本で、主要な単語などを示すときに、
「何ページの何行目にあります」という表現をしますね。
いくつかの段落から構成されていて各々にタイトルがついています。
それは太字で他の文字より大きめです。
何行目というときにそのタイトルは含めるものですか、それとも含めないですか?
1行を使っているのだから含めるのかな?
よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

1行分使っているので含めます。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね、1行使ってますね、ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/24 17:15

そもそも「何行目」というのは、その場所を示すための言葉であり、相手がそれに関して誤解無く相手に伝われば良いことです。

そして、何行目と言ったときには、必ずそれに関して他の情報も提示されている筈です。だから、その数え方で1行やに2行相手の取り方がずれたからと言って、相手にこちらの言いたいことは必ず伝わります。それを伝わらないように書く方が遥かに難しいです。だから、貴方が思った通りの方法で相手に伝えれば良いことであり、こんな事に厳密になる必要がありません。

ただし、一旦貴方が決めた規則は何時でも守って下さい。そうすれば相手は自ずとその規則が飲み込めて混乱しません。その度に雰囲気で規則を変えずに首尾一貫していれば良いことです。そうすれば、相手はその規則を一々述べなくても察してくれます。また、察することが出来ないような人を相手にすることも在りません。

もしそれでもどうしても気になるようだったら、私の規則は何々ですと最初に断れば済むことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/24 17:17

そういうときは



「何ページの『〇〇(段落のタイトル名)』本文何行目にあります」

という表現を使うほうが間違いがないかと思います。

「何ページの何行目にあります」
という表現をしてしまうと、質問者様と同じくタイトルの行は行数に含めるのかどうか悩む人がいるでしょうし、「タイトルの行は行数に含める」つもりで書いても「タイトルの行は行数に含めない」で数える人もいるかもしれず、正しい場所が伝わらない可能性があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、「本文」というのが味噌ですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/24 17:17

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qページと行の書き方

※注1 テキスト36ページ10行から12行までを参照
上記のような、学習レポートでの注は英語でどのように書くのですか?

text, 36, 10-12. とするのと、P や L を入れて書くのと迷っています。

Aベストアンサー

いろいろ書き方のバリエーションはあると思いますが、最も簡潔に書くとすると
Note 1: See textbook, p. 36, lines 10-12.
だと思います。page は p. でも十分通じるのですが、行まで引用することはあまりないので lines とします。

Q「下から3行目」はアルファベットでどう表記しますか?

「下から3行目」はアルファベットでどう表記しますか?
よく「5ページの2行目」などというとき、「p.5, l.2」と書きますよね?
これが「5ページの下から3行目」というときは、どう書けばよいでしょうか。
英語のビジネス文書なので困っています。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

The third line from the bottom (of the page five).

The third line up (on p.5).

 下記にも例があります。

 http://eow.alc.co.jp/%E4%B8%8B%E3%81%8B%E3%82%89/UTF-8/

Q「段」と「行」の違いがよくわからないのですが

日本語を勉強中の中国人です。「段」と「行」の違いは何でしょうか。私が「行」を使うところは、日本の方が「段」を使うようです。たとえば、添付写真の中の雨靴を言う時に、私は「1行目」、「2行目」などを使うのに対して、日本の方は「1段目」、「2段目」などの表現をするようです。私の「1行目」、「2行目」という言い方は間違っているのでしょうか。日本語の「段」は普通どのような時に使うのか、教えていただけないでしょうか。

また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

> 日本語の「段」は普通どのような時に使うのか、教えていただけないでしょうか。

例示の雨靴の並びのような場合は、「段」を使うのが自然でしょう。
ここでは現物の写真が並んでいるので、陳列棚に商品が並んでいる様子が連想されます。
棚板の縦位置は「○段」で表しますから、「上段の左端の靴を見せて下さい」などと言って目当ての品物を指示するのが普通だからです。
これが写真ではなくて平面に描かれた絵や記号などの並びだったら、「列」を使っても良いと思います。
しかし「行」を使うのは非常に不自然です。
すでにご回答にあるように、ふつう「行」は文字や文章でだけ使うものだからです。

> 「行」と「列」の定義も混乱です。「横の並び」を「行」と言い、「縦の並び」を「列」と言う私の考え方は間違っているでしょうか。

私も時々混乱してしまうことなのですが、質問者さんのこのお考えは、ある場合には正しいのですが、別の場合には当てはまりません。

まず、横並び=「行」、縦並び=「列」が正しいのは、数学での「行列」の定義の場合だけです。
Excelの「行・列」もこれに習っていますね。

しかし日本語には元々縦横の向きに固定した並びの数え方は無いと思います。
ですから「横並び=行、縦並び=列」に当てはまらない場合が沢山あります。

1)ふつう「行」で数えるのは文章の行数ですが、この場合は文章が縦書きか横書きかの違いで、行数を数える方向も縦横が当然変わってきます。

2)並んだ実際の事物を数える場合には「行」は使わず、「列」を使います。
その事物が縦に並んでいるか横に並んでいるかの違いで、数える方向も縦横が変わってきます。
特定のものを指示する場合には「○列めの前(右)から○番目」のように言います。

> 表の中の横の一直線のスペースは何と言うのでしょうか。「行」と言いますか。

特に名前は無いと思いますが、あえて言うなら「区切り行」でしょうか。

いつもながら質問者さんの日本語はお見事です。
そればかりか、日本語ネイティブの私などが日頃見過ごしてしまっているいろいろな事について興味深く気付かせて頂くことが多いので、新鮮な感性のご質問をいつも楽しみにしています。

> 日本語の「段」は普通どのような時に使うのか、教えていただけないでしょうか。

例示の雨靴の並びのような場合は、「段」を使うのが自然でしょう。
ここでは現物の写真が並んでいるので、陳列棚に商品が並んでいる様子が連想されます。
棚板の縦位置は「○段」で表しますから、「上段の左端の靴を見せて下さい」などと言って目当ての品物を指示するのが普通だからです。
これが写真ではなくて平面に描かれた絵や記号などの並びだったら、「列」を使っても良いと思います。
しかし「行」を使うのは非常に不自然で...続きを読む

QWord 文字を打つと直後の文字が消えていく

いつもお世話になっています。
Word2000を使っているものです。
ある文書を修正しているのですが,文章中に字を打ち込むと後ろの字が消えてしまいます。
分かりにくいですが,
「これを修正します。」
という文章の「これを」と「修正します。」の間に「これから」という単語を入れたときに,その場所にカーソルを合わせて「これから」と打つと,
「これをこれからす。」
となってしまいます。
他の文書では平気です。
何か解決する方法があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

入力モードが「挿入」(普通の入力)から、「上書き」になってしまっているのだと思われます。
キーボードに[Insert]というキーがあると思いますので、1度押してみてください。

Q送付いたします。お送りします。どれが正しいですか?

仕事上での取引先に対する言葉(書類の文章)について質問します。
相手先に郵送書類やFAXを送る際に、内容を記した用紙を添えますが、そこに印刷しておく文章は
どのような言葉が正しいのでしょうか?
『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
『次の書類をお送りしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
その他、良い表現やよく見かけるけど良くないと思うもの、などありましたら、教えてください。
『お送り』については、自分が送り主の場合はダメで、相手が送り主の場合の場面で『●●をお送りください』などと頼む場合の言葉なのでしょうか?

Aベストアンサー

『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』

送る行為は、相手にも関わる事なので、
「送付いたします」と、致しますと言っていても、
「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。
「ご」は相手に対する「謙譲語」です。

「ご送付します。」か「ご送付致します。」が正しいです。
「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。」が
正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が
丁寧です。

「お送り致します。」でもOKです。

・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。

例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。連絡するのは
自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、
謙譲の接頭語「ご」を付けます。

相手に頼む場合は「お送りください。」です。

http://mc2.civillink.net/biz/biz.html

http://allabout.co.jp/gm/gc/297603/

Q二行目の*の意味を教えてください。

#include <stdio.h>
int main(int argc, char *argv[])
{
int i;
for ( i = 0; i < argc; i++ ){
printf("argv[%d]=%s\n", i, argv[i]);
}
return argc;
}
 以上プログラムで、二行目の*の意味を教えてくさい。
 6行目のargvには*が付いていません!?
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「ポインタ」です

Q有無、要否、賛否、是非、可否、当否…これらの言葉について

<A>
有無=あるかないか
要否=必要か否か
賛否=賛成と反対
是非=よいことと悪いこと
可否=よいことと悪いこと
当否=正しいか正しくないか。適切かどうか。


1.上記Aのような種類の言葉について、もっと知りたいので
他に何かあれば教えて下さい。

2.Aのような種類の言葉の事を何と呼ぶんでしょうか??

3.Aのような言葉を、どういう風に使えばいいのですか?
例文を示して頂けないでしょうか。

4.「是非」「可否」「当否」の意味は、全部同じですか?
違うとすれば、どのように違うのでしょうか?

Aベストアンサー

使用例

要否=要否を問う

賛否=賛否両論、賛否を問う
是非=是非(良し悪し)を論ずる。 副詞としての用法、是非参加ください。
可否= 可否(良し悪し)を論ずる。可否(賛否)を問う。
当否=ことの当否(よしあし、あたりはずれ)は別として、

是非と可否は同じ意味です。
当否も上の二つと同じ意味があるものの、それが当てはまっているかどうかという意味もあるので全く同じようには使えないでしょう。
二文字で相反する意味を表す漢語独特の表現法ですが、特に名前があるかどうかわかりません。類語として、否応(いやおう)があります。意味は断ることと承知すること。使用例、否応なしに買わされた(無理やりに買わされた)

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

QA3をA4に縮小する場合の縮小倍率を教えてください。

A3をA4に縮小する場合の縮小倍率を教えてください

Aベストアンサー

こんにちは。

参考サイトを貼ります。
http://www.nda.co.jp/memo/copyscale.html

でわ!

Q「基」と「元」の使い方

経験を"もと"に話す。
上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?>

「基」になります。

1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。

2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。

3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。

4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。


ご質問2:
<経験を"もと"に話す。>

1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。

2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。

3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。

4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。

以上ご参考までに。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報