色彩検定1級を取得する魅力を紹介♪

9歳の♂シェルティを飼っています。
外耳炎になってしまい、治療のため5日前と、昨日ステロイド注射をしてもらいました。
よく、ステロイドの副作用に多飲多尿を聞きますが、副作用はしばらくは続くものなのでしょうか?
5日前に注射をしてもらったときは、水は今まで通り飲む程度だったのですが、排尿の回数、量が多いかなとは思っていました。そして、昨日注射してもらい、自宅に帰ると、ものすごい頻繁に水を飲み、排尿も3、4時間置きに外に連れて行くと、ジョバジョバーとすごい量をします。それに、おもらしもしてしまうんです。特に、ご飯を食べた後にしてしまうような気がします。年齢のせいもあると思うのですが、他の病気の可能性もありえるのでしょうか?元気、食欲共にありますし、体重もずーっと同じ体重を維持しています。回答よろしくお願いします。

gooドクター

A 回答 (4件)

>外耳炎になってしまい、



【接触性皮膚炎】(一次刺激性接触皮膚炎)(アレルギー性接触皮膚炎)
【アトピー性皮膚炎】
【皮脂欠乏性湿疹】(乾皮症)
【脂漏性皮膚炎】 
などや、外傷、寄生虫による細菌感染などによっておきた炎症ですので、治療は、
外耳の清掃、抗炎症薬、抗生物質、殺虫剤の投与となります。

>治療のため5日前と、昨日ステロイド注射をしてもらいました。

抗炎症薬といえばごく一般的にステロイドですね。
 ・短時間作用型=「コルチゾール」
 ・中時間作用型=「プレドニゾロン」「トリアムシノロン」
 ・長時間作用型=「デキサメタゾン」
などになりますが、これらは、経口投与または局部注射ですので、治療に何も不
自然な点はないでしょうね。

>ステロイドの副作用に多飲多尿を聞きますが、副作用はしばらくは続くものなのでしょうか?

効用だけがあって副作用がない薬は存在しません。
ステロイド投与によって「多飲多尿」になることはよくあることなので、あまり
心配はないでしょう。
これに併せて、食欲増進や下痢が続くこともありますが、こうしたことはステ
ロイドの種類や強度を変えることで、ほとんどが解決できますので、獣医さん
に相談なさってください。
(*あまりにひどい場合は、なるべく早く獣医さんに連絡を・・・)

長期(数ヶ月)に渡って使用した場合は「ステロイド皮膚症」「副腎皮質機能の低下」
といった深刻な副作用を引き起こす心配がありますが、一般的な外耳炎であれば、
あまり強度の高いものは使用しませんし、ヘタに中断するとリバウンド(Rebound effect)
によって一気にぶり返すこともありますので、決してご自身の判断で治療を中断など
されないようにお願いします。

>特に、ご飯を食べた後にしてしまうような気がします。

水分の吸収バランスが乱れているので、そうしたこともあるでしょうね。

>他の病気の可能性もありえるのでしょうか?

「多飲多尿」は腎臓疾患によくみられる症状ですが、現時点では、それを疑うよう
な必要はあまりないように思います。
おそらくは、もう何度か獣医さんに行かれるでしょうから、そのついでに、念のた
めの尿検査や血液検査はやっておいたほうが良いとは思いますが。。。
老齢というほどではありませんが、病気の予防においては、そろそろ気をつけたい
年齢ですしね。

常に新鮮な水を与えてくださいね。
この時期ですから、冷水だと負担がかかることもありますので、人肌よりややぬる
めに加温してあげてください。
スポーツドリンクを3~5割混ぜると、吸収が楽になった結果、ムダな排尿が緩和
されることが多いので、獣医さんから特別な指示がないなら、是非お試しください。

(元 飼育屋)
    • good
    • 10
この回答へのお礼

お返事遅くなり申し訳ございませんでした。
詳しい説明本当に助かりました。
獣医さんは、炎症を抑えるためのステロイドとおっしゃっていたので、どのステロイドの種類かは、わかりません。
以前として、多飲多尿、たまにおもらしが続いております。
しばらく様子を見て、続くようならば健康診断を兼ねて病院に連れていきたいと思っております。wakame300さんの回答を見て、少しホッとしました。ありがとうございました。

お礼日時:2011/12/31 15:53

免疫疾患のコギを飼っており、ステロイドは日常的に飲ませています。


正しく使用する分には、大変に心強い薬ですよ。
ウチの場合は量も回数も多いので、掛かり付け医は神経質なくらいに副作用の監視をしてくれています。
強い薬なだけに、年間使用回数とか連続使用期間とか、規定が有るらしいですね。
副作用か免疫を抑える事、優先されるのはどちらなのか、をよく考えながら使っていく事が大切な薬なんです。

さて、副作用の程度と期間は個体差があるでしょうから、それはお答えできないのですが……

ステロイドの副作用として言われているのは
短期間では、多飲多尿(のどの渇き)・食欲増加・吐き気・下痢・浅速呼吸・不穏状態・まれに胃潰瘍。
(長期間の使用では、脱毛・筋肉の衰え・肝臓障害・行動の変化など)

ウチは飲み薬なんですが、コレは基本的に24時間で代謝されると説明して貰っています。
影響が消えるまでには+αという程度で理解しています。

ウチのコギも多尿が激しくて、勢い余って、しょっちゅうトイレトレイからはみ出してます。
薬を使っている間は仕方ないと割り切って、とにかく水とトイレはマメにチェック。
トイレトレイの下に更にペットシートを敷き詰めてはみ出し対策しています。

ですから多飲多尿の症状については、ステロイドの副作用と考えていて良いと思います。
医者ではないので断言はできませんけど。


それはさておき、ステロイドがどういった薬なのか、というのを非常に解りやすく書いてくれてある記事をご紹介致します。

http://pet-net.sakura.ne.jp/kusuri/enshou2.html

是非ご一読下さい。


早く良くなると良いですね。
お大事に。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

お返事遅くなり申し訳ございませんでした。
とても丁寧な回答ありがとうございます。
注射をしてから2日経ちましたが、以前として多飲多尿が続いています・・・。注射をする前は、多飲多尿、おもらしということが全くなかったので、やはりステロイドの副作用なんですかね・・・。何日も続くようなら年明けに病院に連れて行こうと思います。お気遣い本当にありがとうございました。

お礼日時:2011/12/31 15:45

 >副作用はしばらくは続くものなのでしょうか?



 ステロイドの種類によります。それと、2回とも同じステロイドかどうかも質問文からは読み取れません。1回目は中期型、2回目は短期型とかもありです。

 >他の病気の可能性もありえるのでしょうか?

 相関関係が不明なため、ありです。偶発的に重なってしまった可能性も捨て切れません。診察した獣医師に相談してください。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

お返事遅くなり申し訳ございませんでした。
獣医さんは、炎症を抑えるためのステロイドと言っていただけなので、どのような種類のステロイドなのかわかりません。
元気、食欲共にありますが、多飲多尿は現在も続いております。年明けに動物病院に健康診断に出そうと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/12/31 15:40

シェルティと超大型犬がおります。



ちょっと疑問なんですが・・・外耳炎だけでステロイドですか?

しかも飲み薬でなく注射とのこと・・・他に疾患はありませんか?

普通、外耳炎でしたら耳の中に直接注入する薬剤だけで良くなります。

他に疾患がなくて元気でしたら9才のワンちゃんに必要ないと思います。

短期で少量のステロイドでしたら問題ありませんが長期服用は問題ありですね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

お返事遅くなり申し訳ございませんでした。
私も病院に連れて行き、外耳炎にステロイドというのは驚きでした。もちろん他に疾患等はないです。以前(5、6年前ですが)外耳炎になったときは、症状が軽かったためか点耳薬を処方されました。今回は炎症を起こしているとのことで、炎症を抑えるためのステロイドと獣医さんは言ってました。現在は痒みもなくなったのか、耳を掻くことがなくなりました。しかし、多飲多尿は続いており、オムツをはかせている状態です…。獣医さんは、痒みがなくなれば通院はしなくてよいとおっしゃっていたので、しばらく様子見です。長期服用の可能性はなさそうです。ありがとうございました。

お礼日時:2011/12/31 15:37

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング