プロが教えるわが家の防犯対策術!

1. イエスが なぜキリストか。
次に掲げる聖句に集中します。その中で特には:

○ 人の内から生きた水が湧き出る

に焦点を当てます。ぎゃくに言うと このことに一般にクリスチャンは注目していないと思われるのですが それはなぜか? と問います。

2. ▲ (ヨハネ福音7:37-39) ~~~~~~~~~~~~~~

 37: 祭りが最も盛大に祝われる終わりの日に、イエスは立ち上がって大声で言われた。

    「渇いている人はだれでも、わたしのところに来て飲みなさい。
 38: わたしを信じる者は、聖書に書いてあるとおり(*)、その人の
    内から生きた水が川となって流れ出るようになる。」

 39: イエスは、御自分を信じる人々が受けようとしている“霊”について言われたのである。イエスはまだ栄光を受けておられなかったので、“霊”がまだ降っていなかったからである。
 

3.  *(註) 《聖書に書いてあるとおり》 について次のようだと思われます。:

 ▲ (イザヤ書55:1) 渇きを覚えている者は皆、水のところに来るがよい。

 ▲ (イザヤ書44:3) ~~~~~~~~~~~~

  わたしは乾いている地に水を注ぎ
  乾いた土地に流れを与える。
  あなたの子孫にわたしの霊を注ぎ
  あなたの末にわたしの祝福を与える。

 ▲ (イザヤ書 58:11) ~~~~~~~~~~

  主は常にあなたを導き
  焼けつく地であなたの渇きをいやし
  骨に力を与えてくださる。
  あなたは潤された園、水の涸れない泉となる。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




4. イエスが なぜキリストか。

すなわち問題は 渇いた者に水を飲ませるというだけではなく その人の内から水が湧き出るようにさせる。と言っていることにある。

闇を光があかるくするだけではなく――これは 人間の思いやりや科学の光がよく成し得る―― その人の内において心の燈心をともす。と言っている。

このゆえに イエス(人間)が同時に キリスト(神の子であり神)であると。

教義やその認識や人間としての努力や助け合いあるいは科学としての研究やその成果 これらすべての宗教や人智を揚棄し 個人の内側に火をともした。

水・火は 生命性だと思われます。


5. イエスがキリストであるということは 宗教が揚棄されることであり キリストのキの字も言わないで済むようになることである。

それは かたちとして言えば ただひとつの信仰の類型を指し示した。神についてその名を何と言おうと関係なく《信じる》のは同じ普遍神であるということ。そのときには 信仰として《非思考の庭》なるかたちがわが心に成るという問題。

《思考の緑野(心)や感性の原野(身)》を超えたところ(場・庭・チカラ)を指し示し その実現を伝えた。

この旨をキリストのキの字も言わないことによって われわれは 実現してゆけるはずだと。すべてわが主観の問題なりとも言えるかも。


6. おそらくこの結果起こる世界のすべての宗教の解体については われら日本人がもっともよく成し得ることではないであろうか。

 ・普遍神とわれとの関係なる信仰の類型としては:

   梵我一如ないし霊霊一如(これが 非思考の庭)すなわち
    梵:ブラフマン神(神の霊):マクロコスモス
    我:アートマン(霊我):ミクロコスモス

 ・宗教の揚棄・解体については:
   
   神道方式すなわち
    ブラフマンやヤハヱ―やアッラーフや
    アミターバ・ブッダやマハーワイロ―チャナ・タターガタ(大日如来)や 
    また《無い神》や何やかやの名にいっさいこだわらない。





7. どこまで哲学の議論に耐え得ましょうか? さまざまに展開しえましょうか?
問い求めます。ご教授ください。

A 回答 (5件)

>どこまで哲学の議論に耐え得ましょうか?


ーー>
以下のことが、哲学的回答です・・・
「イエスが なぜキリストか。あわせて 宗教」の回答画像5
    • good
    • 1
この回答へのお礼

【Q:ソシュールの《言語記号の恣意性》は 神話である。】
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/8508948.html

☆ わたしの質問ですが そこでの回答者 Nakay702 さんとのやり取りが 参考になると考えます。

構造主義なる関係主義という仮説思想の淵源となったわけですが その《言語記号の恣意性》説がくづれたら 構造主義はほとんどすべてが崩壊するはずです。


そこでは:

 / nagi / なぎ =薙ぎ・凪ぎ・和ぎ

なる語例を取り上げ 子音としての音素( / n; g(k) / )について恣意性が成り立っていないことを検証しています。すなわち その子音がそれぞれ音素としてそのまま意義素であるという仮説です。


   *


なお №3および№4のご回答については №1でお応えしていると思いますので お礼欄は空白スペースとして取っておきます。あしからず。

お礼日時:2022/08/30 03:09

つまり、すべてがわからないのです・・・

「イエスが なぜキリストか。あわせて 宗教」の回答画像4
    • good
    • 1

人間の構造や宇宙の構造が永遠にわからないので、すべてはわからないのです。

「イエスが なぜキリストか。あわせて 宗教」の回答画像3
    • good
    • 1

>4. イエスが なぜキリストか。


5. イエスがキリストであるということは 宗教が揚棄されることであり キリストのキの字も言わないで済むようになることである。
ーー>
それは人間の構造や宇宙の構造が永遠にわからないのと同じで謎なんです。
「イエスが なぜキリストか。あわせて 宗教」の回答画像2
    • good
    • 1
この回答へのお礼

★ それは人間の構造や宇宙の構造が永遠にわからないのと同じで謎なんです。
☆ 考えるに この種の回答では 何も言っていないと思います。

① 人間の存在についてや宇宙の成り立ちにかんして 学問がそれなりに探究して来ています。分かった部分もそれなりにあることでしょう。それを:
★ 永遠に分からない謎
☆ だと決めつけるのは この質問への回答拒否のためのヘンな言い訳にすぎません。

② それに そういった決めつけ根拠は ご自身の単なる憶測のほかに無さそうです。

③ それは――何か言っていることがあるとしたら―― 敗北主義というものであって おまえもそれに倣えとは言っています。

☆ こちらは 仮説を明らかにしています。

☆☆ ~~~
5.・・・
それは かたちとして言えば ただひとつの信仰の類型を指し示した。神についてその名を何と言おうと関係なく《信じる》のは同じ普遍神であるということ。そのときには 信仰として《非思考の庭》なるかたちがわが心に成るという問題。

《思考の緑野(心)や感性の原野(身)》を超えたところ(場・庭・チカラ)を指し示し その実現を伝えた。
・・・
~~~
☆ 《非思考の庭》なる信仰動態の対象は 《非経験の場ないしチカラ》です。

そしてこの《永遠に分からないナゾ》について 二つのアプローチをしています。④の事項については書き込みがなかったわけですが:

④ 《分かる・分からない》の認識問題としては 《非知なるナゾ》として規定しています。

経験事象
 可知:既知&未知
 不可知:知り得ないと証明された未知
非経験の場
 非知:知り得るか知り得ないかが知り得ないナゾ
   ( incomprehensible incomprehensibility )

☆ つまり じつは・げんみつに言って実際には 《永遠に分からない謎》ではなく 非知なのです。

⑤ 
☆☆ ~~~
6.・・・
・〔非知なる〕普遍神とわれとの関係なる信仰の類型としては〔すべてが〕:

   梵我一如ないし霊霊一如(これが 非思考の庭)すなわち
    梵:ブラフマン神(神の霊):マクロコスモス
    我:アートマン(霊我):ミクロコスモス
~~~


☆ 以上 宇宙の構造については それを超える非経験の場を 人間存在の構造については 非思考の庭をそれぞれ提示しています。

お礼日時:2022/08/30 02:37

そう決めた人がいるから

    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございます。


それはそうですね。

《どうして・どのような内容として》そう決めたと思いますか?

[4][5]などの私論=試論について コメントをしてもらってもいいです。

お礼日時:2022/08/29 21:24

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!