クラシック界の歴史において、最も偉大だと思う音楽家は誰でしょうか。

色々な要素が有りそれによって様々だとは思うのですが。

その理由も簡単に添えてお教えください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

かつて名ヴァイオリニストのヘンリク・シェリングは「仮に不幸なことが生じて古今の全ての作曲家の作品が消失したとしてもJ・S・バッハの音楽さえ残っていればそこからすべては再出発出来る」と言ったのを覚えています。

バッハの崇拝者であった彼ならではの言葉だと思います。

個人的にはモーツァルトとベートーヴェンです。が、彼らにしても楽派の師ハイドンを抜きには考えられませんし、ロマン派の大家シューベルトやブラームスもベートーヴェンを常に心から尊敬していました。意外ですがチャイコフスキーもモーツァルトを師とし関連の作品も書いています・・・

クラシック音楽自体、様式や伝統を重んじますのでそれぞれに繋がりがあり偉大な唯一の作曲家を選ぶこと自体難しいかも知れませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2011/05/26 23:31

仮に、下の説が、正しければ(私には、解りませんが?)、


オペラ=総合芸術=映画
映画=総合芸術
と、いう事を、考えると、その、足跡は、音楽を、含めて、
現代においても、多大な、貢献をした事を、認めざる、
をえません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2011/05/26 23:30

レオナルド・ダ・ヴィンチ


理由=有名、だから。
彼が、音楽を、中心にした、演劇の、演出をした、事は、
知ってますよね?(オペラの、始まり?)(これは、冗談です?)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2011/05/26 23:30

このような質問では、好きな音楽家と混同する人が多いと思いますが、西洋音楽と限った場合、最も偉大な作曲家は、J.S.バッハだと言われています。


「音楽の父」といわれているとおり、あちこちに漠然と芽生え、存在していた西洋音楽を、太い一本の道として後世に繋げたのはやはり大バッハと言えましょう。
よりあとに偉大な音楽家・作曲家は大勢いますが、よりあとの人ほど、先人の研究・成果を踏まえて応用することができるので、より先の人をより偉大であるとすべきでしょう。
ある人が50年かかって得た研究成果を本に書いたとすると、あとの人は、その本を読むことにより、自分自身の50年間という時間を節約できます。試行錯誤を繰り返して得られた結果・結論ほど貴重なものは無く、後世の近代和声学や対位法の確立に大きな成果を与えた大バッハ、はまさに音楽の父と呼ぶのにふさわしい偉大な音楽家であると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2011/05/26 23:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q不幸が代名詞なクラッシック音楽家?

クラシックだと思うのですが、次々と人が死んでしまい、曲調も暗いものばかりという作曲家?音楽家がいたと思うのですが、名前が分かりません。

ハイドンだと思っていたのですが、曲を聴いて何となく違うなー、と。
ネットで調べても、違うようですし。

詳しい方お願いします。

Aベストアンサー

グスタフ・マーラーかなあ・・・と思いました。

両親が同じ年に死亡。弟が自殺。
しばらくして結婚し、子供に恵まれるも、そのうちの一人が幼くして死亡。
妻は建築家のグロピウスと関係を持ち、グロピウスはそれをマーラーに書簡で告白(人妻を愛してはその夫に告白するのが趣味?だったらしい)。
おまけに病弱で神経衰弱だったとか。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%95%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%BC

曲は・・・明るいとはいえないと感じますが、こればかりは「暗い」の一言で済むようなものではないので、実際にご確認ください。

Qクラシックの音楽家は誰が好きですか?私はシューベルトの野バラや リストの愛の挨拶 ベートーベンの田園

クラシックの音楽家は誰が好きですか?私はシューベルトの野バラや 
リストの愛の挨拶
ベートーベンの田園
が好きです。

Aベストアンサー

私はピアノを弾くので、ベートーベンやハイドンが弾きやすいですね。

 ワーグナーやドボルザークの曲も弾いた事がありますよ。

Q音楽家の天才ぶりを示すエピソードありますか?

モールアルトは音楽的才能にあふれ、その神童ぶり、天才ぶりを示すさまざまなエピソードが残されています。

他の音楽家(ニュージシャン)で、天才ぶりを示すエピソードがあれば教えてください。
ジャンルはクラッシックに限らず、ジャズでもロックでもかまいません。
自分に音楽的才能が全くないものですから、そういう天賦の才能をもったエピソードに惹かれます。

ちなみに好きな音楽家は、モーツアルト、ドビュッシー、マーラー、ビートルズ、グレン・グールドです。

Aベストアンサー

おはようございます。
モールアルトに関してはハプスプルグ家の全盛期~仏革命の歴史的背景というのが大いに影響されてるでしょう。「主よ人の望みの喜びよ」は朝良く聞きます。
グレン・グールドのバッハのゴールドベルグ変奏曲はほんとに眠くなりますね。演奏中のうなり声が気になる人も多いかな。
ベートーベンならホロヴィッツの悲愴(第三だったかな?)好きです。 時間あっら調べてみてくだい。

エピソード という事ならワーグナーは面白い題材かも知れませんよ。(パトロンとの関係等)

オペラでは3大テノールのカレーラスの白血病からの生還、復帰。マリア・カラスとオナシスの関係。最近のドミンゴの結婚とか?

STINGは天才の域かなと思います。

Q最も日本的な作曲家、最も日本から遠い作曲家は?

私個人的には、モーツアルトは日本に1番遠くて、ドビュッシーが1番近いと思うのですが。最も西欧的、もっとも異国(特にオリエンタル)という極端です。この点に関して、ご意見を伺いたく思います。

この問題定義にはいろいろ思うところがあります。
そもそも「日本的」っていうのはなんだろうか?通俗的には、山水や侘び寂び幽玄、あるいは江戸伝統民芸工芸演芸の世界、そのものから受けるイメージの世界と言うことを、多くの人は持つのではないでしょうか。すくなくとも、一般の日本人ならば、どこかにそういう思考回路が流れていますし、そういうものを想像できますよね。
クラシックを聴く場合もそういう土台をどっかに持って聴いてています。そのとき、日本的なものから遠いものを聞くのと、近いものを聞くのに、なにか情動が変化しないだろうか?と感じます。

私は、どうも独逸墺太利を中心とする、クラシック音楽の中核的流派(そして最も売り上げも多い分野だと思いますが)、クラシックと言えばまずイメージする主流(バッハモツベトブラブルマラ等)が、日本とは非常に遠いところの存在に思え、なにか疎外感、親しみにくさを感じてしまうのです。もっとも、違う文化のものを聴くんだから、そんなもの取り払って聴けばいいという切り替えができればいいわけですが、どうもお茶漬けから離れられないんでしょうかね。なにか、どこかに日本(あるいはオリエンタル)な響きを西欧の音楽に発見すると、非常に惹かれるものがあります。

もちろん、モツがアジア的でない?というのはもちろん時代背景、彼が背負っている生存条件が深いです。それはもちろん個人の責任ではありません。ドビュッシーが同時代の同地域に生まれたら、やっぱり当然歴史上のドビュッシーではなかったでしょうから。

そういう意味で、一般的に、あるいは個別的に、日本(オリエンタル)をその中に感じるクラシック音楽、その要素をほとんど想起できない音楽という問題に関して、最も遠い作曲家、近い作曲家ということを質問しつつ問題定義させてもらいたいと考えました。

どうでしょうか?

私個人的には、モーツアルトは日本に1番遠くて、ドビュッシーが1番近いと思うのですが。最も西欧的、もっとも異国(特にオリエンタル)という極端です。この点に関して、ご意見を伺いたく思います。

この問題定義にはいろいろ思うところがあります。
そもそも「日本的」っていうのはなんだろうか?通俗的には、山水や侘び寂び幽玄、あるいは江戸伝統民芸工芸演芸の世界、そのものから受けるイメージの世界と言うことを、多くの人は持つのではないでしょうか。すくなくとも、一般の日本人ならば、どこかにそう...続きを読む

Aベストアンサー

モーツァルト・・・・・
ロマン派・伊オペラ等と並び、西洋音楽のある一時代ならではの極めて一面的な音楽性。(解り易く言うといかにも『西洋クラシック』風。)
ドビュッシー・・・・・
東洋的な音階や文化美意識も積極的に取り入れ、それまでの西洋音楽の作曲家達とは一線を画したインターナショナルな流れを多分に持つ。実際のところ西洋にとどまらず世界中の近代音楽に強い影響を及ぼし、今世界中で作られている音楽も日常的にこの流れを有す。近代音楽(あるいは後のグローバリズム)の祖とも言える。
・・という視点からこの2つを見れば、確かに「ドビュッシーの方が日本に近い」とも言えると思います。


ただ、視点を変えると、全く別の受け取り方にもなると思います。(ちなみに自分はこちらの解釈の方が強いです。)
モーツァルトはいわば「(日本含めた)アジア歌謡曲的」。丸わかりな書法で魂胆見え見えとも言えるセンスは、まさしく演歌・歌謡曲や時代劇のBGMなんかを連想させます。アジアにおいては多くを占めるいわば『西洋音楽に疎い人』達にも、『疎外感・親しみにくさ』どころか実際のところすんなり受け入れられるのも事実です。(ドビュッシーや現代音楽以降の西洋音楽が全く駄目でも、です。)
カラオケミュージックで育った日本人には、『口ずさめるくらいの極めて単純なメロディーと拍子』これらが必須なのです。その条件を最も満たす西洋音楽が『モーツァルト』であり、ロックならクイーン、あるいはオフスプリングやグリーンデイの様なパンクポップなのでしょう。
それに比べ、ドビュッシーの音楽的美意識(特に中期以降の成熟期)は、日本の近代音楽のそれとは程遠いですね。もしドビュッシーの中に優れた「東洋的美意識」があるのだとしても、それは歌謡曲やj-popに慣れた今の日本大衆の耳には少々敷居が高く、それを見抜き評価出来る日本人はそう多くはないのも事実だと思います。

雅楽、茶の湯、日本式庭園、書画・工芸品等の伝統美術、伝統舞台・・・・これらに慣れ親しんだり感銘したり出来る日本人が今の日本にどれだけいるのでしょう。
つまり、今となっては多くの日本人が音楽に求めるのは『高度なオリエンタリズム』等ではなく、久石譲・服部なんたら・東儀秀樹・秋川雅史・・・の様な『歌謡曲色』なのだと思います。

モーツァルト・・・・・
ロマン派・伊オペラ等と並び、西洋音楽のある一時代ならではの極めて一面的な音楽性。(解り易く言うといかにも『西洋クラシック』風。)
ドビュッシー・・・・・
東洋的な音階や文化美意識も積極的に取り入れ、それまでの西洋音楽の作曲家達とは一線を画したインターナショナルな流れを多分に持つ。実際のところ西洋にとどまらず世界中の近代音楽に強い影響を及ぼし、今世界中で作られている音楽も日常的にこの流れを有す。近代音楽(あるいは後のグローバリズム)の祖とも言える。
...続きを読む

Q音楽家というのは作曲によってお金を払われるべきなのか?

音楽家は作曲をして売ることによってお金をもうけることができます。

音楽家の目的は自分の表現したい音楽を作るのが目的と思います。だからといって音楽家でお金をもらっていない人はいないような気がします

是非音楽家(ミュージシャン)の方がいらっしゃいましたらご意見聞かせて下さい
音楽家でない方もお金という報酬についての意見を聞かせて下さい

Aベストアンサー

ミュージシャンでなくてすみませんが(音楽でメシを
食い損ねたので)。

金をもらってないヒト、いますよ。現実に。
金にならなくても自腹切って音楽活動している、もしくは
活動しても金にならない、もうからない音楽家は実際
います。
アマチュアなんて、みんなそうでしょ?

それが、売れて(「売れる」って言葉を「認められる」と
同異議に考えるのも今の音楽事情ではイヤだな。つまり
「商業ベースに乗った」と考えて下さい)、金が入るよう
になるのは、「金がついてきた」ってことでしょ。

まあ、「一発あててやる! ビッグになってやる!」って
意識の音楽家(ミュージシャン)もいるでしょうが。

でも、それを問題視するなら、「イイ作物を作って
みんなに食べてもらいたい」と思った農業人や、
「病に苦しむ人を助けたい!」と思った医療関係者は、
「お金を払われるべきなのか?」ってことになると
思いませんか?

「金を出してでも、この曲を聴きたい」って人だって
いるんだから、問題はないんじゃないかな。

Qクラシック現代音楽家の情報を紹介して下さい

最近カプースチンの音楽を聴いて現代音楽にも興味を持つようになりました。
200年前~100年前のクラシック作曲家について紹介している本は沢山ありますが、
ここ何十年前から今までの間で活動中の現代クラシック作曲家の情報を掲載している本はあまり知りません。
Wikipediaである程度の現代音楽家は紹介していますが、カプースチンのようにWikipediaには載っていないけれど活躍しているorいた素晴らしい現代音楽家とも沢山出会いたいのです。
雑誌、本、事典、インターネット上のページなど皆様が活用している中でクラシック現代音楽家についての情報をできるだけ沢山紹介しているものがありましたら教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

音楽之友社から出ている「クラシック音楽の20世紀」の第2巻「作曲の20世紀II」(監修・長木誠司)という本がありますが、作曲家の情報が多くて良いのではないでしょうか。

Q音楽家の出身について

世界的に有名な音楽家は ヨーロッパ出身が多いですが

何故 中世の音楽家はヨーロッパ出身者が多いのですか??

Aベストアンサー

私は音楽楽理科の出身ではないので、細かい内容はお答えできませんが、音楽は宗教の起源と広がりに深く係わりがあると思います。また、ヨーロッパには、チェンバロなどの楽器の存在と発達、そして1473年それまで手書きであった楽譜が、初めて機械で印刷され、宗教の布教と共に海外に広められたのではないでしょうか?

Qあなたの好きなクラシック作曲家は誰ですか?

あなたの好きなクラシック作曲家は誰ですか?

Aベストアンサー

マーラーですね。
何とも言えない死と隣り合わせを醸し出す曲調が私は好きですね。
5番や6番辺りの器楽だけの曲が好きです。

Q音楽家が職業と認められたのはいつですか?女性音楽家はいつごろから登場....?

いま私は、モーツァルトについて研究をしています。
本によると彼が生きていた時代はまだ芸術への理解がある人など非常に少なく、今のように「音楽家」「芸術家」などという職業はなかったそうなのです。
そこで疑問に思ったことなのですが、音楽家や芸術家が職業として認められるようになったのは、大体いつ頃だったのでしょうか?参考文献などもありましたらおしえてください。

また、彼がいきた時代にはほとんど女性の音楽家がいなかったそうなのですが、ではいつごろから女性音楽家が登場するようになったのですか?

どちらか一つでもいいので、わかることがありましたら回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

大雑把な分け方です

古典派時代---貴族社会への従事者=宮廷音楽家
お仕着せ服+カツラの音楽家というのがビジュアルイメージです

ロマン派時代---貴族社会の崩壊=職業音楽家
商用音楽の発生です

この二つの時代を隔てるのはフランス革命です。
主導権は民衆へと移り権力は貴族から財力のある商人へと移っていきます。作曲された音楽を買い取り、出版する「出版社」という新ビジネスも登場します。(印刷業者はずっと前からありましたが、依頼主は王侯貴族で、一般に売りさばくことが目的ではありませんでした)

(宮廷でない)一般家庭にピアノが置かれ、金持ちの子弟は教養としての音楽を学びます。コンサート用でないアップライト型ピアノとドレスを着たお嬢さんの肖像画などを見たことがありませんか。ロマン派時代の象徴です。

この過渡期にいた作曲家にベートーヴェンがいます。
http://reservata.s61.xrea.com/academia/mhistory/classic/hwm14-9.htm
宮廷音楽家と職業音楽家を両方経験しています。
自己芸術追究の為でなく、生活の為に売る為の音楽を
書かねばならないこともありました。
彼が作品番号を振らなかった作品は、この様な苦い思いで書かれたものだそうです。
古典派に分類されますが、ロマン派の先駆者である、といわれるのは
作風だけでなく、ステータスからも言えることなのです。

女性音楽家についてですが、
まず、頭に浮かぶのはクララ・シューマンです。
世界初の音楽家ではないでしょうが、最初の有名女性音楽家(ピアニスト)ではないでしょうか。

大雑把な分け方です

古典派時代---貴族社会への従事者=宮廷音楽家
お仕着せ服+カツラの音楽家というのがビジュアルイメージです

ロマン派時代---貴族社会の崩壊=職業音楽家
商用音楽の発生です

この二つの時代を隔てるのはフランス革命です。
主導権は民衆へと移り権力は貴族から財力のある商人へと移っていきます。作曲された音楽を買い取り、出版する「出版社」という新ビジネスも登場します。(印刷業者はずっと前からありましたが、依頼主は王侯貴族で、一般に売りさばくことが目的ではありませ...続きを読む

Qテレビドラマ「誰にもいえない」でかかっていたクラシック音楽が知りたい!

テレビドラマ「誰にもいえない」でかかっていた
クラシック音楽が知りたいのですが
くわしいサイトがあればおしえてください。
調べてもなかなか見つからないんです(泣)。

Aベストアンサー

このサイトはいかがでしょうか?
音楽の部分をクリックすると各週のシーン別にかかっていた音楽が記載してあります。

参考URL:http://www2.ttcn.ne.jp/~darenimo1993/


人気Q&Aランキング