個人事業主の方必見!確定申告のお悩み解決

3MHz程度のバースト波を発生させたいのです。
減衰を見たいだけなので、きれいな波形である必要はあんまりなさそうです。

しかし、高級なファンクションジェネレータや非破壊検査で使われるようなパルサーレシーバーは私には高価で買えません(T_T)。
また、センサの関係で3Mのバーストさえ出ればいいのでそれほどの高機能は必要ないんです。

やっぱりまずお金を貯めたほうがいいんでしょうか…

当方のレベルですが、電気については高校時代に電子工作部に在籍して半田付けはまあ得意、でも回路の本質はわかっていない、というくらいのドシロートであります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

3MHzの矩形波尾のキャリアを断続させるといったことで良いなら、PSoCは便利ですね。

3MHzのキャリア生成、ON/OFFのためのPWM出力で、両者のANDをとるなんていうのも内部だけでできますし。

そのほかの簡単なデジタル信号同士の演算だの、10kHz程度までのアナログ信号処理なども一緒にチップ内部で組むことができるので、もし、そうした回路がさらにつくようなら、コンパクトにまとめられる可能性もあります。

なにせ、内部だけなら、実際に回路を組むのと違って、何度でも変更ややり直しができますし、基板が汚くなったりしませんしね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おお、PSoCというのはちょうどよかったですか!
基盤+書き込み器がおまけで付いた書籍があった(3990円!)ので、ままよと昨日発注したところです^^

心強い限りです。

お礼日時:2011/12/21 16:29

マイコンを利用して作る事が出来ます。



案1.PWM発生機能を使ってクロックを発生する。発生するクロックの数をソフトで制御してバーストにする。

案2.SPI機能を使ってバーストを作る。マイコンの種類にもよりますがサイクル数は1~8個

マイクロチップのPICkit3デバッグエクスプレスを購入すれば開発環境と動作する基板が付いています。
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-03480/

出力周波数を丁度3MHzにする為には水晶発振器を追加する必要があるでしょう。
センサをドライブする為の回路は別途必要になるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

tadvsさん

アドバイス、どうもありがとうございます。

安いマイコンでできるんですか!
ぜひPiCkit3にトライしてみます。
案1の方は格闘すれば自分でもできるのではという気になります。

Arduinoが手持ちであるのですが、これでできればスバラシイですが^^
周波数は、2~3.5Mの範囲なら十分です!

お礼日時:2011/12/20 16:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q交流、パルス波、バースト波

確認したいのですが、自分で調べたことで自分で解釈したのですが、
交流というのは交互に向きが変わりますよね。
1、パルス波というのは交流の滑らかな波がカクカクになる独自の波なのでしょうか?
2、それとも直流を交互に流すという流し方を替えた波ということなのでしょうか?
バースト波というのは
3、交流波のリズムを替えたものと捕らえてよいのでしょうか?(流し方)
4、バースト波という独自の波の形があるのでしょうか?
とても気になります。どうぞご教授ください。

Aベストアンサー

パルス波というのは、オンの時間とオフの時間がある波形のことです。
正弦波交流とパルスの違いは参考URL図3でご覧ください。

パルスには、正の方向だけのもの、正負両方にでるもの、
幅が一定のもの、幅が変わるものなど色々有ります。
余談ですが、良く医学ドラマなどで脈拍のことをプルスといいますが
これはパルスのドイツ語です。

バースト波とは交流またはパルスがある時間連続して送り出され、
それに休み時間があるものです。塊状伝送とでも言えるようなものです。

参考URL:http://www.ias.biglobe.ne.jp/emcc/emcc_reports/15emcc/repo15-02.html


人気Q&Aランキング