[PR]ネットとスマホ OCNでまとめておトク!

プロテスタント(改革派)信徒の夫と結婚して2年になります。昨年娘を授かりました。
このたび、娘が幼児洗礼を受けることになりました。その時に同時に私の洗礼もすることになりそれについて悩んでいます。
主人の実家は義父に彼の母方の祖父、叔父がプロテスタントの牧師家系です。主人自身は大学生の時に信仰告白をしました。私のほうは父方が浄土真宗の仏教ですが、実家が自営業で家に神だながありえびす信仰ではないですが、商売繁盛などのお札があって神棚を拝むような家でした。しかし、幼稚園はカトリックの幼稚園で七五三などは教会で子ども祝福式としてやったり・・・といろいろ混合した典型的日本人です。住んでいた場所も神社仏閣が多く、遊び場はお寺だったり神社だったり教会だったり・・・
そんな環境ですごしたため、八百万の神様だったり阿弥陀様だったりイエス様だったり見えないけどすべてに神様がいるという気持ちがあります。そういう感性を大切にしたいとおもっていました。
主人の実家は敬虔なクリスチャンホームではあるのですが、かなり柔軟な義母でクリスチャンホームの方々があまり行わないと言われる日本古来の行事(お食い初め、お雛祭り、七五三など)を行うことに否定的なことは言わないし、主人もライフイベントとして行うことに抵抗はないようです。(神社仏閣に行っても拝みはしないですが)
娘の幼児洗礼に合わせて私も洗礼を受ける予定だと先に述べましたが、主人は「娘のためにするものではないから、しなくても大丈夫だよ。」と言ってくれます。義実家にしても私の信仰に関してはなにも言いません。ただ、通っている教会からは無言のプレッシャーといいますか、遠まわしに言われまして、主人とずっと生きていくなら私もいつかは改宗しようと思っていたのでそれが少し早まったのだと思い、娘と一緒にしようと思い立ったのですが、勉強会の話になり思いが揺らいでいます。
結婚が決まってから今まで毎週日曜日(休むこともありましたが)礼拝にでています。子どものころはイエス様にお祈りをしてからご飯を食べるような幼稚園だったのでキリスト教に抵抗があるわけではないのです。
でも、上記に記載したとおり、私にとって八百万の神様もイエス様も同じなので、一神教であるキリスト教徒になるのはどうなのだろうか・・・・そういう思いが抜けません。
主人みたく神社仏閣に神様はいない!とは宣言できないのです。この気持ちがなくなってから洗礼をうけるのが筋なのではないか・・・・でないと、他の方々に失礼にあたるのではないか・・・・など色々と考え混んでしまっています。
やはり、まだ私は受けるべきではないでしょうか・・・・。これから物ごころがついていく娘にクリスチャンホームを守り教えていく母としてこのままでよいのでしょうか・・・・。(ちなみに主人と話、娘の宗教に関しては成人するときに自分で選ばせる予定ではあります。)
プロテスタント教徒の方、結婚を機にキリスト教徒になられた方などアドバイスを頂ければ幸いです。

頭の中がうまくまとまらず、読み難い文面や不快に感じる文面がございましたら申し訳ございません。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

参考になるかどうかは判りませんが・・


私はカトリックです。中学洗礼でした。聖歌隊に属し、中高と聖書を学び、大学時代も近くの教会で聖書の勉強をしました。
その頃の神父様は比較的広い心を持ち、亡くなった人を送るための葬儀なのだからどの宗派でも出て構わないと教わりましたし、誰を祝うのかを考えれば七五三だろうと何だろうとやってもいいとおっしゃっていました。
「神(本来キリスト教では父とか主とか創造主と呼ぶべきものです。本来の神の意味とは違います)というものは一つしかない。言語や考えが異なっていても私達が主と呼ぶものも他の宗教で神と呼ぶものも、その実態は同じものだ」とおっしゃっていたのです。

細かい事を書くと長くなってしまうので結論だけを申し上げれば
納得できなければ洗礼を受ける必要は無い・・そう思います。
それは人に失礼とか言うのではなく、自分自身の問題です。
揺れる心を洗礼によって固めるのも一つの手でしょう。しかしそれは悪くすると恐怖心による束縛にしかなりません。
洗礼を受けたんだからと疑問を解く事無く信じ込むことは自分にとっては大きなマイナスになります。
それなら洗礼を受けずに信仰を学んでいたほうが遥かに尊いと私は思うのです。

よく出される疑問ですが、「洗礼を受けて悪行を働き、告白によって許されたものと、洗礼を受けずに清浄な心を持ち、知らずの内にキリストの教えに即した人生を送ったものでは、どちらが天国に近いのだろう」
後者であれば洗礼の価値がなくなります。しかし前者であれば告白が免罪符となり、洗礼の価値がなくなるのです。
洗礼を受けるということは神の道を知ることです。むしろ神の道を知りながら悪行を行う事は知らずに犯す罪より重い。私はそう考えるのです。
洗礼者ヨハネの洗礼はそれまでの価値観や基準を180度替える為の洗礼です。許しを得るためのものではありません。
それほど大きな人生の転換を、「とりあえず受けましょう」とは言えませんよね。
だから私は幼児洗礼も否定します。実際私は子供達に洗礼を受けさせていません。
洗礼を受けるというのはそんな軽いものじゃないと思っているからです。

貴女は充分に信仰の道を進んでいると思いますよ。でも心が揺れているなら辞めておくべき事だと思います。
あと一歩踏み出せば、キリスト教の道を進める。そのときこそ洗礼を受けるときでしょう。
そして貴女の周りにはそれを教えてくれるご主人屋家族がちゃんと居ますから大丈夫だと思います。

私はカトリックですが妻の家は浄土真宗なんです。
義父の葬儀に先立ってお坊様と話をしていて、浄土真宗の考えは実に素晴しいと思いました。
日本の仏教は日本における人間の生き方を説いています。だから中国やインドの仏教徒は解釈が違って当たり前。
日本の風土に合った生き方を説いているんです。
その教えはキリスト教の中でも充分生かされるものだと私は思います。
それが見えてきてからでも、洗礼は充分に間に合うのではないでしょうか?
いつでも相談できる人がいる事は実に素晴らしい事です。だから家族に相談しながら自分を高めて行って下さい。
そして納得したら脇目もふらずに飛び込んで行って下さい。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

michael-m様


回答ありがとうございます。
義母は宗教に関してはあまり強く言わない方なのですが幼児洗礼についてはことあるごとに言われていたので洗礼をうけなくては!うけさせなくては!という義務的な感じになっておりました。michael-m様の回答をみてそういう気持ちで受けるものではないなと恥ずかしくなりました。

>「神(本来キリスト教では父とか主とか創造主と呼ぶべきものです。本来の神の意味とは違います)というものは一つしかない。言語や考えが異なっていても私達が主と呼ぶものも他の宗教で神と呼ぶものも、その実態は同じものだ」
と神父様がお話しなされたこと、そういえば中学時代に地元のカトリック教会で同じようなお話しをされたことを思い出しました。義両親や主人は柔らかい考え方を持ってはいますが、カトリックの神父様のような考えは持てないようなのですが私はこのお言葉で少し光が差し込んだように感じました。
(産後鬱気味ですぐに暗く考え混んでしまいがちだったので・・・)

もう少し、信仰や聖書を学び、それから答えを出せるように主人ともう一度話し合ってみたいと思います。
暖かいお言葉、ありがとうございました。

お礼日時:2011/09/28 00:19

洗礼を受ける際には、牧師から信仰の確認があるかと思いますが、あなたが、これに迷いなく「はい」と答えれるなら、洗礼を受けてもよろしいかと思います。


しかし、今のあなたには迷いがあるようなので、そのことを牧師さんにも相談し、このたびムリ洗礼する必要はないかと思います。
クリスチャンホームはあなたが守るものでもないし、御主人が守るものでも、また導くものでもありません。
洗礼を受けていなくても、主ならどうされるであろうか、主はこの選択を喜ばれるだろうかを考え、良い選択が出来るように皆で祈り、お互いのことを祈りあい、主に導いてもらうものです。なので、あなたが気負う必要はなく、すべてを主に委ねればいいわけです。

なので、洗礼を希望する気持ちがあるのであれば
「主よ、私に迷うことなくあなたを想う気持ちを与えてくださり、あたなが一番良いとされる時に洗礼を受ける決心をさせてくださいますようにお願いいたします。」
と、祈ることです。(別にこの通りでなくてもいいですが…)


御主人の信仰する姿、娘さんの信仰する姿を見て、感じて、あなたにも迷うことなく主を想う心が湧いてくることをお祈りいたします。
アーメン
    • good
    • 2
この回答へのお礼

datchi417様

回答ありがとうございます。

>クリスチャンホームはあなたが守るものでもないし、御主人が守るものでも、また導くものでもありません。

結婚前に通っていた教会(主人が独身時代に籍を置いていた教会)の牧師様と婚礼の勉強会をした際にクリスチャンホームを守っていなかなくてはならないと教えられ、また今通う教会の牧師様からもそのような内容が含まれる育児書的なものを頂いたのでそうでなくてはいけないのだと思い込んでいました。
すべては主の導きであり、私はそれに委ねるべきなのですね。

今の私にはまだ、牧師様の前で「はい」と宣言できる自信がないのが実情だとコチラに書き込み、改めて実感しました。

洗礼を希望する気持ちはもってはいるので、焦らず真に信仰を望めるときに洗礼を受けれるように主人ともう一度話し合ってみたいと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2011/09/28 00:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qキリスト教の人と結婚したらどうなる?

今付き合ってる彼の家はクリスチャンだそうです。彼自身は熱心な信者と言うわけでもないようですが、やはり彼と結婚したら生活に何か影響が出てくるのでしょうか?

私はバツイチの子持ちなのですが、私や子供も入信しなければいけないのでしょうか?またキリスト教でも離婚をしてはいけない派閥があると聞きましたが、バツイチの人と結婚するのはどうなんでしょう?

また私の家は熱心ではないですが仏教徒です。しかも親戚にお寺があると言う、家柄です。
宗教の違いと言っても怪しい宗教ではないですし、私自身キリスト教系の学校に通っていた為、なじみが全く無いわけではありません。特にキリスト教に対する偏見などもありません。

ただ、先日神社であったお祭りに出かけた時「お参りする?」って聞いたら「宗教が違うからしないほうがいいような気がする・・・」と言われ、これが宗教が違うと言う事なのか!と実感してしまいました。
またクリスマスもやはり毎年ミサに参加しているそうで、「良くある『ホテルで2人でディナー』とかは出来ないの?」と聞くと「親戚とか集まるからクリスマス位は・・」ということでした。イヤ特にホテルのディナーに行きたいわけではありません。私も去年のクリスマスは子供と一緒に近所の教会へ行ってみたほどなので。ただそういった「宗教的行事」などは強制参加になるのでしょうか?

お付き合いしていく分には特に支障はないようなのですが、今まで自分が当たり前にやってきた宗教行事(お葬式、法事等)とかけ離れた世界の事が日常的に繰り広げられてるようで結婚後の想像がつきません。
また宗教が違うと結婚の際もめたりする事は考えられるのでしょうか?何か体験談等ありましたらお聞かせください。

今付き合ってる彼の家はクリスチャンだそうです。彼自身は熱心な信者と言うわけでもないようですが、やはり彼と結婚したら生活に何か影響が出てくるのでしょうか?

私はバツイチの子持ちなのですが、私や子供も入信しなければいけないのでしょうか?またキリスト教でも離婚をしてはいけない派閥があると聞きましたが、バツイチの人と結婚するのはどうなんでしょう?

また私の家は熱心ではないですが仏教徒です。しかも親戚にお寺があると言う、家柄です。
宗教の違いと言っても怪しい宗教ではないですし、...続きを読む

Aベストアンサー

私自身クリスチャンですが、クリスチャンの中にも色々あります。彼がどのぐらい生活の中に宗教を入れているか、によって違います。また、結婚となると彼のご家族とのお付き合いもあると思いますので、彼のご家族の信仰に対する姿勢も関係してきますね。「相手も絶対にクリスチャンじゃなきゃイヤ!」って方もいらっしゃいますし。

一般的なクリスチャンの生活です。日曜日は教会に行く。礼拝ですね。そして毎日聖書を読む。朝夕お祈りをする。食事の前にも必ずお祈りをする。週に1回は聖書の勉強会みたいなのに出席する。奉仕で教会の掃除をする。教会の運営に携わる。などでしょうか?また、結婚式の仲人も神式だったら引き受けないとか、身内の結婚式でも神式だったら式場の外で待っているとか、お葬式でお焼香はしないし、手を合わせたりの行為(人を拝む)はしないとか、お供えものは頂かないとか、初詣もしないし、七五三もしない。お祭りや地蔵盆も拒否っていう人も。

私のクリスチャン生活。礼拝に出席する。聖書は時たま。寝る前にお祈りする。食事の前のお祈りはおなかがすいているので出来ない(笑)。勉強会は気が向いたとき。奉仕はしない。教会の運営にも携わらない。結婚式は何でも出席する。お葬式も数珠持って拝むし、お焼香ももちろんする。お供え物は頂ける物はなんでも!初詣もするし、息子はきっちり三歳と五歳に七五三しましたよ。お祭り大好き!地蔵盆も息子と行きました。(これを読んで怒るクリスチャンの方もいらっしゃるかと・・・)

と、言うように一般にクリスチャンといっても千差万別。また、カソリックやプロテスタントとの違いもあります。彼はミサというのでしたら、カソリックでは?プロテスタントではミサとは言いません。

彼と彼の家族がバリバリのクリスチャンだったら、あなたと子どもさんも宗教行事に参加でしょうね。でもあくまで自由参加。私の夫も行ったり行かなかったりです。でも教会の人達は「ご主人も参加してもらおうね」とか言ってきます。心の中で「大きなお世話!」と言ってしまっている私がいます。(主よ お許しください)その辺を彼がどう思うか、彼の家族がどう思うかによって変わりますよね。

具体的に話が進んで行っているのですね。お幸せに。

私自身クリスチャンですが、クリスチャンの中にも色々あります。彼がどのぐらい生活の中に宗教を入れているか、によって違います。また、結婚となると彼のご家族とのお付き合いもあると思いますので、彼のご家族の信仰に対する姿勢も関係してきますね。「相手も絶対にクリスチャンじゃなきゃイヤ!」って方もいらっしゃいますし。

一般的なクリスチャンの生活です。日曜日は教会に行く。礼拝ですね。そして毎日聖書を読む。朝夕お祈りをする。食事の前にも必ずお祈りをする。週に1回は聖書の勉強会みたいなの...続きを読む

Qキリスト教信者の夫との結婚

私は25歳、結婚したばかりですが、夫はプロテスタント(キリスト教)信者です。そのことで悩んでいます。
キリスト教は世界的に認められた宗教だし、私も人並み以上には理解しているつもりなので、彼が信者なのが嫌ではありません。彼は日曜日に教会に行き多少の献金をしますがそれで弊害はなく、彼は聖書に教えだから、と暴力や浮気などは絶対にしないと言います。(そうでなくてもしないと信用できる人ですが)。私の宗教はほんとに現代の日本人的に神教も仏教も混ざっている感じです。
私たち二人だけなら何も問題ないのですが、悩みは子どもについてです。
夫は子どもにもキリスト教を信じてほしくて、結婚前から、子どもができたらその子は教会に通わせたいと言っていて、私は同意しました。ただし正式に信者になる洗礼は、子どもが自分の意志で受けたいというまで受けさせないとも約束しています。
キリスト教を信じることが悪いとは思いませんが、私は長く生きたものには魂が宿り、自然の深い場所には(お稲荷さんとか)自然の霊や神様がいるというような、日本人としての感性も子どもに理解してほしいと思います。(ちなみに夫は神社とかお寺とか全否定です)。また、キリスト教を肯定するためには科学的や歴史的な事実(例えば中世キリスト教を信じなかった人をキリスト教徒が虐殺したりとか)を曲げて捕らえようとする信仰心というものが正しいとはどうしても思えません。
私と夫の間で、決定は子どもにさせるということで意見は一致しているのですが、私がキリスト教否定につながることを子どもに教えることは夫と対立することになってしまうし、子どもにもかわいそうだと思います。夫にとって宗教は生活の根にあるもの、変えることは不可能だと思います。
私は自分の考えを押し殺すべきなのか、子ども自体をあきらめるべきなのか・・・。どうしたらいいでしょうか?

私は25歳、結婚したばかりですが、夫はプロテスタント(キリスト教)信者です。そのことで悩んでいます。
キリスト教は世界的に認められた宗教だし、私も人並み以上には理解しているつもりなので、彼が信者なのが嫌ではありません。彼は日曜日に教会に行き多少の献金をしますがそれで弊害はなく、彼は聖書に教えだから、と暴力や浮気などは絶対にしないと言います。(そうでなくてもしないと信用できる人ですが)。私の宗教はほんとに現代の日本人的に神教も仏教も混ざっている感じです。
私たち二人だけなら...続きを読む

Aベストアンサー

プロテスタントの教会の信徒です。
以前、教会学校(日曜学校)の教師をしていました。

神様の存在について、子どもは子どもなりの感性で理解すると思っています。
だからといって、子ども達は、神社のお祭りに行かないわけではありません。家の人がクリスチャンでない子どもも大勢います。
唯一の神(結婚講話等で聴いたと思いますが)が、私たちを見えないけれど守っているよということは子どもに教えますが、信仰を強要はしません。祈りに関しては、どんな小さな子でも教えますが、それも強要はしません。(教会ではお祈りするけど家ではしない子もいっぱいいます)

質問者の方は、クリスチャンと結婚されたのですから、教会で結婚式もなさったのだと思います。その時に牧師ともお会いになりましたよね?
牧師は、どのような相談、それがたとえ法に触れる内容でも、他の人に話したりはしません。あなたの疑問にもていねいに答えてもらえると思います。
どうしてもご主人の通う教会の牧師には話しにくいのでしたら、ネット上でも質問に答えてくれる教会のホームページがたくさんあります。ご覧になってはいかがでしょうか?

あとは、ご主人が教会に行っている間に、あなたもどこかの教会の教会学校をのぞいてみてはいかがでしょう?はじめていったとしてもていねいに教師が応じてくれると思います。

プロテスタントの教会の信徒です。
以前、教会学校(日曜学校)の教師をしていました。

神様の存在について、子どもは子どもなりの感性で理解すると思っています。
だからといって、子ども達は、神社のお祭りに行かないわけではありません。家の人がクリスチャンでない子どもも大勢います。
唯一の神(結婚講話等で聴いたと思いますが)が、私たちを見えないけれど守っているよということは子どもに教えますが、信仰を強要はしません。祈りに関しては、どんな小さな子でも教えますが、それも強要はしません...続きを読む

Q旦那はキリスト教で私は仏教です、死んだらお墓は?

旦那はクリスチャン、私は仏教です。同じような夫婦の方はいらっしゃいますか?この場合死んだときは、同じお墓に入れないのでしょうか?

Aベストアンサー

本来の仏教、キリスト教においては、お墓はこうしなければならない、というような規定や教義上の根拠は何もありません。インドの仏陀や、ユダヤのキリストの活躍した時代から2000年、文明の変遷と国際的伝播ともにそれぞれの葬式のやり方も時代あるいは土地に合わせて変化して来ています。火葬が一般的に行われるようになったの宗教の歴史からみたら最近のことです。

そういった中で、日本の仏教は葬式仏教として発達してきたため、宗派によって、いろいろとルールを定めています。

法的には、墓地であるところに火葬して埋めれば、どんな宗教でやろうが、いっしょに埋めようが別々に埋めようが何の問題もないし、最近では散骨や自然葬も認められています。

つまり、法律にのっとってさえすれば、宗教には関係なく、どんな墓でもいいし、分祀、合祀どちらでも、他人から文句をいわれる筋合いはないのです。

ただ、現実には現在の日本の文化と常識では「イエ」の問題と墓は、不可分なものであり、さらに本来は個人的な信仰であるはずの宗教が、「イエ」のものとして絡んでくるので、こうした問題がでてくるのです。

そこが、個の信仰を重視するキリスト教と、家族や家を重視する大乗仏教の違いでもあります。

一番の問題は、親戚一同の理解が得られるか、ということと、得られなかった場合、あなたあるいはご主人にそれを押してまで、墓あるいは信仰にこだわる意思があるかということじゃないでしょうか。

あなた、およびご主人が信仰を変えないということ、そして一緒に葬られたいということを前提にしたら、

1 同一敷地内、あるいは隣接地に別の墓を造る。
2 先祖代々の墓ではなく、二人だけの独立した宗教性のない墓を造る。
3 先祖代々の墓に、異教徒のまま入る事を親戚一同と坊さんに容認してもらう(これは宗派の考えにもよると思いますし、 墓標にキリスト教の洗礼名がのるかは微妙)

本来の仏教、キリスト教においては、お墓はこうしなければならない、というような規定や教義上の根拠は何もありません。インドの仏陀や、ユダヤのキリストの活躍した時代から2000年、文明の変遷と国際的伝播ともにそれぞれの葬式のやり方も時代あるいは土地に合わせて変化して来ています。火葬が一般的に行われるようになったの宗教の歴史からみたら最近のことです。

そういった中で、日本の仏教は葬式仏教として発達してきたため、宗派によって、いろいろとルールを定めています。

法的には、墓地であ...続きを読む

Qキリスト教と無宗教の人の結婚(長文です)

私は無宗教です。彼はクリスチャンです。
1年半付き合っていて、この人と結婚すると思っていました。
しかし、数ヶ月前に彼がクリスチャンということがわかったのです。
初め聞いても、「ふ~ん」程度にしか思ってなかったのですが、
以前、京都にお参りに行った時に、彼が参拝しなかったのです。
私にはこれは少なからずショックでした。

私が色々疑問に思っていることを聞きました。
もし私たちが結婚した場合、どういう制限がでてくるのか…。
「お参りは一生したらダメ?」「お宮参りも?」
赤ちゃんがうまれたら、「命名は?」「お食い初めは?」「七五三は?」

彼の答えは「お参りはできないよ。だって、そこに神様がいるとは思えないから」でした。

私自身、キリスト教がどうとか言うつもりはありません。
信仰の自由だと思っています。
でも、自分がいざそうなるとなると・・・とまどいます。不安です。

親にも相談しました。
「あなたが決めることだけど、きっと辛い思いすると思うよ。」といわれました。
私もそんな気がします。

それ以来、彼との関係はよくありません。
彼は「僕のためになってくれないかな…?」と言います。
私としては「なってもいいけど、参拝はしたいし、お宮参りもしたい」
と思っています。

あと、キリスト教はセックスがダメだと聞いて驚きました。
「え?じゃあ今までなんでしてたの?いいの?」と聞くと
「良くはないけど…懺悔すれば大丈夫」と言われました。
正直、いい気分ではありませんでした。
私とのセックスを悪い事と思われていたなんて…心外です。
好きだからするんじゃないの・・・?と泣きそうになりました。

彼のことは、好きだっただけにとても…複雑な思いです。
毎日、そのことばかり考えています。
宗教以外のところで見れば、特に問題ないのですが…

こんな問題にぶち当たるとは思ってもいませんでした…。

もし、キリスト教と無宗教のカップルの方がいらっしゃれば、ご助言お願いします。
どういうトラブルがあるだとか…こういう事に困っただとか…
やはり大変なのか…。

お願いします。

私は無宗教です。彼はクリスチャンです。
1年半付き合っていて、この人と結婚すると思っていました。
しかし、数ヶ月前に彼がクリスチャンということがわかったのです。
初め聞いても、「ふ~ん」程度にしか思ってなかったのですが、
以前、京都にお参りに行った時に、彼が参拝しなかったのです。
私にはこれは少なからずショックでした。

私が色々疑問に思っていることを聞きました。
もし私たちが結婚した場合、どういう制限がでてくるのか…。
「お参りは一生したらダメ?」「お宮参りも?」
赤ちゃ...続きを読む

Aベストアンサー

私は浄土真宗を信仰する仏教徒で、彼女は神道を信仰しています。結婚の約束をしています。そして結婚するときは、彼女には改宗してもらう事も納得してもらいました。私たちの場合は仏教と神道ですから、聖徳太子の時代から物部合戦以来大きな対立もなく共存してきた宗教ですから、結構すんなりOKをもらえました。もともと彼女も仏教系の学校を出ていたためか、宗教や哲学といったことに興味を持っていてくれたからかもしれません。ただ、私もお互いの宗教観については多く話し合っていますし、自分の事を聞いてもらうだけではなく相手の宗教についても多く学んだつもりです。少なくともそういったデリケートな問題こそ長い時間をかけて話し合うべき問題であると私は思います。言い負かすのではなくお互いに納得できれば一番いいと思います。

 私の話はさておき、お話を読んでいますと、質問者は「私は無宗教です」といっておられるのに
>>「お参りは一生したらダメ?」「お宮参りも?」赤ちゃんがうまれたら、「命名は?」「お食い初めは?」「七五三は?」
と、いろいろな宗教行事のことを気にされていますね。確かに一つの宗教を信仰しているわけではないでのしょうが、しっかりと宗教観のようなものはお持ちのようです。誤解を招くような言い方かもしれませんが、あなたは「宗教者」であると思います(日本人全てに言えるかも)。相手は宗教やっていて、私は無宗教。としてしまっては、あなたがお参りしたり、七五三をしたいと思う気持ちの根拠がなくなってしまいます。そこは、少しだけ認識を改められたほうが、話がはっきりしてくると思います。

 そういった思いについては、あなたが相手にしっかりと話すことだと思います。私は一つの宗教を信仰しているわけではないけれども、このような信仰をもっています。あなたの宗教も尊重しますが、こちらについても尊重してもらいたいとおもいます、というようなことです。宗教者にしても完全な無宗教者または日本人のような無宗教者にとっても、宗教観というのはアイデンティティの一つです。それを否定されるということは彼にとってもあなたにとってもプラスではないと思います。
 しかし、あなたも相手の宗教を尊重することに勤めなくてはいけません。キリスト教徒の方と結婚する以上、あなた自身も相手のアイデンティティであるキリスト教を学ぶ必要があると思います。とくにあなたの彼は熱心なクリスチャンのようですから、いっそう努力は必要かもしれません。まぁ、キリスト教の教義で相手より知識量をもってしまえば、それを利用して相手をいじめることも可能ですよ。わたしはそんなコミニュケーションをとっていますよ。手探りであるかもしれませんが、そこから落とし所を探っていかなくてはいけないと思います。
 「落とし所」というと、「諦め」ではないかと思われるかもしれませんがあきらめるの「諦」の字は、仏教では真理を表す言葉です。諦めるというのはお互いの納得できる場所を探すことだと思います。ただ、それにはお互いに諦めることも必要かもしれませんね。

また質問の中の
>>あと、キリスト教はセックスがダメだと聞いて驚きました。
>>「え?じゃあ今までなんでしてたの?いいの?」と聞くと
>>「良くはないけど…懺悔すれば大丈夫」と言われました。
>>正直、いい気分ではありませんでした。
>>私とのセックスを悪い事と思われていたなんて…心外です。
>>好きだからするんじゃないの・・・?と泣きそうになりました。
この教義に関しては、前の方々がお答えになった通りだと思います。
ただ、私も仏教徒です。仏教にもセックスを戒める戒律が存在します。日本人は「不邪淫」という戒律を「みだらなセックスはしてはいけない」と解釈していますが、もともとは「セックスしちゃだめ」という意味のものですし私はそう解釈しています。ですから、セックスは悪いことです。しかし、私もします。なぜなら、彼女が好きで好きでしょうがないからです。きっとあなたの彼も同じ気持ちなのではないでしょうか。クリスチャンしてしてはいけないことでも、一人の人間としてあなたが好きだからしてしまう。そして、クリスチャンとしてはそれでも神は私を赦してくださるのだとよりいっそう深い信仰に入る。そういった意味ではあなたがいなければ、彼はクリスチャンとしても深い信仰をもつことはできないのかもしれませんよ。
 私の信仰する浄土真宗をお開きになった親鸞聖人も、観音菩薩に夢の中で「好きな女を抱きたいという欲望に駆られ、信仰が揺らぐというなら、私がその女になって抱かれてやろう。その代わりしっかり深い信仰に入りなさい。」というお告げを受け、ご自身の奥様を観音菩薩としてこの人がいなければ私の信心は無いと、非常に大切にされたそうです。しかし、この親鸞の奥様も「親鸞聖人こそき観音菩薩である」と、お互いにお互いを仏様であると大切にしあったと、日記の中に記されています。
 ですからこの問題に関して言えば、信仰の問題と好きか嫌いかの問題は別に考えたほうがいいかもしれません。それは、「仕事と私どっちが大切なの?」と聞いているようなものです。

 また少し厳しいことを言うかもしれませんが、
>>彼のことは、好きだっただけにとても…複雑な思いです。
>>毎日、そのことばかり考えています。
>>宗教以外のところで見れば、特に問題ないのですが…
>>こんな問題にぶち当たるとは思ってもいませんでした…。
あなた自身が「別れるのはやだなぁ」とか、「別れたらめんどくさい」などの心はどこかにありませんか??そういったお気持ちで付き合っていらっしゃるようでしたら、別れたほうがいいのかもしれません。この人でなくてはと思うのであれば、相手と本当に腹を割って話をするいいチャンスだと思います。これが乗り切れれば、きっともっと深い相互理解をもった関係になれると思いますよ。

支離滅裂な稚文のため文意を読み取っていただきたく思います。中には気を悪くされたところもあるかもしれませんが、悪しからず。ながなが、駄文を連ねましたが、参考にしていただければ幸いです。
合掌 南無阿弥陀佛

私は浄土真宗を信仰する仏教徒で、彼女は神道を信仰しています。結婚の約束をしています。そして結婚するときは、彼女には改宗してもらう事も納得してもらいました。私たちの場合は仏教と神道ですから、聖徳太子の時代から物部合戦以来大きな対立もなく共存してきた宗教ですから、結構すんなりOKをもらえました。もともと彼女も仏教系の学校を出ていたためか、宗教や哲学といったことに興味を持っていてくれたからかもしれません。ただ、私もお互いの宗教観については多く話し合っていますし、自分の事を聞いても...続きを読む

Q洗礼

最近、教会へ通い始めました・・・
洗礼を希望する場合、準備期間として講習などを受けると聞きましたが
実際の期間や内容はどういったものなのか教えて下さい。

あるプロテスタント教会で「洗礼を希望する場合は準備などの講習期間はどれくらいですか?」と質問したら・・・牧師様は「4回です」と答えました。
私は「チョット短すぎだろ~」と感じ、聞き間違えかも?と思ったので
「4回とは、4クール(1クール1ヶ月とか)の意味ですか?」と聞くと、
「いいえ、4回で洗礼を受ける講習は終わります」と言われました。

カトリックの方の話などを聞くと半年~1年などと言われますが
これほどまでに期間の違いがあるのでしょう?
内容なども多少は違うと思いますが、あまりにも期間が違いすぎて・・・
教会や個人によって違いはあると思いますが、一般的な経緯を教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

 こんにちは。教派によって違うかもしれませんので、一応の参考にしていただければ幸いです。
 私はカトリックの成人洗礼だったのですが、期間は7ヶ月でした。毎週日曜日の主日のミサ前の1時間×7ヶ月です。多分一般的に特に知識のない人向けで、最初は十字の切り方などや十戒などや、カトリック教徒として守らなければならない事などの基礎知識から、現代の問題とカトリックとの関わり方や、少し聖書の事も勉強したと思います(忘れてきましたが(^_^;))。その間にも何回かミサ中に洗礼志願式のようなものがあって、無事に洗礼できるようにお祈りしてもらったり、代父母を決めたり、洗礼名を決めたりなどの事が後半にどどっとありました。
 4回というのはまあ短いと言われれば短いですが、例えばカトリックでも高校や大学がカトリック系の大学で、司祭が充分な知識を持っていると判断したりすると期間が短くてもOKを出したりする事もあります。ただし個人的にはあくまでも最終的に決めるのは自分だし、一生の事になるので勢いでわっとしない方が良いのではないかな?とは思います。
 プロテスタント諸派の場合は本当に多岐に渡っていますので、変な言い方になりますが、怪しげな所やかなり勧誘がキツイ所まで様々です。プロテスタント諸派の大手(?)、日本基督教団や聖公会などはカトリックとゆるやかに一致する傾向がありますので、大体同じような期間だと思いますし、私の友人もプロテスタントの成人洗礼なんですが、やはり復活祭に洗礼を受ける為、秋ごろから勉強会に通っていたので、大体が半年弱ぐらいから長くても1年ぐらいが大体の所だと思います。
 洗礼は殆どが復活祭の前の日、復活徹夜際で行われますが、一部クリスマスの事もあります(幼児洗礼はその都度)。カトリックは代父母や洗礼名がありますが、多くのプロテスタント諸派ではありません。

 ご参考までにm(__)m。

 こんにちは。教派によって違うかもしれませんので、一応の参考にしていただければ幸いです。
 私はカトリックの成人洗礼だったのですが、期間は7ヶ月でした。毎週日曜日の主日のミサ前の1時間×7ヶ月です。多分一般的に特に知識のない人向けで、最初は十字の切り方などや十戒などや、カトリック教徒として守らなければならない事などの基礎知識から、現代の問題とカトリックとの関わり方や、少し聖書の事も勉強したと思います(忘れてきましたが(^_^;))。その間にも何回かミサ中に洗礼志願式のようなものが...続きを読む

Q長文です。子供の宗教について…(旦那がプロテスタント、私は仏教です)

プロテスタントの彼と今年結婚し、その後数ヶ月で妊娠しました。私は仏教で、(無宗教に近いけれど…初詣やお葬式などは仏教に則って行います)現在妊娠6ヶ月で来春出産予定です。安産のお守りも持っているし、近々母と安産祈願にも行く予定です。

彼のご両親は敬虔なプロテスタント信者のようで、彼自身は子供の頃から教会には通っていたようですが、洗礼を受けたのは高校生のとき、自分の意思でだそうです。
結婚前から、初詣には行かない(神社に行くのはいいけどお参りはしない)等は話を聞いて知っていましたし、私もキリスト教徒になりたいと思えばなればいいけど、強要はしないとのことでした。私も、中高6年間プロテスタント系の私立校に通っていましたし、キリスト教に対して特に抵抗もなく、理解をしていました。
が、子供が生まれるとなると、考えなくてはいけない問題が沢山出てくると思い、不安になってきました。

産まれてすぐのお宮参りやお食い初め、七五三などはどうなるのでしょうか?
旦那は、親の意思ではなくてプロテスタントは本人の意思で入るものだから、子供が大きくなってから考えさせる、と強要するつもりはないと言っています。子供を教会に連れて行くかどうかは、「子供の教育として教会はイイと思うけど、どうしようね?」と言っています。(カレ自身は現在ぜんぜん教会には通っていません。私もカレと一緒に行った事もありません。)

うちは親も仏教なので、「お宮参り、七五三などはやってね」と言っていますが、プロテスタントの旦那と結婚して、行ってもいいものでしょうか?子供の意思でキリスト教徒になるか決めるのだったら、大きくなるまでは、仏教の行事も、(カレが望むのなら)キリスト教の行事も両方行おうと思っているのですが、ヘンでしょうか?子供の教育上よくないでしょうか?
カレと子供と初詣にも行きたいと思ってしまうのですが、それもダメでしょうか?

ちなみに、先月父が亡くなって、お葬式は仏教式でしたが、もちろんカレは参加してくれましたし、数珠はありませんでしたがお焼香もしてくれました。彼の両親や兄弟(みんなプロテスタント)も同様でした。
今年のお正月はカレの実家に伺う予定です。もしかしたら新年礼拝などがあるのかな?とも思いますが、私は喪中ですし遠慮させていただこうと思っています。

今までは(といっても結婚してまだ浅いですが)カレの両親から宗教について言われたことは何もないですが、初孫ですし、産まれたら色々言われるのかな?と心配しています。

カレは妊娠中の私を気遣い、私の体調が優れないときは家事など全てやってくれますし、父が亡くなる前私が長いこと実家にいても、「そばにいてあげて」と優しく言ってくれて頻繁に会いに来てくれていました。とても優しく穏やかな、素敵な人ですし、絶対にいいパパになると思います。

でも、だからこそ、宗教でもめたりするのはイヤだな…と思ってしまうのです。カレは「こうしてほしい」とか「こうするべき」という風にキリスト教について押し付けるようなことを言ったり強く希望を言ったりはしませんが、だからといって仏教とキリスト教の行事を両方やるのもいいのかな?と迷います。特に、カレの両親にイヤな風に思われないかな?と思ってしまいます…

キリスト教徒と仏教徒の夫婦の方、プロテスタント信者の方、経験者の方などご意見いただけると嬉しいです。なんだかモヤモヤ一人で悩んでしまっていて乱文で申し訳ありません。どうぞよろしくお願いいたします。

