ひとが、どういったものや状態をみて、領域や結界を感じるのかということを調べています。
ルールで決められた(知識で知っている)境界ではなく、感覚で感じる境界を探しています。…なので結界とは少し違うかもしれないです。
たとえば、鵜飼美紀さんのこの作品です。
http://www.peeler.jp/review/060415gunma/index.html
きっと作品の意図とはちがうと思うのですが、これにも領域を感じるのではないでしょうか。器の少ない方にひとを立たせた場合、そのひとは「これは作品だから近づかないでおこう」と離れてみているだけかもしれないし、「なんだろうこれ。近くで見てみよう」といけるところまでずんずん進んでいってしまうかもしれない、と思います。
そういったことを、研究する学問の分野などあるのでしょうか?心理学のことがわからないのでそれすらわかりません。
また、そういったことを実践、実験してるような事例はあるのでしょうか?
よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

 macchahakoさん


 ご訪問の多くの方はご質問の範囲が理解しにくいのかもしれませんね。
 私は自分語になおすと、場の空気を察するとか、神域など神聖な場を感じるとか、ある種の場合でそのような場ではないことを感知する、とかのことかなと思いました。
 本物に接した時にその存在性と存在感に一瞬たじろぐとかのことだろうか。
 というような連想もしてみました。
 以上のようないい直しはご質問の意味を変改や取り違いをしておりますでしょうか?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q結界やお札(ふだ)を信じますか?

結界やお札(ふだ)を信じますか?

皆さんは、結界や護符などの特殊な物を信じますか?
アニメで結界師を見た時から気になってます。神社には結界があるとか、女人結界の山とか、身近にそういった魔法のような物が物があるようですが、目には見えないし、感じることも出来ないですよね?

魔法を信じますか?と同程度かもしれませんが、お付き合いください。

Aベストアンサー

私は多少感じてしまう方なので、お札や結界なども「あるもの」と日常的に思えます。

「嫌だな」と感じる時に自分を守るためのものとして使っています。
よく耳にするのは「盛り塩」で、私は部屋の入り口にたまに盛ります。

信仰のない十字架に意味がないように、盛り塩を盛ることで「結界」と思うことに効力があるのだと感じます。

とんだファンタジーな人間だと笑われてしまいそうですが、それなりに怖い思いをしてきた結果です。

信じられないものを無理に信じるのではなく、疑いようのないものとして「あるもの」と思っています。

余談ですが、触ろうと思った木のお札と自分の手の間に火花のようなものが散るのを見たことがあります。
厄年の時です。

Q一人でお笑い番組やCMを見ているときは、全く面白く感じないし笑うことも

一人でお笑い番組やCMを見ているときは、全く面白く感じないし笑うことも無いです。
たぶん皆さんもそうではないですか。
しかし、複数または大勢で見ると恥ずかしさを感じたり、思わず笑ってしまうのは何故?

Aベストアンサー

臨場感があるからではないでしょうか?それでも一人暮らしが長くなると、一人で観ていても笑えてきますよ^^

Q結界の張りり方

よろしくお願いします。

結界はどのように張るのでしょうか?
聞いた話だと
家の四隅に水晶を埋める
四隅に塩を盛る
お札を貼る(四隅か一枚かはわからないです)
聞いた話なので、詳しく知らないので
教えていただきたいのですが・・。

家や部屋だけではなくて
人(個人)にも結界って張れるのでしょうか?

Aベストアンサー

これなんてどうでしょ?

参考URL:http://naniwa.lib.net/kihon/d1.htm

Q怒りを感じやすい精神状態  怒りを感じにくい精神状態

よろしくお願いします。


自分の心を内省すると、怒りを感じやすい精神状態のときと、怒りを感じにくい精神状態のとき、
あるいは、怒りが心を揺さぶりやすい精神状態のときと、怒りが心を揺さぶりにくい精神状態のときがあるように思います。


これは、怒りが表に出やすい精神状態と、怒りが表に出にくい精神状態の違いではなく、心の内面の問題です。


またこれは、単純に、機嫌が良い、機嫌が悪い、の違いでもないように思います。

機嫌が良いと感じるときでも、怒りを感じやすいときもあれば、
機嫌が悪いと感じるときでも、怒りを感じにくいときもあるような気がします。


この違いは、何の違いからくるのでしょうか?


ご回答お待ちしてます。

Aベストアンサー

自分が大切にしている頭の中の世界がこわされそうになるとき恐怖や不安や怒りを感じるのではないでしょうか。頭の中の世界は外の世界と重なっていることも多いので天災のようなものが起こっても恐怖や不安を感じますが怒りを感じることが弱いのは地震などは抵抗しにくいからではないでしょうか。これに反し人などに対しては自分から対処できるのでそれは怒りになることも多いのだと思います。

Q結界を英語でなんと言うか

結界を英語でなんと言いますか?
「非日常の世界、あちら(死後の世界)とこちらの世界との境、いやゆる結界にそれは存在する」といいたいのですが。

よろしくお願いします

Aベストアンサー

 こんな感じではいかがでしょう。

It exists in an unordinary world, around the borderlines between this world and that one (the afterworld); in the so-called Boundary Zone (Kekkai).

Boundary Zone はそういう定訳をどこかで見つけたわけではなく、質問者さんの文意から作った訳です。

 英語にちょうど用意されたそういう言葉があるかどうかは分からないのですが、連想として、昔のシリーズもののドラマのタイトルで、The Twilight Zone という言葉もありました。これは「たそがれ(誰そ彼)の領域」という意味ですが、こちらの世界とあちらの世界のちょうどは境にある、未知の領域といった意味合いだったように記憶しています。

参考URL:http://www2.alc.co.jp/ejr/index.php?word_in=twilight+zone&word_in2=%82%A0%82%A2%82%A4%82%A6%82%A8&word_in3=PVawEWi72JXCK

 こんな感じではいかがでしょう。

It exists in an unordinary world, around the borderlines between this world and that one (the afterworld); in the so-called Boundary Zone (Kekkai).

Boundary Zone はそういう定訳をどこかで見つけたわけではなく、質問者さんの文意から作った訳です。

 英語にちょうど用意されたそういう言葉があるかどうかは分からないのですが、連想として、昔のシリーズもののドラマのタイトルで、The Twilight Zone という言葉もありました。これは「たそがれ(誰そ彼)の...続きを読む

Q文学や古典落語で(おとぎ話で)、「ひとは、なぜ反対・禁止されると、かえってその行為に及んでしまうのでしょうか」

タイトルにありますように、(1)文学作品。(2)古典落語「『饅頭怖い』で饅頭山積み」。(3)おとぎ話「『鶴の恩返し』禁じられた戸を開く」。「『浦島太郎』で玉手箱を開ける」等々。これを「『法律学』で、信義則違反である」とか、「『教理問答』的に、業(カルマ)だ。或いは、原罪である。」など説明頂いても、拙の求めている心理-精神メカニズム上の回答には直接つながりません。/ ご専門の方には、いとも簡単に説明出来る類の質問かもしれません
 しかしながら、現代世界ではNEWS報道、事件等でも「おきて破り」が横行しております(個人から、より大きな集団まで)。これを、「モラルの低下、破綻」と単に「倫理上の問題」として嘆いてみても解決の材料にもつながりそうにありません。(1)他の哺乳類、動物と比較して、ひと固有の問題なのか
(ここでは、意思の自由が前提になりますね)例えば、人間社会の中の飼い犬。或いは、野生の哺乳類。(2)好奇心などの、個々人の心理メカニズムの問題の1つにすぎないのか。ぜひその源泉を知りたく希望します。/この問題は多くの事象を真剣かつ誠実に考え抜く際に、避けて通れない重要な論点であろう、と判断致し質問に及びました。拙の求めている心理-精神メカニズム上の観点から、ぜひご回答お願い致します。今日まで、この問いを発することなく「小説」を読んだり「法律学」を勉強したり「IT社会」について夢想していたのが不思議なくらいです。よろしくお願い致します。

タイトルにありますように、(1)文学作品。(2)古典落語「『饅頭怖い』で饅頭山積み」。(3)おとぎ話「『鶴の恩返し』禁じられた戸を開く」。「『浦島太郎』で玉手箱を開ける」等々。これを「『法律学』で、信義則違反である」とか、「『教理問答』的に、業(カルマ)だ。或いは、原罪である。」など説明頂いても、拙の求めている心理-精神メカニズム上の回答には直接つながりません。/ ご専門の方には、いとも簡単に説明出来る類の質問かもしれません
 しかしながら、現代世界ではNEWS報道、事件等でも「おきて破...続きを読む

Aベストアンサー

shigure136 です。補足を読みました。
真剣に議論するような問題かどうかは分かりませんが、少しだけ補足の質問にお答えします。

「太古の昔から」はオーバーかもしれませんが、古くから「人間のエゴ」を規制し、「不埒者」「無法者」を押さえ込むための「法律」、「取決め」、「国家間の条約」などは多く、拾い出せば枚挙に暇がありません。

しかし、犯罪、不当行為、軽犯罪、嫌がらせ、イジメ、はたまた、国家間の諍い、不協和音、戦争など、全ての規制、取決めを無視した不当行為は、全く後を絶ちません。これはどうしてなのでしょうか。

規制を強化すれば、さらにその上を行く手口が現れる。
法律が定められても、「法の網の目を潜り抜ける」という言葉が出来上がっているほど、法律の裏をかく人間が次から次へと現れる。
これは何故でしょうか。

国家間の利益が絡むと、感情論が人間の理性を呑み込んで止めようの無い大きな流れを作りだし、平和維持の条約すら無視されるのは何故でしょうか。

全てを生み出しているものは、人間のエゴ以外の何物でもありません。
この特性は人間が神様から貰った最大の悪性の部分です。

太古の昔から未来永劫、この特性は人間を縛って行くのでしょう。
全ての事態の根底には、人間のこの特性が敷きつめられている事。
その特性と人間は共生して行かなければならない事。
しかも、如何に上手に共生して行くのかという事。
そのことだけは変わる事は無いでしょう。

shigure136 です。補足を読みました。
真剣に議論するような問題かどうかは分かりませんが、少しだけ補足の質問にお答えします。

「太古の昔から」はオーバーかもしれませんが、古くから「人間のエゴ」を規制し、「不埒者」「無法者」を押さえ込むための「法律」、「取決め」、「国家間の条約」などは多く、拾い出せば枚挙に暇がありません。

しかし、犯罪、不当行為、軽犯罪、嫌がらせ、イジメ、はたまた、国家間の諍い、不協和音、戦争など、全ての規制、取決めを無視した不当行為は、全く後を絶ちません...続きを読む

Q結界の本当の意味とは何ですか

昔、ある古刹のお寺を拝観した折、境内やお堂の中に何ヶ所か、仕切りを設けて人が入れないようにした結界がありました。案内して下さったお坊さんがちらりと、「本当の結界は全然違うもの」というようなことをおっしゃったことが気にかかっています。
辞書には、だいたい「神聖・清浄であったり宗教的に重要な場所を俗世界と区別して人の立ち入りを制限した区域」といった意味が載っています。このほかに歴史的にみて本来の意味があれば、教えて下さい。長年頭の片隅にひっかかっています。

Aベストアンサー

日本では、どう歴史を遡ってもおよそご質問のような意味しかないと思います。
ただ、ぐーっと思いっきり遡ってみると(そのお坊さんのせりふの真意かどうかはわかりませんが)、界というのはかつてのインド仏教ではとても重要な概念で、いわば「修行僧の活動範囲」のような意味合いがありました。

ちょっと背景を説明しないといけないのですが、仏教の修行僧というのは一人で修行したわけではありません。常に「サンガ」という集団を作っていて、集団にとって重要なことはすべて全員参加の合議制で事を決めていましたから、個々人で瞑想する時間はもちろんあったにせよ、定例の反省会など必要な時には、必ず全員が集まるのが鉄則だったのです。

こういう、ひとまとまりになれる単位としての修行僧集団を「現前サンガ」といって、これには、必ず地理的な範囲が定められるものでした。誰それがメンバーである、ということ以上に、どの範囲がそのサンガに属するのか、ということが重視されたのです。
これが本来の「界」で、「どこどこの川からどこの丘まで」といった具合に、全員の了解のもとに設定されました。この行為が「界を結ぶ」、つまり本来の「結界」の意味です。

この「界」にはもちろん目に見える仕切りはありませんが、修行僧にとっては非常に重要なものだったようで、自分が界のどちら側にいるかは常に意識されていましたし、例えば「修行僧は金銭を持ってはいけない」という規則は、「界に金銭を持ち込んではならない」ことに等しかったのです。

日本仏教にはこういうことを定めた律が全くありませんから、インド仏教の「界」という概念はなんだかわからないものになっています。
ただ強いていうと、例えば東大寺の戒壇院のように受戒して出家者を生み出す場所が今でも「結界」になっているあたりに、少しそういう感覚の名残りがあるようにもみえます。

インドでも、小僧が受戒をして比丘(ビク)という正式なサンガのメンバーになるには、そのサンガの全メンバーが立ち会って承認するのが本来でした。ただこれも度重なるとメンバーの修行の妨げになりかねませんから、やがて、受戒に最低必要な人間を十人として、その十人で受戒のたびに小さな界を設定することにしたのです。つまりそうやって、界にいるサンガ全員参加のもとで受戒を行った、という建前を守ったわけです。戒壇院も、もともとこういう方便だった界がやがて常設の建物となり、全体が「結界」とされて今に至る、というふうに見ることができるのではないでしょうか。

今ではこういう「界」の概念はほとんど知られていないし必要もないことです。というわけで、ご質問の「本来」の意味が果たして上に書いたようなことかどうか、全く自信はありません。

日本では、どう歴史を遡ってもおよそご質問のような意味しかないと思います。
ただ、ぐーっと思いっきり遡ってみると(そのお坊さんのせりふの真意かどうかはわかりませんが)、界というのはかつてのインド仏教ではとても重要な概念で、いわば「修行僧の活動範囲」のような意味合いがありました。

ちょっと背景を説明しないといけないのですが、仏教の修行僧というのは一人で修行したわけではありません。常に「サンガ」という集団を作っていて、集団にとって重要なことはすべて全員参加の合議制で事を決めて...続きを読む

Q私はバスジャック時や、遭難時や、テロ時や、震災時などといった極限状態で

私はバスジャック時や、遭難時や、テロ時や、震災時などといった極限状態での人間の心理にとても興味があります。 こういった分野を研究なさっている大学教授や、こういったことを学べる(専攻できる)大学や大学院はありませんでしょうか? できれば国立でお願いします。

Aベストアンサー

こちらで質問されてましたか、そういう方面が関心があったのですか。

社会心理学で外れてませんよ。群集心理など扱ってますので。
どこの大学がいいかというと迷うところですね。。。。

実はこういう研究を一番求めているところは警察なのです。災害時の警備の問題があるからです。
特に警視庁は大規模テロなどにも備えないといけないですし、そもそも、発端となったのが、随分昔の話になりますが、東海沖地震が噂され、東京も壊滅的な被害を受けるであろうと、地震がおきるたびにマスコミが関東大震災の例を挙げて煽り、それを受けて深刻に心配する都民の声が多かった時代でした。当時よりすでに心理学者に依頼してます。

それと、実は警察というところには少なくない心理職の人も奉職してます。
こういう研究では、警視庁警備心理学研究会が一番たくさんデータを持っていると思いますし、継続的に研究してます。
ここで指導協力している先生やその出身大学、学位を授与された大学などが候補となるのではないでしょうか。
ただし、東京という地理的な問題で在京の先生ばかりになってしまいます。
(東京の私学では心理は早稲田が一番だと思います)

東京ではやはり私学が多いところですので、ご要望の国立大学の探し方としては、それらの先生が共著で論文、書籍を出している人、学会で同じ分科会で発表している人、そういう人をコツコツ探すことだと思います。

師事したい先生の見つけ方は、論文、著書で探すのがセオリーかと思います。
ただ、そういうものは、院からでもいいのではないか、学部は幅広く学んでおいたほうがいいのではないかと思えます。大学選びで教員だけを目当てにすると、その先生がどこかに移った時に悲惨ですよ。

少し個人的な話になりますが、私の友人も一人、社会心理学者(某私大の教授)がいますが、その人も始めは教育心理から入って、学部時代に社会心理を選んでます。入学時には認知系を希望していたそうです。

ご参考に。

こちらで質問されてましたか、そういう方面が関心があったのですか。

社会心理学で外れてませんよ。群集心理など扱ってますので。
どこの大学がいいかというと迷うところですね。。。。

実はこういう研究を一番求めているところは警察なのです。災害時の警備の問題があるからです。
特に警視庁は大規模テロなどにも備えないといけないですし、そもそも、発端となったのが、随分昔の話になりますが、東海沖地震が噂され、東京も壊滅的な被害を受けるであろうと、地震がおきるたびにマスコミが関東大震災の例を挙...続きを読む

Q結界(シールド)

結界(シールド)
どう言うのがそうかなあ?
教えて下さい
お願いします

Aベストアンサー

話しかけられない独特の雰囲気かな?

Q男性の興奮時の心理状態って、言葉に表すとどんな感じですか?

男性の興奮時の心理状態って、言葉に表すとどんな感じですか?

また、映画などで『私を殺して~』とSEXの絶頂期に
男性に懇願するひとがいますが、理解できません。
どんな心理ですか?
幸せを感じすぎて、普通死にたくありませんよね。

男性の興奮時の心理状態、また女性の死を懇願する心理状態って、どんな感じか教えてください!

Aベストアンサー

■興奮時って色々な状況がありますが・・・^^; 例えばケンカとかギャンブルとか・・・
今回はSEXに限定していいのかな~(笑)

■SEXの場合は、絶頂期(男性なら射精の時かな^^;)に至るまで気持ちを高ぶらせて
いく訳ですが、その間は相手を「壊したい」とか「滅茶苦茶にしたい」とかに似た気持ち
になるかなぁ・・・ある意味Sですよね~相手にギブアップさせたいと思いながら攻めてる
のかもしれませんね(笑)つまり男は能動的なんですよね・・・その反面女性は受動的なので
大げさに「~して!」とか言うんでしょうね。「殺して!」なんて究極の台詞ですよね~
でも殺されそうになる時の心境は経験しなければわからない訳で、本当に殺されたい訳で
もなく、正確に言えば「私に未知の快感を与えて!」ってことじゃないでしょうかね(^^ゞ
それ以上の形容が見つからないってことなんでしょうね(^^)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報