外国に販売した製品Aの部品aが故障し、修理のため日本に輸入するときは関税や消費税を支払わなければいけないのでしょうか。修理後、同国に再輸出するので、国内で消費するわけではありません。減税・免税可能であれば、根拠となる条項や手続きを知りたく。
また、そのときの輸入時・輸出時の申告価格は新品の値段ではないと思いますが、いくらにすべきでしょうか。
部品aの原産国は、日本・外国両方の場合があります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

関税定率法14条。


日本から輸出された貨物が、性質・形状が変わらず再輸入されるときという条件つきです。
通常は、輸出時のinvoiceと輸出許可証コピーが必要ですが、輸出時の一部分品ということなら、輸出したという証明がやや難しいか。通関業者に相談するのがいいでしょう。

「性質・形状が変わらず」との条件があるので、価格は、輸出時の新品価格から再計算する方がいいと思います。(価格の根拠を質問されるかも)

上記のように、関税免税が認められるなら、消費税も自動的に免税となります。

しかし、消費税は、課税業者であることを前提に、消費税確定申告時の手続にて、還付あるいは軽減されます。つまり同じことになります。

この回答への補足

たとえば、Made In Japan の製品を輸出して、日本で修理するために輸入する場合は、輸入時に関税・消費税が免税されるのでしょか。それとも、一度納税して後日確定申告時に還付ということでしょうか。

よく、内容点検で通関業者に原産国の表示がないと言われ課税されているのです。

補足日時:2011/04/09 21:57
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
これにて閉じさせていただきます。

お礼日時:2011/04/12 22:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q損益計算書の中の消費税の扱いについて

経理の素人です。勉強を始めたのですが基本的な考え方がわかないのでお教え願えますか?

所得税等の計算時における課税標準の額に納税消費税が影響するのかしないのかわかりません。

質問1)
損益計算書に「仕入れや費用などの金額」を記載する場合、消費税込みの金額を記載するのでしょうか?どちらでも良いのでしょうか?ネットで調べても仕入れや費用の内訳に消費税の記載がないのでどう判断したらよいのかわからなくなってしまいました。質問2の例の場合 売上は20950円か仕入れは15750円でよいのか?

質問2)
損益計算書で結果的に計算出来る個人の所得税計算の基となる課税標準の計算は下記のどちらが正しいでしょうか?
単純化した下記例でご回答お願い致します。

「仮定条件(減価償却などは考慮しないで)」
仕入れ(商品15000円+消費税750円)=15750円
経費等(500円+消費税25円)+(250円+消費税0円)=775円
売上(19000円+消費税950円=19950円)+(1000円+消費税0円=1000円)=20950円

納税消費税=受け取った消費税950円-支払った消費税(750円+25円)=175円→
  課税売上割合を考慮した簡易課税で結果的に 納税消費税が100円になったと仮定します。

個人の所得税の計算「所得税率が20%とした場合」

課税標準(1)の考え方=
 消費税込み収益20950円-消費税込み費用(15750円+775円)-納税消費税100円
  =4325円
        所得税(1)=4325円 X 0.2

課税標準(2)の考え方=
 消費税抜きの収益(19000円+1000円)-消費税抜きの費用(15000円+750円)-納税消費税100円=4150円
        所得税(2)=4150円 X 0.2

★所得税の計算はどちらで行うのでしょうか?(2)だとすると課税標準がちいさいのではと考えています。

経理の素人です。勉強を始めたのですが基本的な考え方がわかないのでお教え願えますか?

所得税等の計算時における課税標準の額に納税消費税が影響するのかしないのかわかりません。

質問1)
損益計算書に「仕入れや費用などの金額」を記載する場合、消費税込みの金額を記載するのでしょうか?どちらでも良いのでしょうか?ネットで調べても仕入れや費用の内訳に消費税の記載がないのでどう判断したらよいのかわからなくなってしまいました。質問2の例の場合 売上は20950円か仕入れは15750円でよいのか?

質...続きを読む

Aベストアンサー

No.1です。

>消費税の免税事業者になるかならないかは一定期間を過ぎないとはっきりしないと思っています。
(集計が終わった段階でしか判断できない?)

いいえ。今年、あなたが課税事業者か免税事業者かは次のように判定します。

(1)あなたが、去年または今年に個人事業を始めたのであれば、そもそも2年前の課税売上高がないので、今年は、あなたは免税事業者です。

(2)あなたが、一昨年またはそれ以前に個人事業を始めたのであれば、
・2年前の課税売上高が1千万円以上なら、今年は、あなたは課税事業者です。
・2年前の課税売上高が1千万円未満なら、今年は、あなたは免税事業者です。

この事は、今年の年初(1月1日)に分かることですね?  ^ ^;


>課税事業者の場合、納税する消費税100円は所得税計算上損金に当てはまらない事になると思いますがよいのでしょうか?

