「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

今日サウンドハウスで注文していたコンデンサーマイクのNT1-Aが届いたので、
早速UA-4FXに繋いで、フリーソフトのsoundengineで録音してみたのですが、
音量がすさまじく小さいです。
UA-4FXのファンタム電源は間違いなくオンにしていますし、
XLRケーブルも付属のものを使用し、繋ぎ方も間違っていないはずです。

UA-4FXの入力インジケーターを見てみると、ほんの少し緑の部分が見え隠れしていて、
音量が小さいことが見て取れました。

しかし、コンデンサーマイクにかなり近づいてみても変わりません。

初期不良を疑ったほうがいいのでしょうか?
また、UA-4FXのほうが故障している、という可能性もあるのでしょうか・・・

もし初期不良ということであれば、返品は一週間以内らしいので、
早急に返品して、修理又は交換をお願いしたいです。

アドバイス等あれば、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

>>No.3-4-5です。


何回も書き込みスイマセン。
質問者さんがどういったことを試したのかをしらないので
失礼に当たるかもしれませんが、いくつか。

1,左側のスイッチ、アナログとかデジタルの所。
ここの切り替えと

2,インプット真ん中のボリュームを試してみましたか?

もし2であれば機能の指摘が間違っていたことになります。スイマセン。

ケーブルで直ったのであればいいのですが、今日は夜遅くまで反応できませんのでこれだけ。


出先でちょっと気になったので殴り書きのようになってしまいました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お二方に教えていただいたとおり、
インターフェースを綿棒でよく掃除したら、
音がちゃんとはいるようになりました。

本当に助かりました。

お忙しい中、お時間をさいて回答していただき
ありがとうございました。

お一人しかベストアンサーに選べないのが非常にもどかしいのですが、
出先にも関わらず回答をくださったAxiomD1様をベストアンサーに選ばせていただきました。

本当にありがとうございました。

お礼日時:2010/12/29 21:30

おや、昨夜続きの回答を投稿したつもりが、反映されていませんね...



>> 今まで使っていたダイナミックマイクで、同じXLRケーブルを使って接続してみたのですが、同じように音量が小さかったです。 //

こうなってくると、ケーブルの不良か、UA-4FXのXLR端子の不良が疑われます。コンデンサマイクだけ不具合があるなら、温度や湿度の影響で結露したという可能性もありますが、ダイナミックマイクでも変わらないとなると、マイク自体には問題がないかも知れません。

もっとも、他の(正常に動作していることが確実な)機材がなければ原因の切り分けができないので、以下の方法を試して改善が見られないようなら、いったん返送してチェックしてもらった方が良さそうです。せっかく買ったのに残念ですが、原因がハッキリしないままあれこれやっても遠回りでしょう。

端子の不良に関しては、これまでXLR端子を使っていなかったのであれば、酸化皮膜ができていたりする可能性があります。マイクケーブルを何回か抜き差しすれば、皮膜をこそげ落とせる場合があります。規格上は数100回の挿抜に耐えられるはずなので、ザクザクやって構いません(爪楊枝だと柔らかすぎて取れないでしょう。中で折れたりすると笑えないので、止めておいた方が良いと思います)。

意外と、今回付属していたXLRケーブルの端子が酸化しているという可能性も考えられそうです(オス側なら爪楊枝や綿棒で掃除しても構いません)。また、ケーブルの断線などの場合、全く音が出なくなるばかりではありません(だから余計に厄介なのですが)。従って、買い替えても良いとは思いますが、そのケーブルが届くまでの間に、初期不良の対応期間を経過してしまわないように注意して下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お二方に教えていただいたとおり、
インターフェースを綿棒でよく掃除したら、
音がちゃんとはいるようになりました。

本当に助かりました。

お忙しい中、お時間をさいて回答していただき
ありがとうございました。

お礼日時:2010/12/29 21:28

下の電源云々は、コネクタが汚れているのではないかなと思って。


接点が悪いとか・・・どうなんだろう。
ケーブル内の断線だったら音も出ないと思うので・・・
UA4FX側の端子を爪楊枝みたいな物で掃除してみるとか・・・
そう言う点をトライアンドエラーで調べてはどうでしょうか。

マイク側の不調ではなさそうですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

掃除もやってみます。

あと、ケーブルも買ってみます。
それで変化が起きれば、また書き込みたいと思います。

数々の助言、本当に感謝しています。

お礼日時:2010/12/29 03:48

No.3です。


補足で確認事項を
マイク&ギター端子付近のスイッチ、これはきちんとマイク側になっていますか?
それとマイク側(左)のボリュームが小さいってことは無いですよね…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

AxiomD1さま

ファンタム電源をオンにした際、48vのところはちゃんと光っています。
マイクのつまみも最大にしていますが、それでやっと聞き取れるくらいです。
スイッチもマイク側になっておりました。

丁寧に補足までしていただき、ありがとうございました。

お礼日時:2010/12/29 00:38

UA4FXの裏側のファンタム電源のスイッチって切り替えました?


表のパネル部分の48vにライトがついてますか?
もしかしたら電源不足の可能性とか…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

電源不足とは・・・?

お礼日時:2010/12/29 00:39

NT1-Aは使ったことがありませんが、UA-4FXで音量が足りないということはないでしょう。

UA-4FXの規定入力レベルは「-45dBu~」で、NT1-Aの規定出力レベルは「-32 dBV/Pa」なので、十分間に合います。

そうすると、ケーブルの不良か、NT1-A本体の不良が疑われます。まさか、とは思いますが、裏側を向いていたなんてオチはありませんよね? 金色のマークがついている方が正面(収音対象側)ですが....

UA-4FXの不良に関しては、これまで別のマイクを使っていたのであれば、それで試してみれば良いでしょう。もちろん、XLRケーブルで接続できるマイクであることが前提ですが(いうまでもなく、ダイナミックマイクであればファントム電源はOFFにしてから接続して下さい)。

なお、ファントム電源に2番ホットも3番ホットもありません。というか、「2番ピンと3番ピンの中点に48Vを印可する」のをファントム電源と呼びます(電圧は他の規格もある)。どちらか片方にしか電源が供給されていなかったら、正常に動作しません。
http://blog.zaq.ne.jp/senri/article/246/

「2番ホットか3番ホットか」というのは、まさに「ホットとコールド」という信号の極性(あるいは位相)の問題です。これはバランス伝送全般の問題で、ファントム電源とは全く無関係です。かつては3番ホットもありましたが、現在では2番ホットが主流です。
http://www.op316.com/tubes/balanced/xlrstudy.htm

変な知識でファントム電源を扱うと機材を壊しますから、注意して下さい。

また、インピーダンスの差も全く関係がありません。少なくともNT1-Aの場合、出力インピーダンスが100Ωなので、マイク入力のインピーダンスは1kΩ~2kΩ程度あれば十分です。UA-4FXは入力インピーダンスが公開されていませんが、常識的に考えて、1kΩ~2kΩ程度と思われます(いまどきのオーディオI/Fのマイク入力は、だいたいその程度です)。従って、ダイレクトボックスなど全く無意味です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
マイクは正面から録音しました。

先ほど、今まで使っていたダイナミックマイクで、同じXLRケーブルを使って接続してみたのですが、
同じように音量が小さかったです。

ちなみに、標準フォン端子のケーブルでダイナミックマイクをマイク入力ジャックに刺してsoundengineで録音したところ、音量も正常に録音できました。
今までは↑のように、XLRケーブルは使用せず、入力ジャックから録音していました。

ですので、今現在持っているXLRケーブルはNT1-Aに付属品として付いてきたこのケーブル一本のみなので、
他のXLRケーブルと比べるということができないのですが、
これはケーブルの不良と考えていいのでしょうか・・・。

お暇があれば、再度アドバイスをいただけると幸いです。

お礼日時:2010/12/29 00:35

インピーダンス違いで、マイクの不動作ではなさそうですが。



ウィキペディアが参照先として良い記述ですので。
http://ja.wikipedia.org/
XLRタイプコネクター
> 2 オーディオ用途に於ける用例

また、「ファンタム電源ANDホット」で見たところ、
インピーダンスを合わせるダイレクトボックスの説明が
多く当たりますので、使う事になるかと思われます。

壊したか心配なら、駄目もとで返送有償チェックを受けては。
映画系ポストプロダクションで、ケーブル片付けで覚えた事で
「昔の設備はファントム給電仕様で2番ホットか3番ホットか
違いが有った」のですが、もう統一されたと思って良いそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

サポートにメールをしてみたところ、
乾燥剤を入れた密閉容器に一日入れて様子をみてくれとのことでした。

それでもだめだった場合再度連絡してみようと思います。

アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2010/12/29 00:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qコンデンサーマイクなのに音が小さい

パソコン付属のマイクだと録音しても音が小さいので、
コンデンサーマイクを購入しました。
そしてパソコンに接続して録音してみました。

しかし、パソコンマイクより音が小さいです。
マイクの前で話してもほとんど聞き取きとれないくらいです。

パソコン以外にもビデオカメラ(プラグインパワー)にも接続してみました。
結果はパソコンマイクの方がはるかに音が大きく録れます。
コンデンサーマイクはブーとノイズしか聞こえません。

接続方法としては、マイクの付属ケーブルがキャノン×キャノンだったので、
ステレオミニの変換プラグを付けています(それがいけないのでしょうか?)
購入した店では大丈夫と言われました。。
それからマイクに電池は入れなくても良いですよね?
(パソコンとプラグインパワーのカメラなので)

パソコンはオーディオインターフェイスを使ってないからか?
とも思いましたが、ビデオカメラでも音が小さいようでは・・・

マイクが不良品だったのでしょうか?

Aベストアンサー

JTSのTX9だったら、本来的にはNo.1の方のご指摘どおり、正規のファンタム電源で使う(なので、繋ぐ機材もXLRのマイク入力端子を持っていて、かつファンタム電源供給機能のあるモノでないとダメ)なタイプのマイクですね。

ただ、単三電池駆動できる設計ですから、まずは単三電池入れてみましょう。
それでうまく動けばOKとしましよう。
もしダメだったら、ファンタム電源対応のオーディオインターフェースなりを買うしかないです。

プラグインパワーとファンタム電源は、電源供給のための機構が設計的に全く別物なので、TX9はプラグインパワー電源では「原則的には」全く動作しません。
なので、GatewayM-2408jでかすかに動作したみたいなのは、私にとってもちょっと驚き。「へぇ、そんなこともあるのか」という感じですけどもね(^^ゞ

QRODEマイクNT1-Aに最適なオーディオインターフェイスは??

RODEマイクNT1-Aに最適なオーディオインターフェイスは??

私はNT1-Aを持っていて、歌ってみたをやってみたいと思うのですが、オーディオインターフェイスを何にすれば良いのか迷っています。

今のところUA-4FXやUS-144MKIIなどが良いかなと思っています。
値段はできるだけ抑えたいですが、どのようなインターフェイスが良いのでしょう?教えてください。

Aベストアンサー

>それは承知しておりますが、音質など、相性はないのでしょうか。

んんんんんん…

えと、質問者の方におかれては、どのような「音質」「相性」を懸念されていますか?
(というか、質問者の方が考える「相性」って、具体的にどんなものですかねぇ?)

自分の宅録経験(20年近く)では、NT-1Aクラスなら2万円台までのインターフェースで、まず問題ないですが。
発生するかもしれない相性的な問題というのは、9割以上がインターフェースとPC間の問題で、マイクには全く責任がない話ばかりです。
(ネット上では、インターフェース~PC間の問題とマイクの問題の切り分けができない初心者レベルの人が、自分の録音の良し悪しをマイクのせいにしているケースは山のように溢れていますが…半分以上は本人の無知から来る認識違いだと私は思ってますが。)

PCとインターフェースの問題は、本人のPCセットアップの問題(バックグラウンドで動くソフトのチューニングの問題、一部の相性の悪いセキュリティソフトの有無、少しだけ本体のUSBデバイスの問題等、直接的にはインターフェース自体には罪がない話)がほとんどで、コレばっかりは人によってPC環境が違うので、とりあえずは繋いでみないとわかりません。

インターフェースの音質性能的には、まぁ「上には上がある」という意味も含めてですが、UA-4FXクラスが『本格録音指向なら実用最低ランク』です。
ちなみに、US-144はもっと安いUS-122と中身全く変わりません(入出力が増えた分だけ値が上がってるだけ)なので、UA-4FXよりは格下ですけどね。
(この価格帯は、本体価格が高ければ高いほど露骨に音質性能がよい)

>それは承知しておりますが、音質など、相性はないのでしょうか。

んんんんんん…

えと、質問者の方におかれては、どのような「音質」「相性」を懸念されていますか?
(というか、質問者の方が考える「相性」って、具体的にどんなものですかねぇ?)

自分の宅録経験(20年近く)では、NT-1Aクラスなら2万円台までのインターフェースで、まず問題ないですが。
発生するかもしれない相性的な問題というのは、9割以上がインターフェースとPC間の問題で、マイクには全く責任がない話ばかりです。
(ネット上...続きを読む

QXLRケーブル 音質的にメリットはあるのでしょうか

私の愛用している300Bシングルアンプ。
XLR端子がついております。
これを活用してみたくなりましたが、今の環境で使うとなれば、
XLR出力がついたプリアンプやアッテネーターを購入するしかありません。
それか変換ケーブルだと思います。

でも、変換ケーブルでRCAからXLR端子にしても、端子の形状が
違うだけでメリットはないと思ってしまいます。

XLRケーブルの音質的メリットってあるのでしょうか。

Aベストアンサー

>> 変換ケーブルでRCAからXLR端子にしても、端子の形状が違うだけでメリットはない //

その通りです。

XLRケーブル(以下、特に断らない限り3ピンのもの)は、バランス接続に使用します。すなわち、出力がバランス(差動)、入力もバランスの場合にだけ、意味があります。出力がアンバランスである以上、バランス入力に繋いでも実態はアンバランス接続のままです。

もっとも、一般家庭では、そもそもバランス接続をするメリットがありません。バランス接続が有利なのは、端的にいえばノイズ耐性が高いからです。業務用分野では数10~100m近い配線を引き回す上に、照明や舞台装置の電源が大きなノイズを出すので、バランス接続でないと実用に堪えません。

普通の家庭では、実用上問題になり得るノイズ源はせいぜい電子レンジくらいで、長さも10mに満たないので、アンバランス接続でも問題ありません。もし問題がある場合でも、まず引き回しを工夫してノイズ源から遠ざけるのが先決です。

内部の回路構成が差動型のオーディオ機器の場合、アンバランス→バランス変換の回路を省くことで最良の音質になると謳った製品もありますが、「メーカーがそう言うんだから、多分そういうものなんでしょ」としか言えません(メーカーとしてはその方が良い音だと考えていても、聞く人によっては感想が異なるでしょう)。

いずれにせよ、(真空管にはあまり明るくありませんが)シングルアンプなのでバランス入力はアンバランスに変換した上で増幅されるのではないですか? その「変換回路による色付け」に期待するかどうか、ということになります。

-----

蛇足ながら...

ピンの割当ては、現在では1: GND、2: HOT、3: COLDが標準ですが、古い製品の中には2: COLD、3: HOTという割当てがあります(逆相になるだけで家庭では特に問題ありませんが、業務用だとミキシングや複数スピーカーを使用する場合に困ります)。近年でも、「敢えて」3番HOTという接続をしている製品があるので(特に家庭用)、ちょっと注意が必要です。

1つのコネクタでステレオのバランス接続をする場合は、普通は5ピンのXLRコネクタを使います。というか、4ピンで2チャンネル分のバランス接続をしようとすると、本来GNDに割り当てるべき1番ピンを信号線に使うことになるので、コネクタの使い方としては「誤用」です。

アンバランス出力→(変換コネクタ)→バランス入力は、原則として問題なく行えます(前記の通り、当然ながらアンバランス接続になります)。

バランス出力→(変換コネクタ)→アンバランス入力は、原則として御法度です。出力側の回路構成によっては故障の原因になります。トランス出力、疑似バランス出力、もしくは保護回路が入っている場合は大丈夫ですが、正体がハッキリしないときは使えないものとして扱う必要があります。

バランス出力・入力をトランスで行っている場合、アンバランス接続にするとインピーダンスマッチングの問題が生じる可能性があります。

>> 変換ケーブルでRCAからXLR端子にしても、端子の形状が違うだけでメリットはない //

その通りです。

XLRケーブル(以下、特に断らない限り3ピンのもの)は、バランス接続に使用します。すなわち、出力がバランス(差動)、入力もバランスの場合にだけ、意味があります。出力がアンバランスである以上、バランス入力に繋いでも実態はアンバランス接続のままです。

もっとも、一般家庭では、そもそもバランス接続をするメリットがありません。バランス接続が有利なのは、端的にいえばノイズ耐性が高いからです...続きを読む

Q録音で音がこもらないようにしたい

たびたびこちらでお世話になっています。
色々ありましたがおかげさまで、
パソコンに歌声を取り込む事が可能になりました。
皆様ありがとうございました。

コンセプトとしては、なるべく生の声に近いように、
それでいて予算はそんなにないということでした。

それで、安くてもコンデンサーマイクがいいということで、
結果、評判の良かったRODE-NT3を入手しました。
インターフェースはTASCAMのUS-122Lです。
ケーブルはXLR-XLRですが3mで500円でした。
メッキはよく分かりません。

それでAudacityをもちいて録音すると、
ダイナミックマイクとあまり変わらないようなこもった感じになるのですが、
もう少し良くはならないものでしょうか。
何かを操作すれば良くなるといったことはないでしょうか。

録音する部屋が狭いからこもるのかと思い、
部屋があまり関係のないと思われる小声の喋りもやってみましたが、
やっぱりちょっとダイナミックマイクとあまり変わらない感じなのですが。
それとも、これが機材の能力なのでしょうか。
「もっとお金かけないと同じ土俵には立てないよ」ということでしょうか?

たびたびこちらでお世話になっています。
色々ありましたがおかげさまで、
パソコンに歌声を取り込む事が可能になりました。
皆様ありがとうございました。

コンセプトとしては、なるべく生の声に近いように、
それでいて予算はそんなにないということでした。

それで、安くてもコンデンサーマイクがいいということで、
結果、評判の良かったRODE-NT3を入手しました。
インターフェースはTASCAMのUS-122Lです。
ケーブルはXLR-XLRですが3mで500円でした。
メッキはよく分かりません。

それ...続きを読む

Aベストアンサー

それよか、なんでUS-122LバンドルのCubase LE使いませんの?
Audacityよかもっといろいろ調整できますのに。

あと、マイクと口の間隔狭すぎませんか?
NT3なら、マイクと口の間隔を20センチは空けた方が良い。
近づけすぎたらめちゃくちやこもりますよ。
まさかマイクを手で持って歌ってないですよね?

20センチ空けて録音して、どう調整しても音量不足なら、それは声が小さすぎです。
これは裏技的ですが、NT3はファンタム使わず電池使うと、ちょっと音質と音量が変わるので、試してみる手ではあります。その方が声との相性がよい事も希にある。

Qコンデンサーマイク壊れた??

最近、マイクをケーブルにつないでセットしてからファンタム電源を入れる、
そうしないと高い頻度で壊れる、という情報を得たのですが、
私は今までそんなことつゆ知らず、多くの場合最後にマイクをつなげて、
マイクのスイッチを入れたりしていました。
マイクのスイッチも入った状態でつないだことだってあると思います。
それもごく初期の頃から。

コンデンサーマイクで録音しているのに、
どことなく実際よりも音が重い感じ(振動が荒い感じ?)がするのですが、
これって壊れているのでしょうか?
抜けが悪いって言うか臨場感が遠いっていうか・・・
(ボーカル録音)

