人気雑誌が読み放題♪

小説を書いていますが、地の部分の改行ではなく、セリフの改行について分らない部分があります。

「□□□□□□? □□□□□□? □□□□□□?」
↓このようなセリフがある場合、下のようにセリフの途中で次の行に移ると見づらいので
「□□□□□□? □□□□ ←ここが文字数の最後尾のとした場合の例。
□□? □□□□□□?」

「□□□□□□?
 □□□□□□?
 □□□□□□?」
と書いていますがまずいでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

ライトノベルは、原則として後者です。



作品の雰囲気などが要因にならないとしたら、編集なら、
読書好きが対象なら前者、
広い層を対象にするなら後者を勧めると思います。
    • good
    • 1

まずいと思います。


しかし評価して欲しい対象により変わります。

ウェブ小説サイトで「こういうのはやめて欲しい」といった意見所に、そういう改行は見づらいから嫌だという意見を見た覚えがあります。小説好きには嫌われるやりかたでしょう。

私の意見では、小説を読み始めたばかりのころは質問者さんとおなじで、改行してほしいなぁと思っていました。当時を思い出せば賛成です。

ですが、すらすらと本を読むようになるにつれ、セリフの改行は読むリズムを崩されると感じるようになりました。「改行=区切り」という認識もしみついてきて、違和感を覚えるようになりました。

紙媒体の小説なら、改行は絶対に無しです。
私が、初心者の時に改行して欲しいと思ったのは、ウェブ小説に限りました。紙では全く気になりませんでした。

なので、紙に印刷して知り合いに読んでもらう場合などは、改行はなくて良いと思います。こだわるなら、それもかまわないと思います。


ウェブの場合はまた違ってきます。

現在の私は、ウェブ小説の場合、そういうことに気を使うより地の文の改行を増やしてほしいと思っています。
ウェブ小説で一番読みやすいなと思ったのはこちらhttp://homepage2.nifty.com/go-ken/r_amere-pr.htm

レインという、書籍にもなったウェブサイトです。私はこういう話を読む気分じゃないのでいまだに読んでいないのですが、どんなものかとのぞきに行った時「読みやすい!」と感動しました。読む気が無くても感動する読みやすさです。

セリフ内は改行しません。
地の文で内容が区切られたり、地の文とセリフの間に改行をしています。それがとても見やすいと思いました。

このお返事もおなじ感じで改行してみましたが、どうでしょうか。読みやすいですか?


以上をまとめて

・紙媒体なら、改行はいらないと思う。

・ウェブ上で、文字に不慣れな人への入門書的小説なら、改行するべきでしょう。

・文字好きにまでなってきた人にも楽しんでもらいたいなら、改行しないといいでしょう。

・両方をとるなら、ぜひリンク先を参考に。

です。
お役にたてたら幸いです。
    • good
    • 0

何でもいいんじゃないですか? 改行が多過ぎてかえって読みにくくなるとまずいですけど。


でも紙の本で読んでいる場合、セリフの途中で次の行に続いても読みにくいということはないですけどね。。。それが普通だと思っちゃってるので。

海外文学の邦訳なんか、

「そうだとしても、」と彼女は振り向いて言った。「わけがわからない。彼は一体何
が言いたいの?」
「さあね」彼は肩をすくめた。「とにかく、行ってみなけりゃわからないよ。今から
行くかい? それとも明日にする?」

みたいなのもよくあります。慣れていればこんなの全然平気です。

(適当に書いただけなのでこんなセリフがどこかにあるわけではありません)
    • good
    • 0

 どちらでも自由にすればいいです。

どっちでなければダメという決まりはありません。
 要は、作者にとってどう改行した方が自分の意図により近いか、という問題ですね。

 それだけだと愛想無しなので一応アドバイスらしきものをしておくと、紙に印刷することを想定した作品なら、よほど意味がない限り、台詞内で改行しない方が見栄えがいいです。紙面にあんまり空白が多いと、頭の悪い人が書いた文章のように見えてしまいますから(笑) 内容のないレポートほど、改行が多いですよね。字数を水増しするために。小説にもだいたい同じ事が言えるのです。高橋源一郎みたいな例外もいますけど。
 意味のあるなしの基準は、その台詞は3行も消費しなければならないほど重要なものなのか、ということです。

 特例としては、詩文に近い意味合いのある台詞なら、改行を多用した方がいい場合もあります。
 あと、ネットで公開する作品なら、改行を多用した方が見やすいこともあります。

 いずれにせよ、一度印刷イメージ(ネット作品ならブラウザ)を表示して、完成形がどうなるのかを確認しておいた方がいいですね。
    • good
    • 0

小説のフォーマットは作者の好みに依存しますので、どう書いても正解です。



ただ、基本的に日本語表記の場合、文末での折り返しは文字数だけに依存するので、セリフの途中であっても、文字数だけを基準に折り返すのが正しい作法です。逆に言えば、読みづらくならないようにセリフを考えるのが文章作りの腕、とも言えるわけで、出版するときの改ページの位置まで考えて文章を書く作家さんもおられます。

まあ、Web小説の場合、読み手の環境により1行あたりの文字数が変わってしまいますので、読みやすいように途中改行する、という発想も今後は正しくなってくる、と私は思いますが・・・。
    • good
    • 0

雑誌投稿や同人誌、テキストデータなどの発表する形式による、文字数やスペースの制約がなければ、問題はないと思います。



私は、質問者さんの対応に、賛成します。

セリフですから、切りよくまとめて収まる方が、読みやすいと思っています。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qせりふが長いときのかぎかっこの使い方

せりふがとんでもなく長く、途中で何度も改行があります。その場合、かぎかっこはどうやって使えばいいのでしょう。
段落ごとに、頭に 「 を付けて、 」 は、せりふ全体の最後に一度だけ使っているのをどこかで見たような記憶があるのですが、合っているでしょうか。
正しい使い方を教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

最初と最後が正しいですね。
改行する場合は頭を1字分空けて書きます。
小説などの本を実際にご覧になればわかると思います。

Q字下げしますか?

小説で一番最初が鍵カッコで始まる場合は字下げじますか?それとも鍵カッコの場合は一番最初でも字下げしないんでしょうか?

Aベストアンサー

とりあえず現状では、カギ括弧に関しては字下げしない、というのが一般的なようです。今の小説をみわたして、字下げしているものはないですよね。

かなり昔の文学作品をみていると、しているものもまれにみかけますが。
でもしていないものもあるようです。

そう考えるとする必要はない、というのが一般的な認識じゃないでしょうか?
私もしませんし。

ちなみに#4の方がいわれている 。」の話ですが。
こちらはきちんと文法で決まりがあって、」はそれ自体が文章を閉じる意味を持っているので、。はつけないというのが決まりです。ですので普通はつけません。

しかし小説の場合、ある程度は文法もある程度は裁量に任させるところもあるので、たまに

「あ。」

といったような短い台詞で、敢えて。をつけているものなどもみかけますね。恐らく間を表現してるのだと思います。

Qカギ括弧内の最後に句読点は間違い?(例:「~。」)

「こんにちは。」などという用法は間違いだと言う記事を見かけたのですが、
私は小学生のころに「~~です」と書いてバツを貰い「~~です。」と直された経験があります。
以後、作文などで「~。」という使い方をしていましたが間違いだと指摘されたことはありませんでした。

どちらが正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

1)「こんにちは」
2)「こんにちは。」
 どちらも間違いではありません。
 どういうルールに従うか、という問題です。

 学校(義務教育)では、昭和21年に文部省が発表した「くぎり符号の使ひ方〔句読法〕(案)」の影響があるせいか、2)の書き方を教えます。
【くぎり符号の使ひ方〔句読法〕(案)】
http://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/joho/kijun/sanko/pdf/kugiri.pdf
 しかし、新聞や一般の出版物は1)の形が圧倒的に多いはずです。

 新聞や一般の出版物の句点の打ち方は、おおむね下記のようなルールになっています。
【句読点の打ち方──簡略版】
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n140029
 以下は一部の抜粋(重言)。

================引用開始
 句読点の使い方のうち、句点(マル、「。」)については、それほど問題はないと思います。「文の終わりにつければいい」ということはだれでも知っているはずです。「文章読本」に書かれている句点の使い方を見ると、次のような記述になっています。

1)段落全体がカギカッコなどで始まりカギカッコなどで終わる場合は句点をつけない
例 「きょうは予報がはずれてひどい雨降りでした。あしたは晴れるでしょう」
※一般の新聞や雑誌はこうなっている。しかし、教科書の類いはこういう場合もカギカッコの前に句点をつけている。その影響と思われるが、マンガのセリフの場合も、小学館は句読点をつけていることが多い。他社は句点も読点もつけていない。ほかに句読点をつける流儀にしている出版社があれば教えてください。

2)段落の途中に句点があり、その直後にカギカッコなどが続いて段落末がカギカッコなどになった場合は句点をつけない
例 天気予報は、何度も同じことを繰り返していた。「あしたは晴れるでしょう」

3)段落の最後の文がカギカッコなどで終わる場合でも、その直前に主語があり、文末のカギカッコなどのあとの述語(「と語った」など)が省略されているときは句点をつける
例 気象予報士は苦笑しながら「あしたは晴れるでしょう」。
  この数日の予報がはずれつづけているだけに、さすがに自信のなさそうな口ぶりだった。

4)文末に注釈などを加えるパーレン(丸カッコ)を使うときは、そのあとに句点をつける
例 気象予報士は苦笑しながらコメントを終えたが、さすがに自信のなさそうな口ぶりだった(笑)。

5)文章全体の注釈、クレジットなどを加える場合は、パーレンの前に句点をつける
例 きょうは天気予報がはずれてひどい雨降りでした。あしたは晴れると思います。(談)

6)改行して箇条書きにする場合は、各文の文末に句点をつける(ただし、箇条書きの内容が簡単な場合はつけなくていい)

 本によって書き方は多少違いますが、だいたいこんなところではないでしょうか。
 新聞でよく見かける3)の形は言葉足らずの印象があり、ふつうの文章で使われている例も少ないので、避けたほうが無難です。6)は趣味の問題で、本書では箇条書きの場合、原則として句点はつけていません。
================引用終了

1)「こんにちは」
2)「こんにちは。」
 どちらも間違いではありません。
 どういうルールに従うか、という問題です。

 学校(義務教育)では、昭和21年に文部省が発表した「くぎり符号の使ひ方〔句読法〕(案)」の影響があるせいか、2)の書き方を教えます。
【くぎり符号の使ひ方〔句読法〕(案)】
http://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/joho/kijun/sanko/pdf/kugiri.pdf
 しかし、新聞や一般の出版物は1)の形が圧倒的に多いはずです。

 新聞や一般の出版物の句点の打ち方は、おおむね下記のようなルールに...続きを読む

Q拘らず・関わらず??

すみません。以前から気になっていたので正しい答えを教えていただけないでしょうか。

「かかわらず」という言葉の漢字変換なのですが,
例えば

 雨が降ったにも「かかわらず」,彼は傘を差さずにやってきた。

というような文の場合,正しいのは「関わらず」「拘らず」どちらでしょうか。

国語辞典で調べてみたのですが,よく分からなくて(+_+)
すみませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められているのみです。それも「かかわる」でなく「かかる」です。「人命に係(かか)る問題」「係(かか)り結び」など。前者は、「人命にかかわる問題」のように表記されることもありますが、この場合(常用漢字の基準では)「係わる」でなく「かかわる」です。

結論としては、「それにもかかわらず」などにおける「かかわらず」は仮名書きが無難でしょう。漢字の場合は「拘わらず」が正しいといえます。ただし、パソコンでは「関わらず」と変換されることが多いようですネ。

漢字の場合、「関係」という言葉があるように、「関わる」と「係わる」の用法はほとんど区別がつきません。一般的に言えることは、「関わる」「係わる」は肯定的にも否定的(「関わらない」「係わらない」)にも使いますが、「拘わらず」は、肯定的に用いられる例が少ない、ということです。

ただし、肯定的な「拘わる」が誤りだと言っているのではありません。念のため。

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められてい...続きを読む

QWord[ワード]で改行文字をいれていないのに自動改行されてしまうのを防ぎたい

Microsoft Word2000で
下記の例のように”キー:”の後に任意で改行をいれていないのに自動で改行されてしまう場合があります。これを防ぐにはどのようにしたらいいのでしょうか?
例)
キー:
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE<改行コード>

知っておられる方がおられましたら教えていただきたいです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

おそらくなのですが、
Wordのワードラップの機能のせいだと思います。
ワードラップの詳細はこちら
http://e-words.jp/w/E383AFE383BCE38389E383A9E38383E38397.html

これは英文の時に起こることがあります。
解除すれば、改行されずにすみます。

1.英文ワードラップを設定する段落をクリックします。
2.[書式] メニューの [段落] をクリックし、[体裁] タブをクリックします。
3.[改行時の処理] で、[英単語の途中で改行する] チェック ボックスをオンまたはオフにします。

もう一つ考えられるのが禁則処理です。
たとえば「ー」や「、」「。」等の句読点といった物が行頭にくると、それらが行頭にこないよう自動的に改行をいれ、スペースを調整する機能がついています。

これらを設定・解除するのには、
[ツール]>[オプション]>[文字体裁]のタブで禁則文字を設定・解除するようにしてください。

Q「後ずさる」は間違い?

こんにちは。
辞書で調べたところ、「後退り」は載っていましたが、「後ずさる」という言葉は載っていませんでした。

公式な文書に「後ずさる」という言葉を用いるのは、避けた方がよろしいのでしょうか?

