痔になりやすい生活習慣とは?

トランス式とスイッチング式のACアダプターについて
お世話になります。

スイッチング式だとノイズが入るようなイメージがあるのですが、コンパクトで熱くならない。
トランス式は重いのと熱くなるイメージがありますがノイズは入りにくそうです。

○ラジオやオーディオ用に適しているアダプターはどちらでしょうか?
○トランス式はコンセントにさしているだけで電力を消費している気がしますが実際は消費しているのでしょうか?
○ノイズの入りにくいスイッチング式のアダプターは有るのでしょうか?

よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

http://patent.astamuse.com/ja/published/JP/No/20 …
無負荷時発振停止等、待機状態の無負荷電流を最小にする機能を持つスイッチング電源チップも販売され既に実用されています。

電源スイッチは安全の為にも設けるべきで家電等のデザイン・コスト重視でメインスイッチ無しは安全・節電の面で改善される方向です。

フィルターはπ型、チョークコイル・コンデンサーによるもので到来・放出の両方向タイプが一般的です。

「スイッチング電源」でWeb検索、また関心事項を加えると様々な情報がチェック出来ますので是非お試し下さい。
    • good
    • 0

MDウォークマン用に1.5vのスイッチング式のアダプター買ったのですがハムが出るようになりトランス式に買い換えました。



ただし、ウォークマンは最小音量から2~3段目の小音量で使った時の話なので通常の音量では問題ないかも知れません。
    • good
    • 0

スイッチング式でも発振周波数は可聴帯をはるかに上回っているので通常は聞こえるような事はありません(AMラジオで復調されると聞こえる場合があります)。


パーツの性能が悪くて共振するのは論外ですが、今時の回路ではまずなかろうと思います。

トランス式アダプターの一次側はスイッチが介入していないため、コンセントに差しておくだけでも電流は流れます(温かくなっているのはそのためです)。

スイッチング電源も性能が安定してきましたし、更にトランスなどの小型化によってかなりのコストダウンが可能になりました、その上圧倒的な効率の良さが特徴なので熱損失による消費電力の無駄が非常に少ないです、また軽量コンパクトでフリー電圧対応も簡単であるため今後はトランス式は用途が限られてくると思います、たとえば心理的な意味でノイズに神経質な高級オーディオ機器などの音響機器はトランスが主流でいく気がします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
スイッチング電源でノイズが入ったのは、一昔の物でしたので最近のは良くなっているのでしょうね。
秋葉原で探してみます。

お礼日時:2010/10/22 14:22

スイッチングタイプもトランスを内蔵しています。


そうでないと危険で使えません。

適否の時代では無くコスト、スペースによる選択をします。

電源を入れた状態でどちらも無負荷電力を消費します。

スイッチング電源はノイズフィルターを内蔵させています。
用途等によりノイズ対策グレードが異なります。

スイッチングタイプも発熱、放熱が重要です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事遅くなりました。
そうですね、スイッチングアダプターにもグレードがあるということを勉強させて頂きました。
何度かアダプターを分解した事があるのですが、小さなトランスは入っていますね。
無負荷電力はどの位なのでしょうか?月に10円とかそんな程度でしょうか?
消費電力が大きい場合はスイッチ等を付けて電力カットしたほうが・・・・

スイッチングのノイズフィルターはやはりコンデンサーとフェライトでしょうね。
ありがとうございます。

お礼日時:2010/10/22 14:52

ラジオ、AMラジオの場合はどうでも良いです。


FMラジオは、帯域の問題があるので、これだけでは不明。低価格品ならば、低価格電源で。高価格品ならば高価格電源で。
鉄損分使われています。私よりも他の方の回答のほうがわかりやすいでしょう
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6222394.html

あるか、ないか、ならば、有ります。と答えます。
ただ、トランスで作ったほうが簡単でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
そうですね、自作の場合はトランスですが今回はアダプターという形で購入を考えています。
使用機器はラジオですが、純正のアダプターがでかくて重く熱くなるのでお聞きしました。
以前、自作でオーディオ用のアンプを自作した時にスイッチング式を使ったら「ジー」と音が入ってしまったので、トランスで作り直しましたら、音は安定しました。

お礼日時:2010/10/22 09:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qトランス式とスイッチング式 違いと使用について

過去の質問も読んだのですがイマイチ分からなかったので、どなたか教えて下さい。

タイ、カンボジア、ネパール、中国、台湾 に行く用事があり変圧器の購入をするのですが「トランス式」「スイッチング式」と云うものがありそれぞれ使用できる電化製品が異なるということを見かけました。

大まかですが使用したい電化製品は、パソコン ドライヤー 電気ケトル、携帯充電器、デジカメ充電器(変圧フリーのものですが念のため)、アースノーマット(コンセント接続タイプ)です。

マイコンが入っているもの(?)はスイッチング式の変圧器だと壊れ、アースノーマットや携帯充電器はトランス式だと壊れる(?)とはどういう事からなのでしょうか?(他の電化製品をつなぐ際の勉強の為に簡潔に教えてくださると助かります)

変圧器は200-240V→100Vで80W位のものを1つ買えば良いものだと思っていたのですがどうも違うようでしたので・・・

どなたか教えて頂けませんか。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

no.1 です。足りなかったですね。

> マイコンが入っているもの(?)はスイッチング式の変圧器だと壊れ、

これについては正確にはわかりませんが...
スイッチング式で気になるのは出力波形です。
DC/ACインバータ(車中でAC100V機器を為の変換機)や、
ポータブルバッテリ(バッテリを内蔵しAC100Vを出せるもの)の
出力波形についての話題があります。

http://homepage2.nifty.com/TakeN/ACINV_000226.htm
の 2-3.波形

理想的には家庭のコンセントと同じ「正弦波(サインカーブ)」を出力すればいいのですが、
小容量、安価な製品は「矩形波(方形波)」だったり「擬似正弦波」だったりするようです。
矩形波の場合、若干注意点があるようですが、壊してしまう理由ではないと思います...

> アースノーマットや携帯充電器はトランス式だと壊れる(?)とは

トランス式変圧器も、220V/240V のように近い電圧は切替なく兼用のものもあるかと思いますが、
例えば 220V→100V変換器の場合、「220:100 に変換するトランスが入っている」のであり、この変換器を
240V で使うと出力は約109V と、若干高くなります。
大したことない、といえばそうなんですが、長く使うには影響出ることもあるようです。
というのは、日本国内でもAC100Vといっても、柱状トランスから近い場所では
若干電圧が高く、白熱電球など切れやすかったりするようです。
(その為か電気店には AC110V 用の電球も置かれてます)
蚊取り器は発熱体に直接 AC100V を与えてますから、似た事情で寿命に影響があるのかも知れません。
携帯用充電器に関してはわかりません。

DCに変換してから使う機器なら、AC電圧が多少違ってもまず問題ないとは
思いますが。

no.1 です。足りなかったですね。

> マイコンが入っているもの(?)はスイッチング式の変圧器だと壊れ、

これについては正確にはわかりませんが...
スイッチング式で気になるのは出力波形です。
DC/ACインバータ(車中でAC100V機器を為の変換機)や、
ポータブルバッテリ(バッテリを内蔵しAC100Vを出せるもの)の
出力波形についての話題があります。

http://homepage2.nifty.com/TakeN/ACINV_000226.htm
の 2-3.波形

理想的には家庭のコンセントと同じ「正弦波(サインカーブ)」を出力すればいいの...続きを読む

QACアダプタ交換、スイッチング式のを使って大丈夫?

古いACアダプタの代替品を探しているのですが、同じ物が手に入らず困っています。

古いACアダプタはトランス式で、また安定化(regulated)されていないとのことで、
アダプタの公称値は12Vでしたが
プラグにテスターを直接突っ込んで測った電圧は16Vほどでした。

そこで代わりに使えるかな?と思っているのが
スイッチング式で公称15VのACアダプタです。

気になっているのは、regulatedされていないACアダプタの代わりとして
スイッチング式でregulatedされているACアダプタを使って大丈夫なのか?ということです。

そもそも安定化とは何なのかなど全く詳しくなく、困っております。
詳しい方おりましたらアドバイスをいただければと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

危ないと思います
安定化という意味は、簡単に言えば出力電圧が使用する電流値によって変化しないと言う意味です
RegulatedされていないACアダプタプラグにテスターを直接突っ込んで測った電圧は16Vでしたが、
おそらく無負荷の状態と電圧と思います
これに負荷がかかると公称値の12Vになるように設計されているのでしょう

スイッチング式でregulatedされているACアダプタの出力15Vは一定で負荷によって電圧が変わることはありません
結局 スイッチング式の電圧はそのまま15Vが負荷に加わるので悪くすると負荷が壊れる恐れがあります
最悪 スイッチング式の電源も壊れてしまうかも  
負荷の性質によりますが、二割程度の高電圧変化にも耐えられるものなら試してみるのも良いでしょう

QACアダプタの違いについて

全くの素人質問で恐縮ですが、ACアダプタには出力電圧が安定化の物と非安定化の物があるそうですが、簡単な違いを知りたいのです。また、家に転がっている多数のACアダプタを安定化の物と非安定化の物とに見分けるにはどうしたら良いのでしょうか?お詳しい方どなたか、小中学生にでも分かる程度で宜しくお願いします。

Aベストアンサー

非安定化のACアダプタとは、何もつないでいないときに定格の電圧より高い電圧が出力され、定格の電流が流れたときに、定格の電圧付近になるものをさします。
これの特徴は、中身の回路が簡単で部品も安いと言うところです。

安定化のACアダプタとは、何もつないでないときでも、低格いっぱいの電流値を出力している時でも、同じ電圧を保つ様に電圧制御回路を持っているものです。


非安定化のACアダプタに繋がれる機器は、開放したときの電圧にも耐えられるような設計をしていますが、
安定化のACアダプタに接続される機器は、ACアダプタから規定以上の電圧が出てくることはありませんので、そこまでの安全設計をしていません。


他の回答の中で間違えている部分を書きますが、携帯電話のACアダプタは、安定型のACアダプタです。

残念ですが、ACアダプタを見ただけで、安定型か非安定型かを形状から見分けることは出来ません。

QACアダプタの使用について。(オーディオ機器)

ACアダプタの使用について助言をお願いします。オーディオ機器への使用なので用途に少し疑問が出るかもしれませんが、その辺はスルーして頂けると助かります。

使用する機器はちょっとしたヘッドホンアンプ(海外製)で公式にはDC12V0.5Aとされている機器です。
実際私はこの機器にDC12V0.55Aの安定化回路内蔵のスイッチング電源を使用していました。

ただその後オーディオ的な理由(電源のアップグレード)から、公式には使用は推奨されていませんが耐えられる事は情報として知っていたため、DC15V1.2Aの安定化回路内蔵のスイッチング電源することになり、実際に動作は問題ありませんでした。

そして今回の質問となるのですが、新たに別のもっと品質の良い同じくDC15Vの安定化回路内蔵のスイッチング電源を導入しようかと検討しているのですが、アンペア数は単純に公式の6Wクラスのもの、つまりはDC15V0.4Aのものを使用して大丈夫という事になるのでしょうか?(できるだけ容量を抑えたいという意図があります)


それとも公式で12Vとうたわれている機器に15Vが使えてしまうのは、あくまでもイレギュラーなケースであって、それに伴って何らかの必ずしもワット数からだけでは電流容量を測れない面が出てきて、15Vの電源でもそのまま0.5Aのものが必要になるという場合があるのでしょうか?


少し用途から変な質問になっているかと思いますが、アドバイス頂ければ助かります。よろしくお願い致します。

ACアダプタの使用について助言をお願いします。オーディオ機器への使用なので用途に少し疑問が出るかもしれませんが、その辺はスルーして頂けると助かります。

使用する機器はちょっとしたヘッドホンアンプ(海外製)で公式にはDC12V0.5Aとされている機器です。
実際私はこの機器にDC12V0.55Aの安定化回路内蔵のスイッチング電源を使用していました。

ただその後オーディオ的な理由(電源のアップグレード)から、公式には使用は推奨されていませんが耐えられる事は情報として知っていたため、DC15V1.2Aの安定化回路...続きを読む

Aベストアンサー

No,1さんに同意です。
実際に電流を測ったほうがいいでしょう。
簡単な工作で測定地点を確保して、安価なマルチテスターもあります。

たいてい動作すると思いますが、ギリギリで動作するのか、余裕で動作するのか、知っておいたほうがいいでしょう。オーディオ的に好ましいのはもちろん後者です。

●消費電力
アンプの電力は、機器のベーシックな動作をさせるために消費されるものと、音声出力の大きさに応じて消費されるもの、の2つに大別されます。パワーアンプなどでスピーカーを大音量で鳴らせば後者が大きくなると思いますが、ヘッドフォンアンプであれば前者が大きいと思われます。

ワット数が同じことを前提とした計算は、後者のみを考えた場合です。前者は、ボルトが上がったことで消費電流がむしろ増える可能性があります。その場合単純計算では、0.625Aです。

もっとも、機器の消費電力は実際より多めに表示していることがほとんどなので、実際に測定するのがベストです。ただ、数字上の計算は、まともに動作するかしないかのレベルであって、オーディオ的にはもう一段上の観点が必要でしょう。

●電圧許容範囲
一般的に、デジタル機器は許容範囲が狭く電圧の安定化が必要な場合がほとんどです。許容範囲が広いデジタル機器の場合、内部の最初に安定化回路があることがほとんどです。アナログ機器は比較的許容範囲が広く安定化が不要な場合も多いです。

お使いのヘッドフォンアンプがUSB-DACなどではなく純粋なヘッドフォンアンプなら、電圧の許容範囲が広いだけでなく安定化も不要な可能性が高いと思います。

>理由は電圧と電流どちらが要因だと考えやすいのでしょうか?
電源が変わっていますので、電圧や電流だけの単純な比較はできません。同じ電源を使用して、電圧を変えたり、最大電流を制限したり、して比較する必要があるでしょうね。

●おせっかいでしょうが
大電力が必要なパワーアンプで、瞬発的なパワーを重視(過渡応答特性を重視)してハイエンドオーディオにスイッチング電源が使われる例もありますが、一般的にはトランス式のリニア電源をお勧めします。
安価には、(少なくなりましたが)トランス式のACアダプター(消費電力により電圧が変動するので注意)

ちょっと高価?になり、電力も多めですが
http://sv50.wadax.ne.jp/~ay-denshi-com//articles/html/products/list.php?category_id=10

比較的小容量ですし、自作もそんなに難しくないとは思いますが・・。

No,1さんに同意です。
実際に電流を測ったほうがいいでしょう。
簡単な工作で測定地点を確保して、安価なマルチテスターもあります。

たいてい動作すると思いますが、ギリギリで動作するのか、余裕で動作するのか、知っておいたほうがいいでしょう。オーディオ的に好ましいのはもちろん後者です。

●消費電力
アンプの電力は、機器のベーシックな動作をさせるために消費されるものと、音声出力の大きさに応じて消費されるもの、の2つに大別されます。パワーアンプなどでスピーカーを大音量で鳴らせば後者が大きく...続きを読む

Q充電器をコンセントにさしっぱなしは通電してる?

母からスマホの充電器を指しっぱなしにするなといつも注意されます。
スマホを外したあと、充電器だけつけていても通電しているのでしょうか?

Aベストアンサー

 ある程度回答は出揃っていますが、問題はお母様への説得材料でしょうから、それを踏まえて説明します。

 まず、結論としてはアダプターはつけっぱなしでいいということです。理由は「現在のACアダプタはほぼ全てがスイッチング式だから、つなぎっぱなしでも電気をほとんど消費しないから」です。

 ACアダプタは昔ながらのトランス式と最近のスイッチング式とがあり、トランス式はたしかにコンセントに挿しっぱなしでも電力を消費しますが、スイッチング式は全くといっていいほど消費しないのです。試しに家にあるiPhoneの充電器をデジタルクランプメーターで計ってみましたが、わずか0.001アンペア(0.1ワット)に過ぎませんでした。400円で買ったどこぞと知れない中国メーカー製のものですら0.003アンペアです。

 0.001アンペアとは、月額の電気代が1.8円程度でしかなく、冷蔵庫(最新式でも40ワット程度)や浄化槽のモーター(35~75ワット)などと比較すれば誤差程度のものでしか無いのです。これを気にするのはあまりにもナンセンスという感じでしょう。確かにごく微量でも節電できるのならとは言えますけれどね。どうしてもということなら個別に差込口の電源が切れるスイッチ付き電源タップなどを使用すると足先などで一発で電源断ができるので便利なのではないでしょうか。ただ、こういうのにはLEDランプが付いているので、逆にアダプタの待機電力よりも電気を消費するでしょうけどね。お母様の説得用としては使えるかも。
 http://www.google.com/search?q=%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%83%83%E3%83%81%E4%BB%98%E3%81%8D%E9%9B%BB%E6%BA%90%E3%82%BF%E3%83%83%E3%83%97&num=100&lr=lang_ja&safe=off&hl=ja&tbs=lr:lang_1ja&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=lS6kUaeoE8SWkwXo54DoCA&ved=0CAoQ_AUoAQ&biw=1051&bih=900

 ACアダプタを抜いたほうがいいというのはトランス式が一般的だった20~30年前によく言われていた時代の名残です。「なぜ抜いたほうがいいのか?」ということに疑問を持たないマスコミが未だに繰り返し言い続けているだけです。トランス式は現在ではごく一部のマニア向けオーディオ機器くらいにしか採用されていない形式ですので、一般家庭ではまず意識しなくて大丈夫です。

 トランス式とスイッチング式の簡単な判断基準は機器を外してアダプタのみをコンセントにつないで1時間ほど放置し、触ってみて熱くなっているようならトランス式、なってないならスイッチング式です。見た目も異なり、トランス式は低出力の物でもずっしりと重く巨大な本体をしています。そしてスマホのアダプタは確実にスイッチング式と言い切れますので、確かめる必要すらないでしょう。たかだか充電器に高価で非エコなトランス式を採用するとは思えません。

 ある程度回答は出揃っていますが、問題はお母様への説得材料でしょうから、それを踏まえて説明します。

 まず、結論としてはアダプターはつけっぱなしでいいということです。理由は「現在のACアダプタはほぼ全てがスイッチング式だから、つなぎっぱなしでも電気をほとんど消費しないから」です。

 ACアダプタは昔ながらのトランス式と最近のスイッチング式とがあり、トランス式はたしかにコンセントに挿しっぱなしでも電力を消費しますが、スイッチング式は全くといっていいほど消費しないのです。試しに家...続きを読む

Qスイッチング電源のノイズを除去する方法を教えて下さい。

DC9ボルトのスイッチング電源(ACアダプタ)を使用してアンプにつないでいます。
よく聞くと「オワンオワン~」というようなノイズが小さく発生してしまいます。(音の表現は文字では難しいですが)

ちなみに、トランス式のACアダプタやバッテリーを使うとこの音は出ないのでスイッチング電源から発生しているように思えます。

何とか、このノイズを除去したいのですが、よい方法又は回路がありましたら、ご紹介いただけませんか?

Aベストアンサー

私の分かる範囲で可能な限りの説明をさせて頂きたいと思っています。小小企業(中小では有りません)を営んでおりまして、丁度3/15の申告期限が近い為、時間が取れません今少しのご猶予を宜しく。

1)フェライト・ビーズはフェライト・コアーを小さくしたようなパーツです。色々なサイズ、外形のものが有りますが、手持ちの物は円筒形で外径3mm、長さ3mmで円筒の中に1.1mmの穴が空いています。使い方は抵抗、コンデンサー、トランジスター等のりード線を通してパルス性のノイズを熱エネルギーに変えます。(ビーズもコアーも基本的には同じと考えて良いと思います)

2)御質問の「オワン・・・」の件でもう1つ想い当るのは過去の回路図でECMとマイク入力回路のミスマッチングの可能性です。C2とECMの間に直列に10kΩの抵抗を入れて下さい。3)より先にお願いします。

3)それから、パーツを組み込む時は一度に行わず面倒でも一つ、やってはまた一つと作業される事をお薦め致します、もしトラブルが解消した場合どれが原因だったのか分かり易いですから。

4)他の方の回答に、スイッチング電源でオーデオは不適当との御意見がありましたが。
 私の愛読書「MJ無線と実験」のバックナンバー、2004、7月号のP-33にECMより起電力の小さいMCカートリッジ用イコライザーアンプの電源にスイッチング電源を使った回路が掲載されています。(因みに必要に応じてトランジスター技術も購入しています)
質問者様が困惑されると思いますので電源論争は控えさせて頂きますが・・・・・

5)ohoshisama様、手元に同様のパーツ類が有りますので組み立てて見て何が問題か調べてみようかと思っています。冒頭の事情が有りますので時間を下さい。

私の分かる範囲で可能な限りの説明をさせて頂きたいと思っています。小小企業(中小では有りません)を営んでおりまして、丁度3/15の申告期限が近い為、時間が取れません今少しのご猶予を宜しく。

1)フェライト・ビーズはフェライト・コアーを小さくしたようなパーツです。色々なサイズ、外形のものが有りますが、手持ちの物は円筒形で外径3mm、長さ3mmで円筒の中に1.1mmの穴が空いています。使い方は抵抗、コンデンサー、トランジスター等のりード線を通してパルス性のノイズを熱エネルギーに変えます。(...続きを読む

QCOAXALとRCAケーブルとの違いを教えて下さい

音響機器音痴の私に教えてください。。AVアンプ等でデジタル接続端子部分ににcoaxialとありますがこれには専用の接続端子をもったケーブルを使用しなくてはいけないものなのかRCAと接続端子部分は良く似ているので同じもので供用できるものなのかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

MIFUNEBASI さま

 主として補足の質問に付いて解答します。
1、OpticalとCoaxialの違い
 Opticalとは光ファイバーコードを利用して機器間の接続をするものですが、この欠点は電気信号を光信号に、光信号を電気信号に変換するEO-OE変換器(回路)が必要になります。 一方利点は、光信号はケーブルが受ける電気的なノイズに関しては無関係になりますから、ノイズ環境の悪い所では効果を発揮します。
 因って、使用環境が外来ノイズの多い所ではOptical、問題なければCoaxialのような使い分けが出来ます。ただCoaxial;同軸ケーブルの中にも外来ノイズに対して配慮した特性インピーダンス(Zo)=75Ωのケーブルも販売されていますので、OE-EO変換回路を使用したくなければ、この様な製品を使用することも可能です。例えば参考URLで販売している4C-XEW同軸ケーブルが該当します。

2、Zo=75Ω同軸ケーブル
 TV、ビデオ等の画像を扱う信号はZo=75Ωの同軸ケーブルと決まっていますので、身近にある画像用ケーブルはZo=75Ωと考えて間違えありません。JIS規格では例えば”3C-2V や S-5C-FV”と言う表示の”C"がZo=75Ωを示しています。”TVECX”等もTV用ということでZ0=75Ωです。
 AV機器周りではRCAコネクタが付いていますので、混乱を招きますが、先の回答にも有りますように、ビデオ用は黄色の表示が一般的ですので、これを使用ればZo=75Ωと成っているでしょう。アナログオーディオ用に販売されているRCAケーブルの多くは特性インピーダンスを75Ωに成るように設計されていないものが多くあります。その理由は音声帯域の20Hz~20kHzのような低周波ではケーブルの特性インピーダンスは大きく変動する為にインピーダンスマッチングと言う考え方が無い、出来ない、する必要が無い世界だからです。この当たりの事を詳しくお知りに成りたければ、これも参考URLに記載があります。御参考まで。

MIFUNEBASI さま

 主として補足の質問に付いて解答します。
1、OpticalとCoaxialの違い
 Opticalとは光ファイバーコードを利用して機器間の接続をするものですが、この欠点は電気信号を光信号に、光信号を電気信号に変換するEO-OE変換器(回路)が必要になります。 一方利点は、光信号はケーブルが受ける電気的なノイズに関しては無関係になりますから、ノイズ環境の悪い所では効果を発揮します。
 因って、使用環境が外来ノイズの多い所ではOptical、問題なければCoaxialのような使い分けが出来ま...続きを読む

Q「消費電力」と「消費電流」について

電気機器で「消費電力(W)」もしくは「消費電流(A)」といった
表記がありますが、
(消費電力W)=(電圧V)×(消費電流A)
の式にあてはまるのでしょうか?

例えば100V電源で使用する機器の「消費電力(W)」が300Wなら、
「消費電流(A)」は3Aということになるのでしょうか?

また上記の場合、-48V電源なら「消費電流(A)」は
どの様に計算するのでしょうか?

お分かりになられる方がいらっしゃいましたら、
何卒よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

交流の消費電力は
P=VIcosθ
です。

θはVを基準としたIの遅れです。このcosθは力率と言われるものです。
VIは皮相電力で単位はVA(ボルトアンペア)です。VIcosθは有効電力、VIsinθは無効電力です。単位はともに、W(ワット)です。

コンデンサーに交流を流すと、電流の位相は電圧Vよりπ/2遅れるので、θ=π/2ですからcosθ=cos(π/2)=0となり、電力は消費されません。

インダクタンス(コイル)に交流を流すと、電流はπ/2進むので、θ=ーπ/2ですから、矢張り、電力は消費されません。

抵抗だけの時はθ=0ですので、cosθ=1となり、消費電力はP=VIとなりません。

一般に、電器機器には抵抗、コンデンサー、コイルが複雑に絡んでいますので、cosθ=1ではありません。
したがって、交流の場合、消費電力は
P=VI
とはなりません。
以上。

Q定格8Ωのアンプに4Ωのスピーカーを繋いでも問題ないですか?

最近になって初めてAVアンプを購入しました、しかしながらまだわからないことが多いのでお願いします。
JBLのCONTROL1Xの購入を考えています、しかしながら商品情報をえているうちに「4Ωなので注意してください」といった注意書きを見かけるので、今使っているアンプでは鳴らすことができないのかなと思ったりしてます、若干の音の劣化などはまったく気にしないんですが・・・
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

使えないわけでは無いのですが....

1)倍の電流が流れます。
  フルパワーにするとアンプの保護回路が動作することや
  トランジスタが壊れる事があります。
  常にボリュームを小さくして使うなら、普通は問題ありません

2)ダンピングファクターが悪化します。
  8Ωでdf=100なら、4Ωではdf=50になります。
  これは、制動係数と呼ばれているもので、
  振動板を振動させて、次に、それを(次の音に合わせて)
  振動を止める時の止める能力を示すものです。

  トランジスタ(FET)アンプで100ぐらい、
  真空管アンプでも10ぐらいの数値があり、
  これが10を割ると、しまりの無い音になってしまいます。

3)スピーカーの直列、抵抗の挿入はお勧めしません。
  やはり、ダンピングファクターを悪化させるからです。
  4オーム抵抗を入れると、df=2まで悪化します。
  スピーカーだと共振もあるので、1までいく
  周波数も出てしまい、音に色がついたようになります。
  (LR一組のスピーカーを片側に直列に2つともつないで見ると
   すぐに体感できます)

4)control-1は本当に4Ωか?
  スピーカーのインピーダンスには周波数特性があり、これは
  本当に4Ωまで落ちる周波数があります。
  でも、他社のスピーカー(ここのはフルパワー出すと
  アンプが壊れるので有名)で、8Ω表示でも
  4Ω近くまで落ちるものもありますから
  そんなに心配は要らないかもしれません。

5)問題は、なぜAVアンプが8Ωで表示しているかです。
  というのは、普通のアンプはスピーカーインピーダンスが低い方が
  出力が出るのです。
  もちろん高出力のほうが売りやすくなります。

  このため、8Ωで素直に表示しているものは少なく、
  8Ω30w、4Ω50w みたいな表示をしているものも
  みかけます。
  で、8Ωでしか定格が記載されていないとすると、
  やはり、余力が無いと考えるのが妥当でしょう。
  ボリュームを大きくした時に、保護がちゃんと動作してくれれば
  良いのですが、
  電源が飛んだり、パワートランジスタ(FET)が飛んだりすると
  厄介です。

というわけで、あまりお勧めはしませんが、小さな音(といっても
家庭用では充分)なら問題なく使えます。

なお、このスピーカー、出荷時にはエージングが充分になされていません。
購入後、10時間ぐらい音を出すと
そこから音質が向上するはずです。

使えないわけでは無いのですが....