Aベストアンサー

うーん…
私のレベルでは、やっばり、そのコンデンサマイクがどんなもんかがわかんないと、あんまり短絡的には言いづらいですね。

ずばり、コンデンサマイクの種類によっては「そんなもん全く関係ない」ってのもあるし、電源の投入タイミング以前にファンタムの電圧が合ってない(これ、アマチュアシーンでは意外と多いです)事の方が原因だったりもする。

まぁ「あんまり詳しすぎる情報は難しくて混乱するだけなので。」ということは、わかんないでもないですが…

ただ、一般論としては「電源投入タイミングは守りましょう」ということは
「確かにそれが原因で痛むコンデンサマイクがあるので、いつ何時そういうコンデンサマイクを扱うことになっても間違いがないように」
という、、『身体で覚える「躾」の問題』として重要…ってことなんです。

なので、質問者の方の疑問点である
「今の不調の原因として考えられるかどうか」
という原因究明の観点だと、逆に「電源投入タイミングごときは、全く不調の原因にはならない」タイプのコンデンサマイクもあるので、私のレベルでは具体的なマイクの種類に拘らないと答えきれないんですよ。

まぁこんな話だけじゃ「そんなこと聞きたいんじゃない」と怒られるだけと思うので、ごく基本的な事柄だけちょっと書き足します。

・コンデンサマイク全般での「マイクケーブル繋いでから電源を入れろ」という『躾』の最も重要な目的は、電源投入時のポップノイズを防ぐためである。
→このポップノイズは、マイクによっては結構ド派手なので、どっちかというとマイクよりミキサー、アンプ、スピーカ保護のために鉄則とされる、

・真空管内蔵型のコンデンサマイクでは、正しい手順で電源投入しないとヤバイ機種が多い。
→そういうマイクは、取扱説明書に「これでもか!」というくらいくどく禁止事項が書いてあるのが普通。

・エレクトレットコンデンサマイクは、最近のものならほとんどは「正しい供給電圧でありさえすれば、いきなりの電源投入自体で壊れたり不調になる構造ではない。
→マイクから見たら、ケーブル接続後に通電しようが、接続した瞬間に通電されようが、いきなり電圧が掛かってくることに変わりはないので、その程度で壊れるような設計にはなってないということです。ただし例外はあります。

で、ここが私が気になって気になって仕方ない点ですが、
・48Vファンタム仕様のコンデンサマイクでは、マイク側に電源投入スイッチが付いている機種は極めて少ない。
→10万円前後以上する高級マイクでは、確かに内部がデリケートなので「①ケーブル接続、②機器側ファンタムON…の後に③マイク側スイッチON」しないと壊れるかも…なものがあります。マイク側で急な電圧を緩衝して内部を保護する機構があるから。

しかし、そういうマイクはめちゃ高価なので、質問者の方がそういうマイクを使っているのかどうか…をはっきり知りたかったんです。

2~3万円くらいまでのマイクで、マイク側にスイッチが付いている機種というのは、「内蔵電池駆動兼用」で、電池使用時の電源スイッチとして設けられているケースがほとんどです。
で、2~3万円くらいまでのコンデンサマイクなら、最近のものならまずはエレクトレット型なので、上に書いたとおり電源投入タイミングだけが原因で故障・不調か発生することはほとんど無いと思います。

むしろ、電池駆動が可能なタイプのマイクでは、ファンタム電源の電圧に制限があって、48Vのファンタム機器の場合はファンタムオフにして電池で動かしてくれ…と注釈が付いている機種の方が(そんなに多くはないが)機種数的には多いくらいです。
もしそういうコンデンサマイクだったら、48Vを投入すると寿命が縮んだり不具合が発生したりは有り得ます(そういうマイクもそんなに種類は多くはないので、型式がわかれば調べられるとは思いますが)。

個人的に、最近身近で良く聞くトラブルで一番多いのは、業務仕様ではない「プラグインパワー式」のコンデンサマイク(通常、3.5mmミニプラグ)を、プラグパワーとファンタム電源を混同して、変換プラグ使ってファンタム48V機器(XLR端子)に繋いで壊してしまうケースです。これは、せいぜい3~5Vを想定したマイクに48Vも掛けるわけですから、壊れない方が不思議です。

・・・と、現時点で考えつくのはこれくらいですね。

で、結局マイク次第なわけですが、電源絡みの故障なら、大抵は音が出ないか「使用中ずっとノイズが乗る」という症状の方が多いことは多いです。
まぁ「音質が悪くなる(高域がおかしくなる)」的な症状も有り得ることは有り得ますが、その症状の場合は、電源以外の要因…保管の悪さ、衝撃、内部回路の劣化、内部結露、ダイヤフラムの異常等…といった、電源だけが原因にはなり得ない要因の方が多いことは多いですけどね。

うーん…
私のレベルでは、やっばり、そのコンデンサマイクがどんなもんかがわかんないと、あんまり短絡的には言いづらいですね。

ずばり、コンデンサマイクの種類によっては「そんなもん全く関係ない」ってのもあるし、電源の投入タイミング以前にファンタムの電圧が合ってない(これ、アマチュアシーンでは意外と多いです)事の方が原因だったりもする。

まぁ「あんまり詳しすぎる情報は難しくて混乱するだけなので。」ということは、わかんないでもないですが…

ただ、一般論としては「電源投入タイミ...続きを読む

QコンデンサーマイクをPCと接続する際に必要なもの

コンデンサーマイクとPCの接続に関して全くの初心者です。
コンデンサーマイクに対応したマイクプリアンプというものだけでいいのでしょうか?

↓購入予定のコンデンサーマイクとマイクプリアンプです。

RODE NT1-A
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?item=628^NT1AFB
YAMAHA MG124CX
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=147^TUBEMPSTV3^^

OSはXPです。
アドバイスお願い致します。

Aベストアンサー

その装備でPCに標準についている入力端子を使ったんじゃ、機材の質が台無しですよ。私もここは、No1回答者さんの意見に同調しますね。それにそもそも、PCにライン入力がなければ音が出ません。PCのマイク端子ってオーディオ的に見た場合、マイク電源が出てきているやや特殊な仕様なので、それをPC用のマイク以外の機器につなごうとは考えない方がいいです。最悪、マイク端子やつないだ機器、あるいはその両方が壊れます。

オーディオI/Fですが、ヤマハつながりだったらこの辺とか。2機種ありますが、どちらもファンタム電源対応です。
http://www.yamahasynth.com/jp/products/interfaces/audiogram/

こういうものはバランスが地味に大切で、良いマイクにはそれに見合ったマイクアンプやA/Dコンバータをつないであげないと、実力は発揮できません。良いマイク+良いマイクアンプ+安物A/Dコンバータだと、出てくる音は安物A/Dコンバータの音になってしまいます。予算的に全てを良くすることは厳しいでしょうが、その場合もあからさまな弱点を作らないようにしてください。今回最大の弱点は、PCのオンボードサウンドです。ここは録音するにしても再生するにしても真っ先に手を入れるべき場所であり、オンボードサウンドと言う時点で、他にどんなに凝った機材を用意してもダメでしょう。

その装備でPCに標準についている入力端子を使ったんじゃ、機材の質が台無しですよ。私もここは、No1回答者さんの意見に同調しますね。それにそもそも、PCにライン入力がなければ音が出ません。PCのマイク端子ってオーディオ的に見た場合、マイク電源が出てきているやや特殊な仕様なので、それをPC用のマイク以外の機器につなごうとは考えない方がいいです。最悪、マイク端子やつないだ機器、あるいはその両方が壊れます。

オーディオI/Fですが、ヤマハつながりだったらこの辺とか。2機種ありますが、どちらもファ...続きを読む

QRODE NT1-Aを購入したのですが・・・

声の収録を自宅でしています。
いわゆるネット声優というものです…。
以前は1000円程の安いヘッドホン?みたいでマイク入力端子に
繋げれるような物で、録音しておりました。
ですが、ノイズが激しかったり篭ったりして良いという音声では
撮れることができません…;
そこで、RODE NT1-Aのコンデンサーマイクを購入いたしました。

先日家に届きまして開けてみたのですが、マイクの下(裏)の方に
何か繋げるようなものがありました。
これはマイクケーブルというものが必要なのでしょうか?

あと、オーディオIFはBEHRINGER xenyx502なのですが
このマイク(RODE NT1-A)は対応していますか?

言葉足らずで、すみませんがよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>先日家に届きまして開けてみたのですが、マイクの下(裏)の方に
>何か繋げるようなものがありました。
>これはマイクケーブルというものが必要なのでしょうか?

えっと、そりゃグリル(金網状の部分)の反対側の『お尻』にある、中にピンが3本立った穴の事を意味していますか?
上の通りでしたら、そこがマイクケーブルの差し込み口です。
NT1-Aのような「業務音響仕様(プロ仕様)」のマイクは、どこのメーカーでも原則としてマイクケーブルは付属しません。
プロ相手の製品なので、買った人間がマイクケーブルくらい持ってて当たり前を前提のパッケージになっているということです。専用の特殊ケーブルが必要なマイク製品は、また別ですが。

XENYX502で間違いないですね。これですよね。
http://www.behringer.com/502/index.cfm?lang=JPN
このモデルで間違いなければ、これにはNT1-Aのような「業務音響仕様(プロ仕様)」のコンデンサマイク使う際に必須の『ファンタム電源供給回路』が装備されていません。
なので、XENYX502にNT1-Aを繋いでも、NT1-Aが動作しません(音を拾わない)。

現状でNT1-Aを使うためには、
・ファンタム電源付きマイク端子装備した、オーディオインターフェース等を入手する(XENYX502は使わない)。
・業務音響仕様のコンデンサマイクに対応したマイクプリアンプを入手し、
 マイク→マイクプリアンプ→XENYX502のライン入力
 として使う。
・外付けのファンタム電源供給装置を入手して
 マイク→ファンタム電源装置→XENYX502のマイク入力
 として使う。
の、いずれかの方法になります。

なお、ファンタム電源が必要なマイクは、必ずXLR♂-XLR♀の端子を持ったバランス型のマイクケーブルを使わなければならない(最初からそのように設計してある)ので、ケーブルの購入選択にはご注意を。

>先日家に届きまして開けてみたのですが、マイクの下(裏)の方に
>何か繋げるようなものがありました。
>これはマイクケーブルというものが必要なのでしょうか?

えっと、そりゃグリル(金網状の部分)の反対側の『お尻』にある、中にピンが3本立った穴の事を意味していますか?
上の通りでしたら、そこがマイクケーブルの差し込み口です。
NT1-Aのような「業務音響仕様(プロ仕様)」のマイクは、どこのメーカーでも原則としてマイクケーブルは付属しません。
プロ相手の製品なので、買った人間がマイク...続きを読む

Qマイクの感度、入力レベル、MTRとコンデンサマイク

宅録でボーカルを録音したくてUA-4FXとXM8500を購入し、パソコンに繋げて使っていました。
ものすごく小さな音でしか録れず、入力レベルを上げても十分な音量は得られないし、パソコン側で音量を大きくして調整すればこもったような音になりノイズも大きくなってしまいます。
これはなぜでしょうか?
-○○dbとかよくわかってないので、何か間違ったものを買ってしまったんじゃないかと思うんですが…
このGWに、きちんと録音できる環境を整えたいのですが、MTRを購入するのとコンデンサマイクを購入するのはどちらがいいんでしょうか。
MTRだったらMRS8、コンデンサマイクだったらNT1-Aを考えています。
差し支えなければ、製品仕様を見て選ぶ時のポイントなどを教えて頂けると助かります。
(dbやインピーダンスなど、解説サイトを見ても計算式が難しくて、これを見て実際にどう製品を選べばいいのかがわかりません。)

Aベストアンサー

どぇぇぇっ!

>それでまぎらわしくて申し訳なかったんですが、ヘッドセットはUSB入力です。
>更に適当なマイクになりますが、大分前に買ったプラグイン接続のマイクがあったので、UA-4FXに繋いで使ってみた所、XM8500と同じような状況です。

ありゃりゃあ、そういう意味だったんですか…これは…教えて貰わないとわかんなかったっすねぇ(^^ゞ
まぁ、こっちも聞き方が大概ヘタだったので、そこは面目無しですが…(^^ゞ

ところで…自分でも「今頃何を言うかな」なので、ちょっと恥ずかしいんですが…(^^ゞ
>中古で買ったから…
とのことですが、マニュアルやドライバCDは、ちゃんと同時入手されてますか?
また、これはまぁ本件の本筋ではないですが、PCへのドライバ組み込み、付属ソフトのインストール、ASIOドライバの設定と、本体側はADVANCEモードスイッチをONに、「はじめにお読み下さい」の方のマニュアル(応用編ではない方)の6ページ以降のPC側に置ける『サウンドとオーディオデバイス』の設定確認等は、ちゃんと完璧にできてますよね?

それから、これも「今さらアホか」という話で恐縮至極ですが、今までのやりとりで、UA-4FX側のツマミ操作を「入力ボリューム」という表現一本で済ませてましたけど、実際には
・マイクの入力音量を調整するのは、3つ並んでるツマミの一番左の「GUITAR/MIC」というツマミを使い、
・マイク入力の時は真ん中のツマミの「INPUT」は、逆に左一杯に絞り
・マイクの音を聞きたい時には、UA-4FXの本体を裏返した右側にある「INPUT MONITOR」という小さいスイッチは「ON」にして
・ヘッドフォンやモニタースピーカから聞こえる音量は、一番右の「OUTPUT」ツマミで適当に調整する
という手順を、きちんと踏んでおられますよね?

上の操作(PCのドライバインストールや設定確認、本体の操作すべて)が間違いなくバッチリであれば、録音ソフトはこの際添付の「SOUND it!」を使い(細かい設定は、応用ガイドの9ページ以降の通りにしてみること)、それで「GUITAR/MIC」ツマミを適正に調整して録音再挑戦して下さい。

ここまでマニュアル通りにきちんとやって、それでも全然音が入ってこないなら、さすがにUA-4FX本体に、なんか問題がありそうな気がします。
しかし、今頃ですが、上の機器設定やPCの設定、ソフトの設定等に何か「大きなヌケ」があるような疑いも捨て切れませんので、今一度、マニュアルどおりの設定や操作をしてみていただけませんか?

どぇぇぇっ!

>それでまぎらわしくて申し訳なかったんですが、ヘッドセットはUSB入力です。
>更に適当なマイクになりますが、大分前に買ったプラグイン接続のマイクがあったので、UA-4FXに繋いで使ってみた所、XM8500と同じような状況です。

ありゃりゃあ、そういう意味だったんですか…これは…教えて貰わないとわかんなかったっすねぇ(^^ゞ
まぁ、こっちも聞き方が大概ヘタだったので、そこは面目無しですが…(^^ゞ

ところで…自分でも「今頃何を言うかな」なので、ちょっと恥ずかしいんですが…(^^ゞ
>...続きを読む

Qマイクから入力した音声を両耳で聞きたいのですが、左からしか聞こえません。

パソコンにダイナミックマイクを接続しようとしている者です。マイクからの音声を両方のスピーカーから出したいのですが、左からしか音が出ません。右はサーッというノイズしか入っていません。

マイク端子にステレオミニジャックの延長コードを接続している(マイクのコードが短く本体に届かないため)のが原因かと思い、マイクを直接マイク端子に接続してみたのですが、やはり左からしか聞こえませんでした。

ネットで調べたところ、ステレオ→モノラル変換用ミニジャックを売っているようなのですが、それを購入しマイク端子に接続したら音声は両方から聞こえるようになるのでしょうか。

サウンドデバイスはRealtek HD オーディオマネージャです。Windows XPです。

マイクがモノラルなのに接続部がステレオで受けて、左からしか聞こえないのではないかと思っているのですが、どなたか原因、解決策が分かるかたがいらっしゃれば、ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

PCのオーディオ系統はステレオなので、そこにモノラル機器を接続すると、L側にしか音が行かないというのはすでに説明したとおりです。

ところで、使おうとしているダイナミックマイクはステレオ仕様ですか?もしそうならライン入力につなぐと、小さいながらも音は左右両方から出ると思います。その場合、今回の真相は、ステレオマイクをモノラルのマイク端子につないだために、左側の音しか出なかったという単純なものになります。

マイクがモノラル仕様の場合は、参考URLのようなボリュームコントロールでライン入力のところにある「バランス」を触ることで、調整が効くかも知れません。ただ音が小さくなっておしまいという心配もありますが、試す価値はあります。また、モノラル→ステレオ変換が手に入るならそれで解決できます。多分これでいけるだろうと思われるもののリンクを下に貼っておきます。

http://www.biccamera.com/bicbic/jsp/w/catalog/detail.jsp?JAN_CODE=4950190269823

参考URL:http://www.atamanikita.com/SC-XP/XP-2.html

PCのオーディオ系統はステレオなので、そこにモノラル機器を接続すると、L側にしか音が行かないというのはすでに説明したとおりです。

ところで、使おうとしているダイナミックマイクはステレオ仕様ですか?もしそうならライン入力につなぐと、小さいながらも音は左右両方から出ると思います。その場合、今回の真相は、ステレオマイクをモノラルのマイク端子につないだために、左側の音しか出なかったという単純なものになります。

マイクがモノラル仕様の場合は、参考URLのようなボリュームコントロールで...続きを読む

QRODE製マイクのNT1-AとNT2-Aの違いと、どちらを買えばよいの

RODE製マイクのNT1-AとNT2-Aの違いと、どちらを買えばよいのか(歌ってみた目的)

RODE製コンデンサマイクのNT1-AとNT2-Aが有名ですが、どちらを買えばよいのでしょう。また、何が違うのでしょうか。
NT1-Aのほうが価格が安いので、大差なければそちらを買いたいですが、少々不安です。
また、NT2-Aを買ったからといって、相性の悪いI/Fだと、よくないのでしょうか。

Aベストアンサー

NT-1Aは、コントロールの付いてない、いわば全く素のシングルダイヤフラムタイプのサイドアドレスコンデンサマイク。
NT-2Aは、指向性切り替え、PAD、ローカットコントロールの付いた「デュアルダイヤフラム」タイプのサイドアドレスコンデンサマイク。

まぁ、機能はもちろん、構造からして違います。

NT-2Aの方が、自由度が高くいろいろな音源にも対応できる高機能です。
まぁ、私の拙い経験の限りでは、音的にもNT-1Aよりは質感は良いと思います。
大差ないという事はないと思う。といっても、録音機器の性能次第ですけどね。

ただ、NT-1Aの方は安いだけでなく、今なら付属品も豊富に付いてきますね。
ファンタム電源対応の録音機器は既に持っているなら、NT-1Aとマイクスタンドだけ手に入れればすぐに歌取りは可能。
NT-2Aで歌取りするなら、マイクスタンドの他、ポップガードとマイクケーブルは別売です。

相性がどうしたこうしたというより、NT-1Aレベルでも、少しはちゃんとしたランクの録音機器(オーディオインターフェース等)を使わないと、コンデンサマイクらしさすら出ません。ある程度の以上のランクの録音機器なら、前述のとおりNT-2Aの方が質感は良いです。

でもそれよりも、NT-1Aでも2Aでも、ある程度のランクの録音機器の他、雑音の少ない録音環境が無いと空間雑音ばかり拾って使い物になりませんよ。
完全防音とは言いませんが、一般家屋ではよっぽど条件の良い部屋でないと、ダイナミックマイクの方がよっぽどマシな録音しかできないです。

NT-1Aは、コントロールの付いてない、いわば全く素のシングルダイヤフラムタイプのサイドアドレスコンデンサマイク。
NT-2Aは、指向性切り替え、PAD、ローカットコントロールの付いた「デュアルダイヤフラム」タイプのサイドアドレスコンデンサマイク。

まぁ、機能はもちろん、構造からして違います。

NT-2Aの方が、自由度が高くいろいろな音源にも対応できる高機能です。
まぁ、私の拙い経験の限りでは、音的にもNT-1Aよりは質感は良いと思います。
大差ないという事はないと思う。といっても、録音機器の性...続きを読む


人気Q&Aランキング