ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

みなさま、はじめまして。
質問をお願い致します。

当方、今回初ジギングです。
ジギング用に、以下タックルを購入致しました。(一応、ワラサ、ヒラマサ狙い)
「10ステラ4000XG」、「エバーグリーン_スピンジャーカー603L -5」

上記タックルで、

(1)PE2.5号を使用した場合、リーダーは何号ぐらいを使用すべきでしょうか?
PEはUVF ソルティガ 8ブレイド+Si(43ld)を使用する予定です。

(2)ドラグは何Kgぐらい掛けるのがちょうどいいでしょうか?

(3)ラインは何メートル巻くのがよいでしょうか?
 200or300M?

(4)そもそもこのタックルでは厳しい??

(5)ジギングのアドバイス、おすすめジグ等もあれば、ぜひお願い致します!!

以上、 宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

No.1です。



僕の周りにも色んな釣りに使えるようにとリール購入して失敗してる人いますよ。

特に、ステラの4000XGは高価な買い物ですからね。

僕ならテンヤ用に炎月のC3000HGMS(新品が35000円くらい)とジギング用にツインパワーSW8000PG(45000円くらい)を購入してはどうかと勧めると思います。

ただ・・・

>>糸巻き量が多く、パワーがある

っていうのはテンヤのような極めてライトな釣りの場合であって、ジギングでは最も糸巻き量が少なく非力な部類に入ってしまいます。

シマノの5000番や6000番が一般的なライトジギングに使用されると思います。

>>リーダの強度は、PEと同等か、プラスアルファぐらい

昔はPEラインが今ほど強く無かったのでPE3号に40~50ポンドを組み合わせるのが一般的でしたが、PEラインが強くなりPE3号に60ポンドくらいを組み合わせているかたをよく見かけます。

>>リーダがPEより強度がある場合、根掛が起きたときに、PEから切れる可能性はないのでしょうか?

PEラインとリーダーをどのようなノット(結束)にするかのもよりますが、一般的に結束強度は50%くらいと言われていますので根掛りした場合はPEラインやリーダーにダメージが無ければノット部分やスイベル、ルアーとの接続部分から断裂するでしょう。

なのでもっと太いラインシステムを使われている方でノットを調節して万が一根掛かりした場合に意図的にノット部分から抜けるようにしている方もいるみたいです。

なかなか100ポンド前後のラインは切れませんからね。

無理に引っ張って切ろうとしてPEラインにダメージを与えれば高切れの原因にもなりますからね。

この回答への補足

>外房ヒラマサ狙いで、当方が持っている、ポセイドン スピンジャーカー603L-5に合うリールです
>と、5000~10000番のどれが合いますでしょうか?
>宜しければ、ご解答お願い致します。
No.1の方に、ご解答して頂いていますね、申し訳ございません!

補足日時:2011/04/13 14:22
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お疲れ様です。
とても詳しいご解答、ありがとうございます!
結束強度を考えれば、結束部から切れますね^^
先ほど乗船予定の船長に電話して聞いたら、みなさまの言われるように、4000XGのPE2.5では厳しいと言われました...
これを機に、財布は壊滅状態になりますが、ジギング用リールの購入を検討します(笑)

外房ヒラマサ狙いで、当方が持っている、ポセイドン スピンジャーカー603L-5に合うリールですと、5000~10000番のどれが合いますでしょうか?
宜しければ、ご解答お願い致します。

お礼日時:2011/04/13 14:19

釣り仲間の1人が船ジギングしとります。


そこでの回答は

(1)PE2.5号を使用した場合、リーダーは何号ぐらいを使用すべきでしょうか?

PE2.5号ならフロロ50ポンドがいいようです。

(2)ドラグは何Kgぐらい掛けるのがちょうどいいでしょうか?

4kgがベストです。

(3)ラインは何メートル巻くのがよいでしょうか?

もちろん300mです。

(4)そもそもこのタックルでは厳しい??

ミドル級と言うかライト級の部類に入るようです。
ワラサはいいけどヒラマサを狙うには最低でもPE3号、基本形は4号×300mにリーダーは70ポンドで、ジグはポイントにもよるけど120~200gを使うので、それに合ったロッドやリールをチョイスする必要があります。

(5)ジギングのアドバイス、おすすめジグ等もあれば、ぜひお願い致します!!

まず、船長に推奨タックルやお勧めジグを聞いてみてください。
船のHPによっては推奨タックルを紹介しています。
皆がヘビー級のタックルを使ってるのに1人だけライト級を使ってたら、バラしたり取り込みに時間かかって周りに迷惑になる事があるので、なるべく周りに合わせたほうがいいです。

ちなみに、根掛かりで高切れすることもあるので、船に乗る時はリールを2つにそれぞれ300m巻きの替えスプールをもう1つ準備します。
これで8回切れても大丈夫でしょう。
200m巻きのリールを1個しか持ってこなかった場合、1回の高切れで残り時間は帰港するまで何もできなくなってしまいます。
まぁとはいえ買ってしまったんならセカンドタックルとして忍ばせておけば、サイトフィッシングで色んな魚を狙えるんで持っていって損は無いですよ。
青物釣れんから残りの時間を使って根魚やマダイやイカを狙うことだったよくあることですから。
インチクや鯛カブラには丁度良いタックルだと思います。(もう少しラインが細いほうが良いです)
それに元々イナダやワラサ程度ならこれでも十分ですし。

という事でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧なご解答ありがとうございます。
知りたいことがすべてわかりました☆
今週外房に行くので、船長に相談してみます!

お礼日時:2011/04/13 11:09

>>(1)PE2.5号を使用した場合、リーダーは何号ぐらいを使用すべきでしょうか?


PEはUVF ソルティガ 8ブレイド+Si(43ld)を使用する予定です。

UVF ソルティガ 8ブレイド+Siの2.5号を巻かれるのでしたら50ポンドくらいでいいと思いますよ。

>>(2)ドラグは何Kgぐらい掛けるのがちょうどいいでしょうか?

その時の状況にもよりますが、UVF ソルティガ 8ブレイド+Siは強いラインですし4キロ前後でいいと思います。

>>(3)ラインは何メートル巻くのがよいでしょうか?
 200or300M?

4000XGに2.5号は200mくらいしか巻けないと思います。

>>(4)そもそもこのタックルでは厳しい??

僕の経験(ジギング歴8年)では最低でも5000~6000番は必要だと思います。

なぜ、MAX6ozのロッドに4000XGを組み合わせようとおもったのですか??

スペックだけ見て軽いリールの方が楽だからですか??

店員さんがジギングを始められる方の1本目のタックルとしてその組み合わせを勧めることは少しでも知識があれば無いと思います。

バランス悪いのはもちろん、4000XGではライトジギングくらいしかできないですよ。

使ったら分かると思いますがジギングでは【軽いリール=楽】ではないです。

エバーグリーン_スピンジャーカー603L -5ならシマノですと8000PGや10000PGを組み合わせるのが妥当でしょう。

>>(5)ジギングのアドバイス、おすすめジグ等もあれば、ぜひお願い致します!!

一度、そのタックルを船に持ちこんで使ってみたら分かりますよ。

同船者の使っているロッドやリールを良く見て勉強さるといいと思います。

ロッド的には180gくらいまで扱えると思いますが、4000XGでは120gくらいまでがいいかもしれません。

この回答への補足

さっそくのご解答ありがとうございます!

>>>なぜ、MAX6ozのロッドに4000XGを組み合わせようとおもったのですか??
最近一つテンヤにはまっていまして、スプールを変更して使えればと、イヤラシイ考えで買ってしまいました。。。
糸巻き量が多く、パワーがあるので、何とか使えるだろうと勝手に考えていたのですが、やはり厳しかったですね;;

>>>UVF ソルティガ 8ブレイド+Siの2.5号を巻かれるのでしたら50ポンドくらいでいいと思いますよ。
リーダの強度は、PEと同等か、プラスアルファぐらいの考えで問題ないってことですよね。
ちなみに、リーダがPEより強度がある場合、根掛が起きたときに、PEから切れる可能性はないのでしょうか?

宜しくお願い致します。

補足日時:2011/04/12 11:21
    • good
    • 0
この回答へのお礼

間違えて、補足に投稿してしまいました。。。

さっそくのご解答ありがとうございます!
とても参考になりました^^
宜しければ、以下の質問もお願い致します。


>>>なぜ、MAX6ozのロッドに4000XGを組み合わせようとおもったのですか??
最近一つテンヤにはまっていまして、スプールを変更して使えればと、イヤラシイ考えで買ってしまいました。。。
糸巻き量が多く、パワーがあるので、何とか使えるだろうと勝手に考えていたのですが、やはり厳しかったですね;;

>>>UVF ソルティガ 8ブレイド+Siの2.5号を巻かれるのでしたら50ポンドくらいでいいと思いますよ。
リーダの強度は、PEと同等か、プラスアルファぐらいの考えで問題ないってことですよね。
ちなみに、リーダがPEより強度がある場合、根掛が起きたときに、PEから切れる可能性はないのでしょうか?

宜しくお願い致します。

お礼日時:2011/04/12 11:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qジギングロッド購入にあたり、メーカー毎の特徴をおしえてください。

ジギングロッド購入にあたり、各メーカーのカタログ等を見比べていますが、違いがわかりません。
同じ様なスペックでも違いがあると思います。是非ともメーカー毎の特徴をおしえてください。よろしくお願いします!

Aベストアンサー

メーカーごとと言うか、やはり製品ごとに
良し悪しはあると思いますが。
個人個人の好みもありますしね。

このサイトにすごく詳しく載っているのでもし良かったら
見てみて下さい(^^)
http://jigging-rod.com/

Q東京湾、相模湾あたりで、青物のジギングやりたいです

今年、東京湾、相模湾あたりで、イナダ、ワラサなど青物ジギングをやろうと思っています。
竿とリールを買おうと思いますが、どのぐらいのものを買ったらいいでしょうか?

竿はメジャークラフト、ジャイアントキリングのべーシックシリーズを買おうと思いますが、どれがいいでしょうか?
また他にお勧めの竿があれば教えてください。
リールはシマノSWバイオあたりを考えていますが何番がいいでしょうか?

また現在、シーバスのライトジギングをしています。MAX120Gのライトジギングの竿を使用していますが、これをサブロッドとして使うことはできますでしょうか?

Aベストアンサー

はじめまして。東京湾、相模湾で青物に限らずジギングを嗜んでおります。

タックルは悩みますよね。自分は始めた頃は、バス用のヘビータックルに1.5号のPEを使ってシーバスジギングをやっていましたが、グリップの短さに限界を感じた事と、ワインドに興味があり、オンスタックルのオフショアワインダーのスピニングとベイト用のロッドに、リールはアブのLJ-3とシマノの3000番代に1.5~2.0号のPE、リーダーはフロロの6~8号でワインドとジギングをやっていましたが、獲物がイナワラ~ワラサとサイズアップしてくると限界を感じてきまして、有る時思いもよらない大物が掛かってオフショアワインダーが折れた事を機に、青物タックルの購入に至りました。

メインフィールドが東京湾沖なので、先ずはオールラウンダー的なタックルをと考えました。
メジャクラのジャイアントキリングも候補に上がりましたが、購入先の釣具屋のベテラン青物釣りのスタッフのアドバイスもあって、ダイコーのVerger VRJS63/3としました。リールは巻きたいラインが300m巻けるサイズを選んだ方が良いとの事と、ギアはジグを早巻きするのにストレスを感じない様に、ハイギアを選びました。モデルはバイオマスターC5000HGで、ラインは8本拠り2.5号を250m巻いています。

去年は6月末よりイナダが始まりまして、夏場はタチウオとイナダのリレー船で楽しめましたが、釣果はその日の運次第でした。

日頃お世話になっている船宿からは、8月末頃より昼出船の青物船が出てまして、かなり厳しい日が続きましたが、9月末のある日にドラマが起こりました。

その日も船長を信じて反応を探して貰いましたが、バイトは有っても乗らない時間が過ぎ、半ば諦め掛けていた時に船長の、デカい反応だから出たらデカいよ!の声に、やや細身のジグをキャストしてジャカ巻きからのフォールで底を取った瞬間にドカンと竿が絞り込まれました。
左舷ミヨシに陣取っていたのですが、ほぼ同時に右舷ミヨシでもヒット!
何度と無く走られましたが、約15分の格闘の末、タモに収まったのはもう少しでブリともいえる様な86cmのワラサでした。

東京湾にもこんなサイズが居るんだ…と、感慨に浸りながら、更なる大物を求めて禁断の領域に踏み込んでしまったのは言う迄もありません(笑)

63/3を筆頭に、63/4、/5とより強いバットパワーを持つロッドと、6000~8000番代のリールやオシア2001HGなど、完全に狙う獲物がデカくなり、それと共にタックルも強靭なモノを求めてしまっている今日この頃です。

東京湾では、/3くらいのバットパワーが、引いてヨシ投げてヨシのオールラウンダーとして良いかと思います。
ハマったら、必ず二本目三本目と買い足してしまうかと思うので(笑)

相模湾は主に真鶴から出ています。/3でも太刀打ち出来ますが、何が掛かるかは全て運次第なのですが、明らかに東京湾よりも魚影は濃く
サイズも期待出来ます。

青物はロマンですよね…あの手応えを味わったらもうやめられません。
頑張って下さいね。

長文失礼致しました。

はじめまして。東京湾、相模湾で青物に限らずジギングを嗜んでおります。

タックルは悩みますよね。自分は始めた頃は、バス用のヘビータックルに1.5号のPEを使ってシーバスジギングをやっていましたが、グリップの短さに限界を感じた事と、ワインドに興味があり、オンスタックルのオフショアワインダーのスピニングとベイト用のロッドに、リールはアブのLJ-3とシマノの3000番代に1.5~2.0号のPE、リーダーはフロロの6~8号でワインドとジギングをやっていましたが、獲物がイナワラ~ワラサとサイズアップしてくる...続きを読む

Q汎用性の高いオフショアロッド&リールは?

東京湾&オフショアで青物&シーバスを釣りたいと考えています。(対象魚毎にロッド&リールを揃えるのがベストなのはわかっていますが…)東京湾で釣れるサイズ(どれくらいですか?)から考えて、より青物&シーバスに適しているロッド&リールはどれでしょうか?具体的な製品名を教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

シマノ グラップラー ジギングシリーズ S603
ダイワ ブラスト JIGGING 57S-3/4 or JIGGING 61S-2/3
メジャクラ クロステージ CRJ-S60/3 or
アースシェーカー ゴールデンミーン ASS-60-II3-4 or ASS-64-II3-4
ダイコー ・・・なぜかサイト開けず・・・

要は60-120g程度のジグを背負えて、2~3号のPEラインを使用できるロッドということです。
イナダ狙いならジグは60g、ラインは1.5~2号くらいですし、ワラサならジグは100g前後、ライン2号以上、ブリクラスも視野に入れるならジグは同じく100g前後ですがラインは3号。
それらを1タックルで済ませるなら上記のロッドなどが汎用性高いですね。

東京湾ですとメインはイナダ、ワラサ、サワラですが、そう思って細ラインで攻める方が少なくありません。
が、ラインブレイクが多いのをみると、大物もけっこういると感じてます。
(もちろんサワラの歯にやられている例もかなりありますが)
なので私はラインは2.5号か3号を使っています。

リールに関しては、汎用性の点からPE3号が300m巻けるものが基準になると思います(実際には2号とか2.5号を巻くにしても)。
私の先代バイオは6000と8000が同じ重さで糸巻き量の違い(ゆえにスプールに互換性があった)だけでしたが、現行バイオはちょっと帯に短し・・・ですねぇ。
5000XGだとキャスティング用としてはいいかもしれませんが、ジギングである程度の大物を狙うには糸巻き量もハンドルの形状もドラグ力もやや不満ですね。
かといって8000はおっしゃる通りちょっと重いです。
ツインパ6000HGはジャストサイズだと思います。
ダイワのキャタリナ4000Hは私も使ってました(諸事情で手放しましたが)が、リコール対策されたものは非常に良いリールです。

資金に余裕があって長く続けるならツインパ、キャタリナですし、とりあえずということであれば重さを我慢してバイオマスター8000HGですね。あるいは先にも言ったように、ニューツインパを待って旧ツインパを買うか。

悩みは尽きませんね・・・

シマノ グラップラー ジギングシリーズ S603
ダイワ ブラスト JIGGING 57S-3/4 or JIGGING 61S-2/3
メジャクラ クロステージ CRJ-S60/3 or
アースシェーカー ゴールデンミーン ASS-60-II3-4 or ASS-64-II3-4
ダイコー ・・・なぜかサイト開けず・・・

要は60-120g程度のジグを背負えて、2~3号のPEラインを使用できるロッドということです。
イナダ狙いならジグは60g、ラインは1.5~2号くらいですし、ワラサならジグは100g前後、ライン2号以上、ブリクラスも視野に入れるならジグは同じく100g前後です...続きを読む

Qショックリーダーの長さはいくらが適正ですか

陸からの投げでメタルジグ(50g~120g)を遠投する時、
ショックリーダの「長さ」はどのくらいが適正ですか?
適正が無ければ、どのくらいが多いですか?

因みに、掛ける魚は青物50センチクラス~1メートルクラスがメイン。
PEは1.5~3号、リーダーは20ポンド~40ポンドまで使い分けており
ロッドの長さ、可能ルアー重量もまちまちで複数保有しています。

自分は現在、投げる時に指の所にはPEが来て、
ショックリーダーはトップガイドから50センチくらい入る程度で
使う事が多いです。

目的としてPEの弱点を養う為等の一般的な目的の他
遠投時に思い切り振る時に、トップガイドの部分だけは
太いリーダーのほうが、投げる時に切れたりのトラブルが無い気がするからです。

もしこれが遠投時の指の所まで太いリーダーが来ているほうが良いですか?
それとも、トップガイドより外までPEでも遠投時その瞬間切れたりしないものでしょうか
どちらのほうが良いのでしょう?

過去に一度だけ、青物を掛けた後、遠投したら
リーダーが擦れて切れてジグが飛んで行った事がありましたが
遠投時、リーダーはロッドより外にあったほうがいいのでしょうか
自分は、トップガイドの部分に負荷がかかる気がするので
リーダーがトップガイドに必ずあるようにはしています

アドバイスお願いします
個人的な考えでも何でも結構です
日々の釣りの参考にさせて頂きたいので

陸からの投げでメタルジグ(50g~120g)を遠投する時、
ショックリーダの「長さ」はどのくらいが適正ですか?
適正が無ければ、どのくらいが多いですか?

因みに、掛ける魚は青物50センチクラス~1メートルクラスがメイン。
PEは1.5~3号、リーダーは20ポンド~40ポンドまで使い分けており
ロッドの長さ、可能ルアー重量もまちまちで複数保有しています。

自分は現在、投げる時に指の所にはPEが来て、
ショックリーダーはトップガイドから50センチくらい入る程度で
使う事が多いです。

目的としてPEの弱点...続きを読む

Aベストアンサー

根ズレが多いとか取り込みの仕方とか色々条件もありますし、
人それぞれポリシーもあるので適正値は難しいところですね。

自分は30~60lbのフロロカーボンをリーダーにして主にFGノットで結束。
長さは1ヒロ程度で結束部はガイドの外に出してます。
ジグの位置はバットガイドからリール付近が多く、
リーダーが固く太いほどそう言う感じにしてます。
シーバス釣りはMAX30lbくらいなのでノットの音や擦れは気にしませんが、
ノットがガイドに当って失速しそれが原因で後追いするPEラインが追い越して
ガイド絡みを起こすと言うのを嫌ってると言うのが一番の理由です。
以前友人が投げ竿でPE3号でキャストしていた際にガイド絡みを起こし、
キャスト切れせずガツンと凄い衝撃が来たと言ってました。
PE3号は即切れし難いので横で見ててよくロッドが破損しなかったなと言うぐらいでした。
リールの番手やガイドの大きさにもよるでしょうけど、
リーダーをリールに巻き込むほどの長さは自分的には無いですね。
投げ釣りの様なテーパーラインなら話は別ですけど。
ゆったりキャストするならまだ良いですけど、
大遠投しようとして絡まると・・・自分にはちょっと出来ないかも~

最近リーダーはフロロ一辺倒になってきてショックを吸収するリーダーでは無く、
根や歯に対する防御と言う意味のどちらかと言うとファイティングリーダー
そんな思考に自分はなってます。
ショアジギは掛かったら安全圏まで一気のパワーファイトですからね。

根ズレが多いとか取り込みの仕方とか色々条件もありますし、
人それぞれポリシーもあるので適正値は難しいところですね。

自分は30~60lbのフロロカーボンをリーダーにして主にFGノットで結束。
長さは1ヒロ程度で結束部はガイドの外に出してます。
ジグの位置はバットガイドからリール付近が多く、
リーダーが固く太いほどそう言う感じにしてます。
シーバス釣りはMAX30lbくらいなのでノットの音や擦れは気にしませんが、
ノットがガイドに当って失速しそれが原因で後追いするPEラインが追い...続きを読む

Q1メートルのブリを釣る場合のラインの太さ

以下でオフショアをやりますが、これで1メートルから1メートル30センチのブリが
とれますか?足場はコンクリートですがテトラは入っていないので
基本的には、根ズレとかは想定しないとして。

条件としてはタモを持って行くのでタモを入れるまで。
ロッドが折れないこと、ラインが切れないこと。

以下で大丈夫ですか


ロッド:シマノ AR-C Type-VR S1200M
リール:ステラSW
PE:アバニ キャスティングPE マックスパワー 2号 33lb
リーダー:VEP ショックリーダー 25lb

リーダーを25としたのは AR-C Type-VR S1200M の遠投性能とは別に
適合PEが2だったため、25と仮にしました(30~35でも大丈夫?)

率直な意見たくさん下さい御願いします

Aベストアンサー

下の方の質問でAR-C Type-VR S1200Mについてお礼も何も書いてなかったので
静観していましたが、ホントに対象魚がそんなサイズなら明らかにパワー不足ですね。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8617558.html

他の方も書かれていますが、ID違いの人が何人かいるような・・・

AR-C Type-VRは堀田さんが開発テスターで、このロッドはサーフでの使用に特化したロッドです。
高知などのサーフからのブリ、北海道のウミアメの良型などを照準としたサーフから
30g~40g位を標準としたジグやプラグにマッチしたロッドですから、まずステラSWとも
ミスマッチだし、とてもそんな釣りで使うような重めのジグやプラグはキャスティング出来ませんよ。

それと3ピースになると巨大なヤツが着たときに明らかな強度不足で折れる可能性もありますよ。
もしホントにそんなサイズが釣れるのなら、シチュエーションから考えてもエクスセンスの
S1100H/Rが最も適していますね。

巨大なヒラスズキを一気にサラシの中から引き寄せるパワーがありますし、このパワーにして
非常に軽量ですからジグの連投も疲れ知らずです。

それと質問で何度もリーダーの太さを心配していますが、AR-C Type-VRの適合ラインのPE2号が
MAXというのはあくまでメインラインのことでリーダーに35lb使おうが50lb使おうが関係ありません。

普通リーダーはキャスティングの時はリールに巻き込みませんし、メインラインとリーダーより
弱いのは結節部ですから(完璧な強度で組み上げられる技術があっても)リーダーが25lbじゃいけないなんて
全く関係ありません。

ホントにそんなサイズが釣れるのが事実で、まだ全くロッドを使用していなければ釣具店で
上記のロッドに交換してもらうなど交渉してみた方が良いと思いますよ。
AR-C Type-VRでそんなサイズのブリを掛けたら、寄せることが出来ず引き回されて
群れが散る可能性もありますから仲間にも迷惑をかけるかもしれませんよ。

VARIVASのVEP ショックリーダーは太くてもしなやかで、フロロと違い非常に粘りがあって
根ズレにも強いのでこれはGOODです。

下の方の質問でAR-C Type-VR S1200Mについてお礼も何も書いてなかったので
静観していましたが、ホントに対象魚がそんなサイズなら明らかにパワー不足ですね。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8617558.html

他の方も書かれていますが、ID違いの人が何人かいるような・・・

AR-C Type-VRは堀田さんが開発テスターで、このロッドはサーフでの使用に特化したロッドです。
高知などのサーフからのブリ、北海道のウミアメの良型などを照準としたサーフから
30g~40g位を標準としたジグやプラグにマッチしたロッドです...続きを読む

Q「ジグの重さ」について教えてください

いつも水深70~100位のところで船釣りしています。
ジギングするにはどれ位の重さのジグを準備して行けば良いのでしょうか。

Aベストアンサー

どうも、こんばんわ。

船釣りは良くするがジギングは初めての方ですかね?

即興で計算式作ってみました。
ジグの重さ=30g+(水深-10m)×1g
例えば
水深 40m = 30+( 40-10)×1 = 60g
水深 70m = 30+( 70-10)×1 = 90g
水深100m = 30+(100-10)×1 = 120g
水深150m = 30+(150-10)×1 = 170g
水深200m = 30+(200-10)×1 = 220g
この重さから1.5倍ぐらいの範囲がここ5年ぐらいの一般的な重さだと思います。
#1様もこれぐらいを意識してより簡素な式で表したと思うのですが。

まとめると90gから(120g×1.5)ぐらいまでが70mから100mで一般的によく使われる範囲になります。
特にここ数年で「ロングジグ」→「引きオモリの少ないジグ」とジグのはやりが変わってきているのでもう少し重めの方も多いです。
このことをふまえてご質問者様の好みにあった物を選ばれてはいかがでしょうか?

#1様のおっしゃる通り地域差でこの重さが全然あてはまらない物もあります。
たとえば水深60m前後で200gが最低ラインと言われる地域もありますし。
まずは行かれる船の船長に確認を取ることが先決かと思います。
(リーダーの太さや長さも推奨値が変わる)

当然、お使いになるタックル次第では重さの制約を受けると思います。
ジギングのロッドは概ねjig-MAXを控えめに表示しています。
だいたい1.5倍まで普通に使えると思っていても結構です。(当然、自己責任でですが)

まずは船長に確認!これが一番大事です。
少しでも参考になったなら幸いです。

どうも、こんばんわ。

船釣りは良くするがジギングは初めての方ですかね?

即興で計算式作ってみました。
ジグの重さ=30g+(水深-10m)×1g
例えば
水深 40m = 30+( 40-10)×1 = 60g
水深 70m = 30+( 70-10)×1 = 90g
水深100m = 30+(100-10)×1 = 120g
水深150m = 30+(150-10)×1 = 170g
水深200m = 30+(200-10)×1 = 220g
この重さから1.5倍ぐらいの範囲がここ5年ぐらいの一般的な重さだと思います。
#1様もこれぐらいを意識してより簡素な式で表したと思うのですが。

まとめると90gから(120g×1...続きを読む

Qブリ、ヒラマサ用ジギングロッド

ジギングロッドについて教えて下さい。大王崎や丹後、玄逹でブリ、ヒラマサを安物ロッド狙っています。ジグが動ききらないのかヒット率が低く、ヒットしても魚が浮かずファイト時間も掛かる為、ロッドの新調を考えています。候補として
SG HIRAMASA 63S 
Fake Lez. 63M
を考えているのですが、この二本は同じパワーのクラスでないような気がしています。
また使い分けが出来るようでしたら二本とも購入しても良いと思っています。
二本同時には買えませんので、まず買うならどちらが良いでしょう?

それぞれの特徴や使用感分かる方教えて下さい。
またこの他にもお薦めロッドあれば教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.1です。

ボクも東海です。

昔は三国や小浜、丹後も行ってましたが今は7割くらいが輪島です。

あとはシーズンによって伊良湖や大王崎、熊野にも行きますし、周参見や紀北、瀬戸内にも行きます。

さて、やはりドテラメインでしたらロングロッドの方が多彩なシャクりができてボクは好きです。

けれど、水深が深くなったりジグが重くなればしんどくなりますよね?

現在、使われているのが5'7でしたら6ftくらいのものがいいかもしれません。

特にヒラマサ60Sとフェイクレジュ60Mはどちらもかなり使いやすいです。

オールラウンダーなロッドですので本格的なロッドの1本目にはもってこいだと思います。

ボクも状況にもよりますがコンビネーションジャーク用に6'3、6'4、6'8とワンピッチ用に6'0、5'7をなんとなくで使い分けてます。

輪島の情報は三国や丹後と違ってほとんど出てこないですよね。

ここ2~3年で愛知のライジングのお客さんや三重のハダさんのお客さんも増えましたからこういったお店で聞けるかもしれません。

ボクは輪島に通いだして7年くらいですがまだまだ勉強中です。

今年も3~5月前半はブリ狙い、5月中頃からはヒラマサとマグロ狙って出撃してます。

色々あってたま~にしか輪島情報UPしてませんがよかったら覗いてみてください。
 

参考URL:http://blog.goo.ne.jp/biobiobio_3

No.1です。

ボクも東海です。

昔は三国や小浜、丹後も行ってましたが今は7割くらいが輪島です。

あとはシーズンによって伊良湖や大王崎、熊野にも行きますし、周参見や紀北、瀬戸内にも行きます。

さて、やはりドテラメインでしたらロングロッドの方が多彩なシャクりができてボクは好きです。

けれど、水深が深くなったりジグが重くなればしんどくなりますよね?

現在、使われているのが5'7でしたら6ftくらいのものがいいかもしれません。

特にヒラマサ60Sとフェイクレジュ60Mはどちらもかなり...続きを読む

Qソルティガ4500Hとキャタリナ4500H

何度かご質問させて頂いております。香港在住の者です。
今春、カツオ、シイラのトップゲームで中古でソルティガ4500Hを買おうか、新品でキャタリナ4500Hを買おうか悩んでおります。
ダイワのHPで見ると両者の違いはベアリング数の違いだけの様な気がするのですが...

識者の方々、アドバイス頂けませんでしょうか?

Aベストアンサー

どうも、おはようございます。

ジギングやキャスティングをメインにやってる者です。
キャタリナ4500H=ソルティガブラストですね。
新製品ですが昨今の金属価格高騰で「定価を上げるだけでは反感を買うのでマイナーチェンジした物」なので初期ロットの購入も比較的安心して出来ます。(フルモデルチェンジはしばらくはばらつきが安定せず、やばいですが)

まず、ソルティガ、キャタリナ両者の違いですがドラグ性能、ギアが違うのはまず間違いありません。
(ソルティガブラストを持ってないので保証は出来ませんが)
私はシマノ派なのでステラ5台とツインパワー3台、ソルティガZ1台で回してます。
すこし本題から離れますがよくわかってるシマノで書きますと。
ステラとツインパワーではベアリングの数などから巻き心地が全然違います。
でも、もっと大きな違いはドラグの出方です。
この部分は「ドラグ設定」に大きく影響し、大型の魚を取り込むのにかなりの差が出ます。
あと、ソルティガのHシリーズはハンドルが少し重いです。
当然、キャタリナのHシリーズは更に重く感じると思います。
使っていると防水パッキンが緩み少し軽くなりますが...少し考えものですが...メーカー発表です。

同様にソルティガとキャタリナでも同じ事が言えると思います。
特にダイワの方がドラグ特性のカーブがリニアではなく最初にテンションがかかりやすい傾向にあるのでキャタリナだと不利さは増すと思います。(ツインパワーとソルティガは似た出方をします)

>中古でソルティガ4500Hを買おうか、新品でキャタリナ4500Hを買おうか悩んでおります。
限りなく新品にちかいならソルティガをお勧めします。
なぜ、「新品に近い」と書いたかというと単純にギアの摩耗です。
ボディの傷は私の考えでは全然気にしてません。(自分で傷つけますし)
購入前に触ってみてまともに見えても「中身はきれいにグリスアップしてます」ごろつきは少なく感じ、しばらく使っていると支障が出る事があるからです。(結構、見極め難しいです)
よくわからなければ明らかに数回以内の使用の物を購入すべきと思いますが。
オーバーホールした場合の値段ですがほとんど変わらないと思います。(部品の値段も意外と近く、工賃が一緒のため)
長く使うつもりなら最高機種の方が有利です。
釣行回数にもよるでしょうが...。私の場合、釣行回数(年間50日程度?)と今後も長く続ける事から最高機種の方が絶対お得と考えステラメインでやってます。

余談ですがステラSWもこの前のフィッシングショーで発表されているのでは??
旧作の新古価格も下がってくると思います。
ただ、こちらは故障率がダイワに比べ多いです。
1台だけで戦うなら少し心許ないですが....(^^;

もう一つ余談ですがカスタムスプールを購入予定なら4500でも良いですが(カスタムは4500がメイン、下巻き量を合わす意味で通常スプールも4500に合わす)、シイラなどキャスティングにはそこまでラインキャパは不要かと。
下巻き量が増えるだけでめんどくさいです。
お考えがあるのなら別でしょうが...。
個人的にはこのサイズのキャスティングならセルテートHDカスタムorハイパーカスタム、ソルティガGAMEなど自重が軽く1日投げやすい物をチョイスしますが。(キャタリナより値段は少し高くなります)

ほとんどご存知の事であまりお役に立ててない、失礼な文書がありましたらお詫び申し上げます。(本意ではないことご理解下さい)

まとめますと
双方違いはある。ドラグはほぼ確実に違いベアリングの数で巻き心地は全然違う。ギアも耐久性が違う可能性もある。
中古で購入はリスクがあるので慎重に。釣行回数や今後の年数も考慮し選ばれては?

少しでも参考になりましたら幸いです。

どうも、おはようございます。

ジギングやキャスティングをメインにやってる者です。
キャタリナ4500H=ソルティガブラストですね。
新製品ですが昨今の金属価格高騰で「定価を上げるだけでは反感を買うのでマイナーチェンジした物」なので初期ロットの購入も比較的安心して出来ます。(フルモデルチェンジはしばらくはばらつきが安定せず、やばいですが)

まず、ソルティガ、キャタリナ両者の違いですがドラグ性能、ギアが違うのはまず間違いありません。
(ソルティガブラストを持ってないので保証は出...続きを読む

Q青物のドラッグの調整と合わせ方

ソルトルアー初心者です。
今日、コアマンパワーブレードを使って3回魚がヒットしました。
3回ともツバスかハマチです。

しかし2匹はフックアウトしていまいました。ちゃんとかかっていなかったようです。

ドラッグの強さと、合わせについて分からないので教えてください。

・ドラッグはどれくらいに調整するのかですが、ドラッグは弱めか強めのどちらが、ばれにくいのでしょうか?
・それと普通にロッドでアクションしてドラッグが少し効くようではゆる過ぎでしょうか?
・魚がかかってからやり取りしている際、ドラッグが効いているときにリールを巻くのは問題がありますか?
・合わせ方についてですが、当たりが合ってからすぐにあわせていいのでしょうか?
・合わせはしっかりと力強くやるべきでしょうか?

Aベストアンサー

通常のドラグ調整は
使うライン破断強度の1/3~1/2を目安にセットします。
意味はわかりますよね。
ナイロンの場合
一回でも結束するとその部分の強度はラインの破断強度の
半分以下になります。
ルアーからリールまでの間の一番弱い部分の強度より弱い状態で
ドラグが滑ればラインは破断しないということです。
10Lb=4536gなので破断強度は4.536Kg未満ということになりますので
ドラグセットは1.5kgから最大でも2kg程度にセットします。
ランニングライン、リーダー、それぞれのノットの結束強度を考えて
ドラグはセットしてください。
合わせは2,3回鋭く、素早く、強く入れます。
大物がヒットした場合
ロッドを起こして寄せて、ゆっくりテンションを緩めずロッドを倒しながら巻き取りを繰り返します。

ポンドをキロに概算するには
一割引いて2で割れば概算のキロ数になります。
10ポンドの場合、(10-1)/2=4.5Kg

QヒラマサやGTに適したベイトリールは?

先日ヒラマサ釣りに行き、せっかくヒラマサがかかったのですがあまりにもサイズが大きかった為リールが巻けないという状況でした。
しまいにはラインブレイクでばらしてしまいました。
使用していたのはペンのスピニングリール6000番です。
私の腕もそうかもしれませんが、使用していたリールがあまりにもダメなものだったのも原因だとは思います。
ベイトリールなら両軸だし巻き取りもスムースにできるのではと思いました。
そこでみなさんにお聞きします。
青物やGTと勝負できるベイトリールを教えて頂けないでしょうか?
色々と調べた結果、候補としまして以下のリールを考えています。

・オシアジガーNR2000P
・カルカッタコンクエスト
・リョウガ ショアジギング

この他にも何か良いリールがありましたらご紹介頂けますか?

Aベストアンサー

こんばんは。
ブレイクで逃がしてしまいましたか。
ラインは何ポンドでしたか?
ベイトリールにしたからといって
釣り上げられる状況では無いように思えます。
ボートからのジギングでヒラマサを狙う場合、
ラインは最低40ポンド、リーダーは最低60ポンドは必要です。
ヒラマサは底付近でヒットする事が多く、
ドラグを出すと根ズレで切られます。
絶対にドラグは出さないつもりでファイトしますので、
私はライン60ポンド、リーダー80~100ポンドです。
これでも手も足も出ず切られる事もあります。
太いラインを充分巻けて、ドラグが強いリールであれば、
スピニングでもOKですよ。
シマノなら8000番以上ですかね。
ロッドも各社ヒラマサ向けの物もありますので。
GTに関してもジギングであれば上記のタックルで
一緒に狙ってもいいと思います。(サイズによりますが)
ベイトとスピニングの使い分けは、
基本的にはスピニング、スローに誘う場合はベイトと、
釣り方で分けるのが良いと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング