ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

現在、アクリル画をかいています。
油絵は未経験なのですが、アクリル画と比べて

油絵のほうがここがいいと思う、

油絵のほうはここがアクリル画よりちょっと不便、好きではない、など

絵を描いたご経験者の方々からお話伺いたいと思っています。

アクリル画と油絵の経験者さま、よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

油とアクリルでは、顔料の美しさが、まるで違います。


とはいえ、好みの問題があるので、質問は愚問です。

油は、不便で手間の多い難しい素材です。
故に、アクリル画では表現出来ない世界に繋がります。
また、逆のことも言えます。
でも、個人的には、苦労して油の技術を身に付ければ、メッキと金位の表現の違いになると感じています。

アクリルの、「油絵と近いことが出来る。」というキャッチフレーズも、
一見、油のように似せているだけで、奥深さが違います。
まあそれは、表面上の問題ですが…。

アクリルでも深い世界は表現出来ますが、画材として、世界観を表現を追求するなら、油はかなり複雑で手間のかかる、手強さがあります。
軽さが欲しいなら、アクリルが良い場合もあります。

自分の世界観との一致した「好み」で画材は選ぶべきなので、
ここで質問するより、実際に試すのが良いでしょう。

ウンチクより実践です。
要は、自分の世界観にあった画材は、自分で体験し、学ぶものですよ。
「私の世界を表現出来る画材は何か」です。

是非、油絵もお試し下さい、そして比較してみて下さい。
頑張って下さいね。

この回答への補足

お礼の補足です。

おっしゃるように、「世界観」ですね。
アクリル画では奥深さがどうしてもでないことで迷っていました。

油絵と比較する話しになりますと、どうしても手軽に使えるアクリル画に軍配があがりがちでしたし。

たびたびになりますが、ありがとうございました。

補足日時:2011/04/10 09:30
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
そうなんです、その愚問をあえてお伺いしたかったわけです。
人の好みによって違いますでしょ、
それをぜひお伺いしたかったわけです。

そういうあなたさまもお応えくださったわけで
お話がそんなふうに聴けることが一番なのです。
この質問は。
ありがとうございます。

お礼日時:2011/04/09 19:06

某美術大学の油画科を卒業した者です。



結論から言うと僕は断然油が好きです。というか使いやすいです。

これは単純に慣れの問題だと思います。
なんやかんやで十何年油絵の具をいじっていると、思考が油絵の具を前提にしたものになるので不便さは感じなくなります。
乾きが遅いとか、臭いがあるとか、オイル調合めんどいとか、やたらぼろ布が必要とか、いろんな道具がべたべたするとか、
結局全部慣れてしまいますw

むしろ油に慣れた僕からすれば、アクリルの方がはるかに使いにくく、好きではありません。
どうしても急いだ時に(乾燥の時間がとれない時に)アクリルを使ったりもしましたが、結局使いにくさを差し引いたらどっちが早く出来たかわからないくらいですw

ようするに、画材に貴賤はありません。
慣れた方に人は軍配を上げるでしょう。

ですから、もし今後油絵に挑戦する予定があって特性を知りたいという事なのであれば、自分でやってみる以上に有用な事は無いかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
やはり他の方もおっしゃっているように、慣れなんですね。
どうしたって、油絵とアクリル画の話しとなりますと、アクリルのほうに軍配があがってしまうようなところに、やはり油絵のほうが、というご感想ありがとうございます。

お礼日時:2011/04/10 09:22

高校時代に油絵、専門学校でアクリル(アクリルガッシュ含む)もをやりました。



油絵は絵具代が高いのと服などに付いたら取れにくいのと、ニオイがキツイですね。。。乾きも遅いし。
紙に描くものではないですし。
それとこれは当たり前ですが、透明な塗り方ができないことですね。
厚塗りしかできません。

その点アクリルは薬品を使えば色んな表現ができますし、いろんなところに描けますよね。
服などに付いてもすぐに洗えば問題ないですし。

アクリルでも油絵みたいな表現はできるから、わざわざアクリルから油絵に転向することはないかな?と思っています。
アクリル画の魅力を知ってから趣味でも油絵を描くことは無くなり画具一式処分しました。

油絵の良さは油絵という言葉が持つ「重厚感」のイメージしかないかと思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

やはりそうでしたか..
匂い、取れない、透明度の表現ができない、あらゆるほかの表現のツールもない。。。

たしかに。

油絵に転向するのではないのですよ。
ありがとうございます!

お礼日時:2011/04/09 19:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q油絵とアクリル絵の違いを教えて下さい。

私は全く絵をやった事が今までにありません。今とてもアートに惹かれて習いたいと思っています。友人のお勧めでは油絵なのですが、アクリル絵とどう違うのでしょうか?絵も全然違ってくるのでしょうか?又初心者にはどちらが良いのでしょうか?アクリルの方が、油絵のようにも、薄い感じにも描けるとどこかで読んだような気がします。又シャツや石などにも描けると・・・油絵は匂いが強烈だと聞きます。そうすると油絵のようにも描けるアクリルの方が使い用途も広くいいような気がしますが、全く無知な私には分かりません。どなたか是非アドバイスを宜しくお願いします。

Aベストアンサー

絵の具は、顔料などの発色成分が同じでも、メデュームを入れ換えることで様々な種類になるのです。例えば水彩絵の具には水溶性のアラビアゴムなどを加えますが、油絵の具には空気に触れると固化する乾性油を加えるのです。

主な絵の具の例をあげてみます。

水彩絵の具
水溶性の糊(アラビヤゴム等)と、乾燥を調整する糖類、グリセリン。
油絵の具
油(乾性油・加工油)、樹脂と厚塗りやタッチをつけるためのロウ類。
樹脂絵の具
合成樹脂(アクリル樹脂、PVA(ポリビニールアセテ-ト))と、乾燥を調整するグリセリンやエチレングリコール。
パステル
顔料を棒状に固めるための糊・トラガントゴム等。(学童が良く使っているパスはこれとは別のもので、次のオイルパスのことです。)
オイルパス・クレヨン
動物・植物性油脂とパラフィンやロウ類。(油脂分の多いものがオイルパスで、パラフィンやロウ類の多いものがクレヨンです。

>アクリルの方が、油絵のようにも、薄い感じにも描けるとどこかで読んだような気がします。

そうですね^^アクリルは耐水性の水彩(変な言葉TT)水分を多めに取ると水彩の淡い色などが表現できます、ただし本家透明水彩の発色には及ばず少々くすんで艶がありません。

>又シャツや石などにも描けると・・・

樹脂なので洗濯にも何度かは耐えられますね。厚めに塗るとヒビが入るかな?^^

>油絵は匂いが強烈だと聞きます。

私も臭いと思います(笑)独特な臭気ですよね…換気は必要かと思います。ある意味パステルや木炭の定着に使うフィキサチフやポスターカラーの仕上げ用のトリパブも臭いです…アクリルは臭くないですよ^^

>そうすると油絵のようにも描けるアクリルの方が使い用途も広くいいような気がしますが、

厚く塗れば油絵の様な仕上がり、盛り上げようのモデリングペーストを混ぜるとざらざらやデコボコ、アクリルボードなどの上で色を混ぜメディウム混ぜ
かわかすと剥がれてフィルム状にもなる…アクリルは変幻自在。石にも壁にもシャツにもカンバスにもボードに板にもガラスにも塗れる、たぶん殆どの物に塗れますね^^何も絵に拘らなくてもオブジェも作れる…

