今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

私は今まで360°ジェットコースターに乗ったことがありません。
どんな感覚なのかが分からない為、乗ったことのある方は是非何かお聞かせ下さい。
例えば落下系のジェットコースターより怖いとか何かのアトラクションと比べてなど
具体例を出していただければ嬉しいです。

A 回答 (3件)

360度回転するものは、遠心力で身体が座席に


押し付けられるので落下系のような恐怖感はありません。

ですから、この手の系統に怖いやつは、まずありません。
せいぜい鷲羽山ハイランドのスタンディングコースターくらいか。
http://www.geocities.co.jp/Playtown/5777/review/ …

落下系に弱い人なら、ループより、ファーストドロップのほうが
怖く感じるはずです。

ジェットコースターで一番怖いのは、振動系の浮遊感のあるものです。
日本国内では、長島スパーランドのホワイトサイクロンなんかにあたります。
http://rollercoaster007.blog114.fc2.com/blog-ent …

最新鋭の中には浮遊感を最大限に活かしたものが増えています。
USJのハリウッドドリームや
http://www.usj.co.jp/HDR/
東武動物公園のカワセミなどは、かなりえぐく浮きます。
http://www.geocities.jp/kawasima_kikuo/sub14.html

360度系で怖いのは遠心力が働かないタイプですね。
http://www.seibuen-yuuenchi.jp/report/?p=586
こいつは頂上付近でぴたりと止まります。落ちそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

沢山のリンク、ありがとうございます。
凄く具体的で分かりやすいです。
本当に、どうもありがとうございます。

お礼日時:2011/12/06 20:51

 回転中に地面が上に見えますが、遠心力がありますので逆さになっている感覚はあまり感じませんでした。


 私が乗ったのは、行きと帰りと2回転だけでしたから、「もう終わり」のような感じでした。
 普通のジェットコースターの方が距離があるので長い時間スリルが味わえます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

じゃ、今度乗ってみようか検討してみます。

お礼日時:2011/12/06 20:50

遠心力が働くので座席に押しつけられるような感覚です。



コーヒーカップを全力で回すと外に飛ばされそうになりますよね?
その力が真上から加わっている感じです。
原理でいえば水の入ったバケツを振り回したときに水がこぼれない(遠心力でバケツの底に押しつけられている)のと同じです。

落下系と比べると落下系のほうが怖いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今度乗って見る気になりました!
ありがとうございました。

お礼日時:2011/12/06 20:52

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QUSJ  ハリウッドドリームザライドは,恐いのでしょうか?

近々USJに行きたいと思ってるのですが
新しいので ハリウッドドリームザライドに乗りたいです。
ですが,やや(?)高所恐怖症です。
落ちる感覚が苦手なのですが、ジュラシックパークなら乗れました。
「うわぁ~涙!」って思ってるうちに、終わるので平気です;
ハリウッドドリームザライドの無重力(?)って言うのは、落ちるだけよりも恐いのですか?
ディズニーへ行っても、全然絶叫系には乗らないです…

ジェットコースターが苦手な人には、きびしいですか?
恐いポイントは,いくつありますか?
…恐くならない方法なんて…ないですよね??


それと、絶叫が得意な人って、乗ってる間に、心臓がドキドキしたりしないですか?

Aベストアンサー

こんにちは。
わたしは絶叫系は苦手ではないのですが、よく一緒に遊びに行く子は絶叫系がまるでダメです。
ですが、ハリウッドドリームザライドだけは大好きで、毎回行くたびに乗ってますよ♪

話を聞くところによると、絶叫系大好きな人でもダメだったり、ダメな人が乗れたりと、けっこう人によるアトラクションみたいです。

わたしも若干、高所恐怖症のケがありますが(観覧車なんかは絶対にダメです)、ドリームザライドはまぁ大丈夫でしたね。
まず、上がっていくところなんですが、周り中が白い屋根に覆われていて、上も下も見えません。なので高さはあんまり感じませんでしたね。
もうてっぺんに行ったら落ちるだけです。
ここはちょっと怖いので、しっかり前のハンドル?を握って、目をつぶっておけばいいと思います。乗る時にできるだけ座席に深く腰かけておくといいですよ。
あと、身体を固定するバー?はちょっとキツめに。
そうすると身体があんまり動かないので、浮遊感は少なくなりますが、怖さは若干減ると思います。
背もたれに頭をくっつけるようにしておくと、音楽がよく聞こえて(最初は恐怖で聞こえないかも知れないけど/笑)、ちょっとはリラックスできます。

Uターンして戻ってきたららくだのコブコブがあります。
ここはふわっふわっと身体が浮く感覚がして、一番面白い場所なのですが、苦手な方も多いので、バーを持ってふんばり気味に(と言っても足がつかないので難しいですが)しておけばいいでしょう。

最後にぐるっと横回転がありますが、ここは1回転だけなのですぐに終わります。

建物の中に入ったら、終了です。

ゲートのところからすでに動いているのが見えますので、大丈夫かどうかは待ってる間に判断できると思います。
そう長くないジェットコースターだし、景色も綺麗なのでもし大丈夫そうならぜひ楽しんできてください♪

こんにちは。
わたしは絶叫系は苦手ではないのですが、よく一緒に遊びに行く子は絶叫系がまるでダメです。
ですが、ハリウッドドリームザライドだけは大好きで、毎回行くたびに乗ってますよ♪

話を聞くところによると、絶叫系大好きな人でもダメだったり、ダメな人が乗れたりと、けっこう人によるアトラクションみたいです。

わたしも若干、高所恐怖症のケがありますが(観覧車なんかは絶対にダメです)、ドリームザライドはまぁ大丈夫でしたね。
まず、上がっていくところなんですが、周り中が白い屋根に...続きを読む

Qジェットコースターにかかる遠心力について。

テレビを見ていたら、ジェットコースターは回転する時に遠心力がかかるので、逆さまになっても落ちないと言っていました。

それではここで質問なのですが、
1)遠心力がかかるので極端な事を言えば安全ベルトは必要ないのでしょうか?

2)時速何キロで、体重何キロくらい支えられるのでしょうか?

ふと気になっただけなのですが、誰かご存知の方いらっしゃれば教えてください。

Aベストアンサー

1)遠心力がかかるので極端な事を言えば安全ベルトは必要ない?

 極端な話はそうです。
 逆に、逆さまになったとき、安全ベルトで体を支えるようなジェットコースターでは、
それこそ危険です(笑)

2)時速何キロで、体重何キロくらい支えられる?

 実は体重は関係ありません。
 落ちようとする重力は、体重(質量)に比例しますが、遠心力も体重に比例するんです。
ですから、体重の重い人でも、その分遠心力が多くかかるので、体重は関係ないんですね。

 遠心力に大きく関係してくるのは、速度と回転半径です。
 速度が速ければ遠心力は大きくなりますし、回転半径が小さくなるほど遠心力は大きく
なります。
 式としては、
  Fo=m・v^2/r
   Fo:遠心力
   m:質量(重さ)
   v:速度
   r:回転半径
   (^2は2乗の意味)
 となります。
 かたや重力は、
  Fg=m・g
   g:重力加速度

 両辺が等しい場合を考えてみると、
   v^2/r=g
 これが成り立てば、遠心力を重力がつり合うことになります。

 半径10mのジェットコースターの場合で考えてみましょう。
 重力加速度は約9.8m/sec^2ですから、
   v^2/10=9.8
   v^2  =98
   v   =9.9m/sec
      =35.64km/h
 この場合は、時速約35kmでつり合うことになります。

1)遠心力がかかるので極端な事を言えば安全ベルトは必要ない?

 極端な話はそうです。
 逆に、逆さまになったとき、安全ベルトで体を支えるようなジェットコースターでは、
それこそ危険です(笑)

2)時速何キロで、体重何キロくらい支えられる?

 実は体重は関係ありません。
 落ちようとする重力は、体重(質量)に比例しますが、遠心力も体重に比例するんです。
ですから、体重の重い人でも、その分遠心力が多くかかるので、体重は関係ないんですね。

 遠心力に大きく関係してくるのは、...続きを読む

Qなぜジェットコースターに強い人、と弱い人がいる?

私は非常にジェットコースターが大の苦手で、
ディズニーのジェットコースター系も全然乗れないのです…

毎回友たちの足を引っ張っているような気分です(´・ω・`)

なんで、
ジェットコースターに、強い、弱い人がわかれるのですか?

弱い人は、只管載って、鍛えておかないと、乗れるようにはならないでしょうか?

Aベストアンサー

>なんで、ジェットコースターに、強い、弱い人がわかれるのですか?

まず心理的に強い人と弱い人に別れます。
速いスピードの変化が怖い。高いところが怖い。
何か知らないけど、未知のものが怖い。

こういうのは意外と慣れることが克服される場合もあります。
が、これが足枷になってコースターに乗れないという人も多いです。

次に肉体的に強い弱いがあります。
スピードの変化(加速度=Gと表現されます)に身体がついていかない。
特に‐G(マイナスジー)という身体がふわりと浮く感覚に
弱い人が多い。普段体験することがないからです。
(日常だとせいぜいブランコ程度)
これに筋肉のない、筋肉の弱い人は物理的に胃が浮きます。
これは気持ち悪いです。船で酔うのも同じです。
これも筋トレや慣れである程度ついてきます。

第三に要領の問題があリます。もともと強い人は何回でも乗れる。。
いろんなところで乗りますから、絶叫系の乗り方がわかってきます。
怖くない乗り方、気持ちの悪くない乗り方ですね。
これを知っているのと知っていないのとでは大違いです。


人気Q&Aランキング