前から疑問でしたが、良く原子力発電所事故でも被爆なんですよね?
この爆とは爆弾の爆やないのでしょうか?

A 回答 (2件)

私のIMEでは、


 被爆:(原水爆の)爆撃を受ける
 被曝:放射線にさらされる(曝される)
となっております
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
これですっきりしました。

お礼日時:2003/10/23 02:01

原子力発電所の放射能事故などの場合は、「被爆」ではなく「被曝」です。

従って、爆弾の爆ではなく、#1でおっしゃる「放射能に曝(さら)される」ということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
同じ発音で意味違いだったんですね。

お礼日時:2003/10/23 02:02

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q本当に大丈夫?放射線の子供に与える影響

福島県民です、現在自宅周辺の放射線の値は1.6~3.8マイクロシーベルト/h程度ですが
子供の寝室で0.6マイクロシーベルト/h有りました、単純に計算すると家の中にいるだけで
年間5ミリシーベルトになります、そんな環境の中での体内被曝は本当に大丈夫なので
しょうか?

放射線に関係する女性の3カ月の被曝量が5ミリシーベルトと聞きました、でも
その人たちは体内被曝はしませんよね、それでもその数値なのに....

環境線量+体内被曝での合計はどうなるのでしょうか、教えてください。

Aベストアンサー

お役に立つかどうかわかりませんが、郡山市に親族がいて私が調べたものをブログにまとめましたので、ご関心あれば見てください。一人でも多くの人が助かることを祈っています。
http://blog.livedoor.jp/mr_senta/archives/2942976.html

http://blog.livedoor.jp/mr_senta/archives/3230773.html

参考URL:http://blog.livedoor.jp/mr_senta/

Q原潜や原子力船の原子炉を平時に発電用に利用する?

中国等の一部の国が海軍力を拡張しています。

そこで日本も防衛力の整備の必要性があると思うのですが、有事の際だけというのはもったいないような気がします。

そこで、イージス艦等の自衛艦を原子力推進とし、原潜等もつくり、平時にはこれらの原子炉を発電につかい、専用ケーブルを使い陸上の変電所に接続することは不可能なのでしょうか。

各船舶の構造上の問題もあるのでしょうが、今後作成する軍事用艦艇(もしくは現存のものも改造する。)では発電して電力をつくり、モーターで推進するようにすることは不可能なのでしょうか。

(有事の際にはそれで推進し、平時には変電所に接続して電力供給に使うわけです。原子炉出力を発電所なみに大きくし、平時にはパイプ等でつなぎ地上の熱交換器や発電設備と接続し、有事にはそれと切り離し軍事用船舶として使おうとするものです。)

専用の港湾施設等がいるものの、例えば老朽化した発電用原発の設備から原子炉だけを撤去し、これらの船舶と港湾をつくれば発電設備も再利用でき、一石二鳥のようにも思えるのですが、どんなものでしょうか。(特に技術的な点から答えていただければと思います。)

投稿日時 - 2011-08-27 12:38:17

中国等の一部の国が海軍力を拡張しています。

そこで日本も防衛力の整備の必要性があると思うのですが、有事の際だけというのはもったいないような気がします。

そこで、イージス艦等の自衛艦を原子力推進とし、原潜等もつくり、平時にはこれらの原子炉を発電につかい、専用ケーブルを使い陸上の変電所に接続することは不可能なのでしょうか。

各船舶の構造上の問題もあるのでしょうが、今後作成する軍事用艦艇(もしくは現存のものも改造する。)では発電して電力をつくり、モーターで推進するようにすること...続きを読む

Aベストアンサー

 現在世界最大級の原子力空母のニミッツ級の発電量は商用発電換算で約40~60万kW程度ということだそうです。これは日本の15万都市の必要電力(一日あたり)に相当するということですので、東京だけでも数十隻のニミッツ級空母が必要な計算になります。排水量が1/5程度の自衛隊の艦船に置き換えるともっと大変なことに。
 また自衛隊の艦船は有事の際以外は訓練か整備にあたっています。何もせずにパースに係留されている艦船が多いわけじゃないので、平時にこれらの原子炉を発電につかい、専用ケーブルを使い陸上の変電所に接続することは不可能ではないにしろ、可能な艦は非常に少ないかと思います。

 ほかの方も仰るとおり、原子力推進のメリットがあるのは空母か潜水艦くらいです。面白いアイデアかとは思うんですけれど、メリットは極めて限定されるんではないかと思います。

Qレントゲン・・・どれ位の枚数を撮影したら体に影響が出ますか?(被爆)

子供の頃から体が弱いです。
入院や肺炎、喘息のたびにレントゲンを最低2枚ずつ取っていました。
そのほかに造影剤を使って、長時間機械の下で動かずにじっとする検査や学校の検診など、普通の人よりかなり放射線を浴びています。

中学生になった頃に、あまりにもレントゲンの回数が多いので、主治医から「将来体に影響が出るかも知れないから」といわれて、レントゲンの回数を減らすようにしようと言われ、なるべくとらないようにしてもらっていたのですが、引っ越して他県になってしまったので別の病院に行っています。
前の病院以外では普通にレントゲンを撮ってしまっているのですが、レントゲンってどれくらい危険なんでしょうか?
何枚くらい撮ったら被爆の恐れがあるのでしょうか?
ガンや白血病などが怖いです。

とくにガンは祖母が子宮ガンと大腸ガンをしていますし、親類にも大腸ポリープ、胸部のしこりなどの経験者がいて心配です。
私も26歳にして大腸にポリープがあります。
ガンから逃げられないような気がして怖いです。

被爆について詳しく教えてください。

Aベストアンサー

診療放射線技師です。

ガンや白血病は「確率的影響」とされています。
また、ガンや白血病は200mGy以下の被曝では、
統計学的に有意な発生率増加は、無い事が分かっています。

胸部エックス線写真1枚での照射線量は0.2mGy前後ですから、
1000枚程度では、全く被曝の影響はないといえます。

1000枚を越えたからと言って、すぐに影響がある訳でも勿論無く、
おそらく有意な影響が出てくるのは、何十・何百万枚でしょう。

ですから、質問者さんは、全く心配する必要はありませんし、
またこれからも必要のある検査は、勿論受けてかまいません。


医療被曝には「限度」と言うものはありません。
医療法施行規則第30条の27で定められているのは、
我々のような放射線作業従事者に関する限度であり、
#3の方のリンク先の内容は、全く正しくありません。
また、現在では職業被曝の限度も、全く違った数値となっています。

Q原子力空母、原子力潜水艦の汚染物処理

原発事故から排出される放射線物質が話題となっています。
それに関連して疑問が生じました。以下に三つの質問をいたします。

原子力空母、原子力潜水艦の原子炉は正常に運転されていても、汚染物質はでき、排出されていると思います。どのように処理されているのでしょうか。何か国際的な取り決めがあり、それに従っているのでしょうか。多分海洋汚染をしているのではないか想像されます。

時々原子力潜水艦の事故があり、報道されています。この時の原子炉はどうするのでしょうか。事故の様態によるのでしょが、その処理と海洋汚染との関係はどうなっているのでしょうか。

世界中に何隻の原子力空母、原子力潜水艦が海洋を遊弋しているのでしょうか。

関連性のない質問を並べましたが、回答をお待ちしてます。

Aベストアンサー

質問1に関しては福島原発よりも数段安全です。福島はBWR(沸騰水型)ですが原子力空母などはPWR(圧水型)を使用しています。
原子炉で蒸気を発生させてタービンを回すのではなく、その間に熱交換器を置いて2次水で蒸気を発生させてタービンを回し発電し、その後電気モーターを回して推進力としています。

また原子炉は4,5年でウラン燃料を交換するタイプではなく、一度装着すると20年は燃料交換なしで原子炉を使えます。
古い型の原子力空母の原子炉は4,5年に一回ウラン燃料の交換が必要でした。交換する場合は原子炉上部の鉄板を溶断してやらなければいけないので、それに掛かる日数は年単位でした。

海洋汚染に関しては福島原発事故と比べるとゼロに等しいです。

質問2の空母での原子炉事故ですが、これも福島原発事故に比べると無に等しいです。
原子力空母は鉄で出来ています。爆発で吹っ飛ぶようなコンクリートではありません。
圧力容器、格納容器、船体が放射性物質の漏れを防いでいます。

質問3はフランス、イギリス、アメリカのみが原子力を原動力にした船舶を持っていますが、何隻それぞれの国が持っているかは正直言って判りません。

質問1に関しては福島原発よりも数段安全です。福島はBWR(沸騰水型)ですが原子力空母などはPWR(圧水型)を使用しています。
原子炉で蒸気を発生させてタービンを回すのではなく、その間に熱交換器を置いて2次水で蒸気を発生させてタービンを回し発電し、その後電気モーターを回して推進力としています。

また原子炉は4,5年でウラン燃料を交換するタイプではなく、一度装着すると20年は燃料交換なしで原子炉を使えます。
古い型の原子力空母の原子炉は4,5年に一回ウラン燃料の交換が必要でした...続きを読む

Q子供の被爆基準値

被爆の基準値が引き上げられていますが、子供は大丈夫でしょうか

Aベストアンサー

山内正敏 {スウェーデン国立スペース物理研究所(IRF)研究員}が 放射能漏れに対する個人対策と題するサイトを提供してくれています。
 http://www.irf.se/~yamau/jpn/1103-radiation.html

この中に、妊娠初期や小児の場合の記載があります。曖昧さがなく、危険レベルとそのときとるべきアクションも書かれています。全文をきちんと読むことをおすすめします。子供の被爆基準値についての要所だけを引用します。

(3) 妊娠初期(妊娠かどうか分からない人を含めて)や小児の場合、居住地近くで『実効値』が300マイクロSv/時(=0.3ミリSv/時)に達したら、緊急脱出しなければならない = 赤信号。
(4) 妊娠初期(妊娠かどうか分からない人を含めて)や小児の場合、居住地近くで『実効値』が30マイクロSv/時(=0.03ミリSv/時)に達したら、脱出の準備を始めた方が良い = 黄信号。
となります。この黄信号も(2)と同じく10日以上続く場合は脱出を真剣に考えるべきです。
逆に言えば、(2)や(4)の1割以下(居住地近くでの値が、普通の人で3~10マイクロSv/時、妊婦や子供で1~3マイクロSv/時)なら、それが10日以上継続しない限り安心して良い事になります。ちなみに、放射能の影響は、一般には(細胞分裂や栄養の取り込みの活発な)若い人ほど深刻と思えば良いでしょう。

山内正敏 {スウェーデン国立スペース物理研究所(IRF)研究員}が 放射能漏れに対する個人対策と題するサイトを提供してくれています。
 http://www.irf.se/~yamau/jpn/1103-radiation.html

この中に、妊娠初期や小児の場合の記載があります。曖昧さがなく、危険レベルとそのときとるべきアクションも書かれています。全文をきちんと読むことをおすすめします。子供の被爆基準値についての要所だけを引用します。

(3) 妊娠初期(妊娠かどうか分からない人を含めて)や小児の場合、居住地近くで『実効値』が300...続きを読む

Q原子力発電

・”卸電気事業者”である、日本原子力発電(株)は、一般電気事業者(電力会社)に電気を販売していると思っておる者ですが。東北地震での発電所災害について、”一般電気事業者”である、電力会社が大幅な責任を居っています。詳しい内容は分かりませんが、電気事業法の法律上は、

”卸電気事業者とは一般電気事業者に一般電気事業の用に供するための電気を供給する事業のこと”
とあります。
Qここで質問ですが、原子力発電所の崩壊事故は、日本原子力発電所の所有財産で、かつ、電気を電力会社へ供給し、事業をしている。と解釈しました。とすると卸電気事業者の責任は?ということになります。どなたか教えて下さい。

※私が根本的に間違っているかも知れませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

日本原子力発電株式会社にて運営(所有)している発電所は全国に
ある発電所の一部です。
運営している設備は次の計3基です。
1)東海第二発電所
2)敦賀発電所 1号機
3)敦賀発電所 2号機

詳細は次のURLをクリックして参考にしてください。
http://www.japc.co.jp/tohoku/index.html
http://www.japc.co.jp/plant/index.html
http://www.japc.co.jp/safety/index.html
http://www.japc.co.jp/company/pdf/genden11-12.pdf

Q老人が被爆寿命と放射能の影響どちらで死ぬ?

今老人(75才くらい)が被爆しても 寿命で死ぬのと放射能の影響で死ぬのとどちらが早いでしょうか?

気持ち悪いから水が飲めないそうで、脱水症状になるのも怖いです。

何か良い説得の方法はありますか?

Aベストアンサー

「気持ちが悪いから水が飲めない」と言われるとね。
どう考えても考え方が科学的じゃないので、科学的にこうだと言ってもあまり意味がない気がします。

同じだけの水を飲めば老人よりも小さな子どもの方が体に悪いので。。。

放射能と放射線とは違うのですが、水に放射能があるわけではなく、水に含まれている放射性物質(これの事を放射能と言う場合もありますが)を取り込んで、それが体に蓄積され、蓄積された放射性物質から徐々に放射線が出るためにガンになる可能性があると言うことです。

っで、関東で検出されている放射性ヨウ素-131や放射性セシウム-137等があります。

ヨウ素を経口摂取した場合、放射性の有無は関係なく、摂取した60~80%は腎臓を介して尿中に排出されたり糞便中から排泄されます。残りが吸収されてその一部が甲状腺内に蓄積され、甲状腺ホルモンの生成に供されます。普通のヨウ素も、放射性のヨウ素もヨウ素であることに変わりはなく、体内では同じように吸収され、同じように甲状腺に行きます。

甲状腺は年寄りの方が昨日が減少し、赤ん坊や子どもの方が活発です。
その為、放射性ヨウ素は甲状腺機能が活発な若者や、甲状腺の形成過程の乳幼児で最も害があると言われています。つまりお年寄りはあんまり影響されていません。

放射性ヨウ素を多量に摂取した場合は、放射性ヨウ素が取り込まれるのを防ぐために安定化ヨウ素剤という物を摂取するのですが、安定化ヨウ素剤の留意事項にも「成人では放射性ヨウ素による甲状腺がんのリスクは小さく,特に40歳以上の成人に対する安定ヨウ素剤投与の必要性はありません。」
とあります。

つまり、年寄りは放射性ヨウ素を摂取しても甲状腺がんになるリスクはほとんどないから気にしなくて良いと言うことです。

他のがんは?と思うかも知れませんが、体内にあるヨウ素(放射性ヨウ素含む)はほとんどが甲状腺にあるため他の部位はそれほど危険ではありません(他の部位がガン化するのであれば甲状腺がまずアウトでしょうね)。

セシウムは筋肉に蓄積されますがヨウ素と比べ半減期が長いけど(放射性物質は壊れるときに放射線を出します)、体内からは100日程度で排出されるためそれほどの影響は無いようです。

つまり、「現在の水道水には放射性のヨウ素やセシウムが出ているが凄く量も少ない上、セシウムはそれほど人体への影響が無く、ヨウ素は赤ちゃんや子どもには影響が強いが40歳以上にはほとんど影響が無いので、気にせず水道水を飲め」と言うことをかみ砕いて説明してください。

ホント、水を買い占めているご年輩の方がいますが、どう考えても妊婦や赤ちゃんの居る家庭に譲ってあげて欲しいですよね。

親には「あなたには放射性ヨウ素の影響は関係ないし、出る頃には他の病気になって死んでるから気にせず水道水飲んで良いよ」とぶっちゃけてます…

「気持ちが悪いから水が飲めない」と言われるとね。
どう考えても考え方が科学的じゃないので、科学的にこうだと言ってもあまり意味がない気がします。

同じだけの水を飲めば老人よりも小さな子どもの方が体に悪いので。。。

放射能と放射線とは違うのですが、水に放射能があるわけではなく、水に含まれている放射性物質(これの事を放射能と言う場合もありますが)を取り込んで、それが体に蓄積され、蓄積された放射性物質から徐々に放射線が出るためにガンになる可能性があると言うことです。

っで、関東で検...続きを読む

Q原子力発電所の爆発は人災以外に考えられません

地震や災害があった場合、施設内に一気に水を流し込む設備や水素を吸引する設備を予め建設しておく必要があったんじゃないかと思います。

人間が作り出した物なのに人間が制御出来ないなら強制的に停止させるしかないですよね。

ポンプで海水を入れてるみたいだけど全然満タンにならない。

専門家や技術者は原子力の怖さをを舐めてるとしか思えません。

みなさんはどう思いますか?

Aベストアンサー

私もそう思いました。

絶対日本の原発は安全だ。などと言っていて実際にはお世辞にも安全とは言えない状態ですね。
いくら「想定外」とはいえ、そのような事態にも対応できる様な備えをしていないのには問題があると思います。

日本だからこの程度で済んだ。とは言っていますが、地震大国の日本だからこそ
もっとあらゆる自体にも対応すべく備えておくべきだったと思います。

被害を受けるのは現地の人や、復旧作業をしている関係ない人なので
もっとしっかりしてほしいです。

Q子供の甲状腺被爆予防のヨード剤の代わりには何を

子供の甲状腺被爆予防のヨード剤の代わりに、
ノド薬のポピドンヨードを服用させても 多少は効果あるのでしょうか?

Aベストアンサー

そもそも放射能を完全除去はできませんよ。
人間の体は体内の必要な元素を常にほぼ一定量に保つように出来ています
これを利用しているだけです放射性ヨウ素は体内に取り込まれるとホルモンの材料として主に甲状腺に蓄えられます。
このために体内から直接重要な組織に放射線が当たり続けることになり、極めて甚大な放射線障害を引き起こします。
余分なヨウ素は体外に排出されますので、ヨウ素剤を摂取すれば摂取した余剰のヨウ素の中に
放射性のヨウ素が含まれて体外に排出されるのです。

ですので、ヨウ素以外の放射性元素にはヨウ素剤は利き目はありませんし、「放射能」を除去するなんてことはできません。
原発事故では放射性のヨウ素が周囲にばらまかれるのでヨウ素剤を使用します。

あくまでヨード剤を使うのは短期間だけですヨード剤を長期に渡って使用すると、効果がなくなってしまい、甲状腺ホルモンが再度、多くなってしまうことがあり、これはエスケープ減少と呼ばれます。

ちなみにちゃんとした服用するためのヨード剤があります。
喉薬(うがい薬)なんぞを飲むと違う病気になりますよ。

くだらないデマとかに惑わされないでしっかりと情報収集をしましょう

そもそも放射能を完全除去はできませんよ。
人間の体は体内の必要な元素を常にほぼ一定量に保つように出来ています
これを利用しているだけです放射性ヨウ素は体内に取り込まれるとホルモンの材料として主に甲状腺に蓄えられます。
このために体内から直接重要な組織に放射線が当たり続けることになり、極めて甚大な放射線障害を引き起こします。
余分なヨウ素は体外に排出されますので、ヨウ素剤を摂取すれば摂取した余剰のヨウ素の中に
放射性のヨウ素が含まれて体外に排出されるのです。

ですので、ヨウ素以外...続きを読む

Q福島第一原子力発電所と双葉町は今後どうなる?

福島第一原子力発電所と双葉町は今後どうなるんでしょうか?
復興するのでしょうか?
それとも、発電所を中心としてある程度の範囲は長期間立ち入り禁止となるのでしょうか?

Aベストアンサー

原子力発電所の最終形は、永久に放射性物質を封じ込めることです。
この封じ込めは数年かかるといわれています。
発電所周辺は少なくとも数年間は立ち入り禁止になると思います。

現実を直視せず、冷却系統が復活すればすぐにでも戻れるようなイメージを与えていることは、避難されている方にも不幸なことだと思います。


人気Q&Aランキング