アルトサックスの初心者ですが、アルトサックスのべーはソですよね
で、アルトサックスでソを吹いているときにでている音がピアノでシ♭を押したときにでた音らしいですが
ハーモニーとかでキーボードを使ってアルトサックスのソ(ベー)を合わすときはキーボードでシ♭を押すんですか?

また、アルトサックスでだすドレミはピアノでだすドレミとと違いますよね
でも、アルトのドレミの音でピアノのドレミを押して曲を弾いても違和感なく曲が更けるんですが、ドをシ♭におきかえないでもいいんですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは


>でも、アルトのドレミの音でピアノのドレミを押して曲を弾いても違和感なく曲が更けるんですが、ドをシ♭におきかえないでもいいんですか?

 質問者さんが違和感がないと感じるのはたまたま質問者さんが気持ちよく感じるハモりになっているからで楽譜通りの音が出ているわけではありませんね。
 ピアノ:ドレミ
 アルト:ドレミ(ピアノだとオクターブ下のミ♭、ファ、ソ)


 楽譜通り、つまりピアノのような実音楽器と同じ音で演奏する(ユニゾン)ときは、実音楽器の楽譜から移調楽器への楽譜の音符を置き換える(移調)ことは必須です。
    • good
    • 1

追加しておきます。



各国の音階名です。

http://www001.upp.so-net.ne.jp/seki-hanayu/Music …
    • good
    • 0

こちらのアルトサックスの項目をお読みください。



http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%82%AF% …

説明にあるように、A.サックスはE♭の調子の楽器です。
ということは、サックスでドの音は実音(ピアノ、キーボード)ではE♭の音になります。

ですので、A.サックスでドレミファソラシドを吹くと、実音のピアノでは変ホ長調、つまり
ミ♭ ファ ソ ラ♭ シ♭ ド レ ミ♭と弾けば、サックスと同じ音階になります。

A.サックスのもうひとつ大きなサックスはテナーサックスです。この楽器の調子はB♭なので、
テナーサックスのドの音は実音(ピアノ、キーボード)ではB♭ということです。

サックスに限らず、どんな楽器も調子が違います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアルトサックスの運指は実音で覚えるべきか?

お世話になっております。
3年程前から時々アルトサックスの練習をしております。
私は音感があまりよくないので、セッション時は
仲間が音を拾ってくれた楽譜を利用して演奏しております。

ここで問題が生じます。アルトサックスはE♭管です。
仲間がくれる楽譜は実音つまりC管なのです。ピアノをしていたので、
各調♭数、♯数は解りますが、いちいち移調すると大変な手間です。
「仲間が音を拾ってくれた分あなたも苦労をしろ」ということ
なのでしょうか?
ギターに「ちょっとG♭出して」と言われても直ぐには出せません。
そういった即興的な事が困難です。

そこで思いついたのが「楽器の運指は実音(inC)で覚えるか否か」
ということです。
しかしそうすると「吹奏楽団などの楽譜(inE♭)」に対応出来ません。
どちらの運指も覚えた方がよいのでしょうか?
いつかはソプラノサックスにも挑戦しようと思いますが、
ソプラノサックスはB♭管・・。

inCとinE♭とinB♭の運指、全て覚えた方がよいのでしょうか?

どなたか回答を宜しくお願い致します

お世話になっております。
3年程前から時々アルトサックスの練習をしております。
私は音感があまりよくないので、セッション時は
仲間が音を拾ってくれた楽譜を利用して演奏しております。

ここで問題が生じます。アルトサックスはE♭管です。
仲間がくれる楽譜は実音つまりC管なのです。ピアノをしていたので、
各調♭数、♯数は解りますが、いちいち移調すると大変な手間です。
「仲間が音を拾ってくれた分あなたも苦労をしろ」ということ
なのでしょうか?
ギターに「ちょっとG♭出して」と言われても...続きを読む

Aベストアンサー

ジャズ、ポップス系では、inCでの運指を覚えてる人は、実際にけっこういます。

>inCとinE♭とinB♭の運指、全て覚えた方がよいのでしょうか?
実は、これが一番手っ取り早い気がします。やってみると、思っているよりは大変ではないと思われます。

Q吹奏楽部のなですが、音階がよくわからず・・・

こんにちは。 部活でa-saxをやっているモノなんですが
、最近全体練習でよくスケール練習をするんです。
そのとき、音名をドイツ語??で言うのですが、それが良くわかりません・・・涙   
一応、Bがソ、Cがド、と言う音名自体は覚えているのですが、スケールになると、シャープを何処に何個付ければいいのか??混乱してしまいます。 
どうしたら、分かるようになるでしょうか??
教えてください。よろしくお願いします。。

Aベストアンサー

こんばんは。
多少ややこしいですが、ドイツ音名はまずピアノの場合(C)で仕組みを覚えた方がいいと思います。
理由はピアノの白鍵にあたる音はアルファベット一文字で表現され、黒鍵にあたる部分を「何とかの#」と呼ぶ場合はisがついて、逆に♭の場合はesがつく、という法則があるからです。(Bは例外)
まず、ピアノの場合のドイツ音名はこんな感じになります。(これが全てではありません。そしてEやAなど、英語と発音が違う音があるので気をつけて下さい)

【ピアノの場合】
ド    C・ツェー
ド#   Cis・チス  (レ♭ Des・デス)
レ    D・デー
レ#   Dis・ディス (ミ♭ Es・エス)
ミ    E・エー
ファ   F・エフ
ファ#  Fis・フィス (ソ♭ Ges・ゲス)
ソ    G・ゲー
ソ#   Gis・ギス  (ラ♭ As・アス)
ラ    A・アー
ラ#   Ais・アイス (シ♭ B・ベー)
シ    H・ハー

法則はおわかりいただけたでしょうか。
…で、アルトサックスは移調楽器なので、これが半音階で4つぶん(No.4の方の表現だと3つぶん)、音がずれるわけですね。

【アルトサックスの場合】
ド    Es・エス   (シ# Dis・ディス)
ド#   E・エー    (レ♭ Fes・フェス)
レ    F・エフ
レ#   Fis・フィス (ミ♭ Ges・ゲス)
ミ    G・ゲー
ファ   As・アス   (ミ# Gis・ギス)
ファ#  A・アー
ソ    B・ベー
ソ#   H・ハー    (ラ♭ Ces・ツェス)
ラ    C・ツェー
ラ#   Cis・チス  (シ♭ Des・デス)
シ    D・デー

音階でつける#や♭については、参考URLをどうぞ。
でも学校には音階の調号を記した教則本が必ずあると思うので(どの楽器のでも構いません。ト音記号で書かれていれば楽だと思いますが)、それを練習して覚えてしまうのが一番効果的です。

なお、Cはラ、アルトサックスはEs管ですよ。(私は正式な音楽教育を受けていないので、解釈方法にあまり自信がないですが、「“ド”の音がEsならEs管、CならC管」と覚えると簡単です)

がんばって下さい。

参考URL:http://www.mmjp.or.jp/music-access/gakuten/gakuten/chou.htm

こんばんは。
多少ややこしいですが、ドイツ音名はまずピアノの場合(C)で仕組みを覚えた方がいいと思います。
理由はピアノの白鍵にあたる音はアルファベット一文字で表現され、黒鍵にあたる部分を「何とかの#」と呼ぶ場合はisがついて、逆に♭の場合はesがつく、という法則があるからです。(Bは例外)
まず、ピアノの場合のドイツ音名はこんな感じになります。(これが全てではありません。そしてEやAなど、英語と発音が違う音があるので気をつけて下さい)

【ピアノの場合】
ド    C・ツ...続きを読む

Qサックスのリードを「湿らせる」?

サックス初心者です(さっき購入しはじめて触りました)。
ご教授願います。

教則ビデオと教則本でともに「リードを湿らせる」とあるのですが、
「どの程度」「どうやって」湿らせるのかが掲載されていないのです。

ご存知の方、お教えください。
またサックス初心者にアドバイスなどあれば合わせてお願いします。

Aベストアンサー

アマチュアのクラリネット吹きです。

リードに関しては諸説ありますが、一般的には水につけるか、舌を使って唾液で濡らします。程度を口でいうのは難しいのですが、薄くなった先端のあたりが透けるほどに水分を含ませてはいけません。表面の水分を拭って(舌で軽く舐めて拭います。布などで拭き取ると先端を痛めやすいので。)、頬や腕に押し当てたときに、軽く湿り気を感じる程度、といえば良いでしょうか。

箱から出したばかりのリードは乾燥が進んでいるため、繊維が収縮しており、細かな振動に追随できません。従ってしっかりと湿らせる必要があるのですが、乾燥したリードは水分の吸収も著しいため、やりすぎるとリードが痛んでしまいます。新品のリードはサッと水に通して、数分~10分程度吹いて慣らした後はケースにしまい、毎日少しずつ慣らしてやる必要があります。こうやって作られたリードは、良い音の状態が長く続き、上手く使えば一月くらい保ちます。

繊維の隙間がうまって(舌触りが滑らかになります)良い状態になったリードは、唾液で軽く濡らしてやるだけでも大丈夫です。カサカサでなければ問題はありません。

ちなみに、新品のリードの削ってある部分(ハートといいます)に水を付け、お尻の方(厚い側:ヒールといいます)から強く息を吹き込むと、ブクブクと泡が出ることがあります。この状態のリードが、まだ完成されていないリードです。

完成後のリードの寿命は、良いもので1ヶ月、悪いもので1週間くらいです。できるだけ長持ちさせるために、1時間ごとくらいに取り替えてローテーションさせます。目安は、リードを外したときに、マウスピースに密着している部分が、水分でマウスピースの四角い口(ウィンドウといいます)の形に浮き上がっているときは、交換しなければなりません。

アドバイスですが、管楽器全般についていえることですが、まず腹式呼吸をマスターすること、口で音程や音色を弄らないこと、口で楽器を支えるのではなくストラップと左右の親指で支えること、といったあたりに注意しましょう。

楽器の支え方に関してですが、左右の親指で楽器を前に押し出し、ストラップを支点にして、てこの原理でマウスピースが口の中に入ってくるようにします。このマウスピースを上の歯に当てて、頭の重さで固定してやるわけです。下あごをダラリとあけた状態で安定させることができれば、楽器の持ち方が正しいといえます。

それから、教則本やビデオは間違いを指摘してはくれません。できれば音楽教室などで指導を受けるようにすると良いでしょう。ビデオと教則本で復習すれば、さらに効果があると思います。

蛇足ながら、ある音大のサックスの先生が、リードはお茶で湿らすとよいと言っておられました。確かに、毎日続けていると、唾液だけで湿らせているものとは音色が違うようにも思いますので、興味本位でお試しください。(音楽教室では怒られるかも....)

なお、リードの材質は葦(アシまたはヨシ)の一種で、フランス、オーストラリア、南米あたりが主な産地です。

アマチュアのクラリネット吹きです。

リードに関しては諸説ありますが、一般的には水につけるか、舌を使って唾液で濡らします。程度を口でいうのは難しいのですが、薄くなった先端のあたりが透けるほどに水分を含ませてはいけません。表面の水分を拭って(舌で軽く舐めて拭います。布などで拭き取ると先端を痛めやすいので。)、頬や腕に押し当てたときに、軽く湿り気を感じる程度、といえば良いでしょうか。

箱から出したばかりのリードは乾燥が進んでいるため、繊維が収縮しており、細かな振動に追随できま...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報