石川啄木の短歌「不来方のお城の草に寝ころびて空に吸はれし十五の心」と「しらしらと水かがやき千鳥なく釧路の海の冬の月かな」の意味を教えてください。お願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

【不来方のお城の草に寝ころびて


        空に吸はれし十五の心】

15歳のころ、不来方城の草原に寝転で空を見ていて
私の心は吸い込まれそうだった。


盛岡城は別名不来方(こずかた)城といいます。
啄木は盛岡で中学校(盛岡尋常中学校)時代をすごしました。
学校を抜け出し不来方城の草原で寝転んで
空を見ていたころを懐かしんでいる歌ですね。
啄木は与謝野晶子の歌集「みだれ髪」に影響を受け、
16歳に中学校をやめて、この後上京します。


しらしらと水かがやき千鳥なく釧路の海の冬の月かな

釧路の海の水面は月の明かりでしらしらと輝いています。
夜の冬の釧路の海には千鳥はいない静寂があります。

啄木は明治40年(1907)生活の行き詰まりから北海道に渡ります。
北海道の函館、札幌、小樽、釧路と漂白生活をすごしました。
76日間の釧路時代に歌った歌でしょう。

注:私は【千鳥なく】を千鳥は夜はいない(なく)と解釈します。
夜は千鳥はいないと思います。

参考URL:http://member.nifty.ne.jp/namur/takuboku/takubok …
    • good
    • 7

jakyyです。


歌は水ではなく氷でした。下記のように訂正します。

【しらしらと氷かがやき
       千鳥なく釧路の海の冬の月かな】

釧路の海の氷は月の明かりでしらしらと輝いています。
夜の冬の釧路の海には千鳥はいない静けさがあります。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。とても参考になりました^^

お礼日時:2003/10/27 18:28

 ちょっと遅かったようですね。

解釈はmartinbuhoさんのでいいと思います。私は違った角度から石川啄木を述べてみます。
 たくさんの哀愁あふれるすばらしい作品を残している啄木。そんな彼も夢に破れ、現実の生活から逃避し、貧しいにもかかわらず浪費家で、時に人とトラブルを起こし、・・・壮絶な人生といえます。

 <不来方のお城の草に寝ころびて空に吸はれし十五の心>
盛岡時代これから社会にでる一歩手前。「啄木は盛岡中学時代、よく学校を抜け出し、不来方城跡に逃れては独り文学書や哲学書を読みふけった。その当時盛岡中学は内丸通りに在り、岩手公園から200メートルほどだった。不来方城跡が岩手公園として一般に開放されたのは明治39年のことで、啄木が中学生だったころはまだ雑草が生い茂っていた」という文章が参考URLのホームページにありました。この場所で自分の将来を夢見ながら日々を過ごしていた。こんな姿を懐かしんでいるのです。どう感じますか。

<しらしらと氷かがやき/千鳥なく/釧路の海の冬の月かな>(『一握の砂』)

啄木は明治41年1月21日から76日間「釧路新聞」の記者として滞在しました。啄木にとっては新聞社とのトラブルがあったものの、比較的安定していました。これはそうした中でで詠われたものです。
 冬の朝の凍てつく寒さと白んでいく空を反映して氷が光っている海の美しさ。冬の月とのコントラスト。そしてどこからか千鳥も鳴いている。目と耳と肌でかんじている、啄木の感性のすばらしさが伺われますね。

 啄木は27歳という短い生涯でした。そのうちの7から8年というわずかな期間で彼は輝いたのです。しかもその業績は彼の死後認められました。学んでみて興味深い人物だと思います。

参考URL:http://www.myk.iwate-pu.ac.jp/~yasmatsu/fudoki/p …
    • good
    • 1

>不来方のお城の草に寝ころびて空に吸はれし十五の心



15才のころ不来方のお城の草の上に寝転んで大空を眺め空想にふけっていた。多感な15才のころが懐かしく思い出される。

不来方城は岩手県盛岡市に残る南部藩の盛岡上の別名です。

>しらしらと水かがやき千鳥なく釧路の海の冬の月かな

夜明け前、釧路の海辺に立つと海は白々と輝いている。空を見上げると冬の月が輝いている。どこからかカモメの鳴き声も聞こえてくる。


不来方のお城の草に寝ころんで、はるかなる大空に夢を託した十五歳の日よ。あの少年のころが懐かしく思い出されることだ。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q石川啄木、「一握の砂」

石川啄木の「一握の砂」の中の短歌に感銘を受けています。

「一握の砂」の短歌のもの本はもっています。が それぞれの歌の歌意、背景など解説のある著書が知りたいと思います。

ご存知の方がみえましたら どうぞ教えてくださいませんか。

お手数ですがよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No.2です。
詩人や作家には、時々その神が宿ったと言うような事が起きる。
啄木には、明治41年6月23日夜、24日、25日に起こった。

啄木を知っている者が言うには、異口同音に、「啄木はそんな性格ではない。」
金田一京助の息子の春彦は、「石川啄木は、石川五右衛門の子孫かと子供心に思った。」と語っている。

私は、彼の歌を愛しているが、彼の性格を愛している訳では無い。
これは、歌人に対する最高の讚美でもある。
山頭火しかり、太宰治しかり、若山牧水しかり。

もしどうしても知りたい場合は、『石川啄木歌集全歌鑑賞』を。

Q与謝野晶子 石川啄木 の短歌を口語訳してください

みだれ髪の
「そのこ二十 櫛にながるる 黒髪の おごりの春の うつくしきかな」

石川啄木の
「不来方の お城の草に 寝ころびて 空に吸はれし 十五の心」

この短歌の口語訳を至急教えてください。明日発表しなければいけないので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

その娘は二十歳。くしけずれば烏の濡れ羽のように輝くその黒髪は、青春の誇り高き美しさの象徴だ。

故郷のお城で草原(くさはら)に寝ころんで、あれやこれやと未来のことを夢見ていた十五歳の頃がなつかしい。

Q石川啄木「一握の砂」の英訳

こんにちは。初めて質問させていただきます。

石川啄木の「一握の砂」の中の、

「はたらけど はたらけど 猶わが暮らし 楽にならざり ぢっと手を見る」

という歌のいい英訳がないか、探しています。
英語で労働問題についての文章をかかなければならず、その冒頭のところで、この短歌を英訳したものを使ったらおもしろいんじゃないかなと。。。
もしいい英訳をご存知の方いらっしゃいましたら、ご回答いただければ大変うれしく思います。
参考文献の情報等でも構いません。
何かしら情報いただけると大変有難いです。

石川啄木はもう著作権がきれている人ですし、このように英訳について質問することはマナー違反にはならないのではと考えたため質問させていただきました。
悪意はないのですが、もしこの質問がマナー違反となるようでしたら削除していただいて構いません。。
微妙な質問をして申し訳ありません。。

もしご存知の方いらっしゃいましたら、この歌の英訳について、回答をどうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

(1)ネット上に一つ見つけました。

I toil on and on,
work on and on in earnest,
yet my livelihood can never be easier---
I look steadily at my hands.

(http://72.14.203.104/search?q=cache:Ggyi_M4rnuoJ:www.anna.iwate-pu.ac.jp/~acro-ito/Japanese_Studies_main.html+Handful+of+Sand+Takuboku&hl=ja&gl=jp&ct=clnk&cd=27 の ”JAPANESE LITERATURE of September 2004” )

(2)翻訳も出ているようですね。
(http://blog.livedoor.jp/hisako9618/archives/50169246.html)
(http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0837193184/503-1707925-2021556)

(1)ネット上に一つ見つけました。

I toil on and on,
work on and on in earnest,
yet my livelihood can never be easier---
I look steadily at my hands.

(http://72.14.203.104/search?q=cache:Ggyi_M4rnuoJ:www.anna.iwate-pu.ac.jp/~acro-ito/Japanese_Studies_main.html+Handful+of+Sand+Takuboku&hl=ja&gl=jp&ct=clnk&cd=27 の ”JAPANESE LITERATURE of September 2004” )

(2)翻訳も出ているようですね。
(http://blog.livedoor.jp/hisako9618/archives/50169246.html)
(http:...続きを読む

Q石川啄木の

石川啄木の

百姓の多くは酒をやめしといふ。
もつと困らば、
何をやめるらむ。

の意味が、わからないので教えてください。

Aベストアンサー

 一応、文語(古語)で詠まれた短歌ですから、文語文法の知識が必要ですね。

 「やめし」は、「やむ」(現代語の「やめる」)に、過去の助動詞「き」の連体形がついたものです。

 「といふ」は人から聞いたことを表しますね。(新聞で読んだのかもしれませんが)
 (人から聞いたことを表すには、文語では、現代語の「そうだ」に相当する伝聞の助動詞の「なり」がありますから、それを使って表現する方法もあります。)

 宮沢賢治が「寒サノ夏ハオロオロ歩キ」と詠んだように、啄木の出身地・東北地方は、夏に「やませ」が吹いて冷害になり、不作・凶作がたびたびありました。
 今回は飢饉とまではいかなかったのでしょう。農民たちは収入の減った分、「酒をやめ『た』」だけで済んだのです。
 しかし、飢え死にする人がでるような凶作になれば……。

 「らむ」は基本的に推量の助動詞です。
 推量は現代語では「~だろう」といった言い方で表現します。

 「やめるらむ」は、文語としてはちょっとぎこちない表現と言えますが、まあ、啄木は明治時代の人間ですから、清少納言なんかと同列に扱うのはかわいそうですね。
 
 「らむ」の正確な使い方は、

http://dictionary.goo.ne.jp/ (国語辞書は『大辞林』)

などのネット辞書で検索して調べて見て下さい。

 一応、文語(古語)で詠まれた短歌ですから、文語文法の知識が必要ですね。

 「やめし」は、「やむ」(現代語の「やめる」)に、過去の助動詞「き」の連体形がついたものです。

 「といふ」は人から聞いたことを表しますね。(新聞で読んだのかもしれませんが)
 (人から聞いたことを表すには、文語では、現代語の「そうだ」に相当する伝聞の助動詞の「なり」がありますから、それを使って表現する方法もあります。)

 宮沢賢治が「寒サノ夏ハオロオロ歩キ」と詠んだように、啄木の出身地・東北地方は、...続きを読む

Q一握の砂は、短歌ですか?はたらけど・・・

*5・7・5・7・7でありませんが
*はたらけど
はたらけど猶わが生活楽にならざり
ぢつと手を見る

Aベストアンサー

表記は三行分かち書きですが、拍数からして5・7・5・7・7の短歌形式に則っています。

はたらけど(5)/はたらけどなほ(7)、わがくらし(5)、らくにならざり(7)/ぢ(っ)つとてをみる(7)

Q石川啄木の短歌についてなんですけども・・・。

悲しき玩具に「看護婦の徹夜するまで、 わが病ひ、 わるくなれとも、ひそかに願へる」という短歌があるんですけども、この短歌についてどなたか解説をお願いします!啄木が甘えているのかなと考えているんですけども・・・。

Aベストアンサー

そうですよね。啄木さんは女性好きなのは有名ですしね。
自分が病気であるが故にその方と一緒に入れるなら、もう少し治らなくても良いかなと、その時点では思ったんでしょうけどね☆

Q石川啄木について

啄木の、
 うすみどり/飲めば身体が水のごと透きとほるてふ/薬はなきか
という歌を調べています。「石川啄木記念館」や、「啄木勉強ノート」といったサイトを見ましたがこの歌についての解説はありませんでした。
どうかこの歌について教えてください。

Aベストアンサー

石川啄木の上田博著 石川啄木全歌鑑賞によると
H.G.ウェルズの「透明人間」をモチーフに歌ったものとされておりました。
しかし、1897年(明治30年)に英国で発表されたものが明治43年までに紹介され、日本語訳されていたのか?では「うすみどり」とはどういう意味か?疑問です。
透明人間を読んだことがないので関連は不明です。

ただ確実なのは、啄木25歳の明治43年7月15日~10月13日までの歌稿にあり、同年11月にスバルに「秋のなかばに歌へる」の中で発表されたということだそうです。

いずれにせよ、人から注目される、または非難されたくない、消えてしまいたい心境かと推察いたします。10月には子供も生まれていますし、育てる責任から逃げたかった?かも。
関連があるかどうか不明ですが、同じ一握の砂に
何かひとつ不思議を示し
人みなのおどろくひまに
消えむと思ふ
というのもあります。

Q啄木の短歌解釈

啄木の短歌解釈
「しらじらと氷かがやき千鳥なく 釧路の海の冬の月かな」
この短歌の解釈・出典・作詞時の状況などについて、教えて頂けないでしょうか
啄木の歌集を調べたのですが、この歌が見つからなく困っています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

初出 東京朝日新聞明治43年5月9日「手帳の中より」の五首の一つ

・氷が白く輝き、千鳥が鳴いている、冬のような、釧路の海岸の月夜の後継が思い出される

釧路新聞記者として、明治41年1月から4月まで釧路に住んだ啄木の回想である。渡り鳥の
千鳥は、三月中旬から四月初めに釧路に現れ、3月17日の釧路新聞に
「生まれて初めて千鳥を聞いた」と書き、3月20日と4月4日の日記にも、千鳥に触れている。
情景描写だけでなく、暦の上では春でも、冬としか書きようのない、最果ての釧路の気候風土を、
冬の月かな と歌うところが秀逸である
※なお、この句は、啄木が千鳥の声を聞いた釧路の知人海岸に、
昭和九年、歌碑が建立されている

Q石川啄木の短歌について

石川啄木の短歌
不来方のお城の空に寝ころびて空に吸はれし十五の心
の口語訳と区切り方を教えてください!!

Aベストアンサー

「不来方」は「こずかた」。盛岡の古い呼び名です。
「お城の草に寝転びて」ですね。
盛岡中学の生徒だった啄木は、授業を抜け出しては、城址の
草地に寝転んで、大空を見つめながら青雲の志をはぐくんでいました。
そのころと、貧しく追い詰められたいまの生活との大きな落差。
啄木の胸の痛みがしみじみと伝わってきます。

Q石川啄木の詩の解釈について

今、石川啄木の「悲しき玩具」を読んでいますが、なかなか難しくて分からない状態です。文章自体の意味は特に問題ないのですが、啄木が何を思って、何時、これを書いたのでしょうか?また、作者が読者に何を伝えたいのですか?

教えていただける方がいらっしゃるなら宜しくお願いします。

1.「遊びに出でて子供かへらず、
   取り出して走らせて見る玩具(おもちや)の機関車。」

2.「本を買ひたし、本を買ひたしと、
   あてつけのつもりではなけれど、
      妻に言ひてみる。」

* この詩では、啄木が生活に経済的に苦労していたので、本を買う余裕もなくて、妻にあえてそれ言えなかったように思いますが。。もし、そうであれば、啄木が自分の妻を恐れていたか、また、お互いの仲良さを見せているのか。

お願いします。

Aベストアンサー

課題ですか?
「悲しき玩具」は啄木が26歳で当時難病だった結核で死ぬ2年前から前年ぐらいまでの一年半ほどの間に書かれた短歌をまとめた物です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E5%B7%9D%E5%95%84%E6%9C%A8
↑ウィキペディアですが一応参考になると思うので年表のような物を作って遊んでみてはいかがでしょう。啄木の人生の中でいつの時代なのか、何を思っていたのか想像しやすくなると思います。

啄木は19歳から24歳で東京朝日新聞の校正係の職を得るまでの間に、代用教員二回、新聞記者二回、事務員、歌人、小説家、ライター、借金、をして妻子と失職した父母の生活を背負っていました。

悲しき玩具はこちらで読めますので、一つ二つだけではなく全部を通して読めばストーリーのような物が浮かんできます。
http://www.aozora.gr.jp/cards/000153/files/815_20544.html

1.昼間に自宅で療養して寝ている、 子供はどこか元気に遊びに出たまま帰らない、子供を思い浮かべながらおもちゃの汽車を観ている内に遊ぶでもなくなんとはなしにいじっている自分の所在なさ、将来に対する不安を感じさせる中途半端な時間です。なお啄木の男の子は生まれてすぐ死んでいますので、この頃は女の子しかいないはずです。

2.当てつけのつもりでもないのについ口に出してしまう。そんな自分のさがというか、文学や論壇への情熱のやっかいさ。そして妻へのすまない気持ち。

旅を思ふ夫(をっと)の心!
叱(しか)り、泣く、妻子(つまこ)の心!
朝の食卓!

この歌がすぐ後に続いています。
「叱り」はお金のことかもしれないのですが、体の状態を言っているのかもしれない。まもなく死んでしまうという時に旅を考えている自分、リアルに生を考えている妻、現実そのものである子供。

ひる寝せし児の枕辺(まくらべ)に
人形を買ひ来てかざり、
 ひとり楽しむ。

庭のそとを白き犬ゆけり。
 ふりむきて、
 犬を飼はむと妻にはかれる。

(はかれる→意見を聞く)

「作者が伝えたいもの」というのは必ずあるわけではないと思うのです。身の回りの事実や心の動きを写真やスケッチのように書き記した物から読む者が何かを感じられたら良いのではないでしょうか。

課題ですか?
「悲しき玩具」は啄木が26歳で当時難病だった結核で死ぬ2年前から前年ぐらいまでの一年半ほどの間に書かれた短歌をまとめた物です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E5%B7%9D%E5%95%84%E6%9C%A8
↑ウィキペディアですが一応参考になると思うので年表のような物を作って遊んでみてはいかがでしょう。啄木の人生の中でいつの時代なのか、何を思っていたのか想像しやすくなると思います。

啄木は19歳から24歳で東京朝日新聞の校正係の職を得るまでの間に、代用教員二回、新聞記者二回、事務員...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報