最近はビデオテープもDVDやパソコンに保存されている方が多いのでしょうが、
わたしはそこまで進歩した環境(住環境・IT環境)にありません。
そこで、わたしと同じような方、たくさんのビデオをどのように保存されているか?
湿気・埃対策はどうしていますか?
理想を言えばキリがありませんので、当面無難でテープになるべく負担の無い収納方法がありましたら教えて下さいませんか?

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

Q/わたしと同じような方、たくさんのビデオをどのように保存されているか?



A/直射の当たらない場所で湿度の少ない場所か、風通しが良く湿気が留まらない場所に保存してますね。
もちろん、磁気は当てない。
それだけで、カビたテープはない。ただ、経年劣化はしますからそれは仕方ない。カビや物理的損傷が生じなければDVDよりVHSは保存性が良いです。ただ、画質が劣化していくと言うだけですね。

Q/湿気・埃対策はどうしていますか?

A/何も・・・してない。それで既に2x年は再生できる環境にある。ただ、ラックに保存してある。100本ぐらいあるビデオテープです。一番古いのもまだ再生できますから今のところ問題はない。ただ、ノイズや彩度の低下、クロスカラーはどうしても出ますが・・・これはそのうちにデジタルでノイズ除去処理でもすれば多少は何とかなりそうですし、あまり気にすることでもない。まあ、テレビ放送なら同じ番組を放送してくれる機会があれば、それを再度録画しても良いですし・・・

Q/当面無難でテープになるべく負担の無い収納方法がありましたら教えて下さいませんか?

A/とにかく
直射日光を避ける。
湿気を避ける。
磁気を避ける。
必ずビデオは先頭まで巻き戻しておく。
標準で録画する。
定期的に綺麗に保存されているかチェック(保存状態を確認する、再生チェックが必要かどうかは見た目次第)
これが大事。

一番危険なのは、一番保存が期待できる方法をとってそれを過信すること。これは、あってはならないことです。特に、一本一本、乾燥剤と一緒に密閉容器に入れたから安全と考えるのは甘い。それで、気づかず保存しダメになることもありますからね。よほど大事なら、定期的に乾燥剤を交換したり、テープの状態をチェックする必要がある。(ただし、たびたび再生してチェックを繰り返すと劣化しますので注意)


ちなみに、DVDやパソコンに保存すると画質の劣化がないとか永久保存や数十年単位での保存ができるとお考えの方がいますが、それは間違いですのでご注意を・・・
(前の方の解答の訂正も含めます)

たとえばDVDですが、記録保持性が30年ありますが、これはDVD-ROM(工場であらかじめデータをプレス記録したセル及びレンタルディスク)のみの話です。

一般に家庭で記録するDVD-RやDVD+Rは最低で数日でデータは消えます。(書き込んだ直後に読めないことも)

有機色素のアゾ、シアニン、フタロシアニンなどの色素を用いるためで、光と熱刺激で反応するため、直射日光に当たると数日でデータは消えます。CD-Rも同じです。追記型と呼ばれる1回しか書き込めないディスクは永久保存はできませんし、ましてや10年単位の長期保存はVHSより難しいかも・・・(特に日本は四季の温度/湿度変化が過酷であるため他国より厳しい)平均2~4年程度でダメになることが多い。最長でも10年程度です。
(30年は本当にまれにしか持たない)
ついでに言えば、これに加えDVDでも画質はある程度劣化します。ただ、目に見えて分かることはほとんどなく、そのような状況になれば先は短い。

DVD-RAM、DVD-RW、DVD+RW(CD-RW)など書き換えが出来るディスクは、相変化記録素材を用います。同じ名称の付く規格でも全く異なる性質を持つ素材で、ある素材の結晶状態と非結晶状態での光の反射率でデータの識別をします。これらは、書き換えができますが、書き換えを繰り返すと磁気ディスクとは異なり、素材に残留核と呼ばれる変化が中途半端なゴミが残りやすくなるため、1回の書き換え(2度目の書き込み)でも保存性は一気に低下します。全く、書き換えを伴わなければ、Rメディアより光の透過性が低く保護層が厚いため長期の保存が可能になります。ただ、傷や物理的な損傷に弱いのが特徴。一般に、保存性が高いのはRAMのカートリッジありとなります。長ければ、10年以上の保存性がある。


ちなみに、DVDの30年というのは、DVDの記録面の外側を保護する樹脂層の劣化がその程度の期間で起こるため。保護層が劣化すると光の透過と反射率が大幅に変化するため、実際にデータが存在する場所まで光が的確に届き、跳ね返ってこなくなるため読めなくなる。
CDの場合は20年。これも同じ原理で、最初に登場したCDが一部最近、読めなくもくくは読みにくくなったことから判明した事実。

ついでに、音楽で最近使われるMD(MiniDisc)や国内では普及率が高いパソコン用のデータ記録メディアMOなど光磁気を用いたメディアは、書き損じ、ディスク保護層の劣化などがない限りの長期保存が可能です。
読み出しだけなら、保護層が劣化するまでの間は読めますので、だいたい30~50年以上となります。光磁気ディスクは保護層の構造がDVD/CD系メディアとは異なるため高い保存性があります。また、磁気と名がありますが、特定の高温下でない限り磁石には反応しません。ある意味、実用的なメディア。問題は記録速度と容量があまり大容量で速くないこと。
これがデジタルメディアでは現状で最も保存性が高いメディアです。

ちなみに、ハードディスクは物理的な損傷がない限り使えますが、一般にメディア自体の記録保持性は30年。
しかし、記録されたデータを読み出す装置も付けてハードディスクと呼びますので、その装置の耐久性が平均4~6年となり、メーカーの開発耐用年数が6年以下であることから、保存性は6年以下となります。最新で大容量な物ほど密度が高くなり技術的に複雑になるため、早期に損傷する可能性が高くなります。


アナログメディアの場合は、保存性が全く変わります。
デジタルではデータが0と1のデジタルデータと呼ばれる機械語(2進数)に変換されており、一種の暗号になります。このため、欠落部が少なくとも、デジタルデータを翻訳できる一定量以上のデータがないと再生はできません。しかし、アナログでは直接情報の内容を記録しており、少しでもデータがあれば、ノイズが多くなりますが再生は出来るという利点があります。
そのため、デジタルより超長期的に考えたときに再生できることだけを考えると保存性は良くなります。
(レコードが100年。紙が1万年、テープが数十年、状況によって数十年以上、壁画なら数千万年)

いかがでしょう。
完璧がないのが残念ですね。ただ、デジタルはコピーが容易。複製は作りやすい。現状ではですけどね。何せ、デジタルテレビ放送にコピーガード番組が登場しますからね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

膨大な情報、ありがとうございます。

感覚的にはレコ-ドとかカセットとか、古いメディアのほうが、音質の劣化はあっても、デジタルコピーしたものより長持ちするような気がします。

基本的なことを守っていればいいようですね。
これで安全と過信しないこと。
絶対安全な保存方法はないということですね。

最終的には個々の場所の特殊性もからんできますしね。

しかし(不勉強なのもで)デジタルテレビ放送にコピーガード番組が登場するというのは初耳だし、ビックリです。

いろいろとうならされることの多い回答、あらためてありがとうございました。

お礼日時:2003/09/15 19:12

 ビデオテープの保存にはシリカゲルとか食品の包装に添付されている乾燥剤と共にビニール袋の空気を追い出した後へ入れ口を閉じ、更にビニール袋に入れて二重にしています、


 テープの強敵は高湿に依るカビと、磁気材料とテープの接着剤が加水分解劣化する事です、空気の乾燥は乾燥剤で解決します
 磁気の強い所には近付けないことです、電気製品から遠避けて下さい
 テープ自体も経年変化で硬くなり弾力性を失います
 最適な保存方法は涼しくて、湿度が低く、外部磁界の影響が少ない場所でしょう
 媒体の推定寿命
CD-ROM  :10~1.5年
音楽CD  :20年
DVD    :30年
磁気テープ:30年
レコード :100年
マイクロフイルム:500年
 将来的には優れた保存媒体が出ると思われますので15年~20年先にコピーされたら良いでしょう 

この回答への補足

質問の補足みたいなことですが、
保存場所の「機密性」というのはどうなのでしょう?

例えば風通しのいい場所に並べておいておくのと、
ダンボールなどに除湿剤を入れて天袋などに入れておくのではどちらがテープに負担が少ない(保存方法としていい)でしょう?

補足日時:2003/09/15 16:05
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳細な保存方法、メディアの特性など、ありがとうございます。

やはりテープには「湿気」というのがいちばん悪いのですね。

今考えているのは、無印などで売っている衣装ケース(?)のようなものに除湿剤などとともに収納するという方法です。

各媒体の寿命など、参考になりました。

ありがとうございました。

お礼日時:2003/09/15 16:04

以前、ビデオテープ好きな方からこだわりの保管方法を教えてもらいました。



・ビデオテープは水平に保管する
(縦に保管するとテープが偏り画質が劣化するため)
・一本一本ジッパー付きのビニールに入れ、
その中に乾燥剤を入れる

私の家では、床の間の下にビデオテープを入れています。
一応水平に置き、大きな乾燥剤を置いてありますので、
現在湿気や埃からは何とか守られているようです。

しかし、この方法をとる前のテープはほとんどカビてます。しくしく。
上記の方法がご参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。

やはり1本ずつビニール袋などに入れるのがベストなのでしょうが・・・
TomYamKoongさんのような方法ならよさそうですね。

ありがとうございました。

お礼日時:2003/09/15 15:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qビデオテープのカビを自分で取りたい。

こんにちは。
タイトルの通り、ビデオテープ(VHS)に白っぽくカビ(だと思います)が付いていました。他の質問を検索したら、「ビデオデッキに入れてはいけない」「あきらめましょう」「業者に頼みましょう」等のアドバイスがありました。

私は、自分でなんとかクリーニングしてみたいと思っています。
どなたか、その方法(クリーニングに使う液や気を付けること等)をご存じの方、アドバイスをください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

直接の回答ではないのですが・・・
私も一度大切なテープにカビが生えてどうにかならないものかと思案したことがあります
ふつうのデッキで無理に再生しようとすれば、絵も出ず音も出ずヘッドに深いダメージを与えてしまうだけなんだけど、ダメもとで古くて壊れても惜しくないフナイのデッキで再生したところ、なんの問題も無く再生できました 見た目にもダメそうなカビがびっしり生えたテープを数本試しても何事もなく再生できました
音声はモノラルなんだけど、そのデッキでダビングしてカビテープを救えたことがあります
なぜなのか理屈はわかりませんが、カビに異常に強いデッキが存在するのは事実です
古くてボロくて壊れてもいいデッキがあれば一度試してみてはどうですか?成功する保証はできませんが・・・

Qヘッドクリーナーの湿式・乾式

あのー、すぐ下にビデオのヘッドクリーナーの違いについての質問が有るのですが、
乾式が簡易的な掃除で、湿式が強力、という回答がされてます。
でもこれを見た友人が「絶対違う。逆だ。乾式のほうが強力だ」とか言ってます。

何か解釈の違いなのでしょうか?
友人を納得させる説明をお願いいたします・・・。

Aベストアンサー

その質問の#2で回答した者です。
ソニー特機およびビクター特機の代行サービスマンとして業務用ビデオ等の修理をやっていました。

> 乾式が簡易的な掃除で、湿式が強力、という回答がされてます。

そのような回答がありましたが、他人の回答について言及するのはこのサイトではマナー違反なのでそのことには触れませんでした。

どちらも簡易的なクリーニング方法ですが、強力さという点では友人の方がおっしゃるように乾式の方が強力です。
強力ゆえにヘッドへのダメージが無いわけではないので、プロ用VTRでは普段、クリーニング液をシートに含ませてそっと拭く方法でクリーニングしています。

プロ用でも乾式クリーニングテープがありますが、ENGのポータブルVTRやカメラ一体型がロケ現場で映像ノイズが発生してしまった場合に、分解してクリーニングする時間がなくて応急処置的に使う程度です。

該当質問の#2で書いた、「湿式の方がきれいになる確率が高い」という表現ですが、強力ということではなく、文字通り乾式よりもきれいになりやすいという意味です。

湿式ではマイクロメッシュテープがクリーニング液で落としたミクロの汚れも確実に拭き取るので、わずかな汚れまで落とせる確率が高いです。

家庭用ビデオでは、普段のメンテナンスはマイルドな湿式で行い、埃の付着などで画質が劣化した時に乾式で汚れを擦り落とす方が良いと思います。

ご友人に、認識通りで間違いないですとお伝えください。

その質問の#2で回答した者です。
ソニー特機およびビクター特機の代行サービスマンとして業務用ビデオ等の修理をやっていました。

> 乾式が簡易的な掃除で、湿式が強力、という回答がされてます。

そのような回答がありましたが、他人の回答について言及するのはこのサイトではマナー違反なのでそのことには触れませんでした。

どちらも簡易的なクリーニング方法ですが、強力さという点では友人の方がおっしゃるように乾式の方が強力です。
強力ゆえにヘッドへのダメージが無いわけではないので、プロ...続きを読む

Q大量のVHSビデオテープの置き場所がありません(泣)

TV番組を録画したVHSビデオテープがトータル、700本近くあります。
大好きだったアーティスト関連のもので想い出もあり捨てたくはありません。
しかしテープのまま保存しておく場所もなくなってしまい、途方に暮れています。
まとめて置いておく場所がないので今は分散してあちこちに置いているためどこに何があるのかも
わからなくなっている状態です。
DVD-Rに移動してしまう、ということも考えますが、テープ1本移動するのにも相当な時間がかかりますよね。
しかもいったんHDDに入れてから、CMなどのいらない部分をカットしていき、さらにRに移動し
それを700回行い...、と考えると、気が遠くなります。また、テープそのものより、Rにダビングすることで
画質も落ちてしまう気がします。
同じような状況のみなさんはどのようにして整理されているか、体験談をお聞きしたいです。
また、こうしたらいいよ、といったアドバイスおありの方、どうか教えてください、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

700本近くとは本当に凄いですね!
大変な財産だと思いますので、大切に保管されるのが良いと思います。が、VHSビデオテープは色々問題点が多すぎます。ビデオテープの経年劣化は著しいです。画質はもちろんのこと、音声も劣化します(経験済)。また、VHSビデオテープの時代は完全に終わっています。現在はまだデッキも各社販売していますが、過ってのカセットテープのようにビデオデッキの需要が少なくなっていますので生産も段々少なくなるでしょう。
なので、時間と労力が掛かりますが、「ANo.7」様がおっしゃってるように「DVD」にダビングされるのがベターだと思います。
私も今手持ちのVHSビデオ(約100本程)をDVD化しています。確かにテープ1本で2時間程度かかってしまいますので大変ですが、寝る前にダビングセットしてから寝るとか、有効に時間活用しています。
なお、画質が落ちることは無いですね。むしろDVDで再生するときれいに映るような気がします(気のせいかもしれませんが)。
CMもDVDだと早送りも簡単だし、10年前のCMも懐かしく、CM自体、時代を反映しているし、ある意味値打ちがあると云えるかもしれません。
折角700本も録画されたので、是非、DVD化して下さい。

700本近くとは本当に凄いですね!
大変な財産だと思いますので、大切に保管されるのが良いと思います。が、VHSビデオテープは色々問題点が多すぎます。ビデオテープの経年劣化は著しいです。画質はもちろんのこと、音声も劣化します(経験済)。また、VHSビデオテープの時代は完全に終わっています。現在はまだデッキも各社販売していますが、過ってのカセットテープのようにビデオデッキの需要が少なくなっていますので生産も段々少なくなるでしょう。
なので、時間と労力が掛かりますが、「ANo.7」様がおっし...続きを読む

QCD-R, DVD, VHSテープの保管方法は?

どの様に保管すれは、劣化を遅らせること出来ますか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

はじめまして。

記録型光学ディスクは光、熱、湿気に弱いですし、ビデオテープは湿気に弱いです。
できるだけ長持ちさせたいのであれば、最低でもプラスチックのスリムーケースに入れて立てて保管する。できれば記録面側は黒や白の光を通さないものを選択する。シースールータイプでないもの。
あとは本棚でも構いませんが、なるべく通気の良い、夏場はエアコンの効く部屋に置いてください。
長期保管の場合はなるべく横置きは避ける。ケースの中心部のチャックでのみ支える形なので、ディスクが反る可能性がある。
不織布は避ける。短期保管や受け渡しの場合は使用も可ですが、カビが発生したり、不織布の油分が付着して記録面の表面が汚れたりする場合があります。
ビデオテープは必ず頭まで巻き戻してください。
その上でリールにテープが巻かれている方を下にして立てて保管します。保管場所は記録型光学ディスク同様です。
テープを途中で止めたまま長期放置はなるべく避けてください。また横置きも避けてください。そのまま長期保存するとテープが重力に引かれてズレ、再生時にテープを噛むなどのトラブルが発生することもあります。
またテープは1~2年に一度はなるべく早送り巻き戻し、さもなくば再生して巻き戻しをします。
そのまま放置するとテープが張り付いたり、リールの回転が堅くなって上手くテープを送り出さない場合があります。

と書きましたが、余り神経質にならなくても良いです。
とにかく最低限さえ守っていればそれなりに持ちます。
テープにしても1、2年に早送り巻き戻しを、と記載しましたが、本数が多いとどうしてもムリです。
当方も数千本のβ、8ミリ、VHSを抱えていますが、こうなると物理的にも時間的にもムリです。
そのままテープをケースに入れて立てて本棚に保管していますが、25年間でカビたのは3本だけ。リール不動作が2本ほどです(1本はデッキも道連れにしてくれましたが)。
但し8ミリ、Hi8のテープでF社のDC(ダブルコーティング)のMPタイプはほぼ壊滅です。糊が劣化して粉落ち(ドロップアウト)が酷いです。
β、VHSではほとんどそこまで酷く劣化したものはありません。
我が家最古のテープ(β)は1981年録画ですが、今でも当時の画質で再生できます。
アナログテープは画質が劣化すると声高に喧伝されますが、実際はディスプレイの進歩で目立たなかったアラが目立つようになっただけです。そこまで劣化したのは一部の8ミリテープだけです。
もっともVHSの三倍モードはテープベースの伸縮の影響をモロに受けるので、自己録再でもトラッキングズレを起こして手動調整でもNGなものも出てきます。標準モードでの影響はほとんどありません。
記録型光学ディスクの寿命の検証はまだこれからですが、我が家の場合では2005年に記録したDVD-Rは今年確認したところ、まだ再生可能です。

保管場所は押入れだけはNGです。カビます。

はじめまして。

記録型光学ディスクは光、熱、湿気に弱いですし、ビデオテープは湿気に弱いです。
できるだけ長持ちさせたいのであれば、最低でもプラスチックのスリムーケースに入れて立てて保管する。できれば記録面側は黒や白の光を通さないものを選択する。シースールータイプでないもの。
あとは本棚でも構いませんが、なるべく通気の良い、夏場はエアコンの効く部屋に置いてください。
長期保管の場合はなるべく横置きは避ける。ケースの中心部のチャックでのみ支える形なので、ディスクが反る可能性がある...続きを読む

QVHSのビデオを液晶TVで再生すると画面の下帯状のノイズが入るのですが

VHSのビデオを液晶TVで再生すると画面の下帯状のノイズが入るのですが正常なのでしょうか?

もう少し正確に書くと三菱のVHSビデオデッキの出力をS端子で東芝のHDDレコーダーに接続して、HDMIで
接続したパソコン用の23インチのフルハイビジョンの液晶ディスプレイで視聴しています。
この環境でVHSテープを再生すると画面の下側に6mm程度の筋状のノイズが入ってしまいます。DVDにその映像を記録したものを再生しても同じようなノイズが入っています。

ビデオデッキの故障を疑い三菱のサービスセンターに持ち込んだところ、ビデオデッキもテープも正常とのことでした。
その際の説明では、ブラウン管式のテレビでは走査線は525本だが、実際は本程度しか画面に映っていない
(外枠で隠れて見えない)回転ヘッドの切り替えは走査線480本~525本の間で行っていてブラウン管式のテレビでは、そのノイズは映らないとのことでしたが液晶の場合はSDモードで480本の走査線に対応するため
ノイズが映るとのことでした。

この説明を信じるとすると非常に多くの人が同様の症状を経験しているはずですが、ネットで検索してもヒットしません。 教えていただけないでしょうか? ぼくには三菱のサービスの説明がどうしても納得できません。
どなたかくわしい方教えていただけないでしょうか?

なお、東芝には現在故障の可能性を問い合わせ中です。

VHSのビデオを液晶TVで再生すると画面の下帯状のノイズが入るのですが正常なのでしょうか?

もう少し正確に書くと三菱のVHSビデオデッキの出力をS端子で東芝のHDDレコーダーに接続して、HDMIで
接続したパソコン用の23インチのフルハイビジョンの液晶ディスプレイで視聴しています。
この環境でVHSテープを再生すると画面の下側に6mm程度の筋状のノイズが入ってしまいます。DVDにその映像を記録したものを再生しても同じようなノイズが入っています。

ビデオデッキの故障を疑い三菱...続きを読む

Aベストアンサー

このノイズの事でしょうか。
画面下の部分の黒っぽい所に白いチラチラがザワザワ動き回っているものです。もっと凄いとチラチラではなくて帯になります。
これならアナログテープ素材なら発生して当然のスイッチングノイズです。
DVD化するときには、この部分を黒くマスキングしてしまうか、画面全体を一回り小さく切り抜いてノイズ部分を削除する、といった手段を取ります。

私はビデオテープからのDVD化作業を10年ほど行っていますが、このノイズの除去作業は普通に行っています。このノイズのクレームは非常に多いからです。アナログテープメディアでは当たり前に出るノイズですよ、と説明しても理解されない事の方が多いですから、どんどんぶった切っています。

また、このスイッチングノイズが見えてしまう某社格安大型ブラウン管TV(といっても25型・32型)が1985年に販売されて大クレームになり回収騒ぎになっています。大画面を意識しすぎてフレームを広く取りすぎたのが原因です。私はビデオ編集をしていましたので、こんなの見えてあたりまえだ、という考え方でしたが、お客様は納得せず、TVのフレームを撤去して、ブラウン管のフレーム外ではこんなノイズがあるんだよ、と説明して回りました。

この事は間違いなく非常に多くの人が経験しています。三菱が嘘を言っている訳でも、東芝DVDレコーダーが故障している訳でもありません。

このノイズの事でしょうか。
画面下の部分の黒っぽい所に白いチラチラがザワザワ動き回っているものです。もっと凄いとチラチラではなくて帯になります。
これならアナログテープ素材なら発生して当然のスイッチングノイズです。
DVD化するときには、この部分を黒くマスキングしてしまうか、画面全体を一回り小さく切り抜いてノイズ部分を削除する、といった手段を取ります。

私はビデオテープからのDVD化作業を10年ほど行っていますが、このノイズの除去作業は普通に行っています。このノイズのクレームは...続きを読む

Q家にあるVHSの保存方法

市販ビデオやテレビ録画、ダビングしたものなどのVHSテープをみなさんはどうしましたか?

賢く保存する方法を教えてください。

Aベストアンサー

私の場合はパソコンにビデオキャプチャーボードをセットアップしてパソコンにダビングしました。

その前はDVDで再販されているものはDVDを購入したりレンタルショップで処分品として売られているものの中から探したりもしました。

今はHDDレコーダーのほうが手軽で便利ですね。
マクロビジョンでダビングできないVHSは画像安定化装置を使えばダビングできます。

パソコンに取り込んだものはCD、DVD-R、DVD-RAM、ハードディスクに保存してあるので10年くらい前に保存したものであっても今でも問題なく見ることができます。

QminiDVからDVDにダビング又はPCに取り込む

 現在,miniDVテープを100本程度持っています。最近では,これを再生できる機械が少なくなったので,ビクターのSR-DVM70というビデオレコーダーを購入して,このテープをDVDにダビングして,保存しています。
 ところで,今年の正月にこのDVDを再生してみたところ,かなりの枚数のDVDがパソコンで読み込めなくなっていました。DVDの保存方法がよくなかったのかもしれません。しかし,3年前にダビングしたのがもう劣化しているという事実を見て,他の保存方法を検討しなければならないと感じました。
 ついては,次の2つの方法を考えています。
 1つは,今までどおり,miniDVテープをDVDにダビングする方法です。今度は,保存方法に気を付け,高温多湿を避けるというものです。
 この方法は簡単なのですが,miniDVからDVDにダビングする段階において,画像が劣化している可能性があること。さらに,DVDの画像を更にパソコンに取り込んで保存しようとした場合,更に画像が劣化するのではないかという不安があります。
 他の1つは,miniDVのデータを直接パソコンに取り込んでファイルとして保存する方法です。
 この方法のいいのは,AVI形式のファイルにすることができるので,パソコンを使用すれば,見たい映像を速やかに探しだすことができることです。DVDだと頭出しが大変ですし,早送りにも時間がかかります。
 ただし,私のパソコンには,DV端子がついていないので,DV端子のついたボードを購入する必要がある点で初期投資が必要です。ヤフーオークションには,10000万円以下のボードが出品されていますので,これを利用する方法を考えていますが,実際にどのようなソフトを使用して,どのようにしてパソコンに取り込むのか。また,ドライバーとソフト連携はとれているのかなど不安材料があります。
 もし,手軽にPCに取り込むことができるのであれば,この方法を利用したいと考えています。
 なお,現在使用しているパソコンのCPUは,自作でcore i7 3770Kですので,処理能力の点ではあまり問題ないと考えています。
 以上,なんでも結構ですので,アドバイス願います。

 現在,miniDVテープを100本程度持っています。最近では,これを再生できる機械が少なくなったので,ビクターのSR-DVM70というビデオレコーダーを購入して,このテープをDVDにダビングして,保存しています。
 ところで,今年の正月にこのDVDを再生してみたところ,かなりの枚数のDVDがパソコンで読み込めなくなっていました。DVDの保存方法がよくなかったのかもしれません。しかし,3年前にダビングしたのがもう劣化しているという事実を見て,他の保存方法を検討しなければならないと感じました。
 ついては...続きを読む

Aベストアンサー

SR-DVM70にはDV端子(IEEE1394)があるのでPCにDV端子(IEEE1394)があればそこから
なければIEEE1394の増設カードを取り付ければ直接PCに取り込めると思います。
IEEE1394のカードは10000万もしません、安いものだと2千円以下です。
http://kakaku.com/pc/interface-card/itemlist.aspx?pdf_Spec001=1&pdf_so=p1
PCIかPCI-Expressどちらか好きなほう(あるいはスロットの開いているほう)のものを購入してください。

PCにIEEE1394ボードを増設してminiDVの動画をPCに取り込んだ。
http://blog.goo.ne.jp/ukuleleonfire/e/6b09d22abd8cd96676ab70b8d3a8cc74
こちらを参照するとWindows Live フォトギャラリーで取り込めるようです。

Qビデオクリーナーって本当に綺麗になりますか?

最近ちょっとビデオテープの映りが汚いのです(ちらつきます)。三ヶ月ほど前に撮ったビデオテープは綺麗に再生されます。最近録画したものは汚いです。そこでビデオクリーナーの購入を考えているのですが実際ビデオクリーナーを使えば綺麗になりますか?新しいビデオテープも購入するのですが、もしビデオクリーナーが実用性のあるものだったら買おうと思います。また、わたしは、S-VHSとVHSの二台持っているのですがそれぞれ専用のクリーナーを買う必要があるのでしょうか?どうか教えてください。お願いします。追伸、できればお薦めのクリーナーも教えてください。

Aベストアンサー

こんばんわ。

ビデオの再生画像がチラつく原因には、当然(1)ビデオデッキ側が原因 (2)テープが原因 が考えられます。どのようにチラつくのか、画像を見れば大体原因は判るんですが、(1)の場合、原因は主に「ヘッド汚れ」です。この場合は乾式・湿式共にビデオクリーナー(クリーニングテープ)の使用は有効だと思います。ただし、乾式の場合はあまりやりすぎると「ヘッドを削る」ことと同じ事になってしまいますので注意が必要です。湿式の場合は、No2.barbieriさんが書かれてるように「よく乾燥」させてから使わなければヘッドにテープが張り付くなどのトラブルを引き起こします。
また、使用頻度にもよりますが、購入後かなりの年数が経っているビデオデッキであれば「ヘッド自体の寿命」ということも考えられます。この場合は、メーカー修理で「ヘッド交換」をしてもらうか、新しい機械を購入するか ですが、最近のビデオデッキは2万円以内で購入できる物もあるので、新品を買った方が安く済むと思います。
(2)の場合は、大体が「古いビデオテープ」を使うことが原因です。まず、「テープ自体が物理的に寿命である」…反復録画や再生を繰り返しすぎて、テープ自体が劣化してしまい(磁性体が薄くなるなど)収録画像がノイズっぽくなる。この場合は、テープ自体を交換するしか方法はありません。テープ自体に「傷」や「折れ」などがあると、その部分にもノイズが出ます。この場合もテープを替えるしかないでしょう。また、テープの保存状態の関係でテープ自体にカビや埃が付いていて、そのようなテープを再生することによりヘッドにごみを付着させてしまいノイズが出るという状態。この場合は、やはりクリーニングテープを使う事は有効です。

ともかく、1度もクリーニングをされたことがないのであれば、1度行ってみることをお勧めします。それでも改善されなければ、機械の側に原因があること疑ってみてはいかがでしょうか。

ちなみに、本職は、「無水エタノール」でヘッド掃除をします。VHSかS-VHSかは関係ありません。クリーナーのメーカーも、心配であれば名の通ったメーカーにすればいいでしょう。

自分はビデオデッキ4台(VHS1台・S-VHS2台・ベータ1台)使用してますが、ある程度の使用頻度であればクリーナーは使わなくても全然平気です。かえって昔の(10年位前の)機械の方が、丈夫な気がします。

こんばんわ。

ビデオの再生画像がチラつく原因には、当然(1)ビデオデッキ側が原因 (2)テープが原因 が考えられます。どのようにチラつくのか、画像を見れば大体原因は判るんですが、(1)の場合、原因は主に「ヘッド汚れ」です。この場合は乾式・湿式共にビデオクリーナー(クリーニングテープ)の使用は有効だと思います。ただし、乾式の場合はあまりやりすぎると「ヘッドを削る」ことと同じ事になってしまいますので注意が必要です。湿式の場合は、No2.barbieriさんが書かれてるように「よく乾燥」させてから使...続きを読む

Qテレビ局など、専門で、大量にビデオテープを保管している方々は、

テレビ局など、専門で、大量にビデオテープ、カセットテープを保管している方々は、
どのように、メンテナンスしているのですか。

Aベストアンサー

お礼ありがとうございます。

民生用と放送用では、テープ自体の厚さがかなり違います。
このため、放送用は転写が起こりにくいんです。
また、マスタ巻にすると、テープエンドで
余計な力(停止時のショック)がかからないので、
更にふわっと巻くことができます。
しかも、段差が出ないので、テープに余計な湿気などが
入りません。

こういった事情で、特に走行させる必要はありません。

しかし、民生用に使われている物は
テープが薄いので転写が良く発生します。
また、音質を延ばすために磁性体も細かいですね。
これも転写の原因になります。

100円ショップにあるかどうかはわかりませんが、
大きめの密閉箱にテープを入れて、
端に湿気取りを入れておくだけでかなり違うはずです。
あとは一定温度を守ることでしょうね。

通電していない乾かした冷蔵庫が最適な保存場所 なんていう
話もありました。もちろん、湿気取りは必要ですが。

Qビデオテープの保管方法

ビデオテープの保管方法って確か、立てる(縦に置く)のが基本ですよね?で、向きとしてはテープを巻いてあるほうを下にするんでしたっけ?上にするんでしたっけ?どっちだったか全然思い出せないので誰か教えてください。
その他にも何か注意する点があればそれも教えていただきたいです。
(・・それにしてもお店ではテープを寝かせて山積しているところもあるけど、あれはいいんですかね?新品ならいいとか?それとも店の配慮が足りないとか?)

Aベストアンサー

もう、主要な点は解答がありますので、素朴な疑問を

Q/それにしてもお店ではテープを寝かせて山積しているところもあるけど、あれはいいんですかね?新品ならいいとか?

A/良くはないが悪いとも一概にいえないでしょう。私が管理しているビデオを横に立てて保存しているものもありますが、ビデオを買った17年ぐらい前の物でも正常にたてた物と遜色なく再生できますからね。はっきり言うと保存環境が良く、カビや湿気、直射などが少ない場所であれば、置き方がどうだからということは経験ではあまり関係ないと言うことかな?とも思いますけど・・・(ちなみにこれは、個人の責任ですからまねをして長持ちしなくても保証はしませんし、推奨方法を使うのが好ましいです)

うえは大げさですが店頭では、販売用ですから、そう何年も置いて置くわけではないですよね。たった数日か、数ヶ月程度なら置いておいたところで問題はありません。しかも、電気屋さんで販売されるときは密閉包装とある程度(少なくとも昼間はエアコンで)室内の温度管理がありますからね。あまり、問題にはなりません。しかも、生テープですから記録もされてませんし・・・

ついでに、横レスで解答です。

Q/ビデオテープの状態を維持するためには(それこそ再生力っていうことなんでしょうけど)半年に1回くらいは再生した方がいいと聞いた事があるんですが本当ですか?

A/まあ、嘘ではないですね。定期的に再生をした方が長持ちします。ただし、再生したから必ず半年は持つとはいえません。
品質の低下には経年劣化(時間がたち劣化する)によるもの、再生劣化(再生によって磁性体の能力が低下する)によるもの、保存劣化(保存の仕方外的な環境の変化で劣化する)があります。

これらの劣化は避けられません。どれかを重視すれば、どれか別の劣化が生じます。そうなると良い手段は一つ、定期的に再生をし、保存環境の確認をすること、そのようなことから定期的な再生は必要です。ただ、半年に一回が目安か否かは別です。あまりこまめに再生するとテープの劣化を招きますので、何年保存したいかを考えた上では後は、経験ですよね。
大事なテープを失うと、定期的に確認するようになりますが・・・アナログ媒体は特にどれが必ずしも良い結果になるとはいえません。
そう考えるとやはり、一番大事なのは保存場所と保存方法ですね。
ビデオやカビや埃、磁石などの強力な磁気などに気をつければ、結構放置していても長持ちしますからね。(他にも十年以上たって巻き戻しを忘れていた物も見つかったりして・・・)

脱力するような何ともいい加減な解答と保存方法ですが、参考までに・・・大事なのは保存場所ですね。後は、よほど大事なら定期的に再生してみること、その先は運と経験次第で、自分なりその家庭環境にあった保存を考えましょう。

もう、主要な点は解答がありますので、素朴な疑問を

Q/それにしてもお店ではテープを寝かせて山積しているところもあるけど、あれはいいんですかね?新品ならいいとか?

A/良くはないが悪いとも一概にいえないでしょう。私が管理しているビデオを横に立てて保存しているものもありますが、ビデオを買った17年ぐらい前の物でも正常にたてた物と遜色なく再生できますからね。はっきり言うと保存環境が良く、カビや湿気、直射などが少ない場所であれば、置き方がどうだからということは経験ではあまり関...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報