人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

日本の用に日本語しか通じない国を単一言語国家と表現すると、同じ分類に属する国家はどんなところがありますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

今まで挙げられた中で、ちょっと疑問があるものもありますね。


例えばフィンランド。スウェーデン語も公用語です。標識も必ずではないですが、両言語併記のものが見受けられます。
確かにフィンランド語を母語とする人が9割を超えていると思いますが、少数派を尊重する文化があります。
現在のフィンランドのサーメ(ラップ人)に対する政策と比較すると、日本のアイヌ政策は搾取そのものです。

大国や異なる民族の政治支配から逃れようと民族国家の思想で独立した国が、内部の少数派に同化を迫ったり、不当な差別扱いをしているのは何とも皮肉です。ヨーロッパ、特に過去に同一の国家であった所は混住しているのが普通で、ハーフ、クォーターの人がたくさんいます。ソ連時代に旅行中にそういうグルジアの団体と列車に乗り合わせたことがあります。グルジアとロシアの対立の中でいまどういう気持ちでおられるのか、考えると悲しくなりますよ。

また別の観点からは、どこまでを同じ言語と捉えるかによって、単一言語の範囲が変ってしまいます。
ウチナーグチは日本語といって良いですか?(昔読んだ本では別言語とは言えないが「亜語」レベルの違いと書かれていました)
広東語は中国語と考えても良いのでしょうか。
昔読んだ本に「フィンランドで初めてエストニア語の講義を聴くと学生が笑い出す」とありました。言語が近過ぎてほとんど外国語とは思えないそうです。
ノルウェーとスウェーデン、デンマークはどことどこが具体的にそうなのか忘れましたが、「ゆっくり話すと通じる」関係と「文字で書くとわかる」関係の言語だそうです。スペイン語とポルトガル語もその程度の違いだそうですね。そういうのは日本では方言レベルでしょうね。私は津軽弁を初めて聞いたとき日本語には思えませんでした。
アフガニスタンのダリー語は現地でも「ファルシー」(=ペルシア語)と呼ぶらしく、名付けは違っても同じ言語の方言と考えるべきでしょうね。

他の方も書かれているように、人口が少なく、また日本のように他地域から地理的に隔絶されている国は比較的単一言語的になりやすいでしょうね。フランスなどは強力な同化政策の結果でしょうがね。
意外なところでは宗教的にはモザイク状態のレバノンが、言語面ではほぼアラビア語なことです。帰還難民らしき人々でアラビア語がわからない(見かけた人は母語がフランス語みたい)人もいるようでしたが。
    • good
    • 0

韓国、北朝鮮、ベトナム、タイ、イギリス、ポルトガル、ブラジル、アルゼンチン、ペルー、メキシコ、コロンビア、オーストラリア、ニュージーランド、ドイツ、オーストリア、イタリア、スウェーデン、フィンランド、ノルウェー、オランダ、フランス


アメリカ、中国、台湾、スペインなども実質そうですが、猛烈に反対する人はいるでしょうけど。
数え上げたらきりがありません。というよりも逆のほうが少ないです。
1言語=1文化=1国家 が安定した国家だと思われるからです。
スイスなどのほうが特別です。ベルギーやカナダはいつも分裂騒動があり言語によって対立していますし、チェコなど東欧諸国は言語差異によって内戦までおきましたし、インドは英語が統一されようとしていますし。
    • good
    • 0

同一民族の国として検討をつければ



アイスランド
ポルトガル
アイルランド
アルバニア
ポーランド
イエメン
あたりが95%以上同じ民族で形成されています。
言語も同じだろうと推測されます。

たとえばNO.1 様が上げられているイングランドは多民族国家です。英語のほかに主要な言語だけでケルト語など4言語があります。カナダのフランス語地区はケベックなど中枢にあります。ロシアは近年国わけを行いましたから、他民族はかなり減りましたが、依然として多民族国家で揺れ続けてています。
こうしてみると1億以上で日本のような国はきわめて特殊なんだと思います。
    • good
    • 0

うーん、知っている限りは「イングランド」でしょうねえ。

スコットランドやウェールズは二言語ですし。あ、日本と似た感じでは韓国もそうでしょうね。あ、ロシアもでしょう

 英語圏の国に多いような気がします。カナダ、オーストラリア、NZなどもそうでしょう。英語の支配力は圧倒的です。アメリカは今や複数言語で英語が通じない国民が増えています。

 あとヨーロッパ諸国は母国語と英語はオーケーという風にバイリンガルな人が多いですね。若い人に関しては二つの言語を話すことはごく普通のようですよ。

 こうやって回答すると、単一言語国家ってあまり誇ることでも偉ぶることでもないような気がしてきました。質問者様はそんな意図はないと思いますが。

この回答への補足

質問者として補足します。
質問内容が漠然としておりましたことお詫びします。私の意図は全く逆でして、日本がこのまま「日本語しか通じない国」であれば世界からどんどん見放されていくような気がしたのです。
バイリンガルな国家であることが、グロバル化されてきている世界への対応であるという趣旨なのでが。過日読売新聞「気流」への投稿にもありました、「日本語しか通じない国では留学生は来れない」と。

補足日時:2012/02/24 11:50
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本は単一民族国家???多民族国家???

先ずはアンケートです。

①あなたは日本は単一民族国家だと思いますか?

②あなたは日本は多民族国家だと思いますか?


僕が知っている日本の民族は、大和民族、アイヌ民族、ウィルタ民族、ニヴフ民

族、琉球民族の5つなのですが他に存在しますか?それともこの中に違うものがあ

りますか?実際は、日本は単一民族国家なのですか?多民族国家なのですか?


日本は単一民族国家であるという人がいますが、これは大和民族以外の少数民族は

認められていないということなのでしょうか???

Aベストアンサー

日本民族は単一民族と言っていいと思います。もちろん、アイヌ族や琉球族などの少数民族というか少数文化をもった人々もいます。いますが、たとえば関東と関西の違いなども事実上文化的には異文化と言っていいぐらい違いますし、これが外国なら違う国になっていてもおかしくないぐらいの差異がありますから、アイヌなどに代表される民族も日本民族の一派でいいと思います。
(たとえば、スペイン語とポルトガル語は9割りまでは同じですで、文法上の違いはほとんどないですが、別の国です)

もちろん、各民族が「私たちは大和民族とは違う誇りがある」と表現されるならそれはそれで尊重すべきだとは思いますが、以下が単一民族の理由です。

日本がなぜ単一民族と「言っていい」と思うかというと「日本人」が成立したのが古墳時代末期までさかのぼるからです。推古天皇の時代には日本列島にヤマト王権が成立し、その後続日本紀に702年(大宝2年)の遣唐使で「日本」という国号を使った、とあります。

この時代以前は、日本は成立しておらず、各地に豪族がいたわけです。この豪族は出自が朝鮮系だったり大陸系だったり、DNA解析からみると東南アジアやミクロネシア方面もいたといわれています。

この時点では日本列島がいくつかの国に分かれてもおかしくなかったし、言語が今と違ってもおかしくなかったのです。しかし、のちに大和朝廷となる大豪族の力によってだんだん統一国家になっていき、天武天皇は統一国家としての王であったと言われております。
そして平安時代ぐらいまで掛けて日本列島は北海道と沖縄を除いて「日本」になったわけです。この時点で様々な出自や文化をもった人々はすべて「日本人」になり、天皇家の下で一致協力してこの国を発展させる意思をもちました。他の些細な差異や文化的宗教的な違いは「地方の特色」に変わったのです。

この統一国家としての約束があるから、戦国時代なども「天下取り」ができたわけです。天下取りは京都に上って天皇から「征夷大将軍」の称号をもらえば日本を支配できる将軍になれる、ということです。
これは逆を言うと「天皇がそういう人を選んだなら、私たちは従う」という約束が日本国中で出来ていた、ということです。
この約束を守る人々が「日本民族」である、と言っていいと思います。

逆の例を出しましょう。イギリスでは最近スコットランドが独立の住民投票を行いました。結局は否決されましたが、これだけ長い間統一国家なのに、スコットランドは「俺たちはイングランドとは違う国」と思っているわけです。この理由の元々は、ローマが侵攻した時にイングランドとウェールズを征服したのにイングランドは国境を引いてローマ化しなかったことに由来していると言われています。

このように日本でも歴史的な経緯が違えば単一性が損なわれたかもしれませんが、現在の日本は均一性が高く「統一王朝国家」としての纏まりが非常に強いといえます


日本で独立運動が起きる可能性があるのは、せいぜい沖縄ぐらいでしょう。でも沖縄は戦後米軍政時代になんども「日本復帰」を決議して大量の処分者をだしているのです。
このように、日本は各地方に特色がありますが、世界の標準からすれば「単一民族」と言っていいぐらいだと思います。それでも少数民族の独特の文化や言語は守るべきだと思いますが、そうではない各地方の文化も守ればよいのではないでしょうか。

日本民族は単一民族と言っていいと思います。もちろん、アイヌ族や琉球族などの少数民族というか少数文化をもった人々もいます。いますが、たとえば関東と関西の違いなども事実上文化的には異文化と言っていいぐらい違いますし、これが外国なら違う国になっていてもおかしくないぐらいの差異がありますから、アイヌなどに代表される民族も日本民族の一派でいいと思います。
(たとえば、スペイン語とポルトガル語は9割りまでは同じですで、文法上の違いはほとんどないですが、別の国です)

もちろん、各民族が「...続きを読む

Q複数の公用語をもつ国の内情

スイス、カナダ、ベルギーのように複数の公用語をもつ国があるようですが公用語が複数であるという事実は政治、社会、文化などにどのような影響を与えているのでしょうか?
個別には、複数の公用語をマスターしないといけないのか、国語教育、言語教育はどのように行われているのか、
コミュニケーションは円滑に進むのか、複数の公用語に配慮するため看板などの表示に手間と費用がかかるのではないか、放送のあり方メディアの在り方といったことについて特に知りたいです。

Aベストアンサー

多くの公用語を持つ国は、過去に複数回の占領を受けたり、或いは、過去に異文化地域を吸収(占領)した歴史を持つということですネ。ですから、日本は単一言語のままなのですネ。
スイスは地域によって、ドイツ語圏・フランス語圏・イタリア語圏にわかれますし、カナダは一部の州でフランス語、ベルギーはドイツ語圏・フランス語圏・フラマン語圏に分かれています。
ベルギーでは2000年になってから、フランス語圏の一部が学校教育での国語をフランス語で行うことを宣言し、ベルギー政府と大きく対立、独立問題にまで発展してしまいましたネ。
カナダのケベック州の独立運動は数十年続いています。
公用語は日本人が考えるよりも、文化や民族の誇りにつながる重大なものなのですネ。
インドのように、英語が基本公用語、そして、ヒンドゥー後・タミール語・ベンガル語など数十の公用語を持つ国もあります。イギリスの支配が長く、英語が共通の言葉として強制されたこと以外に、あまりにも異なる言語が混じっているので、共通語としての英語がある方が便利であるということが、イギリスの植民地から独立した後でも公用語として英語が残されている理由の一つですネ。
このような国では基本公用語教育と民族・地域の言葉の教育の2つが平行して行われます。ですから、小学校の低学年のときから、使用言語によって別のクラスで民族語を学び、全員で英語も学ぶというシステムとなっています。
多くの国でメディアは言語別のチャンネルを持っていますネ。
スカパーに北京語放送・ハングル放送・ポルトガル語放送等があるように、通常のテレビ放送やラジオ放送でも言語別となっているのが普通です。当然、新聞も言語別に発行されています。
看板などの表示はターゲットとする客層や、店の立地条件によって言語を選んでいるところが多いですが、国によっては、主要言語を併記しなければならないという規則がある場合も認められるようですネ。
逆に中国のように公用語は普通語(北京語と東北方言をミックスした言語)であるにもかかわらず、実際には上海語・福建語・広東語・チベット語・モンゴル語・ハングル‥と非常に多くの言語が用いられており、各地方ではその言語のテレビ番組が放送されているというようなところもあります。
以上kawakawaでした

多くの公用語を持つ国は、過去に複数回の占領を受けたり、或いは、過去に異文化地域を吸収(占領)した歴史を持つということですネ。ですから、日本は単一言語のままなのですネ。
スイスは地域によって、ドイツ語圏・フランス語圏・イタリア語圏にわかれますし、カナダは一部の州でフランス語、ベルギーはドイツ語圏・フランス語圏・フラマン語圏に分かれています。
ベルギーでは2000年になってから、フランス語圏の一部が学校教育での国語をフランス語で行うことを宣言し、ベルギー政府と大きく対立、独立...続きを読む

Q多文化主義と単一文化主義のメリットとデメリットを教えてください。

多文化主義と単一文化主義のメリットとデメリットを教えてください。

Aベストアンサー

人間は単独では非力です。
しかし、集団化、組織化した人間は神も驚く
力を持ちます。

単一文化主義なら、この組織化は容易です。
だから、単一主義社会は強力になります。

途上国が途上国なのは、この、国民の組織化
が困難だからです。
途上国は、人種、宗教、価値観などが混在し、国民と
してのまとまりがありません。
だから、組織化が難しく、途上国なのです。

このように単一主義は、社会、国家を強力にできる
というメリットがあります。

反面、少数民族などの少数派は差別されたり
不利益を受けたりしやすくなります。

多文化主義のメリット、デメリットはその
逆になります。


多文化主義で先進国も国もあります。

米国などは、当初は欧州の価値観で統一される
と予想されていました。
しかし、現実はそうなりませんでした。

次に登場したのが、人種の坩堝論でした。
多文化が融合され、どこの国とも違う米国が
誕生する。
しかし、現実はこれも否定しました。

現代では、人種、文化などがそれぞれ個性を維持
したまま共生する、という説が有力です。
これを、サラダボール論、といいます。

本当に共生することが出来るのか。
米国という国はその試金石になると思います。

人間は単独では非力です。
しかし、集団化、組織化した人間は神も驚く
力を持ちます。

単一文化主義なら、この組織化は容易です。
だから、単一主義社会は強力になります。

途上国が途上国なのは、この、国民の組織化
が困難だからです。
途上国は、人種、宗教、価値観などが混在し、国民と
してのまとまりがありません。
だから、組織化が難しく、途上国なのです。

このように単一主義は、社会、国家を強力にできる
というメリットがあります。

反面、少数民族などの少数派は差別されたり
不利益を受けたりし...続きを読む


人気Q&Aランキング