人気雑誌が読み放題♪

昨日、充電電池で東京・京都間を小さなロボットでの走破挑戦というニュースを見ました。
この電機メーカーのこのような挑戦は3回目のようですね。

私も初めの頃は小さくて可愛いロボットだな・・・と思いながら見ておりました。
しかしだんだんとこの「ロボット」が「おもちゃ」にしか見えなくなってきました。
子供のおもちゃにモーターをつけたらこのように走るのでは?とかそのようなレベルにしか思えません。
このロボットの関節の動きがいいようですが、そのようなロボットは今はほかにもありますよね・・・?
(すみません、全くの素人で)


「ロボット」がすごいのか電池がすごいのかというのも非常に疑問です。


出来ましたら皆様の意見を聞かせてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ギネス記録に人類にとって余興の意味以外に価値のないものと同種と思います。


(というかギネスに記録申請してるからこれもギネス記録ですね。汗)
私が良く使う言い回しですが、

「爪楊枝で油田を掘ってギネスに挑戦するのは止めないが、本気だっらた辞めとけ」

っていうのがあります。
バラエティー番組で挑戦するならそれはそれで面白いんじゃない?みたいな。
挑戦してみてそれが成功すればそれ自体はすごいことです。
じゃぁそれが何の役に立ったの?と問われれば、
番組を見て面白いと思った人の好奇心を満たしただけで、
人類にとって最先端で役にはたっていません。
底辺で多様な豊かさに貢献しています。

なお、
本当に爪楊枝で油田掘削に挑戦したとすれば、
掘り方や爪楊枝の銘柄など、
人類の進歩に何の役に立たないノウハウが沢山必要になるでしょう。
件のロボットもそういう部分において色々苦労しているはずです。
下らない挑戦はそういう部分を楽しめるかが鍵でしょう。

あの製品の電池性能が極特殊条件でしか優れた点がないというのは性能に対する質問で多数の回答があるとおりです。
CMはそこを如何にすごそうに見せるかが鍵なので、
ギネス的な挑戦をするしかないのでしょう。
個人的には相対評価でないあのチャレンジは、
製品の優位性は表せていない駄目CMと思っています。
でも資金力のある大企業が意味のない面白いことをするのは一種の社会貢献で、
悪ではないと思ってますw
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。
確かにギネス挑戦はやっている本人と、本当にそれに対して共感している人達にしか感動は与えませんからね。
よく理解できました。

電池性能に関して他の回答を見てみましたが、他製品との差はあまり・・・という印象を受けました。

多少大げさに宣伝しないと注目してくれないから・・・という感じですかね。

最後に、「一種の社会貢献で悪ではない」とありますが、社会貢献をするならばロボット付きでどこかの施設に寄付するとかの方が良い気がします。

長距離をロボットで歩かせるだけ、なんてただのエネルギーの無駄で環境にとっては悪ですよねw

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/09/24 12:33

>ただ・・・あの電機メーカーの挑戦は宣伝活動でもありますよね?



宣伝活動であり、彼らの仕事です。

私は仕事に関して怠け者ですが、仕事に情熱を持てる方を尊敬します。

個人が思いついた内容を企画としてまとめ、上司を説得した結果、企業の力を自分の思いつきで動かせる。

ルーティン作業の繰り返しで賃金を得ている私から見れば尊敬に値します。

ご質問者さんを滑稽だとは私は思っていませんが、ご自身がそう感じている分までは分かりません。

汗を流す人を笑うのは簡単で私にも経験あります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度のご回答ありがとうございます。

自分が滑稽だとは微塵も思いませんが、マスコミで「すごい!」と騒がれるほどすごいのかな・・・ただの宣伝活動なのに・・・しかもロボットとおもちゃの違いってなにかしら・・・と純粋に思ったのです。
少しさめてはいますねー。
だからと言って別に汗を流す人を笑ってはいませんよ?
ではでは。

お礼日時:2010/09/24 22:16

やらない人間がやった人間を見下す姿は滑稽である 



アメリカの言葉ですがこういうことでしょう。

私は「おもちゃ」が私が歩き切ったことの無い道程を歩き切ったと聞けば、すなおにそれを作った方々の努力と技術に敬意を表します。

凄いのはロボットでも電池でもなく、今まで誰もやらなかったことを思いつき、それを実行し、成功した関わった全ての人間だと思います。

思いつくまでは誰でも出来る、しかし、それを実行できない人間が多い中、実行できない人間が実行した人間に向かって「無意味だ」と安全圏から批判しているのをよく見るような気がしますが、本当は熱く生きることが羨ましく、悔しいのに、サメた振りして格好付けているように私は感じることが多いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。
私は滑稽な人間ですか^^;

大きな事に挑戦しようとする勇気と努力は確かに立派だと思います。
普通に生活をしていると、あのような事は思いつかないかもしれません。

ただ・・・あの電機メーカーの挑戦は宣伝活動でもありますよね?
ということは勇気とか努力や熱く生きる云々の前に「宣伝をする」ためにあのような挑戦をするわけですよね。

宣伝活動とわかった瞬間、非常にさめた気になるのは私だけなのでしょうか・・・?

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2010/09/24 21:17

おもちゃ…って、それを言っちゃあ、お仕めえ~よ!(byフーテンの寅さん)



あのエボルタ君、スゴいでしょ?夏の24時間TVで走ってる芸能人なみに^^

そう思いませんか?乾電池で、東海道を歩くんですよ!私なんか、HPのライブ中継、涙なしでは見ていられません!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「おもちゃ」と言っちゃおしまい、ということは少なからずuzweb108様もそう思っているという解釈でよろしいでしょうか^^;

今回のロボットはセンサーで動くようですが、私も以前三千円ほどのセンサーで動く犬ロボ玩具を買ったことがあります。それと今回のロボは何が違うのよっみたいな感じです。

おもちゃだって電池さえ換えれば東海道を歩ける、と思いませんか?
自分は感動が薄い大人なのでしょうか・・・

テレビで「すごいね!可愛いね!」とコメントをしている人達がどこまで本気で何がすごいと思っているのか、それを見ている人達も本当にそう思っているのかなあと思った次第です。

ご回答ありがとうございました!

お礼日時:2010/09/24 12:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング