※採光補正係数(A)=(d/h)*α-β
<令20条2項>

(1)天窓の採光補正係数(A)=[(d/h)*α-β]*3
<令20条2項()書き>

(2)縁側アリの採光補正係数(A)=[(d/h)*α-β]*0.7
<令20条2項()書き>

(1)と(2)それぞれの(A)の値が3を超える場合→3を限度とする
<令20条2項ただし書き>


<令20条2項>に、当該数値に・・・とあるのは※の値のことで
<令20条2項ただし書き>に、採光補正係数が3を超える時・・・とあるのは
※の値の場合だけではなく※、(1)、(2)すべての場合ですよね?

以上の解釈で、あっていますか?


採光計算において、<令20条2項の1号~3号イロハ>
道路・天窓・縁側の条件をすべて盛り込んで計算式を作りたいのです


どなたか回答、よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

質問者さんの解釈であってます。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答、ありがとうございます。

お礼日時:2011/04/07 14:17

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q複数用途地域にまたがっている土地重説の建蔽、容積率

用途地域が3つにまたがっている土地の重説では、
建蔽率と容積率はどのように表現すればよいでしょうか?

道路境界から15mまでは近隣商業、そこから30mが第1種住居、それ以降は第1種低層という土地なのですが、
建蔽率と容積率は按分して出さないといけないと思うのですが、
地形が整形でないので自分で出すことができません。
この場合はどのように表現すればよいのか教えていただけますでしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

実測図、なければ公図を元に定規で計測して

「おおよそ○○%になります。正確な数値は
諸機関の判断によります。」

でいいのでは?

Q法28条採光計算

法28条の採光計算、補正係数を用いて計算するとOUTになりますが、35条の1/20開口面積は満たすデイルームなのですが…28条を満たさなかった場合のこれを設けなさいとかないのでしょうか。35条は1/20満たせば非常用照明いらないという事ですよね?資料・法令集読みあさるだけカオスにハマってしまいます。改修工事で開口新設は厳しくて、今ある建具の改良でも1/7確保は厳しい状態です。このサイトの同様の質問も見ましたが、しっくりこなくて…宜しくお願いします。

Aベストアンサー

1/7の採光面積確保が必要な室(=主要な用途の室)なら、採光を確保する以外に道はありません。
施設用途の主となる室で、1/7や1/10の確保が謳われている室について、緩和規定、もしくは他の方策はありません。
法28条と法35条は別物として考えてください。
換気設備や排煙設備なら、機械を付けることにより補うことはできますが、採光は補う方法がないのが現状です。
室の用途によっては、「採光不要」とされているものもありますが(特殊な診察室など)、質問文を読む限り、デイルームではそのような規定もないと思われます。

よくマンションなどのプランで「納戸」や「フリールーム」といった室名を見かけると思います。
あれば、住宅としての主要用途である「居室」とすると採光面積が足りないので、「居室ではない」ことにしているのです。
当然、その室以外に居室はあるわけなので、住宅としては用をなしていますし、○LDKと称する場合の数にも入れられてないので、まあ、違反ではありません。

Q用途地域未指定地域

建築基準法では、用途地域ごとに都市計画法で定められた容積率によって規制され、用途地域未指定地域では、特定行政庁が定めた容積率によって規制されるそうですが、この場合の用途地域未指定区域とは、都市計画区域(又は準都市計画区域)以外をも含むのでしょうか?

Aベストアンサー

用途地域未指定地域は、すべて都市計画区域内です。
ご参考まで

Q産業廃棄物申請書類の令第6条の10に規定する使用人

産業廃棄物収集運搬業許可申請書を提出する為
書類を作成しています。
その書類の中に「令第6条の10に規定する使用人」を記入する欄があります。
この令第6条の10に規定する使用人とは具体的にどのような人でしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

産業廃棄物収集運搬業許可申請をする場合には、財団法人日本産業廃棄物処理センターの「産業廃棄物処理業の許可申請に関する講習会(新規)・運搬課程」の修了証が必要ですが、その講習を受けた人が会社の代表者や役員ではなく、一社員である場合に、その人のことを「令第6条の10に規定する使用人」となります。

つまり、会社の代表者や役員と同様に住民票や成年後見人でない証明等が必要だということです。

会社の代表者や役員が当初に述べた講習の修了証を持っている場合は、なんら関係のない一文です。
なお、修了証は申請する直前2年の間に受けていることが条件です。

Q【宅建】 「用途地域」外とは?

用途地域は分かります。
では、用途地域外とは何のことでしょうか?
川とか海のことでしょうか?

Aベストアンサー

市街化区域は必ず定めます。市街化調整区域は原則用途地域を定めません。準都市計画地域や非線引区域は定めることができます。

当然市街化調整区域も普通に住宅街であったりするとこもありますから。海や川とかではありません。

用途地域外とは、用途地域が定められていない場所、としか言えません。具体的にどういう状態の場所なのかは関係ありません。

Q郵便法76条1項罰則規定について

会社で、請求書を月100通程度、切手封書80円で
送付しています。
その他、信書になるものもヤマトの宅急便で
月100通程度、送っています。

郵便法76条1項罰則規定に鑑みると、ヤマトの仕組みは
会社では、9割以上が違法となります。

コンプライアンスが叫ばれているなか、どう対応すれば
良いでしょうか。

皆で渡れば怖くないなのか、請求書を受け取る相手に
違法行為をしている会社と思われるので切手にするか・・・

Aベストアンサー

>請求書を受け取る相手に違法行為をしている会社と思われるので切手にするか・


ヤマトは中味が請求書など信書と分かっているのであれば問題ですが、
出す側のモラルも大きいです。
会社の考え方一つですが、普通は郵便で出します。

Q用途地域

市街化区域に、用途地域が定めるられるますと、市街化区域内の土地は全て、必ずいずれかの用途地域に属することとなるのでしょうか?

Aベストアンサー

市街化区域内の指定を受けて初めて用途区域になると思います。
「用途地域の指定のない区域」は色が塗られないため、白地地域と呼ばれています。
特定行政庁か都道府県の土木事務所に確認することをお勧めします。

Q労働基準法15条2項に基づいた郵送による退職の仕方

契約条件と労働内容が著しく違うことを主たる理由として
(他にもたくさん理由はあるのですが)
退職しようと思っています。

=========
第15条 使用者は、労働契約の締結に際し、労働者に対して賃金、労働時間その他の労働条件を明示しなければならない。この場合において、賃金及び労働時間に関する事項その他の厚生労働省令で定める事項については、厚生労働省令で定める方法により明示しなければならない。

2 前項の規定によつて明示された労働条件が事実と相違する場合においては、労働者は、即時に労働契約を解除することができる。
=========
とあるのですが、


退職願は内容証明郵便で送ろうと考えていますが、
法的に効力があるのは相手に届いてからでしょうか、送った当日からでしょうか。
即時に契約解除とありますがどう解釈するものでしょうか。


ハローワークを通じての紹介で、
今回の離職の事でなにか不都合が
おこる可能性はあるでしょうか。


他に有利、安全に辞める方があれば知りたいです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

1 効力が発生するのは相手に到着した時点。行方不明だったりする場合は公示とか色々。受け取り拒否については、退職の申し出が明らかな場合は通知されたと見なすのが一般的かと。
即時だから通知された時点で、と思いますけど。そこが問題にされる事なんてあまりないな。労働者がやめる事を制限する事はできない。労基法5条違反。10年以下の懲役。損害賠償請求が多少関わってくるだけの事。

2 普通は何もないはず。会社が補助金もらってたりするとそちらは問題出るけど。

3 何をもって有利とか安全とするのかよく分からん。知らないだろうけど、会社に逆らったからと帝京大学安曇高校では労組役員をヤクザを雇って刺させたり、やっぱりヤクザを雇って脅かすつくば観光とか、生命保険かけて埋めちゃう建設会社とか、実際に起きている事件なので、完璧な安全を求めるなら海外へでも高飛びした方がいいかもしらん、w 冗談だけどね。前段は実際の事件だからね。

Q住居系用途地域での建築物

住居系の用途地域の場合には、建築等の規制については、低層住専のみが別格であって、他の住居系用途地域は(乱暴な言い方ですが)用途規制の違いが中心であって、規模や高さ的には遜色のない建物を建てることが可能と考えてよいでしょうか?

Aベストアンサー

各用途地域には、建物用途の種類の他、最高高さ、建蔽率、容積率、斜線制限、採光制限が各々定められている事は、ご承知と思います。
低層一種、低層二種ほど規制が厳しく、準住居が一番規制が緩くなっています。
建築基準法別表第二を見るとお分かりかと存じますが・・・
準住居に至っては、広い道路に面し、敷地が広いほど高く大きなマンション等が建てられます。
ご参考まで

Q募集要領(項)?それとも応募要領(項)?

例えばあなたの所属する会社や団体が懸賞論文を募集する場合、対象者に向けて、募集のアナウンスをするとします。その場合は、あなたサイドが「募集者」になり、それに対して、応募して下さる方は「応募者」になります。

それでは、募集に当たって、その要領を書き記したもののタイトルは、募集要領(項)とするべきでしょうか?それとも応募要領(項)とするべきでしょうか?

ついでに以下についても教えて下さい。
募集対象分野? それとも応募対象分野?
募集開始日? それとも応募開始日?
募集締切日? それとも応募締切日?

どちらサイドから見るかによっても変わってくると思いますが、両方を使い分けることも考えられます。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

保管時の書類名:募集要領(集める人の立場で書く)
   ○○については・・・・、別紙のとおり定めるとか。

ただし、公開の書面の表題や放送文面は応募要項(それを読む・聞く人の立場で=人は募集、物は応募)

募集対象の分野(宣言者の立場で)、応募受付開始日・締切日(=受身の立場で)

以上私案です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング