アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

西行法師の有名な歌ですが、この季節になると思い出します。

しかし、それと同時に疑問が湧きます。
「花」は、ほんとに桜なのか?
桜というのが定説のようですが、「旧暦2月15日に桜は咲くのか?梅ではないのか?」という疑問です。

桜が3月中に咲き、卒業の花、別れの花になったのは、ここ十数年くらい、21世紀になってからこと。
20世紀の日本では、桜は4月新学期の花。「桜咲いたら1年生~」でした。

旧暦2月15日は、今年2016年でいえば、3月23日。
暖冬の今年で、やっと開花したかしないか、です。
平安時代は3月下旬に桜が当たり前、ってほどに暖冬だったのか?

しかも、現代日本の開花宣言はソメイヨシノ、江戸時代の花。
西行の頃の桜は山桜。山桜は暖冬でも3月にはほとんど咲きません。
咲くとしたら、河津桜くらいです。平安時代の桜は、河津桜系だったのでしょうか?

西行法師は、願いとおり、如月の望月の頃に亡くなったそうですが、
その日桜は咲いたのか?  とても気になるのです。

彼の願いは、花咲く木の下で死ぬこと。
その花が梅ならば、西行の願いは叶い、満開の花の下、梅の香りに抱かれ、かすかな笑みを浮かべて永遠の旅路に旅立った。その上に、花びらがひらりひらりと舞い落ちる。

でも、もし、桜ならば、葉一枚花ひとつない寒々とした冬木立の下にひっそりと横たわり、その上を肌寒い風が吹き抜ける。ひゅ~るるるう~~

そう思うと、西行が可哀想で涙がでそうになります。
だから、ぜひとも、花は梅であって欲しいのです。

どうして桜が定説になったのか知りませんが、「花は桜木、男は武士よ」とか「朝日に匂うやまさくら花」とかの江戸時代の「花=桜=潔い男」のイメージに結び付けられてできた定説ではないかと、邪推してしまいます。
私は、「西行が潔かった」とも思いませんので、つい邪推してしまうのです。

如月望月の頃の花は、梅ではないんでしょうか?
梅だと思う方はいらっしゃいませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

まあ私はろくな教育も受けてないのに、知ったかぶりで回答するのですが。



「望月の如月」とは、釈迦の入滅(にゅうめつ)の時を指している。西行はお坊さんだから、「お釈迦様と同じ時季に死にたい」と夢見た。
入滅のエピソードは有名で、釈迦は死期を悟り、沙羅双樹の木のたもとに横たわった。そのとき、沙羅双樹は急に季節外れの満開の花をつけ、花びらが釈迦に降り注いだという。釈迦の死とともに急に枯れた。
しかし、日本で沙羅双樹はそこらへんに生えているようなものではないので、西行は桜に代えたのだろう(彼の時代の桜は山桜)。西行は釈迦のように奇跡を起こせないから、たとえ願っても、季節外れの花は咲かない。その切なさ、叶わぬ夢が、この歌の妙趣である。
しかも、旧暦2月15日は今で言ったら3月下旬、山桜は(種類にもよるが)ギリギリで開花直前くらいと思う。その「ギリギリで叶わない」ところが、切なさを弥増(いやま)すのである。

そもそも西行は旅僧であって、「行き倒れ」の無惨な死も覚悟していたはずだ。だからこそ、その対極の美しい臨終を歌に描いた。釈迦と自分がかけ離れていることも、当然意識していた。
ところが、ご質問者は対極ではなく中間で合理化してしまうというか、梅の花と解釈すればいいとおっしゃる。残念ながら、それはこの歌の妙趣を台無しにしてしまう。

回答が長くなるが、付け加えると、季節が移り変わる最大の原因は太陽高度である。その太陽高度の精密な測定に基づくのが太陽暦で、現在の暦(グレゴリオ暦)もそれである。ちなみに、元号を日本独自の暦と威張ってる人もいると思うが、現在では年の数え方が西暦と異なるだけで、中身はグレゴリオ暦である。明治の初めにさっさと旧暦から西洋のまねに乗り換えたのだ。
旧暦とは太陰太陽暦で、純粋な太陰暦ではなく、季節のずれが積もり積もると「閏月(うるうづき)」というのを挿入して修正していた。1年が13カ月になるのだ。つまり、前述のように「旧暦2月15日は今で言ったら3月下旬」とは決まってなくて、年によって変動する。それはご質問者もご存知と見える。ということで、その不安定さも、この歌の切なさを弥増すものであったろう。今のように「3月下旬なら平均の暖かさはこれぐらい」とは言えなかった。
しかも、西行の時代の日本は、暦を作成する能力がまだ不足していた。太陰太陽暦は、月や星座や太陽の精密な観測に基づき、複雑な計算を経て作られる。それが日本でもできるようになったのは江戸時代だった(幕府に天文方という部署があった)。
それまでの日本は中国のまねをして暦を作っていた(百%パクリではなかったけど)。中国は始皇帝以来「皇帝は時を支配する」という伝統があって、天文観測や暦の確定に熱心だった。例えば渾天儀が有名である。というわけで、日本の暦はますます日本の実際の季節とずれていて、何年も先の何月何日の寒暖など予測するのは無理だった。それなのに歌に詠み込んだという切なさが……くどいからもう終わります。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

素晴らしい回答をありがとうございます。

毎年、梅桜の季節になると、西行は満開の花の下で「善きかな善きかな」と微笑みながら死んだのでなければ、可哀想すぎる! と毎年思っていた私が浅はかでした。

回答いただいて、西行の切ない願いがひしひしと胸に迫りました。

そして、春とはいえまだ肌寒い風の吹く如月望月の頃、蕾がほのかに色づいた桜の木の下に身を横たえるのは、西行の本望であったのだ、と思うことができました。

釈迦と同じように死にたい。
しかし、不徳の身には叶わぬ願いである、と知りつつ、それでも願う。

なんという切なさ!
「願わくば」の歌がこれまでより、深く深く胸に響くようになりました。

ありがとうございます。

お礼日時:2016/03/29 20:42

【修正】


前回回答の「沙羅双樹は急に季節外れの満開の花をつけ」から「季節外れの」を削り、「沙羅双樹は急に満開の花をつけ」に修正します。以上。


前回回答後、気になって調べたところ、釈迦の入滅は古代インド暦の第2の月に起きたという。それを、中国仏教において中国旧暦2月15日と言い習わしたようだ。
そこで、古代インド暦と中国旧暦との間にズレはないかを調べると、両者とも太陰太陽暦で、たぶん半月くらいしか違わないらしい。次に、日本旧暦はもともと中国旧暦のまねだから、おおむね違わなかっただろう。
結局、釈迦の入滅は現行のグレゴリオ暦でいうと3月後半から4月の頭くらいではなかったか。なお、釈迦については伝説・伝承がたくさん混じっているとしても、実在の人物ではあったと言われている。
そして、釈迦が入滅したインドのクシナガラの気候であるが、3月から4月なら沙羅双樹が開花するのは季節外れではないかもしれない。もちろん私は行ったこともないし、分からないのだが。

要するに、件(くだん)のエピソードは、「急に満開になり、たちまち散って枯れた」ということであり、「入滅と木の花とがジャストタイミングで連動した」話であろう。一方、西行はそのようにジャストタイミングで自分の死と桜の花とを連動させられない。運が良ければタイミングが掠(かす)ることも、という切ない願望だったのだろう。そのような対比が、この歌の含意(がんい)だと思う。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

再度の回答ありがとうございます。

西行が亡くなった年が今年のように暖冬で、せめて一輪二輪、桜が咲いていたらいいな、と思ってしまいました。

お礼日時:2016/03/29 20:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「願はくは花の下にて春死なむ・・・」の「花」は何の花?

願はくは花の下にて春死なむ その如月の望月のころ

という歌にとても心惹かれるものがあります。
たしか西行法師の作であったと記憶しております。

この歌に出てくる「花」とは何の花なのでしょうか?
今まで何となく桜だと思っていましたが、桜が日本人にとって最も代表的な花となったのは、もっと後の時代ではないでしょうか。西行法師の時代は「花」と言えば梅だったのではないかと思います。

そこで、月齢と旧暦の日付を調べてみたところ、今年は旧暦の2月の満月の日は新暦4月7日(旧暦2月17日、月齢15.36)でした。
となると、「花」はやはり桜なのでしょうか?

もう一つ、質問です。
「花は桜木、人は武士」という言葉が示すように、潔く散る桜を人の死と結びつける思想は、江戸時代の出てきたものと思っていました。しかし、この歌の「花」が桜であるとすれば、西行法師の時代に、すでに、桜を人の死と結びつける思想の源流があったと考えてよいでしょうか?

Aベストアンサー

まず、古文で「花」と出てきたら、奈良時代の一時期を除いて、桜のことと考えてよいと思います。

万葉集でいう「はな」が何を指しているかは、詠まれた数の多さから梅である説、あるいは、当時はまだ貴族社会の一部にしかひろまっていなかったため、桜であるという説など諸説あります。

奈良時代に中国から梅が入ってきた梅は、当時の貴族文化の中では主流になったのですが、外来文化の象徴でもあった梅に対し、古来から生活とともにあり、また民間信仰の対象でもあった桜は、平安時代が進むに連れて、ふたたび主流になっていったようです。
そうして947年には宮中の庭の正面に植えられていた「右近の橘左近の梅」の梅が桜に植え替えられたことなどにもあきらかなように、平安後期以降は、花といえば桜をさすようになります。

ご質問の西行の歌は、1190年のものですから、時期的にも桜であることに間違いはありません。

桜は古来から日本の民間信仰と深く結びついていました。
古事記や日本書紀にも登場する木花咲耶姫(このはなさくやひめ)、この神は春の女神で豊穣をもたらすとされたのですが、桜の木はこの神の依り代とされました。

桜の開花に農作業が始まる時期を知り、その年の開花に作柄を占った。
こうして桜は農作業と深く結びつきつつ、信仰の対象でもあったのです。
桜の大木の下は一種の聖域となり、豊穣を祈るためのさまざまな儀礼や宴が、年中行事となっていき、今日に至るまで続いています。

一方で、桜に対する見方も時代によって少しずつ変わります。
平安末期には無常観とも結びついていき、さらに時代が下れば、能や歌舞伎での異世界や狂気にも通じていく。
質問者さんが上げられている、仮名手本忠臣蔵の詞は確かに江戸時代のものですが、桜はそれよりはるかに古来から、人々の生活に結びついており、それゆえに、さまざまに解釈されてきた歴史があります。

ここらへんの見方の推移は『ねじ曲げられた桜 ― 美意識と軍国主義 ―』(大貫美恵子 岩波書店)に詳しいので、もし興味がおありでしたら、ご一読ください。

ただ、西行のこの歌は、やはり西行個人の信仰と無関係にとらえることはできないでしょう。

>その如月の望月のころ

とは、釈尊が涅槃に入った(亡くなられた)とされる二月十五日のことです。

「これは死に臨んでの作ではない。死を目前にして西行がこう歌ったのではない。…しかしおそらく六十歳代の半ばごろ、死もいつかはやって来る、もうそれほど遠くはないかもしれぬと思うにいたった老西行が、おのれの死をこういう言葉で表現し、こういう情景の中に見つめ、希求していたことは間違いなく読みとりうるのである」(『西行』高橋英夫 岩波新書)

この本は、西行の生涯だけでなく、さまざまな西行伝説や、西行と芭蕉の関わりなどにもふれられていて、大変おもしろかったです。

以上、なんらかの参考になれば幸いです。

まず、古文で「花」と出てきたら、奈良時代の一時期を除いて、桜のことと考えてよいと思います。

万葉集でいう「はな」が何を指しているかは、詠まれた数の多さから梅である説、あるいは、当時はまだ貴族社会の一部にしかひろまっていなかったため、桜であるという説など諸説あります。

奈良時代に中国から梅が入ってきた梅は、当時の貴族文化の中では主流になったのですが、外来文化の象徴でもあった梅に対し、古来から生活とともにあり、また民間信仰の対象でもあった桜は、平安時代が進むに連れて、ふた...続きを読む

Q願わくば花の下にて・・・西行

西行法師の歌として、下記の2つをHPで見つけました。どちらが正しいのでしょうか。

1願わくば花の下にて春死なむこの望月の如月のころ

2願わくば花の下にて我死なむそのきさらぎの望月の頃

Aベストアンサー

 真理は中間にありのようです。
ねかはくは/はなのもとにて/春しなん/そのきさらきの/望月の比
(続古今和歌集巻第十七/雑歌上/花歌中に/西行法師)
国文学研究資料館の21代集検索を参照してください。
http://asuka.nijl.ac.jp/xml/genpon/waka21.html

参考URL:http://asuka.nijl.ac.jp/xml/genpon/waka21.html

Q桜を詠んだ短歌・俳句を教えて下さい。

いい季節ですね。
桜を詠んだ短歌・俳句はたくさんありますが
古典として有名なもの、また皆さんのお気に入りなどを教えてください。
超有名な歌でも 結構うろ覚えだったりしますので、ぜひこの機会にちゃんと覚えたいのです。よろしく。。。

Aベストアンサー

情景の美しさでは次の2つが気に入っています。

  ひさかたの光のどけき春の日にしづ心なく花の散るらむ (紀友則)
  山里の春の夕暮れ来てみれば入相の鐘に花ぞ散りける (能因法師)

西行には花の歌が山ほどありますが,このちょっと皮肉な歌が好きです。

  花見にと群れつつ人の来るのみぞ あたら桜のとがにぞありける

参考URL:http://www.wombat.or.jp/arumukos/unnk/unncssry/prl.html

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Q「 沙羅双樹の花の色 」は何故「盛者必衰の理」なのか?

平家物語の冒頭で、
 祇園精舎の鐘の声
 諸行無常の響きあり
 沙羅双樹の花の色
 盛者必衰の理をあらわす
があります。

どうして「沙羅双樹の花の色 」が
「盛者必衰の理」をあらわすのでしょうか?
沙羅双樹の花は日本とインドで違うようですが、
ここでの花はどちらでしょうか?
↓ココのサイトによると
http://blog.livedoor.jp/rakutabi/archives/24721929.html
沙羅双樹の花は仏陀入寂のときに散った白い花だそうです。
でも花の色は変らず、変ったのは幹の色とのこと。
仏陀入滅=盛者必衰と結びつけるのも無理があるように思います。

どなたか説明していただけないでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。。

 仏滅の際、沙羅双樹がどうなったかは、複数の異なった様子が伝わっていて、一定しないようです。(原典を読んだわけではないので、詳しくはわからないですが・・・)
 手近な資料から見てみたので、わかりにくいですが・・・(自分もよくわかっていません。すみません。)

 釈尊が沙羅林に横たわった際、季節外れに花が咲き、散って釈尊の身を供養した。

 釈尊が横たわったところの東西南北に各一対の沙羅の木があり、入滅と同時に東西の二双と南北の二双が合わさって、それぞれ一樹となり、釈尊を覆った。
 このとき、木の幹が白変し、白鶴のような姿になった。(「鶴林」「鶴樹」という言葉の由来)

 この計8本の沙羅の木のうち、四方の双樹のそれぞれ一本は枯れて一本は繁茂した。(四方で一本ずつ残った)これを「四枯四栄」という・・・
 
 四枯四栄は、誤った8種のモノの見方、(凡夫が俗世間を誤った見方で見ることが「四栄」、大乗仏教以前の仏教徒が涅槃を誤った見方で見ることが「四枯」)正しい8種のモノの見方(大乗以前の仏教徒が俗世間を正しい見方で見ることが「四枯」、大乗菩薩が涅槃を正しく見ることが「四栄」)という二重の喩えになっている、そして、一方が枯れ、一方が繁茂した中で涅槃されたということは、枯れ(衰)も栄え(盛)もしない涅槃そのものを表しているとされています。

 沙羅双樹の花の色→盛者必衰というのは、双樹の片方が枯れ、片方が栄えたことか・・・?
 十分な説明になっていなくて申し訳ないですが、自分のわかる範囲ではこういうところです。では。
 
 

こんにちは。。

 仏滅の際、沙羅双樹がどうなったかは、複数の異なった様子が伝わっていて、一定しないようです。(原典を読んだわけではないので、詳しくはわからないですが・・・)
 手近な資料から見てみたので、わかりにくいですが・・・(自分もよくわかっていません。すみません。)

 釈尊が沙羅林に横たわった際、季節外れに花が咲き、散って釈尊の身を供養した。

 釈尊が横たわったところの東西南北に各一対の沙羅の木があり、入滅と同時に東西の二双と南北の二双が合わさって、それぞれ一...続きを読む

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む

Q顔が左右にこまかく揺れる

最近、妻(54歳)が会話の時タイトルの様な症状が出ます。それ以外の時は無いように思います。本人は気付いていないようです。また手や足が震えるなど他の症状はありません。ただ、疲れたり睡眠不足のときは目まいがあるようです。このような症状をご存知の方いらっしゃいましたらよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

おはようございます。

ちょっと前にも似たような症状を心配なさっていた方の質問がありまして、よく覚えていたのでURL載せておきますね☆
けっこうこういう症状の方も多いみたいで、細木数子さんもそうみたいです。

でも人によりけりですから、いちおは病院にかかられることをお勧めいたします。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1366475

Qイデオロギーって何ですか???

イデオロギーとはどんな意味なんですか。
広辞苑などで調べてみたのですが、意味が分かりません。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオロギ-には賛成・反対といった概念がないのです。

例えば、環境破壊は一般的に「やってはいけない事」という一定の考えに
組織されています。つまりみんなが根本的な共通の考え(やってはいけない事)として組織されているもの、これがイデオロギ-なんです。
しかし、社会的立場によってはその「やってはいけない事」を美化して
公共事業と称して環境破壊をする人達もいますけど。
ここでイデオロギ-という概念に対して色んな論説が出てくるわけです。
一応これは一つの例ですけど。

というかこれくらいしか説明の仕様がないですよ~~・・。
こういう抽象的な事はあまり難しく考えるとそれこそ分からなくなりますよ。
この説明で理解してくれると思いますけどね。

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオ...続きを読む

Q芭蕉の桜の句

お世話になってます。
今度は俳句の背景について、また教えてください。
松尾芭蕉が伊賀上野で詠んだらしいのですが、

さまざまなこと思い出す桜かな

という一句です。

茶道の師匠に教わり、確か「同じように見える桜も毎年違う花をつけ、自分も桜を見るたびにいろいろな思い出がよみがえる」というような意味だったと思います。でもこれ、かなりうろ覚えなので、この歌の詠まれた背景を詳しくご存知の方いましたら、教えてください。
ちなみに、伊賀の方では、この歌にちなんだ干菓子(桜型の軽いおせんべいのような)もあるそうです。「さまざま桜」とかいう名前で…

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

正しくは、
「さまざまの事おもひ出す桜かな」
です。

伊賀上野は現在の三重県上野市で、芭蕉の生まれ育った地です。
芭蕉が中年になり、江戸から伊賀上野へ帰ったところ、旧藩主の下屋敷に招かれて数十年ぶりに花見をしたところ、辺り一面が昔のままで、花を見るや昔の色んな事を思い出し、感慨無量の気持ちを詠んだとされます。
この旧藩主というのが藤堂良忠という人で、俳人でもあり、芭蕉の若いころから交流がありました。この時はすでに病死していて、藤堂良忠の子・良長がこの花見を催した人とされています。

この歌にちなんだお菓子があるのは知りませんでした。
調べて見ると紅梅屋というところが販売しています。
参考URLをどうぞ。

参考URL:http://www.koubaiya.com/contents/contents_frame.htm

Q桜は、開花してから散るまで何日くらいですか?

お花見に行きたい季節になってきました。
東京の桜の開花は3月21日だそうですが、桜は開花してからどのくらいの期間咲いていて、満開や見頃は、開花からどの位の日数なのですか?

Aベストアンサー

1週間で満開です。完全に鼻がなくなるまでにはそれから10日くらいです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報