『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

ドライブするとき強く打っているのですが
ボールに伸びがありません。
上級者のボールはバウンドしてからグッと伸びてくる感じです。
「そんなに力まかせに打つ必要はない。インパクトの瞬間に力を入れればよい。」
と言われ頭ではわかっているつもりですが・・・。

なにか、コツというか、心がけというか・・・どんな素振り練習をすればよいとか、
アドバイスいただければうれしく思います。

ある先輩からは
「手首のスナップで打て」といわれましたが、これはもっと難しい感じです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

インパクト時に於けるボールを擦る強さ(つまり回転力)よりも、


インパクト時にボールに当てる強さが、上回っている為だと思います。

ミート打ちなどに代表される、フラット系の強打を想像してみてください。
インパクトしてから相手コートにバウンドする迄は速いですが、
上回転の掛ったボールと較べると、バウンド後には伸びがなくなり失速してしまいます。

ボールに回転を掛けることによって推進力が加わり、直進性と伸びのある弾道になります。
ピストルやライフル銃の銃弾が推進する原理と同じです。
(銃弾の場合、ジャイロ回転ですが)

具体的なアドバイスとしては、
「面の角度を現在よりも少々被せ気味にして、
 下から上のスイング軌道で、ボールを打つべし!」になると思います。

面を被せずフラット気味に打つと、回転は掛り辛くなりますので。

ドライブの基礎的な技術が完全に習得出来た段階での話なら別ですが、
「スナップを使って打て!」とのアドバイスは現段階では不適切の極みですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

大変、勉強になりました。

お礼日時:2011/03/09 09:11

>バウンドしてからグッと伸びてくる感じ



このメカニズムは分かっているのか?
話はそこからなんだが。
質問者さんが受けたアドバイスは、その2つくらい後の話だ。

1.何故『伸びてくる感じ』がするのか。
  野球(ピッチング)でも『手元で伸びる』という表現がある。共通点は?
2.卓球の場合、『バウンドしてからグッと伸びてくる』のは何故か。

以上二つにちゃんと答えられるかい?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2011/03/17 11:23

こんばんは。



おそらく力が入りっぱなしで、肝心のインパクト時に回転を与えられないんだと思います。
更には台上でのドライブを打てるでしょうか?
ネット際のカット性のボールを打ち込む練習は如何でしょう。

あとビデオカメラで自分のフォームと上手い選手のドライブを比較するとか。
YOUTUBEにいろいろありますよ。

ちなみに私は現実を引退し、プレステムーブの卓球(スポーツチャンピオン)をやってます。
実際よりよく球が入って楽しいです。
手首の動きが反映されるのでWIIより本格的なのでひょっとすると結構練習になるかも(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2011/03/10 09:30

添付画像を再掲します。

「強く打っても球が伸びない」の回答画像3
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2011/03/10 09:29

強く打っているつもりでも実は強くない、ということがあります。


力を手でなく体の中心に近い部分で生み出すようにしてみてください。

ラケットの動きが添付画像中のBの弧だとすると、
BよりもAの位置で力を生むほうが効率がよいわけです。動かす距離が少なくてすみますから。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>添付画像中の
ありません?が・・・

お礼日時:2011/03/09 13:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフォア打ち、ドライブで肘はあけない?

コーチ B、F はフォア打ち、ドライブで肘はあけないと教えます

コーチ B によると、脇を絞めた方が強いボールを打てると言ってます

コーチ F は肘は閉めて、顔・目の近くでボールを打つと安定する
回転をかけたい時は肘を曲げる
(手首も使ってもっと回転をかける人もいる)

それに対し、コーチ A は脇をあけて肘も伸ばした方が威力のあるボールを打てると教えます

僕がボールを打つ時、考えてるのは、右足を蹴って左足に体重を移すことで、体の回転に自然と腕が振らさる感じです。脇をあけるとか絞める考えないけど、自然とあきます

僕の打ち方に近いので、僕はコーチ A の教え方の方がピント来ます

ただ、コーチ A は打つ瞬間に手に力を入れるよう、肘、手首を使って威力を増すよう教えるのですが、僕は力を入れないのが好きなので、打つ瞬間もラケットを握る手はプラーンとしたままだし、肘、手首は自然と曲がるのにまかせてます

という具合に人によって打ち方違うとは思うのですが、

みなさん、フォア、ドライブで肘をしめますか? あけますか? ← 質問

(カットでも肘をしめるよう教える人がいるのでカットも同様なのかもしれません)

コーチ B、F はフォア打ち、ドライブで肘はあけないと教えます

コーチ B によると、脇を絞めた方が強いボールを打てると言ってます

コーチ F は肘は閉めて、顔・目の近くでボールを打つと安定する
回転をかけたい時は肘を曲げる
(手首も使ってもっと回転をかける人もいる)

それに対し、コーチ A は脇をあけて肘も伸ばした方が威力のあるボールを打てると教えます

僕がボールを打つ時、考えてるのは、右足を蹴って左足に体重を移すことで、体の回転に自然と腕が振らさる感じです。脇をあけるとか絞める考え...続きを読む

Aベストアンサー

脇はある程度開けないと威力のあるドライブは打てないと思います。
脇が締まりすぎていては腕全体をしならせるのが難しいと思います。
コンパクトな前腕の動きをメインにしたドライブになるでしょう。
前陣での連打に適していると思います。
また、スイングの力の入れどころですが脱力した状態から振り始めるのは良いと思いますが、ラケットが最も速く動く瞬間はスイングを止めた瞬間なので、あくまでインパクトではギュッと力を込めてラケットを急停止させるのが大事です。
そうすることによりフォロースルーが無駄に長くなることなく、振り終わりがニュートラルに近い構えになるので連打もしやすくなります。
スイングの最初から最後まで同じ力加減ではボールに効率よく力を伝えるのが難しくなります。
参考になれば幸いです。

Qドライブ時の手首の活用方法。

フォア、バックともに、ドライブ時に威力を出す為には、手首の活用が
重要とよく言われていますが、皆さん手首は使っていますか??

というのも、バックドライブはいいのですが、フォアドライブ時に
手首を使うと、ドライブが安定しません。コートに入らないというわけ
ではないのですが、ボールに横回転がかかり、かえってボールが遅くなってしまいます。どのように手首をつかうといいのでしょうか??
また、手首を活用できるようになるための「良い練習方法」が
あれば教えて欲しいと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

自分の場合、手首を使うことは意識していません。手首をリラックスした状態でスウィングすると自然と手首がしなるので、それに任せています。手首の動きを意識しすぎると、力が入って手首はもちろん体全体が滑らかに動かなくなります。(あくまでも私の場合です。サーブも手首を大きく使いません)
以前は足の力で打つことを意識してましたが、最近では中国選手を参考にして上半身の筋力でスウィングするようにしています。(腹筋や胸の筋肉)
手首を使うと横回転がかかる原因は、ラケットヘッドが下がっているからではないでしょうか?その状態から手首を大きく使ってドライブを打つと少しボールの外側を打つようになるからだと思います。ラケットヘッドを下に向けず、横向きの状態からスウィングすれば、まっすぐ飛びやすいはずです。

Q肘の使い方

卓球の本などを読むとトップ選手はフォアハンド、フォアドライブなどを打つときに肘が体に近いです。自分はバックスイングの時に大きく後ろに引いて肘が体から離れています。
肘の使い方について教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

腕相撲の動きに近いです。
肘の曲げ伸ばしだけでなく、腕の捻転も取り入れた動きをすると効果的にスイング速度をボールスピードに転嫁できます。

Qドライブに威力を出す方法

ドライブに威力を出す方法はありますか?
自分のドライブは威力がありません。
どうしたら、威力が出ますか?

Aベストアンサー

 イメージ的な表現です。脚、腰、肩の順に蹴り上げ、回転、重心移動と肩の動きが連動し、腕と手が遅れて一緒にスイングしラケットが最速になる時にボールを擦り打つのです。その後は円運動で重心に戻る運動をすることです。目標はインパクトでラケットの速度が体の各部の動作の総和で最速になるのです。
 体全体の動作を協調させたドライブ打法をすることです。腕立てなどの単一の筋肉を鍛えるより、この動きに使う全筋肉を協調した動作を体で学習する事だと思います。
 当然手首の動きも同調させることです。使える筋肉を全て鍛え沢山使えるようにすることでしょう。
 おそらく重要な事は力の抜けたスイングになります。力んでいれば無理です。

Q巻き込みサーブの横下回転

巻き込みサーブについて、横上と横はかけられるのですが
横下をかけることができません。
面を上向きにしてもかすれて前にとんでいかないですし、
かといって少しぶつけ気味に打ってみてもボテボテのナックルしか出せません。
何かポイントやコツがあれば教えていただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

わかりやすい動画を見つけました
ここではジャイロと呼んでいますが横下回転です
特に3:00-5:15のスローがわかりやすいと思います

http://m.youtube.com/watch?v=-SmyxafnDqc&gl

Qどこを見る?

卓球の球は小さくて速い!

皆さんは、どこを集中的に見ていますか?

A.球だけ
B.球と、何となく相手の動き
C.相手の動きで球は何となく
D.ドコモ

球から目を話さないことが基本ですが、相手の動きもよく見ることが大切ですね

私は動体視力も反射神経もいいほうなので飛んでくる球は何となくしか見ていないです
相手の動きやラケット面をしっかり見ていないと間に合わない気がします

松下浩二は打球の瞬間までしっかり球を見ているのがすごく印象的でした

Aベストアンサー

既出 Q&A のどこかで、卓球の選手の視線についての論文で、
上手な選手は相手の動きを見ており、ボールを打つ所までは
見ていないという報告を紹介しました
確か、中国の選手も相手の動きを見ているけど、
ボールはおぼろげにしか見てないと、誰か言ってた気がする

となると、正解は C となりますが、

僕がそうやってると、コーチB から、「ボールを打つ所まで
しっかり見ろ!」 という指導が入り、結局 今は B をやらされて
ます

コーチB は打球点を早く = 体の前で = 1番 力の入る所で

を最重要視しており、体の前で打つには、ボールを打つ瞬間
まで見る方が正しい打ち方になりやすいのです

ただ、打ちやすい所に来たら最後まで見れますが、ミッドとか
来るとボールをよく見えないで打っちゃってることもあります

最近、フォアとバック あるいは フォア、バック、ミドルを
ランダムにコーチが球出ししたのをドライブで返球する
球出し練習をしています

とてもボールが速いので、ボールを見ていたら間に合わず、
ラケット面を見て、どこに来るか判断して打ってます

(テニスでも似たようなボレーの球出しの練習があり、
 ラケット面で判断します)

また、この所、フォア打ちをしている最中に、バックを抜く
あるいはバック打ちの最中にストレートを抜く練習をして
ますが、コーチA、B どちらも、同じフォームで抜くよう
指導します。ラケットを打つ方向に動かしてたら、
ストレートだとばれちゃうので、打ちたい方向に面を
合わせ、ストレートを抜きます

つまり、相手の体を見てても、どっちに来るかわからない
ので、卓球でもラケット面を見るようになりました

そうすると、毎週の練習相手(卓球部出身、20代後半
男性) のコントロールが悪いのが何故かよくわかります

ラケット面が作れてないので、「あ、サイドに来る」
「あ、ミドルだ」 、「全然、ラケット面の真ん中に当たって
ない。こりゃ、ナックルだな」 とか判断できます

コーチはだいたいラケットの真ん中辺りに当たってて、
それで上手下手も判断できます

という訳で、

【僕の答え】
理想は C でないかなと思いつつ、
まだフォームが完成していない僕は 体の前で打つため、
B をやらされてます

既出 Q&A のどこかで、卓球の選手の視線についての論文で、
上手な選手は相手の動きを見ており、ボールを打つ所までは
見ていないという報告を紹介しました
確か、中国の選手も相手の動きを見ているけど、
ボールはおぼろげにしか見てないと、誰か言ってた気がする

となると、正解は C となりますが、

僕がそうやってると、コーチB から、「ボールを打つ所まで
しっかり見ろ!」 という指導が入り、結局 今は B をやらされて
ます

コーチB は打球点を早く = 体の前で = 1番 力の入る所で

を最重要視してお...続きを読む

Qテナジー使用について

自分はテナジーを貼っていますが、最近ネットでテナジーは初、中級者は使ってはいけないなどという言葉がよく目につくようになりました。
上達しなくなるだとか。

・・・自分はどうなんだろうかという疑問が生じてきました。
なのでわかっている方に質問させていただきます。
ずばり、どのレベルになったらテナジーを使ってもいいのですか。
初級者、中級者、上級者の区切りはどこですか。
自分は市16(最高8)、中信16、県32のものです。
まだ、使ってはいけないのならどんなラバーがいいですか。
まだまだ高弾性ラバーで十分でしょうか。

自分はコントロールラバーから高弾性、テンションといろいろ使い、上達?と時と共に回転量、スピードなどに不満を持つようになりました。
先輩に「お前テナジーでいいんじゃね?」といわれていテナジーに乗り換えてから回転量、スピードともに満足しています。しかし、完全に生かしきれているかはわかりません。

これからも卓球を続けていきたいので良い選択をしたいです。

質問たくさんになってしましました。難しい質問かもしれませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

結論から言ってしまえば、自分の使いたいラバーを使えば良いんじゃね?w

それじゃアレなんで、テナジーってオート(自動)で回転掛かっちゃうだろ?
自分で努力して回転かけようとしなくなる…結局ラバー頼りになる。
手打ちでもそれなりの球打てるしなwww
その奥の「領域」に踏み込まなくなる可能性が出てくるんだな。

因みにさぁ、テナジーでイレギュラーバウンドする位のドライブ、打てる?
最大回転をかければ、その位は出来るし、それ位の技術を持ってないとテナジーの真のポテンシャルを引き出すのは難しいな。


初級・中級云々、人各々だからなぁ区分けなんて。
自称中級の初級者がウジャウジャしてるしなwww

俺の考える中級は、一通りのショットと技術を、安定して駆使出来る者かな。
その中でも全国クラス以上を上級とみてるけど。


実際、県上位クラスでないと、使いこなせてないんじゃないかとは思うけどね。
多分、その成績では何使っても大して違いは無いと思う。君の住んでるトコが強豪ばかりなら話は別だけどwww

Q卓球の右足軸回転とは?

今日買った卓球の本に「右足軸回転」という打ち方がありました。
その打ち方は、体重を右足にのせたまま左足を体にひきつけて打つという方法です。
でも、体重は右から左に移動させるものなのではないのでしょうか?
それと、この打法はどのような場面で使う打ち方なのでしょうか?

Aベストアンサー

最近の理論では右から左への体重移動や前に踏み込みながら打つ後ろから前の体重移動はあまり効率的に力が伝わる打法ではないというのが常識のようです。
効率的に力伝えられる打法が軸回転を利用した打法で簡単にいえばコマのように軸を中心に体を回転させてその勢いをロスすることなくボールに伝えるのです。当然軸がぶれてはうまくいきません。
右足軸を実感するには左足を上げて右足だけで立って打つといいと思います。左足が地についていなければ体重移動はできませんので。
フォアハンドをフォアサイドで打つ場合は右足軸、バックサイドに回り込んで打つ場合は左足を軸にするといったように軸を自然に作れさえすれば複雑に考えなくていいと思いますし、ある程度は誰でも自然に行っているのではないでしょうか。
参考になれば幸いです。

Q木材ラケットの良さとは、特殊素材ラケットの良さとはなんですか。

木材ラケットの良さとは、特殊素材ラケットの良さとはなんですか。

Aベストアンサー

木材ラケットは、オールラウンドという感じで、どんな戦型・ラバーにも合います。7枚合板以上であれば、威力がありますし、打球感がハードなので、どちらかといえばスマッシュを多用する戦型にマッチします。
ただ、7枚合板以上になってくると、重いです。5枚合板以下なら、そんなこともないのですが……。
前述の通り、オールマイティなので、まだ戦型が決まっていない初心者には、5枚合板のラケットをお勧めしています。

特殊素材ラケットには、大きく分けて2種類あります。
安定性を高める特殊素材(例:バタフライのアリレート、ニッタクのグラスファイバーなど)
ドライブがソフトになり、コントロールが良くなります。
スピードを高める特殊素材(例:バタフライのT5000カーボン、ニッタクのチタンカーボンなど)
これは上級者用で、木材合板よりもスピードが出て、攻撃力が増します。

私は卓球を始めた時は合板でしたが、今はスピード系のカーボンラケットに替え、攻撃力がアップしたと自負しています。

Q特殊素材ラケットは上達の阻害!?

特殊素材ラケットは上達の阻害!?
掲示板を見ていると初心者には特殊素材ラケットは上達の阻害になるという意見をよく目にします。どの位のレベルに到達すれば特殊素材ラケットを使用しても良いとなるのでしょうか?例えば、フォアラリーが100回、バックラリーが100回などご意見御座いましたら教えてください。ちなみに現在使用しているラケットはプリモラッツカーボンを使用しています。バックハンドブロックで対ドライブを止めることは出来るのですが、弾こうとするとオーバーしてしまい悩んでおります。オーバーするのであれば面をもっと被せるのが基本だと思いますが、木材合板に戻そうかとも考えております。皆様のご意見宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 特殊素材ラケットは上達を阻害する。と言う問いについて最近それは正しいか?疑問を感じています。ある範囲では「正しい」でしょうが、全ての範囲で「正しい?」と言う疑問です。

 実は、私は特殊素材ラケットを一本も持っていませんし、借り手長期間練習したことがありません。最近カットの練習をしたくなり実行しようか迷っています。今年4月から卓球教室に通い打つ練習をはじめ当面は攻撃タイプに専念しようと考えてきました。
 何故か理由は不明ですが、トレーニングジムに通うのが嫌になり退会し時間が空いてきました。(keykeykeykeykeyには何故か申し訳ない気がするのですが)
 
 カットを考えていると、王輝選手の技術説明でカットの変化をつけるのに、切る方法はラケットの下部でボールを捉えボールの後ろを切り下ろす。切れていないカットはラケットの上部でボールを捉え擦り切る距離を短くするのです。
 通常のロング打法やドライブなどはラケットのスイートスポットでボールを捉えることが原則ですが、カットはラケット面のどこでボールを捉えるかが大切なことだと気付きました。そうすれば中心部にスイートスポットが集約されている用具は?
 ラケットのどこでボールを捉えてもスイートスポットのない用具の方が合理的ではないでしょうか。サーブの方法でもこのような方法で変化をつける人がいます。

 現状、考え方がまとまっていませんが一言で片付けられない思いを持ち始めました。

 日卓に契約選手のカットマンは一時期ビオンセロを使用と添え書きがしていました。最近はティルナです。何故、ウィルトリアではないのでしょうか?それが疑問の始まりでした。

 

 特殊素材ラケットは上達を阻害する。と言う問いについて最近それは正しいか?疑問を感じています。ある範囲では「正しい」でしょうが、全ての範囲で「正しい?」と言う疑問です。

 実は、私は特殊素材ラケットを一本も持っていませんし、借り手長期間練習したことがありません。最近カットの練習をしたくなり実行しようか迷っています。今年4月から卓球教室に通い打つ練習をはじめ当面は攻撃タイプに専念しようと考えてきました。
 何故か理由は不明ですが、トレーニングジムに通うのが嫌になり退会し時間が...続きを読む


人気Q&Aランキング