私は指輪物語のファンです。
いきなりですが、お聞きしたいことがあります。

「指輪物語を完読したがつまらなかった」(←メイン)若しくは「途中でリタイアした」というかた、読んだ理由とリタイアした理由を教えてください。完読した方は、何故最後まで読みきったのか教えてください。

私自身はリタイアしかけたのですが、なぜか「この本は読まなくてはいけない」ような気がしてきて、最後まで読みきると、これまで読んだ本の中でトップ3にはいるくらいすきになってしまいました。

読んだ理由とリタイアした理由、(ファンの私にむかってものすごい批評をしてくださっても全然Okです。寧ろ聞きたいです)お気軽に回答ください。それ以外の指輪物語にまつわる話でも結構です。

*私がこの質問をした理由は、気になったからと、新しい視点からこの物語を見てみたいと思ったからです。
*特に「最後まで読んだがつまらなかった」方の意見が聞きたいです。

要求が多くてごめんなさい(汗
苦情来そうですね(--;

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

 何度か挫折し、そしてまた何度も読み通した経験があります。


 こんにちは。
 私が「指輪物語」を手にしたのは小学校4年か5年の時だったと思います。
 小さい頃からほとんど毎晩読み聞かせてもらっていた本を、自分で読みたくて漢字を覚えだしたのが小学校1、2年の頃で、最初からミヒャル・エンデの「モモ」や「大草原の小さな家」「ホビットの冒険」などを読んでいました。最初からわりとファンタジーが好きだった様です。
 その様子を見て父はよしいける、と思ったのでしょう。現在は豪華装丁版と呼ばれている指輪物語6巻セットを贈ってくれました。6巻の入れ物がものすごいネタバレになっているセットです。
 このことに今ではとても感謝しています。しかし、当時の私には良さがちっともわかりませんでした。まさに親の心なんたら。
 私は「ホビットの冒険」ばかり印象に残っていたんです。当時の私に、あれはとてもお気に入りの話でした。なぜかはわかりませんが、バラエティに富んだ「冒険」の部分と気難しいトーリン・オーケンシールドにまつわるエピソードだけ残っていて、人間の戦争の部分はほとんど記憶していません。
 ですから、その楽しい、最後には居心地のよい我が家に戻ってきてくつろいでおしまい、という話を求めて指輪物語の1巻を手にしました。
 字が小さく読みづらいのも気に入らなかったのですが、「ビルボはどこ?」と探してみるとびっくり。110何歳のおじいちゃんだって?あのビルボはどこに行っちゃったの?
 私は愕然としました。そして主人公となるビルボの甥、フロドにもまったく馴染めませんでした。彼の人物描写は、最初はまったく出てきません。(というより、読みとばしていたんですね。)そのために彼がどういう性格なのかもわからず、フロドに話が受け継がれるというのもさっぱり理解できませんでした。
 他の古典で前半に時代背景の描写に長いページを割いているのは平気で読めたのに、「指輪」に限ってはあの部分をくどくどしいと感じて受けつけず、私は眉間に皺がよっているのに気がついて本を置きました。
 その後2、3年たって父が「指輪物語、あれは地図を頭に入れて話を把握すると本当に情景が目の前に浮かんで面白いね。」と言った時でさえ、私はまだ話の筋もつかんでいなかったので、うつむいてしまいました。
 が、このとき「そうなのか、あれは面白いのか」と、6巻に大きな地図がついていることを思い出しました。地図を見てももちろんその意味はさっぱりわからないのですが、追補編と呼ばれる部分に気がつきました。
 私はこういう部分が大好きなのです。またその頃、私の姉妹の間では今まで読んだ本の影響を受けてお話を作ることが流行っていて、私もとある大陸を舞台にした、新興勢力と旧勢力間での王権簒奪物語を書いていました。
 それの登場人物に追補編をめくって選んだ、響きの良さそうな名前をあてはめることを思いついたのです。(余談ですが、その物語に登場する稀代の名馬の名前にエルロンドをあてはめた←当時の私にはただの名前でしたので(^^;→ために、それが馬の名前だと信じきっていたいちばん下の妹には今でも指輪物語を読んだ時にどれほどショックだったか、ということを言われますね・・・)
 そういうわけで私には追補編がきっかけでした。
 追補編を斜め読みしているうちに、本編もぱらぱらめくるようになりました。もちろん適当そうな名前を求めてのことだったのですが、次第に短いシーンが頭の中に入りはじめました。
 特に印象に残ったのがエオウィンです。彼女が馬の蹄の音が暗闇の中に消えていくのを見送るシーン、という風景が強い印象を持って消えずに残り、それがきっかけで最初から話の筋を知りたくなりました。
 それでも、本当に一語一語を丁寧に追って読んだのは大学に入ってからですね。
 それでも私はあの量で多いとは思いませんし、最後まで読み通すとあの前半部分が非常に貴重に、またどうしても必要な部分だったように思えます。
   
 長くなりましたが、「ゲド戦記」はおすすめですよ。
 ファンタジーでは古典とも言われる大変有名なシリーズです。ただ、現在5巻で完結しているのですが、3巻から4巻の間に17年の年月が経っており、4巻から5巻もかなりの間がすぎています。
 そのあいだに作者のモチーフはだいぶ変わってしまったようで、3巻を読んでそのまま4巻を読むと、同じ世界であるということにショックを受けることでしょう・・・(^^;。
 もしこういったお話がお好きならば、トールキン教授の友人であったC・S・ルイスの「ナルニア国物語」のシリーズやロイド・アリグザンダーのタランのシリーズ、映画化もされた「クラバート」、毛色がはっきりキリスト教を背景にした「魔女とふたりのケイト」このあたりなどが面白いと思われるかもしれません。
 ネズミの貴婦人、ビアンかが活躍する、「ミス・ビアンカ」シリーズもファンタジーといえばファンタジーなのかな・・?
 もう少し冒険色が少ないものには「グリーンノウ」のシリーズや、アーサーランサムの「ツバメ号とアマゾン号」シリーズがおすすめです。
 シリーズものばかりで申し訳ないけれど。一冊簡潔ならば「赤い月と黒の山」、ファンタジーではありませんがローズマリー・サトクリフの「太陽の戦士」「王のしるし」「運命の騎士」などの古代物はぜひご覧ください。
 もうお読みになった本ばかりでしたらごめんなさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たくさん書いてくださって、本当にありがとうございます。(お礼遅れてごめんなさい)

小さい頃からたくさんの本を読んでいらしたのですね。それでお父さんが"指輪物語6巻セットを買ってくださったのですか・・。私は9冊にわかれている方で読んでいますが、追補編を読んだときに「6巻セットいいなー」と思いました。

最初はホビットの冒険を読んだせいで馴染めなかったんですね。私は指輪物語から読みましたが追補編は隙です。
私も(?)、エオウィン、好きです(笑)

また紹介していただきました「ゲド戦記」。まだ読んでいませんが、いったいどんなお話なのでしょう。とても楽しみにしています。
 他にもたくさんのお話を紹介して下さって、ありがとうございました。本当に参考になります。

ご回答、ありがとうございました!!!

お礼日時:2003/12/01 17:54

私は指輪物語の前にホビットを読め、といわれホビットから読みましたが最初の20ページ位でダウンしました。



理由は、登場人物名がカタカナ(当然ですが^^;)だし翻訳の本って何を読んでも、、という感じがしてしまいました。(海外物の本に結構してやられた経験がありまして。)
&登場人物がいきなり10人位出てきて、覚えられなそうだったもので。。

名前を太郎や花子にしてくれたら挑戦するかも(爆)
ごめんなさい、純粋にカタカナ名前が覚えられないだけです。おばかです。
ビリーミリガンで泣きを見たので最初から諦めてしまいました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ホビットの冒険、指輪物語が面白かったので私も(小6のころ)読んでみたのですが全然だめでした。何故か面白くなかったです・・。指輪物語はすごく面白いと思ったのですが・・。
 カタカナ名前、苦手な方多いですよね。私も得意な方ではないのですが好きな本は洋書に多いのでもう慣れてきました。

ご回答、ありがとうございました!!
参考になりました。

お礼日時:2003/11/29 23:09

こんばんは。



私が『指輪物語』を読んだのは高校1年の頃、10年以上も前です。
同じ高校の先輩が貸してくれたのですが、その先輩からは
『1巻の最初は読まなくても良い。その部分を読むくらいなら“ホビット”を読め。』
といわれました。
#私は結局いわれたことを聞かないで全部読んだんですが。

確かに最初のくどくどしい細かい描写に挫折する人は多そうですネ。
私の場合は先に先輩の忠告があって、覚悟の上で読み始めたから、余計
意地でも読んでやる~という気持ちで居たかもしれません。当時は、重
度の活字中毒でもありましたし。
#途中からは完全にのめり込んでしまいました。

でも、今まっさらの状態から読み始めたら、1巻の最初を読み飛ばすか、
挫折しているかもしれないです...。

J.R.R.トールキンは、ANo.#3の方もおっしゃるように言語学者で
すが、なんとなく、1巻の冒頭は敢えて『古文書』っぽい書き方をしてい
るように感じていました(『シルマリルリオン』は更に...)。
それで更に読み難いのかな、と...。
まぁ、当時の印象なので、ちょっと自信なしです。

しつれいしました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

高校一年生の頃ですか・・。今の私の年に少し近いですね^^;
 実は、私は母に指輪物語を読むように薦めているのですが、blue_moon様の先輩さんと少し同じことを母に言っています。「1巻の最初は読まなくていいよ」と。

たしかに説明はたくさんあって、混乱はしますね。私も一番最初に読み始めたときはなんと小学五年生(!)の3学期で、難しい言葉などに混乱しました。blue_moon様と同じように途中からのみりこみましたが^^;

古文・・っぽいですよね、本当に。
でもこれはこれで勉強になりました。

ご回答、ありがとうございました。
とても更新になりました!

お礼日時:2003/11/27 22:00

私も一度目に読んだ時には、最初のホビットの長々しい説明にうんざりしてリタイアしました。

そして2度目にはそこをとばして完読しました。いやあ、大感激でした。今ではファンタジー文学(ファンタジーのワクをはずしてもいいですよ)の最高傑作だと位置づけています。その後、英語版も読みました。あなたも挑戦してみてはいかがでしょう。そんなに難しくはありませんよ。また、ファンタジーでは他にアーシュラ・ル・グインの「ゲド戦記」がお薦めです。ぜひ、これも読んでみて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ホビットの説明――私はから飛ばしてましたね(笑
2度目に完読ですか!!
完読した方にレビューをいただけて嬉しいです。
少々、文章が説明が長く意味がわからない言葉もたくさん出てくるので最初は飛ばし読みしていても、最後まで読み終わってからもう一度読み返すとなんともいえない気持ちになってしまいます。
 英語版の指輪ですか!トールキンのが書いたものを読めるわけですよね・・(感動)
もうすこし英語力があれば・・!――これからどんどん英語を勉強して読めるようになりたいと思います。
 「ゲド戦記」、、聞いたことありませんね・・。でも指輪物語を最高傑作だと位置づけたborneo様がお薦めしてくださるならば、読んでみたいと思います。

長くなりました。
ご回答、本当にありがとうございました!

お礼日時:2003/11/27 21:54

たしかにとっつきにくい文章ではありますね。

映画から入ったひとで、活字がなければ生きていけないタイプではないひとには、苦痛な部分があると思います。
わたしの場合、ホビット族やエルフなんかの挿話や伝説や歌やあれこれなんかは、適当に読み飛ばしました。あれは架空のキャラにリアリティを与える部分であって、マンガであれば背景みたいなものだと思います。もちろんそういう部分まで丹念に読み込めればこそ、あんなおもしろい映画も生まれたのでしょう。
また作者トールキンは、最近のファンタジー作家ではなく、大学教授(言語学者かな)だったということも、頭のすみに置いておいたらいいのではないでしょうか。
まぁそれでいっそう引く、というのも自由ですしね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私は(実は)中学生ですが、幸いにも小さい頃から割と文章は読みなれていたので完読できました(同い年の子で完読した子はいません。それどころかまわりにいる大人達も(--;))

>架空のキャラにリアリティを与える部分
 まったく、その通りですね。
私も最初に読み始めたときはホビットやエルフの詩とかわけわからない(?)やつは全て飛ばして読んでいましたね^^; 読み返したときは全てに丁寧に目を通しましたが。
 
トールキンはオックスフォード大学卒業で後に同大学の教授になったと聞いています。しかし、賢いからというだけではあんなに豊富な表現はできなかったでしょうね・・。やはり天才です、トールキン。


haru1126様、素敵なレビューありがとうございました。
とても参考になりました。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2003/11/27 19:27

私もだいぶ前に読んだのですが、一巻か二巻くらいでリタイアしました。



映画を観て興味を持ったので読んでみたのですが、話の進み方が遅すぎて途中で飽きてしまいました。
あと、外国のファンタジーを読む度におもうのですが、意味の分からないキャラクターが多すぎませんか?指輪物語の他では、ムーミンシリーズや果てしない物語の時に同じような事を感じました。
私はそれについていけなくて・・・その二つは完読したのですが、指輪物語はダメでした。
文章もあまり好きじゃなかったような気がします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私も映画を見たのがきっかけでした。

進み方はたしかに遅いですね。読んでる途中で何度も投げ捨てそうになりました(私が一番かったるくて大好きになった今でも唯一読み返していないのは旅の仲間の「古森」の章です。あの章はほとんど寝ながら読んでましたね(汗))。
 指輪物語以外の外国のファンタジーは少ししか読んでいませんが、たしかに日本の簡素なファンタジーよりキャラクターについて混乱しやすいイメージがありますね(混乱といえば、前にダレン・シャンを読んでいたのですが友達に教えてもらうまで、登場人物のクレプスリーをずっとクレスプリーと思っていたことがあります。)。
 
文章について言えば、指輪物語の語りは「~です」の丁寧語なのが珍しいと思いましたね。あとは日本の昔の殿様みたいな喋り口とか(笑)

長くなりました。
ご回答ありがとうございました!!!

お礼日時:2003/11/27 19:14

こんにちは。


私は「第1巻でリタイア」してしまいました(^^;)
理由は、描写が細かすぎて、クライマックスまで読みつづけることができなかったからです。
多分、臨場感を出す為に(?)ほんの些細な事柄についても細かく描写しているのだと思うのですが、冒頭の部分を読んでいるうちに疲れてしまい、それ以上読む気力を失ってしまいました。
映像で観ると、とても面白かったので「もう一度アタックしてみたいなー」とは思っているんですが、今のところは無理っぽいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 一巻目ですか~。私もリタイアしかけたのは一巻目でした(^^;
 たしかに細かく描写されてますよね、この本は。

リトライするなら、がんばってくださいね!(何を


ご回答ありがとうございました!!!!

お礼日時:2003/11/27 19:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q指輪物語・封神演義 この本について

指輪物語の『文庫 新版9巻セット』を買おうと思っているのですが、これと一緒に何か指輪物語についての本を買ったほうがいいのでしょうか?

後、指輪物語に似た封神演義も読もうと思っているのですが、どの封神演義を買ったらよいのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは。

『指輪物語 フロドの旅―「旅の仲間」のたどった道』など、いかがでしょう。
本編だけだと、今どの辺を歩いているのかとか、だれがどの辺からきたのかとか、どの国とどの国がとありあっているのかとか、イマイチぴんときません。
わたしが方向音痴だからかもしれませんが……。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4566023761/

Q指輪物語を最後まで読んだ方に質問

指輪物語の最後の場面で、フロドたちが中つ国を去りますが・・・

私は、この終わり方に納得できていないのです。

フロドたちが旅立って、この後フロド達やサム達がどうなったか

みなさんならどう考えますか??

教えて下さい!!!

Aベストアンサー

僭越ながら。

やっぱり「神話の世界の住人になった」と考えるのが妥当ではないかと思います。“海を渡って西へゆく”のは、“中つ国に留まる気持ちをもはや持たない者たち”であると書かれています。ガンダルフはフロドが負った傷について「一生かれを苦しめる」と言っていますから、その苦しみを癒すためにはフロドは“港から旅立ち”、中つ国を去るしかないのです。

フロドやガンダルフ、エルフたちが去る事によって、単に物語が終わったというだけでなく、中つ国におけるひとつの時代が終わった、という事を表しているのです。

(ちょっと余談)
「指輪物語」におけるエルフ族は、もうすぐ自分たちが神話の世界に旅立たねばならないと感じている、というバックボーンがありますよね。作中の、レゴラスがカモメを見て港を思って心が騒ぐ、というシーンがすごくせつなかったです。

Q指輪物語

お世話になります。今、大学でファンタジについて勉強しています。その中で指輪物語(the lord of the rings by Tolkien)を近代文学としてみればいいのか、それともポストモダニズム文学としてみればいいのか、どの文献も非常にあいまいでこまっています。僕自身、指輪物語を読んだことはありません(映画the lord of the ring 三部作は一応見ましたが)。Tolkienは指輪物語の中で北欧神話を取り入れ、ミッドガルド(middle-earth)とよばれる世界を創りあげています。何人かの批評家達はこれをモダニズム文学の特徴だとし、またある批評家達(Manloveだったと思います)は指輪物語の文学としての評価をせず、この作品は近代文学としてのform(形)(※Leavisが取り上げる文学者などとは違う)を持っていないとしています。この近代文学のformに関しても非常に曖昧でよくわかりません。指輪物語は近代ファンタジ文学なのでしょうか? それともポストモダニズム文学なのでしょうか?

Aベストアンサー

たとえばジョイスやフォークナー、あるいはヴァージニア・ウルフやヘミングウェイをモダニズム文学に分類することに、異論のある人はほとんどいませんが、児童文学(『指輪』を児童文学に分類してよいのか、というのは、いったん置きます)となると、なかなかむずかしいものがあるかもしれません。それでも富山太佳夫は『岩波講座 文学12 モダンとポストモダン』のなかでジェイムズ・バリの『ピーターとウェンディ』を、モダニズムの観点から読み解いていて、一般にはディズニーのアニメとして知られるこの物語が、アニメよりずっと毒をもったものであることを知ると同時に、モダニズムの特色を備えていることにあらためて気づかされ、驚いてしまいます。

つまり、やはりどうしようもなく当たり前のことを書いてしまうのですが、モダニズム、ポストモダニズムを分ける超越的モノサシがどこかにあるわけではなく、その人がモダニズムをどういうものとしてとらえるか、あるいはポストモダニズムをどういうものとしてとらえるか、によるのだと思います。

とはいえ、もうすでにポストモダニズムということが人口に膾炙されて四半世紀以上が過ぎ、ある程度は共通認識として受け入れられてもいる。
ここでは先にあげた富山太佳夫が「閉じる、閉じない」のなかであげている指標を参考までに引いておきます。

「モダンとポストモダンを区別するのは、絶対の真理/相対主義、人間中心主義/文化の個別性、均一性/異種混在性、ヨーロッパ中心主義/グローバリズム、普遍的な法/ディコンストラクション、社会構造の重視/個人の快楽の優先、産業主義/ポスト産業主義、父権性/性の流動性、直線的時間/時空の圧縮、現実/シミュレーション、閉鎖性/未閉域化などということになる」(この部分の参考文献として、Jeff Lewis,"Cultural Studies, The Basics" p.17 があげられています)

「直線的時間」のところとかモダニズムの特色を「現実」に置くところとか、あちこち微妙に異論がなくはないんですが、とりあえずひとつの目安にはなるかと思います。

まずトールキンの『指輪物語』は、英雄物語を語りつつ、一方で自身の第一次世界大戦での従軍経験がふまえられ、あるいは第二次世界大戦における核兵器の問題が寓意されています。

そうした意味で、単なる英雄物語を超える思想、そうしてトールキンの考える「絶対の真理」とするものを備えています。あるいは旅を続けるフロドの内面のゆれと成長といった、近代文学の特徴ともいえる心理描写を備えている。
あるいは、父権の象徴としてのガンダルフの存在などを考えあわせると、モダニズム文学と言えそうです。

一方で「指輪を捨てる」というのは、従来の英雄物語のひとつのパターンである「聖杯探求」をひっくりかえしたもの、パロディとも言えるわけです。あるいは、人間とエルフの共存であるとか、そこに一種のポストコロニアルの思想を読みこんでいくことも可能なのではないかと思います。

そのうえで、こういう見方もあるということをひとつあげておきます。

先に引用した富山が「閉じる、閉じない」で指摘するのは、モダニズムというのは、調和的な全体という幻想を持っていたのではないか、ということです。『ピーターとウェンディ』にせよ、あるいはE.M.フォースターの『インドへの道』にせよ、モダニズムというのは、その調和的な全体という幻想に向かう運動であって、そのプロセスの内にしか実現しないのではないか。

この指摘はわたしには大変興味深いものに思えるんですね。別のところで「『インドへの道』がモダニズムの雰囲気の中から出発しながら、その枠組みに亀裂を走らせつつ、ポストモダンの方向へ踏み出そうとしていた」という部分があるのですが、モダニズムを決して実現することのない「調和的な全体」への運動としてとらえると、モダニズムという運動自身が、必然的にその枠内に留まらないのではないか。つまり、不可避的にポストモダニズムの萌芽を内に含んでいるのではないか。

そんなふうに考えるのが、たとえばジョイスにしても、フォークナーにしても、思い当たる節は多々ある。

『指輪』も、わたしはモダニズム文学であるように思うんですが、そのうえで、「運動」、「モダニズムの雰囲気の中から出発しながら、その枠組みに亀裂を走らせつつ、ポストモダンの方向へ踏み出そうとしていた」側面も見て取れるのではないか、と思うのですが。

まあ、一度読んでみてください。

たとえばジョイスやフォークナー、あるいはヴァージニア・ウルフやヘミングウェイをモダニズム文学に分類することに、異論のある人はほとんどいませんが、児童文学(『指輪』を児童文学に分類してよいのか、というのは、いったん置きます)となると、なかなかむずかしいものがあるかもしれません。それでも富山太佳夫は『岩波講座 文学12 モダンとポストモダン』のなかでジェイムズ・バリの『ピーターとウェンディ』を、モダニズムの観点から読み解いていて、一般にはディズニーのアニメとして知られるこの物...続きを読む

Q下妻物語と下妻物語・完について

下妻物語―ヤンキーちゃんとロリータちゃん と
下妻物語・完―ヤンキーちゃんとロリータちゃんと殺人事件は
別物ですか?
同じタイトルなので、どちらかがどちらかをリメイクした物なのかな?とも
思ったのですが、どうなんでしょうか?

一読された方、教えて下さい。

Aベストアンサー

「下妻物語・完―ヤンキーちゃんとロリータちゃんと殺人事件」は、「下妻物語―ヤンキーちゃんとロリータちゃん」の続編にして完結編です。

「下妻」が青春小説っぽいのに対して、「下妻・完」はミステリ色が強く(推理モノ?)なっています。

個人的には「下妻」の方がパワーがあって好きです。

Q指輪物語

今指輪物語を読んでいるんです。
まだ20ページくらいしか読んでいませんが、
もう読むのをやめようかと思っています。
指輪物語は最後まで読む価値がありますか?

Aベストアンサー

“『指輪物語』を初めて読む人は序章はすっとばせ”というのは昔からファンの間では定番になっている言葉です(笑)。とりあえずパラパラと眺めてみて、面白そうになってきたらそこからちゃんと読めばいいと思いますよ。まあ、今読んでるその一冊くらいは頑張ってみてはいかがでしょうか。

“最後まで読む価値がありますか?”とのご質問ですが、私にとっては間違いなく価値のある作品でした。物語の一番最後のセリフ、何とも言えず胸に来ました。

Q指輪物語の原書を読んだことがある方に質問です

原書と日本語訳版って当然雰囲気とか違いますよね?どういう風に違ってますか?
あと、自分はセンター試験130点程度の英語力ですが、原書でもなんとか読めるもんですか?

Aベストアンサー

かなり昔に原書を読みましたが、瀬田貞二さんの邦訳版があるていど頭に入ってしまっているせいもあって、それほど読みにくくはなかったと記憶しています。同時期に読んだ米国の小説に比べれば、ひとつの文があまり長くないと感じました。
印象に残ったのはエルフ語です。
スペルを知ることができてうれしかったですね。
以下で試し読みが出来るので、お読みになってみてはいかがでしょう。

http://www.amazon.com/Lord-Rings-J-R-R-Tolkien/dp/0007136587/ref=pd_bbs_sr_6?ie=UTF8&s=books&qid=1211030427&sr=8-6

参考URL:http://www.amazon.com/Lord-Rings-J-R-R-Tolkien/dp/0007136587/ref=pd_bbs_sr_6?ie=UTF8&s=books&qid=1211030427&sr=8-6

Q「指輪物語」と「ニーベルングの指輪」

トールキンの「指輪物語」は「ニーベルングの指輪」に似ているところが多いですが、それぞれどういった神話や物語からの引用が多いですか?

Aベストアンサー

指輪物語はヴァイキング神話やギリシャ神話からの引用が多く、ニーベルングの指輪は北欧神話からの引用が多いように思います

Q「指輪物語」どれを読んだらいいのでしょう

小学校時代に挫折した指輪物語をもう一度読破したいと思います。「ホビットの冒険」も一緒に読もうと思いネットで検索したところ、出版社・訳者は同じでも、3冊・6冊・9冊セットやオリジナル版、カラー版など様々な形式で出版されているようです。多分挿絵や振り仮名などが多少異なるのだとは思うのですが、よくわかりません。それぞれの内容の違いや特徴、「買うならこれ!」というおすすめなど、ご存知でしたらぜひ教えてください。(ちなみにもうすっかり大人になってしまったので、あえて子供向けのものでなくても大丈夫です。)

Aベストアンサー

「ホビットの冒険」は岩波版の方が良いです。指輪物語と訳者が同じだからと言うのもありますが、読みやすいので。
岩波版は岩波少年文庫版とハードカバー版が出ている見たいですが、ハードカバー版は映画版の時期に作られたものの様です。しかし、瀬田貞二さんは既に故人なので訳が変わると言う事は有りえませんので、違うのは挿絵とハードカバー版である点だけでしょう。

指輪物語は翻訳に手を加えた新版の文庫版と新版の新装版のハードカバー版と挿絵がオリジナルの愛蔵版バージョン(3冊セット)がある様ですが、実際のところ新版指輪物語の文庫本は、字が大きくなって読みやすくなっているので、文庫本でもかまわないと思います。(旧版は字がぎっしり詰まっているので読むのが少しつらい。そのかわり6冊から9冊にされてしまいましたが。)追補編は文庫版でもでた様なので、特別ハードカバー版にこだわる必要はないでしょう。愛蔵版は完全にコレクターズアイテムです。

シルマリルの物語も新版に変わってる様です。旧版には、指輪物語の追補編が追加されてたのですが、削除されたのかな?(2冊組から1冊に変わってますし)

後、指輪物語とは直接関係無いのですが(実は、若干関係有ります)トールキン小品集はおすすめです。

実はまだ未翻訳の書籍がたくさんあるんです。指輪物語フリークの悲願の一つであるUnfinished Tales(終わらざりし物語)がやっと翻訳されました。まぁシルマリルの物語以降はフリークの読み物なので、特に読まなくても良いですが。

「ホビットの冒険」は岩波版の方が良いです。指輪物語と訳者が同じだからと言うのもありますが、読みやすいので。
岩波版は岩波少年文庫版とハードカバー版が出ている見たいですが、ハードカバー版は映画版の時期に作られたものの様です。しかし、瀬田貞二さんは既に故人なので訳が変わると言う事は有りえませんので、違うのは挿絵とハードカバー版である点だけでしょう。

指輪物語は翻訳に手を加えた新版の文庫版と新版の新装版のハードカバー版と挿絵がオリジナルの愛蔵版バージョン(3冊セット)がある様...続きを読む

Q指輪物語。純文学。

指輪物語って純文学が好きな者が読んでも楽しめますか?

Aベストアンサー

純文学を読み慣れている人が読むと、物足りないと思う可能性はあると思います。
実際私も「指輪物語」は大好きですが、いわゆる「文学作品」を読んだ後に「指輪物語」を読むと、「やっぱり文学とは言えないなあ」と思ったりします。
「指輪物語」が発表された当時批判的だった人たちは、登場人物たちがまるで少年のように無垢で高潔すぎて、人間らしい苦悩が描かれていない、というようなことを言っていたようですが、実際読んでいてそう思いますね。
また、同時代を生きた作家、特にドイツでナチスに追われて亡命していたような作家たちに比べて、時代に対する批判精神のようなものが弱いと感じますし、書かれている思想が古いな、と感じたりもします。

ただ、「指輪物語」は、もともと「文学」として書かれてはいないので、いわゆる近代文学、純文学と同列に並べて考えるような作品ではないのだと思います。
作者のトールキン自身、近代文学は嫌いだと言っており、むしろ古代神話や伝説のような物語を自ら作ってみたい、という興味から作品を書いているようです。
他の方も書いてらっしゃいますが、トールキンが作り出した「二次世界」の壮大さと緻密さは素晴らしく、他に類を見ません。
その壮大な世界を舞台に、独自の世界観を持って進む物語に、いつしか引き込まれてしまいます。(それも古代神話や伝説へのオマージュやパロディに満ちているからなのだと思いますが)
登場人物たちのキリスト教精神に則った高潔さも、人間臭さとしては物足りないかもしれないけれど、ある面普遍的な人間愛にも満ちていて、素直に心を打たれます。
私自身、文学としては物足りないかな・・・と思いつつも、どうしても心惹かれる、好きな作品ですね。

読んでみて楽しめるかどうかは五分五分、という気がしますが、試しに読んでみてはいかがでしょうか。
純文学を読みなれている人なら、序盤の読みにくさで挫折することもないと思いますので(笑)

純文学を読み慣れている人が読むと、物足りないと思う可能性はあると思います。
実際私も「指輪物語」は大好きですが、いわゆる「文学作品」を読んだ後に「指輪物語」を読むと、「やっぱり文学とは言えないなあ」と思ったりします。
「指輪物語」が発表された当時批判的だった人たちは、登場人物たちがまるで少年のように無垢で高潔すぎて、人間らしい苦悩が描かれていない、というようなことを言っていたようですが、実際読んでいてそう思いますね。
また、同時代を生きた作家、特にドイツでナチスに追われて...続きを読む

Q指輪物語の指輪。

指輪物語、映画化ですごい話題になってますねぇ。
先日、友人が朝のニュース?か何かを見ていたら、
指輪物語の指輪が販売(orプレゼント??)されるって言ってた
って言ってるんですが、ホントなんでしょうか??

ロードオブザリングの公式ホームページを見ても、
検索エンジンで検索してみても、そんな情報載ってなかったので…。
知ってる方いましたら、教えて下さい~m(__)m

Aベストアンサー

映画のパンフの最後に、キャラクター商品の紹介があって、その中に、「通販限定リング」があります。siro-nekoさんのお友達の見た指輪が、これのことかわかりませんが、写真でみる限りは、きれいな指輪です。
シルバーに金メッキをしたもので、外側、内側にエルフ語の刻印がされています。
サイズは、11号と19号のみで、20,000円(+送料700円)
ただ、50個の限定生産なので、まだ売っているかどうか・・・
販売元の
(株)現代 内 松竹「ロード・オブ・ザ・リング」商品係
03-3564-6024
で在庫確認してみてください。
注文自体は、ハガキかE-mailでの申込になります。在庫があるといいですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報