プロテスタントの彼と今年結婚し、その後数ヶ月で妊娠しました。私は仏教で、(無宗教に近いけれど…初詣やお葬式などは仏教に則って行います)現在妊娠6ヶ月で来春出産予定です。安産のお守りも持っているし、近々母と安産祈願にも行く予定です。

彼のご両親は敬虔なプロテスタント信者のようで、彼自身は子供の頃から教会には通っていたようですが、洗礼を受けたのは高校生のとき、自分の意思でだそうです。
結婚前から、初詣には行かない(神社に行くのはいいけどお参りはしない)等は話を聞いて知っていま...続きを読む

Aベストアンサー

質問者様は仏教徒というより、ごく普通の日本人的な「葬式仏教」・・・つまり無宗教ですね。

先の回答者さんも書かれてるように、旦那様はとても柔軟だし、キリスト教精神の良い点を取り入れながらも、この日本でバランス感覚持って過ごされてるという印象を受けます。理想的だなぁと思います。
それに対して、質問者様の方が逆に過剰反応して先読みし、不安を膨らませて一人で悩んでいるような印象です。

そう悩んでることを、そのまま旦那様と話せばよろしいのでは?
発展的で、夫婦の絆が強まる話し合いになると思いますが。

私も夫も、カトリックのクリスチャンですが、彼の両親も私の両親も、友人たちも周囲は全員、普通の日本仏教の無宗教です。

ですから、当然のように両親や義両親と一緒に初詣するし、お宮参りもしてお札も買って、七五三も当然やります。
私はカトリックですが、それらの日本の儀式は宗教的儀式というより、日本の生活文化だし、子供の情緒発達にも非常に有益なものだと感じてますので、大いに楽しみ喜んでやってます。子供ができると、余計にそういう「日本のしきたりの儀式」の大切さや良さがシミジミわかるんですよね。

夫も私も、神社やお寺で、手を合わせて祈ります。
祈っている対象は、「神さま」です。
神は本来、仏教もキリスト教もすべての宗教を超えてると思うので、別に抵抗はありません(宗教は人間が作った文化歴史的限界のある約束事だと思います)。でも、毎週日曜日は夫婦そろって子供もつれてミサに出ています。

旦那様も、このような考えに賛成してくれそうな予感がします。
この相談と回答を、旦那様に読んでもらっても、旦那さまならキチンとすべて理解して、より良き具体的な解決案を提示されると思います。

旦那さまのご両親も、ガチガチじゃないかもしれませんよ。
「こういう場合どうなるんだろう。不安だ」と思っていても、直接相手に聞かない限り、ここで誰の回答を読んでもハッキリしないまま、質問者様の想像だけが膨らむと思います。

質問者様はきっと、平穏にお宮参りとか七五三とかして、人なみに幸せで、情緒豊かな日本文化の中で、ごく普通にお子さんの成長をお祝いしていきたい・・・んですよね?そのお気持は、そのまま旦那さまにも、義両親にも伝わると想像します。

質問者様は仏教徒というより、ごく普通の日本人的な「葬式仏教」・・・つまり無宗教ですね。

先の回答者さんも書かれてるように、旦那様はとても柔軟だし、キリスト教精神の良い点を取り入れながらも、この日本でバランス感覚持って過ごされてるという印象を受けます。理想的だなぁと思います。
それに対して、質問者様の方が逆に過剰反応して先読みし、不安を膨らませて一人で悩んでいるような印象です。

そう悩んでることを、そのまま旦那様と話せばよろしいのでは?
発展的で、夫婦の絆が強まる話し合...続きを読む

Q妻が教会で洗礼を受けようとしています

妻が突然カトリック教会にて入信しようとしているんですがキリスト教とはどのような宗教なのでしょうか?

現在
妻は妊娠中
私は現実主義
私は神は信じない
妻に「家族のために止めてくれ」と言っても「信仰は自由だ」と言って聞く耳を持ちません

宗教のために離婚まで持ち出した妻に信じられない気持ちです
産まれてくる子供もキリスト教にされそうで困っています。

誰か助言をください

Aベストアンサー

カトリックに入信したタイミングはちょっと心配です。なぜなら妊婦さんですので精神的に不安定な時期に宗教トラブルなどで問題になる団体に勧誘を受けたのではないかと言うことです。別にカルト宗教と言うことではなくともいろいろなトラブルはありますから宗教がどうではなく進行している団体員の質ともいえると思います。

http://www.asahi-net.or.jp/~am6K-kzhr/news80.htm

よく聞くのが某団体とかで「血液の解釈」で輸血をしないなど聞いているので心配です。勧誘も子供を同伴し同情に訴えるようなやり方もあまり好きではありません。そういうところとの接点ではないかがちょっとわかりかねます。

教会や宗教では「日曜日のミサ」や奉仕活動などに家族が大学の宿題として参加したことがありますが心配するほどのことはありませんでした。

奥さんに対して「宗教のこと」では批判しないで親身に聞いてあげてください。そのなかに奥さんの不安が隠れている可能性があります。そして、逆に奥さんに対しては宗教トラブルの話や実例を説明して「奥さんや子供の身の心配をしている」ことを理解してもらってください。

宗教自体はどこでも信者が不幸になることは書かれていないはずですが、組織となってしまうとどうしても人間のエゴが出てゆがんだ解釈や利権争いになります。ようは「神様」ではなく「人」です。

日本人なんていろんな宗教行事をしていますので多神教ともいえますし、私の知る宗教は死んだあとのことではなく日々生きているものが自分の生活を戒めたりと自分の「良心」に訴えかけるものだと思いましたのでそういう理念なら別に心配はしませんが。

カトリックに入信したタイミングはちょっと心配です。なぜなら妊婦さんですので精神的に不安定な時期に宗教トラブルなどで問題になる団体に勧誘を受けたのではないかと言うことです。別にカルト宗教と言うことではなくともいろいろなトラブルはありますから宗教がどうではなく進行している団体員の質ともいえると思います。

http://www.asahi-net.or.jp/~am6K-kzhr/news80.htm

よく聞くのが某団体とかで「血液の解釈」で輸血をしないなど聞いているので心配です。勧誘も子供を同伴し同情に訴えるようなやり方も...続きを読む

Qクリスチャンのことで彼のご両親が・・・

私はプロテスタントで、彼の家は無宗教です。
彼とは2人でクリスチャンになって結婚するつもりでした。
そのことを彼のご両親にお話したところ、予想以上に大反対されてしまいました。
日本独自の仏壇や伝統行事、葬儀の違いなどがあるからです。
彼はキリスト教について良い理解をしていて、
クリスチャンになることもキリスト教式で生きる?ことも希望していました。
ですが、彼のご両親は私がクリスチャンであることは勿論、
彼がクリスチャンになることに対して大反対で激怒しています。
そのことを除いてはとても良いご両親ですし、彼と私のことも応援してくれていました。
でもクリスチャンのことだけは大反対で認めないと言っています。縁を切るほどのことにも繋がるようです。
どうしてそこまで否定されるのかはわかりません。
なにか理由があるような気もしています・・・
ここまで反対されるとは思ってもいなかったので、とてもショックでした。
でもクリスチャンを辞めることはできません。
これは私自身が強く決めていることです。

彼とは、どんな形になっても一緒にやっていきたいとお互い思っています。
ですが、ご両親のことも大事におもっているので、今二人でとても悩んでいます。
現在、第三者として客観的に考えて話せるひとがいないのでどなたかアドバイスいただきたいです。
できればクリスチャンの方;_;。
真剣に悩んでいるので宜しくお願いします。

私はプロテスタントで、彼の家は無宗教です。
彼とは2人でクリスチャンになって結婚するつもりでした。
そのことを彼のご両親にお話したところ、予想以上に大反対されてしまいました。
日本独自の仏壇や伝統行事、葬儀の違いなどがあるからです。
彼はキリスト教について良い理解をしていて、
クリスチャンになることもキリスト教式で生きる?ことも希望していました。
ですが、彼のご両親は私がクリスチャンであることは勿論、
彼がクリスチャンになることに対して大反対で激怒しています。
そのことを除...続きを読む

Aベストアンサー

私はクリスチャンではありませんが、妻がクリスチャン(カトリック)です。
子供も赤ちゃんの時に洗礼を受けさせました。
ただし、子供が大人になっても信仰を持ち続けるかは当人に任せるつもりにしています。

私の家は基本的に無宗教(葬式法事の時のみ仏教)です。
父親だけが熱烈な仏教系の新興宗教なので、もう少し話はややこしい感じです。

妻とは結婚前には信仰の事を含め徹底的に話し合いました。
プロポーズの前には、妻の信仰を続ける事と子供の洗礼を受けさせる事を確認し、
死んだら私の家のお墓になる(つまり仏教)事も確認しています。
なお菩提寺の住職には特に相談はしていなかったので、お墓に入れるか否かは未確認です。
しかし、盆暮れ正月には極力お墓参りを婚約以来ずっと行っています。
結婚4年目ですが、婚約以来ほぼ毎週日曜日のミサにも夫婦(子供も)揃って参加しています。
私の母親も何度か結婚式以外でミサに来てもらえるようになりました。
父親は難攻不落ですが、家族関係は良好です。

また婚約前から両親や親戚にはあらぬ誤解なきように心配りを徹底しました。
初めは宗教色をあえて全面には出さず、妻の人柄や性格的な事を全面的に出しました。
信仰があるから云々ではなく、この妻なら信頼を置ける家族として迎えられるという
相互理解を深める働きかけを行いました。
私と妻、両親でわだかまりが無いように信仰云々で不安な事や不明な事は率直に意見を交わしました。
信仰以外で関係が良好なら、きっとお互いに時間を掛けじっくり話し合えばどこかで理解し合えるところ
(妥協点)も見つかると思います。

信仰とは心のよりどころで形にはこだわっていけないと思っています。
信仰を持つという事は、無宗教の人も含め人が飲食をするように信仰を持っている方にとっては
心の滋養だと考えます。
したがって何々教だから日々の生活が制限される、結婚を約束した方と添い遂げられないと言うのは
人のよりどころとなる信仰としては本末転倒な気がします。

ただ信仰という事はなかなか理解されにくい部分もあり、特に自分が長男という事もあり(実際に
誰が墓守するんだという議論が両親からでなく親戚から沸き上がります)私の入信は今の所見合わせて
います。
妻には遠い将来入信する可能性は否定しないけど、今の生活を円満に暮らすにはこのスタイルが自分達には
良い事を確認しています。
我が家もクリスマスを祝い(キリスト教)、盆暮れ正月にはお墓参り(仏教)をして、大晦日に除夜の鐘
(仏教)を撞き、お正月には神社やお寺に初詣に行っています。

自分達の理想のスタイルにこだわる気持ちも重々理解しますが、出来るだけお互いに寛容に時間を掛けて
対応されたら良いと思います。
約500年以上続く信仰です。お互いの人生を掛けてじっくり臨まれても良いのではないでしょうか。

私はクリスチャンではありませんが、妻がクリスチャン(カトリック)です。
子供も赤ちゃんの時に洗礼を受けさせました。
ただし、子供が大人になっても信仰を持ち続けるかは当人に任せるつもりにしています。

私の家は基本的に無宗教(葬式法事の時のみ仏教)です。
父親だけが熱烈な仏教系の新興宗教なので、もう少し話はややこしい感じです。

妻とは結婚前には信仰の事を含め徹底的に話し合いました。
プロポーズの前には、妻の信仰を続ける事と子供の洗礼を受けさせる事を確認し、
死んだら私の家...続きを読む

Qプロテスタント教会での出来事

教会に恐怖を感じていくのをやめました。
洗礼は受けていませんが、一日5時間聖書を読めとか、一度でも礼拝を休むと
必ず、しつこく詮索してくる人がいます。今まで大勢の人が教会を去って行きました。
教会はどんな人でも受け入れるのが神様の愛なのではないのでしょうか?
普段はいい人なのですが、聖書を少しでも理解できない人や、期待した言葉をださないと
感情をむき出して、その人たちを排除して、オウムや創価のような恐怖や洗脳を思い出すがあります。1度、警察沙汰になったとき「私は悪くないのこの人は悪魔なの」と
警官のまえで悪あがきをして、このことが教会をやめる決定打になりました。
宗教って、生きることに疲れた人が心のよりどころと平安を与えるところ、
単純な理由で弱者や異質を攻撃するのなんて、残念です。
多くの教会が社交場化しているのでは、駅から歩いて3分もないのにわざわざベンツやBMWで乗り付けて路上に止めることもないのでは。

Aベストアンサー

カトリック信者で、ここの所原則毎週カトリックの教会に通っています。
少なくても私の周りでは、カトリック信者である前に、皆さん「良き市民」であり、特に偏屈な人、変に狂信的な人は見受けられません。逆に言えば、特別素晴らしい、徳の高い人にもそうそうはお目にかかれません。早い話が、一般の世の中と同じだということです。

この「良き市民」とは、キリスト教的に言えば「善きサマリア人」と言い換えてもよいと思います。
サマリア人は、聖書の時代、ユダヤ人から見てひどく差別されていたようです。
しかし、イエスの説法の中にある有名な「善きサマリア人のたとえ」(新約聖書・ルカによる福音書第10章第26~37節)にある通り、道で行き倒れになった人を救助し看病したのは、ユダヤ教の祭司などではなく、ふだんは卑しめられ差別されていた一人のサマリア人だったという話です。その人は、まるで自分のことのようにその行き倒れた人のことを心配し、先を急いでいたのに立ち止まって救助したのです。この「他人の痛みや苦しみを自分のことのように心配して、救いの手を差し伸べる精神」つまり「隣人愛」こそ、イエス・キリストが最も重んじるべき価値観として奨励したものであることは、質問者様もよくご存じの通りだと思います。

更に質問者様もよくご存じの通りかと思いますが、キリスト教の神は、本来、「裁く神」ではなく、人の過ちを「7の70倍」まで許す神です。(新約聖書・マタイによる福音書第18章第21~22節ご参照)
又、律法ばかりを重んじ、血の通わない、隣人愛の伴わない正義(?)をふりかざすパリサイ人たちに対するイエスの批判は当を得たものだったと思います。
更にもうひとつ、マタイによる福音書第6章第5~8節にもあるように、祈る時は隠れて祈れ、これ見よがしに人に「祈ってるぞ」と見せびらかすこともない、とあるように、虚栄心を戒めていますね。

こうしたイエスの教えにもかかわらず、教会といえども、世間のドロドロした人間関係や虚栄心、邪心から逃れることは出来ず、最初に書いた通り、やはり「弱い人間」の集合体なのだと思います。
だからこそ、逆説的ではありますが、そんな弱い人間から脱却して、少しでも心掛けのよい人間になるために、キリスト教をはじめとした宗教や、教会などのコミュニティの存在意義があるのではないでしょうか?

あなたの通っておられる教会は、どうも不幸な現状に晒されているようですが、それが、キリスト教ひいては宗教のすべてとは思わないでください。しかし、「すべて」ではないにしても、一つの姿ではあるという現実とも、同時に向き合って下さい。

その上で、あなたの身の処し方については、あなたの自由意思で考えて頂いてよいと思いますが、
1.今の教会で「改革」を目指すにしても、
2.他の教会(含・教派・宗派の変更)で再起を目指すにしても、
出来れば、キリスト教にもう少し付き合い、色んな現場から、学んでいって頂ければ幸いです。
(因みに、プロテスタント諸教派は、聖書に最も価値をおきますが、カトリックは、必ずしもそうではなく、教義にも柔軟な所が見受けられるようです。)

勿論、キリスト教にこだわらないのも、一案です。
最後に白状しますが、私自身、仏教や神道などにも深い親近感を持っており、特定の宗教というよりも普通名詞の「宗教」や「神」と向き合いたいという意識を強くもっています。

カトリック信者で、ここの所原則毎週カトリックの教会に通っています。
少なくても私の周りでは、カトリック信者である前に、皆さん「良き市民」であり、特に偏屈な人、変に狂信的な人は見受けられません。逆に言えば、特別素晴らしい、徳の高い人にもそうそうはお目にかかれません。早い話が、一般の世の中と同じだということです。

この「良き市民」とは、キリスト教的に言えば「善きサマリア人」と言い換えてもよいと思います。
サマリア人は、聖書の時代、ユダヤ人から見てひどく差別されていたようです。
し...続きを読む

Qクリスチャンの彼。婚前交渉。

クリスチャンの彼について
私の彼はアメリカ人クリスチャンです。彼は私との結婚も視野に入れているくらい真剣に私と付き合ってくれています。彼の両親も、真剣に私を認めてくれているようです。
しかし最近無宗教の私にとって彼の宗教的な考え方に疑問を持つようになりました。
というより、正直今までの私の元彼との付き合い方や、互いの価値観の違いなど比べものにならない程違うので戸惑いを隠せません。
彼は29歳にして童貞を貫いています。彼女は私が初めてだそうです。しかし私はごく普通の日本人女性で、初体験は17歳に終えています。交際人数も今の彼が5人目です。
彼とは全く恋愛境遇が違います。彼にはまだ私が処女であることを言っていません。なぜなら成人した女性が処女でないことを驚くことはないと考えていたからです。
しかし、インターネットで調べていくにつれ、童貞のクリスチャンは処女としか結婚できない、というのを見て、もしかしたら彼は私のこと処女だと思っているから付き合っているのか、と不安になってきてしまいました。言おうと思えばいつでも言えますが、これを言うことでもう付き合えないということにならないかが不安で言うことができません。やはりクリスチャンは処女としか結婚できないのでしょうか?
また、婚前交渉について彼と話しました。私は婚前交渉の何がいけないのか、と彼に言いました。彼は、やはり婚前交渉をするつもりはないそうです。しかし私は、セックスは愛し合う2人の愛をさらに深めてくれるものだと思います。もちろん、道徳に反するような、快楽のためだけのセックスは私も反対です。そのようなセックスのことを悪く言うのはわかりますが、愛し合っているのになぜキリスト教においてセックスが許されないのか。無宗教の私にとってはこの考えが馬鹿馬鹿しくてたまりません。もちろん彼のことは大好きですし、理解したい気持ちでいっぱいです。でも私はまだ学生で、若いうちに若いセックス、と言っては語弊がありますが、できるうちに沢山愛を深めたいタイプです。結婚を待っていたら彼は年老います。本当に彼を愛しているなら我慢できるはずだ、という綺麗事は実際問題少なくとも私には通用しないのです。なぜなら性欲は人間の本能ですし、それ以上に大好きな彼とセックスという形で結ばれたいと思う気持ちが強いからです。

別れるという選択肢以外で、無宗教で無知な私に、この壁をどのように乗り越えられるかアドバイスを頂けますか?切実に悩んでいます。

クリスチャンの彼について
私の彼はアメリカ人クリスチャンです。彼は私との結婚も視野に入れているくらい真剣に私と付き合ってくれています。彼の両親も、真剣に私を認めてくれているようです。
しかし最近無宗教の私にとって彼の宗教的な考え方に疑問を持つようになりました。
というより、正直今までの私の元彼との付き合い方や、互いの価値観の違いなど比べものにならない程違うので戸惑いを隠せません。
彼は29歳にして童貞を貫いています。彼女は私が初めてだそうです。しかし私はごく普通の日本人女性で、...続きを読む

Aベストアンサー

どちらか一方がノンクリスチャンの夫婦なんて無数(と言ったら大袈裟ですが)に居ますよ。

聖書によれば、どちらか片方がキリスト信仰を持っている事によって連帯責任よろしく信仰を持ってい無い方の片方も救われます。

だから、あなたの彼はあなたの救いに対して大きな役割を持つ事に成ります。あなたが信仰を持とうが持つまいが。


ただ、例えばですが、家が火事で焼けており、直ぐにでも逃げ出さなければならないような普通に考えれば考えるまでもない明らかな方向性が見えていると一般の人が考えている事柄について「逃げずに祈る。祈れば火は消える」などと発想するような葛藤なんて言葉では形容できないほどの「差」を感じる機会はあるかもしれません。

そんな時、貴女は日本国内に於いて多数派になっている場合が多いかもしれません。
しかし、多数派は必ずしも智慧に基づいておらず、多数派の数の利を活かして少数派は足下で蹴散らしているだけの事柄も多くむしろ智慧に基づいているとは言いにくいケースも枚挙にいとまがありません。
しかし多数派というだけでそれが智慧であるかの様に思い込めてしまいます。


クリスチャンの多くは無抵抗主義ですから、そうなった場合あなたの彼氏はサンドバックです。
日本国内で過ごしているなら、日頃から少なからず周囲とのギャップには悩んでいる事も予想され、それら彼のストレスの小さな一つ一つを理解できていなければある日突然「何でこんな事でそんなに怒るのか分らない!プンプン!」と不毛な時間を過ごす事になりかねませんし、愚かな結果を招く事も考えられます。


彼との付き合いだけではありませんが、特に彼との付き合いに対しては思考停止で右に倣えの日本人らしさをコントロールしなければならないかもしれません。
今当たり前に思っている婚前交渉は誰しもが持っているものというあなたの世界観が既に彼の世界観とは違っている事が発覚しているのですから、それに関連する他の部分もそのうち明らかになってくると思います。



ただ、恐れる必要はあまりなく、心配する必要もあまりありません。
思考停止を止め、一つ一つ目の前の事柄を自分の目で見て、自分の耳で聞いて自分の頭で考えて、自分の心で感じて、自分の理性と信念とで判断する。
人間として当たり前の事を日々行っていれば良いだけです。
念の為に言っておきますが、きっとあなたは今現在はそれをしていないと私は考えているので、今以上にという意味です。


今までの回答者たちへの受け答え拝見しました。
誠実で良いと思います。
今のあなたなら私は応援できます(笑)
頑張って最高に幸せになって下さい♪(^^)

長文失礼。

どちらか一方がノンクリスチャンの夫婦なんて無数(と言ったら大袈裟ですが)に居ますよ。

聖書によれば、どちらか片方がキリスト信仰を持っている事によって連帯責任よろしく信仰を持ってい無い方の片方も救われます。

だから、あなたの彼はあなたの救いに対して大きな役割を持つ事に成ります。あなたが信仰を持とうが持つまいが。


ただ、例えばですが、家が火事で焼けており、直ぐにでも逃げ出さなければならないような普通に考えれば考えるまでもない明らかな方向性が見えていると一般の人が考えている事柄に...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング