この本の紹介記事をどこかで読んだのですが、タイトルが思い出せないため、
わかる方、教えてください。

船乗りがある日、自分の船の後をずっとつけて来るサメを見つける。
そのサメは海の男達に恐れられている「K」らしい。
その船乗りは自分の息子に海に出ることを禁じる。
息子は陸での仕事に就いたが、遠く沖を見るといつも「K」がいるのが見える。


後半は思い出せません。

検索してみましたが「K」だけではキーワードが短すぎて、なかなかヒットしませんでした。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんにちは。



ディーノ・ブッツァーティというイタリアの作家が書いた「K」という短編のようです。

下記の2つのブログ記事であらすじが紹介されています。
http://www.andart.jp/blog-relay/20091231_111.php
http://sumigoon.jugem.jp/?eid=824

1つ目の記事の巻末、参考文献によると『石の幻影 短編集』という本に収録されているようです。
http://www.amazon.co.jp/%E7%9F%B3%E3%81%AE%E5%B9 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうでした。どこかで紹介記事を読んだと思っていたのですが、
「河岸忘日抄」(堀江敏幸著)のなかにこの話が載っていたのでした。
思い出しました。
収録まで調べていただいて、お手数かけました。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2011/04/24 20:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング