ノートPCです
性能は
CPU1.06GB
メモリー512MB
HDD40GB
ドライブはDVD-RWです
宜しくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

最近のLinuxはそれなりに新しいPC環境に特化されているので記載された環境で動作するかは不明です。


Linuxの夫々のデストロで公称されている最低の環境であってもインストールさえ出来ないことがあります。
軽い順番で言えば次のようなものですが、それぞのLive CDで動作確認を行った方が宜しいでしょう。
1、Puppy Linux (Debia Linuxの派生) http://openlab.ring.gr.jp/puppylinux/
2、Ubuntu (Debia Linuxの派生) http://www.ubuntulinux.jp/
3、Berry Linux (ベースは Fedora)   http://yui.mine.nu/berry/berry.php
4、Fedora               http://fedoraproject.org/

この中で、初心者でもアプリケーションが追加インストールしやすいのは「Ubuntu」でしょう。
    • good
    • 1

いわゆる「非力PC」向けのLinxuxの中では「Puppy Linux」が最も軽量であるといえます。


http://openlab.ring.gr.jp/puppylinux/
 Puppy Linuxと同じDebiaLinuxの系統であるUbuntu(Linux Mintも同系統)も動作すると思われますが、
最も軽量であるのは「Bpdhi Linux」でしょう。
 様々なLinuxのデストロを公開しているサイトがあるので参考にしてください。
http://simosnet.com/livecdroom/
 
    • good
    • 0

私も「同程度」のスペックのオールドマシーン(デスクトップ)に、何種類かのOSをインストールして、どうにか生かせないかと試してみました。


その中でも、一番良かったのは、Linux Mint でした。(震災後、節電目的で使用)

ただし、あなたのお餅のPCにインストール出来るとの「保証」は(どのLinux系OSでも)ありません。

現在では、「グラフィックユーザーインターフェース」での「快適に」動かす推奨メモリーは、1GB にどの配布先でも掲げています。
確か、下にある参考urlに「途上国」向けの「オールドマシーン」でも快適?に動くOSも載っていたので、お試しください。

参考URL:http://distrowatch.com/
    • good
    • 0

スマートフォンなどに利用されている「android」などはいかがでしょうか。



http://www.android-x86.org/

でも、おススメはubuntuがおススメです。
現在ユーザー数もそれなりにいますし
ubuntu 軽量化
などで探せば色々な軽量化の方法があります。
    • good
    • 3

変り種でhaikuはどうでしょう


http://www.haiku-os.org/

linuxならこれが軽い方です
http://www.slax.org/
    • good
    • 3

 要望に合いそうなOSとしてはFedoraがあります。



http://fedoraproject.org/

 ここからイメージファイルを入手してください。
 操作は基本的にGUIなので悩まないはず。

 次は5月の下旬頃にFedora15がリリース予定だそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうござます!
早速やってみます

お礼日時:2011/04/23 18:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q低スペックに向いたlinux

古いノートPCにおすすめのlinuxディストリビューションを教えてください!

 CPU Pentium M 725 1.6GHz
 メモリ 512MB

使用目的は,インターネットやデジカメデータやCDの取り込み,再生が主です.

スペック的に今流行りのubuntuは厳しいかなと思いました.
red hatは2年程使っていたので少し知識はあると思います.



よろしくお願いします.

Aベストアンサー

実用の可否は、行なう作業にもよるんじゃないかな。

LinuxでのGUI環境の重い軽いの格差は非常に大きいものですが…
実用性を妨げるのは、OSだけでなくコンテンツの重さでもあります。

CUIじゃないと重いというのは、500MHz程度の
WindowsXPでは挑むこともできないような環境での話です。
もっとも技術的には、600MHzのARMで動くAndroid携帯のように
Linuxカーネルで軽量のGUIを利用する方法は多様です。
まぁAndroidやMeeGoをノートPCに入れるのはオススメできませんが。


挙げられている使用目的の中では、インターネット利用での高画素動画
GyaOに代表されるようなDRMを伴う動画配信などの利用が無理です。
前者はFLASHによる動画再生が重いのも一因で
後者は技術的にLinuxでは対応できないのです。

ニコニコ動画やYouTubeでの480p程度は問題ないはずです。
でも、Windows専用やWin/Mac限定のコンテンツはままあります。


またデジカメの動画機能もHD画質が一般化した現在では
これをまともに扱えない場合があります。
Jpegでの写真データは普通に扱えますが
デジタル一眼レフなどのRAW現像などにも対応できません。


うちは、725(Dothanコア)より若干劣る
BaniasコアのPentiumM/1.4GHzのX31を持っていますが
内蔵無線LANの速度は不満ですが…実用の範囲だとは思っています。

ただ、重い処理には別に2GHzのコアを6つくらい動かしているので
X31は外出時のネット端末専用としての実用性があるという認識です。
また、XPのSP無しやSP3との比較は知りません。Windows使いませんし。

持ち歩き時の衝撃を考慮して、安いSSDに換装してありますけど
HDDのままでも、そう遅いとは思っていません。
(ちなみにsudo hdparm -t /dev/sdaの数字で72MB/sec程度)


肝心の利用しているディストリビューションは
軽量のデスクトップ環境として知られるLXDEを用いたLubuntu相当。
実際にはUbuntu10.04LTSを導入し、lubuntu-desktopを追加した構成。

電源投入から10秒でGRUBメニューが出て
その15秒後にはログインメニューが出て…
電源投入から30秒でデスクトップが表示されます。

Chrome相当のchromium-browserを使い、通信速度さえ充分なら
とりたてて問題は無いと思います。


Puppyや、他のLXDE採用のディストリビューションのほうが
Lubuntuより軽いという話はありますが…
この程度のCPUがあれば、問題はOSの重い軽いだけでなく
アプリケーションやコンテンツの重さがより大きな問題となります。

Firefoxが重いという声にも納得はいきます。
でも、これはOSをPuppyにしても画期的な改善は期待できないのです。

Puppyはメモリー消費を抑えるとともに
より軽量なソフトを組み合わせていますが
これにOpenOffice.orgなどを動かしてみると
メモリー不足は緩和されても
大幅に軽くなったりはしないのです。


ですから、1.6GHzあるなら、Puppyを積極的に奨めたいとは思いません。
Ubuntuでは重いでしょうが情報量を考えれば悪くはありません。
通常はLXDE環境にしておいて、必要に応じてGNOMEにしてもいいです。

512MBというメモリー量も難点ですが、XP SP3よりはマシだと思います。
またLinuxでは古いPCへの対応がWindowsより積極的ですから
compcacheのような技術で512MBの環境をより快適にできる可能性もあります。


将来的には、GUIの表示の基礎部分の改良としてWaylandが注目を集め
Ubuntuでは次期11.04での採用を予定していると記憶しています。
それが、どの分野でどのくらい成果を見せるかはまだわからないんですけどね。

実用の可否は、行なう作業にもよるんじゃないかな。

LinuxでのGUI環境の重い軽いの格差は非常に大きいものですが…
実用性を妨げるのは、OSだけでなくコンテンツの重さでもあります。

CUIじゃないと重いというのは、500MHz程度の
WindowsXPでは挑むこともできないような環境での話です。
もっとも技術的には、600MHzのARMで動くAndroid携帯のように
Linuxカーネルで軽量のGUIを利用する方法は多様です。
まぁAndroidやMeeGoをノートPCに入れるのはオススメできませんが。


挙げられている使用目的の中では、イン...続きを読む

Q無料OSで軽く使いやすいのは、何ですか。

私の持っているノートパソコンは、旧式でさらにCeleronなので
WindowsXPは重たくもっと快適に使えるOSを探しています。
しかし、WindowsXPになれた私はまさに無料OSといった(95や98のような)安っぽいのは使いたくありません。
この両方を満たした最適なOSを教えてください。

Aベストアンサー

手間がかからないと言うのであればUbuntuを試して見てはいかがですか。
Ubuntuは設定いらずを目標に作られています。
Vistaが出た時代ぐらいのマシンだったら、3DはVistaやMacより上ですが。
XP時代のマシンの場合は、要メモリー増設、ビデオカード増設で3Dが使えます。(3Dが必要なければ必要ありません。)
3Dを使ってもメモリーは1Gも使いません(5~700M)。
ライブCDといってもオーディオCDのことではなく、CDからブートするLinuxのことです。
インストール不要、設定不要、ドライバーインストール不要、ソフトインストール不要です。
インストール不要なので気楽に試してみてください。

Windowsのように妙なエラーやトラブルに遭遇しなくて、安心して使えます。
安定感はXPに例えたら、SP7をアップデートした感じだと思ってください、それほどこなれているカーネルを使用しています。
(Linux カーネルの主なリリース0.11、1.0.0、1.2.0、2.0.0、2.2.0、2.4.0、2.6.0)

Windowsの開発スタイルはカーネルを一から作る開発スタイルです。
新しい製品が出れば初期の評価がひどいのはそのためです。
XPもSP2やSP3でやっと安定して良い評価を得ています。
Vistaなどは出荷当時はひどいものでSP1になってもベータ判扱いです。

初心者だったらUbuntuにしておけば間違いないと思います。

インストール時は、シンプルなデスクトップですが(win2000程度)、カスタマイズすることによりMac風にもVista風にもできます。
http://sato-si.at.webry.info/200810/article_3.html

http://jp.youtube.com/watch?v=xC5uEe5OzNQ (インストールし自由にカスタマイズ。カスタマイズが派手ですが。)
http://www.ubuntulinux.jp/
http://www.ubuntulinux.jp/products/WhatIsUbuntu Ubuntuとは
http://www.ubuntulinux.jp/products/JA-Localized/download ダウンロード
https://wiki.ubuntulinux.jp/UbuntuTips/Install/BurningISO cd-Rに焼く

・UbuntuのライブCDをCDドライブに入れる。
・BIOSを立ち上げてCDブートを選択。

使い方は多岐に渡るので(本が作れるぐらい)ですから、雑誌等を買ってください。
定番ソフト情報やWindowsデータなどの使い方等が載っているので参考になると思います。

スペックの低いPCだったら、
Fluxbuntu<UbuntuLite<Ecolinux<Xubuntu等を試してみてください。
全部Ubuntuファミリーなので安心です。

手間がかからないと言うのであればUbuntuを試して見てはいかがですか。
Ubuntuは設定いらずを目標に作られています。
Vistaが出た時代ぐらいのマシンだったら、3DはVistaやMacより上ですが。
XP時代のマシンの場合は、要メモリー増設、ビデオカード増設で3Dが使えます。(3Dが必要なければ必要ありません。)
3Dを使ってもメモリーは1Gも使いません(5~700M)。
ライブCDといってもオーディオCDのことではなく、CDからブートするLinuxのことです。
インストール不要、設定不要、ドライバーインス...続きを読む

Qwindows7が無料でダウンロードできるサイトを教えてください

サイトでダウンロードしたあとにUSBにそのまま書き込んでいいですか

Aベストアンサー

Windows の OS を無料でダウンロードできるサイトは、Microsoft にあるようです。
http://tipstour.net/microsoft-official-windows-download-link

ただし、無料ですがプロダクトキーが必要です。ダウンロードする場合か、インストールする場合に、プロダクトキーが必要になりますね。検証目的で、プロダクトキー(ライセンス)はあるけれどメディアが無い場合は、これらを利用できます。

下記が、Windows7 のダウンロードサイトです。プロダクトキーが無い場合は、利用できません。
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows7 ← 「この製品をダウンロードするには、ライセンス認証用の有効なプロダクト キーが必要です。」

また、ダウンロードしたファイルは USBメモリにそのまま書き込むことはできますが、インストール作業をしなければ起動できるシステムにはなりません。もし、USBメモリから起動できるのかと言う質問でしたら、できません。Microsoft は基本的にUSB接続の媒体からの OS の起動は許していません。従って、Mac のように外部の USB 機器からの起動はできません。(※例外はありますけれど)

Windows の OS を無料でダウンロードできるサイトは、Microsoft にあるようです。
http://tipstour.net/microsoft-official-windows-download-link

ただし、無料ですがプロダクトキーが必要です。ダウンロードする場合か、インストールする場合に、プロダクトキーが必要になりますね。検証目的で、プロダクトキー(ライセンス)はあるけれどメディアが無い場合は、これらを利用できます。

下記が、Windows7 のダウンロードサイトです。プロダクトキーが無い場合は、利用できません。
https://www.microsoft....続きを読む

QウィンドウズXP以上のOSを無料で入手する方法。

いつもお世話になっております。
宜しくお願いします。

ウィンドウズ98のPCのOSをウィンドウズXP以上に変更したいのですが、合法的にウィンドウズXP以上のOSを無料で入手する方法はあるのでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

Windows98のPCで動くOSはLinuxくらいでしょう。CentOS、VineLinux等、ネットで無料入手可能なものがたくさんあります。
Windowsの上位バージョンはハードウェア的にWindows98のPCではスペック不足でまともに動作しませんし、すべて有料です。

QOSのアンインストール方法

現在使用しているパソコン(正規品のWINXPをインストール)が故障しているので、中古PCを購入しました。これに正規品のWINXPをインストールしたいのですが、その前に、この購入した中古PCの中にある古いOSのアンインストールしたいので、その方法を教えてください。(以前その作業をしていなかったのでOSが2つインストールされたので)

Aベストアンサー

> パソコン初心者のためフォーマットの仕方がわかりません。
boot.iniは、正しく修正しましたか。
正しく修正されていれば、インストールのときに、
フォーマットするかどうかを聞いてくるので、
「フォーマットする」にすると自動的にいくはずです。

大丈夫です。

> フォーマットは全部削除されてしまうのであれば仕方ないので、
> 新OSをセットした後入れます。
フォーマットすれば、全て以前のデータはきれいに消されます。

QUbuntuはWin7と比べて軽いですか?

PemMの古いノートパソコンにWindows7SP1かUbuntu12LTS(アップデートでPEA回避)のインストールを考えていますが、どちらが軽く動きますか?

Aベストアンサー

PentiumMのPCに、1万円以上もするWindows7を買い足すことは
それがあと何日動き続けるか?という点においてオススメしません。

1万円が、半年で無駄になっても、痛くも痒くも無い人は
そもそも、もうPentiumMのPCを使い続けようとは考えないでしょう。


「自分で軽くすることが出来なければ」
これは典型的なWindows特有の常識を…他のOSにも押し付けた考え方です。

たとえば、Windowsにはいくつかのエディションがありますが
エディションごとの重さはほとんど変わりません。

ですから、手作業で軽量化するのが習わしですし、そういった玄人のために
nLiteのようなツールもありますが、それで作ったディスクイメージを
配布することができないし、OEM版搭載PCに、共通に利用することもライセンス上できません。

これでは「自分で軽くすることが出来なければ」という考え方に囚われるのも仕方ないことです。


本題ですが、UbuntuはPentiumM搭載のPCでは実用的では無いくらい重いでしょう。

現在ではUbuntuはVista,7がそうであるようにGPUの力を使ったGUI表示を採用しています。
12.04LTSではUnity2Dも選べますが、この時点でPentiumMで軽く動作するとは言いがたいものです。


ですが、Linux系OSのようなオープンソースOSがWindowsのような融通の効かないOSと比べて
大きく違うことが、柔軟に派生版が成立し、また自由に配布できることです。

Ubuntuには、Kubuntu,Xubuntu,Lubuntu,Edubuntu,Ubuntu Studioといった公式の派生版があります。
これらも、単純に、標準のGUIより別のGUIが良いといった思想から
誰かが取り組んだものですが、それを配布する自由があるのです。

つまり「誰かが軽くしたものを使えば良い」これがLinux系OSの場合の常識です。


具体的には、LTSであるXubuntu12.04LTSが軽量版としては有用なものです。

標準的なGUIはシンプルなもので、不足を感じることもあるかもしれませんが
PentiumMより古いPentiumIIIでもそれなりに動きますし
必要であれば、LibreOfficeのようなソフトを追加して運用することもできます。

XPに降りかかった、SATAへのインストール,GPT対応,AFT対応
アプリケーションごとのボリュームコントロールやバランスコントロールなどの障壁が
Xubuntu12.04LTSには、あたりまえのように無いのです。
(実際リリース時期が10年違うのだから、あたりまえなだけなんですけどね)


XubuntuがUbuntuの公式の派生版として受け継いでいるものは
Ubuntuのための日本語化の成果が、多くの部分で継承されることです。

当然、Ubuntu用のアプリケーションソフトなどが共通のリポジトリーから導入できるので
Ubuntuでできることで、Xubuntuではできないことはあまりありません。

単純に、GUIの使い勝手の違いが大きいわけですが
軽量であることが、そのデメリットを相殺するか、より上回る場合もあるでしょう。


そもそも、Windows8は、どこをどうやってもNXbit無しのPC向けのパッケージはありませんが
Ubuntu12.04LTSのPAE必須という特徴は、Xubuntu12.04LTSでは解消されており…

旧版からのアップデートという手間をかけなくても、PAE非対応のPCに
Xubuntu12.04LTSのインストールディスクからインストールすることができます。


さらに、XP SP3が出た際には、XPユーザーでも
SP3のインストールディスクは、改めて買わなければ入手できませんでしたが…

Ubuntuではポイントリリースという枠組みがあり
2012年4月にリリースされたUbuntu,Kubuntu,XubuntuなどのLTS版に
時期LTS版が出るまでの間に、数回の更新版インストールディスクイメージが提供されています。

また、Hardware Enablementによって、13.10のカーネルの機能を取り込み
12.04LTSの環境のまま、新しいカーネルの機能を利用できる場合もあります。
(Windowsでは後継バージョンのOSカーネルを流用することはできません)


Xubuntu12.04LTSの場合は、たとえば、このサーバーに置かれています。
http://cdimage.ubuntu.com/xubuntu/releases/12.04/release/

普通はxubuntu-12.04.3-desktop-i386.isoで行けますが
場合によっては、GUIを使わずにインストールできる
Alternate版(xubuntu-12.04.3-alternate-i386.iso)のほうが便利です。


なお、日本特有の問題として、XubuntuにはUbuntuのように
日本語Remixディスクが提供されていません。

それでも、世界共通のディスクでも、GUIのインストーラーは日本語で利用できますし
(CDからの起動当初、Shiftキーを抑えておくと言語選択メニューが出ます)
インストール後のメッセージに従って追加インストールすれば、実用的な日本語環境が整います。

日本語Remixに追加されているパッケージは
Ubuntu Japanese Teamのサイトから導入することもできます。
http://www.ubuntulinux.jp/


そのほか、日本語特有の注意点はありますが
日本語で生じる問題のほとんどは
Windows向けの海外製ソフトの場合よりも深刻な問題になりにくいはずです。

慣れると、解決方法があるのがあたりまえと考え対処する人が多く
そういった解決できる問題は、わざわざネットで発表されていないことが多いのは
Linuxに慣れていない人にとっては不便かもしれませんが
解決方法があるのが前提として考えるほうが、前向きと言えるでしょう。


なんかあったら、それについて質問してもいいでしょうし
Ubuntu Japanese Teamなどに報告することで
改善されることもあるかもしれません。

PentiumMのPCに、1万円以上もするWindows7を買い足すことは
それがあと何日動き続けるか?という点においてオススメしません。

1万円が、半年で無駄になっても、痛くも痒くも無い人は
そもそも、もうPentiumMのPCを使い続けようとは考えないでしょう。


「自分で軽くすることが出来なければ」
これは典型的なWindows特有の常識を…他のOSにも押し付けた考え方です。

たとえば、Windowsにはいくつかのエディションがありますが
エディションごとの重さはほとんど変わりません。

ですから、手作業で軽量化するのが...続きを読む

QWindows Vista を Windows 7・8にアップグレードしたい

今頃と思われるかもしれませんが、2009年にVistaを購入し今に至ります。
2017年にVistaの更新サービスが停止になるとのこと。
そこでWindows 7・8への更新をしようと思ったのですが、
いろいろ調べてみると今現在は無料で更新できる期間は終わっているので
購入をしインストールの必要があるようです。
7か8をインストールすれば10への無料更新も可能らしいので
とりあえず7か8を購入しインストールすればいいのかなと思ったのですが・・・。
購入サイトを除いたら金額や種類も様々でどれを購入すればいいのか?
できれば費用は抑えたいとも思うし・・・。

新しいPCの購入は今のところは考えてはいません。
PCはインターネットやOffice・写真の取り込みや編集などに使用しています。
PCの空き容量はローカルディスク(D)が空き容量100%(C)が25%の状態です。
(参考になるかどうかも分からないですが・・・)

で質問です。
新しいPCの購入は選択肢に入れない方向でお願いします。
インストルールが簡単に出来てできれば費用が少なめで
お勧めの物もしくは他の方法があれば教えて頂けないでしょうか。
よろしくお願いします。

今頃と思われるかもしれませんが、2009年にVistaを購入し今に至ります。
2017年にVistaの更新サービスが停止になるとのこと。
そこでWindows 7・8への更新をしようと思ったのですが、
いろいろ調べてみると今現在は無料で更新できる期間は終わっているので
購入をしインストールの必要があるようです。
7か8をインストールすれば10への無料更新も可能らしいので
とりあえず7か8を購入しインストールすればいいのかなと思ったのですが・・・。
購入サイトを除いたら金額や種類も様...続きを読む

Aベストアンサー

>そこでWindows 7・8への更新をしようと思ったのですが、
いろいろ調べてみると今現在は無料で更新できる期間は終わっているので
購入をしインストールの必要があるようです。

Windows7あるいは、8に出る直前に購入した人(対象者)が、Vistaや7ユーザが無料でアップグレード出来るだけです。
直前で対象ではない人は、有償でのアップグレードのみです。

Windows7/8ユーザは、2015年7月29日から1年間はWindows10に無償でアップグレードが本来の無償でのアップグレードになります
MSが、無償でアップグレードできるようにしているだけであり、PCメーカーがアップグレードをサポートしているわけではありません。
PCメーカーは、ほぼ大半がWindows7/8からWindows10へのアップグレードをサポートしているわけではありません。

Windows7/8を踏み台にして、Windows10を入れるなら、Windows10を購入している方がよいでしょう

Windows Vistaから、上書きでのアップグレードが出来るのは、Windows7のみです。
Vistaから8へは、クリーンインストールでのアップのみとなります。
7/8から、Windows10は、上書きでのアップグレードも可能となります

Vistaからは、10へはクリーンインストールでのアップになります

Windows7/8のDSP版だとパーツと同時に購入でアップグレード出来ます。

Windows10へアップグレードしたい場合は、Windows8が動作するのが条件となります。
Windows8が動作するスペックか確認してください。
8より未対応のCPUが一部存在します

>そこでWindows 7・8への更新をしようと思ったのですが、
いろいろ調べてみると今現在は無料で更新できる期間は終わっているので
購入をしインストールの必要があるようです。

Windows7あるいは、8に出る直前に購入した人(対象者)が、Vistaや7ユーザが無料でアップグレード出来るだけです。
直前で対象ではない人は、有償でのアップグレードのみです。

Windows7/8ユーザは、2015年7月29日から1年間はWindows10に無償でアップグレードが本来の無償でのアップグレードになります
MSが、無償でアップグレードで...続きを読む

Qビスタを使っていますが、使い続ける方法は無いでしょうか

来年春でサポート終了のようですが、多少お金をかけても使い続ける方法を探しています。10への変更を有料で行う方法が有るようですが、ビスタからも出来るのでしょうか。(無料での対象には入っていません)出来るとしたら、その場合のメリット、デメリットはどうでしょう。やっぱり買い換えるしか無いのでしょうか。ちなみに日ごろの使い道はインターネットとメールとエクセルだけで、ほぼ毎日1時間くらい眺める程度です。

Aベストアンサー

Vistaは起動するだけでメモリー1GB近く消費する(評判の悪かった)OSです。
ちなみに私のスティックPC(Windows8.1、メモリー2GB、eMMC 32~64GB、1万円台~2万円台)より(多分Vistaが)劣ると思います。
「スティックPC」
http://ascii.jp/elem/000/001/077/1077452/

>多少お金をかけても使い続ける方法
>10への変更を有料で行う方法が有るようですが

Windows10製品版は19000円程度ですが、スペックを劣るVista機にインストールしてもフリーズするでしょう。
3万円台でメモリー4GBのWindows10搭載機も売っています。(多少お金をかけるなら新品購入をお勧めします)

Q「i386」「i486」「i586」「i686」とは?

Linux系OSを使うと、ソフトウェアをダウンロードする
時、そのソフトウェアに付いた記号は、「i386」
「i486」「i586」「i686」がよくあります。その記号
の意味は何ですか?どう違えますか?インテルのCPU
のアーキテクチャとの関係があると思いますか?普通
PC(Pentium3、700MHz)では、どんな記号と利用
すれば良いですか?教えてお願いします。

Aベストアンサー

おっしゃるように、intelのアーキテクチャの違いです
i386とi486はその名のとおり80386と486用で
i586がPentium用
i686がPentiumPro,Pen2,Pen3,Celeronなどのシリーズになります
ですのでご使用のPen3ではi686にすればよいと思います

QLinux以外の無料OS

Solaris10、FreeBSD、OpenDos、NetBSD、OpenBSD、
plan9、Linux以外の無料OSってありませんか?あったら教えてください。
あと教えてくださったOSが初心者でも簡単に使えるものだったら書いてください。
それと上に書いたLinuxなどのOSが初心者でも簡単につかえるものなのかも教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

誰もが最初は初心者ですが、ある程度は勉強するなりしなければどのOSも使いこなせないと思います。

すでにどれかのOSを完全にマスターしているのであれば
習得は早いと思いますが、どれもマスターしてないとか
使ったことが無いのであればどれも同じようなものかと。
それでもメッセージが日本語化されているものの方が
とっつきやすいかもしれませんね。

"OSを使う"というのはどこまでを"使う"と呼ぶかによって難易度は変わりますが。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報