その通りです。

消費税を納税する場合、
〔借方〕元入金100/〔貸方〕現金100
または
〔借方〕事業主貸100/〔貸方〕現金100

という仕訳をします。
つまり、消費税の納税は損益計算書に影響を与えません。
また消費税の納税は所得税計算上の必要経費にならないし、所得控除にもなりません。

消費税の納税は、他人から預かった税金を国へ渡す行為にすぎないのです。そういう意味では、従業員に支払う給料から所得税を源泉徴収して国へ納付する行為と同じですね。


>仮に、固定資産税などが発生している場合、その分は所得税用課税標準から差し引けると思っています。

はい。事業で使用する建物に掛かる固定資産税は必要経費になりますから、事業所得から差し引くことができます。(→所得税用課税標準から差し引くのと同じ効果が得られます)

>それと同じ考えで納税消費税も費用として差し引いたあとで所得税の計算ができるのかなあとずっとかんがえておりました。

いいえ。先述のように、消費税は固定資産税とは異なり、他人から預かった税金にすぎないのです。例えば八百屋さんがキャベツを200円で主婦に売る場合、その内の9円は主婦が負担した消費税であり、国に代わって一時的に預っているに過ぎず、いずれ国に納付しなければならにのです。

No.1です。

>消費税の免税事業者になるかならないかは一定期間を過ぎないとはっきりしないと思っています。
(集計が終わった段階でしか判断できない?)

いいえ。今年、あなたが課税事業者か免税事業者かは次のように判定します。

(1)あなたが、去年または今年に個人事業を始めたのであれば、そもそも2年前の課税売上高がないので、今年は、あなたは免税事業者です。

(2)あなたが、一昨年またはそれ以前に個人事業を始めたのであれば、
・2年前の課税売上高が1千万円以上なら、今年は、あなたは課税事業...続きを読む

Q輸入統計品目番号・関税について

私、通関業に従事している半人前の乙仲です。お客から質問を受けたのですが、20'x1のTANC CONTAINER(\600万)を輸入した場合、これにかかる関税・消費税を教えてくれとの事です。運賃・保険金額は不明なので、\600万という額はあくまでもFOB金額ですが、大体の金額が幾らになるのでしょうか?まず、TANC CONTAINERの統番が分かりません。この時点でアウトなんですが・・・こんな知識の無い僕にどなたかご教授お願いします。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

同業者さんなので、ちょっと意地悪回答です。
まず、コンテナはどうして通常の輸出輸入通関をしないかを調べてみましょう。簡単に言うと通い容器だから、という事なのですけどね。
さて、そのHSですが、通い容器として申告しないのだから、その申告は出来なくなります。
貴社の通関士に尋ねると教えてくれると思うのですが、材質分類になります。
恐らくステンレス製だと思いますが、それを調べないと、先に進めませんね。(鉄製の容器○L以上の欄があるでしょ?)
次に海上運賃のレートを取得(積出港が無いから答えようが無いです)、保険料率は大体0.3%も見ておけば十分です。
保険金はCIF110%に対して計算されることを忘れずに、CIFをご自分で計算してみてください。
この手の見積りの場合、なるべく高い方へリスクを見ないと、お客様に迷惑をかけてしまいます。
私なら、関税22万、消費税33万というところでしょうか...。
あ、特恵の確認も忘れずにー。

参考URL:http://www1.customs.go.jp/tetsuzuki/bunrui/itmsrs.htm

同業者さんなので、ちょっと意地悪回答です。
まず、コンテナはどうして通常の輸出輸入通関をしないかを調べてみましょう。簡単に言うと通い容器だから、という事なのですけどね。
さて、そのHSですが、通い容器として申告しないのだから、その申告は出来なくなります。
貴社の通関士に尋ねると教えてくれると思うのですが、材質分類になります。
恐らくステンレス製だと思いますが、それを調べないと、先に進めませんね。(鉄製の容器○L以上の欄があるでしょ?)
次に海上運賃のレートを取得(積出港が無いから...続きを読む

Q消費税込みの値段から消費税抜きの計算方法

消費税込みの値段から消費税抜きの計算方法を調べたら X÷1.05=消費税抜きの値段と書かれていました。なぜ1.05で割ると消費税抜きの値段が計算されるのでしょうか?

Aベストアンサー

たとえば
100円のもの1個の値段は
100×1=100円
その消費税は5%(×0.05)ですから
100×0.05=5

総額は
100+5=105円
一度に計算するには
1+0.05=1.05  で
100×1.05=105円

ここまではOKかな。
商品の消費税込みの値段を計算するときに
1.05を掛けたのですから
消費税込みの価格から商品の価格を計算するには
その逆の計算
総額÷1.05で計算できますよ。


もしかして釣られちゃったかも・・・ですが
自分の文章力確認には良いテストかも(笑)
本気質問なら(上の2行)ごめんなさい。

Q自動車部品で補給製品を扱っております。今年の6月から9月にかけ受注・追

自動車部品で補給製品を扱っております。今年の6月から9月にかけ受注・追加受注が大変多く今期納期遅延が大量に発生し得意先に迷惑を掛けてしまいました。その代償として、対策書を報告・提出を要求されておりこの場合、対策書をどのように書いてよいか分からないので例記述を生産管理の方、教えて欲しいのですが

Aベストアンサー

 
納入が遅れた原因と、今後の対策、自動車メーカーへの依頼(お願いしたい改善事項があるはず)をまとめれば良いと思います。
普通は数量変化の情報がどの様に流れてどの様に対応したか、ココに反応の遅れなどがあったはず。
また、製品を作るための購入品で急な増加に対応できなかった部品があったはず。
このあたりをまとめれば良いでしょう。
 

Q消費税の計算方法について(合算)

消費税の計算方法について,合算するときと,しないときの消費税の計算方法について教えてください。

<ケース>
1 商品と請求書は次のとおりとします。
商品A 税抜請求額111円
商品B 税抜請求額1,111円

2 消費税の計算(合算する場合)
税抜請求額 1,222円
消費税 61円
税込請求額 1,283円

3 消費税の計算(個別に計算した場合)
商品A+B 税抜請求額 1,222円
商品Aの消費税相当額 5円
商品Bの消費税相当額 55円
個別に計算した場合の消費税合計 60円
税込請求額 1,282円

【質問】
この場合,3(個別に計算した場合)が1円安くなります。
相手からは一通の請求書の発行を要請されており,2のとおり合算して請求書を発行するほかないと思いますが,これは税法上問題ないものと考えてよろしいでしょうか?

Aベストアンサー

早速ですが、
納品月日が異なっていると理解して。

納品書はどうなっているのでしょうか?
単純に、納品書に本体価格と税額記載 税込み合計が記載されてるなら、個別計算にるでしょうね。
先方もそれで仕入れを計上していると、合算で 1円少ないと、買い掛帳と 会わなくなりますし。

まあ、その辺は、どちらに転んでも、税法云々の域では無いです。
四捨五入か、切捨てか も自由裁量の範囲ですから。

Q商用の商品の輸入方法と関税について

現在個人輸入した商品を転売しているのですが
輸入頻度が多い為 どのように商用の商品を輸入
するのがベストなのか知りたくて投稿致しました。
個人輸入の大半はサイトでオーダーしたものを
EMS経由で受け取っています。
10万円を超えると税率が変り高くなるので 毎日オーダーして分散して商品が届くようにしておりますので
連日商品が届きます。
小額でも頻繁に海外から商品が届くと税関にモニタリングされるという噂を小耳に挟みました。
ちなみに1回のオーダー金額は$200~$600位なのですが 時に何日かに分けてオーダーした商品が
一斉に出荷され 合計すると10万円を超える事もあります。
今のところ 課税は1オーダーに対して簡易関税がかかっているようなのですが 今後 税関で数オーダー分の商品が鉢合わせしてしまった場合 10万円を超えてしまうので 一般課税になるのでは?っと思ったり
用途を聞かれるのでは?っと思いヒヤヒヤしております。
又 以前はEMSで送られてくる商品は課税されたり
されなかったりだったのですが 現在は課税されない時の方が稀です。(モニタリングされてる?)
ヒヤヒヤしながら続けるのも嫌なので 何とか個人でも
商用として輸入したいのですが 出来るものなのでしょうか?
又 このまま頻繁に輸入を続けていても大丈夫なものなのでしょうか?
税関で止まった時のみ 用途を商用と答えても問題はないのでしょうか?
お知恵をお貸し下さい。

現在個人輸入した商品を転売しているのですが
輸入頻度が多い為 どのように商用の商品を輸入
するのがベストなのか知りたくて投稿致しました。
個人輸入の大半はサイトでオーダーしたものを
EMS経由で受け取っています。
10万円を超えると税率が変り高くなるので 毎日オーダーして分散して商品が届くようにしておりますので
連日商品が届きます。
小額でも頻繁に海外から商品が届くと税関にモニタリングされるという噂を小耳に挟みました。
ちなみに1回のオーダー金額は$200~$600位なので...続きを読む

Aベストアンサー

誤解がいろいろあるようですね。

大抵の場合、簡易税率の方が一般税率よりも高いです。ではなぜ簡易税率を使うかというと、税金の計算にかかる時間を短縮して貨物を早く届けるためです。一般税率を使う際は、税関に対してかなり細かい商品説明が必要になってくるので、通関審査にどうしても時間がかかってしまうのです。

また、10万円については、1オーダー毎にみますので、数オーダーが一緒に来ても大丈夫です。逆に、たとえば1オーダーで20万のものを3回に分けて送ってきてもダメです。

それから、税関でいう「個人輸入」とは「個人的な貨物の輸入」を意味するものではありません。法人でない「個人」が輸入する貨物というだけです。当然商用でも構いませんし、税関での扱いも変わらないと思います。

Q消費税率5%の金額を算出する計算の仕方

たとえば、消費税込み金額¥38300
Q1:消費税率5%なので、端数は四捨五入でしょうか?
  38300 X 0.05 = 1915
Q2:消費税率5%なので、
  まず、税抜金額を計算する、端数は四捨五入でしょうか?
  38300 / 1.05 =36476.1904
  次に、税額を計算する
  38300 - 36476 = 1824
Q3:同じ消費税率5%でも上記の例では金額が異なります、
   Q1では1915円
   Q2では1824円
   です。どちらで計算するほうが有利でしょうか?

Aベストアンサー

明らかにQ1:が間違いです。

>消費税込み金額¥38300
何故、消費税込みの38300に再度0.05を掛けるか理解出来ません。

既に消費税は加算されているでしょう。消費税が加算された38300に更に消費税を加えて
計算するから差異が出るのですよ。 

解り易く10000円で計算して下さい。 理解出来ますから
10000×1.05=10500円ですよね(これで500円ですから5%です)
10500÷1.05=10000円ですから

あなたの考えで計算すると
10500×0.05=525円  消費税は525円ですか? 違いますよね。

ちょっとした勘違いで殆んどの人が陥る事です。
解らなくなったら10000円で計算をすれば理解出来ます。

Qインド輸入関税について

インド輸入関税について

某自動車メーカーの営業部に勤めています。インドの輸入関税調査を任され調査中ですが何ともはっきりした答えが見つかりません。もちろん関税の言うのは毎年変更され、HSコードによって分類される製品群(何を送るのか?)によって変わってくるとは思いますが参考になるような情報はありませんか?たとえば100円のものを一個向こうに送るとしたら関税は何円かかるのか?(何パーセント必要なのか?)
もっと具体的な情報がないと分からない!ということであれば何が不足しているのか教えて下さい。補足します

Aベストアンサー

世界各国の関税率を検索できるものとしては、FedExが有料で提供している
World Tariffというオンラインデータベースがあります。

No.1の回答者の方が紹介されているジェトロのサイト内から利用登録すれば
なんと無料で利用できます。ただしWorld Tariff内はすべて英語です。

詳しくは参考URLをご覧下さい。

参考URL:http://www.jetro.go.jp/biz/tariff/

Q消費税の計算について

ある店での価格表記です。 666円(税込699円)との表記が有りました。
666円の5%を計算すると消費税は31円で、税込697円になるべきだと思いますが、
確かに税込699円から消費税を計算すると消費税は33円になります。本体価格(税抜き価格)を示す
なら666円から消費税を求めるのが、正しい方法だと思いますが。

Aベストアンサー

消費税計算は、税抜き価格から×1.05 で答えが出ます。
この場合ですが、
666×1.05=699.3
端数は、通常切り捨てです。
だから、何ら問題ないと思います。

Q輸入関税の重加算税について教えてください。

いつもおせわになります。
輸入関税に詳しい方、教えてください。
新年度になったばかりで、社内プレゼンをする際、輸入関税消費税について
発表することになりました。
そのときに、関税過少申告をした際のデメリットについて発表する予定です。
関税申告を過少申告したときにおきる重加算税についてですが、
デメリットとして追徴課税(35%, 40%)のほかにE/Lの失効とか
包括延納が使えなくなるとか、あるのでしょうか?

Aベストアンサー

意図的な過少申告は明らかな脱税違法行為ですよ。
追徴課税の%は分かりかねますが、それだけでなく危惧されている通り、税関から見ていろいろな処罰がありえます。一定期間の業務停止(正しい言葉で無いかもしれないが、税関申告が出来なくなる)がありえ、いわゆるブラックリストに載ると以降の申告では厳しく審査されえることになるでしょう。
>E/Lの失効とか包括延納が使えなくなるとか
悪質度の程度によっては十分ありええるでしょう。

単なる言葉の問題と思うのですが、気になることがあります。
脱税という重大な違法行為の問題なのに「デメリット」という言葉は不適と思いますよ。(見つからなければ脱税はメリットかというように曲解されかねません)
罰則より、コンプライアンスというか、企業の順法精神を表に出して議論すべきと思います。(おじさんですが老婆心ながら)


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング