ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

個人事業で、ハンドメイドの作品をネット販売したいと考えております。自身がネットショップなどで購入した際、納品書の場合とお買い上げ明細書の場合がありますが、記載されている内容は、注文日、受注番号、商品名、数量、単価、小計、合計、販売者名、住所、電話番号等とほぼ同じです。納品書とお買い上げ明細書の違いを教えて下さい。また、商品の代金は、3万円未満で、銀行振り込みがメインになりそうですが、お客様の希望がないかぎり、領収書の発行は、必要ないですか?初歩的なご質問でお手数をおかけ致しますが、ご回答のほど、宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

納品書=納品したものを記載した書面


通常は、濃新た時に一緒にもっていき、納品書を客に渡し、納品控えや納品受書と書かれている、納品書の複写物に客のサインをもらい、品物を納めたという証明にするもの。
会社によっては請求書を出す時に同封して、サインした控えを返送してくれと言う会社もあります。

通販の場合は、品物と同封して送ることが多く、店側は配達証明などで届いた証にすることがあります。

お買い上げ明細は、注文を受けた品目を細かく表したもの。
例えば、ハンドメイドのバッグ5個の注文を受けた場合、
単にバッグ5個と書かれただけは内容がわからないので、
ハンドバッグ    牛皮製   黒 2個
ハンドバッグ    ワニ皮製    1個
ハンドバッグ    羊バックスキン 1個
トートバッグ    麻   萌黄 1個
のように、細かく書いたもののことです。
ですので、納品書ではありません。
軽く考えている会社(個人事業主も)がありますが、納品書とは似て非なるものです。

領収書は求められたら必ず発行する必要があります。
民法
(受取証書の交付請求)
第四百八十六条  弁済をした者は、弁済を受領した者に対して受取証書の交付を請求することができる。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

迅速にご回答いただきまして、ありがとうございました!大変参考になりました。

お礼日時:2011/05/27 09:01

お買い上げ明細は、受注書とセットのもの。

注文を受けた時に、これで間違いないですね、という確認書です。
納品書は、受取書とセットのもの。収めましたよ,と知らせ、受取書にサインをしてもらい、受け取りましたよ、との合図に、返送してもらいます。
領収書は、品物の代金を受け取りましたよ、という合図。

各々役割が違います。

各々、事故や行き違いがあった時の事実確認に使います。
領収書、納品書は、記録を残す意味でも,発行していた方が安全だと思うんですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

迅速にご回答いただきまして、ありがとうございました!大変参考になりました。

お礼日時:2011/05/27 08:47

>納品書とお買い上げ明細書の違いを…



言い方が違うだけで同じものです。
強いていうなら、納品書は売り手目線、買上明細書は買い手目線の用語というぐらい。

>3万円未満で、銀行振り込みがメインになりそうですが、お客様の希望がないかぎり、領収書の発行は、必要ないですか…

3万円以上でも要りません。
大手通販会社の多くは、客から特に要請のない限り、領収証を発行していません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

迅速にご回答いただきまして、ありがとうございました!大変参考になりました。

お礼日時:2011/05/27 08:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q納品書やお買い上げ明細書で領収書の代わり

ネットでクレジットカードによる買い物したときに、領収書を発行してもらえなかった場合なんですが、納品書やお買い上げ明細で領収書のかわりになりますでしょうか?日付、金額、商品名、店名など必要な情報は十分あると思うのですが。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

過去ログに同じような質問があります。

納品書やお買い上げ明細書で、利用対象によっては応急的な領収書の代わりに
はなります。後日クレジット会社から利用明細書(兼領収書)が送られてきます。
このクレジット会社からの利用明細書が正規の領収書になります。


領収書を発行してくれない
http://personal.okwave.jp/qa3455308.html

Q納品書とお買い上げ明細書は同じこと?

納品書を送ってほしいとの依頼がありましたが、お買い上げ明細書しかありません。納品書の代わりにお買い上げ明細書を送っても大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

>納品書とお買い上げ明細書は同じ…

その種のものに確たる定義はありません。
イメージとしては、

納品書・・・商品を客先 (または指定場所) まで届けるときに、商品名と数量を記した伝票。
金額が入ることも多いが、必須ではない。

お買い上げ明細書・・・店まで買いに来てくれてお客さんに、商品名と数量、代金を記した伝票。
代金は受領済みのことが多いが、掛け売りのこともある。

>代わりにお買い上げ明細書を送っても大丈夫…

先方が何と言うかまで、他人はわかりません。

Q領収書と納品書の違いについて教えてください

よろしくお願いします。
領収書と納品書の違いがよくわかりません。
この二つはどういった状況で必要になるのでしょうか?

・領収書は金銭と商品(サービス)の交換があったときは必ず発行されるもの。コンビニのレシートなど
・納品書は?

すいませんが教えてください。

Aベストアンサー

【納品書】
物品等を納品したときに添付する明細書。納品書は現金の授受とは関係なく、掛けの仕入れでも発行される。
「日付」、「品名」、「型式・サイズ等」、「数量」「納品者(社)名」が必須。
ほかに、「納品先名」、「単価」、「合計金額」、「伝票番号」その他が書かれることもある。


【領収証】
現金または有価証券等を受け取ったことの証拠書類。
「日付」、「あて名」、「領収者(社)名」、「金額」、「現金、約手等の種別」が必須。消費税に関する記述があることもある。
納品書や請求書と複写式伝票として作られる場合は、「品名」や「数量」等が書かれることもある。

Qネット通販で買い物をした場合、納品書って?

ネット通販をしようかと思っていますが、普通お店は納品書ってどうしているのでしょうか?お客さんに個別で郵送するのも大変ですし、変だと思うのですが・・・

Aベストアンサー

ネットショップを利用したいのではなくて、運営したい、というお話ですよね。

そのショップから商品を送る場合には、基本的に納品書兼請求書というような伝票を付けるのが普通だと思います(ギフトなどは例外)。
ただし、メーカー直送、問屋直送というように、そのショップから商品を発送しない場合もあります。この場合はショップ次第です。別途郵送する所もあれば、事前に納品書などはないので領収書が必要な場合はご連絡ください、というやり方をとるところもあります。

一般的に個人顧客は納品書も請求書も必要としません。せいぜい領収書ですが、これも代引きで送れば送り状が領収書になりますし、カード利用なら明細がありますから、必ずしも必要なものではありません。ネットなら注文承諾メールなどで明細や金額も判るわけですし、発送時に送るメールのタイトルを「納品明細」などとすれば顧客としてはそれで十分ということになります。

昔なら企業間取引で普通に利用されていた物品受領書を、今はほとんど利用しなくなりました。物品受領書というのは納品書とともについていて、商品を受け取ったらハンコを押して送り返す、というものです。
宅配便での納品が普通になったため、不要になったのです。このように、仕組みが変わってくると商取引もそれに応じて変化するわけで、納品書がメールになったと考えればいいのかも知れません。

結局、後から顧客が変に思わないように、「うちはこういうやり方です」と最初から説明しておけばよい、ということです。

ネットショップを利用したいのではなくて、運営したい、というお話ですよね。

そのショップから商品を送る場合には、基本的に納品書兼請求書というような伝票を付けるのが普通だと思います(ギフトなどは例外)。
ただし、メーカー直送、問屋直送というように、そのショップから商品を発送しない場合もあります。この場合はショップ次第です。別途郵送する所もあれば、事前に納品書などはないので領収書が必要な場合はご連絡ください、というやり方をとるところもあります。

一般的に個人顧客は納品書も請...続きを読む

Qクレジットカード払いの領収書

先日、ある機器メーカーの通販サイトで、クレジットカード払いで、書籍を購入したのですが、店側から送付されたメールでの領収書発行に関する記載について、おかしいのではないかと思っています。
本当に、クレジット会社に依頼すると、領収書を発行してくれるのですか?
このような記載に出会ったのが初めてなので、戸惑っています。

以下、メールの文面です。


■<領収書について> クレジットカードで代金のお支払いをされたお客様
--------------------------------------------------

代金のお支払いは、クレジットカード会社とお客様のご契約内容に従い、ご指定の口座よりお引き落しとなります。
また、弊社より領収書やご請求書の発行はできかねますので、ご契約先のクレジットカード会社までご相談ください。

Aベストアンサー

クレジットカードでの購入の場合、一般的に商品に同梱されるのは納品書ぐらいで、領収書はありません。また後から送られてくる訳でもありません。#1さんが言われているとおりカード会社から送付される利用明細が領収書代わりになります。

これは私の憶測の域なのですが…現金で直接ショップへ支払う場合は支払いがショップと購入者との直関係になるので、領収書の発行は必然的ですが、クレジットカード払いの場合、代金を一旦カード会社が立て替えます。その後立て替え分をカード会社が購入者へ請求します。つまりショップとの直の支払い関係はカード会社となります。したがってショップと購入者の間には直の支払い関係がないので領収書は出ないものと思います。現金を直接払った相手(場合)に相手から領収書が発行されると言うことです。

たとえば代引きの場合は宅配便の人にお金を払いますが、宅配便の人が領収伝票を発行して渡してくれるはずです。振り込みの場合は受け取る振り込み受領書が領収書の代わりとなります。ショップ側で振り込み確認が取れない場合その受領書が証明となります。

購入者はカード会社との直関係になりますからカード会社が領収書を発行するのは必然的ですが、さらにショップが発行すると領収所の二重発行となってしまいます。この理由が大きいと思われます。

クレジットカードでの購入の場合、一般的に商品に同梱されるのは納品書ぐらいで、領収書はありません。また後から送られてくる訳でもありません。#1さんが言われているとおりカード会社から送付される利用明細が領収書代わりになります。

これは私の憶測の域なのですが…現金で直接ショップへ支払う場合は支払いがショップと購入者との直関係になるので、領収書の発行は必然的ですが、クレジットカード払いの場合、代金を一旦カード会社が立て替えます。その後立て替え分をカード会社が購入者へ請求します。つ...続きを読む

Q商品を代引で発送した場合の領収書発行について教えてください。

商品を代引で発送した場合の領収書発行について教えてください。
基本的に代引の場合、料金収納代行をしている運送会社の送り状が領収書となると思います(この解釈は間違いないでしょうか?)が、代引で商品を購入したお客様から領収書をなくしたので再発行してほしいと言われました。この場合、商品を発送した側が再発行するのでしょうか?それとも運送業者が再発行するのでしょうか? 運送会社より代引金が振り込まれる際に印紙代を差し引かれますから、もしこちらで再発行をするとしたら1件の売上に対して印紙代を2回払う事になってしまうと思うのですが。。。
お客様は個人ではなく法人のため、領収書がなくて経理上の処理に困っていると言うのですが、再発行した方が良いのでしょうか?

Aベストアンサー

>運送会社の送り状が領収書となると思います(この解釈は間違いないでしょうか…

はい。

>領収書をなくしたので再発行してほしいと言われました…

本当に紛失したのなら、
「運送会社に言ってください」
と突っぱねればよいです。

しかし、本当はあなたの会社名の領収証がほしいのではありませんか。

>もしこちらで再発行をするとしたら1件の売上に対して印紙代を2回払う事になってしまうと…

印紙代のみでなく、領収証用紙代に封筒代、切手代などすべて込みで何百円かを請求しますと言って、入金があったら発行しましょう。
ただで奉仕する必用はないですよ。

その上でその領収証には再発行である旨を明記し、税務署その他から隠し売上と誤認されないよう十分ご注意ください。

Q銀行振込で支払った場合、領収書は発行してもらえないのでしょうか?

銀行振込で支払った場合、領収書は発行してもらえないのでしょうか?

先日 脱毛サロンで契約をしお金を振り込んだのですが お店に「領収書を頂けますか?」と電話をすると

「領収書の発行はお金を直接お持ち頂いた場合のみになります。」と言われたので

「ちゃんとお金をお支払いしたという証明は残りますか?」と聞くと

「金額の記載された契約書が領収書代わりになりますし、振込みされた時に銀行の「ご利用明細」が出てきたと思いますので それが証明になります。」と言われました。

本当にこれで支払った証明になるのでしょうか?

振込みした場合は領収書は発行してもらえないのが普通なんでしょうか?

無知で申し訳ありません。

ご回答宜しくお願い致します。

この質問に補足する

Aベストアンサー

本当にこれで支払った証明になるのでしょうか?
→はい、証明になります。

振込みした場合は領収書は発行してもらえないのが普通なんでしょうか?
→はい、振込みの場合は領収書を発行しない事が多いです。

それでも、領収書が欲しい場合は発行してもらえますよ。民法486条

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Q税務調査の場合、カード払いの明細はあるが領収書はなくてもOKか?

クレジットカードで支払いした場合、毎月カード明細書は届き、それを全て保管してきました。
税務調査があるのですが、その際、このカード明細書=領収書と捉えていいのでしょうか??
利用が海外の場合も多くレシートは殆どありません。
また国内の場合でもカード支払い=明細書=領収書になると聞いた事もあり、現金払いと違い領収書は貰っていませんでした。

税務調査の場合は一体どうなるのでしょうか?
すみませんがお教え下さい。宜しくお願致します。

Aベストアンサー

第一に、クレジットカードで支払うと言うことは代金の授受ではありませんから、お店側には領収書を発行する義務はないはずです。
勿論、お客様が望んだ場合に領収書を発行してくださるお店もあるとは思います。
その場合に印紙の貼り付けが必要かどうか国税庁が回答した文書を読んだ記憶がありますが、必要はないという見解だったと思います。
現金払いの代金授受とはかなりニュアンスが違います。

クレジットカードの明細書には領収書と同様に証憑(しょうひょう)としての効力があります。
何故なら、法人の帳簿を支える記帳の要件である「いつ」「どこで(相手)」「いくら」「何を」の4つのうちの幾つかを領収書と同様に満たすものだからです。

むしろクレジッツカードの場合に気をつけなければならないのは、「その支払いが法人の事業に関連するものか?」ということです。
中小企業の場合、こういったカードは代表者が専有的に使用することが多く、個人的な出捐を法人の費用に混入させる疑いがもたれる場合があるからです。
交際費や備品関係などが多いと思いますので、その支出が代表者個人ではなく法人の事業に必要なものであるという記録が大事になります。
交際費の場合、「誰との」という記録があるとよいと思いますよ。
問題は「形式」ではなく「事実認定」です。

これは法人名義のクレジットカードでなく、社員や役員が自分名義のクレジットカードを使用して会社のための支出を立て替え払いをしたときも同じです。

確かに法人の費用とすべき支出であれば、自信を持って主張してください。
顧問税理士の立ち会いが有れば、この辺りは何の問題もないはずです。

第一に、クレジットカードで支払うと言うことは代金の授受ではありませんから、お店側には領収書を発行する義務はないはずです。
勿論、お客様が望んだ場合に領収書を発行してくださるお店もあるとは思います。
その場合に印紙の貼り付けが必要かどうか国税庁が回答した文書を読んだ記憶がありますが、必要はないという見解だったと思います。
現金払いの代金授受とはかなりニュアンスが違います。

クレジットカードの明細書には領収書と同様に証憑(しょうひょう)としての効力があります。
何故なら、法...続きを読む

Q「納品書兼領収証」というのは成立しますか?

「納品書兼領収証」というのは成立しますか?

ネット販売をしているのですが、システムから「納品書」は自動的に排出されます。客の要望で「領収証」を発行する際に、そのつど手書きで書いています。

注文が多くなるとこの手書き作業が大変です。

そこで思いついたのが、納品書を領収証としても使えるように「納品書兼領収書」にしようと思うのですが、これって受け取った人は正式な領収証として使えますか?

また、収入印紙が必要になった場合は納品書のどこかに貼り付ければいいのでしょうか?

教えてください。

Aベストアンサー

領収書(兼納品書)とでもしておいて

・代金受領日
・受取人
・支払人(住所、電話番号)
・金額
・但し商品代金として
上記金額を受領しました。


と書いておけば問題なく使えますよ。

>また、収入印紙が必要になった場合は納品書のどこかに貼り付ければいいのでしょうか?

その通りです。どこか見えるところに貼って割り印を押しておきましょう。


人気Q&Aランキング