アクリルの使用上の注意は、乾くと溶けません(耐水性)溶き皿からペロンと剥がしたりした粉かな破片が水道管に詰まったりしかねません(友人は別の染色用の絵の具の所為でアパートから出るように言われました)入らなくなった絵の具はそのまま乾燥させ、乾いたのを見計らって水の入りバケツに漬け数時間、ぺろんと剥がれた物をそのまま燃えないごみで出しましょう^^

まだ決めてないのに長文失礼致します
(今更・爆)

沢山描いて素晴らしい心の探求をなさってください…
絵は自分との向き合い、人生との対話・心の全てが心境が出てきます(落ち込んでるときなど)現実では外へ向いていた目が今度は内側へ向きます。何も無い所から何かを生み出す、そんな苦痛と快感に満ちた世界をお楽しみください^^

頑張って!

絵の具は、顔料などの発色成分が同じでも、メデュームを入れ換えることで様々な種類になるのです。例えば水彩絵の具には水溶性のアラビアゴムなどを加えますが、油絵の具には空気に触れると固化する乾性油を加えるのです。

主な絵の具の例をあげてみます。

水彩絵の具
水溶性の糊(アラビヤゴム等)と、乾燥を調整する糖類、グリセリン。
油絵の具
油(乾性油・加工油)、樹脂と厚塗りやタッチをつけるためのロウ類。
樹脂絵の具
合成樹脂(アクリル樹脂、PVA(ポリビニールアセテ-ト))と...続きを読む

Q油絵を習おうかアクリル絵を習おうか迷っています。

私は全く絵をやった事が今までにありませんが、とても興味があり始めてみようと思っています。初心者には油絵がいいと聞きますが、アクリル絵とどう違うのでしょうか?アクリル絵のほうが、油絵のように描けたり、薄くも描けたりできると聞きますが、どちらを習っていいのか分かりません。どなたか違いやアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

軽はずみにどちらがいいとは言えません、好みがあるので。実際に、アクリル画や油彩を見てみて、ご自身が描いてみたいと思われた方をやってみられては如何でしょうか?

油彩が初心者向きと言われる所以は、乾きにくさにあります。キャンバスの上での混色や、修正がしやすいのは油彩です。アクリルは、水が乾くのとほぼ同じスピードで乾いてしまうので、どうしてもキャンバスの上で混色しにくいです。乾きを遅くする薬品もありますが、それでも油彩ほどは描きやすくないです。初心者の方に両方使ってみて貰うと、油彩が描きやすいと答える方が多いです。

画材の値段は、天井知らずなので一概には言えませんが、スタートキットは油彩15000円、アクリル10000円くらいかな…?画材店で、これよりずっと安く買うことも、本格的にもっと高いものを買うことも出来ます。絵の具自体は、アクリルの方が安いことが多いですが、エアブラシ(ラッセンが使っているような)を使われるのでしたら、エアブラシが高くつくかもしれません。

あとは、微妙に色に違いがある…かな?でも、どちらも楽しいですよ。

Q油絵のときに使う筆洗油の捨て方がわかりません。

おそらく商品名は「筆洗油」でいいと思うのですが。。。火気厳禁とありますが普通に捨ててしまってもいいのでしょうか?
お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

新聞紙やボロ布に筆洗油を染み込ませ、ビニール袋に入れて、その中に新聞紙(ボロ布)が浸るくらい水を入れて、可燃物として処理します。筆洗油のついた新聞紙をそのままゴミ箱に捨てたりしてはいけません。他のゴミとの摩擦で発火することがある、と何かで読んだ記憶があります。石油由来ですから、水道に流すのももってのほかですよ。

ところで、筆洗油って一回使うごとに捨ててしまっていますか?よっぽど絵の具の沈殿物が混ざってしまったりしたとき以外は捨てる必要はありませんよ。

Qアクリル絵の具の種類と長所と短所

こんにちは、お世話になります。

私は次回の制作でアクリル絵の具を使用しようと思っています。
しかしながら今までアクリルを殆ど使った事がないので様々なメーカーや種類がある中、どの絵の具がどのような特徴を持っているのか、長所や短所などが全くわかりません。

微妙な差などでも結構ですので、教えてください。

最後は自分の腕次第だと思っていますが、一度に大量に買い込まなくてはならないので是非参考にしたいと思っています。

よろしくお願いします。m(_ _)m

Aベストアンサー

ANo.1です。

>ターナーのパステルシリーズにある感じです。

これは、アクリル絵具と言ってもアクリルガッシュですよね?

そうなると、残念ながら余りお力にはなれないと思います。

アクリル系の絵具(カラーインク含む)を色々と使う中でアクリルガッシュも少しは試しましたが、幾つかの点で私には合わないと思い使用をやめたからです。

理由は

・アクリル絵具は油絵具に比べ、ただでさえ顔料が少ないのにアクリルガッシュは更に少ない。

・基本的に厚塗りをするのだが、アクリルガッシュは特に痩せがひどい。割れるしね。(というより厚塗り用には出来ていない)。→最近は、ターナーから厚塗りできるのが出たようですが。

・盛り上げ剤などを使うと結局は透明に薄める事になるので、少ない顔料の含有率が更に低下する。

等々です。
----------------------------------
ということで質問者さんの目的の絵の具についてはお伝えできる事はほとんどないのですが、それでは何なので参考までに通常のアクリル絵具の事を少し、、、。

リキテックスは値段は高いが、通常 画材屋で売っているものの中では発色は一番良いと思う(というより派手、人によっては下品と感じるかも)

前述したが油絵具に比べるとどうしてもアクリルは色のききが悪い。その中ではリキテックスのソフトタイプはそれなりに使える。伸びも良いしね。

レギュラータイプやスーパーヘビーボディと組み合わせれば結構つかえる。メディウムも豊富で色々試せる。

逆に個人的にはどうにも好きになれなかったのがアクリラ。値段はリキテックスに比べ安めだが色のききは悪いと感じました。

ターナーのゴールデンアクリリックスは良くも悪くも中間的なイメージ。お金は余りないけどソコソコの色のききが欲しい時はいいかも。また、メディウム類はリキテックスとは違う思想で作られていると感じられるので色々試してみると良いと思う。

ニュートンのFINITY。人によっては一番良いと思うかも。色の派手さではリキテックスに劣るが、ターナーみたいに値段なりでおさめました、といった感じはせず好感が持てる。

ただ、ニュートンの油絵具を使った事があると「えっ?」という感じになる。リキテックスという銘柄の油絵具はないので単独のアクリル絵具という目で見られるが、ニュートンの場合は頭で「油とアクリルは違うんだ」とわかっていても油絵具の発色とどうしても比べてしまうから。
----------------------------
>グレーズのようなことができるとか

油絵具と同じように透明色のほうが勿論 効果があるが展色剤である油とアクリルエマルジョンでは屈折率が土台違うから、どのメーカーの絵具を使ってもイマイチって感じになると思いますよ。

>それと少し光沢を出したいのですがどこのグロスメディウムが良いでしょうか?

パステル調を望むのに光沢っていうのもどうかと思いますが、絵具と混ぜて使うメディウムは何処のメーカーのどんな物を使っても光沢を出すと言うより「透明に(ビニールっぽく)薄める」という印象になります。

むしろ最後にグロス系のものを単独で塗って ある程度つやを調整し、上塗り専用のものを塗った方が良いように思います。上塗り用のものだけだと今一つ物足りない印象があったので。

グレーズにしても光沢だすにしてもサンシックンド・リンシードやスタンド・リンシードを使ったようなツヤ、もしくはコーパルを混ぜて作るような硬いツヤやダンマルを混ぜた落ち着いたツヤはとても期待できません。
-----------------------------------
あと、老婆心からひとつ。

私も絵を習っていた頃は、事前に色々調べてから購入しようとしていました(お金が余りなかったこともありますけどね)。

しかし、ある時、非常勤の老齢の講師(後で知ったのだけれど、結構 有名だったらしい)が、「君の人生の中で本当に落ち着いて思いっきり色々試せるのは多分 今しかない。まず、やる事が大切。」とアドバイスを受けました。事実、今それを実感しています。

文面によると質問者さんは苦学生というわけでもない様子。色々と調べるのも良いけれど、油絵具(メディウム含む)に比べればアクリルは安いのだから、”全部試す”くらいの気持ちででバンバン描いてみたらいかがでしょうか。

以上、ご参考までに。

ANo.1です。

>ターナーのパステルシリーズにある感じです。

これは、アクリル絵具と言ってもアクリルガッシュですよね?

そうなると、残念ながら余りお力にはなれないと思います。

アクリル系の絵具(カラーインク含む)を色々と使う中でアクリルガッシュも少しは試しましたが、幾つかの点で私には合わないと思い使用をやめたからです。

理由は

・アクリル絵具は油絵具に比べ、ただでさえ顔料が少ないのにアクリルガッシュは更に少ない。

・基本的に厚塗りをするのだが、アクリルガッシュは...続きを読む

Q油絵は紙にも描けますか?

家に、ごつめの紙のスケッチブックがあるのですが、これにも油絵は描けるのでしょうか?
回答お願いします。

Aベストアンサー

紙に直接油絵の具で描くことは一応出来ます。

ただし、下地の処理をしない紙に直接油絵の具で描くと経年変化でやがては紙がボロボロになって崩壊してしまいます。絵具の乾燥による酸化と硬化の作用が紙にダメージを与えるということがその主な原因です。また油絵具の油分が紙に滲みだして見た目にも良くありません。

どうしても紙に描きたい場合は、紙に油が直に触れないように、例えばジェッソなど何らかの下塗りを施し絶縁層とすることをおすすめします。またあまり薄い紙よりも、厚めの紙の方が保存性は良いでしょう。

Q油絵 日本画どちらにするべきか。

私は美大を受験する予定の高校生です。

今、油絵にしようか日本画にしようか迷っています。

私の考え

たぶん私には油絵のようなモチーフを自由に描く受験方法がとても写実的に描かなければならない日本画より合っている。(色々想像して描くのが好き。

が、大学では日本古来の絵の模写とか和紙の扱い方とか岩絵具についてとか勉強したい。

描きたい<学びたい

大学にはいったら油絵のほうは自由なので岩絵具とか使えるから色んなことができるのは油のほうかなあ。と。

日本画の受験はかなり技術が問われる=浪人する可能性
経済的に大変なため、浪人はできない。


比較的自由で自分に向いていると思う油絵に行くか、
日本の絵について勉強したい理由で日本画に行くか、

どうしたらいいでしょうか。

…説明ヘタですみません。

Aベストアンサー

おそらく、予備校などの参考作品を見て考えられたのでしょう。


油画、日本画でも、大学によっては、傾向がかなり異なります。
志望大学によって、どうするか決められた方がいいかな、と。
ちなみに油画に入学して日本画の技法…ってのはちょっと難しいですよ。

さて、受験において、かっちりきっちり写実的なイメージの日本画は、東京芸大などの国公立、それと女子美。
タマ・ムサは、日本画でもけっこう自由な感じ。
これで?全然日本画のイメージじゃない!というような自由奔放に描いている、タマ・ムサの合格者作品もありますよ。
そもそも、東京芸大日本画志望の場合は、タマ・ムサを受けない、とかもありますね。
日本画=多浪のイメージは、そういうところからも来ているのかも。

油画は、基本的にどこも自由。
おそらく東京芸大がもっとも不可解な受験課題と合格者作品が多い。
近年、東京芸大の油画などは、決して簡単になったわけではなく出題傾向の変化により、昔に比べれば現役合格者が増えていますね。
ただ、自由な油画でも、公立の金沢美術工芸大学なんかは、むしろきっちりかっちり写実じゃないと受からない、とかもある。

ちなみに、関西では、一部、油画科の受験だけど水彩の場合もありますが、多くの大学が油画科=受験も油絵の具です。
日本画と違って、受験と大学に入ってからとで、油画は素材が一緒ですから、むしろ「絵の具を扱う技術」については、油画の方が受験で高いレベルを求められる。
きっちりかっちり系の日本画の受験でで求められているのは「デッサン力」の高さで、それは基礎であり、まだ表現とは言えない。
油画の場合は、技術なら、それこそ、合格している大学生と同じくらい、もしくはそれを凌駕するくらいを受験でも目指さないとダメ。
もちろん、アイデア・発想で、ある程度は技術をカバーできちゃうところはが、油画の利点でもありますが、総合的には、受験の段階からすでに絵画表現としては日本画よりも高いレベルを求められますよ。考え方、とかも含めて。
大学に入ってしまえば、まあ、それこそ価値観の違いで、どちらの方がレベルが高いだの低いだのはもう言えませんが。


あとは、東京造形大学ってのもあります。
絵画科は、それなりに難関ですが、実はこの大学には、油画/日本画なる区分けがありません。
全部、絵画科で統一されています。で、確か大学に入ってから日本画実習があったような…。
日本画の専門コースがないので、やはり日本画について学べる知識量は、本家日本画に比べれば劣りますが、出題傾向はほぼ油画科なので、質問者さん向きかもしれませんね。
受験はかなり自由な感じ、大学に入れば日本画の知識もある程度得られるし(あとは独学でカバーする)、日本画の素材を使いながら、自由かつ現代的な絵も描けますから。


ただ、油画・日本画に悩んでどちらを選ぶが、一番大きいのは「臭い」だと思いますね。
油性溶剤特有の揮発性油臭に耐えられるなら、油画。ダメな人は臭いを嗅いだだけで頭がクラクラする。
知り合いで、受験のときに油画科が良かったけど、臭いがダメで日本画にし、しかし大学に入ったら、日本画のニカワ特有の腐敗臭に耐えられず、結局最後は、アクリル絵の具で描いてる子がいました。

あ、油画も結局は、お金かかるよ。日本画の方がお金がかかるってのはハッタリです。同じくらいお金はかかるでしょう。
なんたって、本物の油絵の具は、日本画と顔料は同じですから。違うのは粒子の粗さ。
それに加えて、筆を洗うにも溶剤を買わなきゃいけないし、使ったあとの溶剤の処理には困るし、下手すりゃ産業廃棄物指定でゴミ出しに料金かかるし、油画の古典技法をやってれば日本画よりも大量かつ濃度の高いニカワが必要で金箔も銀箔も使うし…など、あげればキリがない。
日本画は、描画も筆洗いも水が使えるぶん、ちょっとだけマシかな。
ま、日本画でも、危険な顔料もあるから、下水にそのまま捨てちゃいけなかったりするんだけどね。結構、環境破壊になっちゃうような「天然顔料」を、無頓着に、日本画の人は使ってたりしますからね。
ここにはまだないけど、たまに「日本画は天然顔料だから自然に優しいし健康を害さない」と言う人もいるので、前もって言っておきます。

おそらく、予備校などの参考作品を見て考えられたのでしょう。


油画、日本画でも、大学によっては、傾向がかなり異なります。
志望大学によって、どうするか決められた方がいいかな、と。
ちなみに油画に入学して日本画の技法…ってのはちょっと難しいですよ。

さて、受験において、かっちりきっちり写実的なイメージの日本画は、東京芸大などの国公立、それと女子美。
タマ・ムサは、日本画でもけっこう自由な感じ。
これで?全然日本画のイメージじゃない!というような自由奔放に描いている、タマ・ムサの合...続きを読む


人気Q&Aランキング