卒業の「卒」という字は、「卆」とも書くらしいのですが、
これは、一体古い書き方なのでしょうか。
私はこの書き方は知らなかったので、昔の字だと思ったのですが、
「新しい略しかただ」という人がいて、どちらか知りたいです。
どなたかご存知でしょうか。 日常は使わない字ですよね??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

「卒」が<正字>で、「卆」は「卒」の<俗字>に該当します。


新・旧の関係と言うよりも共存して来たって事でしょうか。

漢和辞典等でも「卆」は<俗字>扱いですが、例えば戸籍上等の
公の人名表記の都合もあって、法務省民事局では人名に係わる
漢字に関してそれぞれの「正字」に対応する「俗字」「(許容)誤字」
「旧字体」等の基準を詳細に定めています。但し、全ての漢字に
俗字が存在する訳では有りませんが・・・

もしも、興味が湧かれましたら大規模書店又は官報取扱所等で
『わかりやすい一表式<誤字俗字・正字一覧>
 戸籍の氏又は名の記載・記録に用いる文字』日本加除出版を
立ち読みされるのも宜しいかと思います。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/8882/kana/ka …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど・・・。
人名では、そういう微妙な違いのある漢字が沢山ありますよね。
新・旧の区別ではないんですね。
あまり見たことがないので「卆」に関しては全然知りませんでした。
ありがとうございました!

お礼日時:2001/05/02 23:37

「粋」「酔」などの右側はもともと「卒」でした。

これらの略字(新字体)が正式のものとして採用されたのは,それが俗字としてずっと使われてきたからこそでしょう。少なくとも「粋」「酔」よりも新しい略しかただ,ということはないはずです。ただ単にその人が目にしたことがなかっただけのことでしょう。たしかに,戦後の当用漢字・常用漢字で育ってきた世代にとって,「卆」はほとんど見る機会のない書き方ですから,その意味では「昔の人が使っていた古い字」と思えなくもありませんね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

とっても分かりやすいお答えありがとうございます。
そう言えば、「卆」のついている字は沢山ありますね。
もともとは「卒」だったとは。
やはり画数がすくなくて書きやすいからでしょうか。
とっても勉強になりました。ありがとうございました!

お礼日時:2001/05/02 23:44

 昔から九十才のことを「卒寿」といっていましたので、略字体として、広く通用されていたものと思います。



参考URL:http://www.echizenya.co.jp/minichisiki/oiwai.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですか!
九と十で「卆」なのでしょうか、
米寿とか白寿っていうのは知ってましたが・・・。
ありがとうございました!!

お礼日時:2001/05/02 23:40

「卒」は正字--清代の辞書の「康熙字典」を標準として載っている字を正字 「卆」は俗字--一般に書きやすくするために,画数を省いたりしたもので,書き誤った字とか,略字を俗字いうとの事です。

「倅」は日本では「せがれ」の意味の国字ですが、「イ卆」は「倅」の俗字です。中国では「倅」は「卒」と同じとしています。参考漢語林-大修館書店 中国語小辞典-大学書林
    • good
    • 1
この回答へのお礼

さっそくの回答ありがとうございました!
俗字なんですね。
そういえば「せがれ」という字は「倅」でも「伜」でも
読めますね・・・。

お礼日時:2001/05/02 23:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q石川啄木「ローマ字日記」翻字者について

石川啄木「ローマ字日記」を、筑摩書房1967年版の「啄木全集 第六巻 日記(二)」で見つけたのですが、翻訳(翻字)が誰の手なのかが書かれていません。
誰によるものかご存知または調べる方法をご存知なら、お教えいただけると有り難いです。

(岩波文庫にも同作があります(そちらは桑原武夫さんらしい)が、出版年代も10年離れているし、同じっぽくない気が。そちらを入手していないので比べられないのですが。)

Aベストアンサー

 今、私が見ているのは筑摩書房版全集第6巻、
昭和61年(1986)初版第6刷です。

いわゆる「ローマ字日記」は明治42年4月7日から始まりますが、
その前の「明治42年当用日記」の最終部分、
4月3日から6日まで、啄木はローマ字で日記を記しています。

全集の42ページ、4月3日の和文の部分に注釈があります。
[編集部翻字、以下同]

ちなみに、昭和36年版岩波版「啄木全集」も、
[編集部翻字、以下同]です。

Q盛者必衰と 同じ意味を持つ 四字熟語 知りませんか?

盛者必衰と 同じ意味を持つ 四字熟語 知りませんか
?もし知っていたら 何でもいいので 教えて下さい!!

Aベストアンサー

ぱっと思いつくのは「栄枯盛衰」。

あとは、「盛衰興亡」と「栄枯浮沈」、」「生者必滅」あたりでしょうか。

人の世は常にうつろい、はかないものだという意味もありますから、「万物流転」「夢幻泡影」も近似語でしょう。

Q十八史略で、「嘗胆」の箇所

「史記」で初出の「臥薪嘗胆」の意味を十八史略では「嘗胆」だけであらわせるようになったそうですが、そうなのでしょうか?

Aベストアンサー

もともと史記では「臥薪嘗胆」ではなく、
勾践の「嘗胆」という記述しかなく夫差の臥薪はでていなかった。
夫差の臥薪、勾践の嘗胆がセットで出てくるのが
十八史略だったはずですから、質問の内容とは
反対になってしまいますね。
もっとも、資冶通鑑によると、臥薪嘗胆したのは勾践で、
夫差の話は出てこないようです。

Q略示記号と形象文字どちらですか?

言語学の質問です。

% @ $ 

は略示記号、形象文字のどちらですか?

また、

= + &

はどちらに分かれますか?
説明もいただけたら助かります><

Aベストアンサー

%
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%83%88%E8%A8%98%E5%8F%B7
@
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%98%E4%BE%A1%E8%A8%98%E5%8F%B7
$
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%AB#.E3.83.89.E3.83.AB.E8.A8.98.E5.8F.B7
=
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AD%89%E5%8F%B7
+
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B9%E8%A8%98%E5%8F%B7%E3%81%A8%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%82%B9%E8%A8%98%E5%8F%B7
&
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%91%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%89

ということでかろうじてロゴグラムと呼べそうなのは「&」であとはどちらでもないと。

%
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%83%88%E8%A8%98%E5%8F%B7
@
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%98%E4%BE%A1%E8%A8%98%E5%8F%B7
$
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%AB#.E3.83.89.E3.83.AB.E8.A8.98.E5.8F.B7
=
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AD%89%E5%8F%B7
+
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B9%E8%A8%98%E5%8F%B7%E3%81%A8%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%82%B9%E8%A8%98%E5%8F%B7
&
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%8...続きを読む

Q「おごれるひともひさしからずただはるのよのゆめのごとし」?

下記の出典と意味を知りたいです。

「おごれるひともひさしからずただはるのよのゆめのごとし」

Aベストアンサー

平家物語の一節です。

『祇園精舎の鐘の声
諸行無常の響きあり
沙羅双樹の花の色
盛者必衰の理をあらわす
おごれる人も久しからず ★
ただ春の世の夢のごとし ★
たけき者も遂には滅びぬ
偏に風の前の塵に同じ 』

祇園精舎(インドのお釈迦さまのお寺)の鐘の音は、
「永久不変なものはない」といっているように聞こえる。
沙羅双樹(ツバキの一種。お釈迦さまが死を迎えるとき白くなって枯れた。)の花の色は、
栄えている者が必ず落ちぶれるという意味を表している。
思い上がったふるまいをする者は長くは続かない。
それは単に春の夜に見る夢のようだ。
荒々しい強者もゆくゆくは滅びてしまう。
それは、いかにも風が吹くと飛んでいく塵と同じだ。

平家物語の冒頭、平氏が没落していく様を表しております。
「耳なし芳一」で有名な「琵琶法師」が語ることで有名。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E5%AE%B6%E7%89%A9%E8%AA%9E


人気Q&Aランキング

おすすめ情報