【無料配信♪】Renta !全タテコミ作品第1話

絶対パスとフルパスの違いがイマイチわかりません。

絶対パスというのはいわゆるURLのことで、URLというのはフルパスの省略されたもの、ということでいいのでしょうか。

普通にパソコンのブラウザからフルパスを使ってアクセスすると、サーバーにある関係ない情報まで見ることが出来てしまうので、指定した目的以外のフォルダをApachにより省略していわゆる普通のURLにするということですか?


また、指定したフォルダを省略するためのApachとはどのようなものでしょうか。
http://www.chama.ne.jp/download/web/path.htm

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

その説明、誤解を産むといいますか、一般の意味を拡張しているといいますか、あまり正確ではありません。



パスというのは、AからBまでの道順でのことです。
コンピュータでは、単にパスと言った場合、あるファイル/ディレクトリから、他のファイル/ディレクトリまでの道順(ディレクトリの移動順)を示した「ファイルパス」「ディレクトリパス」のことを指すことが多いです。

ファイル/ディレクトリは、それ以上戻れない「一番上」が唯一存在して、そこから枝分かれして階層状になっています。このような構造を「木」といって、その「唯一の一番上」をルート(根)といいます。
(厳密な木/根の定義は省略します。 さらに厳密に言えば、ディレクトリ構成は木ではありませんが、木として続けます)

Windowsで言えば、マイコンピュータという根があり、そこから C:\,D:\..と枝分れして、C:\は更にProgram Files, Windowsと枝分かれ....となっています。

このファイルパスの表現として、
現在位置を基点にした「相対パス」
ルートを基点とした「絶対パス」、あるいは(省略しているように見える相対パスに対して全部書いているように見えるので)「フルパス」
があります。


その文章のややこしいところは、ルートの異なる2つの木を、あたかも一つの木のように説明しようとしていることです。

その文章で「絶対パス」として紹介しているのは、「Windowsのファイルシステムの木」での「絶対パス」のことです。
その文章で「フルパス」として紹介しているのは、「httpサーバー上でのURLの木」での「絶対パス」のことです。

httpサーバーというのは、httpリクエストに応じてデータを返すプログラムです。
ブラウザが、http:~でデータをやりとりする相手はhttpサーバーであって、直接ファイルにアクセスするわけではありません。

一般的なhttpサーバーでは、標準の動作として、コンピュータの適当なディレクトリをhttpサーバーにとってのルートとして、その下にファイル構成をそのままURLの構成にしています。
ちょうど、ファイルシステムの木にhttpサーバーのヤドリギがあるようなものです。
そのURLを使ったリクエストがあったら、対応するファイルの内容をそのまま返信します。
(「省略して云々」というのは初心者向けの説明(のつもり)なのでしょうが、正確ではありません。そのために混乱が生じているのでしょう)

このとき、URLの相対パスは、ファイルのそれと一致します。
URLの絶対パスは、「ヤドリギの根」からのパスになります。ファイルシステムの根からではありません。よって、ファイルシステムの絶対パスとは違うものになります。

htmlでのhref=~や、ブラウザ等でURLを指定する場合、httpサーバーが管理するのはhttpの木なので、ファイルシステム用の絶対パスではなく、URL用の絶対パス(ヤドリギでのパス)で書く必要があります。
... ということなのです。


ちなみに、まともなhttpサーバーだったら、例にあるような「ファイルシステムの絶対パス」を書いたところで、「そのURLを見たら『サーバーのファイルシステム上に、そのパスのファイル/ディレクトリが存在する(可能性がある)』という情報が漏れる」以外の被害はまずありません。
これでファイルシステムにアクセスできるようなサーバーなら「重大な脆弱性あり」として公表されていることでしょう。


「Apache」は httpサーバーの一種で、大きなシェアを占めています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

非常に分かりやすい説明ありがとうございます!
私たちが普段目にするURLはヤドリギからのパスだったのですね。
すっきりしました。

お礼日時:2010/08/23 17:11

個人的には、


「絶対パス」「相対パス」
は同じ次元「絶対」と「相対」、
で考えていいですが、
「フルパス」に対応するのは「パス」のような気がします。

だから
「フルパス」
というのをこの上記2つと並べて、という説明は違和感あります。
(表記されている状態は同じとしても)

「絶対パス」と「相対パス」
「フルパス」と「パス」
で整理して考えてみてはどうでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2011/09/27 11:12

一緒です



あえて言うなら

・相対パス
現在地を基点としたパスの指定

・絶対パス
現在地を基点としないパスの指定

・フルパス
省略しないパスの指定
(相対パスは、現在地を基点とする為
現在地迄を省略している)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2011/09/27 11:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QWindowsでファイルのフルパスを簡単に取得する方法

Windowsでファイルのフルパスを簡単に取得する方法

こんにちは。

Windowsでファイルのフルパスを簡単に取得する方法はありますでしょうか?

たとえば、

C:\Windows\Downloaded Program Files\FP_AX_CAB_INSTALLER.exe

をメールに転記(ペースト)したい場合、
(1)エクスプローラのフォルダのアドレスをコピーして、
(2)F2キーを押してファイル名を変更の状態にして、その名前をコピー
という手順でやっています。

これを簡単に実現したいのですが、フリーソフトか、Windows標準の機能であれば
教えて頂けますでしょうか。

OSはWindows XPと、Windows7の両方です。

すみませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

複数ファイルに対して行うことが多いので
フルパス取得くん
http://lnsoft.net/utility1.htm#fullpathkun
を使っています。
ただ、いったん別ウインドウ表示になり、クリップボードに直接コピーするわけではないので、手間を考えると
○ファイルパス取得ツール
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/util/se449932.html
がいいかもしれません。
Windows7でも動作するようです。

Qディスク上のサイズとサイズはどうして違うんですか?

ファイルのプロパティ「全般」タブに表示されている「サイズ」と「ディスク上のサイズ」は、どっちが本当のサイズなのでしょうか?
どうしてサイズが違うのですか?
メールでファイルを送るときは、どっちのサイズを見ればいいのでしょうか?
これについて詳しく解説しているページがあったら、それもぜひ教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「サイズ」はファイルの本当の大きさ、
「ディスク上のサイズ」はファイルが記録されているクラスタを合計した大きさです、
OSはファイルを幾つかのクラスタ(OSが管理するハードディスク上のブロック
の最小単位)を使ってHDDなどのメディアに保存します、

基本的に今のWindowsでは4KBのクラスタサイズで管理しているので例え1バイトのファイルでも「ディスク上のサイズ」4KBのサイズになってしまいます、
つまり常に「ディスク上のサイズ」の方が大きくなっているはずです、

メールに添付する場合は「サイズ」を確認するだけでOKです。

QCloseとDisposeの違い

みなさまこんばんわです。よろしくお願い申し上げます。

VB.NET 2008でコーディングしています。
CloseとDisposeの違いについて教えていただきたいのです。

これらのメソッドは、開いたファイルを閉じるときなどにも使いますが、今回お尋ねするのは、フォームを閉じるとき、しかも、自ら呼び出すとき(Me.Close() と、Me.Dispose() )のみに限ったこととしてお話しさせていただきます。

たとえば、ShowDialog() で呼び出したフォームは、そのフォーム内でMe.Close() しても、プロセスは残り、たとえば、タイマーコントロールのイベントに記述していますと、それは実行され続けます。

これを防ぐために、Me.Dispose() を使います。すると、きれいにプロセスは終了し、イベントは発生しない模様です。

そこで、「フォームを閉じる」意味のMe.Close() をすべてMe.Dispose() に変えてしまいました。確実にプロセスを破棄出来ると思ったからです。Webで調べると、違いは「再利用できる、できないの違い」という答えがありましたが、それはきっと、ファイルやオブジェクトのことで、フォームの場合は、再びShowまたはShowDialogで表示させることは可能でしたので、特に問題は感じていませんでした。

ところが、アプリケーション設定で、「最後のフォームを閉じるとき」にアプリケーションがシャットダウンする設定になってるのに、シャットダウンしてくれないことが起こりました。調べてみると、Me.Dispose() が原因。Me.Close() に変えるとうまくいきました。

わけわからなくなってきました。。。

ちなみに、その残ったフォームは、スタートアップフォームであり、別のフォームからShowまたはShowDialogメソッドで呼び出したものではありません。

ここで4つの仮説を立ててみました。

1. ShowDialogで呼び出したフォームは、Me.Dispose()、Showで呼び出した、あるいは、スタートアップフォームは、Me.Close() すれば破棄できる

2. ShowDialogで呼び出したフォームは、Me.Dispose()、スタートアップフォームは、Me.Close()、Showで呼び出したフォームは、どちらでも、破棄できる

3. 呼び出し方ではなく、別の要因が存在する

4. 併記する必要がある場合がある

Me.Close()
Me.Dispose()

または、

Me.Dispose()
Me.Close()



どれが正しいのでしょうか?どなたがご存じの方がいらっしゃいましたら、ご教授いただけませんでしょうか? どうぞよろしくお願い申し上げます。ありがとうございました。

みなさまこんばんわです。よろしくお願い申し上げます。

VB.NET 2008でコーディングしています。
CloseとDisposeの違いについて教えていただきたいのです。

これらのメソッドは、開いたファイルを閉じるときなどにも使いますが、今回お尋ねするのは、フォームを閉じるとき、しかも、自ら呼び出すとき(Me.Close() と、Me.Dispose() )のみに限ったこととしてお話しさせていただきます。

たとえば、ShowDialog() で呼び出したフォームは、そのフォーム内でMe.Close() しても、プロセスは残り、たとえば、...続きを読む

Aベストアンサー

Me.Close()
Me.Dispose()
は根本的に違うものです。

formについて、Close()メソッドはフォームの表示を終了させるメソッドです。

ほかのクラスも同様。すべてのDispose()メソッドについて、これはインスタンスの破棄を明示的に行うものです。

>再利用できる、できないの違い

Dispose()はインスタンスが破棄されるため、再びコンストラクタを用いて、インスタンスを生成しないいけません。

一方Close()はインスタンスが残っているので、それを利用することができます。

>1. ところが、アプリケーション設定で、「最後のフォームを閉じるとき」にアプリケーションがシャットダウンする設定になってるのに、シャットダウンしてくれないことが起こりました。調べてみると、Me.Dispose() が原因。
Me.Close() に変えるとうまくいきました。

通常はどちらでもうまくいきます。

>2. ShowDialogで呼び出したフォームは、Me.Dispose()、スタートアップフォームは、Me.Close()、Showで呼び出したフォームは、どちらでも、破棄できる

ShowDialogの場合は、メソッド内部で、ハンドルが破棄されているため、Close()メソッドの際にDispose()メソッドが呼び出されます。

>3. 呼び出し方ではなく、別の要因が存在する

そう思います。

>4. 併記する必要がある場合がある

インスタンスを明示的に破棄したほうがよい場合は多く存在します。
Disposeが使えるメンバはIDisposableをインターフェースとして持っているメンバです。
これらのメンバは、外部とのやり取りを行うものが多くあります。
たとえばSQLClientに含まれるようなメンバです。

外部とのコネクションを確実に破棄を保障してほしいなどという場合がありますよね、このようなときに使用します。

Using構文を使用するのとまったく同じ理由になります。
正確にはUsing構文を使用できるメンバには条件があります、IDisposableをインターフェースとして持っているメンバに限るというものです。

ほかにもガーベージコレクタによるファイナライズを伴うかどうかという違いがあります。
Disposeの場合はファイナライズが同時に行われるため、使用していたメモリ空間を開放することができます。

上記のような理由により、
Me.Close()
Me.Dispose()
は両方書いたほうがよいと思います。

蛇足ですが、
Me.Dispose()
Me.Close()
はエラーになります。
Me.Dispose()により、Me本体(インスタンス)は削除されてしまいます。
存在しないMeに対してCloseメソッドを要求することはできないためです。

Me.Close()
Me.Dispose()
は根本的に違うものです。

formについて、Close()メソッドはフォームの表示を終了させるメソッドです。

ほかのクラスも同様。すべてのDispose()メソッドについて、これはインスタンスの破棄を明示的に行うものです。

>再利用できる、できないの違い

Dispose()はインスタンスが破棄されるため、再びコンストラクタを用いて、インスタンスを生成しないいけません。

一方Close()はインスタンスが残っているので、それを利用することができます。

>1. ところが、アプリ...続きを読む

Qpingでポートの指定

pingでIPアドレスを指定して、通信できるかどうかというのは
よく使いますが、pingでポートを指定して応答するかどうかは調べられるのでしょうか?

よろしくお願いします

Aベストアンサー

pingを含むICMPというプロトコルは、OSIの7レイヤで言うところのL2(同一セグメント内通信)とL3(IPルーティングされた通信)の両方にまたがる、ちょっと珍しいプロトコルです。

IPアドレスは指定できますが、別サブネットに属するIPアドレスに到達できればL3通信、できなければゲートウェイと呼ばれる同一サブネットに属する中継装置からの回答を得るという点でL2(MAC通信ではなく、同一セグメント内通信という意味)通信です。

ポート番号はL4で使用されるアドレスですから、L4機能の疎通確認はping(を含むICMP)ではできません。

FTPの疎通確認であれば、クライアントからサーバに対するTCP/21通信(FTP-CMD)が可能であること(サーバからクライアントへのTCP/21からの応答を含む)+サーバからクライアントに対するTCP/20通信(FTP-DATA)が可能であること(クライアントからサーバへのTCP/21からの応答を含む)が必要でしょう。

監視ソフトによるものであれば、
・クライアントからサーバへのログイン(TCP/21)
・クライアントからサーバへのlsの結果(TCP/20)
で確認すればよいでしょう。

pingを含むICMPというプロトコルは、OSIの7レイヤで言うところのL2(同一セグメント内通信)とL3(IPルーティングされた通信)の両方にまたがる、ちょっと珍しいプロトコルです。

IPアドレスは指定できますが、別サブネットに属するIPアドレスに到達できればL3通信、できなければゲートウェイと呼ばれる同一サブネットに属する中継装置からの回答を得るという点でL2(MAC通信ではなく、同一セグメント内通信という意味)通信です。

ポート番号はL4で使用されるアドレスですから、L4機能の疎通確認はping(を含む...続きを読む

Q「ご質問があります」「ご回答いたします」 この「ご」はいるの?

先日、メールのやりとりの中で、「いくつかご質問があります。」という一文がありました。相手が、私に対して質問したいことがあるという状況です。
自分が質問したい場合に、そのことをさして「ご質問があります」は、なんだか違和感があるな、と思ったのですが正しい用法なのでしょうか?
また、そういったご質問に対して、「"ご"回答いたします。」と自分が回答することに対して「ご」をつけるのは正しいでしょうか?
仕事のメールでしばしば見かけるし、私も曖昧な使い方をしているかもしれないと思って、不安になってきました。まスマートな表現をお教えいただけましたら幸いです。

ちなみに私は下記のようにしています。
質問があるとき「下記の事項についてお教え下さいますでしょうか」「ご教示下さい」「質問があります」
回答するとき「ご質問頂きました件につき、下記の通り回答いたします」もしくは、質問事項(引用)に回答を付記する。

Aベストアンサー

こんにちは(^^
この件、昔上司と議論になったことがあります(汗。

基本的には、敬語はNo.2のkeydaimonが仰る通り、「尊敬」「謙譲」「丁寧」の3種類に分かれます。

では、この「ご」はどれに当たるかというと・・・この3種類、どの用法でも使われます。(Goo辞書「ご」で調べてもそうありますね)。

ですから、文法的には「ご回答いたします」はアリです。
たとえばNo.5のStella_Marisさんが出していただいた例「ご案内いたします」や、ビジネスの場だとよく出てくる「ご紹介いたします」などと用法的には全く一緒です。

でも、感覚的な問題で「ご質問致します」「ご回答致します」は敬語の使い方としておかしい!と思っている方も多いですから、seven_heavenさんの仰る通り、「ご質問いたします」と書いてくる相手には「ご回答いたします」、そうでない相手には「ご」無しが無難だと思います(^^。

私の場合、質問があるときには、seven_heavenの書かれている例の他、
「いくつかおうかがいしたい点がございます」
も使ったりします。
回答の場合は、(「ご回答」を避けるために)
「ご質問いただきました点につきましては、以下の通りですので、宜しくご確認お願いいたします」
と書いたりします。


ちなみに蛇足ですが「いたします」には「謙譲」「丁寧」の両方の意味がありますが、相手によっては「丁寧」の意味しか無いと思っている場合がありますね~。 これもあいまいなとこです(^^;

こんにちは(^^
この件、昔上司と議論になったことがあります(汗。

基本的には、敬語はNo.2のkeydaimonが仰る通り、「尊敬」「謙譲」「丁寧」の3種類に分かれます。

では、この「ご」はどれに当たるかというと・・・この3種類、どの用法でも使われます。(Goo辞書「ご」で調べてもそうありますね)。

ですから、文法的には「ご回答いたします」はアリです。
たとえばNo.5のStella_Marisさんが出していただいた例「ご案内いたします」や、ビジネスの場だとよく出てくる「ご紹介いたします」などと...続きを読む

Qプログラム設計書の書き方

僕は新人SEです。
今、上司の方からあるシステムの基本設計書・システム設計書・プログラム設計書を作り、プログラミングまでしてから単体テスト・結合テストもやるように言われています。(全て1人で)

おそらく経験のある方ならすぐにできてしまうようなシステムで、上司の方も勉強のために全てやらせているようです。

今、基本設計書・システム設計書まではなんとかできて、プログラム設計書の作成に取り掛かりたいのですが、初めての経験で実際のプログラム設計書には何をどのように書いているものなのかも全く見当もつかずにいるので全く何も書けません。

上司さんは今週忙しいようで
「来週見てあげるから自分で調べたりしてやってみて」
と言っています。
ですが、全く何もできずにいるのもイヤなので何かそれらしいものでも書いてみたいのですが…プログラム設計書とは何をどう書いてあるものなのでしょうか?

日本語が書いてあるのかプログラムが書いてあるものなのか…
そういったところからわからないので少しでも何か教えていただきたいです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
No.1様のご回答通りなのですが会社によって異なります。
というのを踏まえた上で・・・うちではという回答になりますが

・日付 2009/10/10
・版 初版(その後バージョンアップで改定するため、改定ナンバー必須)
・タイトル 企業情報印刷(ここでは決定済み名称)
・発注仕様書ナンバー(正式にお客さまと契約で決めた発注番号を記載)
・作成者 boo_boo_suu
・使用言語 Visual C++
・使用データベース ORACLE
・使用帳票アプリケーション Crystal Reports
・フロー図(Visioで埋め込み図)
・概要説明 
メインメニューから呼び出され企業情報の印刷条件を入力し、クリスタルレポートの帳票情報から企業情報ファイル(KIGYOU_INFO)ファイルを呼び出し印字します。
・全企業情報が一覧で印字可能である。
・特定一企業(企業コード指定)での印字も可能である。
・一企業が指定された場合は企業情報を画面表示する。

-----------------------------------
で・・・・プログラム仕様書はこのくらい。
命令書ですからコードそのものは打ちません。
これみて作ってもらわないといけないので日本語メインです。

あとはDBの仕様書をみてもらったりしてプログラムのローカルルール、画面サイズ、文字サイズ プロシージャ定義やら定数や変数、フォーム、構造体定義書などプログラム書くときの決まりごとに添ってPGさんに打ってもらっています。
一応、図とかつけてみました。(^-^;;
全体の雰囲気はこんな感じだとご理解いただければ幸いです。
ではでは~。

こんにちは。
No.1様のご回答通りなのですが会社によって異なります。
というのを踏まえた上で・・・うちではという回答になりますが

・日付 2009/10/10
・版 初版(その後バージョンアップで改定するため、改定ナンバー必須)
・タイトル 企業情報印刷(ここでは決定済み名称)
・発注仕様書ナンバー(正式にお客さまと契約で決めた発注番号を記載)
・作成者 boo_boo_suu
・使用言語 Visual C++
・使用データベース ORACLE
・使用帳票アプリケーション Crystal Reports
・フロー図(Visioで...続きを読む

Qプロキシからのインターネット接続 接続拒否について

お世話になります。
社内ネットワークからのプロキシサーバ経由で、インターネット(社外)接続を
しています。 特定のサイトにアクセスをすると、下記のエラー情報が
表示されてしまいます。

(例)URL
http://<ipアドレス>:8080/xxxxxxxxxxxxxxxxxx

※エラー内容
-------------- ここから --------------

エラー
接続拒否されました
-------------------------------------
上位サーバ側から接続拒否されました。
しばらくしてから再度お試しください。

-------------- ここまで --------------

その特定のサイトにアクセスする理由として、ある情報を自動的(ブラウザ画面)に取得
する為にアクセスしているのですが、取得できない為 調べたいと思ってます。

社内のシステム管理者に聞いても特に制限はかけてないという回答をもらっていて
相手先にもプロキシサーバ経由で接続しても大丈夫なはずですっとは聞いてます。

これが、社内上のプロキシサーバ・FW で制限がかかっているのか
相手先のサイトにアクセスした際に、プロキシからのアクセスが制限がされてしまったのか
特定したいのですが、確認する方法を教えていただけますでしょうか

ご面倒かけますが、よろしくお願いします。

お世話になります。
社内ネットワークからのプロキシサーバ経由で、インターネット(社外)接続を
しています。 特定のサイトにアクセスをすると、下記のエラー情報が
表示されてしまいます。

(例)URL
http://<ipアドレス>:8080/xxxxxxxxxxxxxxxxxx

※エラー内容
-------------- ここから --------------

エラー
接続拒否されました
-------------------------------------
上位サーバ側から接続拒否されました。
しばらくしてから再度お試しください。

-------------- ここまで ...続きを読む

Aベストアンサー

No.4です。

> 社内上の理由であれば、502 Bad Gateway となるのかとおもってました。
> 503ということは相手先までは届いているんですかね?

Wikipediaの502の説明の
「ゲートウェイ・プロキシサーバは不正な要求を受け取り、これを拒否した。」
は、ちょっと違う(誤訳がある)と思います。

こちらの方が正確です。
http://www.studyinghttp.net/status_code#Code502

502は、要するに相手サーバから解釈しようのない変なレスポンスを
受け取ったので、レスポンスデータを正しく中継できなかったと
言う意味で返すものです。

で、503の方ですが、説明にもあるとおり一時的にサービスが利用不可
となった時に使用されるということで、様々な場合に使われます。
相手サーバがこの応答を返した可能性が高いと思いますが、
もしかするとプロキシサーバ自身のなんらかの一時的な問題でこの応答を
返したのかもしれません。
もしかすると、社内のすべてのリクエストがプロキシサーバ経由で
アクセスしているので、相手サーバは1つのIPから大量のリクエスト
が来たということで503で拒否しているのかもしれません。

少なくともプロキシサーバと相手サーバの間でなんらかの問題が
発生したということは言えると思うので、後は社内のシステム管理者
(プロキシサーバの管理者)にこの情報を渡して、相手サーバとの
やりとりの状況を直接調べてもらうしかないと思います。

自分でもう少し調べるなら、例えばURLのパス記述部分(/xxxxxxxxxxxx)
やポート番号(8080)をあえてエラーとなる存在しないものに変えて、
どのような応答が帰ってくるのかを見ると、何かわかるかもしれません。

例えば、パス記述部分を存在しないものに変えた時に503でなく404が
返ってくるようなら、相手サーバへの接続自体は問題ないが、
対象のパスを相手サーバが処理する場合に発生する問題であると
言えると思います。

No.4です。

> 社内上の理由であれば、502 Bad Gateway となるのかとおもってました。
> 503ということは相手先までは届いているんですかね?

Wikipediaの502の説明の
「ゲートウェイ・プロキシサーバは不正な要求を受け取り、これを拒否した。」
は、ちょっと違う(誤訳がある)と思います。

こちらの方が正確です。
http://www.studyinghttp.net/status_code#Code502

502は、要するに相手サーバから解釈しようのない変なレスポンスを
受け取ったので、レスポンスデータを正しく中継できなかったと
言う意味で返...続きを読む

Q「H/W」,[S/W」,「N/W」の意味

システムの障害対策に関する用語(略語)で、
「H/W」,[S/W」,「N/W」
とは、それぞれどういう意味か教えてください。

Aベストアンサー

略称はローカルルールによる所も大きいのですが、

H/W→ハードウェア(HardWare)
S/W→ソフトウェア(SoftWare)
N/W→ネットワーク(NetWork)
では?いや、推測です。

ほかにも
I/F→インターフェース(InterFace)
I/O→入出力(Input/Output)とかありますね。
C/S→クライアントサーバシステム(Client/Server)

でも略語が記載されているドキュメントを作成した方に
聞くのが一番だと思います。(^-^;

間違っていたらごめんなさい。

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Q添付ファイルの拡張子がemlとなっているファイルの開け方

最近友人よりの添付ファイルの拡張子がemlとなっている為、開くとワードパット
で開いてしまい、文字化けして読めません。
ワードやエクセルにて読めるようにしたいのですが?
どうしたらよいのでしょうか?
当方IE5.5使用 OSはMEです。

Aベストアンサー

>添付ファイルの拡張子がemlとなっている為

Winodws98の方法ですがMeでもいけると思います。

1.このファイルを一旦、デスクトップとかに保存して
2.そのファイルを「Shift」キーを押しながら右クリック→「アプリケーションから開く」をクリック
3.Outlook Expressを選択
 一覧に無い場合は、「参照」をクリックして
 C:\Program Files\Outlook Express\msimn.exe
 を選択します。
4.「この種類のファイルを開くときは、いつも
   このアプリケーションを使う」のチェックを入れます


人気Q&Aランキング