>日本人最年少に 14歳加賀崎プロ宣言へ

というニュースが流れていますが、石川くんの場合、ツアー優勝したのでプロ宣言でプロとして協会からもプロとして認められましたが、加賀崎くんは、なぜプロ宣言ができるのでしょうか?

まさか、「宣言」というのは勝手に言ってるだけ、ではないですよね。(私も宣言すればプロ? 笑い)

日本のアマチュア資格もない(マネジメント契約をしているらしい)ようなのですが、、、。

この辺のカラクリ、仕組み、宣言の意味をご存知の方お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

単純にいえば、「「宣言」というのは勝手に言ってるだけ」です。



ゴルフにおいて、アマチュアでいるためには、いくつかの条件が必要ですが、
プロになるのには条件はありません。

但し、プロであることとゴルフで稼げることとは違います。
PGA(日本プロゴルフ協会)に登録するには、PGAの資格取得が必要ですし、JGTO(ゴルフツアー機構)の試合に参加するには、QTで成績を残すか主催者推薦枠で出場するしかありません。(アマチュアでもQTには出場可能ですし、主催者推薦での出場も可能です。また、ツアー競技での優勝者には2年間の出場権が与えられるので、アマチュアでも優勝すればそこから2年間は出場できます。(石川プロの例)

また、レッスンなどで稼ぐには特に資格は必要ないですが、現実的には練習場などと契約するには、何らかの資格がないと難しいでしょう。
あとは、口コミなどを中心に個人的に教えるというのはありますが、それにも限界はあるでしょう。

ちなみに、誰がそこまで調べるかなどを別にすれば、例え友人相手でも対価をもらってゴルフを教えれば、アマチュア資格を失います。(例外は普通の学校の体育の教師が授業の一部でゴルフを教えるような場合)

加賀崎プロの場合は、既にマネージメント契約で日本のアマチュア資格を失っていたので、それを明確にして、「今後プロ競技に参加する場合は、プロとして賞金を貰います。」程度の意味だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

単なる「宣言」だけなのですね。

なるほど、アマチュアでないので、プロ宣言というわけですね。
しかし、ツアープロとして資格を持たないのに、プロ宣言しても、何か寂しいですね。

ニュースだったので、いわゆるプロゴルファーに宣言したのかと思ってしまいました。
マスコミの問題ですね(タブロイド雑誌並みです)

お手数をお掛けしました。

お礼日時:2011/04/21 21:47

資格と宣言は別物のようですね



アマチュアでなんの資格も無くても
Lead90さんでもプロだと宣言できます

プロと宣言するということは
「アマチュアではない」(当たり前ですが)ということで
以後、アマチュアのコンペテイション(試合)には
出場できない事になります

問題は誰に宣言するのかということですが
この辺はハッキリしていません
地元のゴルフ協会に文書で届けるとか
するならば地元の理解はでるでしょうが
(競技会の案内が来なくなるとか)

日本プロゴルフ協会では
一応資格のあるプロが基準になりますが
入会金などの基準があってそれを支払えば
資格がなくとも、登録だけはできるのかもしれません

ご存知だとは思いますが
プロ対象の競技はそれぞれの資格が要ります
プロ資格を取る為の審査競技にも費用を支払って
最初から参加する必要がありますね

でも、プロ資格がなくても、プロとしてレッスンや
トレーナーとして生計を立てている方も多数いらっしゃいます
そう考えると、ゴルフを通じて収入を得る方法があれば
困らないと思いますね
(用品の販売店や書籍を作成する作家なども資格が無くても
ゴルフで収入を得ることになりますが、実技ではない為競技会では
プロでなくアマチュアとして扱われますので難しくなります)

参考まで
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくありがとうございます。

なるほど 競技ができるプロでなくてもゴルフで食べていけばプロということですね。
これはこれで、プロと言えますが、石川クンのプロと比較して14歳で、、、と言うのはダイブ違いますね。
マスコミの問題なのかもしれませんが、、、。

お礼日時:2011/04/21 21:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報