旅行好きのおしりトラブル対策グッズ3選

「コクリコ坂から」良い映画ですね。
思わず、自分もこんな青春してみたいな~と思ってしまいました。

ところで、どうにも私は映画などを読み解くのが苦手なんですが、何カ所かいまいち分からない部分がありました。
みなさんはどう解釈されました?

1)なぜ、風間父は、風間俊に「澤村が本当の父親だ」と言ったのでしょう?
風間父も、俊が立花の子供だということを知らなかったから?
→だとしたら、なぜ澤村(あるいは海母)は風間父に、俊が立花の子供だと言わなかった?

海と俊は異母兄弟で、本当に澤村が俊の父親だったのではないかと勘ぐってしまいます。(映画は異母兄弟ではないと思うんですが…)
しかし、松崎家と風間家は同じ学区域にあるのだから、海と俊が恋愛関係にならなくてもいづれ何れかの形で「兄弟かも?」という疑問が浮上する可能性はあるでしょうに、なぜ澤村が父親だと説明したのでしょう…
“立花一族が全員亡くなってしまったという悲しい事実を俊に教えたくなかった”というだけでは、いまいち納得できない感じが残ります…。

澤村は、(風間家にとっては)赤の他人の子供をいきなりつれてきて「育ててくれ!」というのは、無理かなって思って自分の子供だって嘘をついたってことなんですかね。


2)徳丸理事長がカルチェラタンの取り壊しをやめた理由。
カルチェラタンを実際に見て、カルチェラタンの価値を認めた…というところは理解できるんですが。
わざわざ東京から横浜まで(しかも他の予定を断って)、カルチェラタンを見に来てくれた理由はなんだったんでしょう。

映画を見てるかぎりでは、海に何かしらの惹き付けられるものを感じて、興味を持った、というように思えますが…(俊と水沼は完全スルーで)
そんな簡単な理由なんでしょうか?
水沼のセリフで「メルは幸運の女神だ」というような言葉がありましたけど…。

そんな「なんとなく」で、横浜まで来てくれたんですかね。




しかし俊の、風間父が本当の父で無いうえに、「自分の本当の父親」と思っていた澤村さえも本当の父でなかった事実を知りながらも、前に歩ける強さと若さがすばらしいですね!
良い映画でした!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは。



ネット上では大人気(笑)の「ゲド戦記」は見てないのですが
「コクリコ坂から」は、宮崎吾朗監督の厳つい風貌に似合わない
可愛らしい佳作だなという印象です。


先に回答された方と若干ダブるかもしれませんが
都合4回鑑賞した暇人の私なりの偏った意見を書かせていただきます。


1)
原作漫画は、消化不良ですが「異母兄妹ではない」という結論なので
良子と小野寺の主張(俊は立花洋の子)は本当というのが前提です。

俊は作品年で18歳(高校3年生)。
当時の時代背景からして、もう立派な大人。
養父・風間も「そろそろ言っておくべきか」と
高校入学を機に「事実」を伝えたのでしょう。

海ちゃんの実父・澤村雄一郎が、「船乗り仲間」の風間に真実を告げなかったのは
(親友・立花の子である俊(と後に名乗ることになる赤ん坊))
乱暴に言えば 『人間関係を説明するとヤヤコシイ』 からでしょう。


雄一郎・立花・小野寺は商船学校時代からの親友だけれど、風間は会社の同僚?という
人間関係の濃淡もあったかもしれません。


良子は「戦後の混乱期でよくあった」と、海に説明していました。
例え嘘でも、海にも納得できる嘘です。

風間家に初めての子供ができて、その後に亡くなったということは
雄一郎は「船乗り仲間」ですから当然、知っていたと思います。
無鉄砲な気持ちとはいえ使命感で引き取って来た赤ん坊(=俊)を
良子に「んなこと言われても無理だ」と叱られて
「そういえば!」と風間家に預けたのも、無いことも無い、かな。



戸籍にまつわる兄妹騒動は、雄一郎的には青天の霹靂でしょうね。



港南学園は私学だと思うので(根拠はありません)学区が同じか分かりませんが
コロッケの場面で「おうちはどこ?」「ほんまち」「わー遠いのね!」とあったように
俊の家は、海の日常生活圏よりは遠い所みたいですね。
直訴の後に、俊に告白した海は、徒歩でなく市電で帰宅していましたから。



良子が電話し、風間を呼び出した時に
「本当は澤村の子なんだけどゴニョゴニョ・・・」と口裏を合わせて
風間が偶然、3人目の小野寺の寄港を知っていて
「じゃあ奥さん、小野寺にも一芝居打ってもらいましょう」として
風間はタグボートで一足先に小野寺と会って
「澤村の息子と娘がもうすぐ来るからゴニョゴニョ・・・」とお膳立てして
あの美しいエンディング、というのも、無いことも無い、かな。


大人たちが、前途ある若者カップルの将来を奪わないように
敢えて全員が嘘をついた、という裏設定も、悪くないですけどね。



2)
徳丸理事長は実業家ですが、本業は本屋さんですよね。
(モデルが徳間書店の社長さんですから)
昔、記者か編集者か文筆業をしており、その取材中に
朝鮮戦争の裏歴史・LSTの事件を知っていたので
「苦労して育てた」母と「いいお嬢さんになった」海に
ことさら興味を持ったのでしょう。

俊と水沼の完全スルーは同意です。
徳丸さんの目線は、全然、興味なさげでしたね。

帰り道に、水沼が「いい大人もいるんだ」と言っていたように
当時の「来年、東京オリンピック開催!」という、日本が最も勢いあった時代ですから
「若い君達が、そこまで言うなら!」と思わせたのかもしれませんね。
徳丸さんが一代で築き上げた(?)会社・財団ですから
ビジネスの予定を動かすなど多少のワンマンも許されるでしょう。

カルチェの解体を決めた理事会の言い分と「何か違うなあ」と
自分の目で確かめたいという、社長としての本能・直感もあったかな。


とはいえ
事実を知らない風間が「(雄一郎に)似てきたな」と言うのは分かりますが
良子と海との話の中で「似てる?この写真と」「うん」と
海まで、俊と雄一郎が似ているという所が、腑に落ちませんが。

それまで長い時間、頭の中でグルグル「風間さんと兄妹かも」と回っていて
母から「実は違うよ」と言われても、とても直ぐには整理できないでしょうが。

立花と澤村雄一郎は、実は遠い親戚で意外と顔が似てる、という
宮崎駿だけが知っている裏設定があるとかないとか(笑)



異母兄妹モノというのは、私は初めて見たのですが
(昨今物議を醸している韓流ドラマなどでは定番らしいですが知りません)
「兄妹でも関係ない」という勢いで、週刊カルチェのガリ切りを手伝い
親友達とカルチェラタンのお掃除に励み、最後に告白までする海ちゃんに
スタジオジブリ伝統の『とにかく女は強い』を感じました。



以上、海ちゃんと良子の場面で毎回泣いたおっさんの個人的暴論でした。
長くてすみません。
    • good
    • 5

私も「コクリコ坂」は大好きな映画になりました。

ジブリ映画に珍しく、大人の男性がかっこよかったということと、これも珍しく、子供たちがしっかりと大人たちに守られ、愛されている感じがしました。

1)なぜ、風間父は、風間俊に「澤村が本当の父親だ」と言ったのでしょう?
風間父も、俊が立花の子供だということを知らなかったから?
→だとしたら、なぜ澤村(あるいは海母)は風間父に、俊が立花の子供だと言わなかった?

風間は、俊が立花の子だと知らなかったと思います。澤村は、自分の子である証明として戸籍まで持ってきて、面倒を見てくれるよう頼んでいます。また、「お前の父親は澤村雄一郎だ」と告げたあと、「近頃、雄一郎に似てきたな」とも言います。立花が父親だと知っている場合は、ここまでは言わないのではと思います。

以下、私の推測になってしまいますが、澤村は、風間にとって全く知らない人物である立花よりも、自分の子であったほうが引き取ってくれる可能性が高いと考えたのかも知れないと想像します。(結果的には、理屈よりも先に風間の妻が本能的に俊を抱きかかえ、それは杞憂になったわけですが)また、風間はいわば法的に虚偽の出生届を出していますから、もしも風間もしくは風間の妻(特に澤村が警戒するとしたら、友人である風間よりもその妻のほうでしょう)がいわゆる「常識人」であった場合、雄一郎をたしなめて正しい届出をするよう主張するかもしれません。そして劇中の雄一郎の性格から思うに、彼としては俊が自分の子でも、立花の子でも、同じように「わが子」であるという気持ちを持っていたので、立花が父親であることの説明を、それほど重要視しなかったのかもしれません。

ただし雄一郎も、もし、俊が法的に澤村の子であることに支障の出る事態になれば、その時には真相を説明しようというつもりでいたかもしれません。しかし、予期せぬ死によりそれは叶いませんでした。ただしその時点では、俊が戸籍上澤村の実子であることで問題が起きていたわけではありませんでしたし、海の母もわざわざ「実は俊は立花の子である」と新たな情報を出し、混乱させることをしなかったのではないでしょうか。愛した夫が、勢いとはいえ我が子同然に扱っていた気持ちも慮りたかった思いもあったと察します。

しかし、劇中で状況が変わり、まさに「俊が澤村の子であることに支障が生じ」ました。言うまでもなく、海が俊に恋をしたことですね。これを、海の母は海の言葉で初めて知ることになります。あの時の赤ん坊が生きていて、元気に海と同じ高校に通っていて、その上海と出会って恋をしていると。それで、海にしっかりと真相を伝え、その後に風間にも喫茶店で会っているシーンが一瞬挿入されますが、おそらくこの話をしていますよね。

港南高校は見るからに私立ですし、風間の家は海が住む山手地区から離れた場所(通学路から察するに、
山ひとつ越えた先の関外、ネオンが見えて運河があり、裕福な雰囲気があまりないので伊勢佐木町~曙町あたり?)からタグボートで通っていますから、同じ私立高校に通うことになるとは想定していなかったと思います。

真相を知った風間は、俊に、父親たちのかつての仲間の一人である小野寺から、直接真相を聞くように電話をかけます。(これも、小野寺は風間が知るはずのない人物ですから、風間は海の母に頼まれたのだと想像します。)

小野寺の話は海の母の話と重複しているので不要である、という人がいるようですが、私は二人の話は位置づけが異なると思っています。

海の母の話のポイントは、海の母がどれだけ雄一郎を愛していたかということです。海は母の話を聞いても、尊敬する父がもしかすると不貞を働いていたかもしれないという不安感をぬぐえず、「もし風間さんがお父さんの本当の子供だとしたら?」と、かなり踏み込んだ質問をします。しかし、母は海の不安を吹き飛ばすようにあっけらかんと、「お父さんに似ているなら会ってみたいわ!」と答えます。俊がたとえ雄一郎の子だったとしても構わない、という母の寛容さ、愛の深さを知り、海は不安が一気にほぐれて泣き出します。それで吹っ切れたのか、「私、風間さんが兄妹でも構わない」という言葉を添えて告白していますよね。母の話は、両親の愛の大きさを知り、海が、小さなこと(?)は気にせず、俊を愛することを決意するために必要なシーンでした。

つまりこの段階では、「俊は立花の子」説が有力になったとはいえ、まだ物語的には真相はグレーなわけです。これを白黒つける役割を持つのが、小野寺です。小野寺は俊の生まれる前の立花夫妻も知っている生き証人ですし、この期でも嘘をつけば親友の息子と娘が不幸になりますから、口裏を合わせているというのはありえないと思っています。つまり、小野寺の言葉=真実、というふうに受け止めるのが自然かと思います。小野寺は、父親たちの絆を話して聞かせ、亡き親友たちの息子と娘が成長して出会ったことに感激します。これにて、兄妹疑惑は完全に晴れてめでたしめでたしです。

2)徳丸理事長がカルチェラタンの取り壊しをやめた理由。
この人物を見ながら、「ああいう偉いおじさん、いるいる」と思ってしまいました。私も会社勤めですが、団塊世代以上で大胆かつ突拍子もない決断を、勢いよく下してしまう豪快な人物がたまにいます。これは、No.1の方もおっしゃっていますがモデルが徳間社長ということなので、キャラクター自身の行動原理というよりは、「徳間社長だったらどうするだろう」という視点から描かれたシーンではないでしょうか。特に、時代はイケイケドンドンの高度成長期ですから、少し予定が遅くなったり余計にお金がかかることに対し、今の時代よりも懸念がなかったのでしょう。

恐らく、徳丸理事長も、戦後の復興期をバイタリティ豊かに支える人物として、古いものを新しくする=絶対的によいこと、みんなが喜ぶこと、と単純に思い、取り壊しを進めてきたのではないでしょうか。よくあることですが、決断者にとってはAでもBでも大した違いはなく、なんとなく良さそうという理由で「A」で決めたとしても、他の人間にとってはAとBでは大違いであったことが後から判明し、そういうことであればBにしよう、というのは起こりうることだと思います。理事長は、建物を新しくしたほうがいいに違いないという一方的な考え方でいたけれども、古い建物を残したい生徒も存在することを知り、そういうことなら他へ建ててやろう、と、わりとアッサリ決断したと思います。(建設が始まっていれば話は別だったと思いますが、、)

水沼や俊にとっては、とてつもなく大きな問題で、どうせ大人はわかってくれない、話など聞いてくれない、と思っていたのが、行動を起こしてみたら拍子抜けするほどものわかりのいい大人もいた、という感覚を抱かせるための人物だったのでは、と思います。(その後、水沼も「いい大人もいるんだな。。。」とつぶやいています。)どうせ無理だ、と決めつけて、頭でっかちになって行動しないことにより、もしかすると行動していればわりとすんなり物事を変えられるかもしれない、という例というのでしょうか。

まぁ個人的には、そうだとしてももう少し、若造たちを試してやろうというような質問やつっこみなどを、社長室で入れてもよかったとは思いますが・・・(モロの君が、アシタカがサンにふさわしい男か見極めるために「お前にサンを救えるか」と試していたように。)とにかく、理事長としては、カルチェラタンを見に行くことを決めた時点で、8割以上は存続させてやろうという気持ちに傾いていたと思います。

以上、ほとんど憶測ですが、ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

すごい!

なんだか、もう一度映画を見ている気持ちになりました。
いろんな方の、解説や感想よみましたけど、mikenorthさんの説明が、いちばんすんなり、気持ちよく読めました。
おなじ港南高校にかよっているから、ある程度、近い生活圏内にいるのかと思ってましたけど、なるほど。確かに、説明されれば、なっとくです。そんなに近いところに住んでいたわけじゃなく、海と俊が同じ高校に通う事になったのは、すごい偶然だったんですね。
確かに、二人が出会わなければ、「俊は澤村の息子」という話のままの方が、すべてがスムーズに進んだわけなんですね。

すごい。mikenorthさん凄いですね。ちょっと、感動です。

徳丸理事長のことについても、mozofunkさんの話もあわせて、モデルがいたとは、良い事知りました。

>頭でっかちになって行動しないことにより、もしかすると行動していればわりとすんなり物事を変えられるかもしれない

なるほど。ある意味、海と俊の兄弟疑惑に関する事の、伏線のほうなものだったんですね。

“ほどんと憶測”とのことですが、私にはすっごく、素敵な解説でした。理想的、というか、たとえ憶測であっても、こういう流れであってほしいな…と思います。


映画、見終わった後に、本当に俊と海は兄妹じゃなかったのか、すごく悩んだんです。落ち込んだんです。
でも、みんな、ちゃんと前向きに…いや、コピーを借りるなら、上を向いて歩ける、そんな終わりだったんですね。
子供たちは、大人たちに守られて、愛されて。
ジブリで一番好きな映画になりました。

お礼日時:2011/10/17 23:41

 1)については母が「お父さんたら勝手に、俺の子だって 出生届を出してしまったの」のような説明をしていたと思いました。



 澤村の子ということで風間家にもらわれていった(養子縁組)ので、
本当の父親の名前を出すと、戸籍上非常にややこしい話になってしまいます。

まぁそんな乱暴な事の出来る時代だった風な事も云っていたようなきがしました。

 そんな事より風間母と俊の運命の出会いの方が重要と思われます。

 2)の徳丸理事長ですが、この人にはどうもモデルがあると思えて為りません。
そのモデルとは、宮崎駿氏の盟友?だった旧[徳間書店]の社長であり、初代スタジオジブリの社長でもあった 故徳間康快氏です。

徳丸ビルの壁にどうもアサヒ芸能っぽい名前のポスターがあったり、色々なオマージュ
でくすぐられます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/徳間康快

キネマ旬報 2011年8月上旬号N01590に[コクリコ坂から]の特集が組まれていて、
その中の作品評 大久保清朗著[死せる戦友達の眼差し]にあなたの問1.2に対する名文が書かれています。是非図書館などでお読み下さい。

私見ながら、高校生の歌声はもっとバンカラな胴間声などがあった方が雰囲気がでたと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

徳丸理事長にそんな設定があったとは…!
まったく、知りませんでした…!
へぇ~。面白い情報をありがとうございます♪楽しみが増えました。

お礼日時:2011/10/17 23:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q平均サイズは7号?9号?11号?

すごくウエストが細い方が多い、と街中を歩いてよく思います。
私は155cmで9号サイズを着ているのですが、過去何度も太っている、ウエストが
太いと男性陣から直接的、間接的にいわれてショックを受けたことがあります。
9号サイズが入るということはウエストは63~64くらいだと思われるのですが
世の中的には太いのでしょうか。
バーゲンなどにいっても9号の物よりも7号などの方が売れ残っていることが
多いのですが、世の中の男性陣がグラビアアイドルなどをみて、女性のウエストは
みんな50台だと思っているからなのでしょうか。
それとも、7号サイズくらいが普通なのでしょうか。
また、ウエストは細いけどバストやヒップが大きい方もいっぱいいらっしゃると
思うのですが、9号サイズで苦しい場合は、どうされているのでしょうか。
男性の方、女性の方、よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

服の号数で判断しないで、しょっちゅう生で計られはいかがでしょうか。あと、ショックなこと言うひとは嫌なひとだと、開き直って、気にしない!まあ、愛情を込めて言われたのかも知れないですね。

ところで私は現在の日本は寸胴が増えてると思います。

なにかの番組(テレビ)で見ましたけど、今はヒップハングの服の影響で体が自分で自分のウエストを締めることを忘れてしまい、結果寸胴の時代といって、昔(昔とは、いつのことなんだろう??10年前ぐらいではないかと勝手に推測します)よりウエストは太くなっているそうですよ。
私も、今の中高生をみると、なんてみんな姿勢が悪くて寸胴ぞろいなんだろう、って思いますけど?15年前の中高生よりも姿勢は悪いと思うし本当に寸胴だと思うんですけど。

でも今の20台前半の人をみると、胸もない(補正ブラジャーでしょう。)し、おなかの薄いひとも確かに少なくは無いですね。全体的に言えるのは、筋肉がついてないひとが圧倒的に増えた、ってことだと思います!

結婚式場のドレスはブライダルフェアーの試着に回されるドレスは9号よりも、7号が中心です。実際は一つ一つ大きさが違うんですが。
実際のお式では、5号の方も、意外と少なくないです。胸が緩いとはだけて見えて危険ですし、緩いよりは、きついぐらいで着られますからね。

私は嘘偽り無く、3年前バスト83(Dカップ)・ウエスト53・ヒップ80でした。1年前はバスト86・ウエスト56・ヒップ81でした。趣味で週1回ダンスをやってただけですが、常におなかは引っ込めて仕事中(事務)もいました。一緒に温泉とか入った女友達にはよく感動されてました。
今は妊娠6ヶ月ですがバスト90・ウエスト63で9号を着てます。(マタニティじゃなくて、友達が引っ越すときくれた普通の服。)たぶん臨月になってもバストのほうが大きいだろうと予想しますし、産んだらすぐ戻るんじゃないかとおもいます。うちの母親も、40歳までは「お風呂屋さんでいちばんスタイルが良い女性(子供である私から見て)」でしたから。

姿勢ですよ、姿勢!

絶対細くなりますよ、変なダイエットとかしなくても。

腰周りの贅肉は冷えるそうですし、あんまり必要ないんじゃないかと思います。

服の号数で判断しないで、しょっちゅう生で計られはいかがでしょうか。あと、ショックなこと言うひとは嫌なひとだと、開き直って、気にしない!まあ、愛情を込めて言われたのかも知れないですね。

ところで私は現在の日本は寸胴が増えてると思います。

なにかの番組(テレビ)で見ましたけど、今はヒップハングの服の影響で体が自分で自分のウエストを締めることを忘れてしまい、結果寸胴の時代といって、昔(昔とは、いつのことなんだろう??10年前ぐらいではないかと勝手に推測します)よりウエストは...続きを読む

Q源泉徴収票を提出しなかったらどうなりますか?

源泉徴収票についての質問なのですが、
これから新しい会社に正社員として勤めるのですが、
源泉徴収票を提出しなければなりません。

今まで、
A社にアルバイト(社会保険あり)8カ月で退職し、
B社に正社員(社会保険あり)1週間で退職しています。

どちらも自己都合の退社ですが、
B社の給与は5万程度です。

A社は源泉徴収票を提出しますが、
B社も提出しなければならないでしょうか?
また提出しないとどうなるのでしょうか?

経歴書に書かなかったので
提出しなかった場合がどうなるか不安です。

大変、無知な質問ではありますが、
至急返答を頂けると助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

源泉徴収票とは
給料を支払う時に所得税や社会保険料を引いて渡すので
その給料の額と既に支払った所得税や社会保険料の金額を
証明する物です。
なので、源泉徴収されていなければないと言ってもかまいません。
所得税の期間は1月1日から12月31日なので
年の途中で退職、就職をした場合には既に払った所得税や社会保険料を
2社で合算して精査しないと税金を払いすぎている場合が多いので
年末調整で調整して多く払っている税金があれば貴方に返します。
必要なのは今年になってからの分です。
去年の年末に渡されたものであるのならそれは必要ありません。
自分で来年確定申告しても問題ありません。

年末調整されていない給与所得以外の収入が20万円以下は非課税なので
確定申告する必要がありませんが
源泉徴収されていれば既に所得税を支払っているので
年末調整しなければ損でしょう。

Qコクリコ坂からの家族構成

見にいきましたが家族構成がどうだっけと思ってしまいました。
まず何人兄弟でしょう?白黒写真には三人の子供が写ってましたが、妹しかいなかったような。
同居家族は妹と、
おばあさんは母方なんでしょうか、父方なんでしょうか?母親は何の仕事でしょうか?
父親が船乗りというのをどちらがわの親が反対したんでしょうか?

お願いします

Aベストアンサー

お母さんは大学の先生
お父さんは船乗り(故人)
妹はおわかりですよね。
弟も食事のシーンで出て来ています。

おばあさんは母方でしょう。
代々医者で診療所(病院)だった建物が、コクリコ荘だと言ってましたし。

そんな家だったから、娘(=主人公の母)が船乗りなんかと一緒になるのに反対で、駆け落ちになったと。
主人公が祖母に俊のことが訊けなかったのは、そのあたりがあるんでしょう。

少しネタバレがすぎました?

Q日本人の足はなぜ短いのでしょうか。

特に、膝(すね坊主)からかかとまでの長さが短いように思います。同じ背丈の外国人と並ぶと、背丈の全体は同じなのに、膝(すね坊主)からかかとまでの長さは日本人の方が短いです。テレビのバレーボールの試合など脚全体がよく見えるスポーツで見るとよく分かります。中国人と比べても短いですし、西洋人と比べるとずっと短いです。

もちろん、個人差があるので絶対に例外なくそうだとは言えませんが、たくさんの例を見ると多くの人が短いです。

魏志倭人伝にある「倭人」の「倭」は「背が曲がってたけの低い小人」、「なよなよした人」という意味で、「倭人」も「背が曲がってたけの低い小人」、「なよなよした人」という意味だそうです。そんな昔から中国人は「日本人は中国人より小さい」と認識していたようです。

ですので、多分その頃から、(もちろん背丈全体も小さいのですが)、同じ背丈の人同士を比べると、膝(すね坊主)からかかとまでの長さは西洋人よりも中国人よりも日本人の方が短かったのだと思います。

朝鮮人と比べると、あまり差が無いように思えますが、それでも僅かに短いように感じます。

膝を折って座るから短くなったのかなとも思いますが、膝を折ることによって短くなるほど昔から膝を折っていたのでしょうか。中国にも朝鮮にもそのような生活習慣はあまりないので、昔から膝を折っていたとも考えにくいです。

それとも、短い人がたくさん日本に渡来してその人達の子孫が繁栄したのでしょうか。

なぜ日本人は脚(特に膝(すね坊主)からかかとまで)が短いのでしょうか。

特に、膝(すね坊主)からかかとまでの長さが短いように思います。同じ背丈の外国人と並ぶと、背丈の全体は同じなのに、膝(すね坊主)からかかとまでの長さは日本人の方が短いです。テレビのバレーボールの試合など脚全体がよく見えるスポーツで見るとよく分かります。中国人と比べても短いですし、西洋人と比べるとずっと短いです。

もちろん、個人差があるので絶対に例外なくそうだとは言えませんが、たくさんの例を見ると多くの人が短いです。

魏志倭人伝にある「倭人」の「倭」は「背が曲がってたけの低い...続きを読む

Aベストアンサー

>「それとも、短い人がたくさん日本に渡来してその人達の子孫が繁栄したのでしょうか。」
だと思います。

>「膝を折って座るから短くなったのかなとも思いますが、膝を折ることによって短くなるほど昔から膝を折っていたのでしょうか。中国にも朝鮮にもそのような生活習慣はあまりないので、昔から膝を折っていたとも考えにくいです。」
まず獲得形質は遺伝しません。足が長すぎて正座がしづらく生きて行けないとなれば影響しますが、膝を折り続けてもその習慣による影響は遺伝子に組み込まれません。
ちなみにシナ人(漢人)も大昔は正座をしていたといわれます。蛮族の中国支配によってシナ人は椅子の文化になりました。

私は脚の短さに合理性を求めるべきではないと思います。品種改良した犬ではないのですし。

短いヒトによる短い民族が、長いヒトを交えることなく、栄えて、今や一億人になってしまったのだと思います。

日本は異民族のDNA的征服を受けていません。60年前に進駐軍がいましたが、混血は進んでいません。南米などは混血民族ですね。脚が長いか知りませんが、南米の人の大元はモンゴロイドですが、もはや先祖はヨーロッパ系と言えるのです。日本史にも白人によって皆殺しにされるような時期があれば脚は長かったでしょう。しかしそれは混血民族であり今の日本民族とは別になります。
日本人の脚の短さは少なくとも脚の長い民族によって混血の進むような支配を受けていない証拠になるでしょう。
ですから脚の長い遺伝子が外部から入ることはなかったので日本人自らが作り出さないといけません。そのためには脚の長いヒトを配偶者に選びたがる文化が必要です。日本人は有色人種の中では異様に肌が白く見えます。白人とは原理的に(遺伝子的に)違う内容の白さだと思うのですが、日本人の白さは日本人が作り出したものだと思います。日本人が色の白いのを選ぶ傾向がなければもっと白くない肌色をしていたはずです。東北の色白美人はロシア系などという奇説もあるようですが、私の説は、東北が貧しかったせいで美人(色白)とブスとの間に厳しい運命の差があった、というものです。昭和になるくらいまでの日本は非常に閉鎖的(地域的)だったし美人は地元に残る傾向があったと思いますので、有意差が生じるというか名物化するほど色白が目立つ地域が生じたと考えます。統計的事実は知りませんが(笑)東北美人の仮定の対しては私はそのように理由付けします。
では脚の長さはというと、現代では、手足の長いのがカッコいい事になっていますが、それは石原裕次郎あたりからの戦後スタイルであって、過去においては手足の長さは(身長にも相関するでしょうが)喜ばれていなかったと思います。たぶんですが、クモやバッタのようにキモチワルイものだったでしょう。したがって色は白くても手足の短い形質が日本人にとって安心できるルックスとして支配的になったのだと思います。つまり黒くて手足の長いのは排除される短足民族の村社会だった為に長くなる芽がつまれていたのです。という傾向があったと思います。
現在は手足の長いのが好まれるので、今後は日本人も統計的に徐々に手足が長くなってくると思います。貧しくなれば民族の美人化は加速するかもしれません。
したがって生物学としては質問者さんが仮定されたように短足人間が出発点にあり、まるで伸びなかったということになると思います。生物学的事実として頼りになるのは「獲得形質は遺伝しない」という事くらいでしょう。形態に関する既出の「法則」は統計的な傾向であり(学者による後付けであり)、ヒトにとっての生物学的必然性があるものではないと個人的に思います。「同じ種でも寒冷な地域に生息するものほど体重が大きく」となると寒冷地用に平坦な顔をしているモンゴロイドは大きくないといけません(そういうヒゲ学者を私は認めませんが)。寒い地方の白人は短足なんでしょうかね。熱の損失部位を動物的に考えれば、目鼻立ちだけではなく、足の指や耳たぶが小さくなる必要もありませんかね。私は寒さに対抗するための淘汰圧は外形よりも血管や脂肪など皮膚の構造を伴う解剖的な変異が生じるべきだと思います。骨格の違いは、非科学的にも目に付くテーマだから、隙間産業の人類学者などにとっての人文科学的着眼点になっているのであり、本物の生物学的には(機能的には)種に対して決定的な要素ではない思います。形の合理性よりも単に運命的な親の容姿の違いですね。ヨーロッパにモンゴロイドが住んで、極東に白人が住むことに生物学的な支障はないと思います。これは人類の”生物学”ではなく人類の”歴史学”ですね。日差しの強いオーストラリアに白人が生息していますが生物学的理由は求めません。歴史を考えるからです。しかし他の地域の白人が有史以前に絶滅していれば、多くの専門家がその生物学的理由を探すでしょう。生物学的理由はないのに、創れば、それは間違いです。
民族差は風土などのその土地を条件にした科学よりも、文化(選り好み)や歴史(征服)が大きくかかわってくると思います。

>「それとも、短い人がたくさん日本に渡来してその人達の子孫が繁栄したのでしょうか。」
だと思います。

>「膝を折って座るから短くなったのかなとも思いますが、膝を折ることによって短くなるほど昔から膝を折っていたのでしょうか。中国にも朝鮮にもそのような生活習慣はあまりないので、昔から膝を折っていたとも考えにくいです。」
まず獲得形質は遺伝しません。足が長すぎて正座がしづらく生きて行けないとなれば影響しますが、膝を折り続けてもその習慣による影響は遺伝子に組み込まれません。
ちなみに...続きを読む

Q風の谷のナウシカのどうしても解らないシーン

風の谷のナウシカ大好きです。もう何回も見ていますが
どうしてもあるシーンが理解出来ないでいます。

最初の方のシーンでトルメキアの大型飛行機が巨神兵の重さに
耐えきれず墜落しますね。その中にペジテのラステルが人質として乗っていますが
ナウシカに救出されます。そこで質問!

ナウシカが彼女の洋服のファスナーを開けて「はっ」とした表情で
何も言わずファスナーを締めて泣きそうな顔をしています。
あのシーンはどういう意味なのでしょうか。

その後ラステルが「積み荷を燃やして」という言いますがどうしてですか。

どうしても解決出来なく20数年経ちました。
宜しくお願いします!

Aベストアンサー

原作と映画版では中身がやや異なりますが、映画版での話をしますと、ラステルが乗っていた大型輸送船が墜落した際に輸送船の残骸が体を貫き、大量の出血をして瀕死の状態でナウシカに発見されます。

ナウシカは苦しんでいるラステルの呼吸を少しでも楽してあげようと、洋服の胸元を開けますが、そこで見た物はもう助からない程の傷と出血でした。
胸元を閉じたのは、せめても綺麗な姿のままで、息を引き取ってもらおうとのナウシカの配慮です。

「積み荷を燃やして!」の意味は、輸送船に積まれていた巨神兵が蘇ってしまうと、世界を焼き尽くした炎の七日間が再現され、数多くの罪の無い人々が死んでしまうからです。
それを防ぐために、自分の怪我の介抱はもう良いので、巨神兵を燃やして下さい!とのラステルの命を掛けたお願いだったのです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報