『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

学校でバンドを組んでます!
オリジナルや、耳コピや、アレンジ等でレパートリーを増やしています。
自分はキーボード担当です。

演奏を録音して、あとで聴きたい。
(この場合は一発録りが考えられますが)
一発録り自体・・皆さんはどのようにしているのでしょうか(ライブハウスやスタジオではないし)

きちんとパートごとに録音してあとで聴けたり、楽曲自体を録音媒体に残したい。

自分はキーボードなので・・
リズムマシンもあります。

自分自身で多重録音での曲作りをしたい・・というのも少しあります!

上記のことから・・やはりMTRを購入・・が良いと考えましたが、どうでしょうか?
他に「このやり方でもOK」みたいなものもありますか?

また・・MTRの場合、CDに焼けるものが結構ありますよね?
これだと・・そのままそのCDを聴けるので便利かな・・とも思っています。

友達に聴かせたりもできるし・・。

でもCDに録音できるMTRって少ない気がしました(色々ネットで見たのですが)

MTR自体を使う方にとってCD録音ができるものを必要とするかたはどんな方なのかナァ・・と。

自分のいまの条件(上記の希望)からCD付きのほうが必要でしょうか?
CDなしのMTRで・・あとでCDに焼きたい場合は2度手間のような気もします(学生バンドですので)

機材もほかに必要な気がするし・・というところから
CD付きのを考えてしまっています。(安易かもしれませんが)

このような状況でお勧めのMTRは何かありますでしょうか?
自分の中では(友達から聞いたのですが)

BOSSから出ている「BR900-CD」などが良い?などとも思っています。

なんだか色々書いてしまってすみません!

是非アドバイスなど・・いろいろ教えてください!
よろしくお願いいたします!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

先にも書いた通り、私はMTRを使っている訳ではないので、これまた適当なことをグダグダ並べるだけですが...



>> ドラムス・ギター・キーボード・ベース・(サックス) //

ドラムセットは生ですか? それともエレドラ(あるいはリズムマシン)でしょうか?

エレドラ(など)だとステレオのライン出力があるでしょうから、これで2ch分必要ですが、マイク入力は不要。

対して、生ドラムだと、マイクの配置は、バスドラムに1本、スネアに1本、トムに3本、ハイハットに1本、オーバーヘッド1本で7~8本欲しいところ、最低でもステレオで録りたいところです。

さらに、サックスも録るのであれば、これでマイクが1本。もし、ギターがアコギなのであればプラス1本。ベースもウッドベースだとさらにプラス1本、したがって、マイク入力が都合3~4は必須、できれば8、ということになります。

ギターやベースがエレキなら、マイク入力の数は増えませんが(ギターアンプの音をマイクで拾うなら増える)、Inst入力(Hi-Z入力)が必要(DIを通すか、エフェクタやアンプにライン出力があれば不要)です。

これにキーボード(シンセ)がステレオ=2ch分加わって、同時録音数は最低でも8(うちHi-Z入力が2、マイク入力が4)ということになるので、5万円以下の機種はほぼ除外されるでしょう。おそらく、この価格帯で8TR以上同時録音できるのは、KORG D888とZOOM R16だけだと思います。

しかし、D888にはHi-Z入力がないのが難点です。ZOOM R16なら、最大16TRまで同時録音できて、8マイク入力(うち1つがHi-Zに切り替え可)ですが、いずれもCD作成機能はありません。

>> キーボード自体に「リズム」「エフェクト」など付いているので・・ //

その「リズム」というのは、ドラムセットやリズムマシンの代わりに使える、ということですか? 使えるのであれば、まずそれでドラムトラックを録音して、次にキーボードを「キーボードとして」録音すれば良いとは思いますが...

「エフェクト」に関しても、ギターなどの外部入力に対して掛けられるのか、やや不安です。

>> CDにそのまま録音ができる //

おそらく、ないでしょう。そもそも、「CDでマルチトラック」ということ自体が不可能だからです。MTRでCDレコーダーが内蔵されているのは、あくまで、ミックスダウンしたステレオトラックを書き出せるというだけで、「MTRの記録媒体として」使えるものは、ないのではないでしょうか。

日頃、興味を持って見ている訳ではないので、MTRのことを十分に知っている訳ではありませんが、8TR以上同時録音できて、しかもCD制作機能まで付いたMTRというのは、ちょっと記憶にありません。

しかし、同時に録音したい音源が4~8はあるようなので、まず同時録音数の条件を満たすものから選ばざるを得ません。そして、マイクも4本以上同時に使うことになるので、この条件を付けた時点で、上記の2機種くらいしか選択の余地がないと思います(予算無制限、サイズ・重量も気にしない、というのでない限り)。

したがって、ギターやベースがエレキなのであれば、どこかでラインレベルに変換する必要があるでしょう。また、CD作成機能は諦めざるを得ないと思うので、これは家に帰ってからPCで、ということになるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変細かく教えて頂き有難うございました!
結局仲間が・・PCに強くそのソフトでできる事になりました!
貴重なアドバイス本当に有難うございますと共に、
御礼が大変送れた事・・申し訳ありませんでした!!

お礼日時:2010/12/29 12:29

私自身はバンドを録音することがないので、参考程度に読んで下さい。



まず、MTRを購入する場合、(1)何種類の音を同時に録音したいのか、(2)何種類の音を別々に残しておきたいのか、そして、(3)他にどのような機能が欲しいのか、が重要です。

(1)は、MTRでは「同時録音数」という項目で示されています。低価格機では2トラック(TR)が一般的で、上級機種になると4TR、8TR、16TRと増えていきます。たとえば、ギター1本、ベース1本、シンセ1台、ボーカル2人を同時に録ろうと思ったら、6TR以上同時に録音できる機種でなければなりません。

また、マイクの数が増えてくると、マイク入力の数が問題になってくるケースもあります。上級機種では4~8つのマイク入力があったりしますが、低価格機では1~2つしかないことが少なくありません。ドラムセット(エレドラではなく)を使うと、それだけでマイクを3~5本くらいは使うので、機種が絞られてきます。

(2)は、そのMTRが扱える最大トラック数です。たとえばBR-900CDだと8TRなので、残しておける音の種類は8つまで、ということになります。

たいていの場合、バウンス機能を使って、複数のトラックを1トラックにまとめることができますが、この場合、あとから調整することができません。たとえばドラムセットを1TRにまとめた場合、あとから「ハイハットだけ大きくしたい」ということはできなくなります。

(3)は、たとえば内蔵エフェクトであったり、CD作成機能であったり、というものです。

DAWは、このようなMTRの他に、エフェクタ、サンプラー、音源装置、波形編集機能、ミキサーなど、スタジオをそのままパソコン上に再現しようというソフトです(もっとも、ソフトによって個性があります)。使いこなせれば、手軽に様々な機能を手に入れられますが、その分かなり複雑なソフトなので、パソコンがかなり高性能でないと満足に動かなかったり、操作を覚えるのが大変だったりします。

DAWだけではダメで、パソコンに業務用マイクやギターなどを接続するために、オーディオインターフェイスが必要です(2万円前後のオーディオI/Fを買えばDAWの機能限定版がオマケで付いてきますが、機能面で足りるかどうかは、やりたいこととの関係を見ないと、何とも言えません)。このオーディオI/Fについても、MTRに関して(1)で書いたことがそのまま当てはまります。マイク入力はいくつ必要か、同時に何チャンネル録音したいのか、ということです。これも、高機能なものを求めると最低でも5万円前後はしてくるので、お手軽とは言えません(操作もけっこう複雑です)。

個人的には、複雑怪奇なDAWに悪戦苦闘するよりは、MTRの方が覚えることが少なくて良いと思います(しかも持ち運びが楽なので、家でも、スタジオでも、学校でも、使いたいときにすぐに使えるというメリットがあります)。

なお、ミキサーと一体型になったオーディオI/Fもありますが(例えばYAMAHAのMWシリーズやAUDIOGRAM、ALESISのMultimix USBシリーズ、BehringerのXENYX USBシリーズなど)、これは「マルチトラック録音はできません」から、注意が必要です。これらは、ミキサー部でミックスされたステレオ音声を、そのままPCに横流しするだけです。すなわち、後からそれぞれのパートを調整したりすることはできません。

要するに、冒頭に書いた(1)~(3)がもっとハッキリしないと、「これを買っておけば間違いない」というものは推薦しにくい、ということです。DAWにしても同じで、PCの性能や、どんな機能を求めるかによって変わってきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

細かく沢山書いていただき有難うございます~!

まず(1)(2)ですが・・。

ボーカルは無しです(自分だけの趣味で入れることもかるかもです)
そんなわけで・・

ドラムス・ギター・キーボード・ベース・(サックス)
こんな感じの編成で・・インスト物中心になります!
楽器数でいうと・・こんな感じですが・・。

トラックとしては・・最大でも8トラックくらいになると思いますが・・。
キーボード自体に「リズム」「エフェクト」など付いているので・・。
6トラックもあれば十分だと思います!

自分では「キーボードのみ」での多重録音をしたいので・・
1つのトラックで・・曲の部分ごとに音色を変えることもできるので
そんな感じになります。

(3)の欲しい機能としては・・。
ごく普通に・・ある程度あれば充分です!
ある程度・・の部分が皆さん違うとは思うのですが・・。

フェーザー・ディストーション・ディレイ・ワウあたりでしょうか?
絶対になくても良いです~!

一番のポイントは・・

簡単に操作ができる方が良い
そのまま録音したものを、友人にあげたいので・・CDで保存?が希望・・という感じです!

昔・・カセットの時代「4トラック」で
ピンポン録音などもして随分遊んだ事もありました!

その時は「キーボード」のみで演奏してPANを振ったり・・
バランスとったり・・。
リズムは・・リズムマシンで先に組んでおいたものを1トラックにいれ

その次は・・それに対しベースを入れました!
それをピンポンで1つにまとめ・・。

あとはバッキング系で「ピアノ」「ギター」などの音を入れて・・。
メロディを入れて・・。

メロに対してオブリガート的なものやハモリ系を入れたり・・。
ブラスの音でおかず的なものも入れたりしてました!

そんな感じです~!

ですので・・CDにそのまま録音ができるのが何気な魅力です!
またなにかありましたらよろしくお願いいたします!

沢山たくさん書いて頂き・・感謝しています~!

お礼日時:2010/12/10 00:15

もしご自分で自由に使えるPCがあるなら、オーディオインターフェース型のミキサー


AUDIO GRAMなんてのを買うと、DAWソフトがおまけでついてきます。

DAWなら録音後にもデータを改変できるので、多重録音には便利かと思います。
http://musictrack.jp/index.php?pid=report&id=aud …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

URL拝見しました!
やはり・・一番は「PC」を使用しない・・という方法でMTRを選びましたので・・。

ちょっと自分の希望とは違うかな~・・と。

でも凄い機材ですね~!感動しました!

アドバイス有難うございました!

お礼日時:2010/12/09 23:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング