オンキョースピーカーD500(IIではありません)のウーファーのエッジが破れました。
エンクロージャー、ツイーター、ネットワークはそのまま残して、
口径、電気的特性が最適なウーファーに交換することを希望しています。
それとも、フルレンジが良いでしょうか。
良い方法を教えてください。

特性:ウーファー18cm ツイーター2.5cm 6Ω 90dB/1W.1m クロスオーバー2.5KHz
    エンクロージャーW255 H449 D300 11.5Kg

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

nikayanさん



第一選択肢
 お金をかけないで対応する。ホームセンターまたは手芸屋さんで薄くて柔らかいセーム革を購入(数枚に分割して)し、スピーカーを下向きにしてコーンを重力で垂らして糊で接着、水平にするとセーム革が上手い具合にカーブ(凸状)がつくと思います。成功すれば、ゴムエッジより柔らかいので低音は、よく出ると思います。


第2選択肢
 張り替えに失敗したら、フルレンジ(ウーファーでも可)で前のネットワークをそのまま使用します。フルレンジは、D500と音圧を揃えてやる必要があると思います。

如何でしょうか。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

適切な回答ありがとうございます。第一選択肢をだめ元でトライします。

お礼日時:2010/12/08 22:00

>> フルレンジスピーカーでネットワークに繋がない方法 //



私も、No.1, 3の回答者のアドバイスと同旨です。張り替えの材料もある程度の価格はしますが、少しでもオリジナルに近い形で復元できる可能性に賭けて、チャレンジしてみるのも悪くないと思います。

フルレンジの場合、適当なドライバーを探すのが、これまた難儀です。問題になるのは、(1)エンクロージャーの容量に合ったドライバーがあるかどうか、(2)バスレフの共振周波数が合うかどうか、(3)サイズ・形状が合うかどうか、です。これらを全て満たすものは、なかなか見つけにくいと思います。

しかし、これらは結局のところ、ネットワークの設計があるかないかの違いくらいで、実質的にはウーファーを別のものに交換するのと変わりません。

突き板張りのエンクロージャーは、それだけで1台2~3万円は最低でもかかるので、確かに捨てるには惜しいと思います。フルレンジでも必要な労力はほとんど変わらないので、どうせ頑張るなら、エンクロージャーの加工(木工)までやる前提で、ちゃんとしたウーファーを付けてみたいですね。

いずれにせよ、無加工で取り付けようと思ったら、ウーファーを取り外して、ウーファーのサイズや形状を正確に図面に書き起こしたり、エンクロージャーのザグリ(落とし込み)や穴の大きさなどを採寸したりする必要があります(ドライバーのカタログに載っている図面のような形で)。また、バスレフポートも、形状、口径、長さなどを採寸する必要があります。

それが分からないと、無加工で取り付けられるドライバーが存在するのか、加工が必要だとしてどの程度必要なのか、判断できませんから、まずはそれが出発点ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

度重なるご丁寧な回答ありがとうございます。
最も手軽にできそうな方法で対処したいと思います。

お礼日時:2010/12/08 22:03

リコーン、リエッジでの対処が基本です。


「スピーカー 修理」で専門サイトが出て来ますのでお調べ下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます参考になりました。
自力での張り替えにだめ元で挑戦してみます。

お礼日時:2010/12/08 22:06

No.1です。



例えばエッジの張替えだと、値段としては以下のページが参考になるでしょう。
http://www.soundden.com/sp-harikae1.html

私だったらダメモトで張替にチャレンジしてみます。
フルレンジユニットですが、ツィーターは殺すのでしょうか?
全く別物のスピーカーになってしまいますよ。

オリジナルを極力活かすのであれば、エッジ張り替えか、同じスピーカーからユニットを拝借するしかありません。
フルレンジを入れるのは自由ですが、容量などフルレンジユニットがそのハコに合うという保証はないですし、そこまでして別物のまともに鳴る保証もないスピーカーにするくらいなら、同じスピーカーの程度のよいものに買い換えたほうが手っ取り早いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます参考になりました。
自力での張り替えにだめ元で挑戦してみます。

お礼日時:2010/12/08 22:05

現実的には、サラウンド(エッジ)が破れていないものを中古・オークション等で入手して取り替えるしかないでしょう。

それ以外の方法では、多かれ少なかれ、オリジナルとは異なる音になります。

同一品でのリプレイス以外だと、サラウンドの張り替えが考えられます。以前はセーム革しかありませんでしたが、今ならラバー(ゴム)製やウレタンの補修キットもあります。この場合も音は変わりますが、ドライバー(ユニット)を丸ごと別物に換えてしまうよりは、遥かにマシでしょう。なお、張り替える際は、左右とも一緒にやらないと、左右で音が変わってしまいます。

別物のドライバーに換えてしまうのは、オリジナルの音を維持したいのであれば、お勧めはしません。このような交換をするのであれば、補修するというより、「生き残ったパーツを使って別のスピーカーを作る」ということになります。

その場合、使えるのは、ツイーターと箱だけです。ネットワークは作り直す方がベターです。

その理由として、第1に、およそ世界中を探しても、周波数特性が一致し、かつ、電気的特性が一致するドライバーは存在しないと思われます。趣味でスピーカーの自作をするので、ウーファーだけでも50機種くらいはスペックシートを見ていますが、1つとして同じものはありません。同じ口径に分類されるもの同士でも、ここまで違うのかと思うほど差があります。

一致しないまでも、「似ている」範囲で探すのも、かなり困難です。日本では最低共振周波数(fo:エフゼロ)と振動系質量(Mo:エムゼロ)くらいしかカタログに表示されませんが、これ以外にも影響のある要素がたくさんあります。fo、Mo、周波数特性の3つだけでも類似したものを見つけるのが困難なので、現実的ではありません。

第2に、ネットワークは、そのウーファー、そのツイーターに特化して設計されているのが普通なので、ドライバーを変えれば、絶対に、期待通りには働かなくなります。公称インピーダンスが同じでも、実際のインピーダンスカーブはてんでバラバラなので、期待値(2.5kHzクロス)からはかけ離れた数値になる方が自然です。

したがって、ウーファーを別のものに交換するのであれば、ネットワークは作り直す方がベターです。ウーファーを換えた時点で、もはやオリジナルとは異なる音になっているので、そうであれば、そのウーファーに適したネットワークを組んだ方が、よほどマトモな音になるでしょう。

結論的に、

(1) 同一機種の中古品などから部品をとって、ニコイチする。
(2) 多少、音質が変わることを我慢して、サラウンドを張り替える。
(3) 全然別の音になることを覚悟して、別のウーファーに取り替える。この場合、ネットワークも再設計した方がベター。

この順番で、お薦めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しくご丁寧な回答ありがとうございます。
エンクロージャーを見ていると、捨てるのがもったいない
との考えからの質問だったのです。

非常に微妙なものなのですね。初めて知りました。
ネットワークの再設計は私には至難の業です。

中古・オークション等で入手しても、製造から長期間たっていますので
耐久性から考えると不安です。
 
フルレンジスピーカーでネットワークに繋がない方法はいかがでしょうか。

お礼日時:2010/12/08 18:18

エッジを補修しようというお考えはありませんか?


同じ特性のユニットを見つけるのは至難の業です。
特性が同じだから同じ音がするというものではありませんので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。

エッジの補修はプロに依頼すると非常に高額。
自身でするのは難しい。
そこでユニット交換を考えたのですが。
エッジ交換ってそれほど難しくなく出来るのですか。

お礼日時:2010/12/08 17:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QDIATONEのウーファーが硬い

この度視聴を重ね、DS-V3000を中古で購入しました。
視聴した時にはヴァイオリンの音が本当に生音のように聞こえ、心臓を打ち抜かれた程衝撃を受けました。
ただし、DIATONEの特徴?問題であるウーファーのエッジが硬くなっており、低音が思ったように出ません。
ネットで検索するとアーマオールを塗るとやわらかくなり、低音が出るようになるとか、
薬品を塗ると音が変わるから止めたほうがいいとの文章も見かけどうしようか悩んでいます。
買った金額も決して安くはないので、こちらで質問させていただきました。

私の希望としてはもう少し低音が出せるようにしたいと思っていますが、エッジをやわらかくすれば低音が出るようになるでしょうか?
もしくは素人が触らない方がいいでしょうか?

私の環境は
CDプレーヤー Marantz SA-7S1
パワーアンプ Accuphase A-50
プリアンプ Accuphase C-275
TAOCのオーディオボードとスピーカーベースを使用してセッティングしてあります。

良きアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

低音不足の一因はウーハーエッジの硬化であることは間違いないので
取り合えず処置したいところですね。
DS-V3000のウーハーは
アラミド3軸織布にゴムコーティングという凝りまくったエッジを採用してました。
他社比同社比でも採算性が悪そうで贅沢なエッジと言えます。

アーマオールの他にクレポリメイトが候補に挙がってきます。
これらはプラスチック・ゴム製品の保護つや出し、ひび割れ・硬化防止目的で作られた商品です。
前述のごとくゴムコーティングされたエッジですから
下手な薬品よりははるかに安全で問題なく使えます。
ただしV3000ウーハーのエッジに弊害は無くとも効果があるかは分かりません。
私はDSー77Z、200ZXに使用しエッジの軟化を確認、
弊害もなく低音も出やすくなりました。

Qスピーカーのインピーダンスをどう判断すれば良いのですか?

高級オーディオをかじり始めた者です。スピーカーのインピーダンスの数値は大きい方が良いのか、小さい方が良いのか、どちらでしょうか?(どうも、その大小の問題でも無いような気もするのですが・・・)
それと、アンプとの関係で注意が必要だとものの本に書いてありますが、どうもよく理解出来ません。数値が合わないと、アンプの故障につながるようですが、具体的にどこに注意すれば、良いのでしょうか?ご教示願います。

Aベストアンサー

私も文系で詳しくはないのですが、勉強した限りでは以下の通りです。

スピーカーのインピーダンスと音質の関係は、ほぼないといわれています。かつては12オームとか16オームといったものもあったようですが、現代のスピーカーは4~8オームが普通で、ごくごく稀に12オームくらいのものがあります。

インピーダンスとは交流電流に対する抵抗ですが、これが低いということは、同じ電圧をかけたときにより多くの電流を要求されるということになります。(交流にもオームの法則が使えるんでしたっけ....? I=E/Rですね)
現代のアンプの大半は電圧出力ですから、4オームのスピーカーでも8オームのスピーカーでも、1Vの出力で得られる音量に変わりはありませんが、抵抗値が半分ですので、実際に流れる電流が2倍になり、すなわち出力電力も2倍になります。
このとき、トランジスタや電源の性能などによって、許容量以上の電流が流れると、アンプが以上発熱したりトランジスタが破壊されたりするわけです。(もっとも、普通は保護回路やヒューズによって出力が遮断されます)

(つまり、8オームのスピーカーに10W出力するのと、4オームのスピーカーに20W出力するのは、スピーカーの仕事量は同じですが、アンプの負担が倍になっています。)

なお、インピーダンスは直流抵抗と異なり、周波数によって抵抗値が変化します。つまり、公称8オームのスピーカーでも、特定の周波数対では3オームくらいまで落ち込むこともあり得ます。(最近は落ち込みが大きいものは表示されるものもあります)

蛇足ながら、真空管アンプなどに多いトランス出力式のアンプの場合、4オーム端子に6オームのスピーカーを繋ぐのはアンプにとって定格より仕事が楽になり、8オームの端子に繋ぐと若干つらくなります。
この際にはダンピングファクターが変化するため、音色にも若干の違いがあるといわれています。

私も文系で詳しくはないのですが、勉強した限りでは以下の通りです。

スピーカーのインピーダンスと音質の関係は、ほぼないといわれています。かつては12オームとか16オームといったものもあったようですが、現代のスピーカーは4~8オームが普通で、ごくごく稀に12オームくらいのものがあります。

インピーダンスとは交流電流に対する抵抗ですが、これが低いということは、同じ電圧をかけたときにより多くの電流を要求されるということになります。(交流にもオームの法則が使えるんでしたっけ....? I=E/R...続きを読む

Qパイオニア製CDプレーヤーのピックアップ交換について

PioneerのCDプレーヤー「PD-8070」を入手しまして、トレイの動きも素早く滑らかで外見もまあまあです。
内部は開けられたことがないと思われるほどきれいで、コンデンサなども見た目きっちりしており(部品の内部劣化は当然あるでしょうが)気に入ってしまいました。
読み込み動作をしないのでピックアップ部を調べてみると、この頃のPioneerのCDプレーヤーによくあることらしいのですが、レンズがはずれた状態で内部に転がっていました。
しかもレンズの真下にあるはずのレーザー照射部(?)が空のようです。もちろん読み込みしません。
本来ならメーカー修理に出すべきでしょうが、想定以上の金額になるのようなので、だめもとでピックアップ部をユニットごと他の中古品から載せ変えてみようと思っています。
調べてみると、PD-2000、PD-3000(これらは上位機種でとても手が出ません)、以下PD-313、335、515、535、717、737、7030、7050、7070、8030、PD-M50、M500,M540 は同じ部品を使っているように見えます。
そのほかにもありそうですが、この当時のPioneer製CDプレーヤーはどれも同じ部品を使っているのでしょうか。
上記の機種は流用可能かどうか知りたいと思います。同じ整備をされた方がいればいいのですが。
専門的な調整が必要だと言うことはわかっており、静電破壊などには気をつけて自己責任で納得してやろうと思っていますが、スキルが低いのでその際の注意点などもあれば、あわせてご教授ください。
よろしくお願いします。

PioneerのCDプレーヤー「PD-8070」を入手しまして、トレイの動きも素早く滑らかで外見もまあまあです。
内部は開けられたことがないと思われるほどきれいで、コンデンサなども見た目きっちりしており(部品の内部劣化は当然あるでしょうが)気に入ってしまいました。
読み込み動作をしないのでピックアップ部を調べてみると、この頃のPioneerのCDプレーヤーによくあることらしいのですが、レンズがはずれた状態で内部に転がっていました。
しかもレンズの真下にあるはずのレーザー照射部(?)が空のようです。...続きを読む

Aベストアンサー

ピックアップレンズの真下のは反射レンズ(ミラー)です。レーザーは横から照射されます。
ピックアップレンズを接着剤で接着して、復活したことがあります。PD-2000です。
プラスチック対応の瞬間接着剤を使用しました。
やる時はレンズの上下がありますので、注意して下さい。どっちが上かは忘れました。
確か、かなりの人間がやっているので、ネット上で探せば記事があるかもしれません。

ピックアップ部分(CDメカ全体)は、7070と8070は同じだと思いました。
もし載せ替えるなら、ピックアップ駆動用のゴムベルトを交換すると、選曲等のレスポンスが良くなります。

Q往年の名機 【DENON DCD-3500】は今でもイケるでしょうか???

実家に20年前の名機【DENON DCD-3500】(CDプレーヤー)があるのですが、
この製品を同社製のアンプ【PMA-2000AE】に合わせて、
今でも通用しますでしょうか???

現在【DCD-1650AE】の購入を検討中なんですが、
CD再生に限っていえば、やはり音質に大きな隔たりがあるのでしょうか?
【DENON DCD-3500】で満足の行く音がでるならば、
現在住んでいるところに運んできて、
しばらくこの製品でいこうと考えているのですが・・。


(クラシック・ポップス・ジャズを広範囲に聴いています。)


DENON DCD-3500
http://denon.jp/museum/products/dcd3500.html

Aベストアンサー

はじめまして jcg02524です。

スピーカーは何を使っているのでしょうか?
正直、スピーカーに依存するところもあります。

さて、回答・・・
※回答ではないかもしれません・・・
PMA-2000AEで再生できるかについては「再生できます」と回答します。
ただ、以下の順番で試してみても良いような気がします。
(1)PMA-2000AE+DCD-1650AEの組み合わせをお店で試聴する
(2)気に入ったならPMA-2000AEを先に購入し、DENON DCD-3500と接続し、試聴する
(3)(1)の方が良かったらDCD-1650AEを購入する。
 ※(2)の方が良かったら、そのままにする。

最後に・・・
人には音の好みがありますので必ず「試聴する」ことが大事です。
人の評価は「試聴した人の評価」でしかなく、必ずしもclas-mainさんの好みであるとは限りません。
また、「不満に思っているところが何か」というポイント(感じるものでも可)を考えると良いかもしれませんね。

※DCD-3500はいい機械だと思います。アンプとの接続ケーブルやスピーカーケーブルの交換などでも音が変わりますよ。試してみる価値はあります。
※スピーカーの配置でもかなり聞いた感じが変わります。

はじめまして jcg02524です。

スピーカーは何を使っているのでしょうか?
正直、スピーカーに依存するところもあります。

さて、回答・・・
※回答ではないかもしれません・・・
PMA-2000AEで再生できるかについては「再生できます」と回答します。
ただ、以下の順番で試してみても良いような気がします。
(1)PMA-2000AE+DCD-1650AEの組み合わせをお店で試聴する
(2)気に入ったならPMA-2000AEを先に購入し、DENON DCD-3500と接続し、試聴する
(3)(1)の方が良かったらDCD-1650AEを購入する。
 ※(2)...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報