歯ブラシ選びの大事なポイントとは?

・写真屋はたくさんありますが、店によって出来具合に違いはあるのでしょうか?
・一眼レフのフィルムを現像してプリントするのに、一番出来上がりが良い方法はどうしたら良いのでしょうか?
・モノクロとカラーとでのプリント方法に違いはあるのでしょうか?
・デジカメとフィルムでは、1枚あたりのプリントコストはどのくらい違うのでしょうか?
・Canonの5Dの写真が好きなのですが、このカメラに匹敵するフィルムカメラを知っていたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

>ということは、アナログプリントと指定しないと、フィルムカメラの味が殺され


>てしまうということですか?
>何も言わずに写真屋にフィルムを預けると、フィルムをスキャンし、一旦デジタ
>ルデータにした後、紙に印刷する方法を取られるということですね?

その通りです。
もう10年以上前でしょうか。
インデックスプリントという、小さい写真がたくさん並んだ写真が付いてくるようになった頃、
あのときからデジタル化されていたみたいですね。
おかげで早く便利になったというのはあるんですが、どうしても失われてしまった良さもありますね。
アナログプリント機は、オペレータ(写真屋さん)の腕や経験もそれなりに必要とするようで、
デジタル化で品質が安定したというメリットもあるようです。

今でもアナログプリントに拘っている店は、写真やさんもそれなりにテクニックがある方ばかりですので、その点は問題ありません。
それ以上に、どういった仕上がりがいいか、希望を伝えると、なるべくそうなるように焼いてくれたりもします。
ぜひ一度試してみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

写真は、とても面白いですね。
アナログの味を出す為に、現像するお店も選ばないといけないのがまた面倒ですが、その苦労を乗り越えて感動できる写真ができれば嬉しいでしょうね!

お礼日時:2011/03/20 18:47

>・Canonの5Dの写真が好きなのですが、このカメラに匹敵するフィルムカメラを知っていたら教えてください。


「5D」というのが「EOS 5D」というのは知っていますか?
この「EOS」というのはキヤノンのカメラの名称。元々はフィルムカメラでEOS 1シリーズ、EOS Kissシリーズ、EOS 3、EOS 55、EOS 7/7sなどいろいろあります。詳しく知りたければWikipediaとかキヤノンカメラミュージアムを調べてみましょう。

で、EOSシステムを利用出来るデジタルカメラがEOS 5Dなどの「EOS Digital」なのです。
※ちなみに「EOS 7s」はデジタル一眼の「EOS 10D」で採用された技術を導入して作られた(今のところ)最後のフィルムEOSです。


だから
>このカメラに匹敵するフィルムカメラ
という言い方は厳密には「間違い」。
「フィルムに匹敵するデジタル一眼」のほうが正しいでしょう。更に言えばネガフィルムかポジフィルムかによっても比較基準は変わってきます。


まぁ、なんといか、デジタル世代らしい疑問ですね(^^;
今のデジタル機器の原型は全て昔のアナログ機器です。興味が湧いたら調べてみるといいでしょう。

この回答への補足

なるほど、順序が逆転していました!

何かとインターネットだと、 デジカメの作例を見る機会が多くて、EOS 5Dの写真はすごいなあと思っていたのです。
そこで、今フィルムカメラに興味があったので、EOS 5Dと同等の能力がある銀塩カメラは何かなぁと思いました。

補足日時:2010/12/05 00:13
    • good
    • 0

>一眼レフのフィルムを現像してプリントするのに、一番出来上がりが良い方法はどうしたら良いのでしょうか?



アナログプリント
で検索して、そのお店に出してみてください。

>デジカメとフィルムでは、1枚あたりのプリントコストはどのくらい違うのでしょうか?

それぞれ、どのレベルのものを比較するかで全く変わってきますが、
最近は概ね銀塩プリントの方が高く付きますね。

>Canonの5Dの写真が好きなのですが、このカメラに匹敵するフィルムカメラを知っていたら教えてください。

EOS 5Dの写真のどういったところがお好きなのか、具体的な説明がないのではかりかねますが、
CMOSセンサと画像処理の味付け部分でしたら、銀塩写真ではすべてフィルムに依存する部分ですので、
フィルムの選択次第と言うことになりますね。
フィルムによって色合いなんかも大きく変わってきますので、それがまた銀塩カメラの楽しみでもあります。
まだフジもコダックも良質なリバーサルフィルムを製造していますので、いろいろ作例や特徴などをご覧になり、お使いになってみるとよいかと思います。

レンズについては、Canonレンズは特に特筆的な性能のものはありませんので(こういってしまうとCanon信者さまにまた怒られそうですが、、)むしろゼロからご自分の好みのレンズやフィルムをお探しになった方が良いでしょう。
最近ではフィルムカメラの頃のレンズは中古価格が下がっており、ある意味この時期に銀塩写真に興味をお持ちなのはラッキーなことかも知れません。

この回答への補足

ありがとうございます。

ということは、アナログプリントと指定しないと、フィルムカメラの味が殺されてしまうということですか?
何も言わずに写真屋にフィルムを預けると、フィルムをスキャンし、一旦デジタルデータにした後、紙に印刷する方法を取られるということですね?

補足日時:2010/12/05 00:10
    • good
    • 0

>・写真屋はたくさんありますが、店によって出来具合に違いはあるのでしょうか?


きっとあります。

リバーサルフィルムならプロラボでしょうか、
プロラボがお近くにあるならばそれも良いでしょうけど・・・

リバーサルフィルムはほとんどの人は写真店を窓口にして現像、プリントを依頼します。

リバーサル、ネガフィルム、モノクロ、デジタルにしても写真を趣味とする人が集まる熱心な写真店をすることをお勧めします。
ラボ(現像所)もそう言った写真店からの仕事には緊張感が違うでしょう。

写真を趣味とする人が集まる熱心な写真店は写真店の親父が腰の低い先生です。
そのような店は一般的な写真店、プリント店とは良く見ると雰囲気が違います。
・お客の作品を展示している。
・写真雑誌が置いている。
・コンテストの応募用紙整理されている。
・リバーサルフィルムを在庫している。
・それらしい客がいる。

チェーン店でも店長のしだいでそのような店があります。

pinokillo さんの生活圏内にそのようなお店があると良いですね。

プロラボや地元の現像所にそのような写真店を紹介してもらっても良いかも知れませんね。

他の質問は他の回答者にお任せします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。写真を趣味とする人が集まる写真店、あればいいです。
仲間もできるといいです。

お礼日時:2010/12/05 00:06

■フィルムを現像してプリントするのに、一番出来上がりが良い方法


まず、カメラ店などで現像を依頼する必要があります。副業で現像を扱う安いところ、酷いところもあります。依頼の際、フイルムメーカの現像所で処理してもらいます。処理は互換性があるのですが、色などに多少の違いが出ることはよくあります。
プリントは、最初は同時プリントでも良いですが、良い仕上がりにしたいときは細かく指定した方がよいです。ネガの場合、プリント時に色補正をします。その補正情報は裏に書いてあることが多いので、丁度良いものがあれば色見本として添付するのも一つの方法です。それに、赤を強く/弱く、という感じで注文を付ければ良いと思います。可能な範囲で対応してくれると思います。プロラボと呼ばれるところでは技術もあるので色々と注文に応じてくれますが、希望を正確に伝える必要がありますね。

■デジカメとフィルムのコストの違い
私は単純にフイルム+現像料の違い、と思っています。プリントは、L判などをカメラ店等に依頼するなら、どちらも大差ないです。
ただ、大判になるとデジタルの方が安い事が多いです。特に自分でプリントするなら、色の補正その他、細かく調整してプリントし、修正を繰り返せます。フイルムでこれを行うのは大変ですね。何枚もプリントを依頼しなくてはなりませんから。



■このカメラに匹敵するフィルムカメラ
光学的な性能であれば、同じレンズが使えるEOSは十分な性能を持っていると思います。
ただ、フイルムによってはものすごい差が出ます。ネガの高感度、ISO800や1600では解像度も低く、色もきれいに出てくれません。低感度のフイルムは色も豊かです。また、リバーサルフィルムは露出などで難しさはありますが、これも低感度のフイルムで適正に撮れば非常に美しいです。特性の違いを意識して撮ればデジタルとはまた違った表現もしやすいです。

この回答への補足

ありがとうございました。

■デジカメとフィルムのコストの違い

ちなみに、プリントする際はどれくらいの大きさにしていますか?
日本の通常のサイズは、結構小さいですよね?

補足日時:2010/12/05 00:04
    • good
    • 0

>写真屋はたくさんありますが、店によって出来具合に違いはあるのでしょうか?


可也違いますね。

同じフロティアでも、メンテや初期設定、オペレーターの差は大きいです。

>一眼レフのフィルムを現像してプリントするのに、一番出来上がりが良い方法はどうしたら良いのでしょうか?

そりゃ、プロラボのアナログプリントがベストでしょう。
要は、求めるクオリティー次第ですね。

>モノクロとカラーとでのプリント方法に違いはあるのでしょうか?

プロラボだとモノクロ印画紙を使います。モノクロ印画紙にもバライタ紙とRCペーパーがあり、黒の締りでは、バライタ紙が優れていますが、水洗処理に時間を要します。
街のDPE店(ミニラボ)では、フィルムをスキャンしデジタル化した情報から、カラー用のRCペーパーを用いて、焼付け現像処理します。

>デジカメとフィルムでは、1枚あたりのプリントコストはどのくらい違うのでしょうか?

ピンきりです。矢張り品質と値段は正比例するとお考え下さい。

>Canonの5Dの写真が好きなのですが、このカメラに匹敵するフィルムカメラを知っていたら教えてください。

銀塩EOS系の最終型、EOS7sかEOS7ですね。
銀塩カメラは、一部の旗機を除き、捨て値状況ですからお買い得ですね。
まぁ、その分、銀塩の環境は厳しいですが・・・

この回答への補足

銀塩の環境は厳しいのですか?
どう厳しいのでしょう。
とても魅力的なのに、今後どうなってしまうのでしょうか?

補足日時:2010/11/28 21:50
    • good
    • 0

1.違います


2.プロラボに頼む事です
http://www.kk-protech.jp/protech/index.html
3.現像の方法が違います
4.サービスサイズでネット注文ならデジカメプリントが安いです、1円なんてのも有りますから
http://www.google.co.jp/search?num=50&lr=lang_ja …
5.写るんです、他沢山

この回答への補足

同じように、デジカメで撮影したデータのプリントと、フィルムの現像方法も違うと思います。
せっかくフィルムを出しても、デジタルの方法でプリントされてしまうということもあるのでしょうか?
それを防ぐ為に、プロラボに頼むのでしょうか?

写るんですは、そんなに良い写真撮れませんよね・・?

補足日時:2010/11/27 21:27
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自分でフィルムを現像する方法

35mmのフィルムで撮った写真を自分で現像・プリントしたいと考えているのですが、薬品や機材はいくらぐらいするのでしょうか。また、暗室を作るのにはどうしたらよいのでしょうか、教えてください。

Aベストアンサー

最低限必要なのは、
1.フィルム現像
フィルムピッカー:パトローネ(フィルムのケース部)に入ってしまったフィルムを取り出す道具 1300円程度

現像タンク:フィルムを現像するときに使うタンクで通常は丸型、中でフィルム同士が引っ付かないようにするための方法によって
中身が違う。はじめはフィルム式が楽だが片溝式が慣れると楽かも。3000から4000円

各種薬品:現像液、停止液、定着液が必要。いろいろ在りますが、まあ1袋数百円程度です。現像液の交換頻度が一番高い。
いざとなれば停止液は要りません。

保存タンク:薬品を保存するためのタンクです。専用のものがよさそうです。これも数百円程度、停止液は使い捨てなので、フィルム用に2つ在ればよいです。

計量カップ:得に専用のものでなくても、料理用などで十分です。ただし2Lまで量れるものが便利。薬品は粉末や濃縮状態のもの
が多いので、これで薄めます。これは1000円しないとです。

温度計:上記の薬品はお湯で溶かすことが多い上に、薬品の温度で現像などの時間が異なるため必須です。
100度まで計れるものであればなんでもいいです。

漏斗:これも何でもいいです。薬品をタンクに戻すときに使うだけ。いざとなればなくてもよいです。

ダークバック:これも暗室があれば不要です。明るいところで作業するためのもので、首の穴がない長袖シャツみたいなものです。

フィルムであればこれぐらいあればよいかと。


プリント
印画紙:これは必須です。必要に応じて購入してください。数千円単位ですが全紙サイズになると結構高いです。
表面にコーティングのないバライタ紙、コーティングありのRC紙があります。通常はRC紙でよいかと。

バット:薬品を入れてこれに印画紙を漬けます。現像、停止、定着、水洗の4つがあるといいです。

引き伸ばし機:スライド映写機のように。フィルムの画像を印画紙に焼き付けるものです。値段はばらばらで安くても3万円程度
はします。レンズとタイマーは別売りなのでさらに各1万円はプラスになります。
引き伸ばせるサイズとカラーへの対応で値段が異なります。高いものは数十万円しますね。

イーゼルマスク印画紙を綺麗に平面に固定するためのものです。相場は3000円前後でしょう

ピンセット:薬品に触れずにやるにはこれが必要。竹のものとプラスチックのものが在ります。数百円程度ですね。薬品が混ざら
ないように薬品ごとに用意してやるのが普通です。

各種薬品&ポリビン:フィルムとは薬品が違うので、プリント用に用意してやる必要があります。値段は大体同じです。停止液は同じです。

フォーカスルーペ:熟達した人には不要ですが、普通は必要です。引き伸ばしの際、ピントがちゃんと合っているか確認するため
のものです。安いやつで十分なので2千円程度です。

セーフライト:テレビとかのシーンに出てくる赤いやつです。モノクロの印画紙は赤色に反応しないので、これを使って作業します。
ないと暗くて難しいです。フィルムはしっかり赤色にも反応するのでフィルム現像のとき使うとフィルムが死にます。3000円程度です。

まあ、おそらくこのぐらいだと思います。

ただ、ここで述べているのはすべて「白黒フィルム」の現像とプリントの話です。

カラーは、それぞれの値段が高い上に、温度管理などが厳密なので非常に難しいです。素直にお店に出しましょう。

暗室ですが、一番よいのは風呂場ですね。光を遮断しやすい上に現像時に大量に必要な水が確保しやすいですから。

水洗のみ外でやるのであれば押入れでもいけます。
必要なのは、光を遮断すること、水があること、電気が使えることです。
ただし、現像液とかのにおいはかなりきついので、密閉すると危ないです。

最低限必要なのは、
1.フィルム現像
フィルムピッカー:パトローネ(フィルムのケース部)に入ってしまったフィルムを取り出す道具 1300円程度

現像タンク:フィルムを現像するときに使うタンクで通常は丸型、中でフィルム同士が引っ付かないようにするための方法によって
中身が違う。はじめはフィルム式が楽だが片溝式が慣れると楽かも。3000から4000円

各種薬品:現像液、停止液、定着液が必要。いろいろ在りますが、まあ1袋数百円程度です。現像液の交換頻度が一番高い。
いざとなれば停止液は要り...続きを読む

Q別のお店で現像した時の色の違い。

写真初心者です。
写真屋さんでフィルムを現像してもらう時、同じネガからプリントしてもらった写真でも各お店によって色が違いました。
それはネガからプリントする時の微妙な調整によって変わってきているのだと思うのですが、ネガのみを現像してもらう場合でも各お店によってネガの質が変わってしまうのでしょうか?

アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして、kuribou2002さま。
私は写真屋を経営してます。まず、同じネガからプリントをしてお店によって色が違うということですが、同じお店にお出しになられても同時プリントと焼き増しと色、濃度が違うことがあります。これはまずプリントされるオペレーターの方によって変わります。一般の方は多分、ミニラボという店頭の機械で焼いているのでコピーと同じ誰が焼いても同じ仕上がりになるとお思いになられてる方がほとんどと思います。が、実は味覚と同じで甘いのが好きな人も
いれば辛いのが好きな人もいますよね。これと同じく、
写真の色合いも十人十色なんです。もちろんkuribou2002さんのお好みの色合いもあると思います。あと機械のコンディションによっても変わります。写真をパッとみて同じ色に上がってても裏のデーターは違う場合があります。
もし同時プリントの色がきれいで同じ色合いで仕上げてほしい場合は必ずそのお写真を色見本として一緒にお出し下さい。それからよくある¥0プリント等極端に安いお店は
調整なしでプリントする場合があり調整する場合別途料金
がかかるお店もあります。お気に召すまで遠慮せず再プリントを依頼されていいですよ。いいお店を見つけたらしばらくその同じお店に出しお店の方とお馴染みになって下さいある程度行くとこちらの色の好みを覚えてくれて黙って出しても好みの色合いで仕上げてくれます。それから再プリントを依頼される場合は必ず先ほどお話しました色見本と色が悪かった写真を忘れずお持ち下さい。無料で再プリントしてくれるはずです。色が悪かった写真はロスになるので基本的にお返しできませんがお店によってはとくにお馴染みさんの場合返してくれる場合もあります。
最後にネガの現像自体の質ですが、どこへ出しても同じですが先ほど申しました極端に安いお店は輸入物の安い薬品を使ってたりするので質が落ちる場合もあります。

はじめまして、kuribou2002さま。
私は写真屋を経営してます。まず、同じネガからプリントをしてお店によって色が違うということですが、同じお店にお出しになられても同時プリントと焼き増しと色、濃度が違うことがあります。これはまずプリントされるオペレーターの方によって変わります。一般の方は多分、ミニラボという店頭の機械で焼いているのでコピーと同じ誰が焼いても同じ仕上がりになるとお思いになられてる方がほとんどと思います。が、実は味覚と同じで甘いのが好きな人も
いれば辛いのが好きな人も...続きを読む

Qフィルムが巻き戻ってしまいましたー(T_T)

今日は。いつもお世話になっております。
タイトルの巻き戻るという言葉は、ちょっと違うような気がするんですが、
ロモカメラにフィルムをいれたら、随分久しぶりなので、セットの仕方に
失敗してしまい、フィルムが、全部撮り終ったときのようなかんじに
なりました。
まだ使ってないのに、入っちゃったんです。これって、もうどうしようも
ないですかー?回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No1の回答への補足ですが、スピード仕上げをしている写真店なら確実なはずです。

なぜなら現像機にセットする時に、フィルムの先を出す必要があるからです。大昔にカメラ店でバイトしていたときは、日曜の夕方の仕事は、フィルムのベロ出しでした。

同様の失敗を何回かしたので、フイルムピッカーを買ったのですが、買うとなぜかこういう失敗をしないんですよね(笑)


人気Q&Aランキング