私は考えが浅く、視野が狭いのです。
まず、どうしたらこのような性格が治るでしょうか?
私は自分の経験だけでものを見てしまいます。
何かをやる時も「どうせこうなるでしょ」と諦めてしまいます。
また、保身に徹してしまいます。
投げられるボールから逃げてしまいます。
何故こんなにひ弱なんでしょうか?
こういう性格を改める為には何をしたらいいでしょう。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>>視野が狭いのです




こんなのを直すのは簡単。

先ずは首を大きく回しましょう・・
あるいは振りましょう・・

それで視野が広くなります。
え!質問と違うよ・・と思うのはこれまた視野の狭さを意味していますよ。

心の視野の狭さは物理的な視野の狭さが大いに関係しています。

>>投げられるボールから逃げてしまいます。

これまた簡単。
ボールを良く観れば良い。
ボールがあなたを喰ってしまう訳など無い。


>>こういう性格を改める為には何をしたらいいでしょう。

先ずは深呼吸を練習しましょう。
次には、頭をグルグル・・
そして、右左を良く観ましょう。

視野の狭い人・・
例えば横断歩道を歩くときにも、左右など殆ど観ていません。
(経験済み)

その様な事が思考形態にも反映されているのです。

まあ、横断歩道で左右を良く観ても、あなたが失うものは何もないのだから、即実行する事ですね。

視野の狭い人・・姿勢が悪い人が多いですね。
特に保身と言うのか、ネガに考えてしまうタイプには特に多い。
姿勢を良くする事・・気持ちだけでは難しいので運動を併用しましょう。

などなど。
何か一つでも実行。

行動すれば次の現実。

この回答への補足

皆様回答ありがとうございました。

補足日時:2011/04/24 15:53
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほどー、確かに言われてみれば当てはまります。
視野が狭いと、周りをよく見ませんからね;
周りをよく見ると色々なことに気づけますね。
即実行してみたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/23 14:49

人から学ぶ姿勢を絶えず持ち続けることが一番だと思います。


特定少数人ではなく、幅広く交際して、その人物を見極める努力をしましょう。
そして、絶対間違ってると一瞬思ってしまう考え方なんかに出会っても、
それを受け入れる努力をしましょう。
そうやって、色んなタイプの人間と接して、理解してあげるのを繰り返していれば、
自ずと視野は広がります。

相手を理解するためには、
相手から話を引き出す、聞き上手に徹する。
疑問点は投げかけた上で、相手に語らせる。といったところでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

交流の幅を広げれば、色々な見解をすることが出来ますし、良いところも悪いところも吸収できるので大事ですね。
もっとたくさんの人の話を聞いて、自分を成長させたいと思います。

ありがとうございます。

お礼日時:2011/04/23 16:45

一言で言っちゃうと「自分を信じること」。


身構えたり、予測しすぎたりすると、結果が外れてしまうことが多くなるのです。
相手が、あなたにボールを投げるとき(まあ、話しかけるときという解釈でいいのかな?)に、相手のモーションを見て「あ、速いのが来る!」って思うと、身構えて体が固くなるでしょ?。
心も同じこと。
変な予測はしないで、とりあえず身体が動くようにリラックスする。
心ならば「聞いてから考えればいいや」というふうにしておく。

いきなり心に突き刺さるようなことは、通常では他人だって言いやしないよね?。
今までもそうでしょ?。
9割はそんな攻撃的なことは言わないはずで、普通のことを言ってるだけ。

まずはボールを取ろうよ。
へたくそでもいいし、少しぐらいの痣ならそのうちに治るよ。
人間そんなにヨワっちいものじゃない。
相手がいきなりスピードボールを投げてくるわけじゃないんだから、肩の力を抜いて、グローブではなく「身体でとる」ようにする。
急所にボールが当たることはまず無い…自然と逃げるからね、身体が。
だから「中心点」を意識して、そこでボールを取ろう。
そうすれば大きな怪我はしないで済むよ。

そういう訓練をするうちに、だんだんと上手くなってくるものさ。
キャッチボールも会話も同じこと。
「中心点」で、受け止めてあげること、そして投げ返してあげることだよ。
それを意識してれば大丈夫。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
おっしゃる通り、私はいつも人から言われる前に「次は何言うのかな?」と身構えてしまいます。

心が急ぎすぎているのでしょうね。
何かを言われる前に知ることは出来ませんよね。

もっとリラックスして受け入れられるようにします。

お礼日時:2011/04/23 16:39

目の前に左右の人差し指の腹を見せて腕を伸ばします。



左の目は左の指を、右目は右の指をみます。
そして左右同時に広げていきます。
あなたが、街を歩いたとき別の世界があることがわかります。

乙-の「箱庭図書館」なんてどう?
小説を読むことがいいのでは?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
今さっそくやってみました。
だんだんと自分の見ている世界が広がっていくような感覚になります。

小説は好きなので、読んでみます。

お礼日時:2011/04/23 14:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング