色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

競馬歴3年で、今だに4連敗以上した事はありません。重賞でしか勝負していませんが、去年は+120万円以上勝ちとなりました。今年は、すでに30万円ぐらい勝っています。
3連複のフォーメーションか1頭軸で、大体10点~28点購入の1点に付き1000円~1500円勝負しています。
3年間、負けなしのプラス収支となっています。
そこで質問なんですが競馬の必勝法ってマーティンディルでしたっけ?負けたら倍にして賭けるやつです。と、他に実践するのは難しいが、こんな必勝法もあるとかってありますか?もちろん聞いても実践はしませんが、面白そうで興味があります。
今まで、数えきれないほどの学者や馬券師などが必勝法を考えて、唯一残ったのがマーティンディルだけでは、ないんではないか?と疑問に思いました。例えばカジノならば赤か黒に賭ける場合、赤が連続で6回出るのを待って、6回連続で出現したら次は黒に賭ける。7回連続で同じ色が出るのは天文学的な数字になるからだそうです。ビートたけしの世界まる見えテレビで、このやり方で金持ちになった人の特集を10年ほど前にテレビでしていました。
じゃ、競馬ならどうなのか?
競馬は1番人気の馬が3着以内に来る確率は、かなり高いです。
1日で1番人気が馬券に絡む回数は4回や5回じゃありません。
それほど高い確率で馬券に絡んできます。8番人気以下の馬になると、あまり馬券に絡む回数が少なくなります。例えば1番人気の馬と18番人気の馬とでは、歴然と1番人気の方が確実です。それが、どうした?と言われれば何もないんですが、都市伝説的もしくは学者や誰かが考えた競馬の必勝法って、的中するかしないか関係なく、あるんでしょうか?

A 回答 (7件)

>連続で6回出るのを待って、6回連続で出現したら次は黒に賭ける。


まず、それはマーチンゲール法ではない。
赤赤赤赤赤赤赤と赤が7回連続する確率は確かに1/128だが、赤赤赤赤赤赤黒も1/128であることが分かってない。それは単なるオカルト。

マーチンゲール法はそうじゃなく、賭金を増やしていき、勝ったときにプラスになるようにする方法。
1回目1円、2回目2円、3回目4円、4回目8円、5回目16円、6回目32円、7回目64円と賭けた場合、7回以内に勝てれば1円の儲け、その確率は127/128、勝てなければ127円の負けになる、その確率が1/128という方法。1円の所は軍資金の高によって1万円でも、10万円でも。
つまり高い確率で小銭を稼げるが、確率は低いが大金を失う可能性もあるという方法です。
確かに、勝率を上げることはできるけれど、その分オッズは下がっていくのだから、マーチンゲール法じゃ金持ちにはなれない。

世界まる見えは、たぶん私も見ていたと思うけれど、マーチンゲール法で大金を稼いだとは言ってなかった、と思う。
ブラックジャックの必勝法として紹介されていたのは、例えば場にAが3枚見えていたら、次にAが来る確率はとても低いとかいう当たり前の、誰でも知っている戦法。これを確率論をつかって精緻にしたものです。
    • good
    • 1

ありますよ。



的中率も高いです。
昔、日本にある某大学の教授が馬券は買わずにデータだけを取り、
その必勝法がかなり有効であることを確認できたとおっしゃっていました。

しかし、その必勝法には膨大な時間と資金が必要です。


その必勝法がどのようなものかというと…教えたくないので、どのような物かは書きません。
詳細やヒントも書きません。

あしからず
    • good
    • 0

#3ですが、私が「必勝法」と定義しているのは、理論的な期待値がプラスになる方法のことです。


そういう意味では#4さんが言っていることがギャンブルで勝つための基本中の基本です。

>赤黒は実際に、それで勝ち続けて金持ちになった人がいますし、日本のテレビでも必勝法を公開していました。天文学的数字は世界まる見えテレビで言ってました。これが必勝法と世間一般的に言われてます。

1/128は全く天文学的数字ではないし、方法は理論的におかしいし、幸運以外の要因で大金持ちになれるはずがありません。
10年前のテレビで言ってたとのことですが、内容の記憶違いでしょう。
中学生程度の数学力があれば分かることです。

>自分は競馬では必ず5回に一度はオッズ50倍以上を的中している実績があるからマーティンディル法でもイケるかなと考えたりします。

5回に1回必ず50倍以上を的中させる「理論的に正しい」方法があれば、それは立派な必勝法です。


ブラックジャックの件は別の意味では必勝法と言えます。ポーカーや麻雀も同じ方法が通用しますね。
競馬においては、知識、分析力、判断力を磨くことでしょうか。
これらは理論的期待値をプラスにする方法とは言えませんね。
    • good
    • 0

統計学の見地から参考程度に読んでください。



予想した目の的中率を仮に30%として

1÷0.3=3.4倍

予想した目のオッズが3.4倍以上あればプラス収支になります。

予想した目の的中率を仮に10%として

1÷0.1=10.0倍

予想した目のオッズが10倍以上あればプラス収支になります。

実際への対応法
予想した目のオッズが10倍だった場合なら、

10×的中率=1以上になればプラスが出る

この1を期待値と言います。

ようするに期待値が1以上になる目を買い続ければ、競馬でプラス収支を出せる訳です。


そうは言っても結果が出る前に予想した目の的中率なんて正確には判らないわけですから、

どうすれば良いか?

私の場合は日頃から予想した目の想定的中率を出すようにしています。

想定ですから実際の的中率から少し落ちるのが普通

その分、期待値を1では無く1.5とか2とかに高くして厳しい条件をクリアーした目を買いようにします。

例)
予想した目の想定的中率が10%なら、

期待値2以上を狙うには 2÷0.1=20倍
期待値1.5以上を狙うには 1.5÷0.1=15倍

このオッズ以上になる目を買い続ければ、確実にプラス収支になる。

このように買う目標を明確にして馬券を購入する事が必勝法ではと考えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

頭が痛くなるような計算でビックリしました。

お礼日時:2012/01/28 08:37

赤黒で同じ色が7回連続する確率は2の7乗分の1、1/128です。


現実に十分起こりうる範囲の数字で全く天文学的ではありません。
また、赤が6回続いた後に黒が出る確率は1/2です。
仮に赤が100万回続いても次に黒が出る確率は1/2です。
必勝法として理論的に破綻しています。

競馬は勝率の高い馬はオッズが低くなるので毎回1番人気の馬を買い続けることは必勝法にはなりません。
例えば、勝率が常に50%を超える馬のオッズが毎回2倍以上付けば、その馬券を買い続ければ理論上必ずチャラ以上になります。
しかし実際こんなことはあり得ません。赤黒と違って馬の勝率なんて一定ではありませんし、勝率が常に50%を超えるほど強い馬のオッズは2倍も付きませんから。

結論
赤黒にも競馬にも必勝法はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

赤黒は実際に、それで勝ち続けて金持ちになった人がいますし、日本のテレビでも必勝法を公開していました。天文学的数字は世界まる見えテレビで言ってました。これが必勝法と世間一般的に言われてます。あとブラックジャックのカードですが、これも大学生5人がグループになり、レインマンみたいな映画のようにカード全てを記憶して億万長者になった実例もあります。もちろん店にバレて二度と店に入れないようになったそうですが。そうです、勝ち続けている人は必勝法があります。
自分は競馬では必ず5回に一度はオッズ50倍以上を的中している実績があるからマーティンディル法でもイケるかなと考えたりします。他にも都市伝説的な必勝法はあるかと思います。面白そうなので質問してみました。

お礼日時:2012/01/28 08:36

ご質問は



「都市伝説的もしくは学者や誰かが考えた競馬の必勝法って、的中するかしないか関係なく、あるんでしょうか?」ということでよろしいしょうか。


私の回答:ないと思います。「的中するかしないか関係なく」の意味がよく分かりませんが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

学者が考えて世間一般的に広まったが、失敗作で終わった必勝法みたいな感じです。あとは個人で血統重視やデータ重視などの必勝法とまで呼べるかは分かりませんが…馬券で生活している人がいます。しかし純粋に馬券で生活ではなく本を出版したり、サイトで予想を販売したりして収入を稼いでいるので、本当の馬券師とは言えません。しかし、純粋に馬券だけで生活している人間も少ないですがいます。その人達の共通点が情緒不安定になり鬱になるです。つまり負ければ生活が出来なくなるプレッシャーからです。こう考えると必勝法ってよりも努力と勉強で勝ち続けていることになりますね。必勝法があれば情緒不安定になんてなりません。結論は必勝法より努力と勉強が勝つ近道ですね。

お礼日時:2012/01/28 08:47

お願いですから、この方の質問に回答してあげて下さい。

m(_ _)m ↓

http://questionbox.jp.msn.com/qa7268638.html
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング