マンガでよめる痔のこと・薬のこと

レンジでチンして溶かす石鹸の元を買いました。アロマの精油を入れたいのですが、入れすぎはよくないと聞きました・・・。
精油をいれる場合どのくらい入れてもいいのかご存知の方教えていただけませんでしょうか?

何グラムにつき何滴なのか目安となる計算方法などがありましたらぜひ教えてください。

A 回答 (2件)

石鹸を作る人のバイブル的存在の前田京子さんの


著書「お風呂の愉しみ」にはこう書いてあります。

香りをつけるために加えるエッセンシャルオイルは
石鹸全体の2%が限度です。このくらい入れると
市販の石鹸程度の香りになります。
でも肌へのリスクを考えると、0.5~1%を
お勧めします。
1滴は0.05ccなので、石鹸が1000ccとすると
エッセンシャルオイルは100~200滴となります。

http://www.amazon.co.jp/%E3%81%8A%E9%A2%A8%E5%91 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。とてもわかりやすくて本当に助かりました。

お礼日時:2010/12/21 18:39

私の持っている本(小幡有樹子著)には



オイル500gに対して
・シトラス系は子匙3~4

・ミント系やスパイス系は子匙1以下、

・その他は子匙2~3
・フレグランスオイルは子匙1位まで


が一応の目安だそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。香りによって量が違うんですね。参考にします。

お礼日時:2010/12/21 18:38

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q手作り石鹸におけるハイオレイック向日葵油と向日葵油の違い

手作り石鹸に使用する原料として

向日葵油と
ハイオレイック向日葵油の違いはなんなのでしょうか?

今まで何も気にせず使用していたのですが
たまたま私が使用しているのはハイオレイックの方です。

実際作った時どういう使用感の違いがあり
どちらが高価になるのでしょう???

Aベストアンサー

ひまわり(サンフラワー)油ですね。

私は従来型とハイオレイック型を使い比べたことがないので、中途半端な回答しかできないのですが・・・。
ごめんなさいm(_ _)m。
石けんの性質としては、従来型はリノール酸タイプ、ハイオレイックはオレイン酸タイプとして対比できると思います。

従来型のひまわり油は、リノール酸が豊富なオイルです。
脂肪酸による石けんの仕上がりの違いについての記述がある本などをお持ちでしょうか?
もしお持ちであれば、ご覧になってみてください。手元にないのですが、前田京子さんの「オリーブ石けん、マルセイユ石けんを作る」の中の、最後のほうに少し載っていたと思います。
リノール酸、リノレン酸が豊富なオイルを石けんにしたときの特徴は、
「固さがない、溶け崩れが早い、酸化が激しい」ということです。
泡立ちはよく、比較的大きめなで持続もする気持ちの良い、そしてやわらかな泡が立つという印象です。
肌への刺激は少ないと思います。
洗い上がりはさっぱりタイプです。

ハイオレイック・ひまわり油は、オレイン酸が主体になるように品種改良された品種から取れる油です。
オレイン酸の含有率約7割は、オリーブ油とよく似ているため、ハイオレイック油をメインにした石けんは、オリーブ石けんにとてもよく似ています。
ただ、精製度がオリーブ油よりも高いためにひまわり油をつかったほうが、より白い石けんになります。
似ているといっても、やっぱりオリーブ油とは違うところもありますね。
私は上手くいえないんですけど・・・シャンプーバーとして人気があります。
椿油の代用品としてお手頃な油、という感じでしょうか。

ハイオレイックタイプは、比較するとリノールタイプを材料にするよりも保存性があります。

現在では、ひまわり油・紅花油は両方ともリノールタイプはほとんと市販されず、大半がハイオレイックだと聞いています。
もしリノール酸タイプの使用感が知りたければ、グレープシード油か、リノールタイプのサフラワー油(紅花油)で作ってみてください。
グレープシード油をメインにした石けんは、夏場の高温期に作ると1カ月の熟成期間が終わる前に酸化した茶色の斑点が浮かび上がってくることもあるとか(^^;
普通でも半年以下、状態がよくても一年持ちません。
そして酸化しはじめるととてもくさいです。使用感は軽くてとても良いんですけれど。
リノールタイプのひまわり油も、こんな感じではないかと思います。
ただ、グレープシード油はものすごくきれいな緑色に出るので、できれば一度はためしてみてほしい油です。
酸化の遅さ、やわらかすぎて扱いづらい難点はあるけれど、使用感はとても良いです。


どちらが高価になるか、というのはわからないです。
お役に立てず、申し訳ないです。
ただ、現在ハイオレイックが主流ということは、ハイオレイックのほうが手に入りやすいわけですから、安価かな、と思います。

ひまわり(サンフラワー)油ですね。

私は従来型とハイオレイック型を使い比べたことがないので、中途半端な回答しかできないのですが・・・。
ごめんなさいm(_ _)m。
石けんの性質としては、従来型はリノール酸タイプ、ハイオレイックはオレイン酸タイプとして対比できると思います。

従来型のひまわり油は、リノール酸が豊富なオイルです。
脂肪酸による石けんの仕上がりの違いについての記述がある本などをお持ちでしょうか?
もしお持ちであれば、ご覧になってみてください。手元にないのですが、前...続きを読む

Q石鹸を切る方法を教えてください。

ちょっと大き目の石鹸を頂きました。
そのままでは使えないので 切りたいのですが ナイフだときれいに切れない気がするし、ソープカッターを買う気もない (笑)

普通はワイヤーで切るらしいのですが うちには太目の針金くらいしかありません。

どうすれば きれいに効率的に 切る事が出来るでしょうか。
教えてください。 

Aベストアンサー

以前、我が家にもブロックのような石鹸がありましたが、
「切断する」という事が思いつかず、
毎回使う度に、左官やのブロック積み上げを想像しつつ、
手を洗っていました。    笑

石鹸の堅さにもよるかもしれませんね。

かなり堅めのヤツは、
おそらく、冷凍包丁orのこぎり用のものでないと、
女性の方は、手を痛めてしまうのではないでしょうか?
他のサイトで、ちょっと見たところ、
「何をやっても(包丁で切っても)、割れてしまう」
と言うのもありました。
もっとも、カスは、洗濯に使えるとありましたが。

もう少し柔らかいタイプのもの、
または、できて時間のたっていないものは、
やはり、針金などがやりやすいようですね。

¥100ショップで、
¥200以下でできるというサイトも見つけました。
頂いた方に、逆にプレゼントというのもありかと。。。

とりあえず、ご参考になれば幸いです♪

参考サイト
○ソープ用ナイフ

参考URL:http://www9.plala.or.jp/pmmy/soap/soapknife.html

以前、我が家にもブロックのような石鹸がありましたが、
「切断する」という事が思いつかず、
毎回使う度に、左官やのブロック積み上げを想像しつつ、
手を洗っていました。    笑

石鹸の堅さにもよるかもしれませんね。

かなり堅めのヤツは、
おそらく、冷凍包丁orのこぎり用のものでないと、
女性の方は、手を痛めてしまうのではないでしょうか?
他のサイトで、ちょっと見たところ、
「何をやっても(包丁で切っても)、割れてしまう」
と言うのもありました。
もっとも、カスは、洗濯に使...続きを読む

Q苛性ソーダについて教えて下さい

数日前、電車の座席に苛性ソーダがこぼれていた(撒かれた?)という事件がありました。
その日に新聞を読み損ねたら、もう記事を見つけることができずにいます。過去ログで探しても見たのですが(質問があったと思います)、わからないので質問させて下さい。

調べたところ、苛性ソーダというのは劇物で入手困難なものらしいですが、手作り石けんなどで使う人も少なくないようです。
今回のことはよくわかりませんが、うっかり触るような事態もなきにしもあらずと思うので、今後のために教えて下さい。

1)皮膚についた時はお酢で中和するように、とありましたが、お酢が手もとにない場合は酸っぱいもの(酸性)ならなんでもいいんでしょうか。レモンやみかんでも効果はありますか?
なんだかわからず、水で洗ったらどうなりますか。洗わないよりマシでしょうか。

2)苛性ソーダって、臭いですか? 近くにあると気が付くでしょうか。園芸用としても使うそうですが、消毒薬の臭いなのでしょうか。座席にこぼれた場合、座席は脱色されたりするものですか?

3)顆粒、結晶の形で売られているようですが、水に溶かして使うんですよね? その際に危ないからゴーグルを使用した方がいいそうです。水溶液の状態で販売しないのは急速に変質するんですか? それとも、園芸用のは液体ですか?


薬品のことなどなにもわからないのに恐縮ですが、どうぞ教えて下さい。

数日前、電車の座席に苛性ソーダがこぼれていた(撒かれた?)という事件がありました。
その日に新聞を読み損ねたら、もう記事を見つけることができずにいます。過去ログで探しても見たのですが(質問があったと思います)、わからないので質問させて下さい。

調べたところ、苛性ソーダというのは劇物で入手困難なものらしいですが、手作り石けんなどで使う人も少なくないようです。
今回のことはよくわかりませんが、うっかり触るような事態もなきにしもあらずと思うので、今後のために教えて下さい。

...続きを読む

Aベストアンサー

苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)の水溶液は強いアルカリ性で、タンパクや油分を溶かす作用が強いので、家庭用洗剤(マイペットとか)にも配合されています。
医薬用外劇物に該当しますが、薬局に注文して身分証と印鑑があれば、買えます。値段は500gで5~600円だと思います。

皮膚に付いた場合は、流水で15分以上洗い流すのが、基本的対処です。その後2%くらいの酢酸で中和します。洗い流さずにお酢をつけると発熱して火傷しますので、やってはいけません。中和に使う酸はレモンやみかんに含まれるクエン酸でも構いません。

苛性ソーダの溶液自体は無臭です。また、見た目も水と変わりありません。濃厚な溶液では粘度が高いので垂らしてみれば違いが分かるでしょう。水に溶かすと発熱して湯気が出ます。何の湯気かは知りませんが、吸うとむせます。今回の事件のように、ありとあらゆるものが染み付いている電車のシートなんかに付いた場合は怪しいガスが出ても不思議ではないでしょう。

苛性ソーダは日本薬局方に収載されている医薬品でもあります。そのため薬局で買えるのですが、この局方品は固体です。試薬や化成品としては溶液のものもたくさんありますが、一般の方が入手するのは困難でしょう。

苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)の水溶液は強いアルカリ性で、タンパクや油分を溶かす作用が強いので、家庭用洗剤(マイペットとか)にも配合されています。
医薬用外劇物に該当しますが、薬局に注文して身分証と印鑑があれば、買えます。値段は500gで5~600円だと思います。

皮膚に付いた場合は、流水で15分以上洗い流すのが、基本的対処です。その後2%くらいの酢酸で中和します。洗い流さずにお酢をつけると発熱して火傷しますので、やってはいけません。中和に使う酸はレモンやみかんに含まれ...続きを読む

Q手作り石けんの色づけ。

こんにちは。

今、石けんを作っており、
タネを寝かしている最中です。
参考にさせてもらった本は前田京子さんの本、
【オリーブ石けん、マルセイユ石けんを作る】です。

型入れする直前に、精油を入れる予定ですが
出来たら、マーブル模様にもしたいなと思い
色づけを考え中です。

・・・っが、本に書いてあるのは野菜やオイル、
パウダーなどを使った色づけ方法ですが
アースピグメントでの色づけはやめた方が良いのでしょうか?
MPソープでは色づけにアースピグメントを
使う方法がありますが、今ネットで探しても
手作り石けんの色づけに良いですよと書いてありますが
使ったレシピなどは一つも書いてありません・・・
ここにある手作り石けんと言うのはMPソープの事でしょうか?

詳しい方、ぜひ教えて下さい!!
おねがいします!!

Aベストアンサー

>アースピグメントでの色づけはやめた方が良いのでしょうか?

質問者さんが金属アレルギーなど一切くて、自分だけで使うのだったら、どんどんつかって構わないと思います。

あと…MPソープは使ったこと無いですけど、そのまま使っても可能な状態になってるものですよね?
手作り石鹸=オイルと苛性ソーダで反応させて型に入れる段階では手で触ると火傷するくらいのアルカリ性ですから、ちょっとしたものを入れると想像とは全然違う色に変化します。いろいろなアースピグメントがありますが、説明にあるような発色をするとは思えないよなぁ~というのが私の印象です。

前田京子さんの本…全部記憶しているわけではないですが、オイルを混ぜ混ぜするのが好きな方なようですから、「MPソープというものがある」以上の利用の仕方は書いてないと思いましたが…

ちなみに私はクレイパウダーを使っています。
アレルギーがあるのでエッセンシャルオイルもラベンダーかティーツリーくらいしか使えませんけど…

結局…何を目的に石鹸を作りたいのか?で やり方が全然違うんですよね。何も入れないのが一番体にいいはず(とりあえず私には)

>アースピグメントでの色づけはやめた方が良いのでしょうか?

質問者さんが金属アレルギーなど一切くて、自分だけで使うのだったら、どんどんつかって構わないと思います。

あと…MPソープは使ったこと無いですけど、そのまま使っても可能な状態になってるものですよね?
手作り石鹸=オイルと苛性ソーダで反応させて型に入れる段階では手で触ると火傷するくらいのアルカリ性ですから、ちょっとしたものを入れると想像とは全然違う色に変化します。いろいろなアースピグメントがありますが、説明にあるよう...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報