1)倍の電流が流れます。
  フルパワーにするとアンプの保護回路が動作することや
  トランジスタが壊れる事があります。
  常にボリュームを小さくして使うなら、普通は問題ありません

2)ダンピングファクターが悪化します。
  8Ωでdf=100なら、4Ωではdf=50になります。
  これは、制動係数と呼ばれているもので、
  振動板を振動させて、次に、それを(次の音に合わせて)
  振動を止める時の止める能力を示すものです。

  ...続きを読む

Qアダプターはアンペアが違うとどうなるのでしょうか

どなたか教えてください!
電子オルガンを買いましたが、
別売オプション品のアダプタは、出力9Vの850ミリアンペアです。
高いのでまだ買っていませんが、
この機器に私の手持ちの出力9Vの500ミリアンペアのアダプターが使えるかどうか教えてください。

一応音は鳴るのですが、このまま使い続けていいか支障がないか...
気になるのです。。。

教えてください!!

Aベストアンサー

>別売オプション品のアダプタは、出力9Vの850ミリアンペアです。
この指定されたACアダプターの特性がどんな物かによると思います。数値で書いてしまうと「電圧9V/電流850mA」で同じになりますが、電圧は無負荷電圧と定格負荷電圧/電流では最大電流と定格電流が有ります。
------------- 説明 ---------------------
無負荷 電圧:負荷を繋がない/電流が小さい時のアダプター出力電圧。
定格負荷電圧:規定の電流を流した時のアダプター出力電圧。
 最大 電流:そのアダプターが流せる最大値。
 定格 電流:設計上の電流値。
無負荷電圧と定格負荷電圧の差が殆ど無い物と、無負荷15V/定格時7Vへと変動する物。表示が定格電流850mAでも実際には瞬間的に1.5A迄流せる物、あるいは表示電流+αで保護の為アダプターが故障する様にして有る物など種類は色々あります。
よって使用される本体機器により目的に合ったACアダプターが指定されています。
----------------------------------------

指定されているACアダプターは電子オルガン用なのでスピーカーの音量で流れる電流値が大幅に変化する事が考えられます。また乾電池6本/9Vで使用出来る物であればACアダプターの電圧は7~9V迄変動しても良い事になりそうです。また乾電池が4本/6Vで動作する場合は4.8V~9Vと想像されます、しかし4.8Vと15Vでは3倍もの開きが有りますので無負荷電圧が高い物は問題が有りそうです(7Vでも15Vだと2倍の開きが有る)。
さぁ困りました。指定されたACアダプターの設計基準はどうなのでしょう、予想しても確実な答えが出てきませんね。

hiyoko_hanaさんが使われている
>手持ちの出力9Vの500ミリアンペアのアダプター
     ........はどのタイプでしょう?

また、ACアダプターが保護故障した場合どんな壊れ方/切り方をするのでしょうか、この保護の仕方によっては電子オルガン本体も一緒に壊れてしまう事も考えられます。

たかがACアダプター1つですが表示されている電圧/電流だけでは分からない事が有ります。その為メーカーでは使用するACアダプターなどのアクセサリーは自社製品の中から指定しており、それ以外の物を使用した場合には動作/安全を保障をしていないのです。

私が扱った故障では「電話器の子機充電器に電圧が同じ他の物を使って子機のキャビネットが熱で溶けた」、「電圧/電流値が同じ物をビデオカメラに使用してカメラ内部の充電回路他を焼損させた」などの事例も有ります。


【結 論】
ACアダプターは指定された物を使いましょう。
汎用のACアダプターは同一メーカーの機器の、指定された機種/カテゴリーの品種に使い、少しでも疑問に思ったら使用/購入前にメーカーに確認を取る事をお勧めします。

>別売オプション品のアダプタは、出力9Vの850ミリアンペアです。
この指定されたACアダプターの特性がどんな物かによると思います。数値で書いてしまうと「電圧9V/電流850mA」で同じになりますが、電圧は無負荷電圧と定格負荷電圧/電流では最大電流と定格電流が有ります。
------------- 説明 ---------------------
無負荷 電圧:負荷を繋がない/電流が小さい時のアダプター出力電圧。
定格負荷電圧:規定の電流を流した時のアダプター出力電圧。
 最大 電流:そのアダプターが流せる最大値。
...続きを読む


人気Q&Aランキング