掲示板で相談して、携帯電話が盗聴できるとか、不可能な事を出来るなどと回答されて、不安が増大し一気に病状が悪化してしまった人や、同じ統合失調症で、病気を認識していない方が作った方法論などのHPを見て「やっぱりされている」と思い込んでしまうケースなど、ネットの中には状態を悪化させてしまう無責任な情報が山ほど有りますからね。

長くなりましたが、これは私が実際の現場で培ってきた物で回答しておりますが、この回答を信じるも信じないも貴方次第です。

同じ状況の方を数百件調査してまいりましたが、まず貴方がするべきことは、デジタルボイスレコーダーでの録音です。
これに録音できるか出来ないかで対処が変わります。

この声が聞こえてくるタイプの場合、その90%以上が統合失調症による物です。
こういってしまえば回答するほうとしては簡単なのですが、本人にとっては「実際に起こっている事実」なのですから、そんな事では納得できない事も十分に承知しております。

まず、録音の重要性について御説明します。
人は物事を認識する際に五感での情報...続きを読む

Qソニーのビデオカメラのナイトショット機能の規制について

古い話ですみません。
現在持っているビデオカメラがDCR-TRV9なのですが、過去テレビ等で「ナイトショット」の話題がありましたが、その「規制前」「規制後」の製品の特徴の違いと、規制後の製品はいつから販売されたのでしょうか?
購入時期が9月なのですが、自分のが規制前?後?なのか知りたくて質問しました。
どうか教えてください。

Aベストアンサー

明るい所でもナイトショットが機能すれば規制前です。
水着などのスケスケ撮影防止のためですね。

Qビデオカメラを暗視カメラとして使うことは可能ですか

一般的に売られている暗闇でも撮影可能なビデオカメラというものに興味があります。



http://www.d6.dion.ne.jp/~shrimp/LED-Light-2.htm

ここのページには赤外線ライトを使うことで暗闇で撮影が可能になると書かれています。

http://www.amazon.co.jp/dp/B004AA2Y9Q/

ここのページにあるような赤外線LEDを使えば撮影可能になるのでしょうか?

一方で、

http://shasin.sblo.jp/article/47825703.html

このページなどには、一般的なビデオカメラには赤外線フィルタがついていると書かれています。
恐らく、この赤外線フィルタというのは、

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1273448362

サーモカメラで用いられる遠赤外線(波長がおよそ4 - 1000μm)をカットするもので
暗視カメラで用いられる近赤外線(波長がおよそ0.7 - 2.5μm)をカットするものではないと思うのですが
合っていますか?

たまに赤外線カメラを使って下着が透けるような話を聞きますが、
これは赤外線フィルタを外して、遠赤外線(波長がおよそ4 - 1000μm)が見えるようにしたものであると思うのですが
合っていますか?
もし赤外線フィルタを外すと、全ての赤外線を感知してしまうために

http://shasin.sblo.jp/article/47825703.html

のページの画像のように白黒になってしまうと思うのですが合っていますか?

一般的に売られている暗闇でも撮影可能なビデオカメラというものに興味があります。



http://www.d6.dion.ne.jp/~shrimp/LED-Light-2.htm

ここのページには赤外線ライトを使うことで暗闇で撮影が可能になると書かれています。

http://www.amazon.co.jp/dp/B004AA2Y9Q/

ここのページにあるような赤外線LEDを使えば撮影可能になるのでしょうか?

一方で、

http://shasin.sblo.jp/article/47825703.html

このページなどには、一般的なビデオカメラには赤外線フィルタがついていると書かれています。
恐らく、...続きを読む

Aベストアンサー

>赤外線LEDを使えば撮影可能になるのでしょうか?
>近赤外線(波長がおよそ0.7 - 2.5μm)をカットする

大まかには合ってる
最近のカメラではフィルタと画像処理段階で赤外線領域減衰させるので
最近のカメラでは「撮影可能」だが「高感度」とは言い難い

@ハイビジョン画質が要らないならオークションなどで
 「ナイトショット機能」付いたビデオ探す方が簡単かもしれない。。。。。。

>白黒になってしまうと思う
光量のないところなら殆ど白黒になる
昼間などに無理やり大光量入力させればCCDが死ぬ方が早いだろうかな

少し前の日食が観測されたとき スマフォのカメラで直接撮影しようとして
CCD/CMOSを自爆させた大馬鹿野郎が大勢いただろう。。。。

死ぬ瞬間までは 普通の色付き撮影ができるとは思うが
自己責任で確認してくれ

Q向いマンションベランダ脇から赤い光?!

ある夜突然外灯とは思えない赤い光1点が向いマンション1室のベランダに点灯され始め・・・ 気味悪く昼間その光る箇所の確認を(当方ベランダより)試みましたが、肉眼では確認出来ず。
距離は20m程離れて立地、双方カーテン等していないと丸見えになってしまう造りです。 盗撮されているの??と心配しているこの頃。
何の光なのか想像、判断できる方いらっしゃいませんか?
教えてください。

Aベストアンサー

No.4で回答した者です。

>2.のカメラのAF補助光とは常時点灯しているものなのでしょうか?

これは、必要時だけ点灯するものです。

AF補助光とは、暗い室内や夜に、AF(オートフォーカス)でピントを合わせようとすると、AFのセンサーが、ピントを合わせるのに必要な光量が足りないため、カメラが自動的に、被写体に向けて光を照射する機能です。これは大抵赤く、ちょっと怪しげな光です。

ただ、カメラの電源を入れているときに常時点灯しているのではなく、カメラのシャッターボタンを半押しにして、AFを作動させた時だけ、点灯する機能です。

もしも、先方さんが覗き目的で、望遠レンズ付きのカメラを三脚に固定して、ずっとシャッターボタンを半押しにしていれば、点灯しっ放しになりますが、、、質問者さんの状況からすると、そういう状態ではなさそうですね。


20m程度の距離からでも見える「オレンジ色のような赤い光でランプの光」で、ベランダで、仮に、何か遠くの物に向けて照射しているのではなく、単に点灯しているだけのものでしたら、、、

何かの植物の栽培を試みているとか。

花の開花時期をコントロールするために、夜中に光を照射しているとか。

ある種の植物の病気を、特定の波長の光を照射して抑制する技術の研究とかありましたが、、、

コウモリよけとか。コウモリが夜中に窓の軒下や、換気扇の隙間の中に飛来してガサゴソやられると、うるさいんですよね。糞をされるのも困るし。


1. のレーザー光でもなく、直接光を見ても目をいためる危険がなさそうでしたら、高倍率の双眼鏡ででも使って、よくよく確認してみるしかなさそうですね。

あまり、お役に立てなくてごめんなさい。

No.4で回答した者です。

>2.のカメラのAF補助光とは常時点灯しているものなのでしょうか?

これは、必要時だけ点灯するものです。

AF補助光とは、暗い室内や夜に、AF(オートフォーカス)でピントを合わせようとすると、AFのセンサーが、ピントを合わせるのに必要な光量が足りないため、カメラが自動的に、被写体に向けて光を照射する機能です。これは大抵赤く、ちょっと怪しげな光です。

ただ、カメラの電源を入れているときに常時点灯しているのではなく、カメラのシャッターボタンを半押しにして...続きを読む

Q【再考】繊維を透過できる赤外線カメラ

数日前に「以前話題になったデジカメの赤外線カメラで衣服が透けて見える原理は?」という質問が出ておりました。

「赤外線は波長が長いので、散乱されにくい。」「熱として感知している。」といった回答が既にでていました。

確かに赤外線全般に限れば、この回答は正しいと思うのですが、しかしデジカメならばたぶんCCDはシリコン製でしょう。(それとも特殊なデジカメでないと透視はできないのですか?)
すると観測できる赤外線は波長1000nm以下の近赤外光だけです。

目に見える赤色の波長は700nm程度でしょうから、波長1000nmでも、あまり散乱効率は変わらないと思います。また波長1000nmじゃ、体温程度の熱の感知は無理でしょう。

私はなにか勘違いをしていますでしょうか? そもそも、透視できる原理はなにでしょうか?

Aベストアンサー

シリコン半導体のバンドギャップからして1000nm以上の長波長にたいしてCCDは感度を持ち得ないということですよね。賛成です。だとしたら700nmの目視も1000nmまでのCCD画像も大差ないはずだということですよね。大変ごもっともな疑問だと思います。
たぶん簡単な赤外線カメラは普通のデジカメCCDの前に近赤外線フィルタを置いた程度のものなんでしょうけど、

しかし、本格的赤外線CCDは普通のデジカメのCCDとは違みたいです。例えば添付URLのように特殊素材が使われています。
http://www.komatsu-electronics.co.jp/useful/netsuden9.html

こういうのではないとしても、長波長赤外線のセンサとか画像化技術はいろいろあるみたいで。
http://www.avio.co.jp/products/tvs/pdf/tvstech001.pdf
どういうのが実際に使われているのかは知りませんけれども(ご専門のかたの登場を願います)。

Q赤外線盗撮

あんなちんけなフィルターをレンズにつけるだけで本当に透けて見えるんですか?

Aベストアンサー

フィルターをつけて透けて見えることはありません。逆ですね。普通のビデオカメラは赤外線を通さないようにフィルターをかけていますので分解してそれを外すのです。
ちなみにこれをやると色合いがずれて普通の画像が撮れなくなります。

ナイトショットについては以前問題になってから昼間には使えないように制限がかかるようになっているはずです。
まあその制限を回避する意味では「フィルタをつけると透ける」となるのかもしれませんが。

そもそも水着会社も生地を改良して透けないようにしていると思いますよ。

Q赤外線カメラに改造

USBカメラを防犯カメラとして、現在使っています。当然ですが、夜暗くなると、まったく写りません。暗くなっても写せるようにカメラを改造出来ないかと考えています。赤外線フィルターをレンズに貼り付けて赤外線カメラに改造出来るような事を聞いたことがあるのですが、実際可能なのでしょうか?また、もし可能であった場合、昼間の明るい時の撮影はどうなるのでしょうか?ちなみにカメラは35万画素のCCDでチャットなどで使うカメラです。くわしい方なるべくやさしくお教え下さい。

Aベストアンサー

防犯ライトとカメラを併用したほうが安上がりのような…。

それはともかく、じつはCCDやCMOSセンサには赤外線域まで感度があります。しかし、可視光線域だけの映像を撮るには赤外線域は必要ありません。その為、殆どのカメラでは映像素子と赤外線カットフィルタが一体になっています。バラすのは難しいでしょう。

安いカメラには、赤外線カットフィルタが付いていない物もあります。赤外線リモコンのボタンを押しながら信号線送信部をカメラで撮影してみると、赤外線域に感度があるかどうかすぐに判ります。

Qカメラの液晶で赤外線が映る理由!?

リモコンが正常に動かないので赤外線が出ているかどうかをチェックで、携帯のカメラ機能の液晶で白い光が出ているかを確認してくださいといわれ実際見えました。
なぜ、カメラの液晶だと見ることができるのでしょうか?
また、赤外線と記載しましたが白い光が見えたので違うのでしょうか?
ご存知あれば教えて頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

人間の目には可視光領域というのがあって、一定の波長の範囲内の光しか見えません。
たとえば虹には様々な色がありますが、その赤よりも可視光領域外の光が赤外線、紫よりも可視光領域外の光が紫外線となります。
これらは人間の目には見えませんが、カメラにはその可視光領域の制約がないので液晶やフィルムに映るわけです。
リモコンの光は赤外線を使用していますので、その光が見えるわけですね。


人気Q&Aランキング