私は昔、父親に「地震で地面が揺れると、空気も揺れるのでヘリコプターも落ちてしまう」と教えてもらいました・・・が、主人に聞いたところ「空気は揺れないやろ」と言われました。どなたか本当のことを教えてください。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

振動には縦波と横波とがありますが,地震で空気が揺らされるのは,


主に縦波の場合でしょう.縦波は弾性波,粗密波とも呼ばれ,
音の伝わりなんかはこれですね.(地震の地鳴りもこれでしょう.)

ヘリコプタが落ちるくらいですと,その空気の振動で人間は
無事ではないでしょうし,音が大きくて鼓膜が破れたりするかも知れません.

でもそういうことはなさそうです.
    • good
    • 1
この回答へのお礼

納得です!ありがとうございました♪♪

お礼日時:2003/09/17 18:37

鳥取県西部地震で経験しましたが、地鳴りはあります。

何回と無く夜中に、ゴーッという不気味な音がして数秒後に地震(ドーンやグラグラ)が来ました。
だから、音が聞こえるので空気が振動していたとは思いますが、爆弾が炸裂するような衝撃波のようなものではありませんでした。
せいぜい大きくても数十センチ程度のズレでしょうから。
(爆発物の破壊力は瞬間の燃焼、化学反応によって固体が気体になって容積が極端に大きくなることによる空間の気体濃度の歪みとそれに続く平衡化によります。)
ヘリは通常は1000フィート以下は飛行しませんので地震の影響は限りなくゼロに近いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重なご意見ありがとうございました♪難しいですが、なんとなく理解できした。

お礼日時:2003/09/17 18:36

 ある程度悪条件が重なれば、ありえないこともないでしょう。


 通常の地震は横揺れですので、空気への影響は小さいです。

 しかし直下型地震は縦揺れを起こすので、空気も一緒に突き上げられて揺れます。
 それに加えてヘリコプターが地面スレスレに近い場所を飛んでおり、なおかつパイロットが未熟だった場合、揺れる空気にハンドルを取られてミスをすることはありえなくもないです。

 ただし、自分が未熟だと分かっているパイロットなら、通常は地面スレスレなんて怖くて運転できません。
 なので、「離着陸の練習の最中に直下型地震が起きた」など、よほど悪条件が重ならない限り、地震でヘリコプターが落ちることはないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど・・・納得です。ありがとうございました♪

お礼日時:2003/09/17 18:34

空気もたしかに揺れる(というか、動く)でしょうけれど、


地表のように固定してはおらんので、
→←→←という動きはしいひんと思います。
台風でも、渦巻くくらいですから、地面と同じような動きはムリなのでわないでしょうか・・・

でも、空気が動く、というか、気圧が変わる事はあるようです。
気のせいかもしれませんが、阪神大震災の日、
朝方耳なりで目がさめて、なんやねん、と思った記憶がありますので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧にありがとうございました。参考にさせていただきます♪

お礼日時:2003/09/17 18:33

多少は空気に影響を与えますが、ヘリコプターが落ちるまで


はいかないでしょう。
それなら、高速道路で何台もトラックが走ってる上空では
ヘリコプターが飛べないことになりますし。
地面でそれほど変動が無いのに上空まで影響されるとは思えません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。そんなニュースも聞いたことないし・・・ありがとうございました。

お礼日時:2003/09/17 18:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QP波を感知するのですが……

特に生活には支障はなくて、特に気にしてもいなかったのですが……
最近どうも地震が多いので気になってしまって……

以下の話はすべて本当です。一つも偽りはありません。

先に結論を言うと自分は(人間です。)地震のP波を感知するらしいです。

自分は眠りが深いのか、夜中ほとんど起きることはありません。トイレにも行きません。暑くても、寒くても、何かに体をぶつけても、寝てる場合が多いです。
一つだけ例外が―――地震です。
しかも、地震のくる(揺れる)前に起きるんです。
パッと目が覚めて、変だな、何で起きるんかなぁ…と数秒考えて……
周りの空気?がちょっとおかしいことに気付くんです。空気が揺れてるというか、地面がほんの少しだけ揺れているというか……
…………そして、数秒後、地震が来る(揺れ始める)んです。今のところ最高で震度4まで経験しています。

起きているときでもあります。メールしているときも、ゲームしているときも、勉強しているときも、一瞬思考回路が止まって、周りの空気?がちょっとおかしいことに気付くんです。空気が揺れてるというか、地面がほんの少しだけ揺れているというか……
…………そして、数秒後、地震が来る(揺れ始める)んです。
震度1とかの場合もあります。こんな場合は、うちの家族は地震があったこと自体気付いてない場合が多いです。
「今、ちょっと揺れたよねぇ?」
「えっ!揺れてないでしょ」(母)
「アホちゃん?」(弟)
「車が通ったんじゃない?」(父)
……でも、その後テレビやネットで調べると、地震は起きているんです。
震度1に満たない場合もありますが……

このことを家族に話しても信用されないので、いとこの家に言ったときに話してみましたが、あまり参考になる話は聞けませんでした。
叔父さんには、耳の奥のほうの神経(名前忘れました)が敏感なのではないか、といわれました。飛行機とか電車とか、大丈夫か?と聞かれましたが、全然大丈夫です。電車の揺れは大好きですし、元鉄チャンです。飛行機の揺れも全く問題なく、将来パイロットになりたいと思っているくらいです。

ついでに、
叔父さんには「それはP波を感じているんやな」
と言われましたが、もひとつ実感沸かずです。

「地震の前に身構えられるって生存率あがるやん?」
と言われましたが、そうかもしれませんが、今までの経験では、恐怖感で何もできていません。(火を消すとか、座布団かぶるとか)

次は、そのP波の時間帯?に「地震来るぞー」と叫んでみようかと思っていますが、できるかどうか……
もし話せたら、確実に地震を予期していることになりますね?

一つだけとても怖いのが、来る地震が震度1か震度7か全く分からないことです。
他の人は揺れ始めてから、「アッ!地震だ」。終わってから「怖かったぁー」と言っていますが、自分の場合は「これから地震がくるぞ……(モヤモヤ感)」――(揺れる)――「終わったぁ。ホッとした…」という感じで地震の後に変な開放感があります。

えっと、肝心の質問ですが……どうしましょう?


これは明らかに人間に起こることではありませんか?
あり得るとすれば、どういう場合ですか?
これって障害ですか?
今後どうやって生きていけば…?
俺って人間じゃないですか?
もはや、なまず?

なんでもいいので、回答かコメント待っています。

特に生活には支障はなくて、特に気にしてもいなかったのですが……
最近どうも地震が多いので気になってしまって……

以下の話はすべて本当です。一つも偽りはありません。

先に結論を言うと自分は(人間です。)地震のP波を感知するらしいです。

自分は眠りが深いのか、夜中ほとんど起きることはありません。トイレにも行きません。暑くても、寒くても、何かに体をぶつけても、寝てる場合が多いです。
一つだけ例外が―――地震です。
しかも、地震のくる(揺れる)前に起きるんです。
パッと目が覚めて、...続きを読む

Aベストアンサー

自分の考えからすると、質問者さんが感じているのはP波ではありません。

P波を感じる、というのはどんなヒトにも起こりえることですが、P波が来る前にP波を感じるのはかなり特殊です。
そもそもP波とは、地震の発生に伴って発生する物理的な波なので、物理的な波を感知する感覚器の備わっている、ヒトには(だれであっても)感知することができます。しかし、それが発生していない段階で地震が来ることを予測する(感知してから、小さなゆれ(=P波)、続いて大きな揺れ(=S波)を感知)のは、P波が発生する以前に起こる、地殻変動を感知しているものと思います。

地震の前には地殻変動による岩石移動や断裂で高周波が発生する、その高周波を感知する生物の例がなまず、高周波で天候がおかしくなることもある例が地震雲というように、高周波の段階で、それが地震直前のピークになる瞬間を感知しているものと思われます。
渡り鳥やイルカ、なまずに代表されるように、高周波を脳内で感知できる生物はたくさんいますし、ヒトにも個体差は激しい(ほとんどの個体は感知できない)ものの、その能力を引き継いでいたり、たまたま発現したりすることがあります(これらを一般にヒトは超能力という)。

障害とは、遺伝子情報の欠落や、身体の損傷によって本来の機能が十分に引き出せないことをいうため、この事例は障害とは認定されないと思われます。

P派(厳密にはその前の高周波と思われる)の感知については、なんともしようがないです。生得的に災害などの危険を感知するとき、生物は必然的に、その瞬間すべての思考が停止しますから(車に轢かれる前に横を向いてつったった状態になる、巨大な地震が来るとゆれが大きくなるまで実際は身を守る行動をしないetc...)、恐怖に瞬時に対応することは生理的に難しいようです。

それが、事前に恐怖を予測できることはなおさら恐怖でしょうが、地震が来た瞬間、落ち着く。
そしてこう考える「震度7の地震なんて、あんまりない!」。
そう思わないと、精神病にでもなりそうですよね?とりあえず、これは1つの能力(ability)だと思っておくといいですよ。

霊感がある人が霊や心霊スポットにおびえつつそれと付き合っているのと似たようなものと考えておくと気が楽かもです。あんまり悩むと...本当に精神病なんてことも。

あくまで、参考までに。

自分の考えからすると、質問者さんが感じているのはP波ではありません。

P波を感じる、というのはどんなヒトにも起こりえることですが、P波が来る前にP波を感じるのはかなり特殊です。
そもそもP波とは、地震の発生に伴って発生する物理的な波なので、物理的な波を感知する感覚器の備わっている、ヒトには(だれであっても)感知することができます。しかし、それが発生していない段階で地震が来ることを予測する(感知してから、小さなゆれ(=P波)、続いて大きな揺れ(=S波)を感知)のは、P波が発生する以前に起こ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報