Aベストアンサー

 大槻文彦「言海」では、
「後退」の漢字で、「あとじさり「あとずさり」「あとびさり」「あとびっさり」などが立項されています。
「広辞苑」もこれに準じ、送りがななしの「後退」として、「あとしざり」「あとずさり」となっています。

 これらの辞書では、動詞については別に、「しさる」「すざる」などの項目で出ています。それらの説明の中で、「後退(こうたい)する」「後退(あとしさり)する」という、名詞にスル動詞をつけた形での紹介になっています。

 「新明解国語辞典」のように、「後退り」と送りがなつきで項を立てている辞書では大方、動詞形も載っているようです。

 「現代国語例解辞典」では「後ずさる」に「「退く」の意の古語「すさる」が「あと」と連なったもの」と説明しています。

 「広辞苑」では「日葡辞書」の「トビシサル」は「飛び退る」として立項していますが、「後退」は名詞のみであり、動詞は「後」と「しさる」はまだ連語動詞としての親和性を認めていないということでしょうか。「春もまた後じさりしてけさの雪」のように、「後じさりする」という言い方なら公式文章に使われても抵抗はないのではないでしょうか。

 大槻文彦「言海」では、
「後退」の漢字で、「あとじさり「あとずさり」「あとびさり」「あとびっさり」などが立項されています。
「広辞苑」もこれに準じ、送りがななしの「後退」として、「あとしざり」「あとずさり」となっています。

 これらの辞書では、動詞については別に、「しさる」「すざる」などの項目で出ています。それらの説明の中で、「後退(こうたい)する」「後退(あとしさり)する」という、名詞にスル動詞をつけた形での紹介になっています。

 「新明解国語辞典」のように、「後退り...続きを読む

Q400字詰め原稿用紙換算とページ設定について

小説の公募に応募しようと考えているのですが、400字詰め原稿用紙換算というのがよくわからないでいます。
今までは、単純に書いた文字数(余白は含まない)を400で割っていたのですが、どうもそうではないらしい・・・?ということに気づき、今頃になって慌てています。

400字詰め原稿用紙換算というのは、ワードだと、行数・文字数を「20、20」に設定して、そのとき何ページにわたって書かれているか、という枚数を言うのでしょうか?
そうなると、余白分も文字数としてカウントされている、という状態になるかと思うのですが、その考え方であってますか?
それとももっとややこしい計算をして換算するのでしょうか?

また、応募原稿を郵送するときは、読みやすい設定に直して印刷してしまってもよいものでしょうか?
「20、20」の設定だと読みにくい表示になってしまうのですが・・・。

それと、ワードのページ設定を開くと、「文字数と行数の指定」というところに、「行数と文字数を指定する」「原稿用紙の設定にする」があると思うんですが、どちらを選択した方がよいのでしょうか?
やはり原稿用紙の設定にした方がいいのかとも思うのですが、この二つの違いがよくわからないため不安です。

いろいろと質問してしまいましたが、教えていただけるとありがたく思います。

小説の公募に応募しようと考えているのですが、400字詰め原稿用紙換算というのがよくわからないでいます。
今までは、単純に書いた文字数(余白は含まない)を400で割っていたのですが、どうもそうではないらしい・・・?ということに気づき、今頃になって慌てています。

400字詰め原稿用紙換算というのは、ワードだと、行数・文字数を「20、20」に設定して、そのとき何ページにわたって書かれているか、という枚数を言うのでしょうか?
そうなると、余白分も文字数としてカウントされている、という状態にな...続きを読む

Aベストアンサー

400字詰め原稿用紙換算というのは例えば「400字詰め原稿用紙10枚程度」として説明しますが、単純に400×10=4000文字と考えればいいようですが、実際に原稿用紙に書き込まれる分にはそれ以上も以下もありません。

が、これだけワープロなどが普及した現代では「換算」としないと書き込める条件に個人差=不平等が生じかねないのです。

実際に以下のことを実験としてやってみて下さい。
どこでも文字が沢山あるサイトからでも多量の文字をカット→貼り付けでワープロ画面に取り込んでください。
それを文字数、行数とも20文字×20行とした場合のページ数がちょうど10ページ最終行で終わる文章であったとして、今度はその文字列を40文字×10行に切り替えてみてください。同じく最終行で終わりましたか?

両者とも一枚400文字の用紙に書かれたものでありながら、結果は違ってくるはずです。何が起きたのかと言いますと、「。」句読点のあとは改行する小説等の文章スタイルの場合、その句読点のあとに残る空きマスの数が原稿スタイルによって違ってくるからなのです。

つまり文字数、行数の設定によっては沢山の文字数を書き込めもすれば、逆に少なくしか書き込めない場合もあり得るのです。
先の説明は4000文字程度のわずかな文字数での実験ですが、これが原稿用紙何十枚、何百枚という量でとなりますと設定次第では原稿用紙10数枚の違いとなって出てもおかしくはないでしょう。
極端な話が、1文字×400行を10枚なんて文章を書けば句読点であろうが1文字以上の空白行は一切発生せず、目一杯4000文字の文章を書き上げることが出来るわけです。
ワープロですと小さな文字で見栄え良くかける分、1行の文字数も多く設定できますよね?となると句読点以降の空きマスも多くなりがちとなります。

そこで公募、コンテストなど一定の条件の下で競い合っていただく場合、その辺の不平等感をなくすために、どんな設定で書こうとも総量として「400字詰め原稿用紙換算で何枚程度」とするのだと思います。

ましていずれプロの執筆家となられた際には、お仕事の出版社からは具体的に一冊の書籍や雑誌の中の「○ページ分」が今回の依頼、なんて場面も多々あるのだと思います。
ある程度の求められる文字総量を意識した執筆も求められるのではありませんか?

400字詰め原稿用紙換算というのは例えば「400字詰め原稿用紙10枚程度」として説明しますが、単純に400×10=4000文字と考えればいいようですが、実際に原稿用紙に書き込まれる分にはそれ以上も以下もありません。

が、これだけワープロなどが普及した現代では「換算」としないと書き込める条件に個人差=不平等が生じかねないのです。

実際に以下のことを実験としてやってみて下さい。
どこでも文字が沢山あるサイトからでも多量の文字をカット→貼り付けでワープロ画面に取り込んでください。
それを文字...続きを読む

Q400字詰め換算枚数とは?

文学賞などに小説を応募する際の質問です。
多くの賞の応募規定に「ワープロ原稿は400字詰め原稿換算枚数を明記」とあるのですが、この正確な意味とは何でしょうか?

質問集を検索してみたところ、http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1722848.html
が最も私の質問の答えに近かったのですが、ここでも最終的に意見が分かれています。
つまり
(1)ワープロで20×20字の書式で書いたときの枚数(この場合、改行したときの空白スペースも原稿量に含まれます)
それとも
(2)ワードの機能の「文字カウント」などを使って算出した総文字数を400で割ったもの(例えば90,000文字なら225枚)なのか。
どちらが正しいのでしょうか。
文学賞によって違うのでしょうか。

他のサイトを見てみると(2)の方法は「タブー」との回答もありましたが、正確なところがわかりません。(ちなみに私はこれまでずっと(2)の方法をとってきました)
どうか教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

既に回答が出ていますが。
(1)の方法で計算するのが正しいと思います。

その理由としては、応募規定に、
「ワープロ原稿は400字詰め原稿換算枚数を明記」
とあることからも分かると思います。
わざわざ、「原稿用紙に書いた場合の枚数に換算して、その枚数を書け」と言っているわけですから。
先の回答にもありますが、単なる文字の羅列ではなく、空白も含めての作品ですから、原稿用紙の枚数に換算せよということになるのだと思います。

(2)の方式、つまり何文字書いたかを問題にするのであれば、「文字カウントによって算出された総文字数を明記せよ」という規定になっているはずです。

Q「ともすれば」について

「ともすれば」の意味がわからず、辞書で調べてみたんですが、「ともすると」と同じと書いてあり、「ともすると」を調べると「ややもすると」、「どうかすると」となっていて、具体的にどういう意味なのかよくわかりません。
意味の分かる方、教えてください。

Aベストアンサー

この「ともすれば」は、その前に何か説明を補うところであっても、その後に続く言葉と重複するので、その前を省略して使われる言葉です。

たとえば「ともすれば私たちは、うっかり忘れがちである」という用い方をしますが、これは

「うっかり忘れてしまうときは、私たちは、うっかり忘れがちである」

という文章と同じことだと思います。

また、「ともすれば」とは「ケースバイケースで」ということと同じときにも使われています。
やはり、その後に続くことを「ケースバイケースでありうる」ということを言っています。

こんな説明でいいでしょうか?

Q食事は「摂る」「取る」どっちでしょうか?

タイトルの通りの質問です。
どちらの漢字が正しいのか悩んでいます。手持ちの辞書で調べてみたのですが、満足な回答が得られませんでした。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

goo辞書の例文にも書いてあります。(まる2の(7)です)
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%C8%A4%EB&kind=jn&mode=0&base=1&row=0


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング