アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

DVDのベリファイとは何ですか?またベリファイしないディスクにはどんな不都合が起きるのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

はじめまして。



元データとディスクに書き込んだデータの照合を行う作業です。

当然書き込んだデータが大幅に異なる場合はエラーとなります。
エラー補正が効く程度ならば、読み出し・再生時に補正されますが、補正限界を越えたものになるとCRCエラーや認識不良となります。

DVD-RAMの場合は基本は書き込みながら書き込んだデータを読み出してベリファイするシステムとなっているので、書き込み速度が表示以下となります。2倍速ディスクならば1.5倍程度、3倍速で2倍ちょっと、などです。
照合結果不適合な部分が発見されると予備の記録領域にデータが書き込まれ、読み出しに異常が発生しないようになっています。
が、レコーダーやDVD-VRモード作成の場合は書き込み速度優先となり、このベリファイ機能は殺されている場合がほとんどです。

DVD±R/RWの場合は基本規格にベリファイの機能が無いのでライティングソフト側にその機能があります。
もっともベリファイの結果エラーが発見されてもDVD-RAMのように予備領域が無いので、Rの場合はゴミに、RWの場合は初期化して焼き直しとなるだけです。
DVD-VIDEO作成の場合は再生チェックしなくてもエラー検出してくれるのでラクと言えばラクですが(もっともエラーが無くても他機では再生できない場合もあります)、その分書き込みながらエラーチェックをすることになるのでライティング作業時間が長くなります。

と言うわけで、使っても使わなくても構いません。
当方はベリファイ機能は使用していません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても丁寧な説明ありがとうございました。新しいライティングソフトで何枚か作成した後にベリファイしていない事に気がつき(以前のライティングソフトはベリファイ設定済み)あわてましたが、安心しました。データの重要度によってベリファイを使い分けようと思います。

お礼日時:2011/05/22 14:51

Q/DVDのベリファイとは何ですか?



A/ベリファイ(verify)は証明という意味で、コンピュータ用語ではデータの整合性を確認する作業をベリファイといいます。ただし、Compare(コンペア)とは異なり、データの整合を100%チェックするものとは限らず、容量やCRC情報、日付情報など付帯情報から、適正であると証明するケースもあります。

Q/ベリファイしないディスクにはどんな不都合が起きるのですか?

A/一般に書き込みが正常に完了していれば、ベリファイをしないからといって、特に不具合が起きることはありません。ベリファイ機能を使うと書き込みに失敗していた場合に、エラーを報告することができます。ベリファイ機能がエラーを報告すると書き込みを再実行するなど、対処が出来るという違いになります。

尚、ハードウェアによるベリファイをサポートしているDVD-RAMやDVD+RW製品であれば、逐次ベリファイにて問題が発見されるとその箇所を自動的にスキップして別の箇所に記録するような、訂正処理が行われます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答いただきありがとうございました。あまり問題がないようですね。

お礼日時:2011/05/22 14:38

ベリファイというのは書き込んだDVDが正常に読み出せるかどうか検査することです。


2つの方式があって
1.エラー無しに読めるか検査する・・・簡易ベリファイ・・短時間
2.もとのデータとつき合わせて検査・・完全ベリファイ・・長時間

ベリファイしたからといって経年劣化は防げませんが特に大事なものは
完全ベリファイをお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほどベリファイにも種類があるようですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/05/22 14:42

書き込んだデータとオリジナルのデータを再度比較してちゃんと書き込めたか検証する機能です。


最近の書き込みハードは昔と違って信頼性が上がっているのでべつにやらなくても問題なしです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。書き込みディスクは安いとはいえ、何枚か作成してしまい焦りましたが安心しました。

お礼日時:2011/05/22 14:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qベリファイとコンペアってどう違うの?

私のライティングソフトB’sGOLD7は書き込み後に確認用のベリファイとコンペアがあります いつも意味がわからず不安なので両方チェックを入れて実行していますが実は意味がわかりません。 ベリファイとコンペアってどう違うのでしょうか教えてください。

Aベストアンサー

ベリファイ
例えばの話し、情報の容量が200MBあるとした場合、情報転送時に、「200MBある」という情報を付加して転送します。
転送された側は、「200MBある」という情報を元に、200MBあるか計算します。一致すれば、完了です。
帳尻が合っていれば、破損していても、OKとなります。(普通、分割されて、チェックされる。)

コンペア
『比較』という意味で、一字一句元ファイルと比較します。

QDVD書き込みの際にベリファイでエラーが出たのですが、焼き直したほうがいいのでしょうか?

書き込みが終了し、ベリファイの段階でエラーが出ました。
でも、DVDプレイヤーでチャプターごとに飛ばして見ていったら、最後までエラーなどはありませんでした。
もう一度焼き直したほうがいいんでしょうか?

Aベストアンサー

チャプターごとではなく、「本編」単位で、最初から最後まで
通して見て、問題がなければ無視して構わないと思います。
(その際、チャプター単位の選択はせず、一秒でも早送りしてみてはいけません。)

少なくとも、一般の再生専用機は、PC上ではひっかかるエラーも無視して再生してくれます。
お使いのプレイヤーで、画面のチラつき、音声のかすれ等、本当にエラーが確認できなければ
気にする必要はないと思いますが、逆に言うと、PCほど厳密な読み取りを行わないからとも言えます。
例えば、そのDVDをPC上で再生したり、リッピングしてみると、失敗する可能性があります。
PCは1バイトの欠損も見逃してはくれません。

今後、そのプレイヤーでしか再生しないのであれば、当面は気にする必要はないと思いますが、
プレイヤーのレンズの読み取り能力に変化が生じた場合、ひっかかる可能性はあります。

ちなみに、焼きなおす場合、お使いのメディア、あるいは
データそのものに問題がないかどうかもチェックしてみてください。
メディアに関して言えば、ベリファイ段階で問題を起こすものもあるようです。

チャプターごとではなく、「本編」単位で、最初から最後まで
通して見て、問題がなければ無視して構わないと思います。
(その際、チャプター単位の選択はせず、一秒でも早送りしてみてはいけません。)

少なくとも、一般の再生専用機は、PC上ではひっかかるエラーも無視して再生してくれます。
お使いのプレイヤーで、画面のチラつき、音声のかすれ等、本当にエラーが確認できなければ
気にする必要はないと思いますが、逆に言うと、PCほど厳密な読み取りを行わないからとも言えます。
例えば、そのDVDを...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報