色の知識で人生の可能性が広がる!みんなに役立つ色彩検定 >>

震災で8ヶ月になる息子を含む身内を3人が今だ行方不明です。
どう心を持っていけばいいのかがわかりません。
心の緊急相談窓口に電話しても、ボランティアの人なのかアドバイスをいただけませんでした。

妻と共働きの我が家では、保育所に預けるよりいろいろと融通が聞く妻の実家に
息子を預けていました。
義父母にとって初孫だったので、それはもう嬉しくて嬉しくてしょうがない毎日でした。

それが義父母、祖母と私たちの息子を津波が家ごとさらっていきました。

避難場所、消防署、警察署、自衛隊を廻って廻って、宛がなくなり、とうとう行方不明者名簿に登録しました。
遺体安置所に二度目に足を運んだときに、義父を見つけました。
それから毎日、基礎しか残っていない実家跡に出向いてから、自宅にあった物の捜索と車の捜索をして
安置所に行っています。

いろいろな証言から、地震があってから津波までの時間は50分はあったものと考えれます。
祖母が寝たきりの痴呆で二階の部屋で自宅介護をしていました。
毎日、15時にケアスタッフが来ていたことを思い出し、そのスタッフに事情を聞こうと捜していて
やっと手掛かりを見つけて、その会社に問い合わせしました。
もしかしたら同じく巻き込まれたかと思い、心配していましたが大丈夫でした。
こちらの家族が行方不明と知ったので、当人から直接聞くことができませんでしたが、
伝言で聞くことができました。
15時に訪問なので、自宅近くで車の中で待機しているときに地震がきたそうです。
15時になったので自宅に来たとき、駐車場所の車の中で息子を抱っこしている義母から、
今日はケアの方はいいので帰ってくださいと言われたそうですが、祖母の安否だけ確認したいので
見に行きたいとと言って中に入っていきました。
義父が居たそうですが、玄関口の水槽と灯油缶が壊れたのとかを片づけしていたのを見たそうです。
二階の祖母を見舞ったときは、部屋の中は散乱してたそうですが、
怪我もなさそうで笑っていたので安心して引き上げたそうです
状況を考えていくと息子と義母は車の後部座席に座っていたそうなので、
助手席に祖母を乗せて避難する前だったのか、
部屋の中が危ないので、車の中で待機していたのかだと思います。
避難してる途中で巻き込まれたのか、外で待機してるときに巻き込まれたのか。

妻や義弟、私の方の親族には言えませんが、逃げてさえいてくれればと義父に言いたい。
妻に問われて、仕方がないことですがそういう気持ちが無いと言えば嘘になると答えました。
妻は、最愛の息子も含めて4人すべての家族にかかわっているので、
自分がそういうことを口には出せません。

毎日ずっと、安置所に行って新しく安置された遺体を見ています。
最初は、遺体がなくてほっとしていたのですが、だんだんとなくなっていきました。
今は早く見つかってほしいと思い、安置所に行ってますが、肩を落として帰っています。

どう考えて、どう気持ちを持っていけばいいのかがわかりません。

教えて!goo グレード

A 回答 (4件)

何か応えてあげたい…と思ってコメントしましたが、なかなか応えようがないですね…。

でもやっぱり時間と共に気持ちも収まってくるのではないでしょうか。。

でも貴方もとても苦しいと思いますが、奥様はより苦しい思いをされているのでは…と思います。自分の両親と祖母と子供と全てですもんね…本当に気の毒で考えると胸が苦しくなります。

それと子供さんへの思いから「逃げてくれていたら…」という気持ちになるのは当然だと思いますが、やっぱり誰も予想していなかった規模の地震と津波でしたし、あんなに大きな津波が来るとは誰もわからなかったのではないでしょうか…。

早くご家族の行方がわかるといいですが、無理せず身体を大事にして奥様と支えあって頑張って下さい。
こんなことしか言えないのですが、遠くから応援しています。
    • good
    • 11

 私も被災したものです。

私も知人や知り合いと連絡が取れなかったとき、正直発狂しそうになりました。友人、知人でさえそうなるのに、ましてや最愛の方に関してのことならば、尚のことと思います。今は私の友人たちとは連絡も取れ無事も確認できたんですが、できなかった人もいます。ちなみに彼は警察官でした・・。

 私は連絡が取れなかったころは、とにかく生きていることを信じるしかありませんでした。しかし、質問者さんの場合は、私のケースよりはるかに重い状態にあると思いますし、仮に遺体という形であったとしても受け入れる心がすでにできているように見受けられます。いま、私も振り返ってみると、結局生きているの死んでいるのかさえ分からない。なんともいえない宙ぶらりんな状態の苦しさがあったんだと思います。

 生きていてくれれば当然うれしいですし、遺体としてみつかってしまえば、とても悲しいですが、悲しんで悲しんででも前に進める気がしますが、みつからず宙ぶらりんの状態はあまりにもあんまりな話です。

 私は被災した直後から何日間は心のバランスがとれていない状態であったと思います。あまりに凄惨、悲惨な町の状態や毎日増える行方不明者に死者数・・・、そんなマイナスなものばかりでプラスがまったくなく、気が付くと意味もなく涙がでてきたりする状態でした。人は生きていくためには心のバランスが重要であると強く思いました。今でも正直、まだマイナスの方が多いように思いますが、すこしでも自分にとっての心にプラスになるようなこともしていかなければ、心のバランスが崩れてしまうのだと思います。

 質問者さんもとてもそんな気分にはなれないかもしれませんが、なにか心にプラスになれるものも見つけて(小さなことでもなんでもいいので)それを少しでも心にプラスしていき、心のバランスを少しでも保てるようにするのが良いと思います。心にとってプラスになるものを取り入れるのは、心にとっては栄養なんだと思います。取り入れなければ心が死んでしまいます。

 大変苦しく、悲しいことと思いますが、はやく、質問者さんが心から安らぐ日がくるよう祈っています。
    • good
    • 6

決して、諦めないことです。



諦めようとしてる今日って日は、他の誰かが諦めたくなかった明日 なんです。
    • good
    • 13

読んでいて,ボロボロと涙が出てきました.



自分なら,わが子にあなたと同様精一杯のことをしてあげたいです.
ですから,あなたと同じ行動を繰り返すでしょう.
つらいですが,希望は捨てません.
奥様も,そういうあなたに感謝しているはずです.
    • good
    • 5

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

教えて!goo グレード

人気Q&Aランキング