こんにちは、皆さん。お元気ですか。
夏目漱石の『クレイグ先生』について文章を書いてみたんですが、ちょっと自然な日本語に直していただけないでしょうか。よろしくお願いします。

本文はこちら:http://www.aozora.gr.jp/cards/000148/files/758_1 … (最後にある小説)

 『クレイグ先生』とは、夏目漱石によって書かれた短編小説である。その作品は1909年、     『朝日新聞』に断続的に連載された『永日小品』の一つの短編小説である。
 その小説は、夏目漱石が文部科学省よりイギリスへ留学していたときに書かれた作品である。
 小説は一人称で書かれており、ナレーター―クレイグ先生の生徒―と夏目漱石は同じな人だと言うことができる。そして、クレイグ先生という人物は、実には、ロンドンで漱石が英文学の個人教授を受けていたウィリアム・ジェームズ・クレイグという教師である。
 夏目漱石は多くのユーモアを解する心がある作家であり、『クレイグ先生』にはさまざまなユーモアのあるところが出ている。登場人物の人相や性格を描写をするとき、いつもウイットとユーモアがきいている。たとえば、婆さん―クレイグ先生のメード―という人物は最初から最終まですっと「驚いている眼」をしている人であれば、クレイグ先生も「鼻は高いけれども、段があって、肉が厚過ぎる」し、「消極的な手」のある人物である。そのとおりに、クレイグ先生の性格もユーモアな観点から描写されている。彼はいつも漱石から講師料を前払いを頼んでいたし、授業をぜんぜん計画せずに、頭に始めて出ることで漱石に教えていた人物であった。
 たぶん、明治時代に育った漱石は、イギリスへ留学する前に、西洋人をあまり見たことがなかったから、そんな主観的な描写が出てくるかもしれない。

「夏目漱石の『クレイグ先生』について」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 『クレイグ先生』 は、夏目漱石によって書かれた短編小説で、1909年に 『朝日新聞』 に断続的に連載された 『永日小品』 という短編小説集の中の1篇である。


 『クレイグ先生』 は、夏目漱石が文部省から派遣されてイギリスへ留学していたときに書かれた。
 一人称で書かれており、語り手 -- クレイグ先生の生徒 ― は夏目漱石その人であると思われる。 クレイグ先生とは、ロンドンで漱石が実際に英文学の個人教授を受けていたウィリアム・ジェームズ・クレイグという教師のことである。
 夏目漱石はユーモアを解する作家であり、『クレイグ先生』 には随所にユーモラスな表現が出てくる。登場人物の人相や性格を描写をするとき、いつもウイットとユーモアをきかせている。たとえば、婆さん ― クレイグ先生のメイド ― は、最初から最終までずっと 「驚いている眼」 をしている人であり、クレイグ先生は 「鼻は高いけれども、段があって、肉が厚過ぎる」 し、「消極的な手」 の持ち主である。そんなふうに、クレイグ先生の性格もユーモアを含んだ描写がされている。彼はいつも漱石に講師料の前払いを求めていたし、授業は無計画で、その時々に頭に浮かんだことを漱石に教えていた。
 たぶん、明治時代に育った漱石は、イギリスへ留学する前には、西洋人を見たことはあまりなかったので、そういう主観的な描写になったのかもしれない。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報