プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

中国語の語学力の目安などになるものはありますか?

A 回答 (3件)

すでに回答されている方もいらっしゃいますが、現在日本で受験が可能な中国語の語学試験は三つ。


1、HSK(漢語水平考試)
 中国の文部省にあたる機関が作成した語学テスト。中国に留学する際にこのテストのレベルが基準となります。初級~中級(8級まで)は日本での受験が可能。高級は中国での受験となります。4年制大学への入学には6級が必要となります。テストはヒヤリング、マークシート、漢字の書き取り等。テストの点数にしたがって級が決まる。資格の有効期限は2年。
2、TECC
 ベネッセがやっている中国語テスト。3番の中国語検定に比べると歴史は浅いが、日本企業がバックアップしていることもあり、就職活動にも認知されつつある。テストはHSKにやや似ており、実践的。ヒヤリングとマークシート。こちらもテストの点数にしたがって級が決まる。
3、中国語検定
 日本で最もポピュラーな検定。但し重箱の隅を突っつくような問題が出ることでも有名(爆)。級によって受験料が異なる。

以上、上記の名前でGoogleなどで検索すれば、試験日や受験料など詳細がわかると思います。目的に合わせて受ける試験が変わってきますが、個人的にはHSKとTECCがオススメです。
 
    • good
    • 3

HSK(漢語水平考試)は中国語版TOEICのようなものです。


ただし、日本で受けやすいかどうかは…(私は中国で受けました)

日本で受けやすい中国語試験としてはTECCもあります。ベネッセがやってます。以下URLを参考にしてください。

「中国語検定試験」は各級によってしか試験を受けられないのが難だと私は思います。

参考URL:http://career.benesse.co.jp/tecc/
    • good
    • 1

Test of Communicative Chinese (TECC)


[中国語コミュニケーション能力検定試験] がTOEICの中国語版だと思います。

参考URL:http://career.benesse.co.jp/tecc/index.html
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング