ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

天皇が被災地にきて被災者の人たちが喜んでいる映像が
意図的に繰り返し流されているようですが、天皇が被災地
に行って何か意味があるんでしょうか?
全く意味がないような気がするのですが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (32件中1~10件)

ズバリ税金とガソリンのムダ使いだけです。



原発炉の温度が一気に常温に戻るなら意味有りますが!
言葉で元の生活に戻るなら意味有りますが!

訪問費用を役立てたほうが有意義があります。

7,80歳の人達は有難味を感じるでしょうが
それって???・・・。
    • good
    • 0

私はその映像を見たことは無いのですが、被災者の方が喜んでいるそうですね。


そうでしたら、全く意味がないということは無いと思います。
    • good
    • 0

私は、子供のときは、皇室が嫌いでした。


別になくてもいいんじゃないか?
何もしてないし。。。

でも、一度だけお会いする機会があって、、、
あそこまで日本の事を気にしている人、あそこまで日本人を心配できる人は、
今日本にはあまりいないんじゃないかな。と思いました。
そこからほんのり好きになりました。

特に民主党議員は、中国・韓国との外交には熱心ですが、日本人には関心がないようだし。
一部の自民党議員もね。

まあ、若い人はともかく
年配の人で、行くと喜ぶ人がいるとおもうから、
行っていただけると良いかと思います。
    • good
    • 0

>全く意味がないような気がするのですが。



きっと、訪問していただいた方々が答えを出すべきものだと思います。世間でも、マスコミでもなく、そしてあなたでもなく。ただ、天皇陛下という存在を過去の歴史や経験から考えると、喜ばれた方、勇気や元気が出た方は多いと思います。そして、「気持ちが救われた方」も多かったかもしれません。特に、被災された方々よりも、支援している方々にとっての方が、存在感があったかもしれませんね。

自分と同じレベルで見ているとしたら、大誤り。首相と同じレベルで見ても、大誤りです。天皇陛下と同等なレベルの方は、日本にはいません。それが、国内および海外での評価です。
その辺を学ぶ事をおすすめします。
それと、社会の成り立ちには「トップ」という存在は不可欠だという事も学ぶといいと思います。

で、もう一つ。両陛下は、3月末から毎週被災地を訪問されています。特に今回からは、飛行機等を使っての3連チャンです。普段のご公務をなさっている上での事です。年齢的な事を加味すると、随分と無理をされているのではないかと思いますが、今回の事は、陛下ご自身が強く望まれたとの事。陛下はご自分の立場をよく理解された上で、その責務を果たそうとしているのだと思います。

疑問を持つ事はとても良い事でしょうが、「首相の訪問」と比べて、その取り扱いがどうしてなのか?という事にも疑問を持って下さい。
「天皇陛下バンザイ!」は、つまるところ「日本、バンザイ!」と同等です。自国が安心して暮らせる国である事を望まない人はいないのです。
    • good
    • 0

意味のある方にはありますし、ない方にはありません。



天皇皇后両陛下を敬愛している日本国民にとっては、陛下に直接お言葉をいただくことはとてもうれしいことですし、元気が出ます。
避難所生活をしている方たちの中で、両陛下を敬愛している方たちにとっては、大震災→津波→長引く避難所生活によって疲れ切った心に、光がさすような気がしていることでしょう。

ちなみに私は大震災後の一連の陛下の報道を見るたびに、感動し涙が出てきます。
被災地の方はもちろん、日本中の方に復興への元気を取り戻してもらう、両陛下の被災地ご訪問にはそのような意味があります。意味のある方にだけある、ということですけどね。
    • good
    • 0

 陛下が皇太子時代に遠くからですが見たことがあります。

それも上から…。その時に感じたことですが、何かしら力をもらえるオーラというか、優しさというかそんな雰囲気を持っておられました。
 総理が被災地で文句を言われますが、陛下は言われません。なぜなら全員に同じ目線に降りて励まされます。親のような暖かさを持っておられます。セレブという言葉ふさわしい品格を持っておられます。
 私自身天皇万歳というのではありません。テレビの中での存在でしかないですが、お心遣いなどが政治家達と比べることが出来ないほど考えられています。パフォーマンスとも思えません。純粋に国のこと国民のことを考えておられる。そう感じられるのです。

 今までにも多くの施設など訪問されています。そして子どもにもお年寄りにも同じ目線。同じ優しさが常にあります。昔なら服が汚れますということでさせてもらえなかったでしょうが、汚れても良いという感覚があります。膝をついて話されるのですよ。これは新聞などの写真やニュース映像からでも分かります。

 あの暖かさは勇気をもらえると思いますよ。本当に神々しいです。そして、私たちは見捨てられていないという事が伝わることで元気も出ますよ。多くの被災された方々は見捨てられることを恐れています。だからこそ、日本の頂点である天皇陛下が訪問することで励ますことが出来るのです。政治が束になってもかないませんわ。
    • good
    • 0

貴方は阿呆かな。

菅首相や清水社長が行くよりずっと慰問の効果はあります。天皇制反対ならそれですが、高齢の天皇皇后両陛下が被災で困っている方々を慰問されているのが無意味なんてあんたは日本人じゃないようですね。
    • good
    • 0

最初に言って置きたいのは、天皇制も賛成ですし、日本の象徴として日頃の国民への思い、日々日本の平和、世界の平和を祈られ、勤められている姿に尊敬しております。

それを踏まえた上で語りたいのですが、意味があるか?と言われたら、精神的には勿論意味のある事だと思います。ただ質問者さんが聞きたい・言いたいのは恐らくですが、「背に腹は替えられない」と言う意味ではないでしょうか。今回の大震災で陛下が被災地を訪問されてる姿を拝見した時、非常に感動しましたが、その反面、妙に引っ掛かるものがあったのも事実です。陛下のお姿を見てこんな気分になったのは初めてでした。何故か?こんなにも天皇崇拝者だったのに・・・とショックを感じましたが、自分なりに考えると、余りに未曾有の天災過ぎたのと、戦後の昭和天皇の話しが出ていますが、私は当時(戦前戦後)をリアルに知りませんから、私にとっては、初めて「象徴」である存在の陛下が、その象徴を越え、どれだけのパワーがあるのか?を知る機会となりました。正直なところ、その答えは出ておりません。私は被災者ではないので、体育館で生活されている方が陛下にお会いした時の気持ちを何となく察する事はできても、全て解る事はできないので、客観的に考えるしかありませんが、意味があるのか?ないのか?自分でも答えが見当たりません・・・。精神的には大きな存在の陛下。その反面、冷たい床の上で寝てられるお年寄りの姿を見た時、精神論だけでは語られないものを感じ、天皇とは?宗教とは?を考えさせられました。
    • good
    • 1

陛下は日本国の象徴。


コロコロと挿げ替えられる総理などより国を抱えている御方。
国民を想い日本を支えておられる。
復興への意欲が湧く。
    • good
    • 0

天皇ではなく、天皇陛下です



天皇と呼び捨てにするのは、共産党員と朝鮮人くらいです。

日本人なら、「陛下」と呼びましょう

天皇と呼び捨てにするのは、質問者様を「テメ~」呼ばわりする様なものです。

ところで、被災者に感動と勇気を与える力で言えば

天皇陛下のご訪問は管総理の訪問の一万倍以上、

テメ~様の訪問の十億倍以上の力が有るでしょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

1  2  3  4 次の回答→

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q皇室の公務ってそんな大事なんでしょうか?

皇室の公務ってそんな大事なんでしょうか?

皇室のお仕事として、「公務」というのがあるわけですが、
ああいった「公務」は我々日本にとって有益なんでしょうか?

特別、皇室を批判するような意図はまったくないのですが、そういったことを実感する機会が無いものでして

例えば、皇室の方々が「公務」に励んで頂けるお陰で、諸外国と友好・外交がより円滑になったりと
いった「成果」はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

皇室の公務の役立ち方は、「二重否定」で考えることができるかもしれません。まず「皇室の公務は特大の成果はない」と否定され、次に「ないとは言えない」で肯定になって、結局成果ありとなるでしょう。

(1) 天皇、英国国王、ローマ教皇が世界三大権威などという説は、日本のネットでしか通用しないガセネタである。既出質問はhttp://oshiete.goo.ne.jp/qa/3952917.html、http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5510289.htmlなど数多い。アンカレッジ立ち寄り時の写真は、http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1258907857459.jpg、http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1229063536192.jpg、http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1258908314936.jpgなどでも見られる。

(2) 皇室外交は、日本人の一部が信じ込んでいるほど大きな意義はないようだ。一般に、日本にとって重要な国といえば、米国、そして中・韓・露など近隣国、さらにアジア、欧州、……などであろう。しかし、天皇は中国へは1回行っただけだ。韓国には行ったことがない。「天皇の働きは外交官百人分」と持ち上げる向きも見られるが、隣国にも行けない百人力の外交官などいるのだろうか。
日本の皇室は、鬼門が少なくないようだ。昭和天皇がオランダを訪問した時は、生卵などを投げつけられた。その昔、旧日本軍が蘭領インドシナを占領して、オランダ軍捕虜を虐待した歴史がある。英国訪問時にも同様の抗議活動があった。若い皇族はよく英国(スコットランドも)に留学しているが。
昭和天皇訪米(約十日も滞在)のときは、ホワイトハウスでの晩餐会もあったが、もっぱら動物園・植物園やディズニーランドなどを訪れている。天皇には政治的権能が全くないし、米国の各界要人と次々に会ったりする用があるわけでもない。

(3) それでは皇室外交は役立たずかというと、そんなことはない。諸外国の要人が来日する際、天皇と会うことがセッティングされていたら、彼らは「面目を施す」だろう。「こないだ日本へ行った時は天皇にも会ったよ」というのは、彼らにとっていい土産話になるだろう。
また、1995年1月、阪神淡路大震災で数千人が亡くなった(負傷者も数万人)直後に、皇太子(徳仁)はクウェートやアラブ首長国連邦を訪問した。前々からのスケジュールとはいえ、「外遊を中止せよ」、「被災地を見舞うのが先だろう」という声もあった。しかし、被災直後の混乱の中で皇族が見舞っても、かえって迷惑がかかるかもしれないし、産油国との友好親善は日本にとって重要である。王族(首長)と皇族とで、相性も良さそうだ。

(4) つまり皇室外交は、(2)(主流外交)ではさほど役に立たなくても、(3)(傍流外交)では役割も多いと思われる。これは、(分野は全然違うが)歴史学者・網野善彦の「天皇は漂泊民たちの王だった」という理論と通じる所があるかもしれない。
どういう理論かというと、武士が興隆して朝廷は権力を失い、江戸時代には困窮して即位時の大嘗祭も挙行できない(「半帝」と揶揄された)天皇まで出る惨状だったのに、なぜ皇室は多少の権威を保ち続けることができたかを考究した理論である。昔の日本人は大半が農民ですよね。土地に張り付いて(縛り付けられて)生きていく人たちである。その農民を管理して年貢を吸い上げるのが武士である。農民は、支配者たる武士のことは意識しても、天皇のことはあまり意識していなかったと言われている。また、武士一般が天皇を敬うようになったのは、江戸時代も終期になってからだろう。
だが、網野の研究によると、土地に張り付いていないさまざまな漂泊民が存在したという。不思議なことに漂泊民の中には天皇を意識しているグループもあって、「我らの祖先は皇室の出」などと言い伝えていた。農民は武士にがっちり押さえられて、「農民 - 武士」のラインが社会の主流だったが、傍流たる漂泊民のアイドルは天皇だったという。この網野理論はただの珍説ではなく、けっこう裏付けがあるようだ。

(5) まあ私なんかも現代の傍流の民だが、皇室に憧れはない。しかし、(4)じゃないけど、傍流の中には皇室が好きな人も少なくないのよねー。たとえば隣の家のお婆さんは、毎週欠かさず「皇室日記」(日テレ系)を観ている。天皇のいろいろな公務や、皇后の優雅な物腰や、皇族の子の成長を見守るのが楽しみなのだ。
天皇は、「主流」の人たち、勲章をもらうような偉い人たちだけのものではない。「傍流」の人たちの夢でもあり続けている。

皇室の公務の役立ち方は、「二重否定」で考えることができるかもしれません。まず「皇室の公務は特大の成果はない」と否定され、次に「ないとは言えない」で肯定になって、結局成果ありとなるでしょう。

(1) 天皇、英国国王、ローマ教皇が世界三大権威などという説は、日本のネットでしか通用しないガセネタである。既出質問はhttp://oshiete.goo.ne.jp/qa/3952917.html、http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5510289.htmlなど数多い。アンカレッジ立ち寄り時の写真は、http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/125890785...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報