キャノンコネクタのついた、平衡ケーブルのコンデンサマイクへのファントム電源供給方法をご存知の方いらっしゃいませんでしょうか。
電源電圧は45V程度ということらしいのですが、供給ピン名とその方法、負荷抵抗の有無など。
管楽器用のコンタクトマイクです。できれば腰のベルトに電源と音量調節ごとクリップどめして使用したいので、最低動作電圧などの情報もあれば。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

前回の回答へのRESを拝見して気が付いたのですが....



平衡ケーブルでは、
1ピンはシグナルグランドではなく、フレームグランドです。
また、音量調節をする場合は
平衡型の調節器が必要です。
秋葉原のトモカ電気あたりで売っていますが、
電源は平衡型VRよりもマイク寄りからしか入れられません。
また、電源供給部(抵抗)と平衡型VRの間にはコンデンサが必要です。
気をつけて下さい。

ケーブルのマイク側でキャノンの1ピンと3ピンをつないでしまって、
不平衡マイクとして使った方が、SLEEPさんの例では良いかもしれません。

この場合、VRは普通の回路と同じように入れることができます

     電源供給ポイント
.................↓  
...MIC 2--------||--3..VR...2------出力
......... 3---*  
........ 1---*--------------1---------GND

(...は、空白の代わりです。読みにくいですが、
       ここでは空白は詰められてしまうので入れました)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ていねいな解説までいただきまして、ありがとうございました。
現在ダイナミックマイク用に平衡用ボリューム(2連)を使ってパッシブのものを作ったのですが、コンデンサマイクにも対応する必要がでてきたわけです。
トランスも入手してきたので、コンデンサと組み合わせて電源供給し、不平衡側にボリュームをいれてみることとします。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/05/01 12:26

マイク名が書いてありませんが、日本仕様のもの


(ヨーロッパメーカーでも、普通は同じ)

2ピンに10kΩの抵抗を介して48Vを
3ピンに0v(つまりマイナス側)  とします。
抵抗は絶対に忘れないで下さい。
現実には、48Vを得るのは大変だと思います。
ほとんどのマイクロフォンでは、電源9V、抵抗2.2KΩでも
動作しますが、抵抗値が低いので感度が多少
低下する場合があります。
でも、こちらで歪まなければこの方が使いやすいはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ということは1ピンのシグナルグランドからは、電源は完全に浮いているわけですね。
早速ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/01 01:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアコースティックギターのピックアップマイクへの電源供給方法

アコースティックギターのピックアップマイクへの電源供給方法

趣味でギターやウクレレを弾いております。
演奏した音を録音したいと思いいくつかサイトをみながら、そのサイトそのままの回路通りに作ったところ録音は出来るようになりました。
そこで楽器のエンドピン周辺を加工して、ピックアップマイク(回路)を楽器に組み込みたいと思うのですが、電源はバッテリーボックスとして外に出したいと思います。
それを前提に質問になります。
現在+-9V(006Px2)でオペアンプを使用して駆動しているのですが、3極のフォーンケーブルからエンドピンジャックを介して+9V、-9V、0V(GND)を送ってもいいものでしょうか。
安全、高音質、楽器部の回路をコンパクト、安価の優先順位で良い方法を教えて頂けないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

個人的には、3極プラグでの給電は勧めません。
No.1の方のご回答のように、抜けにくく頑丈で、給電用途に使われる事も前提の端子に改造するなら話は別ですが、エンドピン型の端子に固執するなら(それはわかる)フォンタイプしか無いでしょうから、あんまりよろしくないです。

理由は、電流量や接触抵抗がどうこうではなくて、単純に「抜き差し時に端子間がショートするから」です。それと、かなり端子(エンドピン側)のコンディションには気を使っておかないと、シールドが引っ張られたりプラグが何かに触れたりした時、瞬間的に接点が断続する事は日常茶飯事です。
既に内部電源で信号のみが流れている状態なら、瞬間的に雑音が出る程度で済みますが、回路給電が断続するとその程度では済まない事も多々あります。特に、自分の機材は自己責任で良いとしても、スタジオやライブPAの機材などに重大な損傷を与える事も…そうなったら目も当てられません。

フォン端子で回路用の給電をする機構の物が、市販品には無いというのは、それなりに理由があるんです。
(内部給電のスイッチとして使うのは、ground部分を使うので上記のようなトラブルが無いからで、電源の+側に使う事がないのは上記の理由のためです。)

でもまぁ、実は私も自作機でやってみた事がないわけではない…です。
やった結果が、やっぱり上に掲げたとおりだったので、まぁやめとけと言いたいわけですが、端子コンディションには細心の注意を払うのでとにかくやってみたいという事なら、せめて「給電する機器側(電源供給機構側)」に別途電源スイッチを付けて、
「必ず3Pシールドをきちんと繋いでから、給電スイッチをONに」
「必ず給電スイッチをOFFにしてからシールドを抜く」
くらいのことは、しておくべきだと思います。

ちなみに、私はこういう用途でのフォンプラグ/ジャックの危うさが身に染みたので、以後同じようなことをするときは、必ずXLR端子を使う事にしています。

個人的には、3極プラグでの給電は勧めません。
No.1の方のご回答のように、抜けにくく頑丈で、給電用途に使われる事も前提の端子に改造するなら話は別ですが、エンドピン型の端子に固執するなら(それはわかる)フォンタイプしか無いでしょうから、あんまりよろしくないです。

理由は、電流量や接触抵抗がどうこうではなくて、単純に「抜き差し時に端子間がショートするから」です。それと、かなり端子(エンドピン側)のコンディションには気を使っておかないと、シールドが引っ張られたりプラグが何かに触れた...続きを読む

QIC駆動電圧と電源電圧

(1)MP3プレイヤーのICの駆動電圧が3.7V程度だったように記憶しています。単4電池1本で動くということは、内部で昇圧している?、とすれば大きさと重量を無視するなら、3.7Vを供給する方が回路構成が簡単になると考えてよろしいのでしょうか。
(2)内蔵充電池タイプはIC駆動電圧と電源電圧の関係はどのようになっているのでしょうか。
(3)質問の根拠である、駆動電圧に間違いがあればご指摘ください。

Aベストアンサー

はじめまして♪
ICの動作電圧はICによって様々です。

昔は電池等の本数で必要電圧を得る様にしていましたが、グ実的に安価で小型で効率の良いDC/DCコンバータが利用される様になりました。
さらにIC等も1V程度で動作する物も開発実用化されております。

超小型で低消費電力のモバイル機器が普及したのは、バッテリーの技術進歩、低電圧動作回路の進歩、昇圧/降圧回路の進歩など 様々な先端技術によると思います。(利用者側からは、感謝ですね♪)

QBSアンテナへの電源供給

つい先日までTVからBSアンテナへ給電し視聴していたのですが、他のBS受信機器を分配器配下に設置した所こちらの機器から給電を行う事が出来ず、かつTVも電源を切ってしまうと給電を止めてしまうようで新たに設置した機器のみで視聴(受信)を行う事が出来ません(TVの電源を入れれば勿論問題ありません)。

そこでTVの電源を入れずとも給電出来る様に配線の変更をしたいと思います。

1. TV(REGZA37Z7000)の電源を切って(主電源はON)も給電する方法はあるのでしょうか。
2. 他の機器に左右されず、最も手軽に給電する方法は何がありますでしょうか。
3. 他の機器に左右されず、最も安価に給電する方法は何がありますでしょうか。

ご存知の方、ご教示頂きたいと思います。

Aベストアンサー

昔のはあったんですが、最近のテレビは給電固定タイプがほとんどなさそうで、OFFかテレビの電源連動のみが多いようです。

分配器を全端子電通型にすれば(正確にはそれ以外の機器もすべて電通の必要あり)各BS機器のアンテナ電源が連動しかなくても、どれか使ってるものから供給されます。

分配器の交換がむずかしい場合や他の機器に関係なく給電状態を保ちたいなら4番の方の意見のようにBS対応外部ブースターを導入しその電源部から供給すればいいです。
本体と電源部が別れてるものを選び、BSアンテナからのケーブルをその本体(アンテナ近辺に設置)入力に繋ぎ出力を分配器(1端子電通型を使います)の電通端子を介してそれが繋がってる部屋のアンテナ端子(これも電通型が必要)から電源ユニット野に繋ぎその部屋にはそれからテレビ等につなぎます。
この場合はすべてのBS機器のアンテナ電源はOFFにします。

ブースターはBS専用のほか、UVの混合も兼ねたものもあるので環境によって選んでください。

もうひとつの方法としてはブースターの電源部分のみを購入して同じような配線をすればできなくもないですが、あまりお勧めはしません。

昔のはあったんですが、最近のテレビは給電固定タイプがほとんどなさそうで、OFFかテレビの電源連動のみが多いようです。

分配器を全端子電通型にすれば(正確にはそれ以外の機器もすべて電通の必要あり)各BS機器のアンテナ電源が連動しかなくても、どれか使ってるものから供給されます。

分配器の交換がむずかしい場合や他の機器に関係なく給電状態を保ちたいなら4番の方の意見のようにBS対応外部ブースターを導入しその電源部から供給すればいいです。
本体と電源部が別れてるものを選び、BSア...続きを読む

QiPODの電池による電源供給

第三世代iPODを使用しているのですが、旅先で音楽を聴くとなるとどうしてもバッテリーの問題が出てきます。
いろいろと使いがっていいので乾電池で電源供給したいのですがアップルストアでその機器が8000円もしていました。
何か安上がりにできるいい方法がないのでしょうか?

Aベストアンサー

これを使っていてiPodが壊れたことはありません。
仕様なのかどうかわかりませんが、30~1時間くらい連続で充電していると充電をするのをやめてしまいます。

Qコンデンサーマイクの電源は切らなくていいの?

先日入手したコンデンサーマイクにスイッチがついていませんでした。
これは使い終わったらその都度電池を抜かなくてはいけないのでしょうか?

Aベストアンサー

普通の使い方なら、抜かなくて大丈夫なのですが、
抜いた方が良いですね。

普通、コンデンサマイクの電池は、
電極へ電圧を与えると共に
プリアンプの電源となります。
で、電極への電圧は電流は事実上ゼロです。
また、コンデンサマイクの消費電流は1mA以下であることが多く
自己放電程度の電流しか流れません。

従って、スイッチは付けなくても普通は支障が無いし、
スイッチを付けると、
電流が少なすぎてスイッチで接触不良が発生しやすのです。

プリモのPC-10のように、
単5電池で半年もつものも存在します。
古い電池による液漏れの方が怖いので、
ON-OFFよりも液漏れ防止のために
抜いておいて下さい


人気Q&Aランキング

おすすめ情報