【お知らせ】まとめて検索などの提供終了

ジェーン・オースティンの「Pride and Prejudice」を読みたいのですが、英語では読めません。
岩波・河出・ちくま・新潮などが文庫を出版していますが、誰の訳が良いでしょうか?

ちなみに英語ではありませんが、「カラマーゾフの兄弟」は、原卓也(新潮)と米川正夫(岩波)と亀山 郁夫(光文社)と買って読みましたが、新訳よりも古い時代に翻訳されたものの方が自分には面白く感じられました。

A 回答 (1件)

Amazonのレビューで中野好夫訳が良いと書いてあったので


中野さんの訳で読みました。
とても面白かったですよ。
ちなみに、中野さんの訳だと、タイトルは「自負と偏見」と訳されています。

http://www.amazon.co.jp/%E8%87%AA%E8%B2%A0%E3%81 …

参考URL:http://www.shinchosha.co.jp/book/213103/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。
さっそく購入して読んでみたいと思います。

お礼日時:2010/11/29 19:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング