西行法師の有名な歌ですが、この季節になると思い出します。

しかし、それと同時に疑問が湧きます。
「花」は、ほんとに桜なのか?
桜というのが定説のようですが、「旧暦2月15日に桜は咲くのか?梅ではないのか?」という疑問です。

桜が3月中に咲き、卒業の花、別れの花になったのは、ここ十数年くらい、21世紀になってからこと。
20世紀の日本では、桜は4月新学期の花。「桜咲いたら1年生~」でした。

旧暦2月15日は、今年2016年でいえば、3月23日。
暖冬の今年で、やっと開花したかしないか、です。
平安時代は3月下旬に桜が当たり前、ってほどに暖冬だったのか?

しかも、現代日本の開花宣言はソメイヨシノ、江戸時代の花。
西行の頃の桜は山桜。山桜は暖冬でも3月にはほとんど咲きません。
咲くとしたら、河津桜くらいです。平安時代の桜は、河津桜系だったのでしょうか?

西行法師は、願いとおり、如月の望月の頃に亡くなったそうですが、
その日桜は咲いたのか?  とても気になるのです。

彼の願いは、花咲く木の下で死ぬこと。
その花が梅ならば、西行の願いは叶い、満開の花の下、梅の香りに抱かれ、かすかな笑みを浮かべて永遠の旅路に旅立った。その上に、花びらがひらりひらりと舞い落ちる。

でも、もし、桜ならば、葉一枚花ひとつない寒々とした冬木立の下にひっそりと横たわり、その上を肌寒い風が吹き抜ける。ひゅ~るるるう~~

そう思うと、西行が可哀想で涙がでそうになります。
だから、ぜひとも、花は梅であって欲しいのです。

どうして桜が定説になったのか知りませんが、「花は桜木、男は武士よ」とか「朝日に匂うやまさくら花」とかの江戸時代の「花=桜=潔い男」のイメージに結び付けられてできた定説ではないかと、邪推してしまいます。
私は、「西行が潔かった」とも思いませんので、つい邪推してしまうのです。

如月望月の頃の花は、梅ではないんでしょうか?
梅だと思う方はいらっしゃいませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

まあ私はろくな教育も受けてないのに、知ったかぶりで回答するのですが。



「望月の如月」とは、釈迦の入滅(にゅうめつ)の時を指している。西行はお坊さんだから、「お釈迦様と同じ時季に死にたい」と夢見た。
入滅のエピソードは有名で、釈迦は死期を悟り、沙羅双樹の木のたもとに横たわった。そのとき、沙羅双樹は急に季節外れの満開の花をつけ、花びらが釈迦に降り注いだという。釈迦の死とともに急に枯れた。
しかし、日本で沙羅双樹はそこらへんに生えているようなものではないので、西行は桜に代えたのだろう(彼の時代の桜は山桜)。西行は釈迦のように奇跡を起こせないから、たとえ願っても、季節外れの花は咲かない。その切なさ、叶わぬ夢が、この歌の妙趣である。
しかも、旧暦2月15日は今で言ったら3月下旬、山桜は(種類にもよるが)ギリギリで開花直前くらいと思う。その「ギリギリで叶わない」ところが、切なさを弥増(いやま)すのである。

そもそも西行は旅僧であって、「行き倒れ」の無惨な死も覚悟していたはずだ。だからこそ、その対極の美しい臨終を歌に描いた。釈迦と自分がかけ離れていることも、当然意識していた。
ところが、ご質問者は対極ではなく中間で合理化してしまうというか、梅の花と解釈すればいいとおっしゃる。残念ながら、それはこの歌の妙趣を台無しにしてしまう。

回答が長くなるが、付け加えると、季節が移り変わる最大の原因は太陽高度である。その太陽高度の精密な測定に基づくのが太陽暦で、現在の暦(グレゴリオ暦)もそれである。ちなみに、元号を日本独自の暦と威張ってる人もいると思うが、現在では年の数え方が西暦と異なるだけで、中身はグレゴリオ暦である。明治の初めにさっさと旧暦から西洋のまねに乗り換えたのだ。
旧暦とは太陰太陽暦で、純粋な太陰暦ではなく、季節のずれが積もり積もると「閏月(うるうづき)」というのを挿入して修正していた。1年が13カ月になるのだ。つまり、前述のように「旧暦2月15日は今で言ったら3月下旬」とは決まってなくて、年によって変動する。それはご質問者もご存知と見える。ということで、その不安定さも、この歌の切なさを弥増すものであったろう。今のように「3月下旬なら平均の暖かさはこれぐらい」とは言えなかった。
しかも、西行の時代の日本は、暦を作成する能力がまだ不足していた。太陰太陽暦は、月や星座や太陽の精密な観測に基づき、複雑な計算を経て作られる。それが日本でもできるようになったのは江戸時代だった(幕府に天文方という部署があった)。
それまでの日本は中国のまねをして暦を作っていた(百%パクリではなかったけど)。中国は始皇帝以来「皇帝は時を支配する」という伝統があって、天文観測や暦の確定に熱心だった。例えば渾天儀が有名である。というわけで、日本の暦はますます日本の実際の季節とずれていて、何年も先の何月何日の寒暖など予測するのは無理だった。それなのに歌に詠み込んだという切なさが……くどいからもう終わります。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

素晴らしい回答をありがとうございます。

毎年、梅桜の季節になると、西行は満開の花の下で「善きかな善きかな」と微笑みながら死んだのでなければ、可哀想すぎる! と毎年思っていた私が浅はかでした。

回答いただいて、西行の切ない願いがひしひしと胸に迫りました。

そして、春とはいえまだ肌寒い風の吹く如月望月の頃、蕾がほのかに色づいた桜の木の下に身を横たえるのは、西行の本望であったのだ、と思うことができました。

釈迦と同じように死にたい。
しかし、不徳の身には叶わぬ願いである、と知りつつ、それでも願う。

なんという切なさ!
「願わくば」の歌がこれまでより、深く深く胸に響くようになりました。

ありがとうございます。

お礼日時:2016/03/29 20:42

【修正】


前回回答の「沙羅双樹は急に季節外れの満開の花をつけ」から「季節外れの」を削り、「沙羅双樹は急に満開の花をつけ」に修正します。以上。


前回回答後、気になって調べたところ、釈迦の入滅は古代インド暦の第2の月に起きたという。それを、中国仏教において中国旧暦2月15日と言い習わしたようだ。
そこで、古代インド暦と中国旧暦との間にズレはないかを調べると、両者とも太陰太陽暦で、たぶん半月くらいしか違わないらしい。次に、日本旧暦はもともと中国旧暦のまねだから、おおむね違わなかっただろう。
結局、釈迦の入滅は現行のグレゴリオ暦でいうと3月後半から4月の頭くらいではなかったか。なお、釈迦については伝説・伝承がたくさん混じっているとしても、実在の人物ではあったと言われている。
そして、釈迦が入滅したインドのクシナガラの気候であるが、3月から4月なら沙羅双樹が開花するのは季節外れではないかもしれない。もちろん私は行ったこともないし、分からないのだが。

要するに、件(くだん)のエピソードは、「急に満開になり、たちまち散って枯れた」ということであり、「入滅と木の花とがジャストタイミングで連動した」話であろう。一方、西行はそのようにジャストタイミングで自分の死と桜の花とを連動させられない。運が良ければタイミングが掠(かす)ることも、という切ない願望だったのだろう。そのような対比が、この歌の含意(がんい)だと思う。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

再度の回答ありがとうございます。

西行が亡くなった年が今年のように暖冬で、せめて一輪二輪、桜が咲いていたらいいな、と思ってしまいました。

お礼日時:2016/03/29 20:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q七段花は、花の図鑑に載っているものでしょうか?

講談社の「四季の花色大図鑑」という本を購入したのですが、
ヤマアジサイは載っていても、七段花は載っていませんでした。
他の図鑑には載っているでしょうか?探しています。

Aベストアンサー

本に載っていない園芸植物は多数あります。
理由としては
1.最近日本に紹介されて入って来たもの。
 南米やアフリカ南部が原産地のもの。
 ユーラシア大陸奥地や寒冷地のもの。
 中国雲南省や東南アジアの高地のものなど。
2.熱帯地域のもの。
 日本の一般地域では温室が必需なもの。
3.最近改良された品種。
 すごく特徴のある品種でもまだ一般化していない。

特に最近の品種は間に合わないので、図鑑よりインターネットの方が有利です。

wikiからアジサイ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%B5%E3%82%A4
ヤサシイエンゲイからアジサイ
http://www.yasashi.info/a_00010.htm
共に七段花がヤマアジサイの代表的な品種として載っています。
形でいうとガクアジサイにも似た品種がいくつか出ています。

品種登録の検索
http://www.hinsyu.maff.go.jp/vips2/cmm/apCMM110.aspx?MOSS=1
メニューの検索対象は 出願公表は申請中、品種登録は登録済
農林水産植物の種類の入力はひらがなで。

関係するサイトで谷田部園芸
http://yatabe-engei.com/yt01.shtml

余談ですが、検索キーワード:ミセスクミコ 坂本
名前の由来などが出てきます。

本に載っていない園芸植物は多数あります。
理由としては
1.最近日本に紹介されて入って来たもの。
 南米やアフリカ南部が原産地のもの。
 ユーラシア大陸奥地や寒冷地のもの。
 中国雲南省や東南アジアの高地のものなど。
2.熱帯地域のもの。
 日本の一般地域では温室が必需なもの。
3.最近改良された品種。
 すごく特徴のある品種でもまだ一般化していない。

特に最近の品種は間に合わないので、図鑑よりインターネットの方が有利です。

wikiからアジサイ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%...続きを読む

Q西行法師の歌集(現代語訳つき)を探しています。

メインは山家集になるかと思います。
古今和歌集にも多く含まれていると聞きました。
これらの、訳されたものも一緒に載っている本を探しています。
近くの本屋になかなかなく、また、ネット書店では中まで分からないので…

自分できちんと意味が取れればいいのですが、どうにも古文から離れて○年(二桁)、意味を捕らえ違えていない自信がありません。
辞書と首っ引きでもどうも…(雲居が宮中の隠語なんて分かりませんでした!)

できる限り自分で読みつつ、でも間違えていないよな~という確認をしたいので、
訳つきの本を探しています。
できればたくさん載っているものがありがたいですが、
…できれば安いもので…(2万、とかは…できれば高くても2~3,000だとありがたいです…)

今手元にあるのは、岩波新書の「西行」です。

また、参考にするによいサイトもご存知でしたら教えていただけると幸いです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

取り敢えず「山家集」だけでも、訳注付です。
http://www.shinchosha.co.jp/book/620349/
このシリーズ「古今集」も入っている筈です。
ご参考にならば幸甚です。

Q公園で見かけた花です。花図鑑で調べてみましたが分りません。どなたかご存

公園で見かけた花です。花図鑑で調べてみましたが分りません。どなたかご存知ありませんか?

Aベストアンサー

たぶんセイヨウヤマゴボウです。ヨウシュヤマゴボウ・アメリカヤマゴボウ等

Q「願はくは花の下にて春死なむ・・・」の「花」は何の花?

願はくは花の下にて春死なむ その如月の望月のころ

という歌にとても心惹かれるものがあります。
たしか西行法師の作であったと記憶しております。

この歌に出てくる「花」とは何の花なのでしょうか?
今まで何となく桜だと思っていましたが、桜が日本人にとって最も代表的な花となったのは、もっと後の時代ではないでしょうか。西行法師の時代は「花」と言えば梅だったのではないかと思います。

そこで、月齢と旧暦の日付を調べてみたところ、今年は旧暦の2月の満月の日は新暦4月7日(旧暦2月17日、月齢15.36)でした。
となると、「花」はやはり桜なのでしょうか?

もう一つ、質問です。
「花は桜木、人は武士」という言葉が示すように、潔く散る桜を人の死と結びつける思想は、江戸時代の出てきたものと思っていました。しかし、この歌の「花」が桜であるとすれば、西行法師の時代に、すでに、桜を人の死と結びつける思想の源流があったと考えてよいでしょうか?

Aベストアンサー

まず、古文で「花」と出てきたら、奈良時代の一時期を除いて、桜のことと考えてよいと思います。

万葉集でいう「はな」が何を指しているかは、詠まれた数の多さから梅である説、あるいは、当時はまだ貴族社会の一部にしかひろまっていなかったため、桜であるという説など諸説あります。

奈良時代に中国から梅が入ってきた梅は、当時の貴族文化の中では主流になったのですが、外来文化の象徴でもあった梅に対し、古来から生活とともにあり、また民間信仰の対象でもあった桜は、平安時代が進むに連れて、ふたたび主流になっていったようです。
そうして947年には宮中の庭の正面に植えられていた「右近の橘左近の梅」の梅が桜に植え替えられたことなどにもあきらかなように、平安後期以降は、花といえば桜をさすようになります。

ご質問の西行の歌は、1190年のものですから、時期的にも桜であることに間違いはありません。

桜は古来から日本の民間信仰と深く結びついていました。
古事記や日本書紀にも登場する木花咲耶姫(このはなさくやひめ)、この神は春の女神で豊穣をもたらすとされたのですが、桜の木はこの神の依り代とされました。

桜の開花に農作業が始まる時期を知り、その年の開花に作柄を占った。
こうして桜は農作業と深く結びつきつつ、信仰の対象でもあったのです。
桜の大木の下は一種の聖域となり、豊穣を祈るためのさまざまな儀礼や宴が、年中行事となっていき、今日に至るまで続いています。

一方で、桜に対する見方も時代によって少しずつ変わります。
平安末期には無常観とも結びついていき、さらに時代が下れば、能や歌舞伎での異世界や狂気にも通じていく。
質問者さんが上げられている、仮名手本忠臣蔵の詞は確かに江戸時代のものですが、桜はそれよりはるかに古来から、人々の生活に結びついており、それゆえに、さまざまに解釈されてきた歴史があります。

ここらへんの見方の推移は『ねじ曲げられた桜 ― 美意識と軍国主義 ―』(大貫美恵子 岩波書店)に詳しいので、もし興味がおありでしたら、ご一読ください。

ただ、西行のこの歌は、やはり西行個人の信仰と無関係にとらえることはできないでしょう。

>その如月の望月のころ

とは、釈尊が涅槃に入った(亡くなられた)とされる二月十五日のことです。

「これは死に臨んでの作ではない。死を目前にして西行がこう歌ったのではない。…しかしおそらく六十歳代の半ばごろ、死もいつかはやって来る、もうそれほど遠くはないかもしれぬと思うにいたった老西行が、おのれの死をこういう言葉で表現し、こういう情景の中に見つめ、希求していたことは間違いなく読みとりうるのである」(『西行』高橋英夫 岩波新書)

この本は、西行の生涯だけでなく、さまざまな西行伝説や、西行と芭蕉の関わりなどにもふれられていて、大変おもしろかったです。

以上、なんらかの参考になれば幸いです。

まず、古文で「花」と出てきたら、奈良時代の一時期を除いて、桜のことと考えてよいと思います。

万葉集でいう「はな」が何を指しているかは、詠まれた数の多さから梅である説、あるいは、当時はまだ貴族社会の一部にしかひろまっていなかったため、桜であるという説など諸説あります。

奈良時代に中国から梅が入ってきた梅は、当時の貴族文化の中では主流になったのですが、外来文化の象徴でもあった梅に対し、古来から生活とともにあり、また民間信仰の対象でもあった桜は、平安時代が進むに連れて、ふた...続きを読む

Q近くの公園で見かけた、直径5mm位のかわいい花、図鑑では直ぐにわかりま

近くの公園で見かけた、直径5mm位のかわいい花、図鑑では直ぐにわかりません。
花の名前をお教えください。

また、花の名前を相談できるいいサイトあったらあわせて教えてください。

Aベストアンサー

オオイヌノフグリですかね。

Q風通ふ寝覚めの袖の花の香にかをる枕の春の夜の夢、はどのような歌なのでしょうか?

新古今和歌集、藤原俊成女による、
「風通ふ寝覚めの袖の花の香にかをる枕の春の夜の夢」
の鑑賞をどのようにしたらよいか分からないのですが、
誰か分かる方、いらっしゃいませんか。
俊成女についても教えてくださると嬉しいです。

調べて現代語訳は分かっています。
[訳]
夜明けの風が部屋の中に吹いてきて、
ふと目覚めた私の袖が花の香に薫る。
そして、花の香りが漂う枕で見ていた、はかない春の夜の夢よ。

どのような情景でこの歌が詠まれたのでしょうか?
回答お願いします

Aベストアンサー

蛇足ですが、新古今和歌集を勉強しているので。
まず「の」の数を数えてみてください。3・3の6個もありますね。調子を整える新古今調と言われております。

次に春の夜の夢。訳で記されたとおり儚い夢となりますね。

本説(歌を作る際に参考としたもの)は、和漢朗詠集 蘭 橘直幹の
夢断、燕姫暁枕薫
と新体系(岩波書店)は言っております。
またおそらく参考としたとするのが、通親亭影供歌合 藤原俊成の
梅が香になれぬる袖を片敷けば夢も昔の春の夜の夢
と秋篠月清集 藤原良経の
軒近き梅の梢の風すぎて匂ひにさむる春の夜の夢
と作者別年代順新古今和歌集(笠間叢書)と言っております。
俊成卿女は、歌を作るときには、いろんな歌集(伊勢、源氏、古今など)を繰り返し読んで、自分の周りに散らかして、火を灯して静かに作っていたと鴨長明の無名抄は伝えております。従って、彼女の歌の本歌・本説・参考歌は、解説本によって違ったり、訳も全く違っていたりします。三十一文字以上の広がりがあると全集(諸学館)では記しておりました。

花→風→袖→枕と香が移っていく様を表していると思います。

千五百番歌合 春二 百二十番で私も花は梅と思いますが、各解説本、新古今和歌集巻第二とも桜としております。
桜は、匂いは少なく、圧倒的に梅なのですが。
俊成卿女の歌は、印象派の絵画を見るような、ピカソの絵を見るような分かりにくいという印象です。

蛇足ですが、新古今和歌集を勉強しているので。
まず「の」の数を数えてみてください。3・3の6個もありますね。調子を整える新古今調と言われております。

次に春の夜の夢。訳で記されたとおり儚い夢となりますね。

本説(歌を作る際に参考としたもの)は、和漢朗詠集 蘭 橘直幹の
夢断、燕姫暁枕薫
と新体系(岩波書店)は言っております。
またおそらく参考としたとするのが、通親亭影供歌合 藤原俊成の
梅が香になれぬる袖を片敷けば夢も昔の春の夜の夢
と秋篠月清集 藤原良経の
軒近き梅...続きを読む

Qお薦めの花の図鑑を教えてください

カラーB5判位までで、携帯のできる、花や樹木の図鑑
またはハンドブックでお薦めの本を教えてください。
書店には、その手の本が余にも多くて、かといって帯に
短したすきに長しで迷ってしまいます。
金額は2千円位まででお願いします。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

山と渓谷社さんの図鑑は、写真がきれいでいいですよ。
詳しく調べたい時には山渓ハンディ図鑑「野に咲く花」「山に咲く花」が好きです。でもこれは草本だけです。同じシリーズで「樹に咲く花」がありますが、これは3冊のシリーズで、全部持ち歩くにはかなり重たいです。

簡単に身近なものだけ分かればいいのであれば、「ヤマケイポケットガイド」シリーズでしょうか。これも「野の花」「山の花」のようにいくつかの分野に分かれていますが。

行く地域が限られているのであれば、ビジターセンターなどで売っている地域限定版もいいですよ。そこでしかみられないような貴重な植物の情報が載っていたりします。

樹木限定で詳しく検索したい時には、「葉でわかる樹木」信濃毎日新聞社 が検索図鑑としては使いやすいと思います。写真はヤマケイさんには負けますけれど。

図鑑にもビギナー向けで、種類数が少ないものからプロ?でも使える詳しい(ほとんど何でものっている)ものまであるので、自分の知りたい情報に合わせて選んでみてはいかがでしょうか。
ビギナーさんだったら、種類数が少ない図鑑がいいと思います。すこし練習して、植物の形をみて科や属の検討がつくようになったら、詳しい図鑑にステップアップするとよいですよ。種類数ばかりおおい図鑑を見ても、当てずっぽうで図鑑をめくって名前を調べるだけですごく時間がかかってしまいます。植物の形をみて科や属の検討がつくようになれば、そこだけを調べれば良いので検索の時間が少なくなります。

ながながと書いてしまいました。お役に立てたでしょうか。

山と渓谷社さんの図鑑は、写真がきれいでいいですよ。
詳しく調べたい時には山渓ハンディ図鑑「野に咲く花」「山に咲く花」が好きです。でもこれは草本だけです。同じシリーズで「樹に咲く花」がありますが、これは3冊のシリーズで、全部持ち歩くにはかなり重たいです。

簡単に身近なものだけ分かればいいのであれば、「ヤマケイポケットガイド」シリーズでしょうか。これも「野の花」「山の花」のようにいくつかの分野に分かれていますが。

行く地域が限られているのであれば、ビジターセンターなどで売...続きを読む

Q一寸法師は何故「法師」

法師ってお坊さんですよね。
「一寸小僧」でも「一寸侍」でも「一寸太郎」でも良いと思うけど、なんで「法師」なんですか?

Aベストアンサー

ほふし【法師】(「ほうし」、「ほっし」とも) (4)ある語に添えて「人」の意を表す。「影法師」「一寸法師」など。(小学館「古語大辞典」)
一寸(3cm)の「ちび」を強調するために擬人法として「小人」を言い換えた表現形式のようです。

この反対語は、富士山を一夜で作った大巨人の方も、「大太法師(だいだほうし/だいだらぼっち)」でしょうね。
起き上がり小法師(こぼし)、刈り法師(馬のたてがみを短く切った様)、つくつく法師(ぼーし)、痩せ法師、弱(よろ)法師など、皆どこかしら擬人法交じりでの言葉遊び心が感じられます。

Q6月の上旬、那須で見かけた花なんですが、植物図鑑などで色々調べたのですが、なかなかピタリとするものが

6月の上旬、那須で見かけた花なんですが、植物図鑑などで色々調べたのですが、なかなかピタリとするものがありません。ご存知の方がいらしたら教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「冬知らず」カレンジュラでしょう。
うちにもあります。
お花に似合わない変わった形の種ができます。
http://hanasuzu1974.blog.so-net.ne.jp/2008-10-10-9

Q「一寸法師」はなぜ「法師」??

近頃子供に絵本を読んでいて気になったのですが、
「一寸法師」は坊様ではなくお侍さんなのに
なぜ「法師」なのでしょう??
どなたか知っていたら教えて下さい。

Aベストアンサー

http://plus.hangame.co.jp/browse/db_detail.php?dir_id=110501&docid=30026&l_url=aHR0cDovL3BsdXMubmF2ZXIuY28uanAvbGlzdC9kaXJfbGlzdF9kYi5waHA/ZGlyX2lkPTExMDUwMSZsX3NvcnQ9JmxfYWQ9JnBhZ2U9NQ==

上の長いアドレスです(回答)

自分はてっきり鬼退治だからお坊さん、、法師と
付いてたんだろうとずっと思ってました
最近で言うなら陰陽師ですか、
違ったんですね、、
参考になった質問でしたので書き込み


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング